ネスカフェ アンバサダー 価格。 ネスカフェアンバサダー(法人)

ネスカフェアンバサダーの仕組みを種明かし!なぜコーヒーマシンが無料で借りられるのか?

ネスカフェ アンバサダー 価格

— さかもと orchidgirl0330 本日、事務所にネスカフェアンバサダーのネスレマシンが到着。 美味いコーヒーは最高! — けんけ大佐 次は旧キット選手権 kenketaisa1971 このように、ネスカフェアンバサダーは 20万を超える多くの企業や団体が利用しています。 そもそもネスカフェアンバサダーって? そもそもネスカフェアンバサダーというものが どんなものかご存じない方も多いと思います。 CMではオフィスでコーヒーマシンを使うイメージがあるためか、 コーヒーマシンがネスカフェアンバサダーだと思い込んでいる人がとても多くいます。 ですが ネスカフェアンバサダーは、コーヒーマシンのことではないんです。 アンバサダーという聞きなれない言葉ありますが、 英和辞書でアンバサダー[Ambassador]と調べると『大使』という和訳が出てきます。 つまり ネスカフェアンバサダーとは、直訳すれば『ネスカフェ大使』となりますね。 大使というと、大使館で外国の人と交渉などを行う責任者ですが、 『ネスカフェアンバサダー』も、社内などのユーザーと ネスカフェとの間の交渉などの責任者としての役割があります。 いまいちよくわからないかと思いますが、ネスカフェアンバサダーになった人は、 社内とネスカフェの窓口になって、 導入のための準備や 快適なコーヒーコーナーの設営、 注文をまとめたりなどが具体的な役割になります。 もちろん、やってることを見ると使いっ走りのようですが、 ネスカフェアンバサダーには、なると嬉しいいくつかの特典があります。 まず、ネスカフェアンバサダーになった人には、 スマホとつながる最新のコーヒーマシンの 『 ゴールドブレンドバリスタi[アイ]』が オフィス用とは別に個人用にプレゼントされます。 また、社内的にもコーヒーコーナーの設営で コミュニケーションを活性化させたり 経費削減に貢献したりなどで 評価されることもあると思います。 実際に、ネスカフェアンバサダーを利用している企業の中にも、 設営した人が評価・表彰されているところがありました。 なので、コーヒーコーナーの経費削減やコミュニケーションの活性化を ご検討の企業の方は、ネスカフェアンバサダーに立候補したほうがいいと思います。 ネスカフェアンバサダーの活用シーンは? あなたの所属している環境にネスカフェアンバサダーが 利用できるかいまいちわからない人も多いかもしれませんね。 ネスカフェアンバサダーでは、広い意味では 人々が集まる場所や集団などで利用できるとしています。 具体的には…• 会社のオフィスに設置して社員で利用したり• 飲食店に設置してランチセットのサービスで利用したり• 来客の取引先へのおもてなしとして利用したり• 休憩所のサービスとして提供したり これらの他にも、イベント会場、会議やミーティングの飲み物、 美容院・美容室・ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、日焼けサロン、 歯医者、整体院、整骨院、個人経営の病院・介護施設、接骨院、 ダンススクール、パソコン教室、学習塾、習い事教室、 小中高の職員室や大学のゼミ・研究室、保育園、 不動産屋さん、保険代理店、旅行代理店、 洋食店、インド料理店、ケーキ屋さん、パン屋さん、お肉屋さん、豆腐屋さん、 倉庫の休憩所、物流センターのドライバー休憩室、青果市場の事務所、 大使館、クルージング船の操舵室、住宅展示場、メガネ店、ホテルなど。 アイデア次第でネスカフェアンバサダーの 利用価値は無限に広がると思います。 また、個人事業主やフリーランスで活動している 1人の従業員の会社などでの利用実績もあります。 他社のコーヒーサーバーレンタルサービスと比較すると 今ご利用中であったり、ネットで比較中のコーヒーサーバーの レンタルサービスなどを見てもらうとお分かりかと思いますが、 会社にコーヒーコーナーを設置する場合かなりのコストがかかります。 かといって、 家庭用のようなコーヒーサーバーですと、 月額1 万円弱くらいですが、 淹れたてのおいしいコーヒーは楽しめません。 