モナコ タグ ホイヤー。 タグホイヤー|モナコが「凄い!」と言われる理由 ~革新的な世界初の角型防水時計~

新品 タグホイヤー TAG HEUER モナコ

モナコ タグ ホイヤー

Contents• タグホイヤーのモナコの特徴は? まずはタグホイヤーのモナコの特徴をご紹介します。 モナコシリーズがどうして最高傑作と言われているのか、秘密はこれらの特徴の中にあるようです。 ・スティーブ・マックイーンが着用したモデル モナコがここまで人気の理由は、ハリウッドで有名なスティーブ・マックイーンが映画の中で着用していたから。 1970年に誕生したハリウッドのカーレース映画「栄光のル・マン」で使用し、一気に伝説の時計へと人気になりました。 ・スクエア型のクールなデザイン 腕時計といえば、丸や楕円形が一般的ですが、 モナコシリーズは革新的なスクエア型のデザインでも注目を集めています。 規則的に角ばった形状はクールなデザインに仕上がっており、スタイリッシュなコーディネートに決めたい方におすすめです。 ・世界初のスクエア型防水時計 モナコシリーズに注目すべきポイントは、スクエア型のデザインに加えて、 世界初のスクエア型防水時計であること。 革新的なスクエア型のデザインというだけでも凄いのに、さらに防水性を実現したことであっという間に人気のモデルとなりました。 タグホイヤーのモナコのおすすめ7選 モナコシリーズがどうしてここまで人気なのか伝わったことと思います。 中でもおすすめ商品が何なのか多くの方が気になることでしょう。 そこで今度はタグホイヤーのモナコシリーズでおすすめの商品をご紹介します。 FC6183 モナコシリーズの誕生40周年を記念して作られた特別モデルです。 ケースには強度に優れたステンレススチールを採用し、モナコらしいクールさを演出しています。 ベルトは腕馴染みがよく、高級感溢れる革を使用し、長時間付けていても疲れにくいのが特徴です。 裏面からはタグホイヤーならではの繊細なムーブメントを楽しめる、シースルーの作りとなっています。 タグ・ホイヤー TAG HEUER モナコ クロノグラフ キャリバー12 CAW2111. FC6183• FC6401 2018年に登場した特別限定モデルです。 「栄光のル・マン」でスティーブ・マックイーンが使用したモデルのデザインが引き継がれています。 ブルーのダイヤルをベースに、ブルーとオレンジのストライプが入った斬新なデザインです。 6時位置には「ガルフ」のロゴが配されており大変おしゃれです。 周囲と差を付けたい方におすすめのアイテムとなっています。 2018年新作】タグホイヤー モナコ キャリバー11 ガルフ スペシャルエディション CAW211R. FC6401• FC6356 ブルーの文字盤がクールな印象のモナコシリーズ。 9時位置に施されたリューズはスティーブ・マックイーンが着用していたモデルの時計を再現しています。 裏面からは繊細な時計のムーブメントが楽しめるシースルー設計。 革でできたベルトは腕馴染みが良く、モナコのスタイリッシュな佇まいを引き立てます。 タグ・ホイヤー TAG HEUER モナコ クロノグラフ キャリバー11スティーブ・マックィーン CAW211P. FC6356• FC6177 実用的な1本として使用できるモナコシリーズの時計です。 長針や短針はやや太めの設計で、高い視認性を実現できるため普段使いにもおすすめ。 ケース大きさは37mmと少し小さめな印象ですが、腕回りを上品に演出してくれます。 3時位置にはデイト表示機能もあり、忙しいビジネスマンの時間管理をサポートしてくれるのも特徴です。 タグ・ホイヤー モナコ クォーツ ブラック WAW131A. FC6177• FC6324 全体をブラックカラーで統一したシックなデザインのモナコシリーズ。 傷のつきにくいサファイヤクリスタルをはめ込んだケース裏からは、モナコシリーズの繊細なムーブメントを楽しめます。 文字盤だけではなく、ベルトやケースもツヤのあるブラックを基調とし、大人のメンズアイテムとして重宝すること間違いなしです。 タグ・ホイヤー TAG HEUER モナコ クロノグラフ ACM ブラックスティール CAW211M. FC6324• FC6420 レディース向けのモナコシリーズです。 ブラウンの文字盤は女性らしいエレガントさを感じさせるカラーとなっています。 6時位置にはスモールセコンド、3時位置にも日付表示が配されており、ビジネスシーンにも最適です。 ベルト部分も腕によく馴染む革素材で、長時間付けていても疲れにくく長く愛用できます。 タグ・ホイヤー TAG HEUER モナコ レディ WAW131E. FC6420• FC6177 ホワイトのストライプでレーシングシーンを再現したモナコシリーズ。 こちらのモデルは、スティーブ・マックイーンが着用したレーシングスーツをイメージして作られています。 ブルーを基調とした文字盤にはホワイトのストライプ模様を配し、タグホイヤーならではの革新的姿勢を感じられます。 斬新なデザインなので、周囲と差を付けたい方にぴったりのアイテムです。 タグ・ホイヤー TAG HEUER モナコ クロノグラフ キャリバー12 ブティック エディション CAW211N. FC6177• まとめ 今回はタグホイヤーのモナコシリーズの特徴や、おすすめ商品をご紹介しました。 どのモナコシリーズも魅力溢れる特徴が多く、一番のお気に入りを見つけるのは難しいかもしれませんね。 タグホイヤーは今回ご紹介したモナコシリーズ以外にも、人気のモデルがたくさんあります。 タグホイヤーの時計に興味がある方は、ぜひ他のシリーズもチェックしてみてくださいね。

