コンビニ バイト きつい。 コンビニバイトの評判口コミ|きつい?楽?経験者の体験談【大変】

コンビニバイトは楽か大変か? 実際に働いている店員に聞いてみた

コンビニ バイト きつい

コンビニ大手4社の看板 コンビニバイトのきつい順ランキング コンビニバイトを始める前に気になる事がありますよね? それが、 「コンビニバイトはきついのかな?」だと思います。 私は、コンビニバイトから雇われ店長になり、オーナーも経験しましたので、コンビニの内情には詳しいです。 そんな私が、コンビニバイトのきつい順をジャンルに分けてランキング形式で紹介していきます。 「きつい店では働きたくない!」と、思っている、コンビニバイト初心者の方はぜひ参考にして下さいね。 会社のきつい順 コンビニの会社別で、きつい順を比べるのは全く意味がありません。 なぜなら、どの会社もやることは同じだからです。 後で、詳しく説明しますが、私のどこよりも正確なランキングは、 『1位..... セブンイレブン、ファミマ、ローソン、デイリーが同率で並ぶ』です。 でも、これは2018年度までのランキングです。 じつは、最近事情が変わってきました。 後ほど説明します。 楽なコンビニバイトのアンケートには意味がない! あるサイトに、ネットアンケートで聞いた、『楽なコンビニバイトランキングTOP5?』というのがあって、 一位、セブンイレブン 二位、ファミリーマート 三位、ローソン 四位、デイリーヤマザキ 五位、サンクス という結果になっていましたが、、、 果たしてこのアンケートを鵜呑みにして「なるほど!一番楽なのはセブンイレブンだったのか。 」と信じていいのでしょうか? だって、このランキング結果は、全国のコンビニ店舗数の割合と同じ結果になっています! ご存知だと思いますがコンビニ店舗数の第一位はセブンイレブンです。 二位はファミリーマート、三位はローソン、四位はデイリーヤマザキです。 このアンケートに参加した人は、コンビニバイトを経験した事がある方だと思いますが、セブンイレブンでバイトしている、又はしていた人が一番多い事になります。 ということは、楽だと回答しているアンケート結果も 店舗数に比例します。 正確な調査を行うのであれば、『全てのコンビニの会社でバイトをした経験がある人』だけを対象に、アンケート調査を行う必要があります。 なので、「セブンイレブンが一番楽だ!」とは言い切れません。 というか、逆の質問も同時に取って発表してもらわないと意味がありません。 逆の質問とは、 『きついコンビニバイトはどこ?』です。 では、どこの会社が一番楽なのか? このアンケートを元にすると、コンビニバイトで一番楽な会社は、 全部です! なぜなら、「楽だ。 」又は「楽だった」と回答している会社別のパーセンテージは会社の店舗数に見事に比例していますし、業務内容は4会社ともほぼ同じだからです。 ここからは私の想像ですが、逆に 「きついコンビニバイトはどこ?」というアンケートをとったら、1位がセブンイレブン、2位がファミリーマート、3位がローソン、4位がヤマザキデイリーとなるはずです! コンビニバイトの仕事はどこも一緒だった、が。。。 コンビニは基本的に24時間営業で年中無休。 レジ業務、品出し、発注、清掃などほぼ同じです。 営業に関しては、ウナギのキャンペーンや恵方巻きのキャンペーン、クリスマスケーキ、おでん、中華まん、揚げ物etc。 4つの会社で全く同じ事をやっています。 もちろん、『社風』というのはありますよ。 でも、バイトに影響はほとんどありません。 社員にはありますけどね、ファミリーマートなんかモロ体育会系の方が多いです。 なので、コンビニの会社別できつい順を考えるのは意味が無いのでやめましょう! と言いたいところですが。。。 最近は事情が変わってきました。 会社のきつい順、最近は事情が変わってきた コンビニの会社できつい順を決める事は、2018年までは意味がなかったのですが、 最近は事情が変わってきました。 というのも、コンビニバイトの新たな業務、 デリバリーサービスが始まっているからです。 デリバリーサービスは、セブンイレブンとローソンが始めています。 半径500メートル以内のデリバリーですが、雨や雪の日は大変です。 しかも、こういう日に限ってデリバリー注文が沢山入るという事実。 なので、セブンイレブンとローソンでコンビニバイトをしたいと思っている方は、 「自分がデリバリーサービスをやるのかどうか?」を確認してから面接に行った方が良いでしょう。 デリバリーサービスを確認するには? デリバリーサービスを確認するには、 web応募が最適です。 web応募をすると、お店から返信のメールが来ますからその再返信に、 「わたしの仕事にデリバリーサービスは入っていますか?」と書きましょう。 「はい、入っています」と書いてあれば、メールでお断りすればよいだけです。 わざわざ面接に行く必要はありません。 根拠はデリバリーサービスの有無です。 