授乳中 妊娠検査薬。 授乳中の妊娠について知っておきたいこと

産後生理が再開する前に妊娠した方へ

授乳中 妊娠検査薬

IBD(炎症性腸疾患;潰瘍性大腸炎、クローン病)は若い世代で発病することが多く、妊娠・出産を予定/希望している患者さんも大勢います。 その中には、「IBDだと妊娠しにくいのではないか」「薬を飲みながら妊娠・出産・授乳はできないのではないか」「子どもに障害が起きてしまうのではないか」など、不安に胸が押しつぶされそうな方もいらっしゃるのではないでしょうか。 「病気が落ち着いている寛解期であれば、安全な妊娠・出産が期待できる」と語るのは、IBD患者さんの妊娠・出産に詳しい国崎玲子先生(横浜市立大学附属市民総合医療センターIBDセンター)。 今回は、平成30年度日本炎症性腸疾患学会の市民公開講座より、国崎先生がご講演された「女性IBD患者さんの妊娠・出産について」の模様をお伝えします。 IBD患者さんは「妊娠・出産」は難しい? 横浜市立大学附属市民総合医療センター IBDセンター 国崎玲子先生 近年、何らかの病気を持った女性が妊娠を望む場合、「病気を良好にコントロールすることで、妊娠に合併するリスクを減らす」という考え方が主流になりつつあります。 昔に比べ、母体や児の健康に害を及ぼす薬も少なくなり、多くの病気では薬による治療を続けながら、妊娠・出産を目指すことが可能になりました。 IBDもそのひとつです。 まず、IBD自体が原因で不妊や奇形が増えるということはないとのことです。 その上で、国崎先生は「IBD患者さんが安全に妊娠・出産するための手順」について、以下の6つを挙げました。 これらのことを主治医と話し合い、治療方針を決め、計画的に妊娠することで、普通の人と同じような妊娠・出産が可能になるそうです。 1 妊娠を希望していることを主治医に伝える 2 妊娠に適した寛解状態(=病気が落ち着いている状態)であるかを確認する 3 寛解状態でなければ、治療を調整して寛解を目指す 4 寛解状態であっても、妊娠に望ましくない薬を使用している場合は、主治医と相談してその薬を中止・変更する。 その後も症状が再燃せず、安定するのを確認する 5 妊娠しても今の治療を継続するのか、妊娠前に治療を変更するのか、治療の中止後に悪化したらどう対処するのか、主治医と妊娠した際の治療方針を決める 6 出産する病院について、主治医や家族と相談する(産科と消化器科がある病院を選ぶ、里帰り分娩が可能な状態か、など) IBDは、腸に炎症がある「活動期」は妊娠しにくく、妊娠したとしても約3割の人で病気が悪化し、より多くの薬が必要になったり、緊急手術が必要になったりする懸念があるそうです。 また、炎症による影響で「流産・早産・低出生体重児」が増えることもわかっています。 さらに、妊娠12週前後と分娩直後は再燃しやすいことがわかっており、授乳や育児が困難になる可能性も考えられます。 これらを踏まえ、国崎先生は「IBD患者さんが母子ともに安全に妊娠出産するためには、寛解期に計画的に妊娠することが何よりも重要」と、強調しました。 IBD治療と妊娠・出産、気になる6つの疑問に一問一答 ここからは、妊娠・出産を望むIBD患者さんなら誰しもが不安に思うであろう、お薬や検査が母子にあたえる影響、男性側がIBD患者さんである場合の注意点など、6つの疑問を当日のご講演内容から一問一答形式でご紹介します。 1.妊娠・授乳中にIBDの薬を使うのは危険? 「妊婦は風邪薬ですら止められるのに、ましてやIBDの薬なんて…」と懸念されている方も多いのではないでしょうか。 しかし、実は風邪薬や痛み止めの一種である非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)こそ、胎児に悪影響を及ぼす可能性がある数少ない薬のひとつ。 つまり、「風邪薬ですら」ではなく、「風邪薬だからこそ」というのが真実です。 ほとんどのIBD治療薬は妊婦中でも使えます。 2.妊娠・授乳中に注意が必要なIBD治療薬は? IBD治療に使用する薬のなかで、メトレート、サリドマイドは明らかに児に悪影響があるため、妊娠中の投与は避けます。 エンタイビオ、ゼルヤンツなどの新薬は、妊娠における安全性のデータが乏しいため、妊娠中の投与は避けます。 