アウター ワールド 評価。 アウターワールドの評価とレビュー!魅力と面白さを伝えたい!

【アウターワールド】欠点の獲得方法・メリットやデメリット【The Outer Worlds】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

アウター ワールド 評価

とくにどの点が評価されたのだと自己分析されていますか? ティム新しいIPの構築への挑戦、そしてその世界観の中で登場する特徴的な人物やストーリーに対してもっとも高い評価を得ているのではないでしょうか。 我々のスタジオの強みであるナラティブデザイナー人材が貢献してくれたと思います。 ティムディストピア的世界の中でも、ストーリーに希望を感じてくれているプレイヤーが多かったです。 また、その成果を教えてください。 ティムそうです。 このゲームの世界観をデザインするのは大変でしたが、プレイヤーの皆さんには好意的に受け入れられたようで、さらなるコンテンツを期待するとの声を多く聞いています。 キャラクターに悪ふざけ的要素を与えることは楽しいことだという考えをプレイヤーに紹介しようとしました。 フローシステムは好評であり、パーク(特典)と同様に、プレイヤーはキャラクター作成後にキャラクターを育成できることを本当に楽しんでいます。 ティム『アウター・ワールド』は、Obsidianによる最新のRPGです。 地球から数百光年の植民地の遠い未来に設定されたこのゲームでは、プレイヤーはその植民地の運命がどのように展開するかを決定できます。 ティム『アウター・ワールド』のNintendo Switchバージョンには、ほかのプラットフォーム用にリリースされた最新のアップデートが含まれています。 さらに、ハンドヘルドモードでプラットフォーム上のゲームをプレイヤーが制御できるように、ジャイロエイミングや拡張エイムアシストシステムなどのその他の機能が追加されました。 探索を楽しむなら、見どころがたくさんあります。 NPCとの協力が好きな場合は、友好的でおしゃべりになることができます。 コンパニオンと冒険を進めることもできれば、ひとりで冒険することもできます。 プレイヤーに自分だけのゲームを楽しんでもらいたいです。 さらに、DLCは今後、どのようなプランを考えていますか? ティムいま言えるのは、『アウター・ワールド』のD L Cはもうすぐ来るよ、ということです。 どのように反応を得るか、本当に知りませんでした。 ティム『アウター・ワールド』はすでに多くの方に楽しんでいただいていますが、今度はNintendo Switchでどんな場所でもプレイできるようになるのです! エンジョイ!.

次の

netflixomatic.goodformandspectacle.com:カスタマーレビュー: 【PS4】アウター・ワールド

アウター ワールド 評価

宇宙の辺境を探索しながら、覇権を狙う様々な勢力と出会う中で、プレイヤーが作り上げていくキャラクターがHalcyonに住まうすべての人々の運命を担うことになります。 企業によるコロニー運営の方程式の中で、プレイヤーは想定外の変数となり、物語を導いていくのです。 プレイヤーは、コロニーであるハルシオンの破壊を目論む巨大な陰謀に巻き込まれる主人公を操作しつつ,この世界にどう挑むかの選択をしていきます。 プレイヤーの行動や選択によってゲームの流れは変化していき、各プレイヤーごとに " どのように生きるか"、" どのような人物になるか" を決められる 自由さが与えられるゲームとなっています。 また、Falloutシリーズ同様、キャラクターの能力値によって選択肢が増えたり、 相手をだましたり、脅しをかけたりというようなこともできるようになります。 AIの頭が悪い• 戦闘は単調であまり楽しくない• ゲームプレイ自体は少し時代遅れに感じる• 特に革新的な面は無い• 以上が、『』についての海外メディアの感想となります。 本作で最も高評価を付けられている点は、やはりウリである『 分岐の多さ』でした。 プレイヤーの行動や選択によって物語は大きく変化し、ワールドの各所にもその変化が見られるため、プレイヤーとゲームとの間に 強い相互作用性を感じることが出来ると述べられています。 ストーリーを一度クリアしただけではゲームの表面部分しか見えず、何度もプレイすることで毎回異なる内容になるため、 リプレイ性が強く、コンテンツ量が豊富な点も高評価点として述べられています。 また各ワールドのビジュアルは 非常にカラフルで作り込まれており、SF小説の表紙に入り込んだようだと絶賛するレビュアーもいました。 一方で、本作には 革新的な面はなく、" 従来のFalloutシリーズの焼きまわしのように感じる" と述べるレビュアーもいました。 ゲーム性自体も少し古く感じ、戦闘に至っては単調であまり楽しくないとも述べられています。 しかし、全体的には " 堅実な楽しさのある傑作" と評されており、Fallout系のRPGが好きな方であれば非常に楽しめる作品になっているようです。 カラフルなオープンワールドの惑星を冒険してみたい方は、是非プレイしてみてはいかがでしょうか!• リリース年• 2019年 88• 2020年 72• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 75• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 56• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 33• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 9• シューティング 24• ストラテジー・戦略 10• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 78• マルチプレイ対応 75• -, , , , , -, , , , , , , , , , , ,• リリース年• 2019年 88• 2020年 72• 対応機種• iOS・Android 10• PC 107• PS4 109• Switch 75• Xbox One 85• レビュー点数• 49点以下 1• 50点以上 4• 60点以上 17• 70点以上 56• 80点以上 67• 90点以上 11• ジャンル• RPG(ロールプレイング) 33• VR対応 10• アクション 71• アドベンチャー 43• シミュレーション 9• シューティング 24• ストラテジー・戦略 10• スポーツ 9• その他 20• ホラー 9• レーシング 12• 音楽・リズム系 3• プレイ人数• シングルプレイ専用 78• マルチプレイ対応 75•

