めちゃ。 めちゃコミック(めちゃコミ)

めちゃ×2モテたいッ!

めちゃ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年12月) 本来の表記は「 めちゃ 2モテたいッ! 」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 めちゃ 2モテたいッ! -I wanna be POP! - ジャンル 監督 出演者 (・) () (・) ナレーター オープニング を参照 エンディング を参照 製作 プロデューサー 鈴木恵悟 小西康弘 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜 23:30 - 翌0:00 放送分 30分 ナイナイ出世街道! 』(めちゃめちゃモテたいッ! )は、からまでで放送されていた製作のである。 正式タイトルは『 めちゃ 2モテたいッ! -I wanna be POP! -』( - アイ・ワナ・ビー・ポップ)。 通称「 めちゃモテ」。 放送時間は毎週 23:30 - 翌0:00 ()。 の番組シリーズの一つ。 概要 [ ] かつてフジテレビで放送されていたローカル深夜番組『』の出演メンバーが、『とぶくすりZ』『』と断続的な変遷を経て本格的に再集結した番組である。 ただし、がレギュラーに加わるなど番組のスタイルは大幅に変化した。 後に『 』(以下、 めちゃイケ)に改題し、へと進出。 高視聴率番組となるとともに、およそ21年半に渡るとなる。 番組は、たちレギュラーメンバーが「I wanna be POP! 」を舞台にゲストと繰り広げるトークコーナーと、彼らが様々な企画に挑戦するバラエティコーナーによって構成されていた。 の番組であり、同社のハイビジョンテレビ「ヨコヅナ」などのにはレギュラーメンバーであるとが出演。 番組中にもPanasonic製品の宣伝をするコーナーがあった。 また、提供読みは「 めちゃモテはNational・Panasonicの松下電器がお送りします(しました)。 」だった。 なお、提供読みに番組名を入れた最初の番組でもある。 『とぶくすり』時代から番組制作予算が大幅に増えたことにより、オープニングの収録は全編で行われた(ただしオープニング出演者のうち、雛形だけはスケジュールの都合で都内にて収録していたことが後に明かされた)。 『とぶくすり』時代ののイラストとは対照的なものとなっているが、それは裏を返せば『とぶくすり』と同じことはできないことを意味しており、実際上層部からは「とぶくすり禁止令」が出されたという。 番組開始当初、フジテレビ上層部からのナイナイの評価は低く、むしろ武田や雛形をメインに打ち出すことで、上層部やスポンサーサイドからもOKが出された [ ]。 後述の『』によると、スポンサーへ提出した企画書には武田と雛形がメインMCのトーク番組と記されていた。 とぶくすりシリーズで中心メンバーだったナイナイの評価が低かったことで、とぶくすりの他の出演者をレギュラーにすることは不可能だった。 番組開始時から唯一レギュラー出演していたバーテン役の山本は、企画書には「バーテン:山本」と極楽とんぼの名前を出さない形で記されていた。 当時の松下電器のCMも武田と雛形のみの出演(他番組はメインがCM出演)だった。 しかし、局やスポンサーの意向と反し、番組途中から加藤や光浦をレギュラーに戻し、トークを短縮しバラエティ企画を中心に変わっていった。 さらに試験的に『とぶくすり』時代の核だったコントも数本放送された。 番組最終回当日は、最終回とは別に19:00 - 20:54に『ナインティナインの出世街道! モテさせてくれてありがとうスペシャル!! 』を放送。 その中でのを起用した「16時間日本一周」を放送し、この企画は『めちゃイケ』でも大好評企画として長く放送されている(ちなみにこの頃は中居とナイナイは『』でもレギュラー共演していた)。 俳優・お笑いタレントのはこの番組のとして有名になった。 その後お笑い芸人へ転職。 現在は放送作家の傍ら、映像制作会社「デフロスターズ」を設立し代表取締役として活動している。 番組は1年と、当時のPanasonic枠としては短い期間で終了した。 番組スポンサーの松下電器から「矢部はすぐ人をたたく。 」とクレームをついたことが理由と、『めちゃイケ』や『』でナインティナインが明らかにしている。 「福岡の人気お笑いコンビ」として、当時「鶴屋華丸・亀屋大吉」として活動していたが紹介されており、これが博多華丸・大吉の芸人人生で初の全国ネット番組出演となった。 後に華丸・大吉はめちゃイケの人気コーナーに出演する。 ととの因縁の物申すも定番化されていった。 『めちゃイケ』での『一言物申す』の原型。 『めちゃイケ』で定番となっている加藤が忘れ去られ、ケンカコントに展開する場面はこの番組で1996年2月17日、24日に放送された「めちゃスキ!IN札幌」が最初。 極楽とんぼで加藤のみが途中からの出演だったためである。 (ウェイター役) 雛形が岡村に頬をつねられて本気で怒り出し、岡村の顔を拳骨で殴り返したことは 逸話となっている [ ]。 オープニングソングにはの「RADIO」や「自転車」が使用され、番組最後のゲストにはメンバーのとが出演。 『めちゃイケ』の初期のエンディングテーマでもJUDY AND MARYの曲「BLUE TEARS」が使用された。 2006年10月6日放送の『メントレG』には、『めちゃイケ』のレギュラー出演者が10周年記念特番の宣伝で出演。 過去を振り返るという企画で、『めちゃモテ』時代の映像も流れたが、山本が出る場面については山本自身が起こした不祥事の影響で、トリミング(映像を拡大して山本の姿を消す)を施す、極楽とんぼの映像そのものを流さないなど、極力姿を映さないように編集されていた。 