冬 網タイツ。 野暮ったくならないコツがある!厚手タイツで作る冬のおしゃれコーデ

Drawings of Fishnet Tights

冬 網タイツ

デニールとは デニールとはタイツを編んでいる糸の太さ(重さ)の単位。 9000mに糸を伸ばした時の重さが基準となっており、9000mで1gの糸が1デニールです。 つまり80デニールのタイツは、9000mに伸ばすと80gの重さの糸を使っている、ということ。 当然ながらデニールが変わると透け感や保温力が変わります。 ストッキングとタイツの違いは? 最近では一見ストッキングにしか見えない薄手のタイツも販売されていますが、タイツとストッキングの違いとはいったい何でしょうか?実は呼び方は、「生地の厚みの違い」「季節」「目的」によってそれぞれ区別されています。 生地の厚み 30デニール未満がストッキング、30デニール以上がタイツ。 季節 一年中履けるものがストッキング、寒い時期に履くものがタイツ。 目的 脚を保護するものがストッキング。 靴下の仲間。 ファッション・洋服の一部として着用するのがタイツ。 ただし明確に区別されているわけではなく、区別は曖昧。 そんなわけで「20デニールのタイツ」も商品として売られているのです。 薄手のタイツを買う時は、有名メーカーのものがおすすめ 20デニールや30デニールといった薄手のタイツを買う時に、あまり安い商品に手をだしてしまうと、破けたり伝染したり、というトラブルが起きやすくなります。 薄手の製品は多少コストがかかっても、大手メーカー、有名メーカーの商品を選んだほうが安心です。 タイツのデニールが変わると見た目はどう変わる? 私たちがタイツを買う時に気になるのは、「デニールが変わるとどれくらい透け感が変わるのかどうか」ではないでしょうか。 人によって希望する透け感が違えば、足の太さも違います。 デニールも細かく分かれているため、買う時に迷ってしまいますよね。 少ないデニール数のものはストッキングに近い透け感があり、デニール数が上がるほど透けずに「足が全部真っ黒」く見えます。 デニールと見た目の比較について デニールと見た目の比較は、一般的には以下のように言われています。 脚のひざ下は普通・太ももはぽっちゃりという女性が履き比べた比較 20 ストッキングと同じ。 30 ストッキングにかなり近いが、足首やひざ下など細い部分は黒が濃い。 40 だいぶタイツに近くなる。 ふくらはぎの太い部分、太ももの上の方などで透け感が出る。 60 ところどころ透け感を感じるが、全体的に黒い。 うっすら透けてる。 80 ほとんど透け感無し。 110~ 真っ黒。 透け感は無い。 遮蔽率(しゃへいりつ)で見るデニール比較 また、ストッキングは遮蔽率(しゃへいりつ)を使い、数値で見ることも可能です。 遮蔽率とは、光を生地に当てた時にどれくらい光がカットされるかを%で表したもの。 遮蔽率が少ないほど透け感があり、高いほど透けにくいといえます。 例えば、当てる光を100としたとき、生地を通り抜けた光が60%だった場合、遮光率が40%となります。 デニール 遮蔽率 30 92% 60 94% 80 95% 110 96% 160 97% 参照: 遮蔽率でみるとほとんど数値は変わらないのに、履いてみると大きな違いを感じることに驚きますね。 数値では1%しか違いませんが、履いた時の見た時の印象は大きく変わります。 タイツのデニールが変わると暖かさはどう変わる? タイツは見た目と同じくらい暖かさも大切です。 特に寒い冬、足をできるだけ冷やしたくない女子にはタイツの「保温率」は重要な問題。 この保温率も、デニールによって変わります。 以下の表は、タイツを履いていない時を「0」とした場合の保温率です。 デニール 保温率 30 約12% 60 約13% 80 約15% 110 約16% 160 約18% 参照: やはりデニールが増えれば触れるほど、暖かさはアップしますね。 見た目を取るのか。 暖かさを取るのか。 悩む女子も多そうですが、「重ね履き」をするという手もあります。 デニールの少ないタイツでも、重ねれば暖かい! かわりに靴下屋でタイツ見て、ヒートテックじゃないならどうせ秋しか履かないなって思って秋色三色選んだ? 冬は寒すぎてヒートテックタイツか130デニール…か、タイツ二枚履き。 けれど気温が低くなればタイツを履いていても「寒い!」という日が増えます。 そんな時は裏起毛タイツが暖かくておすすめです。 また、ユニクロではヒートテックタイツを販売しています。 タイツのデニール比較、見た目と暖かさのバランスで選ぼう タイツはデニールによって見た目や暖かさが大きく変わります。 見た目の透け感も大切ですが、暖かさも重要。 それぞれをよく 比較して自分の希望に近いものを選びましょう。 デニールが60だと全体がほんのり透けます。 それ以下は透け感が強く、ストッキングに近い印象。 そして60以上になると透け感が減ります。 ただしデニールが増えれば増えるほど暖かくなるので、真冬はデニール数が高いタイツや、裏起毛のタイツを活用しましょう。 いよいよ寒い冬到来!ご家庭の電気代をチェックしておきませんか? 寒い冬は暖房などの使用で電気を多く使います。 今のうちにご家庭の電気代の見直しをしておきませんか?アナタの生活スタイルに見合った電力会社のプラんに切り替えるだけで、年間平均18,000円もの電気代節約が可能です。 さっそく、あなたにぴったりなプランを探してみよう! 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