ネスカフェアンバサダーの場合、 月額のコーヒーマシンのレンタル料は全くかかりません。 また、初期導入費用も無料で、コーヒーマシンが故障した時も 無料で修理してくれますし、サポート費用も掛かりません。 かかる料金は飲んだ分のコーヒー代だけで、 コンビニコーヒーやカフェと比べてもコスパは高いんです。 もしかしたら、やめる時に解約金がいっぱいかかるんでしょと 疑っているかもしれませんが、 解約するときはマシンを返却すればいいだけなんです。 大事なことなので何度も繰り返しますが、 かかる費用は飲んだ分だけ、それ以外は一切かかりません。 ネスカフェアンバサダーには他にもこんな魅力が ネスカフェアンバサダーになるメリットは、 コーヒーマシンの月額利用料・維持費が無料なことだけではありません。 月額レンタル無料のマシンは用途にあわせて選べる3 種類 ネスカフェアンバサダーでは、申し込みをするときに 利用するマシンを3種類の中から選べます。 いずれのマシンも水を入れておけばお湯を沸かすのは不要で、 コンビニのコーヒーマシンと同じくらいカンタンで、 ボタンを押すだけでおいしいコーヒー・お茶を楽しめるんです。 選べるネスカフェのマシンは以下の通りです。 最新機種の ネスカフェゴールドブレンドバリスタi[アイ] ネスカフェゴールドブレンドバリスタの最新モデルで、 スマホとつなげられるバリスタi[アイ]を無料で使えます。 ネスカフェゴールドブレンドバリスタは、業界でも珍しい インスタントコーヒーをおいしく淹れられるコーヒーマシンです。 バリスタiで作れるカフェメニューは、 単体では エスプレッソタイプコーヒー、 ブラックコーヒー、 ブラックコーヒー マグサイズ が作れます。 バリスタiと粉末ミルクの ネスレブライトを組み合わせると、 カプチーノや カフェラテも作れますし、氷があれば アイスコーヒーも可能です。 15 種類以上のメニューが楽しめる ネスカフェドルチェグスト ネスカフェドルチェグストは、カプセル式のコーヒーマシンで、 15種類以上のカフェメニューを楽しむことができます。 ドルチェグストのカフェメニューは… この中からお好きなものをカプセルを変えることで楽しめます。 17 種類以上のお茶が楽しめる ネスレスペシャル. T スペシャル. Tは、コーヒーマシンではなく、 緑茶や紅茶、フレーバーティーなどのお茶が楽しめるカプセル式マシンです。 ネスレスペシャル. Tで作れるメニューは• かぶせ茶 京の匠福寿園• 煎茶 京の匠福寿園• ほうじ茶 京の匠福寿園• 玄米茶 京の匠福寿園• ジャスミンフラワー• 福建省烏龍茶• パイムータン フィネス• アールグレイ• ダージリン• イングリッシュ ブレックファスト• トロピカル セレクション• レッド フルーツ ディライト• ブルーベリー マフィン• サニー グレープフルーツ• レモン ローズヒップ ソルベ• アイス ミント• ルイボス オレンジ スペシャル. Tは17 種類以上のお茶メニューで、 コーヒーコーナーのメニューを豊かに広げてくれるはずです。 また コーヒーが苦手などの多様なニーズにも対応することができますよね。 なので、オフィスなどで利用される場合は、 飲む人が割り勘や飲んだ分を払うようになると思いますが、 とても安く提供できるメリットがあります。 また、飲食店などでお客さんに提供する場合も、 ランチセットなどでサービスした場合の 経費を低く抑えることができるんです。 それぞれのマシンでできるメニューの料金は以下のようになります。 T 1 杯あたり50~148 円 ネスレスペシャル. アンバサダーの方にはご自宅用にもう1 台、バリスタiが貰えます 先ほどもご紹介したかと思いますが、 ネスカフェアンバサダーに選ばれた人には 導入支援や受付窓口になるお礼として、 最新のコーヒーマシンのネスカフェゴールドブレンドバリスタiが オフィスなどに設置するものとは別に、 もう1 台ご家庭用にプレゼントされます。 もしくは、ネスカフェのショッピングサイトで使える ショッピングポイントが2,000 ポイントプレゼントされます。 ただし、上記のプレゼントは2016 年10 月現在のもので、 予告なくプレゼント内容が変更されるかもしれません。 お申し込みはカンタン3ステップ.

次の

ネスカフェアンバサダーの月額コスト!マシンごとの単価・費用を徹底検証!

