スマート ウォッチ。 スマートウォッチのおすすめ人気ランキング20選【2020年最新版】

登山地図アプリ「ヤマレコ」、Wear OS by Google搭載スマートウォッチに対応

スマート ウォッチ

近年普及率がぐんと上がっているスマートウォッチですが、便利そうだと思っていても、実際のメリットについてはあまり知らない、という方も多いと思います。 まずはその魅力を知っておきましょう! スマートウォッチは、その多機能さが最大の魅力。 腕時計として使えるのはもちろん、通知を手元で確認するなど、スマートフォンのサポート端末として活躍します。 それだけでなく、スケジュール管理・決済・健康管理など、さまざまな機能を搭載しており、それらすべてを手元だけで操作可能。 いちいちスマホを出さず、歩きながらメモを取ったり、道案内してもらえたりします。 天気予報など シンプルな機能なら、スマートウォッチ上ですべて完結できることも!ちょっとした機能のためにいちいちスマホを取り出すのは面倒と思っている方は、ぜひチェックしてみてください。 スマートウォッチには、各製品の独自OSが搭載されていることもありますが、それ以外では「watchOS」「Wear OS by Google」「Tizen」の3種類があります。 これらの OSは、自分が普段使っている端末やサービスにあわせて選ぶのがおすすめです。 例えば「watchOS」は、Apple Watchと同じくiOS端末専用。 Apple独自のサービスとの連携も充実しています。 一方でAndroid端末には対応していないのでご注意を。 Google系のサービスを使用しているなら、「Wear OS by Google」が良いでしょう。 Android・iOS両方と連携可能で、Googleアカウントに紐付ける仕様となっています。 「Tizen」は、Galaxy端末を使っている人にぴったり。 Samsungが開発を主導しており、Galaxy端末との互換性が高いのが特徴です。 また、Tizenは電化製品のIoT機器にも採用されており、将来的にはIoT機器との連携も期待できますよ。 スマートウォッチはデジタル表示のものが大半を占めていますが、中にはアナログ表示のモデルもあります。 デジタル表示はどうしてもカジュアルな印象を与えてしまうので、 仕事中はアナログのフェイスに、オフタイムにはカジュアルなデジタルフェイスにするなどがおすすめです。 スマートウォッチには、文字盤部分にはアナログ時計を採用し、バンドや文字盤の一部に小さな画面がついており、スマートウォッチとしての機能はそちらで使用するという仕組み。 見た目にも高級感があり、ビジネスシーンでも違和感なく装着できます。 またアナログフェイスとデジタルフェイス、どちらも兼ねたハイブリッドモデルもあるので、一台で両シーン使い分けたい方は目を通してみましょう。 Apple Watch Series 5は 性能だけではなく、ルックスにもこだわりたい人におすすめ。 バラエティ豊かなケース・バンド素材が揃っており、自分だけの1本をカスタムメイドできます。 心拍数・呼吸・生理周期など健康維持に役立つ機能が充実しており、なかには転倒検出・深呼吸アプリなど、他のスマートウォッチにはあまりない珍しいものも。 そのほかにも50mの耐水性能、GPSも搭載し、アクティブに毎日を楽しんでいる方の心強い相棒になってくれるでしょう。 バッテリーモードは、1. 5日・3日・1カ月からシーンにあわせて選択可能です。 電波が届かない場所でも、事前に地図をダウンロードしておけば現在地を確認できますよ。 GPS搭載で防水なだけでなく、低温や衝撃に強いため、過酷な環境で本領を発揮します。 活動量計やストップウォッチ、心拍測定などの機能が搭載されており、 運動中のパートナーとして大活躍します。 ディスプレイはデジタル2種類+アナログ1種類の合計3つから選択可能。 輝度も調整できるので、強い日差しの下にいたせいで「表示が確認できなかった」なんてことにもなりませんよ。 約2時間のフル充電で、待受は 最長50日間・スマホと連動させた場合には20日間も持ちますよ。 忙しくてついつい充電を忘れがちという方におすすめです。 