タイツ

冬 網タイツ

おしゃれアイテムとして人気再熱中の網タイツ。 普通のタイツに比べて通気性があるので夏の時期にも楽しめるのが魅力。 ただ、コーディネートを失敗すると残念に見えてしまうので注意しましょう。 網タイツが似合う体型は何とっても細い脚!太ももがむっちりしていると下品に見えてしまうことも。 網タイツを履くなら、脚痩せしてからの方が良いでしょう。 足の太さに悩んでいる場合は、網目の細かいタイツがおすすめ。 また、網タイツに合わせる靴によってもずいぶん印象が変わります。 黒のピンヒールなどは女王様っぽくなってしまうので避けた方が無難です。 スニーカーやショートブーツでカジュアルにまとめた方が今っぽい印象に仕上がりますよ。 夏はミュールやサンダルを履くのも可愛いですね。 では早速、お手本の網タイツコーデを見ていきましょう! 季節別に網タイツコーデをチェック! 春におすすめの網タイツコーデ【1】白靴下を組み合わせて抜け感のある着こなしに.

次の

野暮ったくならないコツがある!厚手タイツで作る冬のおしゃれコーデ

冬 網タイツ

《目次》• 脱・もっさり!厚手タイツをおしゃれに履きこなすには? 出典: 寒い冬のスカートコーデに欠かせない厚手のタイツ。 でも透け感が少ない分、もっさりと野暮ったく見えがち…。 そこで、厚手タイツをおしゃれに履きこなすコツをご紹介。 出典: たっぷりとしたハイネックニットとリブタイトスカートのWニットコーデを、黒タイツと黒パンプスでキュッと引き締めて。 タイツと一体化するマットな質感のパンプスは、つま先のとがったポインテッドトゥを選ぶと脚長効果がいっそう高まりますね。 チェック柄に入った黒のラインをタイツやブーツでつなげば、さりげなく視線を縦に流すことができますよ。 出典: 透け感の強い黒タイツだと生々しくなってしまうから、ミニ丈のボトムスを履くときこそ、厚手タイツに黒コンバースを合わせるといったカジュアルさがマスト。 定番のスニーカーはもちろん、レオパード柄のシューズなどパンチのあるアイテムにもぜひトライしてみて。 出典: 暖かみのあるカシミヤのタートルニットを、アコーディオンプリーツスカートにゆるっと合わせて。 パンプスやブーツできれいめに仕上げるのもアリだけれど、淡色のスニーカーなら黒タイツの重さをやわらげて軽やかな抜けを演出することができますよ。 出典: 厚手タイツを合わせれば、1枚で着るには微妙な丈感のニットチュニックもワンピースのように着こなせます。 足元は、圧縮ウールを使ったアウトドア仕様のもこもこブーティーでボリュームUP。 インパクト抜群のアイテムながら、チェック柄のストールやボア素材のミニバッグと色合いを揃えることでスッキリとした印象に仕上がりますね。 素材感のギャップでコーデに奥ゆきを 透け感がない分、のっぺりと平面的な印象になりがちな厚手のタイツ。 