ランダム な ハード ウェア アドレス。 ランサムウェアはマルウェアと何が違うのか?

iPhone/iPadでのMACアドレスの確認方法

ランダム な ハード ウェア アドレス

ハードウェアウォレットとは?• ハードウェアウォレットの仕組み ハードウェアウォレットの仕組み ビットコインってハードウェアウォレットの中に入っているんでしょ?と思っていませんか?実は ハードウェアウォレットの中にビットコインは入っていません。 ビットコインは、各ハードウェアウォレットのビットコインウォレットの送金用アドレスと、ハードウェアウォレット本体の秘密キーがあって初めてデータとして認識されます。 パソコンのアプリのビットコインウォレット自体にビットコインが入っているというわけではなく、アプリと本体の秘密キーがあって初めてビットコインの存在するデータにアクセスできるという形になります。 そのため、ハードウェアウォレットはアプリを開いても、本体を接続してPINコードを入力しない限り、ハードウェアウォレットの中身にはアクセスできない仕様になっています。 恐らく多くの方がイメージしているのが、ハードウェアウォレット本体に、ビットコインのデータが写真データをスマホやUSBなどのデータをいれるようなイメージで保存されていると思っているかと思うのですが、実際は違います。 USBを繋ぐハードウェアウォレット本体にはビットコイン自体がはいっているのではなく、 ビットコインにアクセスできる秘密キーが暗号化されたデータとして存在しています。 ハードウェアウォレット本体自体はUSBメモリとは違うため、ビットコインなどの仮想通貨が直接保存されているわけではないのです。 そのためウィンドウズのパソコンでよくある、USB接続メモリの安全な取り出しといった作業は必要なく、本体は気軽に抜き差ししても大丈夫です。 ハードウェアウォレットにはビットコインそのものではなく秘密キーが入っている ビットコインの送受金にはビットコインのアドレス(公開キー=長い文字列のウォレットID)と秘密キーが一致しないと送れない仕様になっています。 そのため、秘密キー自体をハードウェアウォレット自体に保管して、物理的にインターネットの通信環境から普段切り離しておくことができるのが、このハードウェアウォレットの存在意義です。 秘密キーは初期化すればLedgerでもTREZORでも新しい秘密キーがその都度生成されます。 取引所には秘密キーがあります。 秘密キーがあるから取引所から送金ができるようになっていますが、私たちは取引所の自分の口座の秘密キーを知ることはできません。 取引所の仮想通貨は自分のものではない? こちらはコインチェックのライトコイン送金時のトランザクションです。 取引所のトランザクションを見るとわかりますが、一つのアドレスで大量の仮想通貨を保有しています。 こちらはわかりやすいライトコインの取引履歴ですが、取引所に仮想通貨を置いておくということは、このコインチェックの公開アドレスの一部であるということです。 そのためこの取引所のアカウントが狙われて全部盗まれてしまったら、あなたの仮想通貨というもの自体が存在しないということになります。 取引所の管理画面では自分の購入した仮想通貨の保有数は確認できますが、管理されている実体は、多くの資産を保有するアドレスの一部にすぎないのです。 取引所は送金前の状態では一人一人のために公開キーを細かく振り分けて用意をしていません。 取引所から送金して着金して初めてあなたの公開キーが有効となり、あなたの取引所の資産が本当の意味であなたのものになります。 ハードウェアウォレットの仕組みを理解していないとビットコインを盗まれる? ハードウェアウォレットの仕組みで大事なのは、秘密キーの理解です。 LedgerもTREZORもKeepkeyもそうですが、24の単語がリカバリーフレーズという秘密キーとなっています。 この秘密キー自体もハードウェアウォレットの中でさらに暗号化されています。 この秘密キーが万が一でも他人と同じものになるということはあり得ません。 なので、 秘密キーはあなただけのものです。 そしてこの秘密キーと公開キーをあなたがペアで所有することで、はじめてビットコインがあなたの管理下におかれます。 (その他の仮想通貨も同じ) ハードウェアウォレットを無くしても、秘密キーさえあれば大丈夫というのはこの理屈です。 大事なのはハードウェアウォレット本体そのものよりも秘密キーなのです。 ここをきちんと理解できていないと、他人に秘密キーを盗まれ、仮想通貨資産を盗まれたり、他人に騙されて盗まれる危険があります。 ハードウェアウォレットに入れていたのにビットコインを盗まれた? ハードウェアウォレットを悪用した詐欺や犯罪がすでにあります。 たとえば新品のハードウェアウォレットを買ったら、中にPINコードが入っていた。 