メッセージや着信などの通知は振動でお知らせ。 大事なメッセージを見逃す心配がありません。 ランニングはもちろん、水泳・登山・サイクリングなど7つの運動モードを搭載しているので、健康管理にも一役買ってくれるでしょう。 さらに、スマホにkeep healthアプリをインストールすれば運動データの同期もOKです。 電話やLINEも、この専用アプリで設定すれば通知が可能。 PU素材と樹脂素材、 タイプの違うベルトが2本付属されており、好み・利用シーンにあわせて付け替えが可能です。 運動モードは、10種類のトレーニングに対応。 消費カロリーやGPSと連動した運動軌跡など、日々の努力の成果をアプリで確認できるので、モチベーションもキープできそうですね。 文字盤はアナログ・デジタル全5種類から選択、スワイプ操作で簡単に設定できます。 文字盤だけではなく、時間表示もデジタル・アナログ自由に設定できます。 画面輝度調整機能搭載で、強い日差しの中でもはっきりと画面が見えるのも嬉しいポイントです。 また赤外線センサーにより、歩数・心拍数・血圧など高精度の測定が可能。 ECサイトの口コミでは「他で購入したものより軽く、ランニング中も重さを感じない」と軽さを評価した声が多く寄せられています。 睡眠モニターや歩数計など健康管理のサポートにおすすめです。 ECサイトの口コミでは「軽くて便利」「付け心地がいいので夜寝るときにつけていても不快感がない」など装着感に関して高評価の声が寄せられていました。 心拍と血圧の24時間測定・睡眠モニター・生理周期記録など、便利なヘルスケア機能を搭載しています。 さらに子どもの送迎や薬の時間・記念日・友人との約束など、 最大20件までリマインダー設定できるので、忙しい日々を送っているママにもおすすめです。 生理周期管理機能は、安全日・排卵期・生理期などディスプレイに常に表示可能。 アプリと連動させて日々変化する細かな変化を記録し、体調管理に役立てましょう。 トレッドミル・スピニングバイク・ワークアウトなど、 ジムでできる運動モードの種類が豊富なので、ジム通いをしている方におすすめの1本です。 特に注目したいのが防水性能。 水泳やシュノーケリング、飛び込みなどにも対応する5ATM防水に対応しています。 多くのスマートウォッチが日常防水OKのIP67ですが、それよりも本格的な防水機能。 水中でも安心して使用できる時計をお探しの方はぜひ検討してくださいね。 ケースサイズは女性にしっくりと馴染む42mm、男性に似合う46mm。 両サイズともにスポーツ・クラシック・エリートの3種のモデルが揃います。 ケースサイズによりバッテリー持ちに2倍の差があるので要注意。 42mmなら7日間、46mmなら14日間の連続使用が可能です。 できるだけ充電の手間を省きたいという方は、46mmを選択してもいいでしょう。 54インチの画面はフルタッチスクリーンなので、 通知の確認はもちろん、モードの切り替えなど操作性も抜群です。 文字盤はアナログ・デジタル合わせて全7種類から選択できます。 操作性・デザイン、両方にこだわりたい方におすすめですよ。 心拍を継続的に測定し基礎代謝や運動消費カロリーを正確に記録できるので、 体重管理に力を入れたい方におすすめです。 また、腕をあげると画面が点灯するという機種は多いですが、この商品は腕を反転させるだけでも画面をつけることが可能。 小さな動作でOKなので、満員電車やエレベーター内、会議中などでも、時間や通知の確認が簡単です。 定番の歩数・消費カロリーの計測はもちろん、血圧・心拍・睡眠状態など高精度のモニターが可能。 IP68防水なので、スマートウォッチを装着したまま水泳・シャワーOKです。 ストップウォッチやカウントダウンの機能もあり、トレーニング中に大活躍すること間違いなし。 ディスプレイ表示は気分やシーン・トレーニングにあわせて全部で10種類から変更可能です。 表と裏で色が違う個性の際立つデザインです。 「シンプルなデザインは物足りない」「人と被りたくない」という方にぜひおすすめ。 健康管理や運動サポートなど実用性の高い機能を多く搭載。 心拍を10分ごとに測定・記録できる設定や、その場ですぐに血圧を測ることもできますよ。 