音楽 用語 で だんだん 遅く という 意味 の 言葉 は どれ。 音楽用語「rall.(ラレンタンド)」の意味を解説!rit.との違いとは?

音楽用語で速度(テンポ)がだんだん速くなる事をなんといったでし...

音楽 用語 で だんだん 遅く という 意味 の 言葉 は どれ

クラシック音楽の楽譜にかならずといっていいほど書いてある、音楽用語。 速度を表すものから、音の強さ、表現や演奏方法など、いろんな意味の音楽用語があります。 ただでさえクラシック音楽って難しそうなのに、「音楽用語」なんてコトバは自分には分かりそうもない、なんて考える人もいるかもしれません。 でも、思っているほど難しくないんですよ。 音楽用語は、演奏を生き生きとさせてくれる魔法のコトバみたいなもの。 しかも、音楽用語は普段の日常生活の中に、わりとたくさん使われているんです。 もしかしたら気づかないだけで、あなたも音楽用語を使っているかも? 今回は、音楽用語の種類・意味と日常生活に使われている音楽用語について、そのほか知っておくと役に立つマメ知識を説明していきます。 しっかり勉強するぞ~。 ウッキー! 速度を表す速度標語 演奏を始めるときは、まず曲の速さがどれくらいなのかを知らなければいけません。 よく使われる速度標語の代表的なものをいくつか見てみましょう。 速度標語 意味 遅い Largo ラルゴ 幅広くゆったりと Lento レント ゆっくりと Adagio アダージョ 遅く 普通 Andante アンダンテ 歩く速さで Moderato モデラート ほどよい速さで 速い Allegro アレグロ 陽気に速く Vivace ヴィヴァーチェ 活発に速く Presto プレスト 急速に 速度の遅い順番に並べてみました。 これが基本的な速度標語で、あとはこれにちょっとしたコトバをくっつけて応用した使い方をします。 この応用のために使われるちょっとしたコトバをいくつか見てみましょう。 接尾語 意味 使用例 意味を強める ~ssimo ッシモ きわめて~に Prestissimo プレスティッシモ きわめて急速に 意味を弱める ~etto エット やや~に Allegretto アレグレット やや速く ~ino イーノ Andantino アンダティーノ 例えばPrestissimoはPrestoにssimo きわめて~に をつけたカタチ。 ettoとinoの理解のしかた ssimo ッシモ は、小さいツとシという鋭い発音が入っているせいか、鋭さ・激しさ・キツさがあり、もっともっとほしいというような、より強く求めている感じを受けませんか? 音の大きさを表す強弱標語 速度が決まったら、次はその音楽をどれくらいの音量で演奏するかを考えましょう。 よく使われる、音の強弱を表す記号と標語をまとめました。 強弱記号 意味 pp pianissimo ピアニッシモ とても小さく p piano ピアノ 小さく mp mezzo piano メゾピアノ やや小さく mf mezzo forte メゾフォルテ やや大きく f forte フォルテ 大きく ff fortissimo フォルテッシモ とても大きく 音の小さい順番に並べました。 ほんとウッキー。 音がだんだん大きくなると、なんだか興奮してくるウッキー。 豊かな表現をするための曲想標語 演奏する曲の速度と音の強弱が決まったら、それをどのような想いを込めて演奏するかが大切になってきます。 では次に、いろんな音楽の表現をするための曲想標語をいくつか見てみましょう。 曲想標語 意味 misterioso ミステリオーソ 神秘的に tranquillo トランクイッロ しずかに grave グラーヴェ 重々しく sostenuto ソステヌート 音の長さをじゅうぶんに保って doloroso ドロローソ 悲しげに amabile アマービレ 愛らしく cantabile カンタービレ 歌うように leggiero レッジェーロ 軽快に よく使われるものをいくつか取り出してみました。 音楽には、明るい曲もあれば悲しそうな曲などいろいろありますよね。 それをよりはっきり表現するために、作曲家がこの楽想標語を楽譜に書きこむんです。 でもイメージと結びつけて考えると、以外に理解しやすいのよ。 いくつか見てみましょう。 例えば、misteriosoミステリオーソ。 コトバが、ミステリーとかミステリアスという響きに似ています。 ミステリー、ミステリアスは英語で不思議とか神秘的という意味です。 日本でも会話の中で使われるコトバなので、イメージしやすいですね。 また、悲しげにという意味のdolorosoドロローソ。 愛らしいという意味のamabileアマービレ。 楽器演奏のやり方を表す奏法標語 曲を演奏していると、普段とは違った演奏方法が必要になるときもあります。 次は楽器演奏方法を表す奏法標語を見ておきましょう。 奏法標語 使われる楽器 意味 Ped. ピッツィカート ヴァイオリンなどの弦楽器 弦を指ではじいて arco アルコ 弓を使って flatter フラッター フルートその他の管楽器 巻き舌で吹くトレモロ たくさんある中の一部をまとめてみました。 例えばped. 指を鍵盤からはなしても、ペダルを踏んだままなら音がずっと響いたまま。 また、ヴァイオリンなどの弦楽器は、通常は左手で弦をおさえ、右手で持った弓を弦にこすり当てて音を出すもの。 この2曲を作曲したショパンは、「ピアノの詩人」といわれているのよ。 では次に、私たちの身近にある音楽用語を見てみましょう。 日常生活にある音楽用語 ここまでいくつか音楽用語を紹介してきましたが、これはたくさんの中のほんの一部。 