免疫調節剤(イムラン、アザニン、ロイケリン)は、動物で奇形を起こす報告がありますが、ヒトでは明らかな悪影響はないと報告されています。 妊娠時には、可能であれば中止することが望ましいですが、必要であれば継続も可能です。 抗TNF抗体製剤(レミケード、ヒュミラなど)は、妊娠中期以降は胎盤を通過して胎児に薬が到達しますので、妊娠中の投与スケジュールを主治医に相談しましょう。 薬による奇形のリスクは、一般的に妊娠初期にその薬の投与を受けていたかによって起こります。 ですから、妊娠前に奇形のリスクを伴う薬を使用していたとしても、適切なタイミングで断薬・休薬すれば、その後の妊娠・出産への影響はないと言われています。 3.IBDやその治療薬は流産のリスクを高める? 赤ちゃんを待ち望むお母さんやお父さんにとって、流産は大変辛いことですが、持病の有無、投薬の有無にかかわらず、約15%の確率で誰にでも起こります。 国崎先生は、「万が一流産してしまっても、IBDや、その治療のせいにして、自分を責めないで欲しい。 誰にでも起こり得る偶然を引き当ててしまったと理解し、無用のストレスを抱えないようにして欲しい」と述べました。 これらの検査は妊娠や出産に影響を与えないのでしょうか。 結論から言うと、妊娠以前に検査を何度も受けたからといって、不妊や奇形が増えることはないそうです。 5.IBD治療中でも授乳はできる? 母乳哺育は、赤ちゃんの発達や成長を促進し、死亡率を低下させるとともに、IBDの発症率を低下させる効果があるとも言われています。 国崎先生は母乳哺育のメリットを紹介したうえで、「薬を飲んでいるからと授乳できない」と決めてしまうのではなく、主治医の先生に一度相談してみることを勧めていました。 6.男性側のIBDは不妊や奇形に影響する? 男性も、IBD自体が原因で不妊や奇形が増えるということはありません。 サラゾピリンを服薬している男性では、精子の数が減り、妊娠しにくくなることがわかっていますが、服薬を中止すれば2~3か月で元の数に戻り、その後に薬の影響で不妊になることはありません。 免疫調節剤(イムラン、アザニン、ロイケリン)は、海外では男性患者さんの妊娠に安全に投与可能とされていますが、日本人では児の奇形がわずかに増加したという報告があります。 パートナーの妊娠を希望する場合は主治医に相談し、必要に応じて薬の変更などを検討してもらいましょう。 なお、国崎先生は講演中に「IBDと妊娠に関する情報源」として、以下のサイトをご紹介くださいました。 詳しい情報をお知りになりたい方は、ぜひご覧ください。

次の

クラミジア治療薬ジスロマックは妊娠中、授乳中に服用しても大丈夫?

授乳中 妊娠検査薬

そのため、次の子の妊娠がわかるまで時間がかかるケースも少なからずあるのです。 早く次の子が欲しい場合は、ママの体調をよく考えながら計画していくようにしましょう。 ここでは、授乳中に妊娠したいときはどうしたらよいか、妊娠してからはどのように過ごしたらよいか、紹介していきます。 本来、授乳中は妊娠しにくい 授乳中のママの体は生理が遅れるため、妊娠しにくくなっています。 それには女性ホルモンが大きく関係しています。 授乳中は、女性ホルモンの一つである「プロラクチン」が母乳の分泌を促進するとともに、排卵を抑える働きをしています。 赤ちゃんが母乳を飲むことが刺激となって、「プロラクチン」の分泌量が増え、子宮収縮を促すとともに、母乳がたくさん出るようになります。 上の子の授乳を続けながら出産を迎えるママもいますし、授乳が刺激となって流産するなんてことはありませんので、安心してください。 妊娠すると母乳の味がおいしくなくなって、離れる赤ちゃんもいますが、母乳育児ができなくなったからといって、嘆くことはありません。 今の粉ミルクは、母乳に含まれる成分が入って、安心して飲ませられる強い味方です。 粉ミルクなら、パパにも手伝ってもらうことができて、協力しながら育児を楽しむことができます。 もし母乳をやめるならどうしたらいい? 赤ちゃんが全く母乳を飲まなくなった場合や、授乳中に腹痛が頻繁にあらわれている場合には、思い切って母乳を中止しましょう。 そして、子どもの飲みがよいミルクを用意し、飲ませる練習をしましょう。 