次の

タグ・ホイヤー モナコ(新品)|腕時計の販売・通販「宝石広場」

モナコ タグ ホイヤー

時計愛好家のみならず、メンズ高級時計ブランドのエントリーモデルとしても人気の高いタグ・ホイヤー。 スペックなど機能面については商品の説明欄等を見れば確認できますが、実際にいざ購入!となると、実際の着け心地や普段の質感、普段の服装に似合うのかどうかといった点もとても気になりますよね! 「『良いもの』であることはわかっているけれど、実際に購入した人はどう思っているのか事前に知っておきたい・・・」とお考えの方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は実際に当店ジャックロードにお寄せいただいたタグ・ホイヤーのレビューをモデル別にまとめてみました! これからタグ・ホイヤーの購入を検討されている方は是非ご参考ください。 タグ・ホイヤーは時計大国スイスに拠点を置く腕時計メーカー。 創業は1860年にまで遡る老舗の腕時計メーカーです。 設立当初は創業者の名にちなんでエドワード・ホイヤー・ウォッチとしていましたが、その後ホイヤー社に名称変更。 その他腕時計メーカーと同様、クォーツショックにより資金難に陥っていたところ、TAGグループからの資金援助を受け、それがきっかけとなり現在のタグ・ホイヤーとなりました。 1999年にはLVMHの傘下に入りました。 スポーツとエレガンスの融合をブランドコンセプトとしているタグ・ホイヤー。 そのコンセプト通り、スポーティなテイストを保ちながらもビジネスでも使えるデザインが世界中で人気を博しています。 実は当店ジャックロードの最新のブランド別人気ランキングでも1位に君臨するほどの人気っぷり。 ブランド人気はゆるぎない地位を確立しています。 あとはモデルを選ぶだけ!この後のモデル別レビューを是非ご参考ください。 当店のタグ・ホイヤーランキングでも上位を占めているカレラだけに、たくさんのお客様のレビューがございます。 WAR211A. BA0782 まずはカレラの中でも屈指の人気を誇るタグ・ホイヤー カレラ キャリバー5 Ref. WAR211A. BA0782。 2014年に誕生したカレラです。 【機能性】無駄な機能がなく、見やすいです。 【操作性】初めて機械式時計を購入される方でも簡単です。 【フィット感】とても着用感がよく、問題ないです。 【耐久性】普段使いには問題ないレベルです。 【その他】スタッフの対応が親切。 丁寧で安心して購入できました。 着け心地も最高で仕事にもプライベートにもよく合います。 サイズ感もとても良く、スーツによく合います。 何より高級感が素晴らしいです。 本当にオススメの一本です。 WAR211B. BA0782 続いては同じく2014年に誕生したカレラ キャリバー5 Ref. WAR211B. BA0782。 こちらはシルバーの文字盤に爽やかな印象を受けます。 シンプルなデザインで普段使い含め、幅広いシーンで着用できるのも嬉しいポイントですね。 シンプルにするならデイデイトではなく、デイトの方がより洗練されてる気がします。 庶民の私には高すぎる時計は気を使いますが、このくらいのお値段なら普段使いに丁度いいです。 CBM2110. BA0651 こちらは2019年誕生のカレラキャリバー16 クロノグラフ Ref. CBM2110. BA0651。 セラミックのベゼルが洗練された印象を与えます。 後のメンテなど考えると。 デザインはレーサークロノに有りがちな、ムダなハデさを押えつつ、さりげなくレーシーな赤を使って主張も忘れてない所はさすがタグホイヤー。 何と言っても今年の新作だしベゼルはセラミックのせいか黒が基調の割に輝く感じが気に入ってます。 今年転職した自分をさらに奮起させてくれる時計になってくれそうです。 強いて言えば重さかな?こればっかりは仕方無い 慣れればむしろ所有意識になります。 あと、店員さんの対応も良かった ありがとうございました。 CBG2A1Z. BA0658 こちらはクロノグラフに加えてさらにGMT機能を搭載したカレラ。 両面シースルー仕様で機能美も愉しむことができます。 ベゼル下半分の青や、GMT用の針やベゼル裏の赤がいいアクセントになっていて、実物は最高にかっこいいです。 また、両面スケルトンも見ていて飽きないです。 毎朝、付けるのが楽しみになっています。 