イラレ 画像 トリミング。 【Illustrator CC】イラレのアートボードプレビュー方法!【トリミング表示】

トラブルの多いillustratorの画像埋め込み

イラレ 画像 トリミング

イラレで画像を切り抜く(トリミング)方法その1 イラレを使った切り抜き方(トリミング方法)について紹介します。 と言いましたが、残念ながら正確にはイラレにトリミング機能はありません。 しかし、イラレのクリッピングマスクという機能を使えば、トリミングのようなことができます。 まずはじめに、画像を配置します。 画像を配置すると、埋め込みボタンが出てきますので、それを押して画像を埋め込みます。 ただし、画像を埋め込むとイラレの動作が重くなるので大量の写真データを扱う際には、最後に埋め込みましょう。 埋め込むと、画像の選択線が斜めに入っていたのが消えます。 次に、オブジェクトツールから長方形ツールを選択します。 Shiftキーを押したまま長方形を作成すると正方形になります。 今回は分かりやすいように、赤くぬりつぶしてありますが、このオブジェクトの色は仕上がりに反映しません。 画像とオブジェクトの両方を選択します。 オブジェクト>クリッピングマスク>作成 を選択します。 完成です。 このクリッピングマスクを解除したい場合は、オブジェクト>クリッピングマスク>解除 を選択すると このように解除されます。 解除されたあとは、画像とオブジェクトに戻ります。 イラレで画像を切り抜く(トリミング)方法その2 つぎに、 イラレで画像の一部分のみの切り抜き(トリミング)をする方法についてです。 しかし、本記事ではイラレで切り抜く方法を解説します。 今回、以下の画像の犬の部分だけを切り抜きます。 ペンツールか鉛筆ツールで、犬を縁取りします。 このようにうまく縁取りをしたら、オブジェクトとして、閉じてあるか確認します。 (始点と終点が合わされば、オブジェクトになります。 ) オブジェクトになっているのを確認し、画像と両方を選択します。 オブジェクト>クリッピングマスク>作成 を選択します。 完成です! 繰り返しになりますが、 イラレでは簡単に切り抜くことができますが、細かく綺麗に切り抜くことは難しいので、細く切り抜きたい場合はPhotoshopがおすすめです。 イラレで切り抜いた(トリミングした)画像を保存する方法 先ほど作ったクリッピングマスクの画像を、このまま保存したい場合の保存方法についてです。 オブジェクトを選択し、オブジェクト>アートボード>選択オブジェクトに合わせる を選択します。 このようにアートボードがオブジェクトに合わせられます。 つぎに書き出します。 ファイル>書き出し>WEB用に保存 を選択します。 以下のような画面がでてきたら、PNGかJPEGかなどを選択しましょう。 背景を透過させたい場合は、PNG-8で透明部分にチェックを入れます。 以上で保存すると、背景が透過した画像ができます。 いかがでしたか? イラレで画像を切り抜く(トリミングする)方法が理解できましたか? イラレでは簡単に画像の切り抜き(トリミング)ができることが理解できたかと思います。 簡単な切り抜き(トリミング)までできてしまうイラレは本当に奥が深いです。

次の

illustratorの画像挿入はどうすればいい?リンクと埋め込みの違いって何?