今まで母乳で過ごしてきたので、いきなり哺乳瓶に変えると嫌がる赤ちゃんもいますが、試行錯誤してがんばっていきましょう。 3ヶ月頃になると、哺乳瓶ではなくマグマグを使って飲める赤ちゃんもでてくるので、用意しておくと便利です。 5~6ヶ月の赤ちゃんは、離乳食をすすめていき食後にミルクを与えます。 当然、上の子が大きくなると、お腹の赤ちゃんも大きくなるわけですから、授乳も一苦労です。 なるべく、下腹部に力がはいらないように、ソファに座って楽な姿勢で授乳したり、抱っこしたりするようにしてください。 そして上の子には、ママのお腹には赤ちゃんがいること、上の子と同じように大切であることを出産するまで教えてあげてください。 」と、兄弟が増えることの不安をとりのぞくようなお話をしてあげると、上の子も嬉しくなって、赤ちゃんを想う気持ちが芽生えるようになります。 授乳中の妊娠はハードだけど幸せなことです 授乳中は女性の体が不安定な特別な時期です。 その時期に、妊娠するということは、身体の負担がとても大きくなります。 また、産後半年くらいまでは、出産のダメージが残っている場合があり、心身ともに不安定な状況にあります。 上の子のお世話をしながら、妊娠初期の体調不良を乗り越えなくてはならず、ママには過酷な状況が続きます。

次の

妊娠・授乳時の薬の適正利用について

授乳中 妊娠検査薬

3歳と1歳の男の子が居ます。 まだ1歳の次男が授乳中です。 なので、生理は再開してません。 その次男が最近(月曜辺りから)様子がおかしいんです。 私の足にず~っとまとわり付いていて、いつも以上に泣き虫で、挙句の果てに私の股の間をくぐります。 「母から子供が股くぐりをしたら妊娠してる」っと言われ実際次男の妊娠に気付く少し前長男が股くぐりをしてました。 暑さのせいもあるのかもしれませんが、体が発熱してて、いつもより体温が高いみたいです。 つわりは2回とも妊娠6w頃から始まります。 今つわり程では無いのですが、気持ち悪い時が有ります。 基礎体温を付けてないので、高温期何日目とかは分らないし、排卵してるのかも分らないのですが、そういう場合はいつ頃を目安に検査薬で検査すれば良いのでしょうか?? 因みに最近仲良くしたのは7月2日です。 次男を妊娠する前の生理周期は35日ぐらいでした。 今週末出かける予定が沢山入ってるので、妊娠してるなら出かける予定をキャンセルしようと思っています。 産後生理が再開する前に妊娠した方、いつ頃妊娠に気付かれましたか? 検査薬はいつ頃使われましたか? 教えて下さい。 「産後の生理が再開する前の妊娠」つまり産後初の排卵で妊娠した場合、いつ排卵したかなんて、分からないですよね。 基礎体温をつけたり、排卵チェッカーを使ってたりしないと。 こういう場合、行為があった2~3週間後を目安に、妊娠検査薬を使うといいです。 というのは、市販の妊娠検査薬って「生理予定日の1週間後を目安に使う」という目安がありますが、これは、排卵の3週間後のことなんだそうです。 妊娠検査薬は、着床すると分泌されるhCGホルモンというのが尿中に溶け出ているかどうかを検出するんですが、排卵の3週間後くらいの分泌量で判定できるように作られてるようです。 で、妊娠は、行為さえすれば出来るのではなく、排卵のタイミングと合っている必要がありますよね。 つまり、妊娠した場合、排卵日と行為の日は、限りなく近いのです。 だから、排卵日が分からない場合、行為の3週間後というのが、生理予定日の1週間後にかなり近いと言えます。 最近の妊娠検査薬は、精度がとても高いのと、実は排卵の3週間後まで待たなくても、判定に充分な量のhCG彫るもんが分泌されていることも珍しくないので、生理予定日あたりに使っても判定できることがあります。 7月2日に仲良くしたとのことで、ダメモトでこの連休中にでも1回、妊娠検査薬を使ってみるのも手だと思います。 妊娠している場合、陽性反応が出る可能性がある時期が始まってると思います。 排卵は生理の約二週間前に起きますから、もし7月2日頃排卵があったのなら、生理予定日は7月16日頃。 妊娠判定薬は説明書に生理予定日一週間後に使うように書いてありますが、最近のは感度がいいので予定日頃でも反応が出るそうです。 