鬼 から 電話 ガオー さん。 ‎「鬼から電話」をApp Storeで

鬼から電話: 日ごろの感謝をこめる日記

鬼 から 電話 ガオー さん

3人の子供を育てた母です。 今は皆成人していますが、子供の頃の恐怖というのは、今でも怖いと言います。 ・ディズニーのバンビの映画の雨のシーンが怖かったので、今も見られない。 ・メトロポリタンミュージアムのミイラがでてくる歌で、今も闇に引きずり込まれそうになる。 ・「ねないこだれだ」の絵本は、今でも幽霊に連れ去られる夢を見そう。 これら、イイトシした子供たちが今もよく口にします。 ましてや鬼だのなまはげだのというのは、心に小さな傷を作ってしまわないでしょうか。 もちろん平気なお子さんや、育児にうまく効果がでるケースもあると思いますし 我が家がたまたま恐がり集団かもしれませんが、私はおすすめしません。 ユーザーID: 2928480901• 世の中には怖いものがある事を認識させる必要もある まぁ、考え方にもよりますよね。 ママ友と話していた時に、 「今ここで、私が鬼(のような態度)にならないと、 社会に出た時に、簡単に挫折してしまう」 「やりたくてやっているわけではない」と。 親が脅すという手法をとらないことで起きる 子供への悪影響とでも申しましょうか(笑)。 子供同士でのトラブルなんかも、 兄妹同士のケンカである意味鍛えられて 多少のことでは堪えない、 回避の方法を既に学んでいるとかありますよね。 親という立場を利用して力でねじ伏せている、 という部分もあるのかもしれないですが(笑)。 悪影響な部分があれば、親子であれば いくらでも修正がきくんじゃないですか。 親が子を見守っていれば、の話だけど。 子供も成長しますし。 ユーザーID: 0175410538• やめておいたほうが・・・ タイトルの通りですよ。 精神の正常な発達には恐怖という感情が必要不可欠なのです。 妄信的に鬼の存在を信じ込ませたり、泣き叫ぶ程の恐怖を与えるのは行き過ぎかも知れませんが、 もしかしたら…いるのかも程度の脅しは必要です。 事実これはアメリカでの実験ですが、幼児期に恐怖を知っていたグループ(脳波測定で判断)と、幼児期に恐怖反応を示さなかったグループでは 恐怖反応を示さなかったグループは20年後の追跡調査で、犯罪発生率が高かったというデータがあります。 恐怖というのは精神的なストッパーなんですよ。 恐(おそれ)は畏れ(おそれ)でもあります。 畏れとは、人の命や物や自然を敬う気持ちです。 鬼とは少し違いますが、例えば幽霊を恐れる気持ちが他人の命を大切にする事にも繋がります。 豆まきの鬼やナマハゲ、子供には必要な事だと思いますよ。 ユーザーID: 6262884430• 子供ランキング• 空想、ファンタジー サンタの怖いバージョンですよ。 こどもは一生懸命見えない鬼からどう自分を守るか必死に想像力働かせ頑張って、可愛いですよね。 よく現実的で夢のない大人がいますが、親とこういった遊びをしてきてないんだろうなと思います。 「サンタなんかいるわけないじゃん。 」とか「鬼なんかいねーよ。 そんなの信じてんの?」なんて言ってくるこどもも、可愛いくないですよね。 ゲームしか楽しみがない子に多いですよ。 脅してるんじゃないです。 これは空想遊びなんですよ。 うちは、幼稚園までキャーキャー言って布団にくるまってこわがってました。 小学生になっても「そんなのうそだ」と言いながら「トイレ着いてきて」なんて言ってきて可愛いもんです。 親の腕のみせどころですよ。 今しか出来ませんから楽しんでくださいね。 ユーザーID: 5923814397• ・・・うーん 子育てって親の責任でするものですよね 理屈を言っても分からないと思うならせめて 「そんな事したらママ、怒るよ!」と自分のせいに出来ないでしょうか? そうするとその頃は「ママが怖いから」と思うかもしれませんが 大人になった時「ママは真剣に怒ってくれたんだ」と思いませんか? 鬼が怖いと同じくらい嫌いなのが 「危ないよ」です。 自転車乗っている私の前に子供が。 はしっこによろうね」でしょ? 私は子供にそう教えてきました。 「危ないよ」だって。 どおりで、大きくなっても他人の通行の事、一切考えないで道路の真ん中歩く馬鹿が多い訳だ ユーザーID: 3264127781• 脅すと捉えるかどうか 小さな頃は、祖母等が、悪い事をすると、「鬼が来るよ」とか「地獄に落ちるよ」とか言い、 事の善悪や歯止めを教えていました。 例えば、幼児の我が儘で、食べ物を投げたり、人に物を投げたりと、親が話して聞かせて、理解が出来れば良いが、抑止力として恐い存在があるのを知らせ、親以外に接触する人や社会性を身に付ける為に、我が儘が通らない事や協調性、マナー等に気をつけるようにする為でしょう。 人生は渡る世間は鬼ばかりと鬼の仮面はないが、鬼の様な人がいたり、順風満帆ばかりではありません。 人生は山あり谷ありを教える第一歩でしょう。 昔話の桃太郎や金太郎等も、現代絵本とは違い、子供に善悪の区別をつける効き目があります。 