ネスカフェ アンバサダー 価格

ネスカフェのアンバサダーは職場でネスレのコーヒーメーカーを無料でレンタルして利用できるサービスです。 一番高いマシンで3万円以上するのになぜ無料でレンタルできるのか。 「なんか怪しい・・・あとからマシン代を請求されるのでは?」 「結局マシン料金分だけの商品を買わされるのでは?」 なんていう疑問が浮かびます。 でも、あとからマシン代を請求されることも、マシン料金分の商品を買うまで解約できない、ということも一切ありません。 無料レンタルの条件としては定期便でコーヒーを購入すること。 計算をすれば納得がいきますが、ある程度人数がいたりコーヒーを飲む頻度が高い職場やコミュニティでの利用の場合、すぐにマシン代くらいは超えてしまうのです。 マシンは5000円台から30,000円台とそこそこのお値段がするので、購入をためらって試してもらえないより、マシンを無料で提供することで定期的にコーヒーを飲んでもらうことで利益も上がり、利用者としてもたくさんのお得とともに利用ができるのでwin-winの結果となります。 では、どのような仕組みになっているのか詳しくみていきましょう。 Contents• コーヒーマシンが無料で借りられる理由は? ネスカフェ アンバサダーは、オフィスでネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiをはじめとするドルチェグスト、ネスレスペシャル. Tなどの貸し出しマシンを利用しながら参加できるオフィス向けのプログラムです。 ネスカフェアンバサダーの仕組みとしては、職場での利用が条件づけられています。 但し、職場と言っても幅広い定義で利用が可能なのです。 職場なのでオフィスを構えていないといけない、ということではなく、自宅で仕事をしている人は、自宅が職場になるのでそれでもOKです。 また、病院や美容室など、オフィスという意味での職場ではありませんが、職場であることにはかわりないため、こちらも問題なくアンバサダーのサービスが利用可能です。 そのほか、サークルの部室や地域の子ども会、習い事の教室や趣味の集まりなど、コミュニティの場でも人が集まる場所なのでアンバサダーのサービスの利用は可能です。 コーヒーマシンを無料でレンタルできる条件は各マシンで使用するコーヒーをラク楽お届け便という定期便で購入することです。 ラク楽定期便の利用のルールは、• 好きな頻度(2週間、1〜3ヶ月毎)で定期的に商品が届くので便利。 一回の購入が税込み4,000円以上なら送料無料(2週間コースのみ税込2,000円以上で送料無料) というこれだけです。 ちまたにある定期購入で多いのは、毎月決められた日に決められた量が送られてくる、というものですが、アンバサダーはオフィスやコミュニティの人数もまちまち、また、飲む頻度もそれぞれになるため、2週間、1〜3ヶ月毎の好きな頻度で設定できたり、注文の最小個数などの決まりもなく、1箱からでも注文できたり、柔軟に対応してくれているのでしょう。 さて、ではなぜコーヒーマシーンを無料でレンタルできるのか?というと、レンタルが可能になる条件である、この定期便がキーになります。 アンバサダーで利用できるマシンを、もし購入した場合の本体価格と、各マシンで利用するコーヒーの最小価格から、どれくらいの期間を利用すればマシンの料金に到達するか調べたところ、職場の人数や飲む頻度によりますが、案外すぐに到達してしまうことがわかりました。 なので、仕組みとしては、マシンを無料でレンタルしたとしてもマシンを使ってもらうことで継続的にネスレのコーヒーを飲んでもらえるという裏付けがあるからです。 アンバサダーの利用者は職場では無料でマシンを利用できて、定期便にすれば市場最安値級の価格で利用することができるので、まさにwin-win。 ネスレとしても利用者としてもハッピーな結果になるわけです。 さて、ではネスカフェゴールドブレンド バリスタiのマシンをレンタルする場合、どれくらいでマシンの本体価格分のコーヒーを消費するのかネスカフェゴールドブレンド バリスタiを例に見てみます。 このマシンの本体価格は5,900円です。 バリスタiはソリュブルコーヒー(インスタントコーヒー)をバリスタiで淹れることで、レギュラーコーヒーだけでなく、カフェラテやカプチーノなどのカフェメニューも楽しめるというもの。 つまりマシンに利用するコーヒーはインスタントコーヒーということになります。 ネスカフェゴールドブレンドや香味焙煎などが有名です。 マシンが5,900円なので、11箱分352杯分消費するとマシンの料金に到達します。 この11箱分352杯分はどれくらいかというと、たとえば: 10人の職場で全員が1日1杯飲む場合は、約一ヶ月でマシン料金分飲み切ります。 または、10人が週1日通う職場では、約7か月で飲み切ります。 当然ながら職場の規模がこの例より大きければすぐにマシン本体代金は到達してしまいます。 レンタルでも職場で定期便を利用してもらうことできちんとwin-winになるわけです。 