もちろん着信・アプリの通知機能もあるので、スマホを出さずに手元でメッセージの確認や着信の応答・拒否の操作が行えます。 ECサイトの口コミでも「ジム仲間の多くがシャオミを使っていたので購入しました」との声が寄せられています。 ポイントとなるのは6つのワークアウトモード。 水泳は5種類の泳法を認識し、ペースやストローク数など12項目を記録、ランニングならペース・歩数を追跡するなど、あなたの努力の成果を数字や図でわかりやすく表示してくれますよ。 COLMI Y7はファッションにあわせてバンドを付け替えたいという方におすすめ。 スマートウォッチ本体のバンドは7種類、交換用は14種類から選べ、取り外しも簡単。 平日・休日で自由にカスタマイズして楽しむことができますよ。 また、販売元による解説動画が公開されており、初心者でも初期設定に頭を悩ませる心配がありません。 初めてのスマートウォッチ選びに悩んでいるならぜひ手に取ってみてくださいね。 一般的なスマートウォッチの充電時間である90~120分と比べると、W12の短さがよくわかります。 充電が短い分、連続駆動が3日と短めですが、一度に長時間充電できないという方にとっては非常に便利ですね。 またこの商品はスマホ側ではなく、 W12の画面上でアプリごとの通知のオン・オフを変更可能。 設定を変更するために、わざわざスマホを取り出しアプリを起動、という手間がなく快適に利用できます。 1回のフル充電で約6日間以上連続使用が可能です。 バッテリー持ちがいいとついつい忘れてしまう充電ですが、この商品は USBプラグが本体に内蔵されているので、専用の充電器は必要ありません。 スマホの充電器やPCなどから電源供給でき、万が一の時も安心です。 睡眠の質が悪いという方は、睡眠モニター機能をぜひ利用してみてください。 睡眠中の心拍数をモニタリングし、睡眠にいいとされる情報を提案してくれます。 その他、9種類のトレーニング管理ができ、日々の健康をすぐそばでサポートしてくれますよ。 OS - 通知機能 SMS・電話着信・カレンダー・SNS 決済機能 - ヘルスケア 心拍・睡眠モニター・距離・速度・カロリー GPS - 防水・防塵性 5ATM・- 連続駆動時間 約6日間 表示 デジタル Apple WatchはすでにSeries 5を紹介済みですが、Series 3の人気もまだまだ健在。 価格が半分ほどなので、Series 5は予算オーバーいという方にもおすすめです。 Series 5との違いはディスプレイの大きさや素材、カラー展開など複数ありますが、 アップルウォッチからのメッセージ送信・緊急通報など、便利な機能は変わりません。 Apple Payも利用できるので、通勤やランチでわざわざお財布やスマホを取り出す必要がないのも便利ですね。 ほかにも ナビを使用する際は、曲がる場所で振動して道案内をサポート。 知らない道でも迷わず目的地にたどり着けるので、引っ越しを控えている新大学生や新社会人へのお祝いにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。 充電器を忘れても大丈夫! フル充電時間わずか30分!短時間で充電したい方におすすめ バンドの付け替えが簡単!カスタマイズが楽しめる 手頃な価格で高性能!詳細なトレーニング記録が特徴 装着時は見えない隠れたツートンカラー IP68の防水機能搭載!水泳・シャワーもそのままOK 体重管理におすすめ!操作性に優れたブレスレットタイプ 1. 54インチの大画面で文字が見やすい! 好みと利用シーンにあわせて選べる6種類 トレーニングを徹底サポート!高い防水性能で水泳中も使用OK 20件リマインダー設定可能!予定を忘れがちな方に コンパクト&スタイリッシュなブレスレットタイプ 文字盤に好きな写真・画像を設定できる!自由度の高さが魅力 交換用バンド付属、TPOにあわせたスタイルを楽しもう 8種類の運動モード搭載!専用アプリでさらに便利に 待受最長50日間OK!長時間バッテリーが魅力のウォッチ 1. 3インチの大画面ディスプレイで通知が見やすい 利用シーンに合わせて選べる3つのモード 自分好みにカスタム可能。

