私 は 一向に かまわ ん ッッ。 そうきたかァ〜〜〜ッッッ!「刃牙」がLINE公式スタンプに登場

そうきたかァ〜〜〜ッッッ!「刃牙」がLINE公式スタンプに登場

私 は 一向に かまわ ん ッッ

人気記事ランキング• 41件のビュー• 31件のビュー• 27件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 12件のビュー• 7件のビュー• 6件のビュー• カテゴリー•

次の

そうきたかァ〜〜〜ッッッ!「刃牙」がLINE公式スタンプに登場

私 は 一向に かまわ ん ッッ

概要ッッッ!!!!!!! . 第一作 、 第二作 烈海王とは、『』に登場するの達人である。 本名は 烈永周(れつ えい)という。 において最高峰の達人のみに贈られる王のを持っており、その名に恥じない人的な技・身体・精を身につけている。 初登場は最大編。 の性を明するために出場したようだ。 出場者の中でも突出した強さを見せるが、準決勝にて範にする。 最大終了後は心会の特別顧問として招かれ再び来日。 の 勝手な提案で最囚との戦いに身を投じることとなる。 このころから性格がずいぶんと丸くなった。 囚との闘いが終結した頃にがに侵されていると知受ける。 その治療のためにを連れて帰。 そのままにおいて最高のである" 皇"を決める年に一度の大会" 大擂台賽"にと共に出場。 大会にを連れていった理由は、やはり解が狙いだったようだ 後述。 大会終了後再び来日、がマホメド・にした知聞き、地下闘技場にてのーを見届ける。 編にて久しぶりに登場。 原人の存在を聞きつけ自らを餌にすることを条件に勝負を挑むも。 肩の一部と右足を膝近くまで喰われる。 その後は次なる挑戦者のの強化に尽する。 に対してもへの挑戦間際に自宅を訪問した。 編後は片足を失ったことをするためか、に挑戦。 戦績を上げ、最終的にはとなる。 その後、の存在を知り来日。 解禁試合というの中、を含めたと皇から伝授された消を駆使するも、の撃を 消することができず、殺されてしまった・・・。 初登場時は以外を格下に見ているような態度があったが、そのような態度は等の高い実のある格闘や心会との交流を経て次第に丸くなっていった。 しかしに絶対の誇りを持つその姿勢は変わることなく王として貫き通した。 その能力ッッッ!!!!!!! は6とのとしては小柄である。 しかし、その体は作中のの達を唸らせるほど、底的に鍛え上げられている。 素手の打撃で、巨大なを直径約2mもの球にしてしまうほか、200坦(約1. 8t)の釣鐘を壊すほどの剛腕。 前者は駄に抜群である。 中にも闘技場のを砂にしたり、心会の床を踏み抜いたり、を使って縦横尽にを駆け抜けたり、を片手で壊したり、15mほどのの上をkg以上の体重があるドを背負ったまま走り抜けたり、を吹き飛ばしたり、 ーブを拳速で抜いたりと、まさにこの上ない人物である。 烈海王の使用技 転 相手の首に両足で絡み付き、首を捻転してへし折る技。 見えない潰し の「鼓膜破り」のように大量のを特殊な方法で吸い込んだ後、吐き出す際に拳を口に当てて小さな口を作り、方向を定め、鋭く相手のにを撃ち付けることで視界を奪う技。 打六連撃 部のみに集中させた打撃の六連撃。 常人なら生きていられるかさえ危ぶまれる攻撃だが、には通じなかった。 戦時に使用。 を前に崩れるの誇りを守るために放った攻撃。 つまり劣勢なのはではなく自分自身が劣勢であることにしたかった様であるが、あまりにも不意打ちな烈海王の攻撃はではなく全ののに大を与えたようだ。 崩拳 を代表する突きであり、のの突き。 に対して初めてを与えた攻撃であった。 を倒した(後述)一撃もこれに似た攻撃である。 寸勁 僅かな隙間も開けず、全密着した状態から発勁。 はこれでーブを填めたままーブを貫通させたり、元ー級のイ・ワーレフのに決めて一撃で沈めた。 