仮想 通貨 今後。 仮想通貨は今後どうなる?価格予想・おすすめ通貨・注目ポイントを詳しく紹介!

仮想通貨・ビットコインの今後と将来性──最新の見通し予想【2020年版】

仮想 通貨 今後

目次を見たい人はクリックしてね• 仮想通貨は今後も値上がりします 仮想通貨は今後も価値が上がり続けます。 仮想通貨バブルが弾けたと言われていますが、仮想通貨の現状と潜在能力を考えると、今後間違いなく価値は上がっていきます。 ただし、現在2,000種類以上の仮想通貨がありますが、 今後残っていくのはその中でも本物と言われる数種類の仮想通貨のみになります。 その残った仮想通貨の規模は、現在の比じゃないほど大きな市場になります。 仮想通貨市場が今後も拡大し続ける理由の前に、簡単に仮想通貨についてお伝えしたいと思います。 仮想通貨とは 仮想通貨の 正式名称は暗号通貨になります。 いつの間にか仮想通貨と言われるようになりましたが、本当は 暗号通貨という名称が相応しく、正式名称になります。 なぜ暗号通貨と言うのか、簡単に説明したいと思います。 仮想通貨を保管するウォレットの技術が凄いから暗号通貨が正式名称 仮想通貨を保管するためのウォレット 実際のお金でいうお財布 に使用されている暗号技術が凄いので暗号通貨というのが本当の名前になります。 しかも、悪意ある人ではお財布を開くこともできないので、中の仮想通貨を盗られることも無い。 持ち主が現れるまで、ずっとその場に安全にお財布が存在し続ける。 上記のように暗号技術でお財布 ウォレット が守られているため、本当は暗号通貨という名称が正しいとされています。 実際には、仮想通貨が入ったお財布 ウォレット は現実世界には存在せず、インターネット空間に存在しますが、上のたとえ話ようなイメージだと分かり易いかと思います。 2018年に、コインチェックやザイフといった仮想通貨取引所から仮想通貨が盗まれたというニュースをご存知だと思いますが、それは お財布 ウォレット の開け方を知られてしまったからになります。 通常は、お財布 ウォレット がそこにあっても、絶対に開け方が分からないようになっています。 仮想通貨のお財布 ウォレット については、別記事で詳しく紹介したいと思いますので、更新をお待ちいただければ幸いです。 ブロックチェーン技術により複製不可能 仮想通貨のやり取り 売り買いや、他の人へ譲渡など は、ブロックチェーンという技術を使用して記録されているため、複製ができません。 そもそもブロックチェーンとは??という方も多いと思いますが、こちらをしっかり説明しようとする長くなってしまうので、図で簡単に仕組みをまとめてみました。 もし不正をしようとすると、 上記を見ていただくと、ブロックチェーン技術は不正をすることができない仕組みということが何となくイメージできるかと思います。 このブロックチェーンという技術のおかげで、 仮想通貨は複製ができないという信頼を得ています。 仮想通貨は皆で価値を認め合う仕組み 仮想通貨は、上記のブロックチェーンにより、複製不可能という技術の元、仮想通貨保有者同士で信用を与え合います。 皆が、仮想通貨は価値があるものだと認識し合うことで、お金や資産として機能します。 なぜそんなことが必要なのか?ということを説明するにあたり、一般のお金についても少し説明していきたいと思います。 お金とは?? お金とは信用です。 お金は、銅やアルミニウムといった金属のコインだったり、紙幣のようなただの紙でできています。 しかし、そんなコインやただの紙で色々なものが購入できます。 