次の

勢力評価

アウター ワールド 評価

実質『フォールアウト』の新作と言われている オープンワールドRPG『アウターワールド』。 オープンワールドRPGは好きだけど、 アウターワールドって実際どうなの? 皆さんもそう思われていることでしょう。 「海外では凄いらしいけど、ぶっちゃけ日本ではそんなに話題になっていない。 けど面白いっていう噂は聞く」って感じですよね。 僕自身も、フォールアウトやスカイリムを実際にプレイしていますが、アウターワールドを買うか迷いました。 ただ思い切って購入してプレイしてみました。 その感想は、 …めっちゃ面白いやん。 はい、面白かったです笑 基本情報として、日本でも人気のフォールアウトシリーズの1つである『フォールアウト ニューベガス』の開発陣が創り上げた新作となっております。 新しいタイトルになっていますが、内容的には 『フォールアウト』を感じさせる内容となっています。 オンライン化した『フォールアウト76』ですが、 どうやらかなり不評だったみたいです笑 そういった背景もあり、 「これだよこれ!これなんだよな!!」と『アウターワールド』が世界で絶賛されるに至ったというわけであります。 この記事は実際に『アウターワールド』を プレイしたレビュー記事になります。 アウターワールドというゲームの特徴も交えながら、 このゲームの魅力について説明していきます。 プレイするか迷っている方は、 ぜひ最後までお付き合いください。 こちらに公式の動画も載せておきます。 ぜひ参考に見てみてください。 『アウターワールド』プレイしてみた 実質フォールアウト新作と言われていたため、 そのフィルターがかかっていたのは否めませんが、 率直に思いました。 「あっ、フォールアウトや笑」 クリア後のゲームの世界観の感想としては、 昨今オープンワールドの主流になってきている 『正義と悪どちらにも自由になれる』ゲームではなく、 『正義の反対はまた別の正義』ゲームでした。 どちらか1つを取らなければならない、 という場面が多く存在していますが、 どちらが正しい明確な状況はあまり存在せず、 どちらも正しい中で選択し、片方を切り捨てるという決断を迫られます。 また、仮に悪を体現しようとキャラクター達を倒していったとしても、そこから新たなクエストが始まることはなく、ただそのキャラ関連のクエストが消滅するというデメリットしかありません。 場面転換を明確にするフィールド構成 ハルシオン星系(コロニー)の中で、プレイヤーは宇宙船であちこちへ飛び回ることになります。 惑星の数自体はそれほど多くはないですが、 1つの星に複数のマップが用意されており、 そのバリエーションも豊富です。 シンプルな広さだけで見てしまうと、 『フォールアウト』や『スカイリム』と比べて想像以上に小さく感じます。 隅々まで行き尽くせるマップを自由に移動できて、 かつ満足できるサイズ感になっています。 基本的に進むべきシナリオは決まっているので、 メインの目的を達成したら次のマップへ移動していく構成です。 つまり、自分が本来目指している目的を見失うことはありません。 マップ移動にかかる時間は短いわけではないですが、 メインクエストを進める中で、サブクエストももちろん用意されており、それが丁度いいバランスで配置されているので楽しく寄り道もできてしまいます。 マップ間を自由に行き来できるがゆえに右往左往することもありますが、それはあくまでも何らかのサブクエストに準じた行動の中で起こるので、ゲームの進行が止まってしまうかのような印象を受けることはありません。 メインクエストを見失うことなく、サブクエストをこなすために惑星を飛び回るようなプレイスタイルです。 豊富な選択肢で自在に変化していく 魅力の1つである会話の数が非常に豊富です。 そしてプレイヤーの選択によって、 ゲームの表情が大きく変わっていきます。 しかし先述した通り、最近のオープンワールドでは基本スタイルとなってきている『正義と悪どちらにでも自由になれる』よりは、『どちらかといえば正義より』でメインクエストが進む中においての話です。 登山みたいなもので、「目的地は決まっているけどそこまでの過程が豊富にありますよ」というお話です。 このゲームの特徴として、どちらかを選ばなければならないという場面は多くあります。 そして、選択肢の中には重みのある選択肢からおふざけの選択肢まであります。 最序盤でもその選択をプレイヤーは迫られますが、その後には引けない選択があるからこそこのゲームを繰り返し遊びたくなるんですよね。 プレイヤ—の個性豊かな仲間たち 旅を楽しくするための大事な要素である『仲間』。 『アウターワールド』でも魅力的な6人の仲間が 登場します。 仲間同士の会話が面白い プレイヤーの旅の仲間として、 2人まで連れていくことができます。 