それを入力して、ビットコインをハードウェアウォレットに入れました。 翌日、ハードウェアウォレットのウォレットを開いてみたら、入れたはずのビットコインがなくなっていた。 という事件がすでに起こっています。 なぜ盗まれたか?お分かりでしょうか? これはハードウェアウォレットの故障でもハッキングでもありません。 あらかじめ仕組まれていた犯罪です。 それに引っかかってしまったのは、その人がハードウェアウォレットの仕組みを理解していなかったためです。 ハードウェアウォレットはLedgerでもTREZORでもKeepkeyでも他のメーカーのなんでもそうですが、 秘密キーさえあれば同期が可能です。 PINコードが入っていたという時点でおかしいと気づかないといけません。 要は、 初期設定が済んでいて、秘密キーの書取りも終わった状態のウォレットだったということです。 秘密キーさえあれば、何台でもハードウェアウォレットがあれば同期できてしまうので、 初期設定が終わっているウォレットはあなたものもではないということです。 初期設定は必ず自分で行う必要があります。 この状態でビットコインやその他の仮想通貨資産を盗まれた場合ハードウェアウォレットの会社の責任でもなく、あなたの責任になります。 ハードウェアウォレットが壊れていたわけでもなく、ハッキングされていたわけでもないのです。 手元に届いた時点であなたのものではない状態だったということです。 ハードウェアウォレットの仕組みが分かっている正規店から買いましょう ニュースでも話題となっていましたが、アマゾンの返品・返金サービスを悪用し、商品をコンビニで受け取り、DVDやゲームソフトなどの中身を海賊版と入れ替えたり、中身を抜き取った状態した上で、シュリンク(透明のビニールの梱包)をかけなおして、アマゾンに返金してもらうという犯罪行為があります。 アマゾンの倉庫から出荷されるFBAという出品形態ではまだこの犯罪の対策ができていません。 要は、新品未開封として返品された商品は他の新品と同じ在庫扱いになり、誰にその中身が入れ替わった商品が届いてしまうか?わかりません。 (そのため弊社ではamazonに在庫は置いていません、自社からの発送になっています。 ) これはハードウェアウォレットでやられてしまったら本当に恐ろしいことで、それこそ、PINコードが書かれているメモが入っていたら、ハードウェアウォレットの仕組みを理解できていない人は、自分で初期設定をせずにそのまま使ってしまいます。 また、こういったハードウェアウォレットの仕組みを理解していない販売者も多く、アマゾンでは転売も横行しています。 ゲームやDVDなら販売元の泣き寝入り被害で終わりますが、ハードウェアウォレットに関しては、それだけにとどまりません。 なので、購入する側もそういった予備知識がないと簡単に騙されて、ビットコインを盗まれてしまう危険があるのです。 ハードウェアウォレットの仕組みが理解できると応用が利く ハードウェアウォレットは実際に使ってみないとわからないこともたくさんあるので、まずは 正規代理店から買いましょうということと、実際に手に取って、自分で初期設定からやってみて、使い慣れることが大事です。 いくつかの違う種類の仮想通貨を保管してみることで、ハードウェアウォレットの仕組みを感覚的に理解できてくると思います。 最初からすべて理解するのはむずかしいですが、手に取ってみて初めてわかることも多いはずです。 秘密キーさえあれば、ブロックチェーンにアクセスするプラットフォームの不具合があっても、慌てることはないということもわかるはずです。 使い慣れてみると、ハードウェアウォレットの利便性や安全性に気づくこともできます。 まずは、ある程度のハードウェアウォレットの仕組みを理解し、仮想通貨を保管してみましょう。 ビットコインだけでなく他の仮想通貨も対応となる新しいハードウェアウォレットがさまざまな形態ででてくることになります。 ブロックチェーンもまだ発展途上でこれからまだいろいろな課題を抱えています。 そのため、ハードウェアウォレット自体のアップデートがあったり、選択肢が変わったりといったことがあります。 それは仕方のないことです。 どこのメーカーのものだから面倒なことはない、使い勝手がいいとはいいきれません。 TREZORにしてもLedgerにしてもKeepkeyにしてもそれぞれ一長一短があります。 ハードウェアウォレットという機械自体この世にできたばかりなのです。 よくわからないことがあって当たり前ですし、予期せぬことがあるのは当然です。 しかし、 ハードウェアウォレットで保管すれば取引所に置いておく場合のハッキングの心配はなくなります。 (問題はその後の秘密キーや本体の自己管理です。 ) よくわからないから後周しにしがちですが、まずは使ってみる、もどういうものか?使いながらでもいいので理解することが大事です。