それは、その コインやただの紙に価値があるという信用があるからです。 法定通貨は国が信用を与えている 皆さんが日頃使用しているお金は、国が信用を与えています。 現在世界で一般的に使用されているお金 円、ドル、ユーロ、元など は、法定通貨というジャンルに分類されています。 その各法定通貨を発行している国が信用を与えているため、皆さんがそのお金は価値のあるものだと認識し、買い物や貯金をすることが出来ています。 一例ですが、 日本国内では一万円札を使って一万円分の買い物をできますが、 アフリカでは一万円札を払っても、一万円分の買い物どころか、何も買うことができません。 あくまでも、 一万円札を一万円分の価値があると定め、それを皆が認識している場所でしか使用することができません。 これが国が与える信用です。 そんな法定通貨の信用が揺らぎ始めています。 世界中で法定通貨に不安を感じる人が増えている 国という、地球上で最も大きい集団の信用が低下しています。 それは急にやってくる 財政破綻が原因です。 財政破綻する国が多数 様々な国が財政破綻をしています。 財政破綻した国のお金の価値は、著しく低くなります。 2000年以降で財政破綻した国は12か国にも及びます。 有名なところではギリシャやアルゼンチンなど、皆さんの知っているような国も含まれています。 財政破綻とまでは言わなくても、国の状況が著しく悪くなると、その国のお金の価値があっという間に低くなるということもあります。 現在、アメリカと中国で貿易戦争をしていますが、この動き次第で、どちらかの国、または、アメリカと中国に密接に関係している国のお金の価値がガクっと下がる可能性もあります。 日本円の価値もどんどん下がっている 2018年11月現在、日本は日本円を増産し続けているので、日本円の価値はどんどん下がっています。 景気回復政策ということで行っていますが、 お金は刷れば刷るほど価値が下がります。 例えば、皆さんの周りで、今まで1万円で買えていた物が1万円で買えなくなっているということはありませんか?? おそらく、そのような実感がある方も多いと思います。 お金を刷ったことによる悪影響は、ゆっくりと浸透してきます。 仮想通貨市場はどこまで拡大するのか ここまでのお話で、仮想通貨市場が今後も拡大することが容易に予想できるという理由をご理解いただけたと思います。 じゃあ どこまで仮想通貨市場は拡大するのでしょうか。 現在の地球上のお金の総量は17京6000兆円 株やゴールド、お金など様々な資産を合計すると、 現在地球上に存在するお金は17京6000兆円です。 参考程度に、各分野の世界の流通量ですが、• 株式市場 7350兆円• 現金流通量 3410兆円• 金の時価総額 900兆円 それに比べ、 現在の仮想通貨市場の大きさは約20兆円強です。 この額を見てしまうと、より今後の仮想通貨市場拡大が予想し易いと思います。 ただ、どの程度まで拡大するのか?ということについては、仮想通貨の便利性や実用性を考えると未知数になります。 まとめ• 仮想通貨市場は今後も拡大する。 仮想通貨はブロックチェーン技術により複製不可能。 仮想通貨市場規模が20兆円に対して、世界のお金の総量は17京6000兆円。 中々仮想通貨の実需が広がらないので、気持ちが弱っている人もいるかと思いますが、 心配無用です。 ただ、投資に100%は無いため、あくまでもご自身の判断で、余剰資金で余裕を持って行うことを強くオススメいたします。 最後までご確認いただき、誠にありがとうございます。

