黒 ひげ コケ。 水槽のコケ除去に成功!黒ヒゲ苔対策に最大級の効果はこれですね

白ヒゲ?黒ヒゲ?ソイルにも生えてくる髭コケは何者なのか

黒 ひげ コケ

この記事の目次• そもそも、黒髭コケは何で発生するのか? 対策の前に、なぜ黒髭苔が発生するのか、根本的な原因から知る必要があります。 代表的なのが、水の富栄養化ですね。 また、水の汚れの度合いが高いほど黒髭コケが大きくなり色も濃くなってきます。 他にも水流が強い箇所(特にフィルターが排出する水流付近に生える傾向があります) これは、黒髭コケの胞子が付着しやすいとも言われていますが、黒髭コケが発生する理由は、ハッキリしたことは分からないそうです。 ただ、黒髭コケが出来る要因の1つとして 水の富栄養化と 汚れについては間違いないでしょう。 黒髭コケ対策1・フィルター内の掃除 フィルター内に汚泥が溜まりやすいので定期的に(3ヶ月・半年に一度)フィルター内の掃除をしましょう。 黒髭コケ対策2・木酢液を利用する アクア業界でも有名な対処方法です。 木酢液を黒髭コケに塗布して直接枯らせる方法です。 木酢液を塗布した黒髭コケは1分後には赤く、あるいは白くなってきます。 赤く枯れた黒髭コケはエビ類などが食べてくれます。 枯れる前のヤマトヌマエビやミナミヌマエビは見向きもしませんが、枯れた後は一気に食べてくれるので、その光景は爽快ですよ。 水槽に戻す際は一度水につけるなどして木酢液を流すようにしましょう。 黒髭コケ対策3・換水を行う 富栄養化された水を換水することによりコケ対策を抑えることができます。 しかし、木酢液は黒髭コケを枯れさせることに対して、こちらは予防や、コケを増やさないのが目的なので、上記の方法とセットで行いましょう。 黒髭コケ対策4・トリミング 成長の遅い水草にも黒髭コケが活着することから、 木酢液を直接塗布せず思い切ってトリミングしましょう。 切り取った水草は必ず水槽から取り出しましょう。 放置すると胞子が舞い悪化する可能性も。 黒髭コケ対策5・黒髭コケを剥がす 噛み合わせの良いピンセットや毛抜があればコケの根本を摘んで、 横にスライドさせるようにすると剥がれる場合もあります。 しかしある程度、伸びてからじゃないと剥がすのが困難です。 黒髭コケ対策6・餌の頻度を減らす 魚が食べずに余った餌は糞以上に水を悪化させます。 また、餌を与えすぎるとその分、排泄物も増えるので、1日に1回・2回、数秒で無くなる程度にしてあげましょう。 まとめ コケの中で一番厄介な黒髭コケですが、このコケのせいでアクアリウムの熱意が下がり辞める方も多いのではないでしょうか。 ネットで検索してもこのコケと格闘しているアクアリストは大勢います。 黒髭苔撲滅まで時間が掛かってしまいますが、焦らずに今回ご紹介した対策で確実に対処していきましょう。 ちなみに、私は黒髭苔がビッシリついた流木を取り出し、熱湯を注ぎ一気に殺した経験があります。 もちろん流木に住んでいるバクテリアも死んじゃいましたが(自爆 よく読まれている記事.