でも、デリバリーサービスに興味がある方は、きついとは思いませんね。 店のきつい順 次に店舗別にきつい順ですが、これは、立地と業務形態で別れます。 まずは立地から見ていきましょう。 立地のきつい順ランキング 一位、駅近 二位、駅ナカ 三位、大型商業施設内 四位、高速SA内 立地できつい順は、たくさん人が集まる場所ですね。 三位の商業施設内にあるコンビニはイベントがあると地獄と化します。 私は以前、横浜の大型商業施設内にあるセブンでバイトをしていましたが、 夏休み期間中は毎日が地獄でした。 さらに、東京都の大型商業施設と駅に近いローソンでもバイトをしていましたが、ある有名なイベントがあった時は、おにぎりが1日で4,000個以上売れました。 ・きつくないコンビニバイトを探す>> 営業形態のきつい順ランキング 一位、フランチャイズ形態 二位、直営店形態 営業形態は2つしかありませんから、一位と二位しかありません。 フランチャイズ形態 コンビニ店の約85%はフランチャイズの営業形態です。 オーナーが各店舗の社長として営業しているのがフランチャイズ形態です。 コンビニ会社が自分たちで営業しているのが、本部経営です。 フランチャイズ形態のコンビニ店は、大部分がオーナーの裁量に任されています。 例えば、コンビニ会社が日本政府、オーナーが都知事だとすると、オーナーはコンビニ会社に決められた、憲法や法律のようなものを守る義務がありますが、都の条例はオーナーが決めることができます。 という事は、厳しい条例を施行するオーナーもいれば、ゆる~い条例を施行するオーナーもいるという事です。 「自分ファースト!」というオーナーもいれば、 「スタッフファースト!」というオーナーもいます。 でも、ほとんどが「お客様ファースト!」という真面目なオーナーですけどね。 「自分ファースト!」というオーナーの店は最悪です。 私も経験がありますが、自分が休みたいからバイトを問答無用でシフトにぶっこんだり、残業代を一切払わなかったり、セクハラ行為を繰り返したり。。。 もし、あなたがそんなオーナーの店でバイトする事になったら直ぐに退社しましょう! コンビニバイトは他にたくさんありますからね(全国に約6万店舗)。 直営店形態 本部経営の直営店のコンビニは、フランチャイズ形態に比べればきつくはありません。 なぜなら、本部から「バイトともめるな!」という指令が出ているからです。 しかも、本部経営の直営店の店長が職託社員だった場合はメチャメチャゆるいです。 職託社員とは、正規雇用ではないため会社内では出世が出来ません。 3年ほど勤めて、やがてオーナーになろうとしている人です。 でもイマドキ、地獄のコンビニオーナーをやろうという人はいませんよね? なので、契約を更新して、生ける屍のように毎日を過ごしている人がほとんどです。 マジで情けない人たちです。 こっちが悲しくなるくらい悲惨です。 もちろん、一生懸命働いている職託社員もいらっしゃいます! ただ、少数ですね。 なので、バイト先のオーナーや店長には気を付けましょう。 ・きつくないコンビニバイトを探す>> 仕事のきつい順 仕事のきつい順ランキングですが、体力的と精神的にきつい順で発表します。 仕事のきつい順ランキング 一位、トイレ掃除 二位、ウォークイン冷蔵庫 三位、レジ打ち(長時間) ランキングの根拠は、汚い、辛い、疲れるの順番です。 トイレ掃除は汚いから嫌ですよね? 清掃のバイトに応募した覚えは無いのに、何故かトイレ掃除をしなくてはいけません。 ウォークイン冷蔵庫は、極寒の中で、重いペットボトルや酒をダンボールから出して並べなければいけません。 とても辛いです。 レジ打ちは、長時間あの狭い空間で同じ態勢でいるとかなり疲れます。 コンビニバイト初心者はレジ打ちからやらされます。 慣れてくるとウォークイン冷蔵庫をやらされます。 店によって違いますが、トイレ掃除は新人の仕事になっている店もあります。 あと、ランキングには入っていませんが、フライヤーの清掃もきついし、危険です。 フライヤーとは、揚げ物を作る機械ですが、週に2回の清掃があります。 大体の店舗が深夜勤務の仕事に割り当てています。 きつくないコンビニバイトを探す>> 時間帯のきつい順 時間帯のきつい順は忙しさと危険度を根拠にしています。 時間帯のきつい順ランキング 一位、11時~13時 二位、22時~6時 三位、6時~8時 コンビニ店が一番忙しいのが、お昼時の11時~13時です。 ただ、レジ打ちが好きな方は直ぐに時間が過ぎるので逆に、楽かもしれません。 お昼時の時間帯は、お弁当を電子レンジで温めながら、次の客の会計もしなくてはいけませんから、いくつかの業務を同時にこなす能力が必要です。 でも、たいした事はありません。 このブログで再三伝えていますが、 『コンビニの仕事は、覚えることは多いですが、内容は非常に薄っぺらい』ので、すぐ慣れます。 22時以降は深夜帯になります。 時給も昼間より25%アップしますが、危険度は50%アップします(笑) まず、強盗の危険性がありますよね。 