次の

暗号化型ランサムウェア「LockerGoga」について解説

ランダム な ハード ウェア アドレス

ここ数日ホンダがサイバー攻撃を受けたというニュースが世界各国で報じられています。 海外ではすでにいくらか情報は出ているものの、日本語での解析記事はあまりないと思われるため何かの参考になれば幸いです。 図1 VirusTotalに日本国内からアップロードされている SNAKEランサムウェアは別名EKANS(SNAKEの逆さ読みになっている)とも呼ばれ、2019年12月に出現した新しいランサムウェアです。 SNAKE本体は10年程前にgoogleが開発した比較的新しいオープンソース開発言語であるGO言語で開発され、EXE形式にコンパイルされています。 GO言語で作成されている背景の一つに、マルチプラットフォームで開発できるという点が開発者側のメリットとして考えられます。 以下の図はマルウェア内部の文字列を確認した様子ですが、GO言語で開発されたことを示すソースコードのファイル名と、Admin3というアカウント名を持つ攻撃者がWindows環境で開発したということを知ることができます。 図4 多重感染しないように「EKANS」というミューテックスを登録 次に、今回のSNAKEの個体に特に特徴的な挙動として、以下の特定ドメインの名前解決が行えるかどうかをチェックします。 MDS[. ]HONDA[. ]COM さらに、上記のドメインに対する名前解決が以下のIPアドレスと等しくなるかどうかを確認し、等しくない場合は動作を終了、等しい場合は動作を継続します。 170[. ]108[. ]71[. ]15 つまり、今回の個体は、上記ドメインの名前解決結果が特定のIPアドレスになる環境でのみ感染するように特別に作り込まれたランサムウェアであると言えます。 これまでのブログでもお伝えしている通り、近年の標的型ランサムウェアはターゲットに合わせて挙動を作り変える傾向があるため、一見同じ種類のランサムウェアであっても、このように検体により動きが異なることが少なくありません。 なお、調査時点において、 170[. ]108[. ]71[. ]15は以下のホスト名として逆引きできます。 unspec170108[. ]amerhonda[. ]com Organization: American Honda Motor Company, Inc. 具体的には、netsh. exe(Windowsに初めからあるネットワーク設定を行うツール)に、以下のコマンドラインを渡して実行します。 netsh advfirewall set allprofiles firewallpolicy blockinbound,blockoutbound これにより、全てのプロファイルに対し、受信規則および送信規則に一致しない送受信接続をWindowsファイアウォールの機能を用いて全てブロックします。 図19 SNAKEによって暗号化されたファイルの末尾の構造 なお、ランサムウェア内に含まれているRSA公開鍵は以下となります。 GO言語で開発されている場合でも、WindowsAPIの観点で見ればWriteFileとReadFileによる標準的なランサムウェアに見られるファイル操作が最終的にコールされていることがわかります。 図22 暗号化処理を終えた後、ファイアウォールを無効にする つまりSNAKEは、ファイルの暗号化前にWindowsファイアウォールでネットワーク通信の送受信をブロックするように設定することで、ファイルの暗号化の最中に復旧活動や監視をネットワーク越しで行えないようにしつつ、ファイルの暗号化が終えた後に、それらのブロックを解くという一連の挙動を行なっています。 一般的なランサムウェアは感染した環境であれば基本的に併せて脅迫文を作成するものですが、今回のSNAKEはユーザー端末やサーバーに感染した場合、ファイルの暗号化は行うものの、脅迫文を一切作成しません。 図29 SNAKEのメモリに展開された脅迫文 これ以外の挙動として、横展開やファイル窃取の動きは特に現時点で確認していません。 また、ランサムウェアはその性質から、連絡先を記載した脅迫文をターゲットに見せることが最も重要な位置づけの一つとなりますが、本検体においてはユーザー端末や一般サーバーに感染した場合は脅迫文を作成しないため、そのままでは脅迫して金銭を得るというランサムウェアとしての目的が達成できません(破壊目的を持つワイパーでない限り)。 その点を考慮すると、ドメインコントローラでのみ脅迫文を作成しシステム管理者へ脅迫文を見せるというこの効果的な挙動は、あらかじめドメインコントローラへ侵入できる前提で開発されていることを示唆します。 以上で述べた解析結果により、本検体に感染した端末には以下の症状が発生することがわかります。 事実として言えるのは、今回解析した検体が、特定のドメイン( MDS[. ]HONDA[. ]COM)に対し、特定のIPアドレス( 170[. ]108[. ]71[. ]15)ヘ名前解決できる環境下の端末でしか動作しないように開発されているということです。 これまでのブログ記事でも言及してきたとおり、近年の標的型ランサムウェアは攻撃対象組織に合わせ挙動をチューニングした上で送り込んでくる傾向があります。 一般的な標的型ランサムウェアの侵入経路としては、RDPやVNCなどを狙った侵入経路が狙われる場合があるため、今一度不必要なRDP等のサービスがインターネット側に公開されていないかなどを重点的に確かめることをお勧めします。