脅しではありません。 ユーザーID: 7034261439• そのうち 決して悪鬼羅刹の類では無く、あくまで子供さんの健やかなる成長と親御さんの思いが詰まった善鬼ではないでしょうか? 主様宅に現れる鬼は子供さんに危害を加えますか?取って食う存在ですか? 悪い事をした時や言う事を聞かない時に初めて現れる言い聞かせの存在ではないでしょうか? 伝説や言い伝え、昔ながらの話にはそれなりの理由があります 「夜口笛を吹くと泥棒がくる」「夜つめを切ると親の死に目にあえない」「食べてすぐ横になると牛になる」どれも子供の躾の為に語り継がれた迷信です 本当に泥棒はきません、死に目にあえない事もありません、牛にもなりません 行儀が悪い子を心配したり、身体の事を案じての親が子供に話す迷信です つまり主様が子供さんを恐怖で押さえつけようという思惑が無いなら、それは脅しではなく、躾だと思われます だから東北地方には「なまはげ」と言う存在が現代も伝統として残っているのですよ 余談ですが我が家のお嫁さんに孫のため「地獄」と言う絵本をお願いされたことがあります 子供さんの躾に良いらしいので主様も一度興味がありましたらご覧になって見てください ユーザーID: 0044361986• ガオーさんが来る! 私の子供も保育園の時、鬼の話しを出して支度などスムーズに行くようにしていた時期がありました。 それを保育園の先生に話したら、鬼は怖い存在としてではなく、いい鬼もいることを話してあげてくださいねと言われました。 それから先生に言われたことを実践していましたが、保育園での節分行事で先生たちの作る鬼がなかなかの力作で、先生の言葉も私の努力も無駄になって完全にトラウマになってしまいました。 それが3歳の時です。 今、小学1年生ですが怖かったと言う印象はいまだに残っているようです。 鬼に対しては徐々に空想の世界のものだと分かってきていますし、テレビに出てくるなまはげなどを見ても人が入っているなどと現実的になってきました。 私もその節分以来、鬼は手に負えない最終手段にはしていましたが、なるべく使わないで子供と向き合えるよう頑張りました。 ユーザーID: 6144344364• 怖いという事を知るのも大事なこと 鬼から電話のアプリ、かなり賛否両論で否定的な意見の方が多いみたいですが。 私は賛成です。 子供とはいえ、一つぐらい怖いものがあっていいと思います。 昔からそんなのはありましたよね。 夜に口笛吹くとへびくるよ、とか、雷さんにおへそとられるよ、とか。 もったいないおばけなんてのもありましたっけ。 昔話にだって、よく鬼や山姥とかでてきて、悪いことするとこうなるよ、なんて話、たくさんありますよね。 世の中に怖いものなんてないと育つ子供の方が恐ろしいと思います。 恐怖でおさえつけるだけだとか、そんな意見もよく聞きますが、それはなんだか違う気がします。 最近は子供に対して甘すぎる気がします。 親も世間も。 ほめて育てろ、とか。 いいじゃないですか、世の中にひとつぐらい怖いものがあったって。 うちは鬼のアプリ、息子につかってますよ。 ホントにたまにですが。 だからってそれが虐待だとか全く思いません。 ユーザーID: 8772373472• やめてあげて 「脅し」はNGです。 おびえてしまうからというのと、それが嘘だと分かった時に「大人は嘘つきだ」と大人を信用しなくなる恐れがあるからです。 お勧めは、「なぜそうしなければならないのか」を理解させることです。 2歳なら、2歳が分かる言葉で。 10歳なら10歳が分かる言葉で。 幼い時は、「早く寝たら、明日の朝食は〇ちゃんの好きないちご!」とか、目の前にニンジンをぶらさげるのも効果ありです。 でも、日本ではみんなやってますし、私もそうやって育てられました。 深刻な悪影響はないと思いますが、私は自分が嫌だったので、やらないことにしています。 子供は、最初は食べ物などで釣っていましたが、早く寝る癖がついたので、もう時間になると勝手に寝ます。 その他は、自分が納得したことはちゃんとやっています。 歯磨きもここ一年ぐらいずっと言い聞かせて、しぶしぶさせていましたが、やっと虫歯との因果関係が分かり、自分から進んでやるようになりました。 ユーザーID: 3941179776• 怖いもの 人はどこかで「怖れ」がないと、と思います。 怖れが己の存在の危うさを思い、身を正したり、人と強調して安全を確保したり。 社会ルールの必要性を意識する。 鬼の存在は身近じゃないからいいんです。 わけのわからない異質なもの。 信頼をよせるべき父母が恐怖の源になるのではなく、鬼がいて鬼から逃れるすべを父母や周囲の大人に教わるという関係になる。 だから「いうこと聞かないと鬼が来てひどい目にあうよ」と突き放すのでなく 「鬼が来ると嫌だからちゃんとしようね、ちゃんとしてたら安全だからね」と あなたは守られていて安全、を強調してあげればいいのではないでしょうか? ユーザーID: 0810467261• 鬼任せはいけないそうです.