あと、酔っ払い。 さらには、ヤンキー。 徘徊老人。。 私はこの時間帯で働く事を、絶対におすすめしません。 身体にも良くないですからね。 深夜勤務は、金をかせぎたい外国人バイトやオーナーにやってもらいましょう。 6時~8時は早朝の時間帯です。 この時間は納品をしながらレジ打ちもしなくてはいけません。 しかもスタッフの人数は最小限に抑えているので仕事の量が「ハンパねー」です。 でも、先ほども言いましたが、すぐに慣れます。 コンビニの仕事は本当に薄っぺらいですから。。。 ・きつくないコンビニバイトを探す>> まとめ、コンビニバイトきつい順 今回は、コンビニバイトのきつい順をランキング形式で紹介しました。 ・会社のきつい順ランキングの第一位は、セブン、ファミマ、ローソン、デイリーヤマザキが同率首位です。 なのでコンビニ会社できつい順を考えることはやめましょう。 ・店のきつい順ランキングの第一位は、駅近にある店舗です。 ・オーナー店と直営店を比べるとオーナー店の方がきついです。 ・仕事のきつい順ランキングの第一位は、トイレ掃除です。 ・時間帯のきつい順ランキングの第一位は、11時~13時のお昼時の時間帯です。 総括すると、コンビニバイトはきつい仕事ではありませんが、凄く 楽でもありません。 でも、確実に言えることは、飲食店のバイトよりは楽です! (私はカフェレストランも経営していたので分かるんです) ・きつくないコンビニバイトを探す>> 最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次の

コンビニのバイトはきついのか?セブン経験者がホンネで仕事内容や実態をまとめてみた

コンビニ バイト きつい

コンビニバイトは楽?キツい?実際どうなの?仕事内容・時給・シフト・メリット・デメリット・体験談なども紹介 全国どこにでもあり、私たちの生活に身近なコンビニ。 それだけに、アルバイトの募集も多く、学生にも人気のバイトです。 一見「ラク」なイメージのあるコンビニバイトですが、レジ打ちだけでなく商品の陳列や発注なども行い、時間帯によっては非常に忙しいことも。 今回は、コンビニで実際にバイトを経験したことがある方々からアンケートをとり、業務についての感想や身についたスキルなどの体験談を紹介していきます。 【目次】 仕事内容 コンビニバイトと一口に言っても、実は業務内容は多岐に渡り、主な仕事内容は下記のようなもの。 詳しく見ていきましょう。 レジ業務 コンビニでのメイン業務。 レジに立ち、商品のお会計や宅配便、その他サービスの受付をします。 レジ業務には、下記のようなものがあります。 ・会計業務…商品バーコードをスキャンして精算し、袋に詰めてお客さまへ渡す。 ・宅配便やメール便の手配…宅配便のサイズを測り、伝票を作成して会計を行う。 預かった荷物を保管し、宅配便業者へ引き渡す。 ・切手や収入印紙の販売…切手や印紙は店頭には置かず、レジカウンターで管理しているので、お客さまから要望があった場合に在庫を出す。 高額なものもあるので、慎重な取扱いが必要となる。 ・タバコの販売…タバコもレジカウンター内に置いてある店舗が多い。 銘柄が多いので、覚えるのに苦労する場合も。 未成年確認なども行う。 ・公共料金代行収納・携帯電話、スマートフォン料金代行収納…お客さまが持ってきた支払い用紙のバーコードをスキャンし、精算する。 精算後に領収印を押して渡す。 接客 お客様に対してあいさつや、レジ打ちの中で「お弁当温めますか」など、自発的にコミュニケーションをとりましょう。 店内清掃 店内の床をモップで拭いたり、駐車場に落ちているゴミ拾いなど、接客業務の合間に行います。 商品の品出し・陳列 お客様が商品を手に取りやすいように、奥に隠れた商品を最前列に出したり、足りない商品を補充したりします。 商品の発注 商品の売れ行きをみながら必要量を発注します。 多すぎても少なすぎてもいけないので、難しい業務です。 ほとんどの場合、店長や社員が行いますが、稀にアルバイトでも任される場合があります。 簡単な調理 おでんや中華まんなどのファーストフードを調理します。 コピー機やATM、チケット発売機などの管理 店内にあるコピー機やATM、チケット販売機などは、お客さまから使い方を聞かれたときにきちんと答えられるように、使い方を把握しておく必要があります。 その他、代行サービスの受け付け 店舗にもよりますが、代行サービスを行っている場合は、年賀状印刷、バイク自賠責保険加入、チケット発券、ギフト予約、クリーニング取次ぎなどの受付業務などがあることもあります。 時給 コンビニのバイトの時給は働く地域と時間帯によって大きな差が出ます。 深夜勤務になると1,200円まではね上がり、たくさん稼ぎたい方に人気のアルバイトです。 首都圏以外の地方では100~200円ほど時給が下がる傾向にあります。 区切りは店舗によって異なりますが、早朝の5~9時、昼間の9~22時、深夜の22~5時の3パターンが一般的です。 