次の

スマートウォッチのおすすめ22選!最新モデルも【2020年版】

スマート ウォッチ

リストバンド型の 形状は腕時計型・リストバンド型で、タッチスクリーン・・通話用・通知用・・操作ボタンが搭載されている。 機種によっては、心拍センサー・加速度センサー・温度センサー・気圧センサー・イヤホン端子・・なども搭載されている。 また、防水加工が施されているものや、スマートウォッチ単体で携帯電話回線を使用した音声通話・データ通信ができるものもある。 設定やアプリのインストール、音声通話は、主にやなどの技術を使用し、やなどと接続して行う。 小型ディスプレイには、主に・・が使われている。 多機能腕時計が備えている時刻・日付表示機能やアラーム・ワールドクロック・時報・ストップウォッチ・簡易メモ機能に加え、Bluetoothを使ったスマートフォンとの連携機能(電話・などの着信通知機能、音声通話、データ通信、音楽再生)を持っており、アプリが動作する。 2000年代に入ってからは、スポーツや健康管理に特化したものも登場している。 歴史 [ ] 1970年代 [ ] DBC-30-1 1980年代にはの小型化が進んだうえ、で培われた技術が取り入れられたことにより、1980年代中盤にはのをはじめとして、電卓・電話帳などの機能を持った多機能腕時計が各社から発売された。 1982年にセイコーがデジタル腕時計「Pulsar Memowatch NL C01 」を発売。 専用の周辺機器を接続することにより、最大24文字のメモを記憶して表示できた。 1984年には、から現在のスマートウォッチの原型にあたる腕時計型コンピュータが相次いで発売された。 また、同年7月に諏訪精工舎(現 )から発売された「腕ターミナル RC-1000」も4ビットCPUを搭載し、・・・・・・・・・などのパソコンと接続することで、メモ・アラーム・ワールドタイム機能を設定できた。 「腕ターミナル」という名称から、パソコンに接続して使用するターミナル()という立ち位置であることが示されている。 そのほか、同年11月には塩尻工業(現 セイコーエプソン)が開発した「リストコンピューター RC-20」が諏訪精工舎から発売され 、液晶画面の下部がタッチパネルになっているタッチキー型操作部は への意識から、時計用の4ビットCPUのほかに互換の8ビットCPU SMC84C00も搭載しており、・・・・・・などのパソコンと接続することで、メモ・アラーム・ワールドタイム機能や電話帳・スケジュール帳・メロディ演奏・プログラムを実行できた。 1990年代 [ ] 1990年代にはデジタル腕時計の多機能化がさらに進み、パソコンと接続して使用することを前提とした商品が続々と登場。 1994年にはパソコンと接続して使うことができる腕時計型として、が「 () model 50」を発売。 との共同開発で、ブラウン管ディスプレイと時計の光センサーを利用したで、・と通信することができる。 1998年には、「ウェアラブルコンピューティングの父」と呼ばれるカナダの研究者 ()が、OSにLinuxを使用した腕時計「WristWatch Computer」を制作し 、2000年2月に ()で発表した。 また同年6月にはセイコーインスツルメンツ(現 セイコーインスツル)が、腕時計型のウェアラブルPC「 () MP110」・「RuputerPro MP120」を発売。 1999年には、サムスンが世界初の腕時計型電話 SPH-WP10を発売。 WristWatch Computer 2000年代 [ ] 2000年代には、モバイルOS・時計用OSを搭載したスマートウォッチが続々と製品化。 2000年6月にはが、Linuxカーネル2. 2・ARM系CPU・有機ELディスプレイを使用したスマートウォッチの試作品をで公開。 2001年10月には、とが共同でスマートウォッチ「WatchPad1. 5」を試作。 2000年10月には、セイコーエプソンから腕時計型携帯情報端末「リストモバイル Chrono-Bit」 WM-550X・WM-550S・WM-550L・WM-510B を発売。 付属のソフトを使うことで、文字盤のデザインを変えることができた。 2003年には、ファッション時計メーカーの ()から腕時計型携帯情報端末「Wrist PDA」を発売。 1を使用し、コアをベースとした VZを搭載。 2003年11月には、でマイクロソフトが展開する情報配信サービス SPOT( ())に対応したスマートウォッチ「SPOT Watch」を発表。 シチズン時計・Fossil・の3社が製造・販売を行ったが、高価であったことと、SPOTサービスの失敗、スマートウォッチの電池が3日しか持たなかったことなどから普及しなかった。 2006年には、着信通知・テキストメッセージ表示機能を持った腕時計「MBW-100」がソニー エリクソン モバイルコミュニケーションズ(現 )から発売。 同社製の携帯電話とBluetoothで通信することができた。 Wrist PDA 2010年代 [ ] 2010年代には、スマートフォンなどは不要で単体でも使用できるスマートウォッチや、(活動量計)機能を搭載したスポーツ向けのスマートウォッチが登場。 2010年代半ばには、単体で携帯電話回線()に接続することができるスマートウォッチも多数発売。 なお2015年のの発売を機に、スマートウォッチが一般にも広く知られるようになり、市場も拡大した。 2010年には、ソニー エリクソン モバイルコミュニケーションズが専用のAndroid用アプリ「LiveView Manager」とBluetoothで連携するスマートウォッチ「 ()」を発売。 2011年11月には、がスポーツ向けのスマートウォッチ「 ()」を発売。 