引越し 見積もり 業者。 引越し業者の選び方と見積もりのコツ|引越しのウラオモテ

引越し業者の断り方|上手に断りを言う方法とその文句

引越し 見積もり 業者

・引っ越しの大体の相場はいくら位なんだろう・・・? ・引越し当日に引越業者とトラブルなど起こらないだろうか・・・? ・引っ越し荷物を丁寧に運んでくれるかどうか・・・? 引越業者は全国に200社以上!? 更に、たとえ何度か引越しをしたことがある人でも頼んだ引越業者がお得だったかどうかは分からないかと思います。 それもそのはず、 全国にある引越業者の数は、大手と中小の業者を合わせると、約200社以上もあるんです。 地域別にしてしまえば少しは限られますが、それでも 聞いたことがある、引越業者のトラックを見たことがある。 というだけで選ぶと、自分が必要としていた以上のサービスを受けて、損をしてしまうかもしれません。 逆に安かったものの、破損が目立つ、荷物を全部運んでくれなくて予定が変わってしまった。 ということも。 約200社もの引越業者の中から何を基準に選んで良いのか分からない、と思ったアナタ!! 当サイトでは、そんなあなたに分かりやすく引越業者の比較をしていきます!是非参考にして頂いて、あなたに合った最適の引越業者さんと巡りあって下さい! よく考えてみてください。 引っ越し見積もりを依頼したけど、その引越業者は対応が悪くて金額を出すのも遅かったとします。 そんな引越業者にあなたは当日の引越し作業を期待できますか? つまり、見積もり依頼時の対応と、当日の引っ越し作業員の対応は大体同じものなのです! 引っ越しの見積もりは金額以外も分かる重要なもの 電話対応や営業が好印象だった場合、当日の引越も気持ちのいいものになる確率が高いのです。 見積りとは、意外と引越しの成否を決める、かなり重要なものと言えるのです。 引越業者を決める際は必ず引っ越しの見積りをしてもらってから、見極めて下さい。 【超便利!! 】引越業者一括見積もりサイト 見積もりはたくさん取りたいところ 引っ越しの見積もりの重要性が分かったところで、どうせなら色々な引越業者から相見積をして自分で比較・判断をしたいところですよね。 また、引っ越しの見積もりをとってみたら予想していた金額より高かった!なんて話もよく聞きますので、料金面から見ても1社の引越業者だけで判断するのはおすすめできません。 ただ、何社の引越業者に電話をして同じ内容を説明して・・・、なんて とっても面倒です!! では一体どうするのがベストなんでしょうか。 その答えは、一括見積もりサイトです。 見積が楽 【40代 男性】 転勤が多くて引越の回数が多いのですが、これまでは近所の引越センターやらタウンページやらで調べて引越業者に引っ越しをお願いしてきました。 このサイトだと引越センターに一括で引っ越しの見積をお願いできるのでとても楽でした。 普段忙しくてたくさんの引越業者に見積を出すことが面倒で大変なのですが、この「引っ越し侍」であれば、そうした時間のムダもなくすぐに引っ越しの見積を確認することができました。 忙しくて他の引越業者と比較して見積を選ぶ時間がなかなかとれない、という人はこのサイトを利用してみてはどうでしょうか。 もちろん引っ越しの金額だけで選ぶのはちょっと・・・と思う人もいるかもしれませんが、少なくとも私はこの「引っ越し侍」を利用できて良かったと思います。 入力が少し面倒? 【20代 男性】 引っ越し侍では、申込用のフォームがホームページに用意されていて、これに必要事項を入力して引っ越しの見積を依頼するというシステムです。 ただ、この画面が少し面倒に感じるのが「クリック数が多い」という部分です。 最初に郵便番号を入れて「次へ」ボタンをクリック、次に詳細な住所と引越し先を入れて「次へ」ボタンをクリック、次に引っ越し日時と名前を入れてクリック・・・となかなか先へ進みません。 住所と名前ぐらいは同じ画面で入力できるような作りにできなかったのかな、と思いました。 また、この段階ではまだそれほど具体的に引越を進めるような状態ではなく、簡単に相場がわかれば良いなというレベルでした。 でも、結構ガッツリ個人情報を入れないとわからないということだったのでその点も余計に面倒に感じました。 ひとつのサイトだけでたくさんの引越し業者に見積をとることができるのは面白いサービスと思ったのですが、入力フォームのシステムなど改善の余地はあるかなとも思います。 引越業者が絞り込みやすい! 【30代 女性】 引越業者を選ぶ時にサービスの内容とか引っ越し金額とかを比べたいと思ってもなかなかできないものです。 そもそも引っ越しサービスの内容も何も、やってることやお願いすることはそんなに変わらないと思いますし。 