バンドリ ss 八幡。 SS掲示板

陽乃「ふふ、比企谷君の初めて、もらっちゃった♪」【俺ガイルss/アニメss】

バンドリ ss 八幡

雪乃「起きなさい、比企谷くん」 八幡「……」スー、スー 雪乃「……寝顔は意外とまともなのよね」 八幡「……」スー、スー 雪乃「はあ。 ……起きなさい、比企谷君。 朝よ」ペシン 八幡「……ん?んう」 雪乃「起きたかしら?」 八幡「……お前今デコピンした?」ボー 雪乃「ええ。 あなたがあまりに起きないから。 もう九時よ」 八幡「おう。 ……なあ、俺、三限の日は十二時まで寝てたいって前に言わなかったか?」 雪乃「言ったわね。 そしてそれは即却下したわ」 八幡「だったけか」 雪乃「ええ」 八幡「……おはよう、雪ノ下」 雪乃「おはよう、比企谷くん」 八幡「顔洗ってくる」テクテク 雪乃「はい」 シャー、ジャバジャバ 八幡「……」フキフキ 八幡(。 彼女とこんなのような生活を続けて、もう一年近くになる 八幡(同じ大学の別の学部に入学した俺達 八幡(大学ってのは、同じキャンパスであっても、学部学科が違えば、なかなか知り合いと顔を合わさないもんだ 八幡(ただ、俺と雪ノ下は住んでるアパートが隣同士だった。 まあ、雪ノ下のはアパートというよりマンションだが 八幡(そこで入学してしばらく経ったある日、事件が起きた 八幡(雪ノ下にストーカーが出たんだ 八幡(少し遅れて気づいた俺は、何かを考える前に走って、雪ノ下の家に向かった 八幡(インターホンを鳴らして。 玄関越しに聞こえたのは、とても怯えて憔悴しきった声だった 八幡(そして問題解決に向けて、俺は動き出した 八幡(その時に取ったいくつかの対策の一つとして、雪ノ下が俺の家に。 俺が雪ノ下の家に泊まった。 俺が現行犯で捕まえるために 八幡(以来、犯人を警察に突き出し、事件が解決した後も。 雪ノ下はなにかとうちに来るようになった 八幡(どうにも恩返しがしたかったようなので。 雪ノ下が満足するまでの間、しばらくは放っておこうと決めたのだが 雪乃「比企谷くん。 いつまで顔を洗っているの。 二人ともこたつに入ってコーヒーをすすりながら 八幡「お前、今日何限だったっけ」 雪乃「三限と、五限」 八幡「ふうん。 お前って講義と講義の間の時間、何してんの」 雪乃「読書とか、自習よ。 高校の時と変わらないわ」 八幡「相変わらずだな」 雪乃「あなたも似たようなものでしょう」 八幡「まあ、否定はしない。 でも今はたまに男とつるんでるよ」 八幡(男と言っても、親交があるのは一人だけだけど 雪乃「へえ」 八幡「何その顔」 雪乃「人間が心底驚いた時、きっとこんな顔よ」 八幡「お前な……。 俺だって、一人の時間の方が好きってだけで、別に友だち嫌いってわけじゃないからな」 雪乃「ええ、その友達ができなかっただけなのよね。 だから余計に驚いてるのよ」 八幡「あっそ。 お前、自分の言葉が結構ひどいこと知ってる?」 雪乃「さあ。 ……でも、よかったわね」 八幡(そう言ってほほ笑む雪ノ下は、意外とほんとうに嬉しそうだった 八幡「まあな。 あ、そうだ雪ノ下。 俺今日晩飯いらねえ」 雪乃「え?……いえ、別に今日も作るなんて言ってないでしょうまだ」 八幡「でも言っとかないと後から文句言われそうだしな」 雪乃「それで、理由は?」 八幡「明日、ゼミの発表でな。 準備しないといけないから、大学から何時に帰るか分からん」 雪乃「そう。 また明日」 八幡「おう。 ……あ、そうだ雪ノ下」 雪乃「何?」 八幡「朝飯、いつもさんきゅな。 美味いぞ」 雪乃「そ、そう。 じゃあまたね比企谷くんちゃんと講義受けるのよ」スタスタ 八幡「母ちゃんかよお前は。 ほいよ、じゃあまた」 雪乃(自分でも、早口で、顔が赤かったのが分かった。 あの男は、たまに卑怯。 いつも卑怯だけど、ああいうのは本当に卑怯だ スタスタ 雪乃(意図せずに顔が緩むから、できるだけやめてほしい。 ハッチはまだ、例のあの子と付き合ってないの?」 八幡カタカタ 男「そうなんだ。 なんで?」 八幡「んー」カタカタ 男「ハッチ、パソコンの世界に入りすぎ。 今は恋バナしよーぜー」 八幡「お前、先週終わらせたからってうぜえ。 俺は発表明日なんだよ」クル 男「まーまー。 コーヒー入れたからさ。 ちょっと休憩すべき」 八幡「ちゃんと砂糖入れたか?」 男「入れた入れた、たっぷりね」 八幡「っそ」ズズズ 男「それで、例の雪ノ下さんの話」 八幡(目の前でニコニコしている熊みたいな体のこの男は、ゼミの同期 八幡(基本一人でいることの多い奴なのだが、話してみると朗らかで、穏やかな奴だ 八幡(ある意味、俺が初めて獲得した貴重な同性の友人。 だって戸塚は天使で、は知り合いだしな 八幡(ただ、ケーキ作りが趣味で、好きな話は恋バナというのがたまに傷だが 八幡「別に、付き合うとか付き合わないとか、そういう対象じゃない。 だいたい、見たことあんだろ。 釣り合わないんだよ」 八幡(色んな意味で、な。 きっと、雪ノ下もそう思ってるだろう 男「ふうん?でも、はしてる」 八幡「それだって、あいつが義理人情でやってるだけだ。 別に色っぽいことなんか一つもない」 男「ハッチがそう言うなら、本当なんだろうね」 八幡「そうだよ。 勘ぐるな、めんどくさい」 男「はは、ごめんごめん。 面白いから」 八幡「なにがだよ」 男「なんでもないよ」 男 多分君は気づいてないだろうけど、この話をしてる時の君の表情って、たまに照れたように唇を尖らせる 男 それが、面白いんだ。 見てて楽しい 男「まあ、ハッチのそういうところ、結構すきだよって話」 八幡「……お前、ホモじゃねえだろうな。 俺、男は戸塚以外認めねえぞ」 男「違うよー。 僕、彼女いるし」 八幡「けっ、知ってるよ。 そら、休憩おわり。 傍には、読みかけらしい本が置いてある 八幡「いい匂いするな……ああ」 八幡(台所のコンロの上には、とん汁とおでんの入った鍋がそれぞれ置いてあった。 冷蔵庫には書置きが貼ってある 雪乃『準備、お疲れ様です。 とん汁とおでんは温めなおして食べてください。 冷蔵庫にはサラダが入ってます。 食べた食器は流しに置いといてください』 八幡(こいつ、手紙だと敬語になるんだよな…… 八幡(なんだろう。 今、俺が感じているこの気持ち。 これを言葉にしたらなんて言うのか、俺は知ってる 八幡(でもその気持ちは、今までずっと、俺を苦しめるものでしかなかった。 俺のを量産するものでしかなかった 八幡(今回も、そうなのだろうか。 それとも、違うのだろうか 八幡(まあ、どう転ぶのかはまだ分からないが 八幡(いつか、雪ノ下に伝えるときが来るのだろうか。 この気持ちを 八幡(とりあえず今は。 目の前のご飯を頂こう 八幡「……いただきます」 八幡(彼女を起こさないようにそっと声をかけて、俺はコンロに火をかけた 終 元スレ 雪乃「起きなさい、比企谷くん」八幡「……」スー、スー.

