セーシェル 国旗。 セーシェルとは (セーシェルとは) [単語記事]

セーシェル共和国の面積、人口、首都など

セーシェル 国旗

タックスヘイブン『セーシェル諸島』を知っていますか? 「タックスヘイブンを利用するために海外に法人を設立しよう」 そう考えた時に、あなたはどこを選びますか? 世界中の国の中ではあまり有名ではないかもしれませんが、タックスヘイブン先となれば一気に認知度の上がる国、 セーシェル諸島はいかがでしょうか。 今回ご紹介するのは、タックスヘイブン地域としても人気の高いセーシェル諸島についてです。 セーシェル諸島に法人を立ち上げる前に知っておきたい 法人制度や、 法人を設立することの特徴やメリットについて、詳しくご紹介していきましょう。 インド洋の真珠『セーシェル』とは? セーシェルとは? セーシェル諸島の正式名称は 「セーシェル共和国」です。 この国はインド洋に浮かぶ島国で、その数は 115島にも及びます。 インド洋にあることで一見勘違いしてしまいがちですが、セーシェル諸島は立派な イギリス連邦加盟国でもあります。 1756年以降フランスの植民地となった時代もありましたが、 1812年にパリ条項が制定されたことにより、イギリス領の国のひとつになったのです。 セーシェル諸島には別名があるのですが、こちらは多くの方が聞いたことあるかもしれません。 その名は 「インド洋の真珠」です。 こう称されるだけの美しい景観がありますので、セーシェル諸島の主な経済事業は観光業になります。 そんな美しさからなのか、イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が、新婚旅行先にセーシェルを選んだことでも、一時期話題になりましたね。 さて、そんなインド洋に浮かぶ美しい島国・セーシェル諸島は、世界のタックスヘイブンの中でも 比較的遅い時期にオフショアサービスを開始しました。 そのためセーシェル諸島より以前からタックスヘイブンとして知られている各国や地域の 良いところが反映されていることが多く、現在厳しくなりつつある 規制にも耐えうる優秀な法制度が整備されています。 次項では、このセーシェル諸島の優れた法人制度についてご紹介していきましょう。 セーシェルの法人制度について まずセーシェルの法人制度を語る上で忘れはいけないこと、それは 2種類の法人制度があるということです。 ・セーシェル内で活動する 「国内法人」• ・セーシェル内で一切事業を行わない 「オフショア法人」 この2つです。 「セーシェル内で観光業に乗り出したい」といったような タックスヘイブンに関係なく進出をお考えなのであれば、もちろん選ぶべきは「国内法人」でしょう。 しかし タックスヘイブンを目的として設立するのであれば、「オフショア法人」を選ばなくてはいけません。 それぞれの特徴をもう少し詳しくご説明しましょう。 【国内法人】 国内法人の場合は、セーシェル内で様々な事業を展開することができます。 ちなみにあなたが経営者として個人所得を得るのであれば、 個人所得税の18. つまり国内法人は、 日本の課税率と大して変わらない税制が適用されるのです。 【オフショア法人】 タックスヘイブンを行うのであれば選んで欲しいオフショア法人ですが、先述したように セーシェル国内での一切の事業を行うことはできません。 しかしその代わりに、国内外における 決算報告申請の義務もありませんし、 法人税も0%で課税されることはありません。 また、毎年セーシェル政府認定の代行会社を通じて 政府登記税を納付すれば、オフショア法人格は保証されることになります。 それぞれの特徴を見比べてみれば、 「タックスヘイブンを利用するならオフショア法人」と言った意味がおわかり頂けるでしょう。 