次の

水槽に生える黒ヒゲ状のコケの原因と対策!除去や食べる生物など

黒 ひげ コケ

サイアミーズフライングフォックスのコケ取り能力 サイアミーズフライングフォックスは非常に大食漢であり一日中水槽内を泳ぎまわりながらコケを見つけては食べてくれます。 コケの繁殖力が強く、コケだらけになってしまった水槽への投入により数日でコケを全滅させてしまうこともあります。 特に他のコケ取り生体があまり食べない黒髭コケや明るい緑色の糸状コケなどを好んで食べる習性があります。 サイアミーズフライングフォックスの個体差と習性 購入後すぐのサイアミーズフライングフォックスには個体差があり、私の経験では購入後1ヶ月以上経ってもほとんどコケに手を出さない固体もあります。 なぜこのような個体差がでてしまうのか実験をしてみたところサイアミーズフライングフォックスには非常に強い仲間意識があり、水槽内に数匹いれると必ず数匹で群れるように行動をしています。 この群れる動作の中にはサイアミーズ同士の学習能力を共有する意味合いがあることも解ってきました。 実験的にとあるショップで購入したサイアミーズを4匹水槽内にいれて様子を見ましたが、1ヶ月以上経過しても4匹とも底砂近辺のコケにしか手を出さず水槽内の糸状コケやハケ状コケはほどんど変化が見られませんでした。 そこに別の水槽から数年飼い込んだサイアミーズを投入してみました。 このサイアミーズは私の水槽内でも常にコケをついばみ、非常に食欲旺盛な元気な個体で投入したコケ水槽ではすぐにコケに向かっていきついばみはじめました。 すると予想どおり最初に入れたサイアミーズ4匹も先輩の後を追うかのように団体行動をはじめ、今まで見向きもしなかったコケを食べ始めたのです。 その後、その水槽は1ヶ月間変化の無かったのが嘘のように2、3日でコケは全滅してしまいました。 後から入れたサイアミーズがほとんど食べてしまったのではと言う疑問もでるでしょう。 確かに食べていますが他のサイアミーズの行動スタイルが明らかに変化した事は事実で、これがサイアミーズ同士における学習能力なのです。 熱帯魚に餌を与える際にも慣れてくると人が近づくだけで熱帯魚は水面に寄ってきます。 これも学習能力の一つといえるように生物は生きるために本能的に学習をしていくもので、今回のサイアミーズフライングフォックスの場合、仲間が食べているものに即発された形となったものと推測できます。 このようなことからサイアミーズをコケ取り用のメンテナンスフィッシュとして販売しているショップではベアタンクなどで入荷したものをまとめておくのではなく、コケの生えた水槽で、ある程度習慣づけをしたサイアミーズを販売していただくことを希望いたします。 また購入される際にも水草水槽などで元気良くコケをついばんでいる個体を見つけて購入されるようにするといいと思われます。 サイアミーズフライングフォックスの見分け方 サイアミーズフライングフォックスの尾ビレ 最後にサイアミーズフライングフォックスの見分け方についても簡単に触れておきましょう。 サイアミーズフライングフォックスとして販売されている個体の中には尾びれまでラインが入っていない種類のものもあるようです。 この種類はコケを食べる能力が低いとされていますので購入時には注意してください。 写真のように尾びれまでしっかり黒いラインが入っているものは大丈夫ですので購入時にチェックしてみてください。 ただこのように違う種類のものがサイアミーズフライングフォックスとして紛れ込むようなことはひと昔前の話であり最近のショップさんのしっかりとした管理ではあまり見られなくなりました。 Advertisement 関連する記事• 2020. 02 ソイルを使った水草水槽立ち上げでコケを出さない方法 水草水槽初心者の多くが失敗するソイルを使った水草水槽の立ち上げ。 立ち上げてすぐコケだらけの水槽にな[…]• 2019. 10 画像で判別!水槽や池のコケ対策 コケ 藻 の種類と発生する原因・生える条件 水槽や池などアクアリウムにおいてコケ 藻 の発生する原因や生える条件などを[…]• 2020. 08 木酢液やオキシドールのコケ除去と合わせてやるべき水草水槽のコケ対策 水草のコケ対策やコケの除去方法として木酢液やオキシドールなどを使用する方法がありま[…]• 2019. 10 茶ゴケ対策 茶色のノリ状のコケ珪藻 けいそう 発生原因と対策・除去 ガラス面や外部フィルターのホースなどあらゆる場所に発生し、薄茶色でさわるとぬるぬ[…]• 2019. 19 苔ブーム到来!嫌われるコケ 藻 と好かれる苔 「苔とは?」と尋ねられたらどのようなイメージを連想されるでしょうか?小さい・かわいい・癒されるなどの好印[…].