当然相方の加藤の姿も映らず、出演者から指摘され、元相方を匂わせるような形で加藤が関係者に謝罪する場面が見られた。 [ ] 『めちゃイケ』2014年5月10日・8月2日・8月9日放送分では、「 THE NANPA MECHAIKE BOYS RUN 2014」という企画が行われた。 この企画のタイトル、OP映像が『めちゃモテ』のセルフパロディになっており、さらにトークセットも再現された。 出演者 [ ] レギュラー [ ] 「」のメンバーがレギュラーを務めていた。 (・)• -メインキャスト• () - 1996年1月6日放送分からウェイトレス役で出演。 () - マスター役で出演。 (極楽とんぼ) - 1996年1月20日放送分からウェイター役で出演。 準レギュラー [ ]• (フジテレビ) - 「モテたいッ! スポーツ」などの司会進行を担当。 - 「ヨモギダ少年愚連隊2」「寝起き満開! 」などに出演。 - 「MECHASUKI! 」などに出演。 放送内容 [ ] モテたいッ! トーク [ ] ゲストとのトークコーナー。 30分オールトークの回もあった。 メンバーの「エーッ! 」の声のあとに岡村が一言ボケて始まるのが通例であった。 放送第1回目のこのコーナーで、岩城がゲスト出演した際岡村の下ネタで激怒した。 その後『めちゃイケ』の『pm8』内で岡村に岩城がドッキリを引っ掛け和解した。 クリスマスSPでは、JUDYANDMARYとクリスマスソングを歌った。 江頭がスタジオに乱入してスタジオを破壊し、紗理奈に一言を物申した。 めちゃモテ名場面TOP10でトークコーナーが放送された。 NG集も放送されていた。 ・・・・• AD高木・内山信二・・江頭2:50 モテたいッ! スポーツ [ ] ナインティナインが対決形式でスポーツの様々な「モテる技」に挑戦するコーナー。 実況は、佐野瑞樹アナ。 ナイナイ対決で遠投シュートで、どちらが先に入るか勝負した。 岡村はスノボーの経験者でジャンプ台もうまくキメていた。 矢部は運動神経は良いが、ブレーキがうまくできない。 岡村さんの疑惑を晴らしたい!! - バスケットボールの遠投シュートにおいて岡村が奇跡的にカメラにかぶり、そのゴールシーンが映らないというハプニングが発生。 岡村は「入った! 」と言い張るが誰にも信じてもらえず、めちゃモテ最終回で再度、遠投シュートを行った。 その時、デモンストレーションとして矢部が挑戦したが、わずか4投目にして成功するという奇跡を起こした。 岡村は374投目にしてゴールに成功し、番組を締めくくった。 「めちゃイケ」のコーナー、イケてるッ!スポーツへと継続される。 MECHASUKI! [ ] の深夜番組『』のパロディ。 「寝起き満開! 」と称してのドッキリ企画もあった。 編-にて雛形が当時、を知らなかったため挨拶をしに行った。 編 - メンバー全員の雪像が作られるが、加藤だけ忘れ去られるというシチュエーションの極楽とんぼのケンカコントがここで誕生。 編 - 江頭2:50が初登場。 編-罰ゲームで、加藤浩次がパラグライダーを行なった。 俺をこう撮れ! [ ] 岡村がプロモーションビデオのパロディの撮影に挑戦するコーナー。 『めちゃイケ』の『イケてるッ! COWNTDOWNTV』に引き継がれた。 、編 - 海の中で波をかぶりながら歌うシーンを、冬の海で再現。 、編 - (クレーンの上に乗っているシーン)本人はセットで撮影した部分を実際に港で強風に煽られながら撮影。 、編 - どしゃぶりの雨にうたれて歌うシーンを極寒の屋外で雨とはいえない大量の水を何度もかぶる三部作の締めに相応しい作品。 モテたいCONTE [ ] とぶくすりの流れを継いで、最小限の小道具を用いて展開していたミニコントコーナー。 タイトルは、主に『モテたいッ!〇〇』。 めちゃイケでは、として引き継がれた。 コント作品• モテたいッ! チューボーですよ! その他の企画、コーナー [ ]• 日本一モテる男 オムタク(後に、めちゃイケにて継続されていた。 ヨコヤマ弁護士• 目茶持学園ブラバン部• めちゃモテ向上委員会• VS めちゃモテメンバー、対決 - 「とぶくすり」から続くサッカー企画。 さんに謝りたい! '96ファッションショーに挑戦! (めちゃイケのの原型)• (めちゃモテ特番から始まった企画) テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• 自転車(、1995年10月 - 1996年3月)• RADIO (JUDY AND MARY、1996年4月 - 9月) エンディングテーマ [ ]• 恋をしようよ(武田真治、1995年10月 - 1996年3月)• SPEED (武田真治、1996年4月 - 9月) スタッフ [ ]• 構成:、御影屋聖()、、渡辺・プロ()、すますま-すずき()、• SW:藤本敏行• カメラ:長瀬正人、• VE:塚本修• 音声:石井俊二• 照明:渡辺啓史、安藤雄郎• 音響効果:笠松広司()• 編集:中根敏昌()• MA:円城寺暁()• TK:山口美香• 美術制作:須藤康弘• デザイン:桐山三千代• 美術進行:石川利久• 大道具:毛利彰• アクリル装飾:早川崇• 視覚効果:山ノ内健• 装飾:中沢正英• 電飾:林将大• 衣装:• 持道具:土屋洋子• かつら:川北恭代• メイク:春山輝江• アートフレーム:佐藤信広• CG:岩下みどり• 編成:• 広報:加藤麻衣子• ナレーション:木村匡也• 技術協力:• ロケ技術:• 制作スタッフ:中村肇(後期)• AP:(後期)• ディレクター:戸渡和孝• 監督:• プロデューサー:小西康弘(後期)• 制作著作:フジテレビ 関連書籍 [ ]• めちゃ 2モテたいッ! めちゃモテBOOK (1996年3月発売、フジテレビ出版、)• めちゃイケpM8編集プロジェクト(監修・片岡飛鳥)『めちゃイケ大百科事典』フジテレビ出版、2001年() 脚注 [ ].

