ダブリン ホテル。 アーリントン ホテル オコネル ブリッジ ( ダブリン ) の宿泊予約

Top Hotels in Dublin from ¥6,896 (FREE cancellation on select hotels)

ダブリン ホテル

ダブリンは小さな町ですが、それでも観光をするのに一番便利な場所はやはり街の中心部です。 テンプルバーエリアはまさに街の中心部であり、世界中から数多くの観光客が集まる場所になっています。 このエリアには歴史あるパブが数多く現存しており、石畳の路地にヨーロピアン建築の色鮮やかな建物が連なる様は、いかにもヨーロッパというような、味のある雰囲気が醸し出ています。 アイルランドのイメージとして一番有名なのは、黒いビールのギネスと軽快な音楽が特徴的なアイリッシュミュージック。 ここテンプルバーエリアでは、アイルランドの名物が凝縮されて体験することができる場所になっています。 夜になると多くのパブから音楽のセッションが聞こえてきますので、ちょっとでも惹かれたなら思い切って中に入ってみることをおすすめします。 特定のイベントの時期を除いて、音楽は基本的に無料で楽しむことができます。 カウンターに行って飲み物を注文し、空いている椅子にポンと腰をかけてミュージックを楽しましょう。 お店によってはアイリッシュダンスが開催されているところもあります。 アイリッシュダンスを行っているお店の前にはポスターが貼られているので、すぐにわかるようになっています。 また美味しいレストランがたくさんありますし、スーパーもある為、食事などにこまることもありません。 このテンプルバー付近に泊まる一番のメリットは、何と言っても、パブでお酒を飲みながら遅くまで楽しめることです。 アイルランドは他のヨーロッパに比べて比較的治安の良いエリアと呼ばれていますが、できれば遅い時間の外出は避けたほうが無難です。 ただこのエリアに泊まるようであれば、パブがホテルに隣接している場合が多いので、遅い時間に外を出歩くにも、距離が近いので危険はかなり避けられます。 ただし、このエリアにはホテルが数個くらいしかないので、直近での予約は時期によってはなかなか難しいかもしれません。 特に3月17日にはセントパトリックスデーというアイルランドで一番の盛り上がりを見せるお祭りがある為、この時期と夏場はお早めの予約をおすすめします。 テンプルバーエリアに泊まるデメリットとしては、繁華街なので少し夜中は騒がしいときもあるかもしれません。 そして観光客用の場所である為、お店で売られているものは比較的、金額が高めに設定されており、地元の人はあまり立ち寄りません。 静かな場所や地元の人々に触れたい場合は、他のエリアのほうがおすすめかもしれません。 おすすめの宿泊エリア2:セント・スティーブンスグリーン周辺のホテル ダブリンの街はリフィー川という川が街の中心に流れており、この川を境に北側と南側というふうに大体のエリアが分けられています。 セント・スティーブンスグリーンは南側に位置する大きな公園であり、観光地の一つでもあり、市民の憩いの場にもなっています。 セント・スティーブンスグリーンの近くには大きなショッピングセンターがあり、また目の前にはグラフトンストリートと呼ばれる賑やかなショッピングストリートがあります。 このエリアは高級デパートからセレクトショップ、レストラン、カフェなどが多くあり、見るもの食べるものがたくさんあります。 また大道芸人やミュージシャンが常に道端で演奏をしているので、とても華やかな雰囲気につられて気分も明るくなる場所です。 このエリアにあるホテルは少し高級なものが多いですが、ゲストハウスなどもあるのでぜひご自身の趣向にあった宿泊施設を探してみて下さい。 ショッピングセンターの中にはスーパーもありますので、自炊をしてみるのも楽しいかもしれません。 ルアスと呼ばれる路面電車が公園のすぐ近くにある為、街の郊外に出かけるときはとても便利な場所です。 このエリアはお買い物を楽しみたい方にはとても便利な場所です。 おすすめの宿泊エリア3:メリオンスクエア(Merrion Square)周辺のホテル メリオンスクエアはセントスティーヴンスグリーンの比較的近くにある公園ですが、この辺りは政府の主要施設や博物館などが数個存在しており、他のエリアに比べて閑静で落ち着きのある場所になっています。 街のショッピングストリートなどからは徒歩20分ほどかかりますが、博物館をよりメインに観たい場合などはこちらのエリアをおすすめします。 ジョージアン様式と呼ばれる建築が連なる古き良き時代の雰囲気が残るエリアですので、アイルランドの歴史をじっくりと体感されたい方には特に良いでしょう。 宿泊エリアを選んで、素晴らしいダブリン滞在を! 以上ダブリンのおすすめ宿泊エリアでしたが、リフィー川の南側の地域が治安上おすすめです。 夜遅くまで出歩きたいという方には、テンプルバーかセントスティーヴンスグリーンの近くが移動にも便利です。 美味しい食べ物と飲み物、素敵な音楽とフレンドリーな人々に触れて楽しんで下さい!• アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。