それなら、異素材の靴やボトムスをチョイスして、コーデに奥ゆきを出してみるのはいかが?光沢のあるエナメルや繊細に透けるレースなど表情豊かなマテリアルが、厚手タイツを使った着こなしをグッとおしゃれに格上げしてくれますよ。 出典: タイツと靴を同じ色でつなぐ場合も、靴の質感を変えれば違った表情に。 出典: ふわりと軽やかに揺れるシルク楊柳のフレアスカートと、メタリックヒールが目を引くマットな質感のショートブーツ。 そんな相反する素材を使ったアイテム同士がケンカすることなくコーデにすんなりなじむのも、プレーンな厚手タイツが間に入って橋渡しをしてくれるおかげですね。 出典: 冬に履くレーススカートは、どうしても寒々しく見えてしまいがち。 でもニットとの異素材MIXコーデはとってもおしゃれだから、中に厚手タイツを入れてぜひ挑戦してみて。 履いていて暖かいのはもちろん、レースからタイツがほんの少し透けて見えるだけで、見た目の暖かさもグンと上げられるんです。 ニュアンスカラーのタイツなら即こなれ見え いつもは黒タイツを合わせるところを、グレーやブラウンといったニュアンスカラーのタイツにチェンジしてみるのも、タイツコーデをこなれて見せるコツ。 特にグレーのタイツは比較的挑戦しやすい上に、黒タイツよりもやわらかな雰囲気に仕上げられるから重宝すること間違いナシですよ。 どうしても重たい印象になりがちな着こなしに、程よい抜けを演出することができちゃうんです。 出典: タイツとシューズをつなぐテクニックを、ブラウンのタイツとローファーで応用。 レオパード柄のスカートも、どこか優しげな表情に見違えます。 ショルダーバッグの色も揃えることで、より着こなしにまとまりが出せますよ。 出典: カーキのケーブルニットとリンクさせたカラータイツなら、お手軽におしゃれ上級者っぽい雰囲気に。 ベージュのチェック柄スカートやライトブラウンのコンバースなどアースカラーでまとめて、こなれ感のあるスカートコーデを満喫しちゃいましょう! スパイシーなカラータイツはちょい見せがキモ せっかくならベーシックカラーのタイツばかりではなく、ちょっぴり攻めたカラーのタイツにも挑戦したいところ。 でも、元々が幼く見えやすい厚手タイツだから、スパイシーなカラーは小面積で効かせるのがベター。 大人女子的になかなか手を出しにくい白タイツも、ちょい見せなら無理なくチャレンジできますよ。 出典: 花柄ワンピースのINに、黒ニットをレイヤード。 トレンド感の強いカラーだからこそ、あえてタイツのように小面積で取り入れることで、逆に印象に残る小粋なおしゃれが楽しめそうですね。 出典: ガーリーすぎて手を出しにくい白タイツですが、ベージュやホワイトを使ったまろやかワントーンコーデのつなぎとしてなら、違和感なく履くことができちゃいます。 長めのボトムスからちらりとのぞかせて、「分かってる感」をさりげなくアピールしちゃいましょ。

次の