ではこの定期便についてもう少し詳しくみていきましょう。 ラク楽定期便のメリットは? ネスカフェ アンバサダーは、オフィスやサークルなど人が集まる場所ででネスレのまコーヒーマシン、ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiをはじめとする5種類のマシンを無料で利用できるサービスです。 マシンを利用する際にそれぞれマシン専用の容器に入っているコーヒーやお茶が必要になります。 まずはどのようなマシンとコーヒーメニューがあるのか、それぞれ紹介していきます。 バラエティに富むコーヒーメニュー それぞれのマシンで楽しめるコーヒーメニューはバラエティ豊かです。 特に会社やコミュニティの場で利用するアンバサダーでは、そこに集まる人たちの嗜好はまちまち。 なかにはコーヒーが飲めない人もいるでしょうし、濃いめのコーヒーが好きな人、マイルドでたっぷりのコーヒーで飲みたい人、飲み物の嗜好は何通りもあります。 また、気分や体調によっても飲みたいものは変わります。 普段は濃いめのコーヒーでも、今日はマイルドなほうがいいな、とか、今日は紅茶がいいな、甘めのメニューがいいな、などなど。 毎日色々なチョイスがあるのは飽きずに日々のコーヒーを楽しめます。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタi ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiは7種類のコーヒーが楽しめます。 使用するコーヒーはソリュブルコーヒー、一般にインスタントコーヒーと呼ばれるものです。 おなじみのネスカフェ ゴールドブレンド(レギュラー・コク深め・カフェインレス・オーガニック)をはじめ、ネスカフェ 香味焙煎(深み・丸み)、ネスカフェ プレジデントがラインアップ。 また、これらのコーヒーをネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiで淹れることで、カプチーノ、カフェラテ、ブラックコーヒー、アイスコーヒー、アイスラテなどの5種類のカフェメニューをボタンひとつで楽しむことができます。 ドルチェグスト ドルチェグストはカプセル式のマシンです。 カプセルをマシンにセットしてボタン一つでカフェメニューが楽しめます。 カプセルの中には挽いたコーヒー豆が入っていて、ドルチェグストのマシンが搭載する圧力によって美味しく抽出される、というものです。 カプセルの種類も23種類と幅広く豊富なラインアップです。 ドルチェグストでうれしいのは、コーヒーは本格的な味わい、でも、コーヒー以外のメニューもある、というところです。 職場やコミュニティにコーヒーが苦手、という人がいても抹茶やココア、ティーラテなど、コーヒー以外にも楽しめるメニューが充実しています。 ネスレスペシャル. T ネスレスペシャル. Tはお茶・紅茶専用のカプセル式マシンです。 ラインアップは17種類。 日本茶、紅茶、中国茶、ハーブティーにルイボスとかなり充実しています。 高級な茶葉をそのままカプセルに封じ込めているので、一杯一杯抽出ができ、そのたびに新鮮な味わいを楽しめます。 コーヒーより紅茶!という人にはオフィスにあったら絶対うれしい1台です。 ネスカフェ アイスコーヒーサーバー ネスカフェアイスコーヒーサーバーはアイスコーヒー専用のマシン。 他のマシンのようにコーヒーの抽出をするのではなく、アイスコーヒー用のネスカフェのペットボトルをマシンに設置しておくことで、レバーをひくだけでいつでも冷えた美味しいアイスコーヒーが飲める、というものです。 アイスコーヒーの種類はシュガー入り、シュガー無し、カフェインレスなど6種類のラインアップがあります。 特に暑い夏はオフィスでもアイスコーヒーが飲みたくなります。 このマシンは2種類までのペットボトルをセットできるので、無糖・加糖で分けるなど、オフィスのニーズにもこたえられそうです。 ネスプレッソ ネスプレッソはカプセル式のマシンです。 ドルチェグストもかカプセル式ですが、違いとしてはカプセルの中に入っているコーヒー豆の品質です。 ドルチェグストのコーヒー豆も質の良い豆を使用していますが、ネスプレッソは高級レストランなどで利用されているだけに、より厳選された豆を贅沢に使用しています。 またドルチェグストはコーヒー以外のカプセルもありますが、ネスプレッソは基本的にコーヒーのみです。 本格派のエスプレッソをはじめ、ラインアップも12種類で、レギュラーサイズのルンゴ、カフェインレスのデカフェナート、強い味わいのリストレットなど本格コーヒーをボタン一つで簡単に作れます。 オフィスでも本格的なコーヒーを飲みたい!というニーズにはばっちりです。 2週間、1〜3ヶ月毎から好きな頻度を設定すると、都度の発注をすることなく自動的にコーヒーが届きます。 一人で利用している場合はコーヒーの減り具合は大体予想がつくのですが、オフィスや複数人で利用する場ではそうはいきません。 