次の

懸賞・プレゼント・アンケート・モニター情報サイトめちゃ得ページ

めちゃ

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年12月) 本来の表記は「 めちゃ 2モテたいッ! 」です。 この記事に付けられた題名はまたはにより不正確なものとなっています。 めちゃ 2モテたいッ! -I wanna be POP! - ジャンル 監督 出演者 (・) () (・) ナレーター オープニング を参照 エンディング を参照 製作 プロデューサー 鈴木恵悟 小西康弘 制作 放送 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 土曜 23:30 - 翌0:00 放送分 30分 ナイナイ出世街道! 』(めちゃめちゃモテたいッ! )は、からまでで放送されていた製作のである。 正式タイトルは『 めちゃ 2モテたいッ! -I wanna be POP! -』( - アイ・ワナ・ビー・ポップ)。 通称「 めちゃモテ」。 放送時間は毎週 23:30 - 翌0:00 ()。 の番組シリーズの一つ。 概要 [ ] かつてフジテレビで放送されていたローカル深夜番組『』の出演メンバーが、『とぶくすりZ』『』と断続的な変遷を経て本格的に再集結した番組である。 ただし、がレギュラーに加わるなど番組のスタイルは大幅に変化した。 後に『 』(以下、 めちゃイケ)に改題し、へと進出。 高視聴率番組となるとともに、およそ21年半に渡るとなる。 番組は、たちレギュラーメンバーが「I wanna be POP! 」を舞台にゲストと繰り広げるトークコーナーと、彼らが様々な企画に挑戦するバラエティコーナーによって構成されていた。 の番組であり、同社のハイビジョンテレビ「ヨコヅナ」などのにはレギュラーメンバーであるとが出演。 番組中にもPanasonic製品の宣伝をするコーナーがあった。 また、提供読みは「 めちゃモテはNational・Panasonicの松下電器がお送りします(しました)。 」だった。 なお、提供読みに番組名を入れた最初の番組でもある。 『とぶくすり』時代から番組制作予算が大幅に増えたことにより、オープニングの収録は全編で行われた(ただしオープニング出演者のうち、雛形だけはスケジュールの都合で都内にて収録していたことが後に明かされた)。 『とぶくすり』時代ののイラストとは対照的なものとなっているが、それは裏を返せば『とぶくすり』と同じことはできないことを意味しており、実際上層部からは「とぶくすり禁止令」が出されたという。 番組開始当初、フジテレビ上層部からのナイナイの評価は低く、むしろ武田や雛形をメインに打ち出すことで、上層部やスポンサーサイドからもOKが出された [ ]。 後述の『』によると、スポンサーへ提出した企画書には武田と雛形がメインMCのトーク番組と記されていた。 とぶくすりシリーズで中心メンバーだったナイナイの評価が低かったことで、とぶくすりの他の出演者をレギュラーにすることは不可能だった。 番組開始時から唯一レギュラー出演していたバーテン役の山本は、企画書には「バーテン:山本」と極楽とんぼの名前を出さない形で記されていた。 当時の松下電器のCMも武田と雛形のみの出演(他番組はメインがCM出演)だった。 しかし、局やスポンサーの意向と反し、番組途中から加藤や光浦をレギュラーに戻し、トークを短縮しバラエティ企画を中心に変わっていった。 さらに試験的に『とぶくすり』時代の核だったコントも数本放送された。 番組最終回当日は、最終回とは別に19:00 - 20:54に『ナインティナインの出世街道! モテさせてくれてありがとうスペシャル!! 』を放送。 その中でのを起用した「16時間日本一周」を放送し、この企画は『めちゃイケ』でも大好評企画として長く放送されている(ちなみにこの頃は中居とナイナイは『』でもレギュラー共演していた)。 