家具を運んでもらって荷造りしたものをトラックに積んで、それを引越し先で解いて…ってこれはどこにお願いしても同じことなので、それなら少しでも安い引越業者でお願いした方が絶対に良い。 引っ越し侍を利用しようと思ったのは、そんな引っ越しの見積の手間を少しでも省きたかったからです。 だっていちいち引越業者に電話して来てもらって見積とって・・・てそんなことできるのせいぜい2〜3社ですし、もしかしたらもっと他に安い引越業者があったりして、とか思うと損をしないためにはできるだけ多くの引越業者に手間をかけずに見積をとることだと思います。 その点「引っ越し侍」ではまさに手間をかけずに一気に引っ越しの見積をとることができるのでとても助かりました。 今まで名前は知ってたけど敢えてお願いしなかった引越業者が意外にも安かったり、と新しい発見もありました。 電話番号は入れない方が良い 【30代 男性】 引っ越し侍に見積をお願いする際に入力フォームにいろいろと入力するのですが、ここに電話番号を入れるとその後引越業者から営業の電話がかかってきます。 ある程度はこういったことがあるかな、とは思っていたのですが一社だけではなくてかなりの数の引越業者から連絡がありました。 どのみち引越はするので、連絡があること自体は別に構わないのですが、それが一社だけでなくたくさんのところから入るのでさすがに面倒に思いました。 せめて「電話番号を入れると営業の電話がかかってきます」的な注意書きがあると良かったと思います。 人によっては引越する時が一週間以内にしたいという場合もあれば、1ヶ月以上先の予定という人もいます。 もしもこれから引っ越し侍を利用して見積をとろうと思っているのであれば、できれば電話番号やメールアドレスのように直接連絡がとれる情報は入れない方が良いでしょう。 引越業者に関するまとめ 『無料で200社に一括見積ができて、なおかつ引越祝いまで貰える!』 これが「引越し侍」が便利と言った理由です。 もし、ただ「どこでもいいや」と引越業者を探しているのではなくて、丁寧で素早い対応と作業、かつ引っ越し料金も納得という引越業者を探しているのならを是非利用してみてください。 サイトに掲載の引越業者の口コミチェックも忘れずに 引越業者の口コミも引越し侍でチェックできる! 以上、引越業者の選び方についてご紹介してきました。 これまでご紹介した情報をもとに、引越業者を選んでいけば間違いありませんが、最後に必ずチェックしておきたいのは、『引越業者の口コミ』です。 引越業者の口コミについて 引越業者の口コミを見る際は、良い評価が書かれた口コミはもちろんですが、特に 悪い口コミに関しては、できるだけ多めにチェックするようにしておくと良いでしょう。 悪い口コミの方が信憑性が高いですし、特にその引越業者の対応の質やサービスの質について、詳しく知ることができるためです。 引越業者の特徴を比較【大手・中小の引越業者】 次に引越業者を比較します。 まず引越業者は大きく分けると、大勢の方が知っている 大手の引越業者、そして地域密着型で活躍する 中小の引越業者のふたつがあります。 引っ越し費用・サービスの比較【大手・中小の引越業者】 では次に、引越業者の費用・サービスについて大手の引越業者でいくつか実際の業者を挙げて比較していきます。 ここで各社の特色を理解して、自分の引越しに合った引越業者さんを探してみて下さい。 金額は変動するのであくまで目安です。

次の

引越しの見積もり・費用相場・安い業者探しは【LIFULL引っ越し見積り】(旧HOME’S)

引越し 見積もり 業者

引越し業者を決める前に見積もりを必ず取ろう 引越しの場合は条件によって費用が変動するので、業者を決める前には見積もりを取って検討することがポイントです。 また、見積もりはひとつの業者からだけでなく複数業者 参考目安は6社程度 取った方がよいでしょう。 過去に利用したことがある業者でも、プラン内容に変化が生じたり、時期によっても費用が変わる可能性があるため、見積もりを再度お願いするべきです。 見積もりを依頼した際の返事のスピードや内容なども、サービスの質を推し量るポイントとして参考にすることができます。 一括見積もりだと引越し業者を簡単に比較できる 見積もりを取る際には、一括見積りサービスを使うと、簡単に複数の引越し業者から見積もりを取れます。 複数の見積もり価格を比較すると、一番安い引越し業者が見つかります。 また、料金だけでなく口コミも比較して確認できるので安心です。 24時間いつでも簡単に引越し業者の比較が可能なので、忙しい方には助かるサービスでしょう。 おすすめの引越し業者一括見積もりサービス では、引越し業者の一括見積りサービスにはどのようなものがあるのでしょうか? どのような見積もりサービスがあるのかわからない方のために、おすすめの引っ越し業者一括見積りサービスとその特徴をご紹介していきます。 