交通 系 ic カード ポイント 還元。 交通系ICカードはどれがいい?全10種を比較してわかったこと

キャッシュレス消費者ポイント還元事業の交通系ICカード対応まとめ。

交通 系 ic カード ポイント 還元

マイナンバーカード利用して最大5千円のポイント還元 政府が新たなポイント還元制度を発表した。 その制度とは、 2020年9月以降に最大5000円分のポイントをもらうことができるというもの。 しかしそのポイント還元を受けるには、 マイナンバーカードの作成が必要になる。 2015年に鳴り物入りで始まったマイナンバー制度。 実は、自治体によっては既にマイナンバーカードで買い物ができるところもある。 しかし、4年経過しても普及率はいまだ14. 3%にとどまっている。 そこで政府がマイナンバーカードの普及を目指し、2020年9月から2021年3月まで実施予定なのが「 マイナポイント」。 マイナンバーカードの所有者が、最大2万円までキャッシュレス決済やチャージをした場合に、25%にあたる約5000円分のポイントがもらえるというものだ。 ポイント還元を受けるために必要なID設定 このポイントをもらうためにまず設定しなければならないのが、 マイキーIDというもの。 マイキーIDは、マイナンバーカードをカードリーダーで読み取ることなどで交付される。 マイキーIDの設定を推進している市役所で手続きをしている人に話を聞くと… マイキーIDを発行した女性: これからいろいろ切り替わるという話だったので、早めに行ってやっちゃおうかなと思ったので来ました。 手続き自体は簡単でした。 取得したマイキーIDを買い物の決済アプリに入力し、そのアプリで買い物をすると最大5000円分のポイントをもらうことができる。 また、マイキーIDを交通系ICカードなどに登録すると、チャージする際に同じく最大5000円分がもらえるという。 マイナンバーカードでのポイント還元に街の人は… ポイント還元率25%はオトクに思える。 しかし、制度の利用にはそもそもマイナンバーカードの発行が必要だ。 この制度について、街の人に話を聞くと… 女性: 6人で住んでいます。 家族で合わせて3万円!結構大きくないですか?作ってみたいなとは思います。 男性: 面倒くさいですね。 そこまでして作ろうとは思わない。 めざましテレビの「50人アンケート」で、この制度を利用するためにマイナンバーカードを作るか聞いたところ、 作ると答えた人は26%にとどまったのに対し、 作らないと答えた人は3倍近い72%という結果となった。 マイナンバーカードを作らない理由として、「なくても困らない」「手続きが面倒」「個人情報の漏洩が怖い」などの声が聞かれた。 新たなポイント還元制度 今後の課題は さらに、独自にマイナンバーカードを使ったポイント還元制度を導入している自治体でも、利用者から手続きが複雑との声が多く聞かれ、なかなか普及は進んでいないということだ。 マイナンバーカードを使ったポイント還元制度。 今後の課題について専門家は… 第一生命経済研究所 永濱利廣首席エコノミスト: お得なポイント還元がありますから、マイナンバーカードの普及率は上がると思います。 しかし、お年寄りの方々が1人でパソコンとか使ってID設定等するのは非常に大変だと思います。 手続きのサポートを手厚くする必要があると思います。 神奈川県平塚市では、マイキーID設定専用のコーナーを設けるなど、全国の役所でも推進の動きが徐々に広がりを見せている。 しかし、まだ利用者は多くはないということだ。 (「めざましテレビ」11月21日放送分より).

次の

札幌で使えるSAPICAとKitacaの3つの違い

交通 系 ic カード ポイント 還元

交通系ICカードのキャッシュレス消費者還元事業対応状況は? 全国には10の交通系ICカードが発行されていますが、全部が対応するのではありません。 対象店舗で用意される決済端末は交通系ICカード共通で支払いが可能ですが、ポイント還元はICカード発行元が行います。 例えばポイント還元対応しないTOICAだと対象店舗で支払いできても還元はされないことになるので注意しましょう。 対応するカードを持っていても事前にインターネットで登録する必要がある場合がありますのでホームページで調べておきましょう。 対応する交通系ICカード• Suica スイカ• PASMO パスモ• manaca マナカ(エムアイシー発行カードのみ対応)• PiTaPa ピタパ• ICOCA イコカ• nimoca ニモカ• SUGOCA スゴカ 対応しない交通系ICカード• TOICA トイカ• Kitaca キタカ• はやかけん• manaca マナカ(名古屋交通開発機構発行カードは対応しない) manacaだけはカード発行会社で対応が二分するというややこしい事態になりました。 manacaは2種類あり、エムアイシー発行とは名古屋鉄道の関係会社が名鉄で発行しており、名古屋交通開発機構発行とは名古屋市交通局で発行されているカードです。 カード裏面に発行会社が記載されていますのでエムアイシー発行と記載されていれば大丈夫です。 ポイント還元対応するしないで、各発行元の交通系ICカードへの力の入れようが見て取れる気がしました。 キャッシュレス支払いでいくら還元されるのか キャッシュレス消費者還元制度の対象店舗でキャッシュレスで支払いすると支払額の最大5%還元されます。 店舗によって還元率は異なり、2%還元の店舗もあります。 対象店舗はこのマークが目印です。 対象店舗はで確認できます。 ポイント還元を受けるには会員登録が必要 交通系ICカードを使ってキャッシュレスポイント還元を受けるには、ホームページで会員登録が必要です。 登録をしなければポイントが戻ってこないので必ず登録をしましょう。 ピタパを利用しているなら入会時に利用者情報が登録済なので特に手続きは不要です。 登録方法は次の各リンク先よりご覧ください。 (エムアイシー発行カードのみ対応)• 対応する交通系ICカードを持っておこう キャッシュレス消費者還元事業は交通系ICカード以外にもクレジットカードやQRコード決済などの支払いでも対象となります。 クレジットカードを持っていない学生さんだと、紹介した交通系ICカードを使ってコンビニやマクドナルドで支払うといいでしょう。 交通系ICカードはコンビニで現金チャージができます。 iPhone7以降のフェリカ対応機種を持っているならiPhoneでSuicaをすぐに発行できます。 東日本だけでなく全国どこでもSuicaは使えます。 交通系ICカードで支払いするだけで最大5%割引になるようなものですから現金払いはやめてキャッシュレスを活用しましょう。