次の

鬼から電話: 日ごろの感謝をこめる日記

鬼 から 電話 ガオー さん

3人の子供を育てた母です。 今は皆成人していますが、子供の頃の恐怖というのは、今でも怖いと言います。 ・ディズニーのバンビの映画の雨のシーンが怖かったので、今も見られない。 ・メトロポリタンミュージアムのミイラがでてくる歌で、今も闇に引きずり込まれそうになる。 ・「ねないこだれだ」の絵本は、今でも幽霊に連れ去られる夢を見そう。 これら、イイトシした子供たちが今もよく口にします。 ましてや鬼だのなまはげだのというのは、心に小さな傷を作ってしまわないでしょうか。 もちろん平気なお子さんや、育児にうまく効果がでるケースもあると思いますし 我が家がたまたま恐がり集団かもしれませんが、私はおすすめしません。 ユーザーID: 2928480901• 世の中には怖いものがある事を認識させる必要もある まぁ、考え方にもよりますよね。 ママ友と話していた時に、 「今ここで、私が鬼(のような態度)にならないと、 社会に出た時に、簡単に挫折してしまう」 「やりたくてやっているわけではない」と。 親が脅すという手法をとらないことで起きる 子供への悪影響とでも申しましょうか(笑)。 子供同士でのトラブルなんかも、 兄妹同士のケンカである意味鍛えられて 多少のことでは堪えない、 回避の方法を既に学んでいるとかありますよね。 親という立場を利用して力でねじ伏せている、 という部分もあるのかもしれないですが(笑)。 悪影響な部分があれば、親子であれば いくらでも修正がきくんじゃないですか。 親が子を見守っていれば、の話だけど。 子供も成長しますし。 ユーザーID: 0175410538• やめておいたほうが・・・ タイトルの通りですよ。 精神の正常な発達には恐怖という感情が必要不可欠なのです。 妄信的に鬼の存在を信じ込ませたり、泣き叫ぶ程の恐怖を与えるのは行き過ぎかも知れませんが、 もしかしたら…いるのかも程度の脅しは必要です。 事実これはアメリカでの実験ですが、幼児期に恐怖を知っていたグループ(脳波測定で判断)と、幼児期に恐怖反応を示さなかったグループでは 恐怖反応を示さなかったグループは20年後の追跡調査で、犯罪発生率が高かったというデータがあります。 恐怖というのは精神的なストッパーなんですよ。 恐(おそれ)は畏れ(おそれ)でもあります。 畏れとは、人の命や物や自然を敬う気持ちです。 鬼とは少し違いますが、例えば幽霊を恐れる気持ちが他人の命を大切にする事にも繋がります。 豆まきの鬼やナマハゲ、子供には必要な事だと思いますよ。 ユーザーID: 6262884430• 子供ランキング• 空想、ファンタジー サンタの怖いバージョンですよ。 こどもは一生懸命見えない鬼からどう自分を守るか必死に想像力働かせ頑張って、可愛いですよね。 よく現実的で夢のない大人がいますが、親とこういった遊びをしてきてないんだろうなと思います。 「サンタなんかいるわけないじゃん。 」とか「鬼なんかいねーよ。 そんなの信じてんの?」なんて言ってくるこどもも、可愛いくないですよね。 ゲームしか楽しみがない子に多いですよ。 脅してるんじゃないです。 これは空想遊びなんですよ。 うちは、幼稚園までキャーキャー言って布団にくるまってこわがってました。 小学生になっても「そんなのうそだ」と言いながら「トイレ着いてきて」なんて言ってきて可愛いもんです。 親の腕のみせどころですよ。 今しか出来ませんから楽しんでくださいね。 ユーザーID: 5923814397• ・・・うーん 子育てって親の責任でするものですよね 理屈を言っても分からないと思うならせめて 「そんな事したらママ、怒るよ!」と自分のせいに出来ないでしょうか? そうするとその頃は「ママが怖いから」と思うかもしれませんが 大人になった時「ママは真剣に怒ってくれたんだ」と思いませんか? 鬼が怖いと同じくらい嫌いなのが 「危ないよ」です。 自転車乗っている私の前に子供が。 はしっこによろうね」でしょ? 私は子供にそう教えてきました。 「危ないよ」だって。 どおりで、大きくなっても他人の通行の事、一切考えないで道路の真ん中歩く馬鹿が多い訳だ ユーザーID: 3264127781• 脅すと捉えるかどうか 小さな頃は、祖母等が、悪い事をすると、「鬼が来るよ」とか「地獄に落ちるよ」とか言い、 事の善悪や歯止めを教えていました。 例えば、幼児の我が儘で、食べ物を投げたり、人に物を投げたりと、親が話して聞かせて、理解が出来れば良いが、抑止力として恐い存在があるのを知らせ、親以外に接触する人や社会性を身に付ける為に、我が儘が通らない事や協調性、マナー等に気をつけるようにする為でしょう。 人生は渡る世間は鬼ばかりと鬼の仮面はないが、鬼の様な人がいたり、順風満帆ばかりではありません。 人生は山あり谷ありを教える第一歩でしょう。 昔話の桃太郎や金太郎等も、現代絵本とは違い、子供に善悪の区別をつける効き目があります。 