山城新伍 娘。 山城新伍の女性関係実名まとめや娘の友達愛人説と若い頃がヤバイ!?

山城新伍の女性関係実名まとめや娘の友達愛人説と若い頃がヤバイ!?

山城新伍 娘

Sponsored Link 花園ひろみと結婚&離婚を繰り返す 山城さんは、1966年、東映ニューフェイスの同期生で、女優の花園ひろみさんと結婚されています。 山城さんは、花園さんに夢中だったようで、ドライブでのデート中、湖を前に、 結婚してくれなかったら、突っ込んで死ぬ と、プロポーズして、結婚に至ったのだとか。 仲睦まじい様子の花園ひろみさんと山城さん。 そして、結婚後は、女の子が誕生しているのですが、1985年には山城さんの浮気が原因で離婚。 ただ、その後、山城さんが、 復縁したい 今でも愛している と、再三、花園さんにラブコールを送り続けたことで、これを受け入れた花園さんと1991年に再婚。 しかし、再び、山城さんの浮気が原因で、1999年8月、離婚されています。 派手な女性関係で自らプレイボーイを名乗る ところで、離婚の原因となった、山城さんの 「浮気」ですが、山城さんは、芸能界に入った理由について、 女とやれるから俳優になった と、自慢気に話していたこともあったそうで、自ら 「プレイボーイ」と名乗るほど女性関係が派手だったそうです。 しかも、相手は、プロの女性だけではなく、タレント、女優、さらには、一般人にまで次々と手を出しては、愛人にしていたそうですが、 結婚記念日や娘の誕生日といった、家族の行事も顧みずに愛人と過ごしていたうえ、愛人に貢ぐために娘の学費保険の積立金にまで手を出したり、娘の同級生と知りながら、手を出して、肉体関係まで持ったりしていたそうなので、 さすがに、そんな山城さんの身勝手さに、花園さんも愛想を尽かしたようです。 本当はモテなかった? ちなみに、山城さんは、芸能人では、川島なお美さん、さん、山口美江さん、濱田のり子さん、川上麻衣子さんなどを愛人にしていたと言われているのですが、 自分で 「プレイボーイ」と名乗る割りには、週刊誌でスクープされた女性関係の記事はそれほど多くなく、愛人にしていたのは、まだ無名な大部屋女優や、駆け出しの女優が多かったのでは、と言われています。 また、 口の割には気が小さく、松方弘樹と違って金払いが良くない。 だから女性からは嫌われていましたよ。 との東映関係者の証言や、 自分で誘ってバーに行ったら、自分の飲み代も支払わないで勝手に帰った。 と話す映画関係者もいるほか、 関係が噂された山口美江さんに至っては、山城さんの必死の口説きに辟易(へきえき)としていたことを、後に語っておられたそうで(実名は伏せられていたそうですが、明らかに山城さんと分かったそうです)、 山城さんの場合、往年の映画スターが豪快に女性たちと遊ぶ・・・というのとは、ちょっと違っていたようです。 娘は? ところで、山城さんと花園さんの間には、夕子さんという、一人娘がいらっしゃいます。 娘の南夕花さんと山城さん。 夕子さんは、1986年、テレビドラマ 「夢恋し」で主演でデビューされると( 「南夕子」名義)、1992年には、 「新伍のワガママ大百科」で、お父さんの山城さんと親子共演(本名の 「渡辺夕子」名義)。 1998年には、月曜ドラマスペシャル 「監察医薮野善次郎6 死体は知っている」でも、再びお父さんの山城さんと共演し(「南夕花」名義)、良い関係を築かれているかと思われたのですが・・・.

次の

山城新伍の二枚目時代劇スター波乱の役者バカ人生とは?晩年が悲しすぎた

山城新伍 娘

番組は、臨終に立ち会った実弟の話をもとに、あらためて父親の娘 子供と言い換えてもいい 思い、父子の絆に触れた。 山城の女性とのスキャンダルからなのか、元妻とは2度結婚し2度離婚している。 しかも、2000年にはある雑誌で娘から「絶縁宣言」を突きつけられた。 「もう娘でもない、守っていただかなくてけっこう。 母のことは私が守ります。 いつか結婚することになっても、バージンロードを歩くつもりはありません。 今、父にはっきり伝えたいのは『さよなら』という言葉です」 しかし、山城はダブル離婚について生前、次のように語っていた。 「小さい女性問題もあったろうし、仲良くしているだけの誤解もあった。 そういうものが蓄積された結果だ。 短絡的に 元妻が 『やめた!』と、そんな人じゃない。 未練はありますよ。 でも未練は口にしない」 この元妻と一人娘との断絶について、実弟の渡辺鎮雄は次のように残念がった。 「新伍は、気前が良いところがあるから、全財産を妻子に置いてスッカラカンになって死んでいったのではないかと、友人が言っていたけど、実はその通りだと思います。 そういう男気があったではないかと……」 「だから」と言う訳ではないだろうが、続けてこうも…… 「嫁さんとの間は、男と女の関係ですから好きもあれば嫌いもあるし、いざこざもある。 それは致し方ないこと。 しかし、血を分けた子ともこういうことでは悲しいことだ。 お母さんとけんかしてでも来るんじゃないかと……私の娘だったらそういう具合に育てると思います。 半面、 娘が かわいそうに思いますね。 父とこの対立が チャラになるかもしれないのに、世間から隠れて住むような形で……もっと人前でいろいろ言った方がかえって良いんじゃないかと思う面もあります」 寅さんではないが、ひと言印象を言えば「男はつらいよ!」。 最後に、スタジオの森永卓郎 独協大教授 が次のように…… 「山城さんは昔型の最後のスターだったと思う。 昔の芸能人は公然と浮気をする文化があったが、今はそれが許されなくなった。 娘さんは新しい文化の中で育ってきた人で、時代の転換期に起こった不幸なことのような気がする」。

次の

山城新伍さんの娘さんは葬儀にも参列しなかったそうですが、あなたはそれを...

山城新伍 娘

来歴・人物 [ ] (現・)出身。 1957年に第4期でへ入社。 同期には・・・・・がいる。 1958年に主演映画『花笠道中』でデビューし、主演映画『大江戸七人衆』など1年で12本に出演し、1961年までに60余本に出演した。 1962年に主演映画『右門捕物帖』を最後に引退し、山城と結婚。 娘に元のがいる。 1985年に山城の浮気により離婚したものの、後に再入籍したが、反省しないで浮気を続けた山城に愛想がつき、1999年に再び離婚。 2009年に山城が死去した際、娘とともに通夜・葬儀・お別れの会や四十九日にも参加していない。 山城が事前に二人を呼ばないように言っていたことによる 主な出演作品 [ ] 映画 [ ]• (1960年、)• (1961年、東映)• (1970年、東映)• (1972年、東映) テレビドラマ [ ]• 江戸忍法帖(1966年、)• (1967年、)• 第2シリーズ 第16話「嵐が母を呼んでいた」(1967年、)• 第1シリーズ 第24話「拾った道」(1967年、NET)• 第94話「幼馴染み」(1968年)• 第129話「ふくろう組異聞」(1968年)• 第8話「雪あかり」(1968年、NET)• 第13話「風の泣く里」(1968年、NET)• (1968年、)• 第1話「世のなか上には上がいた」(1969年、NET)• 第2シリーズ 第8話「宿場からは遠く」(1969年、NET)• (1969年 - 1970年、NET)• 第7話「じたばたするねえ! 」(1987年、)• 「熱海芸者連続殺人事件! 」(1992年、) その他の番組 [ ]• (1975年 - 1976年、)- 司会• () 脚注 [ ].

次の