糖尿病 便器 カビ。 尿の臭いを消す方法【家庭で簡単にできるコツをプロが紹介】

糖尿病旦那が糖尿病なんですがトイレでおしっこをする時に座ってする人なん...

糖尿病 便器 カビ

トイレの汚れと落とし方の基礎知識 トイレの汚れは、種類によって洗剤や掃除方法を使い分けることで、以前よりも少ない労力でキレイにすることができるでしょう。 まず、トイレにはどんな汚れがあるのか把握しましょう。 汚れには酸性のものとアルカリ性のものがあります。 酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、アルカリ性の汚れには酸性の洗剤を使うことで、汚れを中和して落とすことができます。 それでは、汚れの種類と効果的な落とし方をご説明します。 尿石 尿石は尿に含まれるカルシウムによって便器や配管にこびり付く頑固な汚れです。 尿石もトイレの臭いの原因になります。 放置すればするほど落としにくくなるので、なるべく早めに対処しましょう。 尿石はアルカリ性の汚れなので、クエン酸などの酸性の洗剤が効果的です。 クエン酸スプレー(水100mlにクエン酸小さじ1杯を混ぜたもの)をかけて、数十分ほど経ってからブラシでこすり洗いしましょう。 黄ばみ 黄ばみの原因は二つあります。 一つは、尿石によるもの、もう一つは、壁や床に飛散した尿の色素沈着によるものです。 尿に含まれるアンモニアは臭いの原因にもなります。 壁や床に飛散した尿は弱酸性のため、洗剤の液性(酸性・アルカリ性・中性などの違い)はあまり関係ありません。 材質に優しく、消臭・除菌効果のある中性洗剤を使って、尿の色素沈着はキレイに拭き取れます。 黒ずみ 黒ずみの原因は黒カビによるものです。 酸性の汚れなので、重曹などのアルカリ性の洗剤を使うと効果的です。 黒ずみ部分に重曹スプレー(ぬるま湯100mlに重曹小さじ1杯を入れたもの)をかけて、5分ほど経ってからブラシでこすり洗いしましょう。 カビは根を持つため、一度キレイになっても根が残っているとまた黒ずみ汚れが目立つようになってしまいます。 しっかりとこすり洗いをしましょう。 長年放置して、深く根を張ってしまった頑固な黒ずみ汚れには、アルカリ性の塩素系洗剤を塗布しましょう。 数十分放置して水で洗い流せばキレイに汚れが落ちて、除菌もできます。 トイレ掃除に使う洗剤 トイレ掃除に使う洗剤について、性質別にその特徴をまとめてみました。 汚れの種類に合わせて使い分けましょう。 中性洗剤 中性洗剤は洗浄力が弱いですが、酸性やアルカリ性の洗剤に比べて床や壁紙などを痛める可能性が低いです。 酸性やアルカリ性の強力な洗剤は、塗装面を剥がしたり変色させたりする場合もあるので注意が必要です。 頑固な汚れになる前の普段のお手入れや、痛みやすい材質の掃除には中性洗剤を使用しましょう。 クエン酸(酸性) クエン酸は酸性なので、尿石のようなアルカリ性の汚れに対して効果的です。 さらに、クエン酸は除菌・抗菌効果があります。 クエン酸は料理などにも使われているため、万が一目や口に入っても安心です。 小さなお子さんのいる家庭でも安心して使用できますね。 (料理用と掃除用では、製造工場での安全基準や管理体制が異なるので、料理用を掃除に使うことはできますが、その逆はできません。 ) 重曹(アルカリ性) 重曹は弱アルカリ性なので、黒ずみのような酸性の汚れに対して効果的です。 また、重曹は臭いの元となる物質を中和する消臭効果もあります。 クエン酸と同様に重曹は料理などにも使われるので、万が一目や口に入っても安心ですね。 塩素系洗剤(強アルカリ性) 塩素系洗剤は次亜塩素酸ナトリウムを主成分としたアルカリ性の洗剤です。 強い除菌・消臭効果があり、ノロウイルスの消毒にも有効です。 しかし、直接皮膚に触れると炎症を引き起こすことがあるので、使用時にはゴム手袋やマスクを着用してください。 また、酸性系洗剤やクエン酸と混ざると、有害なガスが発生するので、他の洗剤と混ぜて使用することは絶対に避けてください。 使用する場合は十分に注意しましょう。 トイレ掃除のしかた それでは、具体的な掃除の手順と場所別の洗浄方法をご説明します。 トイレ掃除の手順 最初に掃除用具をすべて用意しましょう。 汚れ別に適した洗剤とブラシや雑巾(もしくは、拭き取りクリーナー)を揃え、必要に応じて手袋やマスクを着用します。 次にマットや便座カバーを外し、消臭剤や小物類もトイレの外に出しておきます。 準備が終わったら、場所別にトイレ掃除をはじめましょう。 せっかくなので、トイレの外に出したマットや便座カバーも洗ってしまいましょう。 マットや便座カバーがトイレの臭いの原因になっている場合もあります。 