そのたるや、にも映らないほど。 衆の面前で解説をめられた際は「あなた方りやすく言うなら」とこの技を解説している。 足技 特に技名らしきものはないが、強な足技の数々も有名。 足のを固く握り締めての蹴りは絶大な威を発揮する。 更に本気になると靴を脱ぎ捨てて戦う(作中ではサーがーブを外す行為に例えられた)。 靴を脱ぐことで足のをに動かせるため、ただ蹴るだけじゃなく足ので相手を掴み投げ飛ばすというと器用さを兼ね合わせた攻撃もできる。 この「足のを使うことによる技の多様性」は後の話でも別のところでられている。 最大トーナメント編ッッッ!!!!!!! 登場初期はに対して非常に高いを持っており、のを始めとした他のの代表選手に対してやや行き過ぎた的発言もみられた。 特にの最終(リー・ウェ)という異名にしくし、一触即発になる場面も。 しかしののにはある程度の評価はしていたようだ。 一回戦の相手・タクタを圧倒的実差で撃破。 はのいる場所を0年前に通過しているところにいると述べた。 二回戦ではかつてを大いに苦しめた斗羽を1分足らずで撃破。 三回戦では因縁のを一撃で撃破。 己の最新にしての技である突きを キサマ等のいる場所は既に々が 前に通過した場所だッッッ" と罵倒した。 これは先の以上にの強いであった。 続く四回戦での直前にから範の血について警告を受ける。 と対決ではーでを積んだにに攻められるが、をも含有するの偉大さを見せつけ、にを打ちのめし、ヘソにを突っ込む等ややえげつない攻撃も加えながら追い詰める。 しかし追い詰めたことによりの範の血を覚せてしまい、自らの技である転を喰らい首のを折られる。 それでもなお立ち上がりと戦うが、強なを喰らい。 首のを心配した鎬がすぐに診察するが、実はを時に外すことにより折を免れていた。 このを観戦していた勇次郎は、他のいかなる強敵よりも00年の烈海王が範の血を覚せてくれると期待していたことが分かる。 その後は重傷を負いながらものに駆け付けた。 最凶死刑囚編ッッッ!!!!!!! 心会に招かれでに励んでいたある日、最囚の一人のの襲撃を受ける。 負けはしなかったものの、炎を浴びせられ反撃する前にられたことに怒り床を踏ほど地団太を踏む。 心会 その後最囚に対する格闘として集められ、正式に。 その直後に戦いを挑もうとしたがに先を越され、その場は譲る。 と独歩の闘いは痛み分けに終わり、重傷を負った独歩を治療するため撤退した。 がにした巻き添えでも徳邸でを受けていた。 何も悪くないのに…。 その最中にに襲撃を受ける。 当然戦いたかったはずだが、その場はさっそうと現れた心会に譲る。 によりは倒されたと思われたが、実はであり、はっ先にそれを、攻撃を加えようとするが回避された。 はさらに不意打ちでを使用。 たちは回避し傷だったが、同時に再びを見失ってしまった。 翌日の、心会の場での中、に状態にされた心会のを発見。 報復のため心会と共にをに掛け、で待ち受ける。 しかし、が同門のである怒王であると感づき、同門での対決を禁じられていたため、心会に譲る。 この頃から徐々に解説役として地位を獲得するようになる。 その後偶然なのか後を尾けていたのか、独歩邸を襲撃後のと対峙。 しかしは "劣勢になったところで負けたふりをすることで負けを避け、で不意打ちしそれを自らの頭の中でしようとする自分"にしていた。 更にはめてではなくをもぎ取るために戦いを挑んだを一撃で倒し、それにより自を崩壊させしてしまったに同情し保護した。 その後はがオリバの手に渡っているため、に引き渡したようだ。 との決着後、で食に・と偶然会い軽く会釈を交わすが、そのの伸び具合に。 上げ底の靴て…食後にで書を購入するが、そのので最囚の一人ドとする。 ドは共の場でのに乗り気ではなかったが、は「 私は一向に構わん」と満々だった。 