次の

【2020年】仮想通貨の今後の予想・見通しを解説!将来性のあるコインは?

仮想 通貨 今後

ゆい、リスクはRiskではなく Liskなんだけど・・・ 2020年、昨年までの超安定相場から一転、株式市場や為替市場は大混乱に陥ろうとしているようです。 これから先、リスクヘッジ、リスクオン、リスクオフなどリスクにまつわる情報が氾濫することが予想されます。 世の中にリスクが氾濫し多くの投資家がリスクを意識するようになります。 洒落ではないのですが、 仮想通貨にもリスクという時価総額38位に位置する将来有望なコインがありますね。 Risk(危険)ではなく正式名称は Liskですが、これから仮想通貨を始めたいという人には気になる通貨になりそうですね。 今回は、 仮想通貨Liskの今後がどうなるのか、買うべきか見送るべきかを初心者にもわかりやすく解説していきますね! 「仮想通貨の危険性」を知っておきたい人は、こちらの記事をご確認ください。 リスクは国内取引所のなどでも取り扱われている、2016年5月に公開された仮想通貨です。 今では時価総額ランキング38位(2020年1月時点)に位置する、知る人ぞ知る将来有望なコインです。 仮想通貨リスクの特徴 仮想通貨リスク(Lisk)はイーサりアム(ETH)などと同じようにスマートコントラクトを搭載し、分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)として機能します。 これにより、ブロックの中に取引記録だけでなく契約情報も記録することが可能となり、将来的には第三者を介さない取引が可能になると期待されています。 さて、これだけならば時価総額第2位のメジャー通貨イーサリアムでもいいじゃん、というお話になりますが、 仮想通貨リスクが注目されるのはその仕組みです。 仮想通貨リスクの仕組みとは 仮想通貨リスクが注目されるのは、その仕組みに サイドチェーンが利用されていることと、開発環境に JavaScryptが採用されていることです。 サイドチェーン サイドチェーンとは、メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用する仕組みのことです。 ビットコインやイーサリアムなど通常の仮想通貨は、基本的に1本のチェーンで成り立っています。 仮想通貨リスクの最大の特徴ともいえるサイドチェーンは、 メインチェーンとは別に複数のチェーンを利用することで セキュリティをより強固なものにし、 取引速度も格段に早くすることが可能です。 1本のみのチェーンでは、 バクや 不正アクセスが発生した際に修復するのに大変な負荷がかかりますが、複数のチェーンが利用できればサイドチェーンに書き換えることで修復できますので高い柔軟性を持つことになります。 リスクでは、今後通貨量が増えても問題ないように Dposというマイニング承認システムが採用されているの! 仮想通貨リスクでは、マイニング承認方式にDpos(Delegated Proof of Stake)を採用しています。 Dposでは 投票形式でマイナーを決定します。 リスク(LSK)ホルダーはリスクのセキュリティを高めてくれる人にマイニングを任せるという投票形式でマイナーが決定されます。 これによりあらかじめ投票者を決めることができるので 承認速度がとても迅速です。 リスクのマイニング承認速度は10秒前後と言われており、PoW採用のビットコインなど比べると段違いの速さを実現しています。 なお、仮想通貨リスクではマイニングのことを Forging、投票することを Votingと呼んでいます。 Voting Votingとは投票することですが、 初心者でも簡単にマイニング報酬が得られますので覚えておきましょう。 Votingでは、リスクでマイニングする人を投票形式で101人決定するというものです。 投票した人がマイナー(Forgingする人)に選ばれると、その人が取引承認することで分け前として継続的な報酬を得ることが可能です。 2020年、仮想通貨リスクの価格はどうなる? 約40%のレイオフのようね。 でも終身雇用という概念のない欧米では日本とは事情が異なるので、額面通りには受け取らないほうが良いわよ。 12月13日にこのニュースが出てから、リスク(LSK)の価格は70円から50円近くまで4日連続下落しましたが、17日に底値となりそれ以降は回復しています。 2018年以降の仮想通貨相場大暴落により、多くのブロックチェーン企業は苦しい時期を迎えています。 レイオフは日常茶飯事というところでしょうし、それより大切なのは 開発状況が進んでいるのかどうかということですよね。 