私は予定日二日後にばっちり出ました。 週末のお出かけが気にかかるということでしたら、今日明日にでも1回判定薬を試してみたらどうですか? でも、もし判定結果が陰性でも妊娠のごく初期で判定薬に反応するホルモンが少ないせいかもしれません。 一週間もしたらホルモンが増えて陽性になるかもしれませんから、お出かけは慎重にしてくださいね。 あ、でも、ちょっと待ってください。 生理再開の前に妊娠するというのは、出産後1回目の排卵で妊娠するということです。 出産後1回目の排卵がいつ起きるかなんて、誰にもわかりません。 もし現在質問者さんが妊娠しているとするならば、その原因は7月2日ではないかもしれませんよ。 7月2日以前に仲良くした時妊娠した可能性もあります。 身に覚えがあるのなら、今日にでも妊娠判定薬試した方がいいかもしれません。 それと、ご存知かと思いますが、生理の再開は人によってかなり違います。 私は出産後8ヶ月でした。 A ベストアンサー 出産育児お疲れさまです。 ほんとそれは心配になってしまいますね~でも、妊娠は確かにありえなくもないですね。 私も母乳あげていたけど、出産後ちょうど2ヶ月で生理がきました。 友人でも、母乳で1ヵ月半で生理がきたという方もいらっしゃいます。 でも、悪露って、透明だったのにまた黄色いとか、黄色かったのにまた赤いのが出たとか、完全に順番どおりではなく、戻ることが私は多々ありました。 でも、もし妊娠していたとしても、今産科にいっても判別はつかないと思うので、もう少し今のままで様子をみられてはいかがでしょうか? 妊娠中の母乳…なども心配事になっているかもしれませんが、妊娠していても母乳をあげて問題ないという方、やめたほうがいいという方、いろんな考えの方がたくさんいらっしゃいますので、あまり心配しすぎないほうがいいと思います。 お子様がまだ小さいのでこういう問題も抱えるとなると大変ですね。 気にしすぎないで、育児がんばってくださいね!!でも、もしものことも考えて、状態が変わらなければ、エッチ後14日プラス7日=21日目くらいに妊娠検査薬を使ってみてくださいね! 出産育児お疲れさまです。 ほんとそれは心配になってしまいますね~でも、妊娠は確かにありえなくもないですね。 私も母乳あげていたけど、出産後ちょうど2ヶ月で生理がきました。 友人でも、母乳で1ヵ月半で生理がきたという方もいらっしゃいます。 でも、悪露って、透明だったのにまた黄色いとか、黄色かったのにまた赤いのが出たとか、完全に順番どおりではなく、戻ることが私は多々ありました。 でも、もし妊娠していたとしても、今産科にいっても判別はつかないと思うので、もう少し今のままで様子を... A ベストアンサー 妊娠に必要なのは、生理の再開ではなく、排卵の再開です。 生理ばかり再開しても、無排卵月経なら、妊娠しません。 また、お友達の「(夜間だろうと、昼夜だろうと)授乳がある間は、生理は来ない」というのは、激しく間違いです。 そう信じてしまって避妊せずに行為をして、予定外の妊娠をしてしまう事があります。 授乳は、確かに、生理や排卵を起こすのを邪魔する働きがありますが、完全にストップすることは出来ません。 ですから、授乳をしているなら、生理や排卵が再開しにくいのは事実なので、妊娠しにくいです。 でも、不可能ではありません。 (数日違いで出産した、完全母乳だった友人が、すでに混合になっていた私より先に、生理が再開していましたし、早々に次の子を妊娠していました) 生理が来なくても、授乳をしていても、妊娠は不可能ではありません。 最終月経や月経周期が分からないので、排卵日も分かりにくいし、「生理が遅れている」という理由で妊娠に気づくことが出来ないだけです。 また、最近は、妊娠しても必ずしも断乳とは限りません。 授乳すると分泌されるホルモンは、子宮の収縮を促すのですが、流産を引き起こす収縮とはタイプが違うという研究報告もあるようです。 (ただし、切迫流産とか、お腹が張りやすい場合は、問答無用で断乳ですので、覚悟は決めておいた方がいいですが) 妊娠に必要なのは、生理の再開ではなく、排卵の再開です。 生理ばかり再開しても、無排卵月経なら、妊娠しません。 また、お友達の「(夜間だろうと、昼夜だろうと)授乳がある間は、生理は来ない」というのは、激しく間違いです。 