飛散した尿が染み込んで、菌が繁殖しやすいからです。 洗濯機でも洗えますが、抵抗があれば、最初にバケツでつけおき洗いをしてから、すすぎと脱水だけ洗濯機を使うのもおすすめです。 場所別の掃除方法 フタ・便器 フタや便器の掃除は、汚れの種類に合わせて黒ずみには重曹、尿石にはクエン酸を使います。 あまり汚れていなければ、中性洗剤だけで十分です。 便器の縁などはブラシが届きづらく、掃除しにくいですよね。 洗剤を塗布しようとしても、すぐに下方向に流れていってしまうので、洗剤だけで汚れを中和・分解させることも難しいです。 そんなときは、トイレットペーパーを淵に押し込んで、そこに向けて重曹水やクエン酸水をスプレーしましょう。 トイレットペーパーが洗剤液を吸収して、長時間塗布することができます。 しばらく放置して汚れを中和し、浮かび上がらせてから、ブラシでこすり洗いしましょう。 また、便器の縁や溝など大きなブラシが届きにくい場所は、古くなった歯ブラシを使えば磨きやすいですよ。 タンクの中 タンクの中は普段見えないので、気づかないうちに汚れが広がっている場合があります。 黒ずみ汚れがある場合には重曹水などのアルカリ性の洗剤で、そうでない場合は中性洗剤で洗浄しましょう。 まずはタンクに流れる水の元栓を閉めてから、タンク内の水を流して空にします。 タンク内は洗剤をつけてブラシでこすり洗いします。 洗い終わったら、元栓を開けて、水を流してすすぎましょう。 壁・床 トイレの壁や床には飛散した尿による汚れがついています。 放置しておくと黄ばみや臭いの原因になるため、中性洗剤をつけた雑巾で拭き取りましょう。 市販の拭き取りクリーナーの中にはトイレに流せるタイプの商品もあります。 洗剤や雑巾を用意することなく手軽に使用でき、使い捨てなので衛生的です。 お掃除のポイントは、汚れやすい部分を重点的に拭き取ることです。 壁は腰よりも低い位置、床は便器近くが汚れやすい部分です。 温水洗浄便座 温水洗浄便座は、便器と便座の接続部分の汚れが目に見えないため、放置してしまいがちです。 接続部分の汚れを取るには温水洗浄便座を取り外してから行いましょう。 取扱説明書を見ると意外と簡単に取り外すことができます。 (機種によっては、簡単に外れない場合もあります。 )定期的に便座を外して掃除をしましょう。 汚れの種類に合わせて黒ずみには重曹、尿石にはクエン酸を使います。 あまり汚れていなければ、中性洗剤だけで十分です。 温水洗浄ノズルも掃除します。 機種によってはボタン一つで洗浄することができます。 洗浄機能がない場合は、水か中性洗剤をつけた布やトイレットペーパーで軽く拭き取りましょう。 力を入れすぎて、ノズルを折らないように注意してください。 臭いを防ぐには トイレの臭いを防ぐには、臭いの元となる汚れを取り除くことが必要です。 臭いの原因は黄ばみや尿石です。 定期的にお手入れをすることで、汚れが付着しにくくなります。 日頃のお掃除で汚れと臭いを予防しましょう。 臭いの対処としては、消臭剤も有効です。 最近の消臭剤は臭いを香りで隠すのではなく、分解・消臭するタイプもあります。 市販の消臭剤以外にも、消臭効果のある重曹を消臭剤として使用することができます。 ビンやプラスチック容器に100グラム程の重曹を入れて、市販の消臭剤のようにトイレに置いておくだけです。 数週間経って消臭効果がなくなったら便器やタンクの洗浄に使いましょう。 ずっとお掃除をしていなかった床や壁紙、便器や配管などは汚れが落ちにくい場合もあります。 そういう時には掃除のプロフェッショナルに頼んでみるという方法もあります。 お掃除のプロは汚れについて詳しいだけでなく、プロ用の洗剤などを使ってきれいに仕上げてくれます。 普段のお手入れ トイレの汚れを長年放置していると、汚れが沈着し、落とすことが難しくなります。 頑固な汚れになる前に普段からお手入れすることが重要です。 以下の3つのお掃除は数分でできるので、気づいたら実施してみてください!• 汚れが目立つ前から、床や壁に飛散した尿の拭き取り掃除• クエン酸スプレーや重曹スプレーを用意しておいて、便器に吹きかけ掃除• タンク内は、市販のタブレットタイプの洗浄剤や重曹を溶かし入れて簡易洗浄 トイレは、部位と汚れに合わせて適切な洗剤を使うことで、簡単にしっかり掃除をすることができます。 ただし、長年放置された頑固な汚れを落とすには時間がかかる場合もあります。 もしも頑固な汚れがある場合は、しっかりと時間をかけて掃除してみてください。 その後は普段のお手入れをするだけで、汚れが付着しにくくなります。 定期的なしっかり掃除と普段のお手入れを組み合わせて、少ない労力でキレイなトイレを維持しましょう。