次の

ダブリンのホテル

ダブリン ホテル

こんにちは。 ダブリン在住のMidoriです。 2年ほど前にワーキングホリデープログラムを利用してダブリンに住み始め、街と人の温かさに惹かれ、そのままこちらに滞在しています。 アイルランドと聞くと、日本人にはまだまだ馴染みの少ない国ですが、イギリスの左隣に位置する北海道ほどの大きさの島国です。 こちらに来て、アイルランド人を知れば知るほど、日本人に近い国民性を持っている人種だなと感じ、渡航した当時から、とても愛着があります。 もっと多くの日本人にアイルランドの魅了を知ってほしいという願いも込めて、 この記事ではこれからダブリンへ旅行に来る方、語学を学びに来る方、ワーキングホリデーを考えている方向けに、おすすめの滞在先や治安をご紹介します。 bigstockphoto. com ダブリンの街は、東京や大阪に比べるとはるかに小さい街です。 ダブリンの中心街は基本的に徒歩です。 メインスポットだけの観光であれば、一日で回りきれるほどです。 観光のメインエリアは、パブが集中しているテンプルバー、ウィンドーショッピング等ができるオコンネルストリート、グラフトンストリート、有名な教会も中心街からほど近いところに位置しています。 これらも全て徒歩圏内の距離です。 ダブリンはリフィー川を境目として北と南に分かれます。 一般的に、南に行けば行くほど安全な地域だと言われていて、北方面は、比較的、薬や飲酒の問題が多いと言われています。 中心街は、ちょうどリフィー川をまたいでいて、観光客で賑わうエリアなので、治安には気をつけた方がいいとされています。 また現地の人によると、北方面でも特に治安(ドラックや酔っ払いなど)に気をつけた方がいいエリアとそうでない安全なエリアがあります。 そのエリアはこれから紹介するホテルが集中しているエリア(コネリー駅周辺)からほど近いので、家族での滞在や女性だけの滞在の場合は、貴重品の管理など気をつけてください。 bigstockphoto. com おすすめエリアその1:テンプルバー周辺 中心街から近いエリアに滞在したい方中心街からとにかく近いところに滞在したいという方には、テンプルバー周辺の滞在がおすすめです。 テンプルバーは、中心街のど真ん中にあり、多くの観光スポットに近く、非常に便利ですが、パブ街のため、常にライブミュージックの音楽や外でお酒を楽しむ観光客で賑わい、落ち着いたゆっくりとした滞在を楽しみたいとう方には不向きなエリアかもしれません。 とはいえテンプルバー周辺には、ホステルなどが多く、バックパッカーや学生旅行など安く泊まれる滞在場所が多いです。 高級ホテルに滞在したいという方テンプルバーの入り口のウェストモアーランドストリートやオコンネルストリートには、ウェスティンホテルなど日本人に比較的馴染みのあるホテルがあります。 中心街でありながら、直接テンプルバーに面していないぶん、いくらか落ち着いた雰囲気です。 またショッピング街や観光スポットからも徒歩5〜10分圏内ですので、ショッピングを楽しみたい方にもおすすめです。 おすすめエリアその2:ガーディナーストリート周辺 中心街からほど近く少し落ち着いたエリアに滞在したい方もう一箇所、中心街からほど近く、ホテルが集中しているエリアが、ガーディナーストリート周辺になります。 街の中心を走る路面電車(ルアス)が、そのエリアを通過しますので、交通の便はとても良いです。 中心街から徒歩で15〜20分ほどですので、終電や終バスを気にする必要もありません。 特にガーディナーストリート周辺は治安の面だけを考慮した場合、あまりお勧めできませんが、ホテルが集中しているエリアになりますので、ホテルの部屋内であっても、貴重品の管理を徹底することをお勧めします。 治安はあまり良くないと言いつつも、このエリアはダブリンの南北を繋ぐ近郊電車 (ダート)の駅に近く、ダブリンの郊外へ行きたい方には便利なエリアです。 おすすめエリアその3:ダブリン郊外の田舎町 ダブリンの自然を楽しみたい方アイルランドの魅了は何と言っても、美しい自然です。 