コーヒーの減り具合を都度チェックしたり、コーヒーを切らしてしまうということが避けられます。 この、2週間、1〜3ヶ月毎という頻度も都度変更が可能です。 最初はおおよそであたりをつけて、使っていくうちにペースが見えてくれば、変更が必要な際にはいつでも変更できます。 また、オフィスに人が増えたり減ったりすればコーヒーの減り方も変わってきます。 そういうときにもこの頻度を変更できることがとても便利です。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiではネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 105gを利用した場合、52杯分のコーヒーを淹れることができます。 例えば小規模で10人くらいで集まるコミュニティーや職場の人たちが毎日1杯飲む場合、月曜から金曜の利用として、1ヶ月で20日として、一日10杯飲むことになるので、1ヶ月では200杯分必要になります。 ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 105g(52杯分)を利用した場合、1ヶ月4箱の利用になります。 2週間では10日分になるので100杯分。 ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 105g(52杯分)を利用した場合、2週間で2箱の利用になります。 こんなふうに考えながら定期便の頻度を設定していけます。 定期的に届くことで、注文の手間が要らず、うっかりコーヒーを切らしてしまうということもなくなるので、便利です。 2週間コースで送料無料になるには、2週間で2,000円分の購入が必要です。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiのマシンを利用する場合、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g(32杯分)530円(税込)を4箱で2,120円となります。 杯数としては128杯分です。 3ヶ月コース送料無料になるには、3ヶ月で4,000円分の購入が必要です。 ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタiのマシンを利用する場合、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック 65g(32杯分)530円(税込)を8箱で4,240円となります。 杯数としては256杯分ですが、1ヶ月とすると85杯分になります。 どちらも複数人で利用する場合、すぐに飲んでしまう量なのでとてもおトクです。 また1回だけでなく、毎回の送料が無料になってくれるところも嬉しいポイントです。 例えば、バリスタのマシンで利用するコーヒー、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック65g(32杯分)は、通常の価格だと658円(税込)です。 これを、楽ラク定期便で購入すると530円(税込)となり、約130円もお得になります。 スペシャル. アイスコーヒーもペットボトル1本あたり最大147円の割引になります。 ネスプレッソは市場価格が公開されていないため、楽ラク定期便利用による割引率は不明です。 複数人で利用する場合、1ヶ月に数箱からの注文になると思われるので、450円分の送料無料も考慮すると、相当のお得感があります。 送料はもともと、ネスレ通販オンラインショップでの購入では4,000円以上の購入で送料無料となりますが、楽ラク定期便では2,000円以上から送料無料になります。 例えば10人のオフィスで一人平均2杯飲む場合でみてみましょう。 土日は除外して1ヶ月20日x1日2杯x10人=1ヶ月400杯分になります。 バリスタのマシンで利用するコーヒー、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック65g(32杯分)の利用の場合、約13箱の消費になります。 通常、13箱x658円(税込)=8,554円になりますが、 定期便を利用すると、13箱x530円(税込)=6,890円になりますので、 1ヶ月1,664円のお得になります。 小規模もしくは利用頻度が少ない場合はどうでしょう。 例えば週に2日集まる5人のコミュニティで一人平均2杯飲む場合でみてみましょう。 1ヶ月10日x1日2杯x5人=1ヶ月1100杯分になります。 バリスタのマシンで利用するコーヒー、ネスカフェ ゴールドブレンド エコ&システムパック65g(32杯分)の利用の場合、約4箱の消費になります。 通常、4箱x658円(税込)=2,632円+送料450円=になりますが、3,082円になりますが、 定期便を利用すると、4箱x530円(税込)+送料無料=2,120円になりますので、 1ヶ月962円のお得になります。 