次の

八幡「弟になった日」【俺ガイル】 : SS★STATION SSのまとめ SSの専門サイト

バンドリ ss 八幡

1分遅刻するより、3時間早すぎるほうがいい……、とね」 美咲「うん、たぶん思い立ったが吉日~的なことが言いたいんだろうけど……。 どっちにしてもいきなりライブするなんて現実的じゃないって」 美咲(ていうか今日はあったかいっていうか暑いレベルだしこんな日に野外でミッシェルの中に入ったら死ぬ……!) 花音「うん……、いきなり場所をとるのは難しいんじゃないかな……?」 こころ「?? ここでやればいいじゃない!」 美咲「いやいや無理だって! 第一楽器もないし…………」 黒服「こころ様楽器はこちらに……。 ここでライブをする許可も取れました」 美咲(はっや!!) こころ「ありがとう! 美咲! ミッシェルに連絡をとってくれないかしら?」 美咲「え、い、いやー、今日ミッシェルは用事があって……」 ガシッ! 黒服「奥沢様こちらに」 美咲「え゛っ!? いや、ちょまま、ちょままm……」 美咲「こんなのはどうでしょう……?」 作戦1【大量のミッシェルが襲いかかるドッキリ】 花音「ええっと……。 美咲ちゃん……?」 美咲「なーんて、人手もお金も足りないですよねー」 美咲「冗談ですよ、冗談……」 黒服「奥沢様」 美咲「うわあ! びっくりしたぁ……」 花音(いつの間に……) 黒服「私たちもお手伝いしましょう」 美咲「えっ、いいんですか? 言ってみたら私、主人を狙う悪者みたいなもんですよ」 黒服「普段のお礼というものですよ」 美咲「普段私たちのほうがお世話になりっぱなしだけど……」 黒服(こころ様は昔から権力のせいで本当に友達と言える人はいなかった……。 こころ「笑顔のオーケストラ!」 ツナイダテヲツナイデコー! オオキナワニナッテー! 美咲(にしても100体のミッシェルと一緒に歌って踊るってすごい絵図だな……) 美咲(はあ……、やっぱり一筋縄ではいかないか) 美咲(ってあれ? なんか忘れてるような……) 花音inミッシェル「」チーン ~翌日~ 美咲「本当にすみませんでした」土下座 花音「い、いいよ美咲ちゃん……。 気にしないで?」 美咲(こころたちに巻き込まれて花音さんのことをすっかり忘れていた……) 薫「おや? 二人ともこんなところで会うとは奇遇だね。 なにを話していたんだい?」 花音「あっ…、薫さん。 こんにちは」 美咲「ちょっとこころにささやかな仕返しを計画していたんですよ~」 薫「なにやら興味深いことをしているようだね」 薫「ふむ……、ならばその作戦私も一枚噛ませてもらおう」 薫「三人寄れば矢の如しともいうだろう」 花音(ふえぇ……。 布団敷いてみんなで寝るってちょっとドキドキする……」 はぐみ「合宿といったらみんなで川の字だね!」 薫「さあ電気を消すぞ。 私もちょっとワクワクしちゃってるかも」 花音「そうだね……、なんかすぐ寝れそうにないかも……。 み、みんなも少しお喋りを……」 こころはぐみ薫「zzz……」スピー 美咲花音(寝つきが良すぎる……) 花音「え、えっと……。 美咲ちゃん……」 美咲「うん、私はまだ眠くないんで話し相手になりますよー」 花音「ありがとう……」 ~二時間後~ 花音「zzz……」 美咲「花音さん寝ちゃったか……。 美咲「うわっ!」ドサッ ビシャアア 美咲「やば……、はぐみの布団にこぼしちゃった……」 はぐみ「むにゃむにゃ……。 乱れた服。 謎の液体が布団にびっちゃり。