次の

「顔文字」、「LoveYou」スパムの背後に凶悪スパムボット、ランサムウェア遠隔攻撃も実行

ランダム な ハード ウェア アドレス

ランサムウェアWannaCryは、ネットワークワーム型の機能を有するランサムウェアで 図1 、感染によって、ファイルを暗号化し、その暗号解除と引き換えに金銭を要求する動作はしますが、5月16日時点で、情報漏えいを引き起こす動作は報告されていません。 1 動作確認活動 WannaCryは、動作確認用サイトwww[. ]iuqerfsodp9ifjaposdfjhgosurijfaewrwergwea[. ]comなどにアクセスします。 アクセスに成功した場合には活動を停止します。 このURLアクセスのことは、動作を停止することからキルスイッチとも呼ばれています。 5月15日に入ってから、このキルスイッチを無効化した亜種も報告されています。 2 生成活動 拡散活動、ランサム活動をしていくために必要な攻撃資源として、新たなexeなどを生成します。 3 拡散活動 SMB1脆弱性攻撃を通して自己増殖を試みます。 自己増殖の流れは、まず、感染先対象となるシステムとの間でSMB1コネクションを確立します。 その後、MS17-010脆弱性有無の確認、攻撃ペイロードの準備、バックドアDouble Pulsar有無の確認、攻撃ペイロードの実行によって完了します。 図 1: 感染活動の概要 4 ランサム活動 ランサム活動ではファイルを暗号化し、ファイル拡張子をWNCRYに変更します。 さらに、図 2のような脅迫状ダイアログを表示します。 図 2: 脅迫状ダイアログ 1. 2 被害 2017年05月13日• カスペルスキー:74か国から45,000件以上の攻撃を記録 WannaCry ransomware used in widespread attacks all over the world• US-CERT:米国、英国、スペイン、ロシア、台湾、フランス、日本など74か国で感染 Indicators Associated With WannaCry Ransomware• 英NHS National Health Service :少なくとも16組織が被害に Statement on reported NHS cyber attack• Wcrypt Tracker 図3: Wcrypt Tracker 1時間毎のオフライン+オンラインIPアドレス数 出典:malwaretech. com 2017年05月17日• 日立:ランサムウェアによる被害および復旧状況について 1. 3 注意喚起 各所からの注意喚起は、次の通りです。 US-CERT Multiple Ransomware Infections Reported 2017年05月12日• US-CERT TA17-132A: Indicators Associated With WannaCry Ransomware 2017年05月12日• IPA 世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について 2017年05月14日• 総務省 世界的な不正プログラムの感染被害について 注意喚起 2017年05月15日• 警察庁 攻撃ツール「Eternalblue」を悪用した攻撃と考えられるアクセスの観測について 2017年05月15日• ICS-CERT ICS-ALERT-17-135-01: Indicators Associated With WannaCry Ransomware 2017年05月15日 1. 4 解析情報 マイクロソフトによれば、WannaCryは、Windows 7、Windows Server 2008ならびに、それ以前の脆弱なOSを攻撃対象にしていると報告しています。 