次の

札幌で使えるSAPICAとKitacaの3つの違い

交通 系 ic カード ポイント 還元

同事業は、消費税率引上げ後から2020年6月末まで、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する政府の事業。 同事業の予算は2,798億円。 なお、正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」だが、最近は「キャッシュレス・ポイント還元事業」と表記されることが多い。 どちらの表記でも意味は同じだ。 利用可能な店舗は、9月2日時点では約27万件。 8月29日時点での加盟店登録申請数は約51万件。 クレジットカード・デビットカード クレジットカードは、還元上限が概ね1. 5万円。 各社の違いが現れるのは、還元手段で、「カードの請求額からのポイント還元分の減額 相殺 」と、「ポイント付与」の2種類があり、発行会社やカードのブランドによって異なっている。 三井住友カードや、UCカード・クレディセゾンなどは前者の「請求額からの相殺」だが、楽天カードやポケットカード ファミマTカード などは後者の「ポイント還元」で、楽天スーパーポイントやTポイントなどで還元される。 カードブランドごとに対応が異なっているので、正確な情報はお手持ちのカードの公式情報を確認してほしい。 例えば同じ三菱UFJニコスのカードでも、「MUFJカード」は引き落とし時にポイント相当分を相殺するが、「NICOSカード」、「DCカード」は商品と交換できるポイントとして還元するなど、同一企業でもカードブランドごとに。 ただ、請求額からの相殺でもポイント付与でも、付与時期は利用月の2カ月後でほぼ共通のようだ。 なお、ほとんどのカードは、月15,000円相当が還元上限だが、というカードもある。 クレジットカードでの支払いだけでなく、カードに紐付いたApple PayやiD、QUICPayなど非接触決済での支払も、ポイント還元の対象となる場合が多い カードによる。 詳しくはカード会社の情報を参照してほしい。 デビットカードの多くや一部のプリペイドカードでもポイント事業対応している。 デビットカードの還元方法は「口座に付与」、上限は「1. 使いこなせれば、「お得」になるはずだ。 なお、Discoverや銀聯などの海外クレジットカードは、ポイント還元事業の対象外となる。 楽天ペイ アプリ決済 は、還元方法が楽天スーパーポイント。 還元時期は利用月の翌々月末日頃。 上限は1回あたり25,000ポイントで、月の上限はなし。 上限は期間中3,000ポイントまでで、付与ポイントの利用期間は2020年1月31日23時59分。 第1弾は10月1日から12月2日を予定しており、キャンペーン登録が必要。 au PAYは、au WALLET ポイントで還元。 買い物から約1カ月後にau WALLET ポイントで還元する。 ポイントの有効期限はポイント付与日から4年間。 J-Coin Payは。 ポイント相当額を利用者のJ—Coin Pay残高に入金する。 ユニークなのは「Origami Pay」だ。 還元方法は「LINE Payボーナス」で期限は2年。 メルペイは、コード払いとiDで対応。 「メルペイ残高払い」だけでなく「メルペイあと払い」も還元の対象となる。 コード払いの場合は、毎週月曜日に前週の還元対象決済分のポイントを還元、iDの場合は、毎月25日に、前月の還元対象決済分のポイントを還元する。 還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて90日。 d払いは、dポイントで還元。 「キャッシュレス・消費者還元事業」における主要な決済事業者 8月19日時点 JR東日本のSuicaは、JRE POINTで還元。 ポイントは対象となる決済の翌月上旬頃に1カ月分まとめて還元する。 JRE POINT登録済のSuicaが必要となる。 大手私鉄系の「PASMO」は、この還元事業のために新たに「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を立ち上げ。 対象店舗でPASMOで決済すると、決済額に応じてポイントが貯まる。 なお、参加には専用サイトでの登録が必要。 還元事業の6カ月間を3期にわけて還元を行なう。 また、PASMOのカードの上限は20,000円で、残高との合計が2万円を超えてしまうと還元を受けられなくなる。 例えば、PASMOの残高が19,500円の場合、500円を超えた還元はできなくなってしまうため、残高に注意する必要がある。 交通系ICでは、manacaやTOICA、ICOCA、はやかけん、SUGOCA、PiTaPaも還元事業に対応予定だ。 nanacoは、nanacoカードやnanacoモバイルの使用に対し、nanacoポイントで還元。 利用翌月の15日にnanacoポイントで還元し、nanacoポイントから電子マネーnanacoに交換し、店舗等で支払い可能になる。 事前エントリーは不要。 WAONは、「消費者還元WAON」で還元。 カードなどに直接付与されず、イオン店舗などに設置されているWAONステーションや、イオン銀行ATM、ファミリーマートに設置されているFamiポートなどで受け取る。 1カ月間の還元上限は15,000WAON。 楽天Edyは、電子マネーのEdyで還元。 Famiポート、Edyの赤いチャージ機、楽天Edyアプリなどでの受け取り処理を行ない、通常のEdy電子マネーとして利用できる。 1回あたりの還元額は最大2,500円分。 支払日から30日を目処にEdyを付与。 受け取り期限は付与日から90日間としている。

次の