脅しではありません。 ユーザーID: 7034261439• そのうち 決して悪鬼羅刹の類では無く、あくまで子供さんの健やかなる成長と親御さんの思いが詰まった善鬼ではないでしょうか? 主様宅に現れる鬼は子供さんに危害を加えますか?取って食う存在ですか? 悪い事をした時や言う事を聞かない時に初めて現れる言い聞かせの存在ではないでしょうか? 伝説や言い伝え、昔ながらの話にはそれなりの理由があります 「夜口笛を吹くと泥棒がくる」「夜つめを切ると親の死に目にあえない」「食べてすぐ横になると牛になる」どれも子供の躾の為に語り継がれた迷信です 本当に泥棒はきません、死に目にあえない事もありません、牛にもなりません 行儀が悪い子を心配したり、身体の事を案じての親が子供に話す迷信です つまり主様が子供さんを恐怖で押さえつけようという思惑が無いなら、それは脅しではなく、躾だと思われます だから東北地方には「なまはげ」と言う存在が現代も伝統として残っているのですよ 余談ですが我が家のお嫁さんに孫のため「地獄」と言う絵本をお願いされたことがあります 子供さんの躾に良いらしいので主様も一度興味がありましたらご覧になって見てください ユーザーID: 0044361986• ガオーさんが来る! 私の子供も保育園の時、鬼の話しを出して支度などスムーズに行くようにしていた時期がありました。 それを保育園の先生に話したら、鬼は怖い存在としてではなく、いい鬼もいることを話してあげてくださいねと言われました。 それから先生に言われたことを実践していましたが、保育園での節分行事で先生たちの作る鬼がなかなかの力作で、先生の言葉も私の努力も無駄になって完全にトラウマになってしまいました。 それが3歳の時です。 今、小学1年生ですが怖かったと言う印象はいまだに残っているようです。 鬼に対しては徐々に空想の世界のものだと分かってきていますし、テレビに出てくるなまはげなどを見ても人が入っているなどと現実的になってきました。 私もその節分以来、鬼は手に負えない最終手段にはしていましたが、なるべく使わないで子供と向き合えるよう頑張りました。 ユーザーID: 6144344364• 怖いという事を知るのも大事なこと 鬼から電話のアプリ、かなり賛否両論で否定的な意見の方が多いみたいですが。 私は賛成です。 子供とはいえ、一つぐらい怖いものがあっていいと思います。 昔からそんなのはありましたよね。 夜に口笛吹くとへびくるよ、とか、雷さんにおへそとられるよ、とか。 もったいないおばけなんてのもありましたっけ。 昔話にだって、よく鬼や山姥とかでてきて、悪いことするとこうなるよ、なんて話、たくさんありますよね。 世の中に怖いものなんてないと育つ子供の方が恐ろしいと思います。 恐怖でおさえつけるだけだとか、そんな意見もよく聞きますが、それはなんだか違う気がします。 最近は子供に対して甘すぎる気がします。 親も世間も。 ほめて育てろ、とか。 いいじゃないですか、世の中にひとつぐらい怖いものがあったって。 うちは鬼のアプリ、息子につかってますよ。 ホントにたまにですが。 だからってそれが虐待だとか全く思いません。 ユーザーID: 8772373472• やめてあげて 「脅し」はNGです。 おびえてしまうからというのと、それが嘘だと分かった時に「大人は嘘つきだ」と大人を信用しなくなる恐れがあるからです。 お勧めは、「なぜそうしなければならないのか」を理解させることです。 2歳なら、2歳が分かる言葉で。 10歳なら10歳が分かる言葉で。 幼い時は、「早く寝たら、明日の朝食は〇ちゃんの好きないちご!」とか、目の前にニンジンをぶらさげるのも効果ありです。 でも、日本ではみんなやってますし、私もそうやって育てられました。 深刻な悪影響はないと思いますが、私は自分が嫌だったので、やらないことにしています。 子供は、最初は食べ物などで釣っていましたが、早く寝る癖がついたので、もう時間になると勝手に寝ます。 その他は、自分が納得したことはちゃんとやっています。 歯磨きもここ一年ぐらいずっと言い聞かせて、しぶしぶさせていましたが、やっと虫歯との因果関係が分かり、自分から進んでやるようになりました。 ユーザーID: 3941179776• 怖いもの 人はどこかで「怖れ」がないと、と思います。 怖れが己の存在の危うさを思い、身を正したり、人と強調して安全を確保したり。 社会ルールの必要性を意識する。 鬼の存在は身近じゃないからいいんです。 わけのわからない異質なもの。 信頼をよせるべき父母が恐怖の源になるのではなく、鬼がいて鬼から逃れるすべを父母や周囲の大人に教わるという関係になる。 だから「いうこと聞かないと鬼が来てひどい目にあうよ」と突き放すのでなく 「鬼が来ると嫌だからちゃんとしようね、ちゃんとしてたら安全だからね」と あなたは守られていて安全、を強調してあげればいいのではないでしょうか? ユーザーID: 0810467261• 鬼任せはいけないそうです.