WannaCrypt ransomware worm targets out-of-date systems Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows 8. 1、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows RT 8. 1、Windows 10、Windows Server 2016の場合 マイクソフトから3月にリリースされているセキュリティ更新プログラムMS17-010を適用してください。 マイクロソフトセキュリティ情報 MS17-010: Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム 4013389 Windows Server 2003、Windows XP、Windows XP Embedded、Windows 8の場合 マイクソフトから、緊急でリリースされたセキュリティ更新プログラムを適用してください。 ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス 2. 2 マルウェア対策 セキュリティソフトを導入し、定義ファイルを常に最新の状態に保ってください。 カスペルスキー WannaCry ransomware used in widespread attacks all over the world 2017年05月12日• シマンテック What you need to know about the WannaCry Ransomware 2017年05月12日• トレンドマイクロ 大規模な暗号化型ランサムウェア「WannaCry/Wcry」の攻撃、世界各国で影響 2017年05月13日• A 2017年05月13日• I 2017年05月13日• マイクロソフト WannaCrypt ransomware worm targets out-of-date systems 2017年05月12日• マカフィ Protecting against Ransom-WannaCry May 2017 2017年05月12日• ランサムウェアWannaCryに関するさらなる分析 2017年05月14日 シマンテックのEndpoint Protectionが脆弱性 SMB1 への攻撃を検知すると、図3のようなアラームを表示します。 図4: シマンテックでの攻撃検知アラーム 2. 3 回避策 WannaCryは、インターネット上のIPv4アドレスをランダムに探索し、感染活動を試みます。 ネットワークからの攻撃 MS17-010、CVE-2017-0145の悪用 を防ぐ回避策は、次の通りです。 SMB1 Server Message Block v1 の無効化• マイクロソフトセキュリティ情報 MS17-010: Microsoft Windows SMB サーバー用のセキュリティ更新プログラム 4013389• SMBv1、SMBv2、および WindowsとWindowsサーバーのSMBv3を無効にする方法 SMBボート番号 445 のブロック• WannaCrypt ransomware worm targets out-of-date systems ランサムウェアWannaCryは、感染PCに設定されているDNSサーバに、動作確認用サイトのIPアドレスを問合せます。 その後、動作確認用サイトへのHTTPアクセスに成功すれば活動 拡散活動、ランサム活動など を停止します。 1 403 Forbidden」のいずれの場合も、即時に活動を停止することを確認しました 図 5。 なお、追試では、図 6に示すネットワーク上に動作確認用のウェブサイト 192. 168. 80 を構築しました。 図 5: 動作確認用サイトへのHTTPアクセス 3. 