少人数や小規模での利用でもこれだけのお得感があるのはうれしいポイントです。 ラク楽定期便のデメリットは? さて、では楽ラク定期便を利用することでデメリットはあるかどうか。 単純に言うと、ありません。 通常の定期便は最低注文価格が決まっていたりします。 でも、ネスカフェ アンバサダーの楽ラク定期便は1個からでも設定できるんです。 ある程度の人数と使用頻度が高いオフィスやコミュニティでは、最低注文個数が定まっていても気にならないかもしれませんが、使用頻度に波があったり、少人数での利用の場合、結構これがネックになったりします。 そういう意味ではどんな形態の職場、コミュニティでも安心して利用できます。 また、定期便でよくありがちなのが、最低利用期間が定められていること。 最低4か月は使ってくださうい、半年は使ってください、というようなものです。 また期間内での解約の場合、解約金を請求されたりもします。 でも、ネスカフェ アンバサダーではこの条件もありません。 いつ止めてもいいし、解約金もかかりません。 かかる費用はマシンの返送代金のみです。 これらを考慮すると、楽ラク定期便を利用する際のデメリットは思い当らない、という結果になります。 まとめ ネスカフェ アンバサダーは、オフィスやサークルなど人が集まる場所ででネスレのまコーヒーマシンを無料でレンタルできるサービスです。 無料でのレンタルをすることで、あとからマシン代を請求されることも、マシン料金分の商品を買うまで解約できない、ということも一切ありません。 コーヒーマシンを無料でレンタルできる条件は各マシンで使用するコーヒーをラク楽お届け便という定期便を利用することですが、この定期便の唯一のルールとしてお届け頻度です。 2週間、もしくは1〜3ヶ月毎で定期的に商品が届くことになります。 バリスタiのマシンの本体価格は5,900円です。 352杯と聞くと大きな数字に思えますが、10人の職場で全員が1日1杯飲む場合は、約一ヶ月でマシン料金分飲み切ります。 当然ながら職場の規模がこの例より大きければすぐにマシン本体代金は到達してしまいます。 普通に利用していればマシン代も到達し、続けて使用することでネスレも利益がでる、ということになり、きちんとwin-winになるわけです。 マシンレンタルの条件である楽ラク定期便のメリットを以下にまとめました。 好きな頻度(2週間、1〜3ヶ月毎)で定期的に商品が届くので便利。 一回の購入が税込み4,000円以上なら送料無料(2週間コースのみ税込2,000円以上で送料無料)• では楽ラク定期便を利用することでデメリットはあるのか。 単純に言うと、ありません。 ネスカフェ アンバサダーの楽ラク定期便は最低注文個数や価格がありません。 1個からでもお気軽に注文できます。 また、最低利用期間のハードルや解約金もありません。 いつでも好きな時にやめることができます。 かかる費用と言えば、マシンを返却するときの返送代金のみです。 無料でマシンを借りても安心ですし、多くのメリットはあってもデメリットは全くありません。

次の

ネスレ通販、2019年10月の増税で価格が変わるのはどれ?カプセルも高くなる?

ネスカフェ アンバサダー 価格

人気のネスカフェアンバサダーとは ネスカフェアンバサダーとは、世界最大の食品・飲料会社ネスレの日本法人であるネスレ日本株式会社が、 ネスカフェバリスタ・ドルチェグスト・スペシャル. Tをオフィスなどに初期費用無料・サポート費用無料で貸し出してくれるサービスです。 ネスカフェアンバサダーのビジネスモデルは、本体を無料レンタルで貸し出す代わりに、コーヒーを定期購入してもらうことで収益を得るという仕組みになっています。 ネスカフェアンバサダーは全国で既に45万件を超える申し込み実績がありますが、ネスレ日本はさらに加入者を増やしていくと発表しているので、今後さらにサービス内容が充実していくことが予想されます。 このサイトは、ネスカフェアンバサダーの人気・評判の理由と口コミ情報や、個人の自宅でネスカフェバリスタ、ドルチェグスト、スペシャル. Tのマシン本体が無料で使えるサービス等、オフィス・職場や家庭・自宅でおいしいコーヒーライフを過ごすための情報サイトです。 ネスカフェアンバサダーの値段と申し込みの流れ 初期費用・サポート料金無料で好きなコーヒーマシンがどれでも使える 職場で高くておいしくないコーヒーを飲んでいませんか!? ネスカフェアンバサダーは全国で既に45万件を超える申し込み実績で人気があります! ネスカフェアンバサダーになれば、テレビ・口コミで評判のネスカフェバリスタやドルチェグストが本体無料で使えるので、職場で安くて美味しいコーヒーを飲むことが出来ます! 「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」、「ネスカフェ ドルチェ グスト」、「ネスレ スペシャル. T」など、全部で5種類の中からどれでも初期費用・サポート料金が無料で導入可能。 