リスク(LSK の日足チャート分析 リスク(LSK)の日足チャートです。 オレンジ色のラインは1年(365日)移動平均線です。 他の仮想通貨同様に2018年6月後半に戻り高値を付けていますが、 1年移動平均線が綺麗にレジスタンスラインとして機能しており、今後も強く意識されるラインとなります。 2019年12月17日に日本円で50円近くまで下落しますが、これは上記レイオフのニュースが出た12月13日から4日後となり( 黄色い矢印部分)、ここで 大底を打った可能性を示唆しています。 今後12月13日の50円の安値を下回らない限り、1年移動平均線の向きが下落から平行へと転じてきますので、そうなると価格は上昇しやすくなります。 仮に、 1年移動平均線あたりまで上昇するとしても、価格的には今の2倍ということになりますし、 1年移動平均線を上抜くようなことになると、大変な状況となります。 (開発状況次第では可能性はゼロではないでしょう) リスク(LSK)の週足チャート分析 リスク(LSK)の週足チャートです。 現在のトレンド趨勢を教えてくれる ボリンジャーバンドで見ていました。 ボリンジャーバンドのマイナス1ラインが強力なレジスタンスラインとして機能している状況です。 ただし、気になるのは下の 青いラインの時間の部分で、 6月高値から12月安値までの期間が26週となっており、 一目均衡表の基本数値と合致しています。 実はこの26週という数字は、他の仮想通貨の相場にも同様の期間で多く出ており、 6月からの仮想通貨下落相場が終了した可能性を示唆しているのです。 いずれにせよ、仮想通貨リスクの本格上昇のためには、開発状況の進捗が重要ですから今後も目が離せそうにありませんね。 仮想通貨リスクを取り扱うおすすめの取引所は チャート分析からは、価格が安値にある可能性を感じさせるリスク(LSK)ですが、国内取引所ではどこで購入することができるのでしょうか。 国内取引所でリスク(LSK)を購入するには 販売所での購入となります。 スプレッドが気になるという場合には海外取引所を利用するという選択肢もありますが、頻繁に売買しない長期投資なら国内取引所のほうが断然便利です。 コインチェック 国内取引所でリスク(LSK)購入に最もおすすめの取引所は、昨年後半から本格的に動き出しているです。 コインチェックはこんな人におすすめです• 仮想通貨取引がはじめてでも簡単に購入できる• 財務状況のしっかりした安心できる取引所を利用したい• スマホアプリを利用したい マネックスグループ入りした新生コインチェックは、 金融庁の登録事業者の認可も受け、以前の 使いやすさNo. 1取引所というメリットは残しつつ、有名金融グループの傘下となり 安心・安全な取引所に生まれ変わっています。 海外取引所で購入する場合にも国内取引所から送金する必要がありますので、その場合にもコインチェックにアカウントがあるといいですね! bitFlyer 国内では老舗といってもよく、取引量も多いでも販売所でリスク(LSK)を購入することができます。 bitFlyerはこんな人におすすめです• 取引量の多い取引所で安心して取引したい• 旧コインチェックの流出事件がいまだに頭から離れない bitFlyerもコインチェック同様に初心者でも簡単に利用できる取引所に改善されてきました。 コインチェックとともにアカウントを所有しておきたい取引所です。 Binance 仮想通貨は初めてだけど FXの経験がある方、あるいは、 海外FXの経験者などで スプレッドの狭い取引所で取引したいという方にはがおすすめです。 海外FXとは異なり、仮想通貨で海外取引所を利用する場合には上記のように国内取引所経由となります。 仮想通貨リスクのまとめ 仮想通貨リスクについてもまとめてみました。 時価総額76億円(2020年1月時点)とそれほど大きな金額のプロジェクトではありません。 しかしながら、それでも時価総額ランキングでは 38位に位置しており、その有望な将来性から開発状況の進捗自体では思いもかけないような展開が待ち受けているかもしれません。 新年早々から、金融市場は大波乱と言展開を見せていおり、ビットコイン(BTC はすでに大きな上昇を見せています。 仮想通貨の最大の魅力は 「突然やってくる高騰」です。 「今まさに買い時!!」というときにすぐ買えるよう、準備しておくべきじゃないですか? まずはアプリのダウンロード数国内No. 登録料や年会費は無料• 通貨取り扱い数は国内最多• 取引手数料はもちろん無料• 手厚いユーザーサポート•