そう信じてしまって避妊せずに行為をして、予定外の妊娠をしてしまう事があります。 授乳は、確かに、生理や排卵を起こすのを邪魔する働きがありますが、完全にストップすることは出来ません。 ですから、授乳をしているなら、生理や排卵が再開しにくいのは事実なので、妊... Q 昨年4月に第1子を出産しました。 混合乳で育て,今はまだ断乳はしていませんが,夜中や子どもがほしがる時にお乳をやっています。 といっても,ほとんど出てませんけど。 断乳してないから,と気にもとめていませんでしたが,先日,ママ仲間と話していて,1年以上経っても生理がこないなら大変なことになることもあるらしいから,受診した方がいいと勧められました。 さっき,出産した病院に電話してみたところ,看護師さんからお乳をやめたらまもなく出てきますよ~っていう感じで,ま,どうしても気になるならおいでくださいと言われました。 まだ生理がないのはどのくらい,どんなふうにまずいのでしょうか。 ちなみに私は10代後半に体重が減少して生理が止まり,20歳前後で数年,婦人科に通院したことがありますが,20代半ばからは30日周期ぐらいで生理が来るようになり,自然に妊娠,出産しました。 A ベストアンサー 1年以上たっても生理が来ないと、大変なことになる事もあるというのは、「ホルモンのバランスが、病的に回復していない場合」のようです。 完全母乳でも、産後2ヶ月くらいで生理が再開する人もいます。 これは、授乳すると分泌されるホルモンが、生理が起きるのを邪魔する働きがあるのですが、生理を起こすホルモンの力が勝っているのです。 ホルモンのバランスは、1年くらいかけて回復するのが、ちょうど良いようです。 1年くらいたつと、授乳していても、生理が再開する確率は高くなるようです。 逆に、授乳をやめたら、必ず生理が再開するとは限りません。 授乳で分泌されるホルモンは、生理を完全に止めることは出来ないので。 生理が無いことが「まずい」のではなく、その理由の問題です。 ただ単に、授乳で分泌される「生理の再開を邪魔する働きのある」ホルモンが、生理を起こすホルモンより力が強いだけなら、まだ気にしなくても大丈夫だと思います。 ただ、授乳に関係ない、ホルモンバランスの崩れだったら、心配です。 生理を起こすのは、子宮が重労働をすることなので、産後1年~1年半くらいは生理を起こさず休ませるのは、悪くないようです。 昔は、初潮年齢が遅いうえに、結婚年齢が早く、出産回数も多かったため、現代の女性より生理が起きる回数が少ない=子宮の負担が少なかったという話も聞きました。 婦人科疾患として、本当に「ほとんど出ていない授乳が理由なのか」念のため受診するのは、悪くないと思います。 1年以上たっても生理が来ないと、大変なことになる事もあるというのは、「ホルモンのバランスが、病的に回復していない場合」のようです。 完全母乳でも、産後2ヶ月くらいで生理が再開する人もいます。 これは、授乳すると分泌されるホルモンが、生理が起きるのを邪魔する働きがあるのですが、生理を起こすホルモンの力が勝っているのです。 ホルモンのバランスは、1年くらいかけて回復するのが、ちょうど良いようです。 1年くらいたつと、授乳していても、生理が再開する確率は高くなるようです。 Q こんばんは。 今年10月始めに出産しました。 できるだけ近い年齢差の年子ちゃん(希望は5ヶ月以内)が欲しいのですが、実際にご経験がある方、産後何ヶ月で妊娠したよ、とか、第1子の時の妊娠中、お産との相違点(毎回妊娠やお産は違うといいますが や、出産後こうだったよ、など、どんなことでもいいのでお教え頂きたく質問しております。 ちなみに生理はまだです。 育児環境はとても良く(主人、実母など周りはすごく協力的)年子ちゃんでもやっていけそうです。 それではどうぞ宜しくお願い致します。 こんばんは。 今年10月始めに出産しました。 できるだけ近い年齢差の年子ちゃん(希望は5ヶ月以内)が欲しいのですが、実際にご経験がある方、産後何ヶ月で妊娠したよ、とか、第1子の時の妊娠中、お産との相違点(毎回妊娠やお産は違うといいますが や、出産後こうだったよ、など、どんなことでもいいのでお教え頂きたく質問しております。 