セーシェル法人の特徴とメリットとは? セーシェルを利用するメリットは数多く存在します。 例えば上記でも挙げたように、 オフショア法人であれば法人税は非課税です。 これはタックスヘイブンを行う最大のメリットとなるでしょう。 他にも、タックスヘイブンならではの特徴、 秘匿性と気密性の高さもあります。 会社の役員や株主の情報が第三者に公開されることはありませんし、登記情報も漏れることはありません。 それと同じく、日本ではあまり馴染みのないシステムですが、 ノミニーダイレクター(名目上の役員)とノミニーシェアホルダー(名目上の株主)の使用が可能です。 そのため、より 個人情報の漏洩といったリスクが低くなります。 また 「オフショア法人なら決算報告義務もない」と述べましたが、報告義務がないことで、帳簿や財務諸表を政府へ提出する必要もなく、経理処理の手間も省けます。 それと同時に 「会社の財務・会計書類はセーシェル領域外で保存が可能」という特徴もありますので、大事な書類を日本の親会社で保存することもできるのです。 コスト面で言えば、 登録資本金が必要ないという大きな削減ポイントがあります。 他にも 株主数は最低1人でも問題ないため人件費の節約にもなります。 ちなみにこの際の人員に居住制限はありませんので、セーシェル諸島に移住する必要もなく、日本に住んだままなることもできます。 ちなみに 無記名株式の発行も可能です。 そのため名義書き換えなどの事務処理も必要ありませんし、株主への通知を告知するだけで済みますので、経費を大きく抑えることができます。 これは 日本ならば1991年に廃止された制度ですので、どういったものかをご存知の経営者の方も多いことでしょう。 また「遠く離れた海外での設立」ということで不安に感じる方も多いかもしれませんが、セーシェル法人は、 世界中のどこからでも運営・管理ができるのです。 つまり日本にいながらでも、問題なく遠く離れたセーシェルでの会社を動かすことができます。 ちなみに海外ということで 「治安」を不安に思う方もいるでしょう。 しかしセーシェル諸島は 政治環境的にも非常に安定しており、内戦などのリスクもほとんどありません。 このように、 セーシェルの法人制度は非課税であることはもちろん、気密性や隠避性の高さ、世界中のどこからでも運営・管理ができるなど、正に タックスヘイブンであるために作られたような税制なのです。 また役員数も1人で済むこと、登記資本金がかからないことなどのコスト削減の面でも大きなメリットがありましたね。 「ノミニーダイレクター・ノミニーシェアホルダー」の使用や、日本ではもう廃止されてしまっている無記名株式の発行など、 日本にはないシステムはぜひとも利用したいところです。 日本のタックスヘイブン対策税制を良く理解しよう! 今回は セーシェル諸島での法人設立についてご紹介してきましたがいかがでしたか? セーシェル諸島の法人制度が「各国の良いとこ取り」であることがおわかり頂けたのではないかと思います。 しかし残念ながら、今回ご紹介出来なかった情報の中に 「日本のタックスヘイブン税制対策」というハードルが残っていることを忘れてはいけません。 この規制の大前提が 「ペーパーカンパニーは日本国内で合算課税される」というものですので、セーシェル諸島に設立した法人がペーパーカンパニーなのであれば、それは 日本での法人税率30%の適用対象になってしまうのです。 他にもタックスヘイブンに関する規制は数多く存在します。 もしあなたが節税目的でタックスヘイブン先に会社を設立しようとお考えなのであれば、それらの規制をしっかりと理解してから行うようにしましょう。 関連記事•