学校の授業や普段の生活に合わせて店側に希望を伝えて空いた時間に働くことができます。 コンビニバイトのメリット コンビニバイトのメリットは自分の生活に合わせて働く時間帯を選べることでしょう。 コンビニは数多く存在するので、最寄りの店舗で働くことができれば通勤時間も少なくて済みますし、時給が高い深夜勤務を狙って働けば、効率的に稼ぐことができます。 コンビニバイトのデメリット コンビニバイトは、実は覚えることが多く、「ラクそうだ」と思って応募した人にとっては大変だと思うこともあるようです。 例えば、レジ打ちだけでも宅急便の手配や公共料金の支払い、切手やカード類の販売など。 特にビジネス街はお昼に混むなど、時間帯やイベントの有無によって忙しさが変わってくるので、事前にきちんと確認をしておくと良いでしょう。 実際に働いてみてどう? コンビニバイトを実際に経験した人たちは、業務をどう感じたのでしょうか。 経験者に、アンケートで聞いてみました。 コンビニバイトは楽だった? 辛かった? 【楽だった】 ・仕事をおぼえてしまえば、後はパターンで作業を行うだけでした。 接客以外の仕事も嫌な仕事ではなかったので辛いと感じた事はありませんでした。 深夜に酔っ払いが入ってきて、わけのわからないことを言われたときは困りました。 サービスがどんどん多岐化していくコンビニですが、作業を覚えていかなければならないのが苦痛だという意見もあれば、1度覚えてしまえば簡単という声も聞かれました。 結構やることが多いコンビニバイトはラクなの? 品出しや陳列、レジ、コピー紙補充など多くの業務をこなす必要があるコンビニバイト。 実際やってみて、思っていたのとどのようなギャップがあったのでしょうか。 バイト経験者に聞いてみたところ、思っていたよりも辛かったと答えたのは100人のうち61人、約6割。 一方、全体の39人、約4割の人は思っていたよりもラクだったという結果に。 どのような点が辛いと感じたのか、またはラクだったと思ったのか、コメントをいくつか見てみましょう。 【思っていたよりもラクだった】 ・ラクというか、とても楽しかったです。 新店舗ができたときに集まったメンバーでしたので、本当に仲が良くて行くのが楽しみでした。 業務の幅の広さから覚えることが多く、割に合わないとという声も。 また、夜間の人がいない時間帯は、眠くて辛いという声も挙がっていました。 夜間は業務の少ない時間帯でもあるようで、睡魔に襲われてしまう人もいたようです。 また、思っていたよりもラクだという回答では、バイト仲間同士の仲が良くて楽しかったという意見がありました。 業務が大変な中でも、人間関係が良好であれば仕事も頑張れるものなのですね。 さらに、お客さんの少ないコンビニではのんびり勤務できてラクだという声も。 のんびり働きたいか、適度に忙しい方がやりがいがあると感じるかは個人の性質によるところが大きく、時間帯や店舗により業務内容が異なる場合が多いコンビニバイトではそれぞれに合った仕事環境の店舗で働ければ満足度が高くなる傾向にあるようです。 意外と多い電子レンジ系ミス!コンビニバイトの失敗談とは? 仕事を始めるにあたっては、現場でどんな失敗が起きやすいのかということも気になる点のひとつです。 実際、コンビニバイトではどのようなミスをしやすいのか、具体的な失敗談をピックアップしてみましょう。 ・タバコを吸わないのでタバコの銘柄がよくわからずに、似たような名前の商品を出してしまって怒られたことがある。 あとからタバコの銘柄や種類について先輩に教えてもらった。 お客様は笑顔で返してくれて助かりました。 タバコの銘柄が覚えられず、困ってしまうエピソードがいくつかありました。 同じ銘柄でも、タールやニコチンの量が異なることがあります。 タバコが嫌いな人や吸わない人は銘柄や特徴を覚えるのが大変かもしれません。 また、温めなくてもいい食品に温め確認をするなど、食品をレンジで温める際の失敗も多いようです。 さらに、コンビニバイトでは、仕事に慣れてくると発注業務を任される場合があります。 その際、間違えて多く発注してしまった人が数人いました。 発注数の間違いは、店の損失にもつながる可能性があります。 くれぐれも発注の間違いには注意したいものです。 メリットは? 次に、コンビニでバイトをしたことで「プラスになった」と思える点を経験者に聞いてみました。 コンビニバイトの良かった所は? 【良かったこと】 ・シフト制なので、24時間の中から好きな時間で働くことが出来たところです。 一度仕事を覚えれば、いろんなコンビニで働ける。 同世代の仲間と和気あいあいとした雰囲気で働くことができた所。 昼間から深夜まで自分の好きな時間を選んで働けるので、個々のライフスタイルにあった働き方ができるようです。 また、全国各地に店舗があるので、業務を覚えればどこのコンビニで働くときも応用がききます。 同じシフトで入った仲間と協力しながら仕事をするうちに仲良くなることもできるでしょう。 