ちなみに私自身のことお話すると、第1子は自然分娩で陣痛から3時間半の安産で、2ヶ月ちょっと経った現在は母子共に健康です、母体の負担は了承済みというか、主人は医師... A ベストアンサー 私は3人の子供を年子で産みました。 上は1才8ヶ月違い、下は1才5ヶ月違いです。 結果、自分の思い通りにはならず大変でしたが、今となっては良い思い出です。 出産が軽いというのはいいですね。 実は私も軽かったのです。 年子出産には必須とは言わないけど、下の子を産んで子育てに入ってからの母体には負担が少なくてグッドです。 私は母親が病気でしたし、主人は仕事で超多忙な時期でしたので環境には恵まれてませんでした。 だからといって、年数が経過すれば環境が改善される訳ではないです。 現に、その後母は亡くなり主人は超は取れましたが、今でも多忙です。 そして私は必然的に年をとりました。 年子であったおかげで、母親が若いうちに子育てを経験出来ます。 肉体的に一番大変な時期が若いのだから、へっちゃらです。 確かに体はキツイ面もあるでしょうが、環境が整っている事とご自身に強い意志が見てとれるので大丈夫かなと思います。 今では3人の子供達も成長し、思春期真っ只中です。 私にまとわりつく事はなくなりました。 会話は多い方ですが、鈴なりに私にくっついてた日々が懐かしいです。 ですので、私の体験談しかお話できないのですが、大変なのは一時です。 手が離れる時は一緒なんです、不思議な事に。 一番大事なのは、毎日の外遊びと買い物と食事、それからお風呂。 これを上手に段取りをつけて おばあちゃまや旦那さんの手を借りるとか 日々こなしていける事でしょうかね。 うちは上2人は主人が1ヶ月間お風呂に入れてくれました。 でも末っ子は私が6ヶ月までタライで入れました。 3番目のお風呂を2人が楽しげに見てるんです。 そして末っ子を寝かしつけて2人を入れます。 個々の家庭で色々なやり方があっていいと思います。 我が家はそれで回ってました。 お金と食事の時に愛想良く近寄ってくる我が子達は憎らしいけど、私の宝です。 それは、自分のお腹を痛めた事もありますが、十年前の《輝かしい思い出》がいつまでも私の心に残っているからだと思います。 子供達がくれたたくさんの宝物のような思い出が、私には何物にも代えがたい生きる原動力なんですね、きっと。 昔の話で、何の参考にもならないと思います。 ご家族とよくご相談の上、お決めくださるとよろしいかと存じます。 年子は2人までがいいかな?3人だと母親が寝かしつけるのに、腕が1本足らないからです。 私は3人の子供を年子で産みました。 上は1才8ヶ月違い、下は1才5ヶ月違いです。 結果、自分の思い通りにはならず大変でしたが、今となっては良い思い出です。 出産が軽いというのはいいですね。 実は私も軽かったのです。 年子出産には必須とは言わないけど、下の子を産んで子育てに入ってからの母体には負担が少なくてグッドです。 私は母親が病気でしたし、主人は仕事で超多忙な時期でしたので環境には恵まれて... Q 現在10ヶ月になる息子がいます。 息子は大きめで現在11Kgほどあります。 生まれてからずっと母乳で育っています 現在は離乳食もです)。 今回、私自身の体の事で投稿しました。 1週間ほど前から、おりものが出てくると同時に子宮の収縮のような痛み(生理痛まで行かない程度)とひどい腰痛が続いています。 ちなみに生理は産後ずっと来ていません(授乳してるからだと思います)。 息子は重く、まだハイハイなので抱くことも多くすでに腱鞘炎になっているくらいだし、最近1年半ぶりに再開したスポーツ(激しい運動)で体が疲れているんだろうと思っていました。 しかし、どうも腰痛と子宮の痛みが連動しているような気がしています。 息子は夜中もいまだ頻繁に起き日中はやや後追いもあるので、私自身トイレに行くのも我慢しがちで(本来トイレが近いのですが)膀胱炎気味?とも思っていたのですがその症状とは違っているようです。 10ヶ月ともなると母乳も薄くなってきて、生理がそろそろ来るのかな?とも感じるのでその辺で子宮が動き始めてるのなら安心なのですが、そうじゃなく子宮関係の病気かな?と考え始めて不安になっています。 当方、海外に住んでおります。 