またこの 2人というのが絶妙に丁度いいんですよね。 僕がプレイしていて驚いた点として、 この仲間同士の会話が挙げられます。 普通に今のゲームだったらあり得るでしょ。 と思われるかもしれませんが、その会話の質がめちゃくちゃ高いです。 皆さんも今までのゲーム経験の中で、相棒同士の会話で「汎用性を持たせるために、ある程度定型文が決まっているな。 」と感じたことがありますよね。 ええ、あるんですよ皆さんも笑 アウターワールドでも全くないことはないですが、 仲間が会話をし出すと、2人の固有の会話がそれなりの長さで続きます。 仲間6人中2人の組み合わせは15通りあります。 15通りもそれなりの密度の会話を堪能できるんです笑 移動時間が長い分、そういったプレイヤーを飽きさせない工夫が面白いんですよね。 バトル中も仲間が邪魔にならない プレイ中の仲間の位置も工夫されていてます。 テンポよくゲームを進めるために、 プレイヤーが突っ込んでいった場合でも後ろに存在する ようにできています。 広大なフィールドで相棒が行方不明になっている、もしくはなんでそこにいるんだよ、と思った経験ってありますよね。 ええ、あるんですよ皆さんも笑 いつの間にかはぐれていたり、動きが遅くてなかなか付いてこないといったもどかしさも解消されており、ストレスなくプレイが進められます。 まあ、明らかにエレベーターに乗っていないのに、気付くと中にいたということもありましたが、 そこは グッと固く目をつぶりましょう笑 残念に感じた点 良いところよりも、むしろ悪い点を教えてくれという声もあると思います。 僕がプレイして感じた残念な点を書いていきます。 すでに書いている内容もあるかもしれませんが、まとめという意味でも書いていきます。 吹き替えがない アウターワールドでは日本語吹替がありません。 フォールアウト4には日本語吹替があったため、 今作でも期待しましたが残念ながらありませんでした。 そのため、字幕をしっかりと読む必要がありますが、 これが結構疲れます。 しかし会話の際に時間制限などはないので、 ゆっくり読んでいけばいいかと思います。 会話ログも用意されているため、読み逃した場合でも安心です。 翻訳に違和感がある ゲームを進めるうえでは基本的に問題ありませんが、 翻訳ミスがちょくちょく見受けられます。 会話が豊富に用意されているため、逆にそれを目にする機会が多くなってくるので、その度に気なります。 ただ、全体をで見ると割と自然な翻訳にはなっており、日本語特有の言い回しや敬語も問題はないと思います。 ただ、ゲームの内容が分からなくなるレベルではないので、安心して良いかと思います。 アップデート等による改善もあるかもしれませんね。 物足りないボリューム オープンワールドRPGとしては、 比較的短めなストーリーとなっています。 20時間程度あればクリアできるボリュームです。 そのため、「メインストーリーだけでいい」というプレイスタイルの方だと、かなり物足りなく感じるかもしれません。 ただ、フォールアウトをはじめ、RPGが好きな人は、基本的に全てのクエストを楽しみたいと思われる方が多いと思うので、問題ないかと思います。 周回プレイが前提の中毒性のある作品であるため、 1周分のボリュームではむしろこのぐらいが丁度いいのかもしれません。 現在では、エンドコンテンツもありませんが、 追加DLCの情報もありますので気長に待ちましょう。 とはいえマップの広さは縮小している 満足できるレベルの広さだと先述しましたが、 とはいえフォールアウトシリーズと比較すると物足りない広さであることは間違いありません。 そのレベルの広さを求めてゲームを探しさまよっているのであればおすすめできません。 アウターワールドの世界は、 シームレスではなく 複数のマップの集合体です。 ですので、明確にフィールドが変わったことが把握できますし、逆にアウターワールドとしての特徴ともいえますね。 アウターワールドの評価・レビュー アウター・ワールドは大体20時間程度もあればクリアできてしまうボリュームです。 少し短いと感じてしまうかもしれません。 しかし、豊富な選択肢や、どちらか一方を選ばなければならない場面がいくつも用意されているため、 何度も繰り返し遊びたくなる中毒性を生み出しています。 また、ある程度目的が決まっているタイプのゲームを好む日本人にはかなり合うように思います。 「オープンワールドに興味がある。 でもいきなり自由度が高過ぎるゲームに手を出すのには抵抗がある。 」 という方には イチオシの作品です! 結局、おすすめなの?どうなの? というところですが、総合的にまとめますと、 神ゲーです、 プレイしましょう。 この中毒性がある面白さをぜひ、ここまで読んで頂いた皆さんには楽しんでほしいです。 ということで、『アウターワールド』のレビューでした。

次の