どれがいいか迷ったら、追加料金なしで、全部使うことも出来ます! ネスカフェアンバサダーになってからのマシン追加も無料で可能です! 最低 1人の職場からでも申し込み可能! オフィス以外にも、美容室、ネイルサロン、エステサロン、歯医者、整体院、整骨院、接骨院、ダンススクール、パソコン教室、学習塾、習い事教室、個人経営の病院や介護施設、大学のゼミ、個人事業主の自宅まで様々な場所で導入されています。 アイスクレマサーバー: 1杯あたり約20円~。 月50杯で約1,000円 1杯あたりの値段は最安で約15円~とコンビニコーヒーと比べても格安 1杯の値段 月30杯の値段 1日1杯 月90杯の値段 1日3杯 バリスタ 約15円~ 450円 1,350円 ドルチェグスト 約55円~ 1,650円 4,950円 スペシャル. 一度に数杯分を淹れるコーヒーメーカーでは、時間が経ってしまうとコーヒーが酸化して味が落ちてしまいます。 しかたなく酸化した美味しくないコーヒーを飲んでいませんか!? ネスカフェバリスタやドルチェグストならば、 飲む度に1杯ずつ淹れるので常にいちばん美味しい状態で飲むことが出来ます。 お湯を沸かす必要もなく、タンクに水を補充しておくだけです。 約1分ほどで淹れたての美味しいコーヒーを飲むことができます。 さん michiko412 がシェアした投稿 - 1月 8, 2018 at 7:10午後 PST オフィスでのコミュニケーションが解決! 先日、仕事でいくつかの会社を訪問したのですが、そのうち2社がネスカフェ バリスタとドルチェグストを置いていました。 担当者に確認するとネスカフェアンバサダーになっているとのことでした。 45万件以上の導入実績ということだけあって、やはり人気があるサービスなんだと改めて感じました。 仲の良い担当さんからは、ハーブティや紅茶が飲みたい女子社員からの要望で、追加でスペシャル. Tを導入するという情報もいただきました。 相手の担当者がおしゃれなマシンを見せたいというのもあるとは思いますが、いい感じで会話が弾みました。 ネスカフェアンバサダーになってから、話のネタと集まる場所ができ、社内のコミュニケーションが良くなったと話していたのが印象的でした。 ネスカフェアンバサダーで使える5種類のマシン ネスカフェアンバサダーの最大のメリットは、最大で5種類のマシンを追加料金などなしで全部本体無料で利用できることです。 スペースがあまりないという方は1台だけでもOKですし、置き場所がたっぷりあって色々なドリンクを飲みたいという方は5台レンタルしても追加料金はありません。 利用用途に合わせて使いたいマシンをレンタルできます。 また マシンが故障しても無料で修理してもらえるのも安心です! 1杯あたり20円からの低価格でコーヒーやお茶など様々な種類の飲み物がたのしめる 1杯の値段 月30杯の値段 1日1杯 月90杯の値段 1日3杯 バリスタ 約15円~ 450円 1,350円 ドルチェグスト 約55円~ 1,650円 4,950円 スペシャル. T 約50円~ 1,500円 4,500円 ネスプレッソ 約76円~ 2,280円 6,840円 アイスコーヒーサーバー 約20円~ 600円 1,800円 1杯あたりの値段はバリスタの場合、最安で約15円~とコストパフォーマンス抜群です。 コーヒーの味にこだわりたい方は1杯55円からのドルチェグストをレンタルする事も可能ですし、さらに本格的な味を求める方はネスプレッソもレンタル可能です。 カフェ並の味のコーヒーが飲めるドルチェグストやネスプレッソでも1杯あたり低価格なので、カフェで毎日買って飲むという方にはかなり節約になりますよ! LINE Pay for ネスカフェアンバサダーが使えて料金支払いと回収に手間がかからない LINEの電子マネー「LINE Pay」とネスレが提携しているので、LINE Payで毎回のコーヒー代金を支払うことも可能です。 コーヒーを飲む際に決済用のQRコードを読み込み、「LINE Pay」残高から支払う流れです。 毎回小銭を用意する手間も省けますし、職場の管理者 ネスカフェアンバサダー も月2回LINE Payアカウントへ入金される代金を管理することができて代金回収の手間も省けます。 個人事業主や法人なら1人でも契約可能 ネスカフェアンバサダーは1人の職場から利用可能なので、個人事業主・美容室・病院など少人数でも申込ができます。 また、個人の自宅でネスカフェアンバサダーになりたいという方は、サービス名は違いますがネスカフェアンバサダー同様に、バリスタやドルチェグストを本体無料で利用できるサービスがあります。 一覧はこちら。 最低利用期間の縛りがないのですぐに解約も可能で気軽に試すことができる ネスカフェアンバサダーはメリットがあってぜひ導入したいけど、実際に使ってみて自分に合わなかったらどうしようと不安に思う方もいると思います。 ネスカフェアンバサダーには最低利用期間や違約金はありませんので、もし1回使ってみて合わなかったらすぐに解約することも可能です。 つまり気軽にお試し利用ができるということです。 