次の

【一色いろはSS】八幡「37.5℃か…」

バンドリ ss 八幡

雪乃「比企谷君を更生させましょう」 八幡「はぁ?」 雪乃「比企谷君はそもそもその腐った性根を叩き直すために、奉仕部に入ったのだったわね」 八幡「一応名目上はそうだな」 雪乃「だから具体的にいろいろしてみることにするわ」 八幡「ちょっと待て。 いろいろとは具体的に何だ」 雪乃「細かいことは気にしてはいけないわ」 八幡「おい」 雪乃「あなたにも協力を頼むわ、さん」 結衣「えっ、あたしも?」 雪乃「比企谷君のためと思って、お願いできるかしら」 結衣「ううん、全然いいよ!」 八幡「おい」 雪乃「さん、ちょっと耳を貸して」 雪乃(私たちが八幡にキスするしかないわ) 結衣「…………」ポッ 八幡「おい、なんなんだよ」 結衣「えっと…これもヒッキーのためだし、いいよね」 雪乃「そうね。 それにこれをすれば比企谷君の荒みきった心も多少は良くなるはずだもの」 八幡「だから何の話をしているんだ」 結衣「でも、そしたら先にしたほうがヒッキーの初めてを取っちゃうことになるね」 雪乃「私としてはこんな男とその……スなんてしたくないのだけれど、しなければならないのならば初めては私が欲しいわ」 結衣「あたしも……その……初めてが欲しいな」 八幡「……」アセダラダラ 陽乃「やっはろー?」 八幡・雪乃・結衣「「「!?!?」」」 雪乃「なんで姉さんがここに!?」 陽乃「比企谷君のファーストキス。 あなたは……」 陽乃「ズルを、したんだよ」 八幡「ズル?」 陽乃「うん、ズル」 八幡「ズルって一体何を……」 陽乃「別にー? ただ比企谷君とキスする相手を私にしちゃっただけだよ」 陽乃「雪乃ちゃんとがはまちゃんの二択という『ルール』を破って、ね」 八幡「そんなことができるんですか?」 陽乃「別にできなくはないよ。 でも、『ルール』破った人間には、『罰』がある」 八幡「罰……?」 陽乃「そう。 将棋で二回連続で打っちゃったら負けだし、麻雀でもフリテンで満貫払いでしょ」 陽乃「それと同じ、『罰』だよ」 八幡「罰ってなんすか。 てか、ならなんでわざわざそんなことを」 陽乃「そもそも私がなんとも思っていない相手にここまですると思う? それは今日に限らず今まででも」 八幡「……ただからかって遊んでるだけなんじゃないんすか」 陽乃「んー、まぁ始めはそうだったけどね。 今はちょっと違うよ」 陽乃「初めて会った時のこと、覚えてる?」 八幡「ららぽに行ったときっすよね」 陽乃「うん、そう。 私、君みたいな子に会うの、初めてだったからね、あれからちょっと興味が出たんだ」 八幡「はぁ……」 陽乃「比企谷君ってからかうと面白かったし最初は遊びのつもりだったんだ」 陽乃「でも、雪乃ちゃんや静ちゃんやめぐりや隼人たちから比企谷君の話を聞いて、君にちょっとだけ惹かれていった」 八幡「一体どんな話をしたんですかね……」 陽乃「比企谷君が奉仕部でやらかしたこととかは大体知ってるよ。 私がそうなっちゃったのは」 八幡(スッと俺を見つめる。 その目からはいつものような恐怖を感じない) 陽乃「比企谷君、私ね……」 八幡(強化外骨格のような外面は、もうなかった) 陽乃「比企谷君のこと、好きなんだ」 八幡「…………」 八幡「…………」カァッ 陽乃「……相変わらずかわいいな、比企谷君は」クスッ 八幡「……ドッキリとかは…………」 陽乃「ないよ? それは比企谷君が一番わかってるんじゃないかな?」 八幡「……わかんないっすよ」 陽乃「そっか。 