しかし、ドはその言に乗らず、なぜか二人はでを飲むことになるが、ここでの会話を聞く限りでは鎬昂昇がでドにやられたことを知っていたようだ。 そこで不意打ちで鏢をドのに一!更にはとローソクの火を利用した火炎放射、全身への本の鏢投げ、、、七節棍を使うという攻撃を敢行。 キサマはをめたッッ!!!!! として更に追撃。 鎬高昇「今の私なら烈海王にも勝てる」 途中ドの奇策によりに鏢を一撃喰らうが、モノともせずーを回避し猛攻撃を浴びせ全に追い詰める。 しかし・がし、麻酔を撃たれ気を失う。 を覚ますと、そこにはになりながらも防備になっていた自分をののチンピラなどから警護していたドが立っていた。 敵であるドのために輸血を募り、を混ぜたを作る等、全で介抱する。 それゆえにドにられた時は気持ちは理解しつつも悲しげな気持ちにもなった。 中国大擂台賽編ッッッ!!!!!!! がに侵されていると知受け、それが最囚の一人のの手によるものと知り、治療のためにからを手配しと江を半ば強制的にへ連れてゆく。 連れて行った先で 大擂台賽にを出場させたい旨を伝え、江に反感を買う。 さらにの実を周囲に認せるためにを一匹用意しておく等、抜けない一面をのぞかせる。 しのことがさらに江の反感を買う。 重のを戦いに誘うの意はの手使いの王と戦わせ、を以って解することであった。 わざわざ大会に出させる必要があるかどうかは疑問である 大会が開始すると師である王の顔面を引っぺがすという残酷なやり方でした勇次郎に高するが、王本人に制止される。 王戦直前には反感を募らせていた江にに打ちのれるが、の仲裁で一命を取り留める。 その後、の戦いの最中、の論見通りに王の手の効果とのがすることで が…裏返るッ ことにより事に解に成功する。 自身の一回戦では絶対的戦差を見せつけて孫王を撃破。 と同時に勢の快進撃により王が次々敗退する試合展開に落胆し、王というの落ちぶれ具合に嘆息する。 その後、同じようにの名誉を保ちたい皇の 理矢理な提案で戦から戦に移り変わり、のを担当した。 その際、勢の控室での全勝を宣言するものの、控室に戻りそのことを報告した際、戦の条件を快く受け入れてくれた外勢に対し皇が"まぬけ"等と陰口を言い始めたことや強引な皇のやり方に反感を抱いていたことが合わさり、 今のあなたはです!!!!とする。 (等の皇本人は「えーよそれで」と笑って流していた)大会の方は全勝宣言もむなしく先鋒次鋒は次々と敗戦してしまう。 自身は寂王と戦う。 手こずりながらもするが、寂王が格下ながらも知略とで翻弄し、で護身する姿勢には感し、一時は視するもいきなり抱きつかれて高する。 その後と皇の戦いをと観戦。 さながらやのようにに分かりやすく解説してくれた。 結果的にはこの大会ででは一全勝を果たした。 大会終了後は再び来日。 と行動を共にし、闘技場でののーを見届けた。 ピクル編ッッッ!!!!!!! 時代からよみがえった原始人の話を聞きつけ、その強さを確るため駐屯所にをかける。 駐屯地内のにはを含め、9人のが集結していたものの、に挑む前にの仲裁が入り、未遂に終わった。 その後が食糧難であることを知り、自らを餌にすることを申し出、それを利用してに挑む。 人的なの数々を繰り出し戦を繰り広げるが、と戦い、それらをしていたの圧倒的な強さと恐るべき頑健さに徐々にやられてしまう。 せめてのを避けるためにを捨てて戦おうとしたが、を極めた自らの幻を見てがに歩み寄っていることを自覚し、一気に連撃を加えを奪う。 を奪う際部へ強な打撃を決めるがの首はのように太く震盪を起こすことはできなかった。 を奪われたことにより本気を出したののような一撃に、を代表する突きの崩拳で撃ち返そうとするが敵わず吹き飛ばされ。 更には右足を膝近くまで喰われてしまう。 なの戦いではは最後の崩拳の一撃以外では立った外傷はなくもなさそうであったが、後の戦でのの心理描写では痛をこらえていたという表現があり決してではなかったようである。 