次の

世界の国々 / アフリカ / セーシェル

セーシェル 国旗

1 面積 460平方キロメートル(ほぼ種子島大,115の島から成る。 ) 2 人口 約96,762人(2018年:世銀) 3 首都 ビクトリア(マヘ島) 4 住民 クレオール(ヨーロッパ人とアフリカ人の混血)が多数 5 言語 英語,仏語,クレオール語 6 宗教 キリスト教(約90%) 7 略史 年月 略史 1756年 仏領 1814年 英領 1976年 独立(マンカム初代大統領) 1977年 クーデター,レネ首相が大統領となる 1978年 一党制宣言(セーシェル人民進歩党:SPPF) 1984年 レネ大統領再任 1989年 レネ大統領再任 1991年 複数政党制移行 1993年 第1回大統領・国民議会選挙,レネ大統領再選(SPPF政権継続) 1998年 第2回大統領・国民議会選挙,レネ大統領再選 2001年 第3回大統領選挙,レネ大統領再選 2002年 国民議会選挙(SPPF政権継続) 2004年 レネ大統領退任,ミッシェル大統領就任 2006年 第4回大統領選挙,ミッシェル大統領勝利 2007年 国民議会選挙(SPPF政権継続) 2011年5月 第5回大統領選挙,ミッシェル大統領再任 2011年10月 国民議会選挙(人民党政権) 2015年12月 第6回大統領選挙,ミッシェル大統領再任 2016年10月 ミッシェル大統領退任,フォール大統領就任 1 政体 共和制 2 元首 3 議会 一院制国民議会 4 政府 (1)首相 なし (2)外相 ヴィンセント・メリントン( Vincent Meriton)(副大統領兼任) 5 内政• (1)1976年に英国より独立し,1978年の一党制宣言以来セーシェル人民進歩党(SPPF)による独裁であったが,1991年12月複数政党制導入を決定。 1993年に行われた複数政党制導入後初の選挙ではルネ大統領が再選され,与党SPPFが圧勝した。 第2回,第3回大統領選挙でもルネ大統領が再選された。 (2)2004年,ルネ大統領は健康上の理由により任期途中で退任し,憲法の規定に従い,ミッシェル副大統領が大統領に就任した。 2006年7月に大統領選挙が実施され,ミッシェル大統領が得票率53. 73%で辛勝した。 2007年5月には国民議会選挙が実施されたが,議席数には変動なく,与党が23議席を維持した。 (3)2009年6月,与党は「人民進歩党(SPPF)」から「人民党( Parti Lepep)」に改名。 (4)2011年5月に大統領選挙が実施され,ミッシェル大統領が得票率55. 46%で再任された。 10月の国民議会選挙では与党人民党が30議席を獲得(全31議席)。 (5)2015年12月に大統領選挙が実施され,1991年の複数政党制導入以来初の決選投票の結果,ミッシェル大統領が得票率50. 15%で辛勝した。 (6)2016年10月,ミッシェル大統領は,同年4月の憲法改正により大統領及び副大統領が連続して務められる任期が3期から2期になったことを理由に任期途中で退任し,憲法の規定に従い,フォール副大統領が新大統領に就任した。 2016年の議会選挙以降,議会の半数を野党が占めている「ねじれ現象」起きており,新たな閣僚を任命できないため,大統領及び副大統領が多くの閣僚職を兼務している。 (7)2018年11月,与党「人民党」は「セーシェル連合( United Seychelles)」に改名。 1 外交基本方針• (1)小島嶼国であるセーシェルは全方位外交を展開しており,歴史的に関係の深い欧州諸国に加え,中東,アフリカ,アジアとも関係を強化。 南部アフリカ開発共同体(SADC),環インド洋連合(IORA),インド洋委員会(IOC)等の地域的枠組みにも加盟。 (2)2003年,財政的な理由により,6か国にあった在外公館の半分(英国,マレーシア,南アフリカ)を閉鎖したが,経済回復に伴い,2007年,南アフリカ,イタリア,中国(日本を兼轄)に公館を開設し,2010年に在英国大使館を再開させた。 現在は,英,仏,中,印,米,ベルギー,キューバ,エチオピア,南アフリカ,スリランカ,スイス,アラブ首長国連邦に在外公館を有している。 (3)2015年3月にWTO加入議定書を締結,同年4月にWTOに正式加入。 2 軍事力 (1)兵役 18歳から可能。 徴兵制なし。 (2)兵力 総兵力420人(陸軍200人,沿岸警備隊200人,空軍20人)(2018年ミリタリーバランス) 1 主要産業 観光業,漁業(まぐろ),農業(ココナツ,シナモン,バニラ) 2 GDP 15. 9億米ドル(2018年:世銀) 3 一人当たりGNI 15,600米ドル(2018年:世銀) 4 経済成長率 3. 6%(2018年:世銀) 5 インフレ率 4. 1%(2018年:世銀) 6 失業率 3. 5%(2018年:世銀) 7 貿易(2018年,世銀) (1)輸出 573百万ドル (2)輸入 1,284百万ドル 8 主要貿易品目(2017年:世銀) (1)輸出 マグロ缶詰,石油,タバコ等 (2)輸入 船舶関連,石油,冷凍マグロ等 9 主要貿易相手国(2017年:世銀) (1)輸出 アラブ首長国連邦,フランス,イギリス,イタリア,オランダ (2)輸入 アラブ首長国連邦,スペイン,フランス,中国,南アフリカ 10 通貨 セーシェル・ルピー(SCR) 11 為替レート 1ドル=13. 