ケムトレイル コロナ。 【陰謀は実在した】ビル・ゲイツ「ケムトレイルは我々にとって良い物だ」世界を救うため硫酸塩粒子を飛行機で撒く!!

犯人も特定されていたケムトレイル:日本では50年前から始まり花粉症の原因も実はケムトレイル? : めざまし政治ブログ

ケムトレイル コロナ

有名な陰謀論のひとつに、 ケムトレイルがあります。 ケムトレイルは有害物質やウイルスなどの生物兵器を意味し、これを空中散布させることによって一般市民を標的にする国家プロジェクトといわれています。 その目的は、意図的な 人口減少で、政府と製薬会社、軍が一体となって掲げているプロジェクトだといわれています。 一方、製薬会社にとっては国民が病気になることで薬が売れるというメリットがあるため、このプロジェクトに参加しているとも言われます。 一般的知られるこの話は、陰謀論や都市伝説の類として語られることも多いですが、本当にそうでしょうか? ここでは日本でも見られるケムトレイル散布についてみていきます。 ケムトレイル雲の特徴 ケムトレイル散布によって現れるケムトレイル雲の特徴は『長くとどまり続けること』だといわれています。 ケムトレイル雲によく似たものに飛行機雲がありますが、こちらは長くても数十分以内に消えるのに対し、ケムトレイル雲は1時間以上もその姿を残すといわれています。 また、ケムトレイル雲は時間の経過とともに次第に広がり、帯状の独特な雲が出来上がるようです。 このほかにも、雲の長さにも特徴があり、飛行機雲が短いのに対してケムトレイル雲はその性質から長く線を描くといわれています。 こちらはケムトレイルと思われる雲ですが、通常の飛行機雲よりも長く、そして複数本引かれていることが分かりますね。 こちらは元ドイツの航空関係者がケムトレイルの実在を暴露した映像です。 話のなかでは、自分自身が過去に航空機にかかわる技術職に就いていたこと、またその際にケムトレイル装置を備え付ける作業をしていたことが明らかにされています。 このような画像や映像を見ると、いかにもケムトレイルが本当であるかのように思えてきますが、ただの作り話である可能性も知っておかなければなりません。 実際に上に掲載したケムトレイル散布を目的とした航空機の写真は全て作り物であり、機内を映したとされる写真に至ってはエアバス機のテストフライト時点での機内をCG加工して作られた写真であることがわかっています。 こちらがエアバス機のテストフライト時点での機内です。 上の画像と比較しても、よく似ていることが分かりますね。 ちなみに、テストフライト機に乗せられている青いタンクは水が入っており、通称バラストタンクと呼ばれるものです。 重量調整などを目的とするタンクであって、何かを噴霧する目的ではもちろんありません。 現代の技術を使えば画像加工や映像加工がいとも簡単にできてしまいます。 そのことを知らないと、根も葉もない噂に騙されてしまうことになりかねません。

次の

【ケムトレイル】インフルエンザウイルスは空中からバラ撒かれている?

ケムトレイル コロナ

上の写真のような飛行機雲のようなものを一度は見かけたことあるのではないかと思いますが、私の住んでいる所でもかなり頻繁に散布されています。 これらを「ケムトレイル」といいます。 このケムトレイルが大量に散布された次の日は雨になると言われています。 ではケムトレイルとはいったい何なのでしょうか? Wikipedia には、ケミカル( chemical、化学的)にトレイル( trail、航跡)をつなげた混成語である。 ケム・トレイルは通常の飛行機雲と比較すると、航跡がより長く残留して拡がり、独特な雲に変化していくことが多いと書いてありますが、どんな科学物質なのかはいまいちよくわかりませんでした。 『RAPT BLOG』では ケムトレイルの正体を明らかにされています。 「ケムトレイル」の正体は「ヨウ化銀」と「ドライアイス」だそうです。 —『RAPT BLOG』より転載— この日本で「ドライアイス」を生産しているのは以下の三つの企業だけです。 (出典は) ・ ・ ・ -旧昭和炭酸 このうち、問題は「昭和電工ガスプロダクツ」です。 この「昭和電工プロダクツ」はその名の通り「昭和電工」の子会社なのですが、実はこの「昭和電工」がくせ者なのです。 というのも、「昭和電工」は天皇家一族と深い関わりのある企業で、第二次大戦後の「戦後復興」を通してボロ儲けしてきた企業でもあるからです。 これについては、過去にも記事にしたことがあります。 それが以下の記事になります。 さらに、「ヨウ化銀」が「ケムトレイル」として上空にバラ撒かれても、これまた同じように「天皇家一族」がボロ儲けできる仕組みになっています。 しかも、「ヨウ化銀」も「ドライアイス」も、どちらも「放射能被曝」を演出するにはうってつけの物質です。 特に「ヨウ素」は世間一般では放射性廃棄物だと言われていますので、こんなものを空にばバラ撒けば、当然、地上にいる多くの人々が「被爆」したような症状を患ってしまいます。 そして実際、「3. 11」の後に「甲状腺がん」になった子供たちが増えたとのニュースが報道され、世間でも話題になりました。 11」の直後、福島周辺では異常気象が何日も続きましたが、あの異常気象が「ケムトレイル」によって作られたものだったとしたら、その「ケムトレイル」の正体も「ヨウ素」だったのかもしれません。 なんとも悪質な詐欺師ぶりです。 そもそも、「二酸化炭素」によって地球が温暖化しているというのも真っ赤なウソ。 これについても、過去に記事を書きましたね。 本当に彼らは、どこまでも限りない悪のカタマリです。 —ここまで— このようにケムトレイルを散布して病気を引き起こしたり、雨を降らせたり二酸化炭素をまき散らしていたなんて、ケムトレイルはとても恐ろしいものだったのです。 そしてこれだけではなく、花粉症やインフルエンザなどの病気との関係がTwitterなどで明らかになってきています。 また『RAPT BLOG』では人工降雨の方法も詳しく解説されておりますのでこちらの記事もご覧ください。 そしてこのようなことをいつまでも続けることができないように、『RAPT BLOG』で真実を知った読者の方々が情報を拡散しております。 そして更に新たな証拠が次々と発見されTwitterで話題になっております。 一人でも多くの方々がこの世の真実を知って悪の無い世界へと変えていかなければなりません。 その答えは『RAPT BLOG』にあります。 まだご覧になっていない方は是非ご覧ください。

次の

コロナ5Gケムトレイル症候群が来週から始まる!?