次の

トイレ便器の配管が何回もすぐに詰まる原因の予防対策

糖尿病 便器 カビ

もしかしたら糖尿病になっちゃったかも?、会社の定期健康診断で血糖値が高いと言われたので不安だ・・・という場合の自覚症状から見た、糖尿病セルフチェックの項目をまとめてみました。 糖尿病になっているのかどうか、合併症による兆候(予兆)から自分でチェックしてみましょう。 気づかないうちに重度の糖尿病に進行してしまう・・・そんな事のないように、手軽に自己管理でできる糖尿病診断(セルフチェック)です。 項に該当する場合は、糖尿病がかなり進行している可能性があります。 すぐに医療機関へ行き、検診を受けてください。 何科にかかればよいのか迷ったら内科です、大病院では内分泌代謝内科・糖尿病内分泌代謝科などと表示されています。 糖尿病・生活習慣病の専門の医院も増えてきました。 また、糖尿病は血糖値が高くても無症状の事が多く、上記の症状はむしろ糖尿病のかなり進んだ時期にみられます。 該当症状がなくても定期健診をしっかり受けておきましょう。 項: 血液中の高濃度の糖分が排出される過程で大量の水分が失われます。 そのため脱水症状で、たちくらみ、倦怠感、脱力感などを起こします。 また、血液中の塩分・ミネラルが水分とともに奪われ、濃度が低くなったために筋肉が痙攣することで、こむらがえりやふくらはぎがつったりします。 ちゃびんの場合は、夜中のこむらがえりがミネラル不足だと思いスポーツ飲料を飲みすぎて糖尿病を悪化させていたようです。 抹消神経障害から、膀胱に尿がたまっても尿意を感じない、たまった尿のせいで下腹部がふくらむ(糖尿病性無力性膀胱)、もらしてしまったり(失禁)、残尿感があるなども症状として現れることがあります。 尿中に糖分が出ている場合は、尿が泡立ちます。 ズボンの裾や靴に白い粉状の飛び散りが見られたら糖が出ている証拠です。 (血糖値は正常レベルにあるのに尿糖が排泄される「じん性糖尿」という状態もありますが、これは糖尿病ではありません) このような自覚があるような状態では、1日に2リットル以上の尿が排泄されます。 そのため頻繁にトイレに行き、失われた水分を取り戻そうとして、異常にのどが渇き、大量に水を飲まなければならなくなるのです。 この状態ならただちに医師の診断を受けたほうがよいでしょう。 項: 糖尿病など慢性病になっている方は、体の免疫力が低下し抵抗力が弱っているので、細菌が侵入しやすい体質になってしまいます。 水虫をはじめ細菌を退治するのは、通常の健康体にときよりも大変で、治りづらくなり、時間もかかります。 また、表皮でカンジダ菌やカビが繁殖しやすくなっていきます。 そのために、かゆみが止まらなくなったり、湿疹やおでき、あせも、水虫などできやすくなったりします。 また、体の治癒力が弱まっているので、ちょっとした傷から細菌が感染しやすくなり治りにくくなり危険な状況にあることもあります。 陰部にカンジダ菌が繁殖し、がまんできないかゆみに襲われ、かき壊して大変な思いをされた方も多いようです。 抹消神経障害で痛みに鈍感になっていると、傷に気づかず、そこから細菌が入り込みます。 細菌に感染してしまうと、動脈硬化で血管が細くなっているので血液の流れも悪く、なかなか治りません。 口腔内でも同様で、糖尿病と歯周病はセットとでもいえるような関係です、歯周病は糖尿病の合併症のひとつと考えるべきでしょう。 歯周炎があると血糖コントロールが難しくなって、更に糖尿病を進行させる悪化スパイラルに陥ることも分ってきました。 糖尿病により、体内に侵入する微生物や体内の腫瘍細胞を排除する働きが低下すると風邪をひきやすくなったり感染症が治りにくくなっていると考えられます。 12項 軽い運動でふくらはぎがつる、平地でもつまずくといった症状は、いずれも末梢神経障害が理由で、下肢の末梢神経が鈍ってきたために起こるものです。 また、通常の感覚のほかに、熱さ、痛みなどに対する感覚も非常に鈍ってきます。 また、腸を支配する自律神経に障害が起こると、腸の運動が弱くなり、便秘や下痢を繰り返すようになります。 さらに、自律神経の障害では、食事中や夜間就寝時に異常に汗をかいたり、胸や背中などの体の一部分だけに汗をかいたりもします。 項 糖尿病では、糖の正常な代謝ができず、エネルギー源として脂肪を使うようになりますので、大幅にやせてくることが多いのが特徴です。 食べても食べても、どんどんやせて、1~2ヶ月で10キロも減ることもあります。 糖尿病が進行し、頻繁に肝臓がケトン体をつくるようになると(糖尿病性ケトアシドーシス)、体臭はリンゴの腐ったような甘酸っぱい臭いがします。 また口臭もケトン臭と歯周病により強くなります。 項 高血糖や低血糖になると光の屈折率が変化して目がかすみます。 治療により血糖値が下がる時期にも目がかすむことがありますが、網膜に異常がなければ、これは一時的でそのうちに改善されます。 また、ドライアイになって角膜が傷ついたり、涙目になったりします。 炎症を起こしやすいのでコンタクトレンズは注意が必要です。 糖尿病合併症である糖尿性網膜症(眼底出血)は成人の失明原因の1位を占めています。 また、一度落ちた視力は糖尿病そのものが改善されても戻らないことが多いので 早期発見が何より大事といえます。 自分でできる尿糖チェクと検査キットは、.