特におすすめのサービスを2つご紹介しますので、ご自身に合ったものを利用してみてくださいね。 SUUMO引越し見積もり 「SUUMO引越し見積もり」は、リクルートが運営する知名度抜群の住宅情報サイトSUUMO スーモ の引越し見積りサービスです。 大手はもちろん地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかります。 SUUMOの引っ越し見積りのポイントとしては 電話番号なしで申し込みが可能である点が挙げられます 名前とメールアドレスは必須。 一括査定にありがちな営業電話がたくさんかかってくるといった煩わしさがなく、メールであればご自身のペースでやりとりをすることができ、利用しやすいサービスとなっているため引越し侍と共にぜひチェックしてみてください。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最大50%安くなるSUUMOだけの特典やプランが充実• 大手から地域密着型まで一番安い引越し業者が簡単に見つかる• 電話番号の入力は任意のためメールでやりとりを完結できる• サイト上で簡単に引越し料金をシミュレーションできる 引越し侍 引越し侍の料金一括比較サービスは、サカイ引越センターやアーク引越しセンターなど、大手の引越し業者を含む 全国300社以上の業者と提携しているため、一度にまとめて料金を見積もることができます。 日時や荷物を入力し料金やサービス内容を比較し、自分に合った引越し業者を簡単に選ぶことができるため、これから安心して引っ越しをしたい方は利用してみてはいかがでしょうか。 対応エリア 全国 サービスの特徴• 最短1分で引越料金の相場がわかってその場で予約可能• 大手から地域密着の業者まで、全国300社以上と提携• 予約or見積もり完了でキャッシュバックなどのキャンペーン有• プランやサービスを含め、情報は変更になる場合があるため、最新の情報は各業者のウェブサイトなどでご確認ください。 サカイ引越センター サカイ引越センターは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 創業は1971年。 専業の引越し業者の中ではトップクラスの売上を誇り、最大手といえます。 幅広いニーズに対応できる7つの引越しコースがあり、トータルサポートが必要な場合は『らくらくコースプレミアム』、荷造りや荷ほどきを自分でするかわりに費用を抑えたい場合は『せつやくコース』など、希望に合わせて選べます。 また、有料オプションで、引越しを機に処分したい家電や家具を引き取ってもらうことも可能です。 サカイ引越センターの口コミ どの作業員の方もテキパキと作業されていたし、新居を傷つけないように慎重に作業しているのがよく分かったので安心してお願いできました。 梱包が間に合ってなかったものも知らない間に旧宅からトラックに詰め込まれていてびっくりしたほどです。 たいへん満足しております。 引用元: 対応エリア 北海道から沖縄まで全国180個所以上に支店あり 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業40年以上の業界最大手で安心• 予算や希望に合わせて最適なプランを提案してくれる• 訪問見積を依頼するとお米1㎏プレゼント アート引越センター アートコーポレーション アートコーポレーションは、大阪府に本社をおく引越し業者です。 引越しパックは単身と家族でわかれており、ニーズに合わせてさらに細分化されたコースを選ぶことができます。 また、学生がおトクな『学割パック』、女性スタッフが作業を行う『レディースパック』、60歳以上の方からの整理整頓に関する相談にも対応している『シニアパック』といった、特徴的なサービスも展開しています。 アート引越センターの口コミ まず、自分が思っていた金額よりも安かったこと。 当初の予定では、作業員の方が二人で対応する予定だったが、引っ越し当日3名の作業員がきてくれた。 その為、荷物の搬出及び搬入が非常に早く、移動(搬送)時間を含めても2時間以内で完了しびっくりしました。 お得感があり非常に満足しています。 引用元: 対応エリア 日本全国 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 創業50年以上、引越し業者のパイオニア• 引越し希望日前後で日程をおまかせすると料金が半額に• 郵便や新聞の転送など面倒な移転手続きを無料で代行• 引越し後1年以内の無料家具移動や段ボール引取無料など、独自のきめ細かなサービスが多数 お問い合わせ アーク引越センター アーク引越センターは、愛知県に本社をおく専業の引越し業者です。 