よって、病院にかかることは出来るのですが直接婦人科に行けないので、検査等するまでの時間がかかります。 もし経験者・もしくは推定される症状があれば教えていただきたいです。 宜しくお願いします。 現在10ヶ月になる息子がいます。 息子は大きめで現在11Kgほどあります。 生まれてからずっと母乳で育っています 現在は離乳食もです)。 今回、私自身の体の事で投稿しました。 1週間ほど前から、おりものが出てくると同時に子宮の収縮のような痛み(生理痛まで行かない程度)とひどい腰痛が続いています。 ちなみに生理は産後ずっと来ていません(授乳してるからだと思います)。 息子は重く、まだハイハイなので抱くことも多くすでに腱鞘炎になっているくらいだし、最近1年半ぶりに再開したスポーツ(激しい... Q 今年初産し、現在子供が3ヶ月半くらいですが次の子供を早く作ってこの子の兄弟を欲しいと思っています。 1ヶ月前から母乳の出が良くなり現在完全母乳で育てています。 出来れば子供の体の為、ミルク代節約の為にも母乳で卒乳まで頑張りたいと思っています。 母乳をあげていると妊娠しずらいと聞きますが、実際に完母で子作りを体験された方どうでしたか? 母乳で育てていて妊娠した方は稀なのですか? まだ生理が再開してなくて子作りをしているのですが、妊娠をもししたとしても分からないと思うので、妊娠検査薬を使いながら行うのが良いのかなとも考えています。 けど薬局の検査薬2本千円くらいと高い気がするんです; 安い検査薬を売っているサイトもありましたが、どこで買うのがいいのか分からないで居ます。 お勧めの安く買えるサイトご存知ありませんか? 質問長くなりましたが、御回答よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 完母ではなかったのですが、上の子に授乳している時に、下の子を妊娠しました。 授乳すると、オキシトシンとプロラクチンというホルモンが分泌されるのですが、 プロラクチンには、排卵を抑制する作用があり、排卵が起こりにくくなるため、妊娠しづらいと言われています。 が、排卵を制止する作用ではなく、抑制する作用なので、 授乳中でも排卵が起こる人もいますし、授乳をしていなくでも排卵が起こらない人もいますので、 コレばっかりは個人差だと思います。 さて、妊娠中の授乳ですが、 昔は妊娠中に授乳すると、子宮が収縮して流産や早産になるおそれがあると言われていました。 コレは、オキシトシンに子宮を収縮させる作用があるからなのですが、 現在の医学では、妊娠初期~中期の子宮はオキシトシンに無反応である事や、 流産や早産時の子宮収縮と、授乳時の子宮収縮とでは、収縮の種類や強さが異なる事が分かっているため、 今は、妊娠したからといって、断乳を勧める医師は少なくなってきています。 栄養の問題も心配いらないそうですよ。 ただ、前の妊娠で、流産や早産の気があったとか、授乳するとお腹が張りやすいという場合は、 医師の判断で断乳を勧められる事もありますので、 もし妊娠出来たときには、まず産科医に相談される事をオススメします。 質問の件ですが、排卵日に性交しない限り、妊娠はしませんので、 妊娠検査薬を使うよりも、婦人体温計も使って、 排卵しているかどうか、排卵しているなら、いつが排卵日かを見極めた方が確実だと思います。 私も2人目を考えた時、まず婦人体温計を購入し、排卵があるかどうか自分の体の状態を知る事から始めました。 測り始めてから5ヶ月が経った頃、排卵が起こった事が分かり、性交したところ、妊娠する事が出来ました。 完母ではなかったのですが、上の子に授乳している時に、下の子を妊娠しました。 授乳すると、オキシトシンとプロラクチンというホルモンが分泌されるのですが、 プロラクチンには、排卵を抑制する作用があり、排卵が起こりにくくなるため、妊娠しづらいと言われています。 が、排卵を制止する作用ではなく、抑制する作用なので、 授乳中でも排卵が起こる人もいますし、授乳をしていなくでも排卵が起こらない人もいますので、 コレばっかりは個人差だと思います。 さて、妊娠中の授乳ですが、 昔は妊... A ベストアンサー 1才9ヶ月の子がいて二人目妊娠7ヶ月です。 母乳育児と産後の生理は個人差が大きいものなので、一概に良い方法はないと思います。 