楽天 アソシエイト。 アフィリエイトするならアマゾン?楽天?両方使う方法とは?

楽天ブログでAmazonの商品紹介は?

楽天 アソシエイト

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg.

次の

アドセンスとamazonアソシエイト・楽天の併用は可能?

楽天 アソシエイト

1.Amazonの商品検索にアクセスキーとシークレットキーを利用するため、Amazonアソシエイトのアカウントが必須です。 2. 楽天市場の報酬は本来楽天ポイントで支払われますが、報酬は現金の方が良いって方はもしもアフィリエイト経由だと現金振り込みにできます。 どちらを利用するか考えて「楽天アフィリエイト」もしくは「もしもの無料会員登録」が必要です。 3.Yahoo! ショッピングの紹介料はバリューコマース経由が市場高いので、「バリューコマースの無料会員登録」が必要です。 以上3点です。 無料会員登録が済んで方は先に済ませておいて下さい。 カエレバでも「Amazon」「楽天」「Yahoo! ショッピング」のボタン付きのリンク作成が可能です。 今回変更されて商品リンクの検索機能が制限されるケースは以下の場合です。 売上が過去30日以内に発生しない場合に利用が制限される• 売上実績の発生がない場合は、PA-APIの利用開始ができない 参考: という事ですので、 Amazonアソシエイトでの売上実績がない方はCocoonの商品リンクではなくて別の無料ツールを検討してみて下さい。 代替の無料ツールとしては以下のツールがあります。 それぞれの違いについては以下の記事をどうぞ。 Cocoonの商品リンクに利用する各ASPのidを設定する Cocoonの商品リンク作成するには先にAmazonのキーやその他ASPのIDを登録しておく必要があります。 Amazonアソシエイトやもしもアフィリエイト、バリューコマースの登録が済んでいる前提で進めます。 Amazonのアクセスキーとシークレットキー まず必須なのがAmazonの「アクセスキーID」と「シークレットキー」です。 これらはAmazonで商品を検索したり、その商品へのリンクを作成する作業を「 自動化」する場合に必要なものです。 それで利用を始めるをクリック。 「アクセスキーID」と「シークレットキー」が表示されます。 ついでに シークレットキーは発行時しか確認できないのでダウンロードして管理するのがベター。 コピーした「アクセスキーID」と「シークレットキー」はRinkerの設定画面にコピペします。 これで「アクセスキーID」と「シークレットキー」の設定は完了! 楽天アフィリエイトのアプリケーションIDとアフィリエイトID 次に楽天アフィリエイトの「アプリケーションID」と「アフィリエイトID」を取得します。 楽天のアプリケーションIDとアフィリエイトIDの取得は以下のページを参考に取得してみて下さい。 Yahoo! ショッピング用で使うバリューコマースのsidとpid バリューコマースにログインしてサイトを選択。 「Yahoo! ショッピング」で検索して「広告素材を選ぶ」をクリック。 左のメニューから「MyLink」を選択して「再検索」。 下の方にURLやテキストを入力できるようになっているので、Yahoo! ショッピングのURLと適当なテキストを入れて「MyLinkコードを取得」をクリック。 yahoo. これをCocoon設定のバリューコマースのpidとpidにコピペ。 もしもアフィリエイト経由する場合のAmazonや楽天のidを取得 もしもアフィリエイトへログインして「Amazon. jp商品購入」「楽天市場 商品購入」「Yahoo! ショッピング 商品購入」それぞれのプログラムとの提携を済ませておきます(もしも経由したい所の提携だけでOKです)。 MEMO 「Amazon. jp商品購入」は提携申請から審査が数日かかります。 ショピングのプロモーションから商品リンクを選択。 どの商品でも良いので「商品リンクを作る」を選択。 同じ要領でAmazon、楽天、Yahoo! ショッピングそれぞれのidの取得ができます(もしも経由にしたいプロモーションのidだけでOK)。 もしも経由にする場合はチェックも入れておきます。 キャッシュの保存期間 キャッシュの保存期間ですが、AmazonのPA-APIのポリシー変更の関係で、過去30日間売上がない場合はAPI制限がかかるため、Amazon検索が制限されます。 ただ過去(制限前)に作成したリンクはキャッシュが残っているのでそのままのリンクが使えます。 という事で現時点でAmazonアソシエイトで毎月コンスタントに売上が発生するという方は180日でもOKですが、過去30日間で全く売上がない方や売れるかどうか怪しいって方は最大の「365日」を選択しておくのが無難です。 ちなみに制限されてからキャッシュが切れると以下のように表示されす。 最後にエラー発生時のメール通知にもチェックをいれて「変更をまとめて保存」をクリックしたらOKです。 Cocoonの商品リンク作成方法 Cocoonの商品リンクはAmazonでASINを調べて作成する方法とブックマークレットで作成する方法があります。 AmazonのASINを調べて商品リンクを作成する手順 基本的に3ステップでリンク作成をします。 AmazonでASIN(商品ID)を調べる• ショートコードにASINを入力• ショートコードにキーワードを入れる Amazonに移動して紹介したい商品のASINを調べる Amazonアソシエイトではなく、Amazon. jpの方へ移動です。 商品の詳細ページの下の方に「ASIN」もしくは「ISBN-10のID」が記述されてます。 これをコピーして以下のように検索キーワードも含めてショートコードで記述。 asin:商品のASINもしくはISBN-10のID• kw:検索キーワード ここのキーワード(kw)を元に楽天やYahoo! ショッピングのリンク先(検索結果ページ)が決まるのでキーワードは重要です。 ブックマークレットで商品リンクを作成する手順 ブックマークレットでのリンク作成が一番簡単で早いです。 ブックマークレットの追加方法やリンク作成方法はこちらの記事を参考にして下さい。 以上Cocoonでの商品リンク作成の手順でした。

