茨城 県 日立 市 コロナ。 【茨城新聞】新型コロナ、狂犬病予防に影響 接種期間、年末まで延長 分かれる自治体対応 危機感の薄れ懸念

感染症情報センター/茨城県

茨城 県 日立 市 コロナ

日立市で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことが伝わったのは、12日、感染が確認されたのは、帰省された娘さんと母親の2名です。 日立市内で新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されたのは初めてで、日立市内では、それぞれ1例目、2例目となります。 また、茨城県内では、106・107例目となります。 その後詳しい感染者情報が出ましたのでお知らせします。 なお、茨城県の最新のニュースは下の記事となっていますので合わせてご覧ください。 日立市の新型コロナ感染者情報 それぞれの感染者情報です。 経過の概要をまとめます。 東京から帰省した娘がコロナ発症 東京都の飲食店勤務の20歳代の女性が、日立市の実家に帰省。 帰省後に症状が出て、そのさらに3日後に、女性の50歳代の母親にも症状が出たということです。 母勤務の介護事業所は「休止中」 女性の母親は、介護事業所勤務のため、勤めていた介護事業所は「事業を休止中」となっています。 二人とも、症状は軽症で安定、現在は自宅で入院調整中とのことです。 日立市のコロナ患者の詳細 以下は、日立市のHPの記載です。 city. hitachi. 水戸市の感染者情報 水戸市では、3例目、水戸市内の消防署勤務の救急隊員とその家族、4・5例目に感染が確認されて、通園していた保育園が休園となっています。 水戸市ではその後新たに6例目までの感染者が確認されています。 水戸市の感染者情報です。 日立市の明秀学園の生徒の感染はデマ また、一部SNSで、日立の明秀学園の生徒が感染したとの情報が流れていますが、こちらはデマだということですので、惑わされないようにしてください。 に下の告知があります。 meishu. 本校につきまして、事実ではない情報が SNS 上に投稿されその誤った情報が一般の方々の間にも広がっています。 この件に関しましては、事実に反した誤った情報であり、4月8月現在本校の寮で生活している男女寮生に発熱している生徒は一人もおらず、新型コロナウイルスに感染が確認された生徒も一人もおりませんのでご安心ください。 なお今回の SNS 上での事実ではない投稿について、本校では法的措置も含め、現在顧問弁護士と協議中ですので、くれぐれも無責任な投稿されないようお願い申し上げます 投稿はもちろんのことですが、ソースがはっきりしないものに関しては、リツイートも慎重に行いましょう。 以上、本日の日立市の新型コロナ感染者情報についてお伝えしました。

次の

茨城の感染者は日立製作所社員 1千人が自宅待機へ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

茨城 県 日立 市 コロナ

これで県内で感染が確認された人は109人となりました。 茨城県によりますと、12日に感染が発表された6人のうち2人は、集団感染が確認されているつくば市の介護老人保健施設「アレーテル・つくば」の入所者で、ともに80代の女性です。 いずれも発熱やせきの症状がありますが、症状は軽いということです。 また、日立市に住む50代の女性と、この女性の家族で東京都内から帰省していた20代の飲食店勤務の女性も感染が確認されました。 いずれも症状は軽いということです。 50代の女性は、介護事業所の職員で、今月4日からは出勤していませんでしたが、この介護事業所では職員や利用者の健康観察などのため、サービスを休止するということです。 また、10日に感染が確認された、土浦市にある新治学園義務教育学校の教員の80代の母親と90代の父親についても新たに感染が確認されました。 これで茨城県内で感染が確認された人は109人となり、このうち5人が死亡しています。 また、新たに1人が退院し、これまでに退院した人は10人となりました。 nhk. html 全国的にどの地域でも毎日感染者が増える一方ですね・・・ もちろん回復する人も日々いるのですが、感染者の増加があまりにも急速なのでなかなか終わりが見えません。 東京都内から帰省していた娘と介護施設に勤務する母親が感染したということですが、娘さんが東京から持ってきてしまったのか・・・? 一体どこで感染してしまったのでしょうか? 仕事も在宅勤務になる方も増えてきましたし、学校などは休校になっている都道府県も増えてきたので、ついつい実家に帰省する方もいるかと思います。 しかし、個人的には今は避けたほうがいいかと思います。 どこで感染してしまうかまったくわからない危険な状況のなか、移動するというのは良くない気がします。 ストレスも溜まってきますし、時間の使い方もわからなくなってきますが、それはみなさん同じなので、今はいち早く元通りの生活ができるようにするためにも耐えることが1番の策なのではないでしょうか? 2人の行動歴や感染ルートは? 2人はどこで感染してしまったのでしょうか? 調べてみたところ、このようなことがわかりました。 娘さんがいつどのように帰省したのかはわかりませんが、娘さんが先に感染していたのは確かですよね・・・ 個人的には、東京から持ってきてしまったのでは?と思います。 公共交通機関を利用して帰省したのでしたら、またもやそこで感染者が出てしまうでしょう。 すでに出てしまっているかもしれませんね・・・ 自分も気づかぬうちに感染しているというのが本当に恐ろしいです。