俳優・お笑いタレントのはこの番組のとして有名になった。 その後お笑い芸人へ転職。 現在は放送作家の傍ら、映像制作会社「デフロスターズ」を設立し代表取締役として活動している。 番組は1年と、当時のPanasonic枠としては短い期間で終了した。 番組スポンサーの松下電器から「矢部はすぐ人をたたく。 」とクレームをついたことが理由と、『めちゃイケ』や『』でナインティナインが明らかにしている。 「福岡の人気お笑いコンビ」として、当時「鶴屋華丸・亀屋大吉」として活動していたが紹介されており、これが博多華丸・大吉の芸人人生で初の全国ネット番組出演となった。 後に華丸・大吉はめちゃイケの人気コーナーに出演する。 ととの因縁の物申すも定番化されていった。 『めちゃイケ』での『一言物申す』の原型。 『めちゃイケ』で定番となっている加藤が忘れ去られ、ケンカコントに展開する場面はこの番組で1996年2月17日、24日に放送された「めちゃスキ!IN札幌」が最初。 極楽とんぼで加藤のみが途中からの出演だったためである。 (ウェイター役) 雛形が岡村に頬をつねられて本気で怒り出し、岡村の顔を拳骨で殴り返したことは 逸話となっている [ ]。 オープニングソングにはの「RADIO」や「自転車」が使用され、番組最後のゲストにはメンバーのとが出演。 『めちゃイケ』の初期のエンディングテーマでもJUDY AND MARYの曲「BLUE TEARS」が使用された。 2006年10月6日放送の『メントレG』には、『めちゃイケ』のレギュラー出演者が10周年記念特番の宣伝で出演。 過去を振り返るという企画で、『めちゃモテ』時代の映像も流れたが、山本が出る場面については山本自身が起こした不祥事の影響で、トリミング(映像を拡大して山本の姿を消す)を施す、極楽とんぼの映像そのものを流さないなど、極力姿を映さないように編集されていた。 当然相方の加藤の姿も映らず、出演者から指摘され、元相方を匂わせるような形で加藤が関係者に謝罪する場面が見られた。 [ ] 『めちゃイケ』2014年5月10日・8月2日・8月9日放送分では、「 THE NANPA MECHAIKE BOYS RUN 2014」という企画が行われた。 この企画のタイトル、OP映像が『めちゃモテ』のセルフパロディになっており、さらにトークセットも再現された。 出演者 [ ] レギュラー [ ] 「」のメンバーがレギュラーを務めていた。 (・)• -メインキャスト• () - 1996年1月6日放送分からウェイトレス役で出演。 () - マスター役で出演。 (極楽とんぼ) - 1996年1月20日放送分からウェイター役で出演。 準レギュラー [ ]• (フジテレビ) - 「モテたいッ! スポーツ」などの司会進行を担当。 - 「ヨモギダ少年愚連隊2」「寝起き満開! 」などに出演。 - 「MECHASUKI! 」などに出演。 放送内容 [ ] モテたいッ! トーク [ ] ゲストとのトークコーナー。 30分オールトークの回もあった。 メンバーの「エーッ! 」の声のあとに岡村が一言ボケて始まるのが通例であった。 放送第1回目のこのコーナーで、岩城がゲスト出演した際岡村の下ネタで激怒した。 その後『めちゃイケ』の『pm8』内で岡村に岩城がドッキリを引っ掛け和解した。 クリスマスSPでは、JUDYANDMARYとクリスマスソングを歌った。 江頭がスタジオに乱入してスタジオを破壊し、紗理奈に一言を物申した。 めちゃモテ名場面TOP10でトークコーナーが放送された。 NG集も放送されていた。 ・・・・• AD高木・内山信二・・江頭2:50 モテたいッ! スポーツ [ ] ナインティナインが対決形式でスポーツの様々な「モテる技」に挑戦するコーナー。 実況は、佐野瑞樹アナ。 ナイナイ対決で遠投シュートで、どちらが先に入るか勝負した。 岡村はスノボーの経験者でジャンプ台もうまくキメていた。 