イラレ 画像 トリミング

はじめに 私は印刷のデータを受け取る印刷側のオペレーションも業務のひとつとして行なっているデザイナーです。 Illustratorの入稿時にもっともトラブルが多いのが画像の埋め込みです。 声を大にして言いたいのが、印刷側からするととにかく埋め込んで欲しい!!もしくはPDF入稿して欲しいというのが本音です。 データを最初から埋め込んで作業すると非常に重くなるため、入稿時にデータをリンクから埋め込みに変えるのが普通ですが。。 忘れないように埋め込みしていただけると、「リンク画像がありません!」とご連絡することがなくなります。 Illustratorの画像の埋め込みとは Illustratorには画像を配置する際に二つの概念があり、それが「埋め込み」と「リンク」です。 埋め込みとは イラレのファイルの中に「取り込まれた」状態を 画像の埋め込みと言います。 たとえ画像ファイルが別途添付されていなくてもイラレのみで成立するファイルのことをいいます。 リンクとは あくまで参照しているだけなので、イラレに表示されるのは、 あくまでプレビューのため、画像ファイルがない場合は、 イラレ上ではプレビューが表示されません。 印刷入稿時にもっとも多いトラブルです。 なぜリンクファイルを埋め込まないのか では全ての画像ファイルを埋め込んでしまえば良いではないかと考えてしまいますが、ものすごく重いファイルを埋め込んだり、カタログなどで多数のファイルを埋め込むとイラストレーターの動作スピードが重くなってしまうためです。 Illustratorの画像埋め込み方法 画像の埋め込み方法は2パターンあります。 逆にリンクのチェックをつけると画像はリンクになります。 リンク画像を埋め込む方法 リンク画像を埋め込み画像に変更するには、画像を選択した状態でリンクパレットからハンバーガーメニューをクリックして、「画像を埋め込み」です。 最初から画像を埋め込むのはレアです。 確認方法 埋め込まれた画像なのか、リンクされた画像なのかをみわけるには、画像選択するとわかります。 また一括して確認したい場合はリンクパレットをみると、埋め込み画像には埋め込みマークがはいります。 埋め込み画像の解像度のチェック方法 入稿時に、埋め込まれた画像の解像度が低すぎて、印刷時に汚く表示されてしまうのではないかと心配になるケースがあります。 埋め込み一括方法 一般的にデザイナーは、作業時にはリンク画像で作業をし、埋め込むタイミングは入稿データ作成時のみです。 つまりリンクから埋め込みに一括で行いたい場合があります。 この場合は、アートボード上の画像を選択しなくても、リンクパレットの該当画像をすべて選択した状態で「ハンバーガーメニューから画像を埋め込み」で一括埋め込みされます。 埋め込みのショートカット 残念ながらいきなり画像を埋め込みめるショートカットは存在しません。 埋め込み画像の置き換え 画像を置き換えたいときは、画像を選択し、「ファイル」から「配置」する際に「置き換えをチェック」します。 残念ながら元々の画像が何であったかに関係なく、PSD形式かTIEF形式になります。 Illustrator画像埋め込みのよくあるトラブル 画像埋め込み時は制作側というより、データ受け手の印刷会社側のトラブルが多いものですが、制作側のトラブルをみていきます。 画像埋め込みができない 画像埋め込みができない場合は、画像にロックがかかっている場合があります。 その場合は選択もできないはずですのでロックを解除しましょう。 レイヤーパネルにロックがかかっている場合も画像埋め込みができませんので、その場合は、レイヤーの鍵マークをはずしましょう。

次の

【illustrator】合体・分割・切り抜きができるパスファインダーの使い方

イラレ 画像 トリミング

この記事では、Adobe Illustrator CCで画像の埋め込みをする方法について紹介しています。 また、一度リンク配置した画像を埋め込みに変更する方法や、元画像が編集された場合の更新の方法、画像埋め込みのメリット・デメリットもお伝えしています。 STEP1:埋め込む画像の準備 上部メニューの「ファイル」>「配置」を選択します。 これで画像を埋め込むことができました。 既にリンク配置した画像を埋め込みに変更する方法 上部メニューの「ウィンドウ」>「リンク」>でリンクパレットを表示します。 パネルオプションから「画像を埋め込み」を選択します。 アートボード上に画像が複数ある場合は、埋め込みたい画像を選択してから「画像を埋め込み」を設定します。 これでリンク配置ではなく、画像を埋め込むことができました。 画像を埋め込むと、リンクパネルのファイル名の横にアイコンが表示されます。 更新したい場合はリンクパレットのパネルオプションから「リンクを再設定」を選択し、もう一度画像を選択しなおします。 この時も配置ダイアログボックスの「リンク」のチェックが外れているのを確認してから、「配置ボタン」をクリックして埋め込み画像の更新を行います。 STEP3:画像の埋め込みのメリット・デメリット メリット 1. Aiファイル自体に画像が埋め込まれているので、別途画像ファイルを保存する必要はない。 Illustratorの機能で画像を編集することができる。 デメリット 1. IllustratorのAiファイルサイズが大きくなる。 元の画像を編集しても自動で更新されない。 よって、画像を埋め込んだAiファイルは、作成者以外が画像ファイルの修正や再編集をしない用途でのファイル作成に向いており、印刷用に適したファイルとなっています。 画像をリンク配置した場合は、作成者以外が画像ファイルの修正や再編集をする用途でのファイル作成に向いており、作成途中のファイルに適しています。

次の