次の

茨城県日立市のコロナ感染した都内から帰省の娘と母親は誰でどこ住み?勤務先や行動経歴は!

茨城 県 日立 市 コロナ

多くの県内自治体が新型コロナの「3密」防止や感染リスクを考慮し、春先の公園などで行われる犬の「集合接種」を見合わせた。 厚生労働省は、4〜6月を注射月間と定めているものの、今年は年末まで接種期間を延長した。 自治体によって今後の対応は分かれており、県や県獣医師会は「コロナ禍が接種率低下につながるのでは」と懸念している。 狂犬病予防法で生後91日以上の犬は、登録と年1回の狂犬病予防接種が義務付けられている。 県は厚労省の通知を受け、年末まで接種期間を延長する通知を自治体に16日付で出した。 接種率向上の鍵を握るのは、公民館や公園に飼い主が犬を連れてきて集団で行う集合接種だ。 今春の集合接種について、県内自治体のうち笠間、石岡の2市と大子、城里、茨城、五霞の4町の計6市町は実施したと茨城新聞の取材に回答。 残る8割以上の自治体は中止か途中で取りやめている。 中止した自治体の一つである水戸市は、今後の開催を模索する。 同市動物愛護センターは「接種率を上げるには集合接種が必要。 交通手段のない高齢者は自宅近くまで獣医師が来てくれるので、頼りにしている人もいる」と指摘。 新型コロナの再流行が心配されるものの「なるべく実施する方向で考えている」としている。 本年度の中止を決定した自治体もある。 取手市は「いつ コロナの 第2波が到来するか分からない」 環境対策課 として中止を決めた。 「飼い主の中には、今年は接種しなくていいと思い込む人もいるのでは」と懸念も募らせる。 このほか、牛久市、龍ケ崎市、つくばみらい市、河内町、美浦村なども本年度の中止を予定している。 県生活衛生課によると、2019年度の県内接種率は登録頭数16万7083頭に対し接種済みが10万5154頭で、62. 18年度は登録16万9835頭に10万7174頭で63. 同年度の全国平均接種率71. 同課の小森春樹課長補佐は「犬を室内で飼っている人も増えていて、狂犬病への危機感が薄れている」と話す。 接種を啓発している県獣医師会の宇佐美晃会長 64 は「接種しなくても大丈夫という意識の広がりが怖い。 狂犬病の予防接種は人を守るための注射でもある。 飼い主だけでなく、多くの人に接種の重要性を理解してほしい」と呼び掛ける。 水を怖がるのが特徴的な症状。 感染したほ乳類にかまれることで唾液からウイルスが侵入し、数カ月の潜伏期間を経て発症する。 人から人には感染しない。 今月13日には、愛知県豊橋市内の病院で、フィリピンから来日後に狂犬病を発症した外国籍の30代男性が死亡した。 同市の発表によると、現地で感染した犬にかまれたとみられる。

次の