矢部は運動神経は良いが、ブレーキがうまくできない。 岡村さんの疑惑を晴らしたい!! - バスケットボールの遠投シュートにおいて岡村が奇跡的にカメラにかぶり、そのゴールシーンが映らないというハプニングが発生。 岡村は「入った! 」と言い張るが誰にも信じてもらえず、めちゃモテ最終回で再度、遠投シュートを行った。 その時、デモンストレーションとして矢部が挑戦したが、わずか4投目にして成功するという奇跡を起こした。 岡村は374投目にしてゴールに成功し、番組を締めくくった。 「めちゃイケ」のコーナー、イケてるッ!スポーツへと継続される。 MECHASUKI! [ ] の深夜番組『』のパロディ。 「寝起き満開! 」と称してのドッキリ企画もあった。 編-にて雛形が当時、を知らなかったため挨拶をしに行った。 編 - メンバー全員の雪像が作られるが、加藤だけ忘れ去られるというシチュエーションの極楽とんぼのケンカコントがここで誕生。 編 - 江頭2:50が初登場。 編-罰ゲームで、加藤浩次がパラグライダーを行なった。 俺をこう撮れ! [ ] 岡村がプロモーションビデオのパロディの撮影に挑戦するコーナー。 『めちゃイケ』の『イケてるッ! COWNTDOWNTV』に引き継がれた。 、編 - 海の中で波をかぶりながら歌うシーンを、冬の海で再現。 、編 - (クレーンの上に乗っているシーン)本人はセットで撮影した部分を実際に港で強風に煽られながら撮影。 、編 - どしゃぶりの雨にうたれて歌うシーンを極寒の屋外で雨とはいえない大量の水を何度もかぶる三部作の締めに相応しい作品。 モテたいCONTE [ ] とぶくすりの流れを継いで、最小限の小道具を用いて展開していたミニコントコーナー。 タイトルは、主に『モテたいッ!〇〇』。 めちゃイケでは、として引き継がれた。 コント作品• モテたいッ! チューボーですよ! その他の企画、コーナー [ ]• 日本一モテる男 オムタク(後に、めちゃイケにて継続されていた。 ヨコヤマ弁護士• 目茶持学園ブラバン部• めちゃモテ向上委員会• VS めちゃモテメンバー、対決 - 「とぶくすり」から続くサッカー企画。 さんに謝りたい! '96ファッションショーに挑戦! (めちゃイケのの原型)• (めちゃモテ特番から始まった企画) テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• 自転車(、1995年10月 - 1996年3月)• RADIO (JUDY AND MARY、1996年4月 - 9月) エンディングテーマ [ ]• 恋をしようよ(武田真治、1995年10月 - 1996年3月)• SPEED (武田真治、1996年4月 - 9月) スタッフ [ ]• 構成:、御影屋聖()、、渡辺・プロ()、すますま-すずき()、• SW:藤本敏行• カメラ:長瀬正人、• VE:塚本修• 音声:石井俊二• 照明:渡辺啓史、安藤雄郎• 音響効果:笠松広司()• 編集:中根敏昌()• MA:円城寺暁()• TK:山口美香• 美術制作:須藤康弘• デザイン:桐山三千代• 美術進行:石川利久• 大道具:毛利彰• アクリル装飾:早川崇• 視覚効果:山ノ内健• 装飾:中沢正英• 電飾:林将大• 衣装:• 持道具:土屋洋子• かつら:川北恭代• メイク:春山輝江• アートフレーム:佐藤信広• CG:岩下みどり• 編成:• 広報:加藤麻衣子• ナレーション:木村匡也• 技術協力:• ロケ技術:• 制作スタッフ:中村肇(後期)• AP:(後期)• ディレクター:戸渡和孝• 監督:• プロデューサー:小西康弘(後期)• 制作著作:フジテレビ 関連書籍 [ ]• めちゃ 2モテたいッ! めちゃモテBOOK (1996年3月発売、フジテレビ出版、)• めちゃイケpM8編集プロジェクト(監修・片岡飛鳥)『めちゃイケ大百科事典』フジテレビ出版、2001年() 脚注 [ ].