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当することが特徴です。 引越しプランには、単身用や家族用といった一般的なプランもありますが、結婚して新生活を始める方に適した『おふたりのお引越しプラン』や、新居を建てた方に適した『建て替えプラン』、大型のものだけを運ぶ『大物限定プラン』などがあり、個人の細かいニーズに合わせたサービスを提供しています。 アーク引越センターの口コミ 時間通りに来ていただき、作業も素早く行っていただいてとても助かりました。 大型の家具をお願いしたのですが始める前にどのようにやるのか説明していただき丁寧に運んでくれたので安心してお願いできました。 とても自分たちでは運べない物だったので、業者の方に頼んでよかったです。 引用元: 対応エリア 日本全国に200拠点 電話問い合わせ有無 あり 特徴• 実践教育を受けた自社専門スタッフのみが引越しを担当• お客様の声などを活かし独自開発したオリジナルの梱包資材が多数• 独自の引っ越しお得日カレンダーを毎月更新 お問い合わせ ハート引越センター ハート引越センターは、東京都に本社をおく引越し業者で、設立は1992年です。 これまでに紹介してきた引越し業者と比べると若い会社ですが、営業所は北海道から九州まで全国の広い範囲にあります。 さらに、引越しは国内だけでなく海外まで手掛けています。 プランは『スタンダードプラン』『エコノミープラン』『パーフェクトプラン』『エクセレントプラン』の4つがあり、任せる作業内容によって選ぶことができます。 基本的な作業内容には、家具梱包、搬出入、輸送、セッティングがあり、プランによって小物梱包・収納とハウスクリーニングが含まれます。 さらにオプションとして、インターネット回線取次、電気工事、ペットの輸送などが追加可能です。 ハート引越センターの口コミ 他の引っ越し業者よりも値段が安かったのが選んだ決め手でしたが、従業員の方々は感じが良く熱心に作業してくださったり、当日悪天候の中一生懸命作業してくださいました。 段取りも良く、とてもコスパが良いと感じました。 引用元: 対応エリア 日本全国だけでなく海外への引越しも対応可能 電話問い合わせ有無 あり 特徴• LINE査定も依頼できる、独自の家具・家電買取サービスあり• 高齢者施設への引越しにきめ細かに対応する安心プランも• 法人の事務所移転による引越しも専門スタッフが対応 お問い合わせ 日本通運 日本通運は、設立から80年以上の歴史がある大手物流業者です。 輸送関係の事業を多く手掛けており、その中に引越事業も含まれています。 そのため形式上は兼業業者といえますが、全国に37支店230店舗をもつ大規模な事業であり、引越しプランも複数あるため、サービスの豊富さは専業と同等であるといえます。 プランはシンプルな分類がされており、まず大きく単身と家族の2種類にわかれ、単身の場合は主に荷物の多さ・大きさと距離で細かくサービスを選ぶことができる一方、家族の場合は箱詰めなどの任せる作業の範囲によってサービスを選ぶことができます。 さらにオプションサービスでは、不用品の引き取りや家事手伝いのほか、エアコン工事や盗聴器・盗撮器探査といった特徴的なサービスも利用することができます。 参考: ハトのマークの引越センター 全国引越専門協同組合連合会 全国引越専門協同組合連合会が本部の『ハトのマークの引越センター』は、全国の専門業者によって構成されている組織です。 組合員は175社あり、地域に密着したサービスに力を入れています。 また、オプションサービスも豊富です。 たとえば、家電やピアノ、車などの大型の荷物の移送を行っていたり、引越し後の掃除や荷物の預かりにも対応していたりと、利用者になるべく手間がかからないような手厚いサービス内容となっています。 参考: 赤帽 赤帽は、個人事業主で構成されている組織で、引越しのほか、定期配達や大きな貨物の配達など、運送関係に広く対応しています。 赤帽での引越しの特徴は、貸し切り便で荷物の積み替えがないことや、利用者の事情に合わせた柔軟な対応などが挙げられます。 たとえば、一部の大きな荷物だけ運んでほしいという場合や、住居周辺の道が狭く荷物の運び出しが難しいという場合などです。 また、昼間は忙しいため夜間に引越しをしたい、というケースも相談を受け付けています。 参考: 番外編|引越しx不用品の買取 トレファク引越し トレファク引越しは引越し作業と一緒にいらなくなった物を買取を行ってくれるサービスです。 転居先に持っていく必要がない物を引越しと同じタイミングで楽に処分できるので非常に便利です。 