次の

ホテルイタリア軒(ホテルニューオータニアソシエイトホテル) 宿泊予約【楽天トラベル】

楽天 アソシエイト

目次:好きなところに飛べます• そして、開いたページの登録サイト情報の『追加登録』をクリックします。 すると、サイトの追加画面が開くので各種項目を記入して、『サイト情報を登録する』をクリックします。 その後ブログを閲覧しているユーザーがその商品リンクをクリックし、楽天で商品を購入すれば収益が発生するという仕組みです。 まずはその商品リンクの作成方法について見ていきましょう! 商品リンクの作り方 まずはどんな商品を紹介するのかにもよりますが、商品が決まっている場合は検索をかけていきます。 今回は僕が好きな漫画『インベスターZ』の商品リンクを作成していきます。 商品を決めたら『商品リンク』という箇所をクリックします。 すると様々なリンクタイプを選択することができるので、状況に応じて広告を使い分けていきます。 今回は一例として『テキストのみ』のタイプを利用していきます。 画面下にある広告コードをコピーしてブログに貼り付ければ、広告リンクの作成から貼り付けが完了します。 楽天アフィリエイトの特徴 楽天アフィリエイトの主な特徴を箇条書きしていくと、• 報酬の料率が基本的に1% ランクや商品により変わる• リンクをクリックされて 30日間までの商品購入が報酬対象• 月の報酬が10万円を越えないと現金での振込にならない• 楽天銀行に登録していないと3000円 ポイント 以上の 報酬が加算されない これらをメリット・デメリットに分けて見ていきましょう! メリット 【報酬発生に繋がりやすい】 上記の『リンクをクリックされて30日間までの商品購入が報酬対象』というのは、ブログが見に来たユーザーが楽天の商品リンクをクリックすれば、 その後30日の間に何かを購入すればその買い物分については自分の報酬に結びつくことになります。 デメリット 【報酬の料率が低い】 楽天の商品の料率は ほとんどが1%です。 仮に1,000円の商品を紹介して、売れたとしても自分の元に入る収益は10円です 笑 こう考えてしまうとしょぼいかもしれませんが、書籍や旅行商品については数%と料率が上がります。 より多くのユーザーにクリックしてもらえるようにブログを構築していけば収益は伸びますが、最初は中々まとまった金額にならないので 楽天アフィリエイト一本で取り組むのはオススメできません。 楽天のネット通販を頻繁に利用する人は報酬をポイントとして使えるので、あまり気にならないかもしれません。 【楽天銀行に登録しないと報酬が加算されない】 文字通りの話で 楽天銀行に登録していないと報酬が3000ポイントでストップしていまいます。 それ以上に楽天アフィリエイトで稼げるように成っている場合は楽天銀行に登録しないといけません。 本当にブログもやったことがなく、記事を書いたことがない人にはGoogleアドセンスを利用したアフィリエイトを薦めています。 上記に解説したように結局のところ楽天アフィリエイトはクリックしてもらうのが、収益を伸ばすポイントになるので 最初はアドセンスのようなクリック報酬型の広告を利用した方が良いです。

次の