ケムトレイル コロナ

消されましたが、 その内容の文章は残っていて、それをある女性が、情報発信しました。 その内容を、お読みください。 私が、なぜ、電磁波カットグッズが大事かと何度でも訴えている事が、よく理解できると思います。 この看護師は訴える 「もう嘘は懲り懲り!人々を殺しているのはウィルスなんかじゃない。 5Gなのよ!」と。 「ウィルスや菌は熱 直射日光でも で死滅する。 漂白剤で殺せないウィルスも菌も存在しない。 もし、5日間もウィルスが何かの表面で生き続けるとしたら…考えてみて!アメリカ中の人がHIV にかかってるはずよ! そんなに長く生き残れて人の身体にくっついて繁殖出来るのはfungus カビの一種。 真菌 だけなのよ 笑 」 じゃあ、何故、実際に人々は病気になってるの!! 何人もの死者が出ているの!! 「それはコロナウィルスが強力だからじゃなく、貴方達の免疫力が低下してるからなのよ!」 「考えてみて。 何故風邪を引く人と引かない人がいるのか。 具合が悪い人の近くに行ったからと言って、貴方の免疫システムが正常に働いていれば、風邪は引かないでしょう?反対に免疫力が低下していれば、どんな菌でもウィルスでも拾ってしまう。 そこなのよ! 問題は、ウィルスじゃなくて、貴方の免疫力なの!!」 じゃあ何故、免疫力が低下するの? 📷 「それは皆が気付いていない間に、ずっと5Gから発せられる強い電磁波を浴び続けてるから。 学校で。 仕事場で。 居心地の良い我が家で。 知らず知らずのうちに、貴方達は、まるで癌の化学療法を受けてるのと同じ状態にあるのよ。 そうなのよ!新種のウィルスとか、恐ろしいウィルスなんて嘘っぱち!全ては『5G』のせいなのよ!」 「私が言うことを笑いたい人は笑えば良い。 私は、私の話を聞く人にだけ話しているのだから。 さあ、私は言いたいことを言ったわ。 これからどうするか。 貴方が決めなさい」 ====追記以下==== この看護婦さんは的確ですね!! そして、実は空から撒かれている事によって、 臭化エチレンや、アルミとバリウムのナノ微粒子、それに未確認のバイオ活性物質を伴ったプラスイオンポリマー繊維などの漂った空気の中で呼吸しています。 警告も、助言も、相談もされることなく、ケムトレイルによって重大な危険の中に生きています。 ケムトレイルの撒かれた大気のサンプル中に、乾燥した赤血球や奇妙に変形したバクテリアといった変異型が含まれていることが報告されているの。 これは航空機が化学物質を空中噴霧することによって現れる飛行機雲に似たものです。 実は飛行機雲は水蒸気のため、あまり長い尾を引かず、すぐに消えるの。 航空機の姿が無いのに長い一直線の雲が残っている場合は間違いなくこれなのね。 散布は先進諸国の政府と軍と製薬企業の共同プロジェクト。 20年前から撒かれ始めている(日本は3・11の時から) 中でもインフルエンザウイルスは凍結したものを人口繊維の中に封入し、ケムトレイルに混ぜて都市上空から航空機によって空中で噴霧されています。 今回のウィルスもまさか 📷 バリウムは=うつ病 アルミ=アルツハイマー病 ウィルス 重金属が溜まった身体は電磁波、マイクロ波の受動体に 📷 脳の関門も開いちゃうの何でも受け入れる脳になっちゃう。 この看護婦さんの言ってる事 『恐ろしいウィルスなんて嘘っぱち!全ては『5G』のせいなのよ 📷』 追記の追記:この看護婦さんの言ってる事は正解だと思うの。 でも新しいウィルス、生物兵器であるのは本当。 インフルよりも少し強い位です。 やる気満々で。 頭が痛いと頭痛薬や痛み止め飲んだら、同じ事になっちゃうのが新しい人工ウィルスの特徴ね。 で、なんでも進化しちゃうって厄介なウィルスね。 で、薬を飲んでなくとも、5Gと言う電場、磁場、マイクロ波の中では逃げられなくなっちゃう。 圧電体(水晶を基本とした天然石)・フリーエネルギー・生体によるエネルギー、地震、各研究もやっています。 この活動はパソコンが普及するずっと前、携帯電話も無ければブログの存在すら無い時代からです。 当ブログは扱う題材がとても偏っていますが、社会で蓋をされてしまいがちな諸問題を少しでも減らして、人が安心して暮らせるように願い綴ってまいります。 文章を書くのは得意ではありません。 誤字脱字、後から追記、補足をする場合があります。 読みにくいかもしれませんがお許し下さい。 記事についてのお問合せ・質問がありましたら下記メールにくださいますようお願い申し上げます。 メールアドレス globalp2006 yahoo. jpまたはtenshodoukojiro kde. biglobe. jp スマホ直メールspeedstar. 0128 ezweb. jpまで。

次の