襦袢 たたみ 方。 長襦袢、二部式襦袢、半襦袢の違いとは?

着物の長襦袢は大切!なしの場合や着方・畳み方・サイズ・お手入れについて

襦袢 たたみ 方

わたしたちにとってちょっと特別な衣装、着物。 大切な節目である成人式や結婚式も、普段の生活も、華やかに彩ってくれる存在ですよね。 そんな着物を着るときに欠かせない存在、なんだかわかりますか? それは、 長襦袢(ながじゅばん)です。 着物を着るときには、かならず必要な長襦袢。 着物のベースとなる大切な存在ですが、あなたは正しいたたみ方を知っていますか? 着物のたたみ方は知っているけど、長襦袢はあまり気にしたことがなかった、という方も多いはず。 今回は、長襦袢のたたみ方はもちろん、しまう前に確認してほしいことや、長襦袢につけて着る半衿(はんえり)のお手入れ方法についても解説していきます。 長襦袢は、 着た後のアフターケアがとっても大切です! 着終わったら、次の4つの手順でアフターケアをしてください。 ・ 湿気をとる ・ 汚れのチェック ・ 半衿を外す ・ 洗濯する Step1. 湿気をとる 長襦袢を着た後一番にしてほしいのは、湿気をとること! 長襦袢も着物と同じように、 湿気が大敵です。 カビさせたくないですもんね。 ハンガーにかける 長襦袢を広げて、着物用ハンガーにかけておきます。 干す 直射日光が当たらず、電気を消した風通しの良い部屋で、 1~2日干しておきましょう。 Step2. 汚れのチェック お手持ちの長襦袢にシミなどの汚れはついていませんか? 長襦袢で汚れがつきやすいのは裾の部分なので、重点的に確認しましょう。 シミは時間がたつほど落としにくくなってしまうので、そのままにしておくと落とせなくなってしまいます! クリーニング屋さんにお願いしたり、ついたばかりのシミは水洗いをしたりして、きちんと処理をしておきましょう。 Step3. 半衿を外す 長襦袢をご家庭で洗濯する場合には、まず半衿を外す必要があります。 長襦袢と半衿ではお洗濯の方法が違うので、きちんと別にしてから洗ってくださいね。 長襦袢だけでなく、 半衿もお洗濯が必要です。 そのときにはキレイに見えてそのままにしておいて良さそうな気がしてしまいますが、洗わずにしまうと汗ジミや衿垢などが 茶色く変色してきてしまうことも・・・ 半衿のお洗濯の仕方は、 長襦袢のたたみ方の後に解説しているので、そちらを参考にしてください。 POINT 半衿を外すときには、生地がつるのを防ぐために、縫い糸は引っ張らずに、 細かく糸を切って外してくださいね! Step4. 洗濯する 長襦袢にシミなどの汚れがなかった場合でも、汗をかいていたものをそのままにしておくと変色してしまうことがあるんです。 だからしまう前には、一度 お洗濯をしておきたいもの。 こちらの記事「」に長襦袢の洗濯の方法が書いてあるので、チェックしてくださいね。 長襦袢は、前身頃(まえみごろ)と後身頃(うしろみごろ)を縫い合わせてありますよね。 その縫い目が長襦袢の脇のところにあり、それを脇線といいます。 長襦袢を置く 長襦袢を、頭の方が左、裾(すそ)が右になるようにして、きれいにのばした状態で自分の前に置いてください。 脇線に沿って折る まずはじめに自分から見て手前側にある前身頃を、脇線(わきせん)で折りこんでください。 次に、自分から見て奥側にある前身頃を、脇線で折りこみます。 正しく折ることができていれば、3枚目の画像のように、長襦袢を着ているときのように前身頃が重なっているはずです。 手前側にある袖(そで)と身頃を折り、袖を折り返す まずは、 手前側にある袖と身頃から折っていきます。 このとき、手前側の脇線が身頃の中心にくるように、奥側に向かって折りましょう。 1枚目の画像で、 ピンクの点線が水色の点線に重なるようにします。 そして、手前側の袖を、袖の手を出す方の端が折り目から少し内側になるように、手前側に向かって折り返します。 3枚目の画像で、 緑の点線どうしを重ねるようなイメージです! 正しく折ることができていれば、4枚目の画像のように、三つ折りのようになっているはずです。 奥側の袖と身頃を折り、袖を折り返す 次は、 奥側の袖と身頃を、手順3と同じように折っていきます。 奥側の脇線が身頃の中心にくるように、手前側に向かって折ります。 1枚目の画像のように、 ピンクの点線を水色の点線に重ねます。 そして、奥側の袖を、袖の手を出す方の端が折り目から少し内側になるように、奥側に向かって折り返します。 今回も手順3と同じように、2枚目の画像で 緑の点線どうしを重ねるイメージです! 5. 整える 写真のように折れていることを確認したら、シワを伸ばし、キレイな状態にします。 三つ折りにする たたんだ長襦袢を、 三つ折りにします。 POINT 三つ折りにするときは、まずはじめに 裾を、たたまれて内側に入っている「袖の端よりも右側の位置」を目安に、1度折ります。 それから二つに折るようにしてみてください。 