次の

水槽に生える黒ヒゲ状のコケの原因と対策!除去や食べる生物など

黒 ひげ コケ

価格:549円(税込、送料別) いろんな木酢液が売っているのですが、なかでも比較的安いものです。 「原液」と書いているものの、商品によっては濃度が異なるようで、もともとが薄かったら効果が出なさそう。 でも比較するわけにもいかないので、原液を信じて2倍に希釈して使うことにします! 準備しよう 作業としては、• 水槽内の石・流木・水草を取り出す• 2倍希釈の木酢液を塗布する• 付着した木酢液を洗い流す• 水槽に戻す という流れになります。 脳内シミュレーションをして、必要な物は以下のとおり(うちの場合です)。 大きめのトレイ・・・取り出した石・流木・水草を入れる• 大きめの計量カップ・・・2倍希釈の木酢液を作る• バケツ・・・木酢液を洗い流すために飼育水を確保しておく• 歯ブラシ・・・木酢液を塗布する ホントは刷毛があれば便利ですが、歯ブラシでもなんとか。 作業開始! とりあえず、作業時間は2時間位をみて、作業開始です。 作業中の写真は・・・ありません笑 必至だったので! ヒーターカバーなどに付いた黒髭苔を除去する際に写真を撮りました! あ、すべてのものを取り出すので、レイアウトを完全に復元したい人は事前に写真を撮っておくと良いかも。 もしくはこの機会にレイアウト変更も可能ですね。 石・流木・水草を取り出す うちの水槽はそんなに入り組んだレイアウトではないのですが、いかんせんいろんなところにヒゲ状ゴケが発生していたため、すべての石・流木・水草に対処しました。 水草については、流木に活着させたアヌビアス・ナナは取り出しやすいのですが、アマゾンソードは抜くわけにも行かず、思い切って全カットを敢行。 以前同じく丸坊主にした際は復活したので、今回もそれを期待です。 頑張ってくれよ・・・! ストレーナースポンジも外す ここにも大量にコケが生えていたので、これも外します。 前回メンテナンスハックを行っていたので、外すのもラクチンでした。 短い間とはいえスポンジなしになるので、フィルターをいったん止めます。 万が一の備えで。 木酢液を塗布する 続いて、取り出したものに木酢液を塗布していきます。 石は計量カップに入るサイズであればドボンして30秒ほど漬けるだけ。 簡単です。 流木は大きく複雑な形状ですが、歯ブラシで丹念に塗布していきます。 ウィローモスが活着している場合でも、そのまま上から塗布していきました。 30秒~1分ほど放置し(といっても、塗布範囲が広いのでどんどん時間が経っていきます)、飼育水で洗い流します。 アヌビアス・ナナについても歯ブラシで・・・・ ってめっちゃ面倒くさい!! 幸いトレイが深かったので、カップ麺にお湯を注ぐように木酢液を注ぎかけて終了。 こちらも30秒ほど放置し、飼育水で洗い流します。 水槽内に戻す 木酢液を洗い流したものは順次、水槽内に戻していきます。 お魚さんたちは相当ストレスだろうなぁ・・・ コリドラスなんて隠れ家が無くなっちゃうし、エビなんて木酢液の中から発見されるし(生きてました)。 そもそも水換えも伴うから、ほんと時間あるときにしか出来ないですね。 水槽内に紅葉が・・・ 水槽を元に戻したあと、景観に変化が現れました。 おぉ・・・ 秋ですなぁ・・・ てか、こんなにコケが成長するまで放置してごめんなさい・・・ こんな感じに、黒ヒゲだったのが赤髭に変わりました。 一部は白ひげに変わりました。 こうなると、ヤマトヌマエビが食べられる状態だそうです。 うちにはミナミヌマエビしかいないんですけどね。 これにて、いったんヒゲ状コケの除去は終了! あとは再繁殖を防ぐために、こまめにメンテナンスしていきたいと思います。

次の