私の場合は、産前産後豆乳 イソフラボンが女性のホルモンにいいと 言いますよね は飲んでいましたが、産後の生理の再開は1年2ヶ月後でした。 うちは生後3週間から完母で1才くらいまでは離乳食もあまり食べない母乳っ子だったこともあります。 生理が起こると言うよりは排卵をちゃんとしているか基礎体温を測ることはよいかと思います。 私は生理が再開する4ヶ月前から基礎体温を測り始めましたが、 生理が起こる1ヶ月前までは見事に排卵してなさそうな基礎体温表でした。 どうしても母乳もあげたいけど妊娠もと言うなら、 混合にして出来るだけ夜の授乳を減らすという手もあるかと思います。 これも個人差がありますが、夜の授乳が減ると母乳の生産量が減るみたいです。 夜でなくても母乳を与える回数が減ればそれだけホルモンの分泌が減るでしょうから 生理 排卵 が起こる可能性は高くなると思います。 子供が欲しい、でも母乳も続けたい、 年齢的なこともある? どっちも叶えたい気持ちはわかりますが、 「二兎追うものは一兎も得ず」ということわざもあります。 私は子供が必要であろうと思われる1才頃までは母乳をあげていて、 結局妊娠がわかった1才5ヶ月まで母乳をあげれて満足でしたので、 それを機に止めました。 実際、妊娠すると子供は前より甘えるようになりますから歩ける子であっても抱っこが増えたり、 つわりがあるのに世話もしないといけないので、せめて離乳食完了期過ぎてからの方が少しは楽ですよ。 抱っこは妊娠初期のおなかの子が気になるなるし、中期の今はすぐにおなかが張ってきてしんどいです。 どんな苦労も妊娠したい質問者さんにはいらないアドバイスだったかも・・・ ともあれ、二人目の妊娠までは生理があってもすぐというわけにいかない人が多いようです。 ご希望通り、早く妊娠できると良いですね。 1才9ヶ月の子がいて二人目妊娠7ヶ月です。 母乳育児と産後の生理は個人差が大きいものなので、一概に良い方法はないと思います。 私の場合は、産前産後豆乳 イソフラボンが女性のホルモンにいいと 言いますよね は飲んでいましたが、産後の生理の再開は1年2ヶ月後でした。 うちは生後3週間から完母で1才くらいまでは離乳食もあまり食べない母乳っ子だったこともあります。 生理が起こると言うよりは排卵をちゃんとしているか基礎体温を測ることはよいかと思います。 私は生理が再開する4ヶ月前から基礎体... A ベストアンサー 私が母乳育児をしてた時は薬を飲むために授乳を止めた8ヶ月頃に一度来て、その後1歳まで授乳を続けたせいか2回目の生理まで数ヶ月間がありました。 最初の生理の時はたぶん体調を崩して授乳を止めた後なので、出血して始めて「あ、生理だ」と思ったぐらいですが、その後周期的に生理が来るようになってからは、最長で2週間PMSに悩まされています。 私の場合生理自体は軽くなった(元々重かったワケじゃない)のに、PMSはひどくなる一方で、1人目出産後は生理の前日に吐き気を伴うひどい頭痛だけだったのに、2人目出産後は頭痛の日数が増えて、倦怠感も増しました。 怠くて生きてるのがイヤになるほどなので、毎回生理が待ち遠しくて仕方ないんです。 私もPMSは2週間以上続いたことがないので、ひょとして妊娠では?とも思ってしまいますが… 授乳することで排卵を抑えるホルモンが働くのは事実のようですが、常に2~3時間おきに吸わせていないと避妊効果は期待できないと本で読みました。 ちなみにうちの子は卒乳まで夜中でも長くて3時間、通常は2時間ぐらいしか間が空きませんでした。 お子さんが夜長く寝てくれるようになったとかいうことがあれば、妊娠の可能性も出てくる思いますが、どうでしょうか? 私が母乳育児をしてた時は薬を飲むために授乳を止めた8ヶ月頃に一度来て、その後1歳まで授乳を続けたせいか2回目の生理まで数ヶ月間がありました。 最初の生理の時はたぶん体調を崩して授乳を止めた後なので、出血して始めて「あ、生理だ」と思ったぐらいですが、その後周期的に生理が来るようになってからは、最長で2週間PMSに悩まされています。 私の場合生理自体は軽くなった(元々重かったワケじゃない)のに、PMSはひどくなる一方で、1人目出産後は生理の前日に吐き気を伴うひどい頭痛だけだ...

次の