次の

今後、仮想通貨市場はどうなる?2020年以降の仮想通貨市場動向を予想

仮想 通貨 今後

世界中には数千種類の仮想通貨が存在すると言われている。 しかし、いざしようと思っても、「そもそも、仮想通貨・ビットコインに将来性があるのかどうかわからない」という声も少なくない。 そこで、今回は、仮想通貨の今後の将来性を考える上で必要な論点を踏まえた上で、初心者の方におすすめできる将来性の高い銘柄をいくつかご紹介する。 必要に応じて、参照のこと。 レポート内で言及されている主要なポイントとしては、2013年から2017年にかけて、ビットコインは「消費者」レベルで取引されていたが、2017年から2022年にかけては、「機関」による投資が進む段階だとしている。 ビットコインの次の進化が始まる段階として2022年を設定し、以降を「ビットコインバンキング」の時期として予測している。 その際には、ビットコインによる銀行預金、保険、投資商品、国境を越えた支払い、ソブリン通貨といった顧客向けの主要サービスが取り扱われるとしている。 具体的には、ビットコインが今後6ヶ月で17,000ドルに急騰する可能性があると予測している(参考:)。 主要通貨別:今後の将来性予想 仮想通貨銘柄別の今後の将来性予想は下記の通り。 ビットコインの今後の将来性 ビットコイン(BTC)価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。 論点1:ビットコイン決済の普及 1つ目の論点は、ビットコイン決済の普及である。 ビットコインのメリットの一つは、いつでもどこでも無制限の支払いと受け取りが可能なことである。 今後、ビットコインを活用した決済が普及することで、ビットコインの需要が増加し、価格上昇の要因となる可能性がある。 論点2:半減期の到来 2つ目の論点は、半減期の到来である。 2020年5月に予定されている半減期に向かって、ビットコイン価格が上昇する可能性があると言われている。 実際、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因となったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、「2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性がある」と予測している(出典:)。 その一方で、一部のトレーダーは、「半減期は多くの人が期待するような強気の要因にはならない」「半減期は重要ではない」と述べ、むしろ前例のないFRB(連邦準備制度理事会)の金融政策をはじめとする今後数年の間にビットコイン価格を押し上げる可能性のある他のマクロ経済要因に注目している(出典:)。 論点3:開発者コミュニティによる仕様のアップデート 3つ目の論点は、開発者コミュニティによる仕様のアップデートである。 ビットコインでは、ビットコインのネットワークが抱える課題の一つである「スケーラビリティ問題」を解決するために、開発コミュニティが仕様変更を提案してきた経緯がある。 その利害の対立によって、仕様変更に対して意見が割れ、コミュニティが分裂した場合、仮想通貨の運営が不安定になり、市場への懸念材料となる可能性がある。 論点4:世界各国の規制強化の動き 4つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。 過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、ビットコイン(BTC)価格が下落するケースが存在する。 仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。 反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、ビットコイン(BTC)価格も上昇する可能性がある。 論点5:ビットコインETFの認可状況 5つ目の論点は、ビットコインETFの認可状況である。 ビットコインETFの認可状況が、ビットコイン価格に影響を与える可能性がある。 イーサリアムの今後の将来性 イーサリアム(Ethereum)価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。 論点1:イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加 1つ目の論点は、イーサリアムを活用した分散型アプリケーションの増加である。 イーサリアム(Ethereum)を活用した分散型アプリケーション(Dapps)が増加し、イーサ(ETH)が利用できるプラットフォームが増えれば、長期的には価格形成に対してポジティブな影響をもたらす可能性がある。 論点2:開発者コミュニティによる仕様のアップデート 2つ目の論点は、開発者コミュニティによる仕様のアップデートである。 イーサリアムでは、2020年第二四半期を目処に、「Ethereum2. 0」と呼ばれる大型アップデートが行われることが見込まれており、イーサリアム価格の変動要因となる可能性がある。 参考: 論点3:半減期の到来 3つ目の論点は、半減期の到来である。 ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム(Ethereum)価格の変動が起こる可能性がある。 ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。 ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、イーサリアム価格の変動が起こる可能性がある。 論点4:世界各国の規制強化の動き 4つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。 過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、イーサリアム(Ethereum)価格が下落するケースが存在する。 仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。 反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、イーサリアム(Ethereum)価格も上昇する可能性がある。 論点5: イーサリアムETFの認可状況 5つ目の論点は、イーサリアムETFの認可状況である。 イーサリアムETFの認可状況が、イーサリアム価格に影響を与える可能性がある。 リップルの今後の将来性 リップル(Ripple)の価格や今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素をいくつか記載する。 論点1:大手金融機関との連携 1つ目の論点は、大手金融機関との連携である。 「低コスト、安全、スピーディーな次世代国際送金システム」を目指すリップル(Ripple)は、世界中の金融機関から注目されているが、リップル(Ripple)が国内外の大手金融機関の送金システムに導入されることによって、リップル(Ripple)価格が上昇する可能性がある。 実際、2017年9月に三菱UFJ銀行が銀行間決済に使われるシステムにリップルの技術を活用すると発表した際には、リップル(Ripple)価格の上昇が見られた。 このような大手企業との提携が増えれば、リップル(Ripple)価格に対して、ポジティブな材料となる可能性がある。 出典: 論点2:半減期の到来 2つ目の論点は、半減期の到来である。 リップル(Ripple)自体に半減期は存在しないが、ビットコインの半減期が2020年5月頃に控えており、その影響を受ける形で、リップル(Ripple)価格の変動が起こる可能性がある。 ちなみに、一部の市場観測筋は、2012年と2016年のビットコインの過去2回の半減期は、ビットコイン価格の大幅な上昇の要因になったと述べており、ドイツのバイエルン州立銀行は、2020年の半減期はビットコイン価格を9万ドルまで押し上げる可能性があると予測している。 出典: 論点3: 世界各国の規制強化の動き 3つ目の論点は、世界各国の規制強化の動きである。 過去の記録を見る限りでは、中国、日本、米国などで仮想通貨に対する規制強化の動きがあれば、それに伴って、リップル(Ripple)価格が下落するケースが存在する。 仮想通貨を用いた詐欺やマネーロンダリングを未然に防止し、健全なマーケット環境を形成する上では、規制は必要不可欠なものであるが、短期的には、規制強化の動きは仮想通貨の価格下落をもたらす可能性がある。 反対に、規制緩和のニュース等があれば、仮想通貨価格の上昇に伴って、リップル(Ripple)価格も上昇する可能性がある。 仮想通貨の将来性ランキング 仮想通貨の銘柄ごとの将来性ランキングについては、こちらの記事「」を参照のこと。 また、おすすめの仮想通貨銘柄を探す上では、2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社によるも必要に応じて参照すると良いだろう。 仮想通貨の今後の将来性に関する有識者の発言 仮想通貨の今後の将来性に関する有識者の発言を整理する。 ポジティブな見解 仮想通貨の今後の将来性に関する有識者のポジティブな見解については、下記の通り。 これは、政府がいつでも増刷できる法廷通貨と異なり、上限発行枚数が決められているビットコインの方が価値が安定しているとの見解に基づいている(出典:)。 ウィンクルボス兄弟 仮想通貨投資で莫大な利益を得たことで知られ、世界の仮想通貨長者ランキングにも上位にランクインしているウィンクルボス兄弟は、「この10年〜20年の間に、ビットコインの価格は30〜40倍まで上昇するだろう」と予想している(出典:)。 ジョン・マカフィー氏 ジョン・マカフィー氏は世界的に有名なセキュリティソフト「McAfee」を開発するMcAfee社の創業者である。 仮想通貨・ブロックチェーン業界においては、一定の影響力を持っている人物として知られるマカフィー氏は、 「2020年までにビットコインは100万ドル(約1億円)に到達するだろう」と予想している。 2020年4月29日時点でのビットコイン価格は約85万円であることを踏まえると、かなり強気の予想と言える。 ただし、その後、同氏は自らの発言を撤回し、ビットコインの今後に期待していないとも受け取れる旨のツイートを行なっている(出典:)。 ネガティブな見解 仮想通貨の今後の将来性に関する有識者のネガティブな見解については、下記の通り。 ウォーレン・バフェット 米バークシャー・ハサウェイ創業者であり、投資の神様として知られるウォーレン・バフェット氏は、兼ねてから仮想通貨・ビットコインに対して否定的な見解を示してきたが、2020年2月24日に実施されたCNBCのインタビューの際に、「暗号通貨は基本的に価値がない」「私は仮想通貨を所有していないし、今後も決して保有することはない」と述べ、仮想通貨・ビットコインの将来性に対してネガティブな姿勢を明らかにしている(出典:)。 ビル・ゲイツ 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は、米CNBCにの番組に出演した際に、「ビットコインは非常に愚かな投資であり、もしするなら空売りする」とコメントしたことで知られている出典:)。 仮想通貨を始める上でおすすめの取引所3選 Coincheck(コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 00000001BTC スマホ対応 スマホアプリでビットコインFXも取引可能 セキュリティ を他社に先駆けて導入 DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) を運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM. com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施.

次の