次の

マンションの床にカビが!退去時に費用はかかる?

糖尿病 便器 カビ

糖尿病 旦那が糖尿病なんですがトイレでおしっこをする時に座ってする人なんですがトイレ掃除を少しさぼると便器のちょうど正面部分に黒いカビみたいなのがついてます …旦那に言うと糖尿とは関係ない!と言われましたが関係ないんでしょうか?ちなみに旦那と暮らす前は1度もそんなのは見たことがありません。 今住んでいる家の他に、前に同棲してた家のトイレでも同じ現象がありました。 あれはカビ?便器にカビってつきますか?ちなみにトイレ掃除をサボってしまう期間は3~4日です。 補足旦那の血糖値は最悪です…平均500くらいです。 インスリンうってますが食事制限はまったくと言っていい程していません。 また食事制限に関しては大喧嘩になる程、改善を進めてきましたが無駄でしたので食事制限などの意見や批判などは無しでお願いします。 糖尿によるカビとかヨゴレ、糖尿による奥さまのトイレ掃除の負担など、旦那さんの言うように全く関係ないでしょうね。 それが仮にそうだとしたら旦那さんを責めるんでしょうかね?旦那さんに奥さまは、諦めていてもう協力する気はないなら、はっきりいって言わなくても良いこと、どうでもよい事ではないですかね。 ただ、病気のせいでトイレが汚れるみたいな思いやりのない言葉、私なら言えませんし、もしかしたら逆に傷ついたのかもしれませんね。 強い男ほど案外弱い部分もあるし、けっこう気にするタイプもいると思いますよ。 逆ギレとかしてすぐ怒っちゃいますよね。 ちなみにうちの旦那(糖尿ではないですが)も座ってするタイプですが、トイレの前は汚れませんし、男は角度的に前に飛ばない、みたいですよ。 まあ、そんな事よりも、食事制限しないと、将来大変な事になりますよね。 女性なら自分が料理作れますけどね。 男性の場合、本人がどうにかして改善するというより、奥さまが糖質制限食を作らないと話になりませんしね。 たくさん本も出てますから、ハンバーグやカレーでもステーキでも唐揚げでも、わりと何でも食べれますし、美味しく作って、これ糖質制限食?ってわからないくらいに、これ作ったから食べなさい、みたいにあえて言わなくても食べさせてみては? 今の糖尿病食は、質素な精進料理みたいなものではないですからね。 糖質ゼロの調味料もたくさんありますし。 工夫次第で美味しく豪華に出来ますし、お酒もおやつも食べれます。 糖質ゼロのスイーツの本もありますよね。 ごめんなさい、もし長年連れ添ってらっしゃるご夫婦に対してだったら、そんな事は言わなくてもわかってるわ、って感じだし、説教のようで誠に恐縮ですが、すみません。。 インスリン打っているという事ですが、打てば食生活はなんでもいいってもんではないですから、ちゃんと血糖コントロールしてない人は、残念ながら誰もが理想とする死に方、スーッと眠るように亡くなるとか、ぽっくり、コロッとは死ねません。 失明したり、足も切断とか、何も自分の事が出来なくなり、痴呆になって何もわからなくなり、車椅子で注射も嫌がったり暴れたり、そのような人は少なくないみたいですし、そうなると家族に多大な迷惑をかけてしまいますよね。 ご本人はきっともう色々言われるのが嫌なんでしょうね。 意地でも誰にも迷惑などかけない!って思ってるんでしょうね。 言っても無駄で喧嘩になるなら、何も言わずに奥さまも美味しく糖質制限食のお料理を作ってあげたらよいのでは?