身につくスキルは? コンビニバイトで働くことで、どのようなスキルを身につけることができたのか聞いてみました。 コンビニバイトで身に付いたスキルは? 【身につくスキルは?】 ・客層が幅広いので、お客さんへの応対と、他の従業員との協調性を学ぶ格好の場所だと思います。 お客さんを待たせないよう、素早く正確に、気持ちの良い対応をするスキル。 お客さんがいないときでも、空いた時間で自分にできることを探して積極的に働こうとする意志の大切さ。 お客様との接客だけではなく、同僚と一緒に仕事をすることで協調性も養うことができるでしょう。 また、商品陳列など暇な時間にもできることがあるので、自分で率先して仕事を見つけようとする力も自然と身に付くようです。 多岐にわたるコンビニ業務でマルチタスクが身に付く!? 仕事の中で得た技術やノウハウは、日常生活の中で役立つことがあります。 コンビニバイトで実際に身につくスキルにはどういうものがあるのでしょうか。 経験者のコメントを紹介します。 ・コンビニのバイトをして一人で何でもするスキルが身についたと思います。 最初は少し中身がぐちゃぐちゃになってしまう入れ方でしたが、少しずつ技術を磨きました。 電卓打ちの早さ。 お菓子について詳しくなった。 1人の場合に急に客が増え、多岐にわたるすべての業務をこなさなければならないこともあるでしょう。 こうした経験が、1人で様々な業務を同時進行でおこなうマルチタスクにつながることもあるようです。 このほか、レジ袋の中にきれいに商品を入れられるようになるなど、普段の生活でも役に立ちそうなスキルが身につくとのことです。 また、来店する幅広い年齢層のお客さんへの接客でコミュニケーション能力の向上を挙げる人も多くいました。 経験者の評価 こんな人にオススメ!? ・「接客が好きな人」 ・「アルバイトをかけもちする人」 ・「時間帯に融通がきくため学生にオススメ」 体験者からのアドバイス 自宅から通いやすいバイト先の方が私はシフトが組みやすかった。 コンビニのバイトだからといって手抜きをするのは絶対にいけない。 他の仕事にも通ずることがたくさん学べます。 たかがコンビニ、されどコンビニバイトです。 コンビニは、24時間営業している店舗が多く、シフト勤務が基本となっているので、昼間の勤務の他にも大学が始まる前の早朝に働いたり、たくさん稼ぐために時給の良い深夜勤務を選ぶことも可能です。 また、接客が一番の仕事となるので、人と話すことが苦にならない人に向いているでしょう。 まとめ コンビニのバイトは勤務時間帯に幅があるため、時間に制約のある大学生や主婦にオススメのバイトです。 また、業務を通じて対人コミュニケーションも養うことができるので、社会人としての基礎力をつける場にもなるでしょう。 最初は覚えることが多いかもしれませんが、働くことでメリットの多いコンビニで楽しく、たくさん稼ぎましょう。

次の

【無理】きついバイトランキング。絶対やりたくない理由を30人に聞いた

コンビニ バイト きつい

Sponsored Link 低価格帯で水準の高い服が手に入るため、老若男女に大人気のgu。 アパレル企業のなかでも好調に業績を伸ばしている、ファーストリテイリングが持つブランドです。 みなさんのお家にも何かしらアイテムが有るのではないでしょうか。 以前はファストファッションってインナーにしか使えないかなあと思っていたのですが、最近は有名ブランドとのコラボなども頻繁に行っていて気軽にハイブランドに挑戦できる様になりましたねー^^ 特にguなんかはいつ行っても混雑していますね。 過剰な装飾のないシンプルなアイテムが多いので、結構重宝するんですよ。 意外とブランド物ってシンプルなデザインがないですからね。 かゆいところに手が届くあたり、流石です。 頻繁に買い換えるような下着とかはホントにありがたいです。 実は昔ユニクロでバイトしていたことがあって、guもちょっと気になっていました。 guはユニクロに比べて店員さんも年齢層が若めだったりして、雰囲気が少し違うんです。 髪型やアクセサリーもユニクロに比べて自由な印象です(もちろん規定はありますが…)。 憧れのアパレル業界ということも有り、バイト先としても非常に人気があります。 今回はguのバイトについてまとめてみました! 目次• guバイトの口コミ・評判 きつい・大変 私が働いているところはかなり都心の人気店なんですが、人出が常に足りないようで 希望していないシフトにも入らないといけない時がたくさんあります。 人出が足りないというよりは、アルバイトに学生が多いので休みたい時期がかぶるって言う感じでしょうか。 私も学生ですが初めてのバイトだったし、そこまで切羽詰まっていなかったから最初は受けていたんですが…。 そのうちそれが当たり前になってきてしまって、すごく不公平を感じています。 ユニクロに比べたらまだゆるいほうだと聞きますが、それでも マニュアルが厳しいです。 覚えることや決まりがとても多く、店長に怒られてばかりいます。。 結構つらいですね。。 