プランナーが自宅に訪問し、引越しと同時に見積もりを取り、引越し当日に引き取りを行います。 そのため、不用品は引越し直前まで使用できます。 家具、家電、楽器、アウトドア用品などあらゆる品物の買取に対応しているので、一度お問い合わせしてみてはいかがでしょうか。 そのほかにも不用品を処分する方法は様々あります。 無料回収はもちろん、運がよければ買取価格がつくものもあるかもしれないので、処分方法はしっかり選ぶことをおすすめします。 不用品の様々な処分方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を合わせて読んでみてください。 引越し業者の相場を知ろう 引越し費用は時期や距離、荷物の量によって変動します。 自分の引越しのおおよその相場を知ることで、見積りを取ったときにその提示された引越し費用が適正であるかどうかがわかります。 例えば、引越し業者には引越しを専業でおこなっている業者と、兼業の業者の2種類あります。 どちらも運送業者であるという点では同じですが、兼業業者の場合は一般的な運送業務をメインで行っていて、申し込みに応じて引越しにも対応したり、会社の一部に引越し部門があったりするパターンが代表的です。 会社や事業の規模が異なるため、同じ種類の業者でも一括りにすることは難しいのですが、ノウハウの点では専業、価格を抑えるという点では兼業の業者に期待できます。 また引越し費用を安く抑えるポイントも知っておくとお得に引越しができるかもしれません! 引越し業者の最適な選び方 引越し業者はたくさん存在しているため、どういった基準で選べばいいのか迷ってしまうことがあります。 では、どういったポイントに注目していけば良いか選び方をいくつかご紹介していきます。 料金の安さで選ぶ 一番気になるのはやはりいくらで引越しができるのか?という部分ではないでしょうか。 業者により価格の差は明確に存在しているので、「とにかく安く引越しを済ませたい!」という方は選び方の重きを料金に置いて、一括見積りや業者同士の直接交渉等をうまく活用していくことをおすすめします。 オプションの豊富さで選ぶ 引越し業者ごとにあらゆるオプションサービスを用意している場合があります。 例えば、以下のようなものがあります。 エアコン取り外し・取り付け」• パソコン設定サポート• 不用品の買取• 造園サービス 他にも、荷物搬入前のハウスクリーニングや新聞手配、盗聴器発見などユニークなオプションも存在します。 ご自身の引越しの荷物や転居先の状況にあわせてオプションサービスが豊富な業者を選ぶことも考えられます。 知名度で選ぶ 引越し作業の丁寧さや実績を重視する方は知名度で選ぶことも大切です。 全国対応の大手引越し業者は作業員の研修の充実、転居先の保護などサービスが徹底しています。 安心感を求めるならこちらの選び方も大切です。 引越し業者の見積もり・手配はいつまでにすればよいですか? 引越し予定日の2ヶ月~1ヶ月前までに済ませておきましょう。 直前では予約が埋まってしまうため早めの見積りをおすすめします。 安い料金で引越ししたいのですが? 複数の業者への一括見積もりがおすすめです。 希望日に最も安い料金で引越しできる業者を簡単に見つけることができます。 詳しくは「」をご覧ください。 引越し業者の見積もりはメールでも可能ですか? 基本的にはメールまたは電話での見積もり連絡となりますが、一部の一括見積りサービスによっては電話番号の入力が不要な場合もあります。 インターネット環境も引越しに合わせて申し込みを 引越しと一緒に検討したいのがインターネット環境です。 フレッツ光は加入数1,730万回線を突破しているインターネット回線です。 ADSLよりも高速でネットサーフィンはもちろん、動画やゲームもサクサク快適に楽しむことができ、月額1,000円台からプランからのプランが用意されているため、非常にお得な料金で通信制限もないため思う存分高速インターネットを使うことができます。 引越ししてすぐにインターネットを利用したい方は事前申し込みをしておくことをおすすめします。 すでに契約している回線がある場合の解約 乗り換え 等の相談も可能で、キャッシャバックといったキャンペーンをうまく活用してお得に契約することができるため、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。 カシモWimaxもおすすめ! カシモWimaxは家でも外でもネットが使えるモバイルルーターのサービスプロバイダです。 業界最安級の月額1,380円から利用でき、端末台や初月の月額料金も無料のためお財布に優しい料金設定となっています。 