まぁ今までの行いもあるし仕方ないかなー」 八幡(その言葉に俺は何も返せなかった) 陽乃「うん、しょうがない」 八幡(自嘲気味に愚痴を漏らすと、陽乃さんは一歩、俺のもとに踏み込んできた) 陽乃「これはね、私のわがまま」 八幡(顔をズイと近づけられる。 八幡(陽乃さんの唇が俺の唇に触れる。 これまでのことも、全部」 陽乃「君の中から私は消える」 陽乃「ううん、それも違うかな。 『比企谷君と私が出会った』という事実そのものが消えちゃうんだ」 八幡「なんですかそれ……!」 陽乃「『罰』ってね、受ける本人にとって一番つらいものになるの。 だから、比企谷君が忘れちゃっても、他の誰もが覚えていなくても、私だけは忘れられずにい続ける」 陽乃「それが、『ルール』を破った『罰』なんだよ」 八幡「そんな……」 八幡(身体に入り込んだ何かが記憶を消し始める。 俺の中の陽乃さんに関する記憶がどんどんあやふやになる) 陽乃「自分勝手な女の子でごめんね……」 八幡「どうしてそこまでして……」 陽乃「私は比企谷君には選ばれないからね」 八幡「選ばれない?」 陽乃「そう、私は君に選ばれない。 比企谷君が選ぶのはあの二人のどちらかだから」 八幡「選ぶって……俺にそんな権限ないっすよ」 陽乃「そう思うかもしれないけどね。 お姉さんには何となくわかっちゃうんだー」 八幡「…………」 陽乃「私の恋は叶わない。 それでもせめて、こんな風に気持ちを伝えたかった」 陽乃「だから、こんなものに頼った」 陽乃「それで比企谷君との今までとこれからを捨てることになったとしても、どうせ結ばれないなら、記憶なんてあってもなくても一緒だしね」 陽乃「それに、雪乃ちゃんからまた取っちゃうなんてできないし」ボソッ 八幡「えっ?」 陽乃「ううん、今のは何でもないよー」 陽乃「もう、私のことを忘れ始めてるんじゃないかな」 八幡「そんなわけないでしょう」 陽乃「そうかな。 じゃあ、文化祭で雪乃ちゃんたちとライブをした時、私はなんの楽器だったでしょう?」 八幡「そんなの覚えてるに決まってるじゃないですか。 ……あれ?」 八幡(言葉が、詰まる。 俺は、思い出せなかった) 陽乃「……ほらね」 八幡「違います。 この人が誰だったのか、それすらも曖昧になる) 陽乃「そっか。 もうそんなところまで忘れちゃったか」 八幡(悲しそうに笑う陽乃さんの姿はとても弱々しい。 もうこの人が具体的に俺にどう関わっていたのかも思い出せない) 八幡(それでも、この人がいつも強く、畏怖の対象であったというイメージだけは残っていた) 八幡(だからそんな姿を見せることから、それほどまでに精神的にきているのだということもわかった) 陽乃「どうしてこんなことしちゃったんだろ。 いつもの私なら絶対にしないのになー」 陽乃「……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ」 八幡「……なんですか?」 陽乃「それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 いつもの俺なら絶対にこんなことをしない。 いつもの私なら絶対にしないのになー』 陽乃『……なんてね。 その答えだって全部わかってるよ』 八幡『……なんですか?』 陽乃『それくらい、比企谷君を好きになっちゃったんだよ。 比企谷君を諦める決定的な理由) 陽乃(私と彼との間を完璧に断裂させる何かが) 陽乃(そうでもしないと私はきっと諦めきれない。 