次の

‎「鬼から電話」をApp Storeで

鬼 から 電話 ガオー さん

シリーズ累計1,000万ダウンロード突破! 困ったときの鬼頼み?!ちょっぴり怖い、だけじゃない!子育てサポートアプリ 怒ってしまいそうな時、ほめたい時、親子のコミュニーケションを円滑にしてくれるお役立ちアプリが登場! 「おにから電話」を使えば、言い聞かせをしてくれる鬼や、早くお風呂に入ろうと誘いかけたり褒めたりしてくれる妖精から電話がかかってきて、子育てを楽しくサポートしてくれます。 【使い方】 1. 多彩なシチュエーションの中から、お子さまに合ったものを選びます。 キャラクターから着信があります。 言い聞かせるシチュエーションの着信画面はちょっぴり怖いイラストが表示されるため、その時点で言うことを聞いてくれたり、意識に変化があった場合は「拒否」ボタンを押します。 そのまま再生したい場合は「応答」ボタンを押し、お話に合わせて動くアニメーションを親子でご覧ください。 【特色】 ・子育てシーンにありがちな多彩なシチュエーションに対応 ・本当の着信と見間違う、リアルな着信・通話画面 ・説得力あるイラスト ・臨場感満点、声優による演技 困ったときはもちろん、親子のコミュニケーションに。 お役立てください。 jp までお送り下さい。 元々は物を投げたり人を叩く子ではなかったのですが、お正月に親戚の子どもから叩かれたり乱暴な態度を見て学んでしまったようで、優しく諭してもキツめに注意したり色々話してみても全然改善せず、下の子に手を出したり物を投げるようになって困っていました。 ダメもとで「ねぇ、そんなに人の嫌がることしてると鬼さんから電話かかってくるよ?」と言ってアプリを試したところ相当怖かったようで あれから乱暴なことはしなくなりました。 なにかあるたびに鬼で脅すのはどうかと思うけど、昔はいた家族以外の怖い人(近所のおばさんや電車で注意してくれる人など)が今はいないので、何をやってもダメな時は正直助かりますね。 私が子どもの頃は「お母さんが困ることしたらいかんよ!」と叱る時は叱る祖母がいてくれましたが、今はそういう人いないですもん。 たぶんこれで躾ける人を批判する方はとても子育て上手の方か、子育て経験のないただの批判家だと思います。

次の