3年間利用した場合、最大で約6万円もお得になります。 光回線を繋ぐまでもないがネットは不便なく使いたいという方におすすめです。 参考: まとめ 今回ご紹介した中には、名前を聞いたことがある引越し業者もあるのではないでしょうか。 しかし、名前を知っていたとしても、これまで引越しをしたことがなかったり、毎回手伝ってくれる知り合いがいたりして業者を利用したことがない場合には、名前は知っていてもどのようなサービスを提供しているのかがわからなかったりすることもあります。 それぞれの業者を比較してみると、似たようなプランを用意していても細かいサービス内容に違いがあったり、業者によってはオプションサービスが特徴的であったりすることがわかります。 自分に合いそうな業者を見つけたら、一度見積もりをとったり、詳細を問い合わせたりしてみてはいかがでしょうか。

次の

引越し業者の断り方|上手に断りを言う方法とその文句

引越し 見積もり 業者

引越しの見積もりを取るにはそれなりに時間がかかります。 新居の鍵渡しの日が分かって、引越し日を決めたらなるべく早く引越し業者から見積もりを取りましょう。 自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める 引越し業者から引越しの見積もりを取る際、引越し業者が家に来て引越し荷物となる家財を見て見積もりを出すという手法が一般的です。 この引越し業者のには、引越し業者一社に付き1時間程度の時間がかかります。 この引越し業者の、実は引越しをするすべてのユーザーに必要なわけではありません。 自分の引越しに引越し業者のが必要かどうかを見極めて、引越しの見積もりを効率よく取りましょう。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりは必要ない ワンルームにお住まいの一人暮らしで荷物が少なめのユーザーはが必要ありません。 一人暮らしのワンルームや1Kといった間取りのお部屋の場合、一般的には「20平米〜25平米」のものがほとんどです。 その生活空間にある家具、家電は引越し荷物のリストにするのも容易で、その点数も少ないでしょう。 また、一人暮らしのワンルームや1Kのお部屋から引越しをする場合、荷造りに必要なダンボールは10箱程度です。 引越しの荷物の総量がわかっていれば、は必要ありません。 引越しの最安値を引き出せるのは訪問見積もり まずは引越し業者を呼んで見積もりをしてもらいましょう。 引越しの最安値、引越しの底値を引き出したいなら引越し業者の無料サービス「」をお勧めします。 荷物の少ない単身、一人暮らしの方でもを依頼したほうが引越しの料金が安くなります。 電話の聞き取りだけで見積もりを取ると、引越し業者は実際の荷物より多めに見積もっています。 引越しの荷物を多めに見積もるということは、当然、引越しに使用するトラックも大きくなってしまいます。 引越し当日、荷物の積み残しなどが出ないようにするためです。 必要以上の大きさのトラックを使用することで、引越し料金も割高になってしまいます。 引越し業者のを利用すると、引越し荷物の総量に応じたちょうどよいサイズのトラックでの引越しが可能になります。 他にも引越し業者に訪問してもらって見積もりを出してもらうとダンボールが無料でもらえます。 これも引越し業者にをしてもらう得点です。 時間の許す限り引越し業者にを依頼して、実際に荷物を見てもらって見積もりを出してもらいましょう。 午前中に全て終わらせるつもりで見積もりの時間を調整する 引っ越し業者に見積もり依頼するときには、見積もりの時間をこちらから誘導する 引越しの見積もりは引越し業者一社につき1時間くらい時間がかかってしまいます。 大事なお休みを一日つぶしてしまうのはもったいないことです。 電話で引越し業者にを依頼するときは、見積もりの時間をこちらから誘導しましょう。 の時間は引越し業者一社につき1時間くらいずつずらして時間の調整するとスムーズに事が運びます。 うまく時間を調整すれば3時間ほどで複数の引越し業者から見積もりを取ることができます。 引越しの一括見積もりサイト「」なら、見積もりをお願いする引越し業者を自分で選ぶことができます。 引越し業者から電話をもらう時間帯や、を取る日時も指定できて、時間の節約になります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要なし 訪問見積もりに来る引越し業者の営業マンは、通常の生活空間を頭の中で荷造りしてトラックの大きさを測っています。 「引越し前だから散らかってるのは当然!」とも、考えていますから部屋を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう よくの際に半ば荷造りを始めているユーザーがいます。 