自分も同じもの食べれば良いのでは。 トイレの汚れについての主婦としての答えは、せっせとお掃除しかないのかと。。 洗剤で「スクラビングバブル」のトイレクリーナーはオススメで、愛用してます。 縁うらのバイ菌をこすらずに落とす、というやつで、たまにくるっとかけておくだけで毎日ピカピカです。 同じスクラビングバブルのシリーズで使ったことあるのは「トイレスタンプ」という商品で、ジェルをぷにゅっと便器にはりつけて、ジェルが流すたびにトイレをきれいにしますのでツルツル、ピカピカです。 まあ、トイレをどうこうは、掃除したら済みますので頑張って下さいね、としか言えないというか。 うちも身内に糖尿のものがいますが、うちのトイレはそのようにはならないし、たぶん糖尿のせいではないと思いますけどね。 今はたまに普通食も食べますし糖質制限は思いきり厳しくしてませんが、血糖値が落ち着くまではそれはそれは努力しましたし、倒れたり教育入院も何度かしています。 インスリンは自己投与して病気とうまく付き合ってます。 批判は無しでお願いします、って事ですが、批判というより奥さまが困ると将来可哀想なのでアドバイスしました。 うちの旦那の母が糖尿なんで、立場は少しはわかるつもりです。 だから母のワガママにめっちゃ腹立つ時もあります、私も。 ストレスになりますよね。 ちなみに母の糖尿病歴は40年です、私が旦那と結婚する前からとっくに糖尿、そしてもちろん、まだ続きます。。。 でも、奥さまがそれでいいならそのままどうぞ、トイレ掃除頑張って、ってしか言えませんしね。 それに糖尿うんぬんより、トイレ掃除についてだけ質問したら批判は聞かずに済むし奥さまにとってよかったかもしれませんね。 ちなみに、うちはトイレ掃除そんなにしなくてもトイレがトイレを自分で毎回洗うという、Panasonicの「洗うーの」というトイレで、2ヶ月に一度のトイレ掃除でOKというような謳い文句の商品です。 実際、トイレはいつもピカピカですョ。 トイレの汚れ、どうしても嫌なら、トイレを買い換えてみるのも手ですね。 トイレ掃除頑張って下さいね。 長くなり、すみません。 もし設定温度が高い場合、中くらいに下げて、カビが少し残っているといつまでも増殖するというのもあるかもしれませんので、カビキラーで徹底除去したら減ってくるのでは。 スクラビングバブルもカビキラーですから、効きますよ。 あと、トイレ掃除について、病気ヘルスケアのカテゴリーで質問するあなたも、糖尿病で苦しんでる人や、真面目に病気と向き合い、糖質制限食を作っている方にもものすごく失礼ですから、質問しといて批判は無しで、というのはおかしな話になりますよ。 実際私もストレスだけど、嫌でたまらない時も、頑張って作っているし、病院にも毎回付き添ってます。 嬉しくて誰もやってませんし努力してます。 だから質問じたい不愉快ですし、はっきりいって愛情あれば、黙ってでもどんな方法でも食事頑張って作れますし、慣れたら自分も楽になれるんですよね。 やる気ないならいっそ離婚されてはどうでしょうか。 それが一番かも。 糖尿病の人のオシッコはバイ菌が繁殖する、みたいなバカな質問はやめたほうが良いですよ。 もしかしたら、あなたやお子さんが汚してしまってるという可能性もありますから。 病人がバイ菌、悪者みたいには言うものではありませんし。 子供は大人より飛ばしますから汚します。

次の