CBK2112. FC6292 ブルーの文字盤がスマートでスタイリッシュな印象を与えるこちらのカレラ キャリバー16 クロノグラフ Ref. CBK2112. FC6292。 クロノグラフを縦目に配し、スポーティでありながらエレガントな仕上がりになっています。 スーツにもカジュアルにも合う高級感あるオシャレな時計で、フィーリングがピシャリとハマった。 TagHeuerの2018年新作がこの価格というのも買い得感あり。 実は世界初の角形防水時計というバックグラウンドを持つモナコ。 当時はスポーツウォッチの常識を打ち破るかの如く、そのスクエアフォルムは業界でも話題となりました。 CAW2111. FC6183 モナコの誕生40周年記念モデルであるモナコ クロノグラフ キャリバー12 Ref. CAW2111. FC6183。 シースルーバック仕様になっており、ケース裏蓋からはキャリバー12の動きを愉しむことができます。 やっと手に入れることができました。 大切に使いたいと思います。 購入手続きから手元に届くまで非常にスムーズでした。 ありがとうございました。 この時計をして外出するのが楽しいです。 黒色レザーベルトも似合います。 スタンダードながら特徴的なスクエアタイプ、青盤もかっこよくオススメ。 本格的な機械式の他、リーズナブルでコスパ抜群のクォーツモデルのラインナップも豊富です。 WAY201A. BA0927 ダイヤルに入ったホリゾンタルラインがダイバーズウォッチらしいデザインのアクアレーサー キャリバー5 セラミック Ref. WAY201A. BA0927。 回転ベゼルは耐傷性に優れたセラミック製。 2016年誕生の作品です。 セラミックベゼルが光の反射により、ブラックやメタリックブラックまたガンメタ色に見えて気に入ってます。 注文から1週間くらいで入荷の連絡を頂き早速ブラックのアクアレーサーの現物を見て購入になりました。 キャリパー5のモデルなので心配はしてませんでしたが、購入後3ヶ月がたちましたが、日に+10秒程度と予想どうりかと思います。 文字盤のルミは二色に発光してエメラルドグリーンに近い色合いで綺麗な発光です。 価格的にも気を使わず毎日使うには良いアクアレーサーです。 WAY1112. BA0928 サンレイ加工仕上げの上品な文字盤が印象的なこちらのアクアレーサー 300m Ref. WAY1112. BA0928。 シンプルながら見る角度によって移ろい行くその表情は見るものを飽きさせません。 ジャックロードさんではじめての購入です 文字盤は落ち着いた感じの高級感のある青色で気に気にいりました。 商品お店の対応ともに満足のいく買い物でした。 WAY111A. FT6151 ラバーベルトが都会的な印象を与えるこちらのアクアレーサー Ref. WAY111A. FT6151。 味のあるアルミニウムベゼルです。 ジム通い用にアクアレーサーを 購入させて頂きましたが使い勝手、コスパ的にも大変満足しています。 自分的には非常に軽く運動していても邪魔になりません。 ただ一つ、マイナス要素を付けるなら、ラバーストラップの留め金部分が稀に手首内側に刺さるので『チクッ』ってします。 全体的には良い時計だと思います。 迅速な対応、しっかりとした梱包ありがとうございます。 タグ・ホイヤーの中でも特にレーサーテイストが強く感じられるフォーミュラ1。 スポーティなデザインを好む方にはうってつけです。 タグ・ホイヤー フォーミュラ1 キャリバー7 GMT Ref. WAZ211A. BA0875 GMT機能を搭載したフォーミュラ1 キャリバー7 GMT Ref. WAZ211A. BA0875。 社会人になりちょっと高価になったフォーミュラ1に買い替え。 そして自動巻になったフォーミュラ1に買い替えました。 GMTまで備え、進化し続けます。 車好きなのでカレラも良いんですがフォーミュラ1は思い入れが違います。 ベルトが若干軽くなった気がします。 ベゼルの文字の所はまさかの艶消し。 若過ぎずアラフォーをお洒落に着飾ってくれますよ。 マッドブラックの文字盤にホワイトのインデックスバーで視認性抜群。 鮮やかなブルーのGMT針と秒針の先端がアクセントとなっていていい。 秒針の後端はタグ・ホイヤーのロゴマークの形状なのもGOOD。 比較的コストパフォーマンスの高いモデルが揃うタグ・ホイヤーですが、決して安くはない買い物、しっかりと吟味・納得した上で購入したいですよね。