見積もり前に荷造りを始めるのは無駄になってしまうことがあります。 荷造りを始めるのはサービスを依頼する引越し業者が決まって、ダンボールを貰ってからで遅くありません。 各引越し業者によって荷造りの仕方の指示に違いがあります。 タンスの中の衣類を全て出して、ダンボールに詰めるように指示してくる引越し業者もあれば、タンスの中の衣類はそのままで運ぶ引越し業者もあります。 荷造りの仕方によっては、せっかくダンボールに詰めたのにまた詰めなおさなければならないこともあるのです。 見積もりまでに荷造りはしなくてよいですが、引越しを期に捨てるようなものがあれば、見積もりの前に捨てておきましょう。 見積もりの日までに捨てておいたほうが、正確で安い見積もりが出るでしょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をする 引越し業者は訪問見積もり以降、引越し当日までユーザー宅に伺うことはありません。 伺ったとしても引越し作業員がダンボール配達に来るくらいで話をする暇などありませんし、ダンボール配達に来る引越し作業員はユーザーの引越しについて何も知りません。 基本的に引越し業者は見積もり以降、引越し当日までユーザーの家に行かないのです。 つまり、の時に引越しに関するすべての打ち合わせをしてしまうのです。 見積もりが終わって引越し業者が帰った後、引越し業者の担当営業マンに電話していろいろ聞きたくても外出しっぱなしでなかなかつかまりません。 これでは引越し当日まで不安になってしまいます。 面倒でも全ての引越し業者にのタイミングでこちらの要望をすべて言いましょう。 引越しの見積もりは引越し当日を含む引越しまでの打ち合わせでもあすのです。 引越しの見積もりは引越しまでの準備と引越し当日の打ち合わせでもある 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出す 引越しは定価がありませんから、同じユーザーに対する見積もりでも引越し業者によって引越し料金が違います。 ですから、引越し業者一社だけの見積もりでは、その引越し料金が適正な価格かわかりません。 そこで、複数の引越し業者から見積もりを取るが一般的になっているのです。 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておく 引越し業者一社に付き1時間もかかってしまうを1日のうちに4社も5社も予約するユーザーがいます。 ユーザーの引越しの見積もりをまとめて取りたいという気持ちもわかります。 しかし、結果的にはどの引越し業者も同じような引越し料金を提示して帰ることになるのです。 そこで、結果的に2番めにをした引越し業者に決めたとしたら、3番目と4番目と5番目の訪問見積もりの時間は無駄になってしまいます。 引越しというサービスでは定価がないためが必要なのですが、2社の引越し業者から見積もりをとっただけでも適正な引越し料金かを調べるというの目的は果たされています。 2社の引越し業者のうちどちらにするかよく考えて判断し、どちらの引越し業者とも納得いかないときに初めて3番めの引越し業者にの予約を入れましょう。 これで引越しのにかかる時間がかなり短縮されます。 たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなる 1日のうちに4社も5社も引越し業者のを取ると、どの見積もりがどの引越し業者だったかわからなくなってしまいます。 結果的にどの引越し業者に依頼するかの大事な判断材料が曖昧になってしまうのです。 例えば、処分品を引き取る引越し業者が3社、処分品は引き取らない引き取らない引越し業者が2社だったのに、どの引越し業者が処分品を引き取るのだっかわからなくなってしまったり、タンスの中身を出して運ぶ引越し業者と、タンスの中身が入ったまま運ぶ引越し業者があったが、どの引越し業者かわからなくなったなど、引越し業者を決めるのに大事な事柄が曖昧になってしまいます。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないことも 複数の引越し業者から一気に見積もりを取ると、引越し業者一社ごとの印象が薄れてしまいます。 引越し業者の営業マンはどの引越し業者もみんなスーツを着ていて物腰の柔らかい印象です。 に来た営業マンの印象を引越し業者別に覚えておくことだって大変なのです。 引越し当日、のときに引越し業者の営業マンが言ったこととサービスの内容が違うとユーザーが訴え、担当した営業マンが引越しの現場に駆けつけると、ユーザーが他社の営業マンと勘違いしていたことが分かったなんてことも多々あります。 