ずっと想いは心の中に残り続けてしまう) 陽乃「……やっぱりやりすぎちゃったかな」 陽乃(後悔したって仕方ない。 こんな風にモヤモヤしているのなら、一体何のためにあんなことをしたのか、わからなくなってしまう) 陽乃「……大学にでも行こうかな」 陽乃(行けば知り合いが誰かしらいるだろうし、暇つぶしにはちょうどいい) 陽乃(きっと、気晴らしにも) 陽乃「……あっ」 陽乃(こんなことってあり得るのかな) 陽乃(あんな風に別れたすぐ後に姿を見かけるなんて) 陽乃(比企谷君はいつもと変わらずにその腐った目を携えて、街の中を歩いていた) 陽乃(人ごみに紛れて気づかれないようにその横を通り過ぎる) 陽乃(……って、そんなことする意味はないんだっけ) 陽乃(通り過ぎる一瞬だけ横顔が見える) 陽乃(その表情にまた少しだけドキッとして、そして切なくなる) 陽乃「やっぱなこと……、いや、ダメダメ」 陽乃(いつか隼人に言われたことがあった) 陽乃(私は好きなものをかまいすぎて殺すか、嫌いなものを徹底的につぶすことしかしない、と) 陽乃(その言葉を借りると、私はいつか比企谷君を殺してしまうのだろう) 陽乃(……それでも) 陽乃「ねぇ」 陽乃(そう、声をかけた) 陽乃(注意して聞かない限り、街の喧騒にかき消されてしまうくらい小さな声で) 八幡「…………」 陽乃(彼はゆっくりと振り返った) 陽乃「あ……」 八幡「……?」 陽乃「え、えーっと……」 陽乃(まさか聞こえるなんて思っていなかった。 万一聞かれたとしても反応されないように名前は呼ばなかったのに) 八幡「あの……なんですか?」 陽乃「あー……、な、なんていうか、ちょっとねー」 八幡「……?」 陽乃「それよりもちょっと変なこと聞くけど」 八幡「はい……?」 陽乃「私のこと……覚えてるかな……?」 八幡「えっ。 ……すいません、どこかで会ったでしょうか?」 陽乃「……っ!」 陽乃(ズキッと胸に痛みが走った。 わかっていたのに、それでも涙がこぼれそうになる) 陽乃(こうなるのを望んでいたのは他でもない自分なのに、矛盾している) 八幡「あの……大丈夫ですか……?」 陽乃「……うん、もうね」 陽乃(『罰』はもう受けた。 あとはもう、私が去るだけ) 陽乃「ごめんね。 人違いだったみたい」 陽乃(もう、こんなことはよそう。 どうして……?」 八幡「わからないですけど、現に今、俺は雪ノ下さんのことを覚えてますよ」 陽乃「だってあの時、比企谷君は私のこと……!」 八幡「まぁ、あの時は本当に忘れましたけど……。 それがどうしようもないくらいに、嬉しい) 八幡「ですか。 雪ノ下さんに恨まれたら報復が怖いんで助かります」 陽乃「あっ、でも条件付きね」 八幡「えっ? なんか嫌な予感しかしないんですけど……」 陽乃「別に大したことじゃないよー?」 陽乃「これから私のことを『陽乃さん』って呼ぶこと」 八幡「それは無理ですよ……」 陽乃「でもあの時には呼んでくれたじゃーん」 八幡「あの時はあの時ですよ」 陽乃「ちぇー。 あんな強引な終りに意味なんてない) 八幡「で、どうするんですか?」 陽乃(それにいくらあの二人が比企谷君に近しいからと言って、それで私が諦める理由にはならない) 陽乃「そうだねー。 とりあえずそこらへんの喫にでも入る?」 陽乃(欲しいものは何がなんでも手に入れる。 私なら、それもできるだろう) 陽乃(きっと私が懸念していたことはみんな解決できる。 それが来る日を信じて) 陽乃(私はの道を強く蹴った) 終 元スレ 雪乃「安価で比企谷君を更生させましょう」 八幡「はぁ?」.

次の