もし解約する際にも複雑な手続きはなく、ネスカフェアンバサダー ウェルカムセンター(TEL:0120-252-166)に連絡するだけです。 違約金や最低利用期間がないので悩んでるなら、ぜひお試し気分で気軽に導入することをおすすめします!• コーヒーやお茶の定期購入が必要• 解約する場合にはマシンの返送料のみ負担が必要 こちらもひとつずつ解説していきますね。 コーヒーやお茶の定期購入が必要 ネスカフェアンバサダーはコーヒーやお茶を定期購入する事を条件にマシン本体を無料で借りることができます。 つまり、コーヒーマシンで使えるのはネスレのドリンク飲みなので、他のメーカーのコーヒーなどは飲めないということです。 ただし、このデメリットに関しては、 ネスレのコーヒーだけでも安さにこだわるバリスタ、味にこだわりたい方向けにドルチェグストやネスプレッソとバリエーションがあるので、ネスレのコーヒーだけでも自分好みの味は見つけることができます。 また、 定期購入のタイミングは1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月の3種類から選べて、あとからの変更も可能です。 もし、飲みきれずにまだ在庫がある場合は、ペナルティー無しで次回の配送日を遅らせることもできます。 つまり定期便であっても、自分のペースで飲むことが可能なのでそれほど配送日を気にする必要はありません。 解約する場合にはマシンの返送料のみ負担が必要 ネスカフェアンバサダーは、初期費用無料・マシン本体無料・故障の際の修理が無料ですが、解約して返送するときだけは返送料の負担が必要です。 使用する宅配会社によっても多少異なるとは思いますが、マシン1台あたり1000円前後です。 逆を言えば、解約時の返送料以外は本体の代金はいっさい請求されないのが良い点かと思います。 会社でネスカフェアンバサダーに登録してバリスタを設置する場合、上司や同僚を説得しなければなりません。 が用意されています。 簡単にダウンロードできます。 多忙でこの件についてあまり熱意を持っていない上司の目にもぱっと飛び込んでくる大きな文字、ポップなイラストと写真。 「お金がかからない」「珈琲だけはなく、チョコチーノや宇治抹茶ラテなど、バラエティに富んだラインナップが格安で」「私たちは集金をこのようにしています」「お客様にも大好評」等のいちばん気になるであろうポイントがすぐに目につき、また理解してもらえるような構成になっています。 ダウンロードしてシートを印刷して、「ネスカフェ アンバサダー」のメリットをプレゼンテーションするために、使うことができます! らくらく社内説得キットのPDFは おすすめの記事 最近ではあらゆる企業でアンバサダープログラムが行われています。 アンバサダープログラムの先駆けとなったネスレのネスカフェアンバサダーは、2011年に発生した東日本大震災の被災者支援がビジネスモデルの出発になっています。 ネスレの社員が被災地にネスカフェ バリスタを持っていき仮設住宅でコーヒーを淹れたところ、自然に大勢の人が集まり被災者同士のコミュニケーションの機会と場が作られて、多くの「ありがとう」の言葉をもらったのです。 それをきっかけに、オフィスやコミュティで 多くの人に喜んでもらおうというコンセプトで始まったのがネスカフェアンバサダーです。 他の企業のアンバサダープログラムのコンセプトの多くは顧客満足度向上なので、そこがネスカフェアンバサダーが他とは違う点です。 コミュニケーションの架け橋となるネスカフェアンバサダーをぜひ導入してみてください。 社内の雰囲気がプラスの方向に動きます。 ネスカフェアンバサダー導入にあたって参考になる記事を下記にまとめましたので、ぜひ見てみてください。 ネスカフェアンバサダーのお得な情報や申し込みの流れ 家庭向け定期お届け便のメリットやお得な情報 ネスカフェバリスタのおすすめ記事 ネスカフェドルチェグストのおすすめ記事 スペシャル. Tのおすすめ記事 ネスプレッソのおすすめ記事 ネスカフェアイスコーヒーサーバーのおすすめ記事 個人の家庭向け本体無料サービスまとめ記事 オフィスでも家庭でも申し込み可能なウェルネスアンバサダー コーヒーメーカーやコーヒー粉・カプセル比較・ランキング カプセルコーヒーとは? カプセルコーヒーとは、カプセルに入ったコーヒーをマシンにセットして、ボタンひとつで本格的な美味しいコーヒーを淹れることができるコーヒーメーカーです。 カプセルコーヒーは、1杯分のコーヒー豆を挽いたらすぐにカプセルに詰めて真空状態で密封しています。 その為、酸化して味が落ちることなく新鮮な香りをそのまま楽しむことができるというメリットがあります。 カプセルで密封され光・空気・湿気から守られていますので、ドリップで淹れるコーヒーと比較するとコーヒーの味が安定しています。 また、1杯ずつ淹れ... 本体無料で使えるマシンを検索 ネスカフェバリスタ、ドルチェグスト、ネスプレッソなど、本体無料の公式サービスを検索する事ができます。

次の