店長・副店長・リーダーと社員っぽい人が何人もいて、流石大きい会社はすごいなーと思っていたら 店長以外はみんなバイトだと聞いてびっくりしました…。 色々見ていて思ったのは、バイトでも社員並みの責任ある仕事をしないといけないということです。 副店長は商品の発注や店内づくりも任されていました。 登用試験に合格すれば正社員になれるそうですが、フリーターならまだしも学生にここまでさせるってスゴイなあとおもいました。 きっと就活のためなんだろうなあって思ってます。 理系の学校に行っていてあんまりファッションの話はできなかったので、ようやく趣味の話ができる!と思ったんですが、みんな服のことあんまり知らないんですね…。 なんかがっかりです。 昔からファッションが好きで、あこがれのアパレル業界に思い切って飛び込んでみました。 入ってみてわかったのは、guをアパレルだと思わないほうがいいってことですねwアパレルでどんなことを業務としてやってるか、っていうのは学べるとおもいますが。。 やる仕事は ひたすら品出し値札つけ、フロアの整理整頓って言う感じで、お客さんにコーディネートを薦めたりってことは殆ど無かったです。 会社の規則で残業が禁止…とまでは行きませんが、 基本的に残業はできません。 決まった時間までに終わらせる、終わらなければ何時に終わるのかを決めてその時間できっちり切る、と言った感じでした。 すごくいい制度だなと思う反面、忙しい日の閉店作業がものすごい怒涛ラッシュになるので、もうすこしラフでもいいかなあと思います。 服を買いすぎてお給料がなくなったw割引があるからってちょっと調子に乗りました。 きっかけは洋服が好きで興味があったというだけでGUでアルバイトを始めましたが、得たものはと問われると、ファッションセンスが良くなったかと言われれば、悪くはなりませんが、良くなるものでもなく正直微妙なところです。 お客様にコーディネートを頼まれる事もありませんし、アパレルの仕事に就いてるので、周りの業種よりただ知識があるだけという感じです。 挨拶の仕方や接客についての技術は仕方ないとしても、販売六大用語などは正直苦痛でしかありません。 また、洋服店ならではのお客様とのコミュニケーションというのもあまりありません。 商品をオススメしたりお客様との会話を楽しみたいのなら違うお店をおすすめします。 シーズン毎に店内のラインナップがガラッと変わります。 店内のレイアウトも一週間毎に変わるので、お客様に商品を聞かれて洋服を取りに行くときとかは結構焦ることも多かったです。 仕事中は歩き回ることが多いので、想像以上に疲れる仕事です。 思っていたよりも重労働です。 毎週大量に商品が入荷するので、数え切れないくらいの膨大な量の商品を品出しなくてはいけません。 ダンボールもそれなりの重さなので力を必要とします。 箱から出して商品を並べに行くわけですが、売り場も広いので移動だけでも大変です。 一日働くと足がパンパンになって大変でした。 仕事は、接客・レジ・品出し・商品整理・裾直しなどたくさんあります。 経験の長いスタッフになると、新商品の荷受けや他店舗に送る商品の管理、さらにはスタッフのシフトや業務管理も行います。 社員ではなくほぼアルバイトでも重要な仕事を任されるので責任は重大です。 そのプレッシャーがやりがいに変わる方はいいですが、大概はただ重たいだけです。 春・夏・冬とセールの時は大忙しなのでアルバイトはどんどんシフトに入ってという感じになりますが、初売りを過ぎた1月あたりなど、閑散期に入るとシフトが大幅に削られ来なくていいよという時期に突入します。 私は最低でも毎月これだけは欲しいという額が決まっていたので、その基準に達しなかったので辞めてしまいました。 GUはアルバイトでも自社製品を着て仕事をする決まりがあり、社割りがあるので安く買えるのはいいのですが、現在店頭で販売している物でないといけないので、定期的に購入しないといけないのが億劫でした。 楽・楽しい 社割りで30%OFFは嬉しいですね。 お店でユニフォーム的に着る服と、オフの時に着る服とでテイストを変えて買っていました。 お店から在庫がなくなったら着ることはできないので、白シャツとかカットソーとか長く店頭にあるものをチョイスしておくと楽ですよー。 主婦ですがアルバイトで週に3日程度、昼間中心にシフトに入っています。 私が働いている店舗は土地柄か主婦と学生さんが半々で働いています。 男女比はだいたい4:1くらいですかね。 バイト同士の雰囲気は良い方だとおもいます。 ありがちな派閥みたいなのも聞いたことないですし、土日や連休の時は普段一緒にならない時間帯の皆さんともお仕事できるので楽しいです。 仕事内容は楽ではないですが、長く続けるにはいいバイト先だと思います。 大学生のときにバイトしていました。 アルバイトでも色々な仕事をさせてもらえるので、非常に勉強になりました。 最終的には新人の教育を任されるまでに。 就活にもこの経験を大いに活かすことができ、本当にguでバイトをしていてよかったと感じています。 