2013年には多くの会社がスマートウォッチの開発を始め、 ()・ SmartWatch 2・ Toqが発売された。 2014年に1月開催されたではスマートウォッチが多数発表された。 同年6月に開催されたではベースの(現 Wear OS by Google)がリリースされ、各社から・・などが発売された。 また9月にはアップルがを発表し、2015年4月に発売された。 Apple Watchは世間の注目を集め、従来のスマートウォッチと同様にバッテリーが持たないなどの数多くの批判があったものの、ファッション性が高く評価された。 10月には、マイクロソフトが健康管理を目的としたリストバンド型ウェアラブル端末「」を発売。 女の子向けのスマートウォッチ 主なOS [ ]• が開発する、Linuxベースでの。 Florent Revestらが開発する、Linuxベースでオープンソースのスマートウォッチ用OS。 Wear OSで動作するスマートウォッチの一部で使用することができる。 が開発する、LinuxベースのモバイルOS。 が開発していたモバイルOS が源流であるが、LiMo Foundationが開発から撤退しと合流することとなったため、これに不満を持った元の開発者が制作。 Sailfish OS搭載の・スマートフォン・タブレットなどもある。 のTizenプロジェクトが開発する、LinuxベースでオープンソースのモバイルOS。 が開発していた、ベースでオープンソースの、タッチスクリーンモバイルデバイス用OS。 2017年にCanonicalが開発から撤退した後は、UBportが開発を続けている。 が開発する、ベースの用OS。 旧称Android Wear。 が開発する、ベースのスマートウォッチ用OS。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Doensen, Pieter. WATCH. History of the modern wrist watch. Pieter Doensen.. 2010年9月17日閲覧。 Akira Ota Products Design DataBase [ ]• 2012年10月24日時点のよりアーカイブ。 2010年9月17日閲覧。 横澤幸男・藤森弘章「」『日本時計学会誌 113巻』、日本時計学会、1985年、ISSN 0029-0416。 「」『産業技術史資料データベース』、国立科学博物館 産業技術史資料情報センター• ratscats [ ]• Canadian Patent 2275784, filed 1999 June 29, Issued 2000 Oct 24, Wristwatch-based videoconferencing system, by Steve Mann• 86—91 2000年7月1日. 2014年7月12日時点のよりアーカイブ。 2014年7月12日閲覧。 ASCII. jp 1998年4月8日• PC Watch• Neil Hughes 2013年3月21日. happleinsider. com. 2014年10月18日時点のよりアーカイブ。 2014年10月12日閲覧。 Shankland, Stephen 2001年3月23日. CNET. 2011年6月17日時点のよりアーカイブ。 2010年9月15日閲覧。 ITmedia NEWS 2001年10月11日• セイコーエプソン 2000年9月11日(記事はアーカイブ)• ITmedia Mobile 2002年11月19日• ITmedia NEWS 2005年1月6日• ITmedia NEWS 2003年2月21日• ITmedia NEWS 2008年4月25日• Jeremy Rocher 2007年9月14日. CNET. 2017年3月13日時点のよりアーカイブ。 2017年3月12日閲覧。 Bhushan Akolkar 2013年9月23日. Uber Smart Watch. 2013年10月2日時点のよりアーカイブ。 2013年10月15日閲覧。 Charles Arthur 2013年9月4日. The Guardian. の2014年2月1日時点におけるアーカイブ。 2013年9月8日閲覧。 Christopher Mims 2013年7月5日. Quartz. の2013年7月12日時点におけるアーカイブ。 2013年7月15日閲覧。 ギズモード・ジャパン 2014年6月26日• 「」『ファーウェイ・グローバル』、HUAWEI Technologie• 「」『NTTドコモ』、NTTドコモ、2018年2月5日• 「」『ZTE Japan』、ZTE Japan• Engadget 2018年5月18日• 週刊アスキー 2018年3月10日 関連項目 [ ]•

次の

スマートウォッチの比較&おすすめランキング【2019年版】

スマート ウォッチ

キーワード• すべてを含む• いずれかを含む• 除外する 検索範囲• すべて• 商品名のみ カテゴリ• 送料無料• 条件付き送料無料 配送• 当日配送 きょうつく• 翌日配送 あすつく• 今からの注文で 販売の状態• 在庫ありのみ• 予約可能• 割引あり 商品の状態• すべて• 中古 価格帯• 円~ 円 出品者• すべて• ストア• 個人 支払い方法• 指定なし• Yahoo! ウォレット• クレジットカード• 商品代引• 銀行振込• コンビニ• ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い• ドコモ払い• auかんたん決済• Yahoo! 選択した条件をクリア.

次の