思わず見とれちゃいます。 着物姿を彩ってくれる半衿も、できることならその鮮やかさを保っておきたいもの。 半衿をご家庭でお洗濯する場合は、必ず 長襦袢から外して別々にお手入れしてください。 ・ 正絹(しょうけん)の半衿 ・ ポリエステル・木綿の半衿 絹が100%の素材である正絹、またはポリエステル・木綿の半衿で、さらに先にご紹介した洗濯できない半衿の特徴に当てはまらない半衿は、ご家庭で洗濯することができます! 正絹の半衿か、ポリエステル・木綿の半衿かによって 洗い方は異なるので、別々にご紹介していきますね。 具体的な手入れ方法 それでは洗濯へ移る前に、日頃から行える 半衿のお手入れ方法です。 一見汚れていないように見えても、汗シミなどは 時間が経つと目に見えるもの。 いざ取り出した時に、目立っていたりするものです。 洗濯まではいかないまでも、少しのお手入れで解決できるかも。 そんな場合に 役立ててほしいテクニックですので、ぜひご覧ください。 手順通り正確に 用意するもの ・半衿 ・タオル ・桶(浸かるサイズ) ・中性洗剤 ・歯ブラシ ・アイロン 手順 1. 半衿を外す お手入れのたびに外すのは面倒かも知れませんが、大切なこと。 生地を傷めないためにも、 丁寧に糸を切って外しましょう。 つけ置き 半衿がしっかり浸かるくらいに水を張り、 中性洗剤を少しだけ入れましょう。 お湯じゃないの?と疑問を持つ方もいるかも知れませんが、 必ず水にしてください。 汚れが目立たないようであれば、そのままつけ置きでOK。 手順4へ。 落としたい汚れがある場合は、手順3へ進みましょう。 歯ブラシで落とす 汚れには直接歯ブラシを使い、丁寧に落としていきましょう。 この時強く擦ってしまうと、 生地が傷んでしまうので要注意。 しつこい汚れもムキにならず、あくまで やさしく擦ってあげましょう。 その後つけ置きをして、次に進みます。 すすぎ 洗剤が残らなように、しっかりすすぎましょう。 色柄ものの場合、洗剤が残っていると 変色する恐れがあります。 すすぎ過ぎも生地を傷めますが、様子を見ながらこの工程を繰り返してください。 乾かす すすぎ終わったらタオル等でやさしくはさみ、水気を取ります。 絶対に絞ってはいけませんよ! できたら風通しの良い場所を探して陰干しです。 アイロンがけ ある程度乾いたら、アイロンをかけていきましょう。 少し濡れていた方が、シワもよく伸びるのでオススメです。 全工程が終わっても湿っているようでしたら、再度陰干しをして終了です。 気をつけるべき点 上の工程で 気を付けたいポイントをおさらいしましょう。 せっかくお手入れしたのに、傷んでしまえば逆効果。 理由は縮み。 生地によってはお湯を苦手としているものもあるのです。 ・丁寧に扱う 全工程そうなのですが、着物類は繊細な生地が多く、雑に扱うと シワが残ります。 さらに染物も滲んだり、色移りしたりと大変なので、 丁寧に扱うことが大前提。 間違ってもかたく絞ったりはしないでくださいね! ・日光は避けて陰干し さらっと説明してしまいましたが、 日当たりを避けることもポイント。 直射日光や紫外線は、洗濯物の色を あせさせる働きがあります。 早く乾くイメージがありますが、繊細な生地、色物は 陰干しがオススメです。 まずは 正絹の半衿の場合、 次にポリエステル・木綿の半衿のお洗濯のやり方を解説していきます! 正絹の半衿は手洗い 正絹の半衿のときは、かならず手洗いでやさしくお手入れしてあげましょう。 用意するもの ・洗面器 ・中性洗濯洗剤(おしゃれ着用洗剤) ・やわらかいタオル ・アイロン ・アイロン台 ・ハンガー 手 順 1. 洗浄液を作る 洗面器に水を張り、中性洗剤を5~6滴溶かします。 注意 生地がこすれると色落ちしてしまうことがあるので、あまりこすらないように注意してくださいね。 すすぐ 水でよくすすぎましょう。 タオルにはさむ 洗濯機から出したら、半衿をやわらかいタオルにはさんで表面の水分を取ってください。 アイロンをかける 半衿が濡れているままの状態で、アイロンをかけて半衿を伸ばしていきます。 生地を引っ張るようにしてアイロンで伸ばし、半衿を 半乾きの状態にします。 陰干しする ハンガーに半衿をかけて形を整え、そのまま日の当たらないところで陰干しをします。 ネットに入れる 半衿をネットに入れます。 半衿の大きさに合ったネットを使ってくださいね! 2. 洗濯機にかける 中性洗剤を入れて、洗濯をはじめましょう。 タオルにはさむ 洗濯機から出したら、半衿をやわらかいタオルにはさんで表面の水分を取ってください。 アイロンをかける 半衿が濡れているままの状態で、アイロンをかけて半衿を伸ばしていきます。 生地を引っ張るようにしてアイロンで伸ばし、半衿を 半乾きの状態にします。 陰干しする ハンガーに半衿をかけて形を整え、そのまま日の当たらないところで陰干しをします。 まとめ いかがでしたか? 長襦袢をたたむ前には、 4ステップでお手入れが必要です。