ありがとうございました! 覚えることはたくさんあります。 非常に混雑しているうえ仕事もやることが多かったり、最初の数ヶ月は本当にめまぐるしく何が何だかわからないうちに過ぎて行きました。 でも社員さんはしっかり教育されているので、無理強いされるようなことはありませんでした。 バイト同士の雰囲気も悪く無いですし、働きやすいかとおもいます。 私は接客の仕事がしたかったので、試着室中心の仕事にしてもらいました。 フロアに出ていても必要以上にお客さまに話しかけるスタイルは取っていないので、試着室以外はあまり接客することはありません。 サイズのアドバイスをしたりコーディネートを一緒に考えたりと仕事内容は大変でした。 やることはたくさんありましたがw担当場所のわがままを聞いてもらえたのはたまたまのようですが、接客の勉強になったのでとても良かったと思っています。 アパレルで働きたかったのでユニクロやライトオンなど色々迷いましたが、最終的に自宅から一番近いguでアルバイトすることに決めました。 働いてみた感想は思ったよりやることがたくさん、覚えることもたくさんで大変なこともありました。 辛いこともあったけど、みんな服が好きで働いているので気の合う仲間もできて最終的にはguで働けてよかったとおもいました。 今までは服を買いに行っても特に何も気にしなかったのですが、今はguを含め買物をしているときの店舗の様子、店員の接客やディスプレイなどを気にするようになりました。 仕事しているときは気にならなくても、客観的にみると色々わかってくるんですよね。 いまではそれを反省点として自分の勤務している店舗づくりに活かしています。 GUで働くことはアパレルが好きというのが大前提だとは思いますが、好きなものに囲まれて働くので気持ちが良いです。 アルバイトとはいえ、ただ言われた事をこなすのではなく、全員が売上を意識して働いているので、これは「仕事」なのだと気づかされました。 このような感覚が社会に出る前のまだ学生時代に身に付けられたのは、私にとって大きな収穫でした。 ファッションの仕事に興味があってGUのアルバイトに応募しました。 ハッキリと言えばGUでアパレルの知識が広がったという感じはしませんが、接客・礼儀作法など、お客様への対応力はアルバイトを続ける中で自分でもかなり自信を持つことが出来ました。 研修も丁寧なので細かく指導してもらえます。 挨拶の仕方から始まり販売六大用語などなど覚えることも多いですが、それを経ての接客のお仕事なので頑張りました。 将来、接客の仕事に進みたい方には損のないアルバイトだと思います。 仕事は細分化され効率を重視した働き方です。 出勤した時に休憩時間と作業担当のタイムシフトを確認し作業に当たります。 スタッフは1時間単位でそれぞれに細かな作業が振り分けてられているので、何かしら手を動かしている状態で仕事が無いということはありません。 アルバイトは学生主体ですが、学生でも責任のある仕事を任されるので、やりがいはありました。 レジ・フィッティングルーム・補正など、仕事は各担当に分かれます。 それぞれのポジションでの作業内容を覚える必要があるので、少し大変ですが、どの仕事も慣れればそこまで大変ではないので、覚えたら楽しいです。 ちなみに、自分はお客様が手にとって形が崩れた商品を、綺麗に畳んで整える商品整理の仕事が好きでした。 担当するポジションも数時間おきに変えるので飽きずに楽しんで仕事が出来るのはGUの良いところだと思います。 guバイトの仕事内容について guではもちろん服を販売することが中心になりますが、それに付随する業務もこなしていかなければなりません。 その日のシフトにより各自担当場所がしっかり決まりますので、任された内容をきちんとこなしていけば問題無いでしょう。 担当を各自に割り振られることにより、そのポジションの仕事を集中してこなしていくことができます。 バイトの研修について 売り場に立つ前に、 座学と OJTで研修があります。 まず座学は講習形式で、guで働くための知識や心構えを学びます。 その後は実際に店舗に入り、 挨拶の仕方や接客の仕方、基本方針・三つの約束・販売六大用語などを徹底的に叩き込まれます。 このOJTは厳しいことで有名で、研修中にやめてしまう人もいるようです。 やる気のない人をふるいにかけるといった意味もあるようですが、やる気があれば何も難しいことはないので真面目に取り組めば問題無いでしょう。 フロアのお仕事 guでは 「商品整理」と呼んでいます。 その名の通り店内の商品を整理整頓するお仕事です。 基本的にハンガーにかかっている事が多く、たたみ作業はあまり発生しません。 床に商品が落ちてしまっていないか、空いたハンガーが溜まっていないかなど細かいところまでチェックするようにしましょう。 ディスプレイが乱れていないかなども気にかけられるようになればとても良いですね! また、 最もお客さまに近いポジションでもあります。 