65SCR(2017年:世銀) 12 経済概況 セーシェル経済は観光業に依存。 また,漁業も大きな外貨収入源となっており,同国経済多角化の柱となっている。 1 日本の経済協力概況 セーシェルの1人あたりのGNIはアフリカ諸国において群を抜いて高く,2018年1月にDACリストからも卒業したものの,小島嶼国特有の脆弱性を有しており,経済的・社会的に支援を必要とする状況が認められることから,引き続き支援を実施。 近年では,薬物犯罪取締や海賊対策等に係る課題別研修及び気候変動・防災対策に係る技術協力を中心とした支援を実施しているほか,海上保安能力向上に係る無償資金協力(供与額8億円)を実施。 2 日本の援助実績(単位:億円)• 29億円• (3)技術協力(2017年度まで,JICAベース)19. 35億円 3 主要援助国(2017年OECD,単位 百万ドル) (1)EU(5. 950)(2)アラブ首長国連邦(5. 681)(3)日本(3. 233)(4)フランス(2. 574) 1 政治関係 1976年6月29日 独立と同時に承認(在ケニア大兼轄) 1984年 駐日セーシェル大使任命(本国常駐) 1998年2月 駐日セーシェル大使任命(マレーシア常駐) 2003年10月 在マレーシア・セーシェル大使館を財政事情により閉鎖 2007年5月 在中国・セーシェル大使館開設(日本を兼轄) 2008年4月 駐日セーシェル大使任命(中国常駐) 2009年3月 在京セーシェル名誉総領事館開設 2019年1月 在セーシェル大使館(兼勤駐在官事務所)開設 2 経済関係 (1)日本の対セーシェル貿易(2019年累計,財務省貿易統計) (ア)貿易 輸出 12. 8億円 輸入 82. 4億円 (イ)主要品目 輸出 自動車等輸送機械,機械製品等 輸入 冷凍魚等 (2)日本からの直接投資 なし 3 文化関係 (1)文化無償協力 協力内容 金額 視聴覚用教育機材 25百万円(1981年度) テレビ放送用機材 26百万円(1983年度) 印刷機材 26百万円(1985年度) 楽器 18百万円(1987年度) テレビ番組製作機材 34百万円(1988年度) 視聴覚機材 45百万円(1990年度) (2)国際交流基金 セーシェル教育文化省国立芸術学校への図書寄贈(1998年度) 4 在留邦人数 12人(2018年6月現在) 5 在日当該国人数 4人(2017年6月)(法務省入国管理局) 6 要人往来 (1)往 年月 要人名 1976年 早川崇議員(独立式典特派大使) 1985年 糸山英太郎衆議院議員 1994年 原田昇左右衆議院議員 2001年8月 渡部衆議院副議長他 2006年7月 日AU議連(村田吉隆衆議院議員が団長) 2009年2月 矢野哲朗参議院議員 2010年9月 西村康稔衆議院議員 2015年8月 城内外務副大臣 2018年8月 佐藤外務副大臣 (2)来 年月 要人名 1982年 フェラリ計画開発相 1984年 オドゥル国家開発相 1985年 ギ・モレール大蔵相(万博賓客) 1986年 ベルモン労働社会保障相 1987年 アダム運輸・観光相 1989年 オドゥル国家計画相(大喪の礼参列) 1990年7月 ルネ大統領(花博賓客) 1990年11月 ドゥ・サンジョール計画・対外関係相(即位の礼参列) 1993年10月 ドゥ・サンジョール外務・計画・環境相(TICAD I) 1995年12月 ドゥ・サンジョール外務・計画・環境相 1996年11月 ドゥ・サンジョール外務・計画・環境相 1998年8月 ロナルド・ジュモ農業・海洋資源相 1998年10月 ボンレム外相(TICAD II) 2001年12月 ボンレム外相(TICAD 閣僚レベル会合) 2003年9月 ボンレム外相(TICAD III) 2008年5月 ミッシェル大統領,ピレー外務国際協力相(TICAD IV) 2009年4月 ミッシェル大統領(実務訪問賓客) 2011年2月 シノン投資・産業・天然資源相(海外漁業協力財団による招へい) 2012年10月 ララン外務次官(戦略的実務者招へい) 2013年6月 ミッシェル大統領,アダム外相(TICAD V) 2013年11月 フォール外務省付国務長官(戦略的実務者招へい) 2014年11月 モンドン教育相(持続可能な開発のための教育(ESD)ユネスコ世界会議) 2015年3月 ディディエール環境・エネルギー・気候変動相(第3回国連防災世界会議) 2018年12月 ヴィンセント・メリトン副大統領兼外相(外務省招聘) 2019年8月 ダニー・フォール大統領(TICAD7) 2019年10月 ヴィンセント・メリトン副大統領兼外相(即位の礼) 7 外交使節 (1)当該国駐箚日本国大使 堀江 良一 特命全権大使(ケニア駐在)(信任状未捧呈) (2)本邦駐箚セーシェル共和国大使 ビビアン・シーモン・フォック=ターヴェ 特命全権大使(中国駐在)(2018年7月信任状捧呈).