途中でがに決めたもの痛みの記憶にしっかりと残っていた。 一命は取り留めた、がの心は自分がして尚餌になれなかったというに対する謝罪の念でいっぱいであった。 また自分を餌にすることを条件に挑んだのにをたことをが出るほどに悔んでいた。 し見舞いに来たの「悔んでいること自体が(に外れない)という名に恥じない」という言葉に救われる。 その後はのへの挑戦の表明を受け、の強化に尽する。 その際に、かつては「々が前に通過した地点だ」と罵倒したの拳に、「背筋が凍った」と。 の恐るべき性を再評価し、さらにを手伝ってもらうための皇を呼び寄せる。 当日にはにから駆け付け、していた。 敗はの自宅に訪問し、挑戦の意志を確た。 さらにそのままと・の戦いを観戦。 戦時には終始解説役にして、とと成に分かりやすく説明した。 更には勝手に後日談的登場を果たし、時間軸をながらをかけて解説した。 ピクル戦後ッッ!!!!!!! 片足を失ったことをするためか、場にする。 当然最初は隻足ということでまともに相手にされなかったが、その剛腕を発揮しての具を次々破壊し、優秀な選手を次々と再起にすることで拍子に話が大きくなって行き、大会のチケットを手にする。 戦では慣れない行の試合に戸惑いつつもイ・ワーレフを撃破。 続く・クにはにマホメド・に警告を受ける。 ・クはを上回る実の持ちであり、幾度もを奪われつつも、の中にの教えを活かし、をもぎ取る。 ・クを倒したことでのへの挑戦権を得る。 からを借りてを持っているチンピラを制圧し通りを実践してのけるがられた。 は不明だが隻足のため戦以降であることは間違いない。 、ここでのは終わっている。 本誌で行われていると勇次郎の親子喧が終わったのちに再び再開されると思われるが、 がなので、実際どうなるかは不明である・・・・と言ってるうちについにに『範』の連載が を迎えてしてしまった。 詰んでれ 修行時代ッッッ!!!!!!! 烈海王は時代は 小と呼ばれていた。 これも王と同様に階級に対する呼び名である。 このころから蛮勇さを持ち合わせており、地下室に閉じ込められていたのにをぶち破り、警備員を倒して出てきたこともある。 王の試験になかなか挑戦させてもらえないことに不満を抱きしていたが、この時に王に警備員をぶちのめして脱出した自分に対して数十以上の岩山をくりぬいて脱出した怒王のことを教えられ、自分はまだまだだと自らの未熟性を思い知った。 ツンデレについてッッッ!!!!!!! 初期のでは要に対して冷たくな態度を取っていた烈海王が、いつの間にやらに付いていて様々な要人物とお食事を共にしたり・怪の介抱をしたり、おを作ってあげたり、コッソリ自宅に訪問していたりと人の倍ほど優しく接するようになった。 以上のことから、烈海王は を代表するであるといえよう。 性格に一癖ある格闘が多い中、は何事にもっ直ぐなその性格、人格ので受けた恩にはキッ報いようとしたり、実のある達との交流も前向きな姿勢である事が多い。 また、他人の意思を察してみ取る描写もりにあるため、上記の描写が多くなったと思われる。 ちなみに二番手には、大好きなくせに冷たい態度をとるが挙げられる。 その関連動画は既に我々が20分前に閲覧したものだッッッ!!!!! 関連静画、私は一向に構わんッッッ!!!!!! 口を慎みたまえ!関連コミュニティを詳しく語っているだけです! 師父、関連項目をッッッ!!!!!!!• 烈海王のであり、史上初めて的にしたであり、の創始者•

次の

盾しか装備できない?わたしは一向にかまわんッッ

私 は 一向に かまわ ん ッッ

人気記事ランキング• 41件のビュー• 31件のビュー• 27件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 13件のビュー• 12件のビュー• 7件のビュー• 6件のビュー• カテゴリー•

次の