ダブリンの中心街からダートに20分ほど乗れば、景色は都会から一変して、アイルランドの美しい田舎町を覗くことができます。 ダートに乗って、街の中心街から外れて、ダブリン郊外に滞在したいという方には、 北方面ではホースやマラハイド、南方面では、ブレイやグレイストーンズなどのエリアがおすすめです。 ホースは、港町として知られ新鮮な魚料理やハイキングなどを楽しめるエリアです。 ブレイは、ビーチが続き、山にも面していますので、海も山も楽しめる美しい街です。 ブレイからグレイストーンズは2時間ほどのハイキングコーズがあり、丘の頂上からブレイの街が一望できます。 天気の良い日は、空がとても青く、雲を近くに感じられ、とても気持ちがいいです。 ハイキングのあとは、地元のパブでローカル料理やビールを楽しめます。 アイルランドのローカルを味わうことができ、さらに常にサッカーやラルビーの試合がライブで流れているので、サッカーやラグビー好きにはおすすめです。 ダブリンに滞在しながら、アイルランドの自然も楽しみたいという方におすすめの滞在エリアです。 bigstockphoto. com 妖精が暮らすと言われる伝説があるほど、緑豊かで、ケルト文化が息づく美しい島国。 現代でも人の温もりを感じられる、温かい国民性を持つアイリッシュは、どこかしら日本の国民性と似ているように感じます。 ダブリンはヨーロッパの街の中でも比較的、治安の良い安全な街です。 個人的ではありますが、約2年間ダブリンに住んでいて、一度もスリ盗難等の被害に合ったことはありません。 もちろん友人でお財布、携帯 iPhone を盗まれたという話は聞きますので、日本の治安とは比べものにはなりません。 カフェでお財布を机に置いて、場所をキープするようなことはさすがにできませんが、ヨーロッパにいるという自覚と盗難の意識さえ持っていれば、嫌な思いをすることは比較的少ないです。 とはいえ、 オコンネルストリートから、ショッピング街へ入るヘンリーストリートでは、盗難被害の話をよく耳にします。 観光客で溢れるショッピングストリートなので、観光客を狙ったプロのスリがいます。 コートやズボンのポケットに入った携帯や、チャックの開いたカバンからお財布など金目のものを盗みます。 万が一盗まれてしまった際は、オコンネルストリートに警察がありますので、直接行き盗難被害を出すことをお勧めします。 私の友人でも、スリに遭い、盗難被害を出したところ数週間にお財布が戻ってきました。 もちろん中の現金は盗まれていましたが、ダブリンは、お財布が戻ってくるほどの治安です。 アイルランドは、一日の中に四季があると言われるほど、天気は変わりやすいですが、年間を通して極端な気象はなく、地震や台風、火山などの自然災害は、ほとんどありません。 冬は雨や曇りがちな天気が続き、日照時間も短くなるので、冬のアイルランド人は、仕事が終わると空腹のままパブ行って、お酒を楽しみます。 とにかく雨がよく降りますので、レインコートまたはフード付きのコートは必須です。 冬は特に風が強いので、傘はあまりお勧めできません。 これからダブリンを訪れる方へ アイルランドは、日本からの直航便がなく、ロンドン、ヘルシンキ、パリなどで乗り継ぎが必要なため日本からだと長旅になります。 数十時間のフライトの後、テンプルバーに行き、フレッシュなギネスを味わえるのはアイルランドならではです。 アイルランド人は、フレンドリーで人柄がよく、お喋りな人が多いです。 日本では公共交通機関を利用してお礼を言う人は少ないので、いつも素敵なだと思っています。 アイルランドに来て、日本ではなかなか感じることのできない、人の温かさをぜひ感じてみてください。 そして、新鮮なアイリッシュウイスキーやギネスビールを味わいながら、ゆっくり流れる時間を贅沢にお過ごしください。 まとめ:ダブリン市内の治安の良い宿泊エリア一覧• アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。 関連記事.