もうこれ以上頭に入りそうにない~なんて思うかもしれませんが、音楽用語は以外にも私たちの日常生活のなかにまぎれこんでいるんですよ。 あなたの身近にもあるかも? いくつか見てみましょう。 音楽用語が使われた車の名前 日本の車の名前に、音楽用語がけっこう使われています。 見てみましょう。 日産の車• フーガ fuga 1つの主題が繰り返される曲• ノート note 音符• マーチ march 行進曲• ラルゴ largo 幅広くゆったりと ホンダの車• プレリュード prelude 前奏曲• コンチェルト concerto 協奏曲 マツダの車• エチュード etude 練習曲 スズキの車• アルト alto 女声の低音部 いくつか取り出してみたけど、けっこうあるわよね。 会話の中で使われる音楽用語 何気なくつかっている日常会話のなかにもいろいろあるんですよ。 そのほか、コース料理の最後に出てくるデザートをドルチェということがありますが、これは音楽用語でdolce やわらかく という意味です。 なぜかしら? では次に、音楽用語がいつから使われはじめたのか、またなぜイタリア語が多いのかを説明していきましょう 音楽用語が使われはじめたのはいつ? クラシック音楽の始まりは6世紀ごろで、15世紀ごろに今の音楽のカタチが出来てきたといわれています。 でもこの頃、音楽用語はまだほとんど使われていませんでした。 なぜ使われていなかったのでしょうか? もともと神様にお祈りするためのもの クラシック音楽とキリスト教はとても深いつながりがあります。 教会でキリスト教の神様にお祈りをするときにオルガンその他の伴奏で歌われる聖歌が、クラシック音楽の最初のカタチです。 最初の頃のクラシック音楽は お祈りするときに歌われるものであって、人前で披露するためのものではありませんでした。 だから、この頃の楽譜に音楽用語はほとんど書かれていません。 お祈りをするのに、ここの音は強くとか弱くとかなど、必要はないですからね。 キリスト教の本場イタリア うーんと、おさるの本場といえば、大分の高崎山なんだけど、ウッキー・・。 正解は、ローマ教皇がいるイタリアです 正確にはイタリアの都市ローマの中にあるバチカン市国ですね。 バチカン市国の中にあるサンピエトロ大聖堂は、キリスト教の総本山。 ローマ教皇がいるイタリアは1世紀からキリスト教の中心として栄え、聖歌もたくさん歌われてきました。 時代がすすむにつれて、お祈りのためだった聖歌や伴奏に使われていた楽器の演奏が、イタリアの貴族や王様のまえで披露されるように発展していきます。 そうするうちに、よりいい演奏になるように、楽譜にここはもっと強くとか弱くとか指示が書き込まれるようになりました。 これが、音楽用語の始まりです。 音楽用語にイタリア語が多いのも、イタリアがキリスト教の本場であり、聖歌が多く歌われ発展してきたからなんですね。 まとめ 音楽用語に多く使われているイタリア語は、じつは音楽だけのための特別な言葉じゃないんです。 イタリア語の日常会話で使われている普通のコトバなんですよ。 たとえばpresto プレスト は、イタリアの日常会話では「すぐに、近々、速く、ただちに」などの意味で使われます。 ですから音楽用語を覚えれば、イタリア語にちょっとだけくわしくなれます 音楽用語とイタリア語の日常会話では、少し意味合いが違うこともありますので注意が必要ですが。 そう考えれば、音楽用語にたいしてそんなに身構えなくても、わりと受け入れやすく考えられますね。 でも音楽を生き生きとさせてくれる音楽用語は、演奏する側にとって時にはちょっとクセモノ。 ここでこんなことやるの? とおどろくような指示が書いてあったり、なんでこんな難しいことやらせるの~!? と苦しみながら演奏したりすることもたくさん。 それでも、作曲家のおエライ先生たちの曲に込めた想いを尊敬するフリをして一生懸命演奏するのです。 でも中には、これはどう考えても作曲家本人の書き間違いだろうと解釈されている用語や記号もあるんです。 作曲家のセンセイたちも天才とはいえ人間ですからね。 そういうものは、正しくはおそらくこうなんだろう、と考えられる標語に直されて演奏されています。 今度楽譜を目にする機会があれば、ぜひ音楽用語をよく見てみてください。 音楽用語にこめられた作曲家の考えに想いを寄せてみましょう。 楽器買取ってどうなの?.

次の

音楽用語「rall.(ラレンタンド)」の意味を解説!rit.との違いとは?

音楽 用語 で だんだん 遅く という 意味 の 言葉 は どれ

120• 121• 120• 120• 124• 139• 141• 156• 159• 155• 160• 157• 165• 154• 131• 139• 144• 174• 165• 178• 177• 185• 150• 147• 155• 217• 232• 225• 228• 212• 213• 262• 251• 277• 209 selected entry.

次の

青空の下で。

音楽 用語 で だんだん 遅く という 意味 の 言葉 は どれ

120• 121• 120• 120• 124• 139• 141• 156• 159• 155• 160• 157• 165• 154• 131• 139• 144• 174• 165• 178• 177• 185• 150• 147• 155• 217• 232• 225• 228• 212• 213• 262• 251• 277• 209 selected entry.

次の