次の

【名作タグホイヤー】vol.2~モナコ~

モナコ タグ ホイヤー

タグ・ホイヤーは、時計大国スイスに拠点を置く高級時計メーカーのうちの一つ。 とくにストップウォッチやクロノグラフなど一際スポーツウォッチの開発に注力してきたことで知られ、その高性能ぶりから、いまやロレックスやオメガなどと並ぶ有名ブランドの一つに数えられるようになりました。 そんなタグ・ホイヤーの豊富なラインナップのなかから、今回は特徴的なスクエアフォルムでお洒落アイテムとしても人気の「モナコ」にフォーカス。 その特徴やおすすめのモデルを取り上げてご紹介致します。 モナコとは モナコ クロノグラフ Ref. 1133 希少性の高い最初期のモナコのブルーダイヤル Cal. 11搭載 モナコは、スイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーによる防水機能を備えた自動巻きクロノグラフです。 モナコが発表されたのは1969年のこと。 当時、高い防水機能を確保するためには腕時計を丸いフォルムで仕上げるのが一般的でした。 モナコはそんなスポーツウォッチの常識を打ち破るかのようなスクエアなフォルムをまとって市場に登場。 世界初の角形防水時計としてたちまち業界の話題をさらいました。 モナコの名の由来 そもそも、モデル名となっているモナコとは、南ヨーロッパの地中海沿岸地域にある都市のこと。 世界で2番目に小さい国ながら、F1レースのモナコグランプリや、世界ラリー選手権(WRC)のラリー・モンテカルロの開催地として知られています。 モナコというモデル名は、モータースポーツを象徴するネーミングであるといえるでしょう。 モナコ大ヒットのきっかけ モナコの名を世界に知らしめるのに大きく貢献したのが、1960年代から70年代にかけてトップ俳優として活躍したスティーブ・マックイーンです。 『大脱走』、『華麗なる賭け』、『ゲッタウェイ』、『荒野の七人』など数々の名作に出演していますが、1971年に公開された有名なカーアクション映画『栄光のル・マン』のなかでマックイーンが身につけていたのがモナコでした。 このことがきっかけで、モナコは大ヒットをおさめます。 1969年というと、セイコーによる世界初の市販クォーツ式腕時計「アストロン 」が世に出た年。 皮肉にも機械式時計からクォーツ式へと大きく転換し始めた年に誕生したモナコでしたが、時代の流れに翻弄されることなく、現在においてもタグ・ホイヤーのラインナップのなかで、最も人気のある腕時計の一つとなっています。 モナコへの高い評価 また、モナコを特別な腕時計にしている特筆すべき要素の一つとして忘れてはならないのが、世界初の自動巻クロノグラフムーブメントを搭載しているという点です。 タグ・ホイヤーだけでなく、ブライトリングやハミルトンといった名だたるメーカーによる共同開発により生み出された「Cal. 11」というムーブメント、通称「クロノマティック」は、通常とは逆の左側にリューズが備わるのが特徴。 このことから、1969年は「自動巻きクロノグラフの年」とされ、時計愛好家のあいだでもモナコは高い評価を得ています。 なお、前述のマックイーンは左利きだったため、劇中でも私生活でも腕時計を右手首に着けていました。 そんなモナコの構造的特徴もまた、彼がモナコを愛した理由の一つだとされています。 モナコの世界観 ドレッシーな雰囲気を醸しだすイタリア限定・僅か40本のみ発売されたRef. CW2111. LE6177 モナコは1969年の誕生以来、アップデートを繰り返し、さまざまなモデルを世に出してきました。 エレガンスとヴィンテージ感とをバランスよく体現した秀逸なコレクションのなかから、一部をピックアップして、そのタイムレスな魅力についてご紹介していきましょう。 モナコ Ref. 73633 Ref. 73633 「モナコ Ref. 73633」は、1970年代に発売された、オリジナルモナコの一つです。 