は引越し当日の打ち合わせでもあるのです。 引越し業者のを複数取る場合、引越し業者一社のが終わるたびにその引越し業者に依頼するかしないかを判断し、その引越し業者には依頼しないと決めてから次の引越し業者に訪問見積もりの依頼するようにして引越しの見積もり自体にかかる時間を短縮しましょう。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることも・・・ インターネットによくある「一括見積もり」。 何かと便利そうな気がしますが、実際には「申し込んだらすぐに多数の引越し業者から電話が来て困った」という話を聞きます。 誰がいつ引っ越すかなんて、引っ越す本人と不動産屋さんくらいしか知らないのです。 その情報をインターネットから各引越し業者に流すわけですから、多くの引越し業者が電話したくなるのは無理もない話です。 引越し業者はいつも、ひたすら電話を待っているのですから。 一括見積もりを利用する際に連絡が取れる時間帯を指定するなどしておけば、ある程度効果があります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です 見積もりに来るのは営業マンです。 食い下がりますし、粘りも相当なものです。 断りを言うのもひと苦労です。 やみくもに引越し業者をたくさん見積もりに呼んでも、断るのが面倒になるだけです。 「見積もりを10件呼んでます」なんてお宅は、引越し業者の営業マンも「この引越し受けちゃまずいんじゃないか」「このお宅、クレーマーなんじゃないか」 と、疑ってしま います。 なにごともほどほどに・・・ 引越し見積もりなっとくドットコムなら、見積もりを依頼する引越し会社を数を問わず自由に選べます。 また、引越し業者から連絡を貰う時間帯を指定できますので、一括見積もりの申し込みと同時に電話が鳴りっぱなしということもありません。 まずは引越し業者に見積もりを依頼してみましょう。 中古のダンボールはもらっておく ほとんどの引越し業者は、無料で新品のダンボールを用意してくれますが、このほかにも無料で中古のダンボールを分けてくれます。 これは引越しが終わったお宅から回収したダンボールで、比較的ダメージが少ないものを選りすぐった物です。 この中古のダンボールはもらっておきましょう。 靴などのそう気にならない物を詰めるも良し。 切って、仕切りに使うも良し。 何かと重宝します。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼ぶ リサイクル法によって、家電(テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、エアコンなど)を処分するには、リサイクル料がかかってしまいます。 この処分を引越し業者にお願いすると、当たり前に料金がかかります。 そこで、リサイクル屋さんに来てもらい引き取れるかどうか聞いてみましょう。 「ただで持っていく」と言われただけでもリサイクル料が浮いたことになります。 まとめ• 引越しの見積もりではまず、自分の引越しに引越し業者の訪問見積もりが必要かを見極める必要があります。 荷物が少ないユーザーは訪問見積もりの必要はありません。 引越しに使用するトラックの適正な大きさがわかっていれば訪問見積もりは必要ありません。 引越しの最安値を引き出したいのであれば、訪問見積もりをしてもらった方が引越し料金は安くなります。 引越しの見積もりだからって部屋の中を片付ける必要はありません。 荷造りは見積もりが終わって引越し業者を決めてから始めましょう。 見積もりの時はどの業者にも引越し当日の打ち合わせのつもりで話をしましょう。 引越し業者の訪問見積もりでは一社ごとに結論を出しておいた方が• 引越し業者に訪問見積もりを予約する際、初めは2社だけにしておいて、引越し業者2社の見積もり結果を比較してみましょう。 引越し業者2社の見積もりのどちらにも納得がいかないときに別の引越し業者に訪問見積もりを依頼するように進めていくと、引越しの見積もりにかかる時間を節約できます。 一気にたくさんの引越し業者から見積もりを取ると、たくさん取った見積書がどの引越し業者のものだったか解らなくなってしまいがちです。 訪問見積もりの時に引越し当日の打ち合わせができてなくてうまくいかないこともあります。 引越しの一括見積もりは電話攻撃の的になることがあります。 見積もりに呼んだ引越し業者の数だけ断りが必要です• 訪問見積もりの時に引越し業者から中古のダンボールをもらっておくと何かと使い勝手があります。 処分品が多いときは、別に「リサイクル屋さん」を呼んで買い取りも視野に入れましょう。

次の