次の

着物のたたみ方の基本。覚えておきたい襦袢のたたみ方

襦袢 たたみ 方

皆様、おかわりありませんか? わたくし、今月は風邪をひいて飛行機に乗ったら、航空中耳炎というのになってしまいまして、久々に熱を出してみたりしました。 健康第一!!と改めて思う今日このごろです。 そんなこんなでちとふらふらしていても、着物を着ると気持ちがしゃっきりするから不思議。 帯のおかげか、背筋も伸びます。 もう今日はだめだ~と思っても、布を体に巻き付けていくと、だんだん体が支えられて、最後にしめた帯をポンっと叩けば(力士w)一日頑張れる気がします。 さてさて、今日は襦袢の畳み方のお話です。 着物とは違うたたみ方で、ちょっと簡単ですよね。 平らに広げて、真ん中に向かってパタンパタンとたたんでいくだけ。 折り目をきちっとあわせていくと、気持ちがいい! いつもな~んにも考えないで、ついている折り目に沿ってたたんでいたんですが、襦袢の衿のたたみ方、実は2種類あるのです。 そのまま自然に首に添わせた形と同じでたたむ方法、肩開き部分を内側に折り込む方法。 和裁士さんに伺ってみたら、関西仕立てで広衿のものは内側に折り込むことが多いとか。 留袖や振袖などをたたむ時の「夜着たたみ」と同じ方法ですね。 あとはだいたい自然な形のままだそうです。 また広衿のものは着物と同じ畳み方にすることもあるそうです。 手持ちの襦袢を見てみると、なるほど広衿のものは衿が内側に折ってありました。 でも、バチ衿のものでも内側に折ってあるものも。 ここらへんは、気にしないで「畳んであったように畳む」(笑)のが一番無難なのかもしれません。 道行や雨コートも基本同じように前で袖を折りたたむ畳み方なのですが、販売時のパッケージやディスプレイで前面が見えた方がよいからという理由で洋服とおなじように、後側で袖等をたたんでいるものもあります。 これは見た目はいいのですが、崩れやすいですし、なにより超たたみにく~い!!面倒くさ~~い!!!(笑) なので、私はこの場合はついている折り目に従わず、前でたたむ方法に変更しています。 いずれにしても、空気を抜きながら丁寧にたたんでおくと後が楽なので(ええ、自戒をこめまくっております……)正しいたたみ方で、しまっておきましょう。