3 拡散活動について ランサムウェアWannaCryは、同一ネットワーク内の探索を開始し、並行してランダムにIPアドレス空間の探索を開始します。 ランサムウェアWannaCryを、図 6に示すようなネットワーク構成の感染PCで実行し、ネットワークワームの特性である感染先の探索方法について調査した結果を紹介します。 図 6: 拡散活動の調査に利用したネットワーク構成 調査環境で使用したネットワークの場合には、稼働PCが2台 192. 168. 161, 192. 168. 162 のため、同一ネットワーク内の探索は、ARPパケットを使った探索として観測することになります。 感染PC 192. 168. 161 は、ARPパケットを使って同一ネットワーク内の稼働PCの探索を開始します 3 a。 次に、ARP応答のある稼働PC 192. 168. 162 に対して、TCPコネクションを確立し、SMB1脆弱性攻撃を仕掛けます 3 b。 並行して、ランダムにIPアドレス空間を探索を開始します。 ランサムウェアWannaCryは、イントラネットでの活動を想定した動作となっており、図 7に示すように、わずか1分程度で、ARP応答のある稼働PC 192. 168. 162 への感染活動を開始しています。 図 7: WannaCry拡散活動に伴う探索IPアドレスの発生分布 同様なネットワーク構成で2000年前半に流布したCodeRed3 2002年 、Slammer 2002年 のネットワーク探索の様子を観測開始から10,000パケットを対象にプロットしたものを図 8に示します。 CodeRed3は、感染した端末の近接IPアドレスを中心に探索し、Slammerは全域をランダムに探索しています。 図 8: CodeRed3 左 、Slammer 右 拡散活動に伴う探索IPアドレスの発生分布 次に、図 9にWannaCry、CodeRed3、Slammerの新規IPアドレスの探索速度を示します。 WannaCryの探査は決して早いわけではなく、イントラネットでの活動を想定した動作とすることで、拡散活動速度を上げようとしていると言えます。 1、x. 1、x. 255. 1、x. 2、x. 255. 2のように探索することになるため、サブネットマスクが広い方が拡散活動効率を下げる可能性がある反面、大量の同報パケットが持続することにより正常通信を阻害する可能性が高くなります。 4 SMB1脆弱性攻撃について ランサムウェアWannaCryのSMB1脆弱性攻撃においては、3つのSMBコネクションが利用されています。 1つは、感染PCのIPアドレス 192. 168. 161 を含み 図 10 、後続の2つは、マルウェア本体にハードコードされている2つのIPアドレス 192. 168. 20、172. 5 図 11、図 12 を含んでいます。 rb の送出パケットを記載しています。 図 10: 感染PCのIPアドレス 192. 168. 161 を含むSMBコネクション 図 11: マルウェア本体にハードコードされているIPアドレス 192. 168. 20 を含むSMBコネクション 図 12: マルウェア本体にハードコードされているIPアドレス 172. 5 を含むSMBコネクション 3. 更新履歴 2017年10月10日• 1 検体情報」を追記しました。 2017年06月19日• 5 影響有無調査結果」にWindows 10の検証結果を追記しました。 2017年05月29日• 4 SMB1脆弱性攻撃について」を追記しました。 2017年05月26日• 5 影響有無調査結果」を追記しました。 2017年05月23日• 2 動作確認活動について」を追記しました。 2017年05月18日• 3 拡散活動について」を追記しました。 2017年05月16日• 図1改訂、図3追記しました。 2017年05月15日• このページを新規作成および公開しました。 担当:寺田、大西.

次の