次の

ザ メリオン(The Merrion ):アイルランド、ダブリン :ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(The Leading Hotels of the World)

ダブリン ホテル

ダブリンは、アイルランドの東部にある首都です。 アイリッシュ海を望み、ヨーロッパでも人気のある都市で、アイルランドの歴史を学べる博物館・キルメイナム刑務所や、18世紀の建物で約500万冊がそろうトリニティ・カレッジ図書館などが観光名所となっています。 なかでも、パブが数多く集まる有名なエリア「テンプル・バー」は、黒ビール「ギネス」を飲みながら、気さくで温かい人柄の地元の人たちと交流できるのが魅力です。 行き方は、日本からは飛行機で約12時間で到着します。 そんなタブリンには、空港や観光スポットへのアクセスが便利なホテルや、贅沢な気分を味わえる5つ星ホテルなどがたくさんあります。 そこで特におすすめの高級ホテルを紹介します。 ダブリンのホテル事情 ダブリンの主要宿泊エリア ダブリンにはリーズナブルな価格で泊まれるホテルや高級ホテルまで、幅広いランクがあり旅の予算に合わせて選べます。 ダブリンで宿泊するのに便利なエリアがテンプルバー付近のエリア。 テンプルバーはパブが多く集まるエリアでパブとホテルが隣接しているので、遅くまで飲みたい人には便利です。 市民の憩いの場として人気の公園「セント・スティーブンスグリーン」周辺エリアには、ショッピングセンターやカフェなどがたくさんあり少し高級なホテルが集まっています。 ダブリンへのアクセス 日本からダブリンへ行くには直行便がないため、ヨーロッパで乗り継ぎが必要になります。 利用する航空会社で乗り継ぎ都市は異なりますが、アムステルダム・パリ・ドバイなどの乗り継ぎが多くなっています。 ダブリン空港へ着いたら、ダブリン市内まではタクシーかバスを利用します。 タクシーは市内まで約30分で料金は約35ユーロ。 タクシーより安く抑えたい人はバスが便利で、市バスやリムジンバスが運行しています。 ダブリンの主要観光地 ダブリンはおすすめ観光スポットがたくさんありますが、中でもぜひ行きたいのが「トリニティカレッジ」。 1592年創立された歴史ある大学で、校内にあるトリニティカレッジ図書館は必見です。 約500万冊の本が並ぶ本棚は圧巻の一言。 アイリッシュパブの聖地と言われる「テンプルバー」はたくさんのパブが集まっているエリアで多くの観光客が訪れます。 ダブリンに来た際は、テンプルバーで地元民と一緒にギネスを飲みたいですね。 ダブリンの名物・グルメ アイルランドはギネスビールだけでなく、ぜひ食べてみたい郷土料理がたくさんあります。 ラムとジャガイモを煮込んだ「アイリッシュシチュー」は、アイルランドを代表する料理でぜひ食べてみたい一品。 ギネスビールを使う「ギネスシチュー」は、牛肉と野菜にギネスビールを加えて煮込みます。 モルトビネガーをかけたフィッシュ&チップスは、気軽に食べられるおすすめ料理です。 ダブリン観光の注意点 ダブリン観光で気になる治安情報 アイルランドはヨーロッパで一番安全な国、と言われおり治安に関してはヨーロッパの他の国に比べると安心できます。 しかし治安がよいからと言って、無防備すぎるとひったくりやスリのターゲットになってしまいます。 最近ではスマートフォンをひったくられる事件が増えており、歩きスマホはしないようにしましょう。 ズボンのおしりポケットやバッグのサイドポケットにスマホを入れていると、盗られることがあるので気を付けましょう。 ダブリン観光で知っておきたい物価事情 アイルランドの物価は全体的に日本より高くなっています。 テンプルバーでランチとビールを頼むと、フィッシュアンドチップスが約15ユーロ、ジョッキビールが8ユーロくらいです。 ファストフードはハンバーガーとポテト、ドリンクのセットで約7ユーロ。 料理はどれもボリュームはありますが、日本のように牛丼屋など安く食べられるようなお店はありません。 宿泊先は安いホステルで一泊約35ユーロになります。 タブリンの中心部に位置する、200年もの歴史と伝統を持つ5つ星ホテル。 客室はシックな内装で、大理石のバスルームを完備しています。 部屋によっては、バルコニーから美しい庭園やタブリンの街並みが望めます。 フィットネスやスパ、プールなど施設も充実しています。 朝食ビュッフェでは、アイルランドならではの料理を楽しめます。 徒歩圏内に主要観光スポットがあるので、観光の拠点にぴったりです。

次の