フロアに立つ際はお客さまが気持ちよく買物ができるように努めましょう。 万引き防止のためにも店内はまんべんなく巡回するようにしましょう。 フィッティングルームのお仕事 試着室でフィッティングのお手伝いをします。 混雑時は試着室の順番待ちができてしまうこともありますので、 持ち込み点数などをお客さまにおねがいするなど臨機応変な対応が求められます。 ボトムスの裾上げ対応もフィッティングルームで行います。 実際にミシンを掛けるのはフィッティングルームではありませんが、お客さまの体型や選んだボトムスに併せてどのくらい丈つめをするかを決めなくてはいけません。 ここでしっかりと調整丈を決めないと補正担当もお客さまも困ってしまうことになります。 お客さまにどのくらいの丈が好みなのか、そこのない靴と合わせるか否かなど会話しながら調整するようにしましょう。 最後は鏡を見ながらお客さまご自身にも確認してもらいましょう。 レジ対応のお仕事 guでは全ての商品にバーコードがついていますので、会計済と未会計をきちんと把握しながらこなしていけば何も問題無いでしょう。 素早く丁寧に商品をたたみ、guロゴの入った袋に収めます。 合計金額、頂戴した金額、お釣りをしっかりと確認しながら対応するように注意して下さい。 フィッティングから丈調整の依頼があった場合は、レジで仕上がりの時間やお渡し方法をご案内します。 必ずお会計を済ませてからの補正となりますので、お客さまからご要望があったとしても注意するようにしてください。 リペア(補正、ミシンがけ)のお仕事 お客さまにお買い上げ頂いたパンツの裾上げを対応します。 業務用ミシンを使用しますが、家庭用のミシンとは勝手が違います。 ある程度練習を積まないと実務をこなすことは難しいですので、しっかりと研修に取り組むことが大切です。 パンツの種類によってミシンを使い分ける事があります。 まずはデニムなど対応しやすいパンツから始めていきましょう。 guバイトの面接内容 面接の服装 面接時はguの商品を着用しなければいけないわけではありません。 かと言って有名ブランドのロゴが大きく入っているような服装も避けるべきです。 guが扱っている商品に合うようなコーディネートを心がけて下さい。 迷ったらguで買ってしまうのも手だとおもいます。 面接時の服装についてアドバイスをまとめた記事もありますので、参考にどうぞ! 面接で聞かれる内容は guの面接では特別他と違う特徴は無いようです。 「guで働きたいと思った理由」「土日や長期休暇に出勤可能か」「通勤方法、通勤時間」といった基本的なことを聞かれます。 答える内容も大切ですが、 「元気がある」「明るい」「清潔感がある」と言った人柄を重視されます。 あまり気負いせず、いつもどおりの自分で臨むようにしましょう。 また、guは土日や休日は非常に混雑します。 特にGWや年末年始などの繁忙期に出勤できるひとは 採用に優先される可能性が高くなります。 guでは交通費が基本的に支給されません。 出張がある場合には交通費が支給されることもありますが、自宅の近くや学校周辺で店舗を探すほうが良いかもしれません。 受かりやすい時期 アパレルは 季節に左右されやすい業界です。 働いてみるとわかりますが、意外と繁忙期と閑散期がはっきりしています。 GWに向けての採用を準備するのが3月〜4月、年末年始に向けての採用準備をするのが10月〜11月です。 できればこの期間を狙って採用に応募すると良いでしょう。 ちなみに、夏は購入量は多めで単価が少なく、冬は購入量が少なく単価が高めになります。 guバイトのメリットは guでは社割りの制度があります。 全ての商品を3割引で購入することができるのです! もともと低価格帯の商品を売りにしているguですので、3割引は嬉しいですよね! 仕事中は靴以外は商品を着用しなくてはいけません。 なお 働きながら商品をアピールするという意味合いも含まれていますので、売り場に出ている商品しか着用できません。 仕事着を購入するときには限定品などは避け、ベーシックな長く店頭に並んでいるアイテムを選ぶことをオススメします。 guバイトの時給はどのくらい? 他のバイトと同様、東京都内など都心部ほど時給は高くなりますがショッピングモールなどに出店していたり繁忙店が多いため、全体的に時給も高めです。 店舗により 800〜1200円の間で金額が決まっています。 もちろん昇給制度もありますので、頑張りが認められれば時給も上がっていきます。 まとめ アパレルの職種は非常に人気があります。 guは大きな会社が持っているブランドですので、制度もきちんとしていて働きやすいようですね。 バイトでも色々な仕事を任されることが多いので、きつい、ブラックと言われることも多いようですが社内制度自体はしっかりしています。 総括して見た感じだと、人間関係は良好な店舗が多いようです。 目的を持ってそれに向かって頑張りたいひとには向いているかもしれません。 時給も高めですので、チャレンジしてみるのも良いかもしれないですね!.

次の