次の

セーシェルの国旗

セーシェル 国旗

感性の評価は、自己を規準とした相対的なものです。 大事なのは、どんな人がそれを述べたのか、です。 小学生と、トップデザイナーでは、意味がまるで違います。 言葉の意味を人や状況の大枠から判断するのが、「感性」です。 もちろん、此処で顔の見えない誰かに尋ねるのもまた、意味の無い事です。 あなたの常識は、誰かが決める物ではありません。 ひとつひとつの言葉の意味や価値から、あなたが総合的に漠然と判断するものです。 それはカラフルなビー玉をたくさん集め、一度に床に撒き、「床が何色に見えるか」と問うような物です。 ビー玉は小さくても色鮮やかな物もあれば、大きいだけで色の付いてない物もあるのです。 他人の言っている事の真偽はいつも曖昧ですが、自分は「ださくない」と思っている【それだけは間違いなく真実です】。 そちらから意味を考えて辿った方が、価値観や感性の正しさを知る手がかりが探せると思いますよ。 = = = = 私はセーシェルの国旗も国章も、ださいとは感じません。 ただ国旗の方はなんというか…インパクトがあります。 そう、インパクトです!(笑) 国旗の中ではあまり目にしないデザインですが、調べればごく近年に制定され、傾斜した五放射は「前進」をイメージしたとあり、現代美術のデザインセンスだと分かります。 他は制定されて何百年と経っている古い物が多いですから、その中に在って浮いて見えても当然でしょう。 つまり「センスが違う」のです。 そうした「一般常識との相対性」が、感性の判断の正体です。 私がインパクトと呼んだのは、感性が見つけた【違和感】です。 でもそれが何かまでは心は教えてくれませんから、こうしてきちんと周辺の意味を調べる事が大事なのです。 私の感性はそれを「ユニーク」と答えています。 近代感覚が特徴的です。 「ださい」、「面白い」、「ユニーク」、「新しい」、「奇抜な」、「洗練された」、「モダンな」…感性からの答えは幾らでもあり、どれを感じて選ぶかがその人の感性です。 良く知らないものを「ださい」と自分のセンスだけで量って述べてしまうのは、つまらない主観です。 あなたも自分の感性を、小さな主観に閉じ込めないで。 世界を知れば知るほどに、それは豊かに変化するものです。 「今日の自分はそう感じてる。 でも明日の感じ方は判らない」 それが感性です。

次の