シックなグレーのダイヤルの3時、6時、9時と3つの位置に黒いサブダイヤルを配置し、要所に赤のアクセントを効かせたお洒落なモデル。 タグ・ホイヤーは、1985年にTAGグループからの資金援助を受けて現在の社名となります。 モナコのなかには現在でもあえてメーカー表記を「HEUER」としているものが少なくありませんが、こちらは正真正銘「HEUER」時代のもの。 現在はほとんど市場に出回らなくなった希少な一品です。 CAW211R. FC6401 Ref. CAW211R. FC6401 2018年に発表されたモナコです。 映画『栄光のル・マン』においてスティーブ・マックイーンが乗るレースカーとして登場し、今でもカーマニアのあいだで高い人気を誇る「ポルシェ917K」。 ガルフカラーと言われているブルー&オレンジのカラーリングを施し、特別感のある一本に仕上がっています。 「ガルフ」とはかつて存在した石油会社で、そのロゴが6時位置にプリントされています。 ベルトの裏側とステッチにオレンジがあしらわれているのもポイントです。 CAW211D. FC6300 Ref. CAW211D. FC6300 かのスティーブ・マックイーンが映画『栄光のル・マン』において着用していたレーシングスーツのデザインをダイアル上にあしらったモデルです。 9時位置のリューズはオリジナル・モナコを彷彿とさせます。 ケースバックから「Cal. 11」の動きが見られるのも魅力。 Cal. 11の動きを見ることができるシースルーケースバック 2012年製。 WW2118. FC6216 Ref. WW2118. FC6216 ケースとインデックスにダイアモンドをセッティングしたラグジュアリー仕様のモナコです。 専用のバイソン柄ストラップの装着など、ワンランク上のラグジュアリーな雰囲気が演出されています。 6時位置のスモールセコンドのデザインも角型となりモナコらしい雰囲気が味わえる1本です。 シースルーのバックからは「Cal. 6」が作動する様子が見られます。 Cal. 6の動きを見ることができるシースルーケースバック モナコとして初めてサファイヤクリスタルの風防が採用された記念すべきモデルでもあります。 CAW211M. FC6324 Ref. CAW211M. FC6324 オールブラックでコーティングされたステンレススチールケースを採用した精悍な顔つきのモナコです。 タグ・ホイヤーが誇るクロノグラフムーブメント「Cal. 12」を搭載。 シースルーバックからその美しい動作を堪能することができます。 ケースバックには、1890年に創立された世界で最も歴史ある自動車クラブの一つ「モナコ自動車クラブ(ACM)」があしらわれています。 ケースバックにあしらわれたACMの紋章 シックなデザインですが、モナコの世界観がさりげなく表現され、静かにスポーツマインドを掻き立ててくれます。 2013年発表。 CAW211S. FC6375 Ref. CAW211S. FC6375 黒いダイヤルに暖色のバーインデックスを組み合わせ、白いサブダイヤルを配置したモダンなデザインのモナコ。 フランスにおいて200本限定で発売された希少なモデルです。 オリジナルモナコに敬意を表し、9時位置にリューズを配置し、ブランド名を「HEUER」としています。 シースルーのケースバックからは、オリジナルモナコにも搭載されていた自社製ムーブメント「Cal. 11」の動作が楽しめます。 モナコの他に類を見ない強烈な存在感を放つデザイン完成度の高さや歴史的な背景は時計愛好家からも高く評価されています。 腕時計の歴史を語るうえで欠かせないマスターピースをお探しの方はもちろん、お洒落の要となる純度の高いファッションアイテムをお探しの方にもおすすめです。 ジャックロードでは今回取り上げたモデル以外にも多数のモナコをラインナップ。

次の