次の

簡単な振袖や着物のたたみ方は?しまい方やお手入れ方法も|帯/長襦袢

襦袢 たたみ 方

襦袢とは、肌着と着物の間に着るもの。 礼装用には白地のものを、普段着なら色物や柄物でもOKです。 襦袢は、 着物の裏の汚れの防止や裾さばきを良くするため、また 保温するために着用されるアイテムです。 生地は 綸子や縮緬、羽二重、ポリエステルなどで、夏は 絽や紗、麻などを用いるのが一般的。 礼装は白の襦袢を• 振袖を除く 礼装の場合は、必ず白の襦袢を着用します。 振袖や、フォーマル&セミフォーマルシーンで着る訪問着・付け下げなどの場合は、 白や淡い色調のものを。 そして、 濃い色のものや柄がついたものはカジュアル感が強く出てしまうため、普段着用として使うようにしましょう。 そのため、 襦袢を着る時は、着物との色合わせを考えるのもポイント。 色選びに迷った時は、比較的どの着物でも合わせやすい淡い色のものを選ぶといいでしょう。 長襦袢、半襦袢、二部式襦袢の違いって? 襦袢には長襦袢、半襦袢、二部式襦袢の3種類があります。 基本的に 長襦袢はフォーマルからカジュアルまで着用可能、二部式襦袢と半衿つき半襦袢はカジュアルのみOKです。 ただし最近では、二部式襦袢でも真っ白のものであれば、フォーマルシーンで着用されることもあります。 長襦袢 リンク 夏着物に合わせる襦袢 夏用の長襦袢の主な素材 実は夏用の襦袢は、袷用の襦袢よりも素材の種類が豊富。 涼しさや肌触りなどが異なるので好みが分かれますが、一般的に通気性がよくお手入れもしやすい竹を選ぶ人が多いようです。 暑い夏は少しでも涼しく、快適に過ごしたいもの。 そのため、できれば実際に店舗などで実物に触れてみて、一番着心地の良いものを選ぶことをおすすめします。 素材 特徴 竹 ・柔らかいタッチで涼しい ・抗菌性がありニオイやカビに強い ・自宅で洗濯可。 麻 ・程よいハリがあって涼しい。 ・シワになりやすく、また洗濯すると毛羽立ったり縮んだりすることも。 絹 ・絽や紗で仕立てられているのが一般的。 ・自宅での洗濯不可。 シーズン後は黄変を防ぐためにも汗抜きに出すのがおすすめ。 ポリエステル ・絽や紗で仕立てられているのが一般的。 ・放湿性に欠けるので蒸れやすい。 ・自宅で洗濯でき、シワにもなりにくいのでお手入れが楽。 リンク 長襦袢にも居敷当てをつけるのがおすすめ 夏は着物も透け感のある素材になるため、ヒップラインが気になることも。 そのため、着物はもちろん、長襦袢にも 居敷当て(いしきあて)をつけておくのがおすすめです。 また、長襦袢の長さも着物と合っていないと目立ちやすいので、気をつけるようにしましょう。 >> 単衣の時に合わせる襦袢とは? 春や秋など、気温が穏やかな季節に着用する単衣。 単衣用の襦袢というものはなく、袷用かもしくは夏用の襦袢を着用します。 だいたい 10月~5月頃は袷用、 6月~9月頃夏用を合わせるのが一般的。 ただし、最近では5月や10月でも暑い日が多いので、体感値で使い分けてOKです。 衣紋抜き 既製品の襦袢であれば、ほとんどについている 衣紋抜き。 衿の後ろの部分についている長方形の布のことで、 衣紋をキレイに抜き、着崩れしにくくするための必需品です。 衣紋抜きが付いていない襦袢は、単品で売られているものを購入して縫い付けることができます。

次の