次の

めちゃ×2モテたいッ!

めちゃ

援助交際めちゃはめムービーへようこそ。 当サイト「援助交際めちゃはめムービー」では援助交際ムービーの配信を行っています。 コンテンツにはアダルトな要素を含んでおりますので、18歳未満の方はご退出ください。 18歳以上なので【入場】する 18歳未満なので【退場】する 無修正の援助交際ムービーを海外運営会社より配信しております。 これより先はアダルトな情報が含まれています。 18歳未満の方のご入場は固く禁じます。 このサイト「援助交際めちゃはめムービー」はダイヤルQ2、国際電話接続料金は一切かかりません。 またサンプル映像は完全無料となっていますので、安心してお入り下さい。 また当サイト「援助交際めちゃはめムービー」に出演する全てのモデル、俳優、その他の実際の性描写は、その描写の制作時における年齢は18歳以上であります。 Copyright 2004 - 2018 enkou55. com All rights reserved. This website "ENKOU55" contains sexually explicit content. BY ENTERING THIS SITE "ENKOU55", YOU ARE HEREBY AFFIRMING UNDER PENALTY OF PERJURY PURSUANT TO 28 U. (・えんじょこうさい めちゃはめ むーびー・ ・エンジョコウサイ メチャハメ ムービー・ENNJOKOUSAIMETYAHAMEMU-BI-・ENNJOKOUSAIMECHAHAMEMU-BI-・ENJOKOUSAIMECHAHAMEMOVIE・ENJOKOUSAI MECHAHAME MOVIE・ ・ ENKOU55COM・援助交際めちゃは目ムービー・ ).

次の