ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン。 スマホベーシックプラン|料金・割引|ワイモバイル(Y!mobile)法人/ビジネス向け

Yahoo!モバイル

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

新料金プラン「スマホベーシックプラン」の概要 プラン変更までのスケジュール ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」は 2019年10月1日より受付を開始しました。 新プランの導入により、従来プラン 「スマホプラン」は受付を終了しました。 新料金プラン「スマホベーシックプラン」の変更点概要 ワイモバイルの新料金プラン「スマホベーシックプラン」は、通信・通話サービスにおいては従来プラン「スマホプラン」とあまり変更がありません。 2年ごとに契約更新月が訪れ、契約更新月以外での解約では違約金 9,500円 が請求されていました。 新プラン「スマホベーシックプラン」では契約期間の縛りが撤廃され、同時に違約金も撤廃されました。 いつでも好きな時に違約金ナシで解約することができるようになりました。 ただし「プランR」は従来の「プランL」よりも少しギガが少なくなり、料金もその分安くなっています。 料金体系は少しスッキリ 従来の「スマホプラン」は複雑な割引サービスによって「2年目からは高くなる」「3年目からはギガが少なくなる」というプラン体系でした。 新プラン「スマホベーシックプラン」では、料金も毎月のギガも「ずっと変わらない」というとてもスッキリしたプランとなっています。 毎月使えるギガの仕組みは変わらず このように、「ずっと同じ料金」「ずっと同じギガ」の料金体系となり、今までの「2年目から高くなる?」「3年目からギガが損する?」という心配をなくしたことに加えながら、「新規割」「増量オプション無料キャンペーン2」によりお得感をだしている料金体系となっています。 新料金プラン「スマホベーシックプラン」の仕組み 料金プラン体系 新料金プラン「スマホベーシックプラン」は従来プラン「スマホプラン」と同じように、3つのプランサイズで構成されています。 従来プラン「スマホプラン」は契約から2年目以降は月額1,000円ほど料金が高くなる設計でしたが、新料金プラン 「スマホベーシックプラン」の月額料金はずっと変わりません。 そして、最大の特徴は新料金プラン 「スマホベーシックプラン」には「契約期間がない」という点です。 いつ解約しても違約金は発生しません。 料金と割引サービス 新規割 新料金プラン「スマホベーシックプラン」では、新規契約・MNP契約 ソフトバンクからのMNP含む を対象として「新規割」という割引サービスを受けることができます。 この「新規割」は、利用開始から 6か月間の月額料金から毎月700円を割引してくれるサービスです。 データ増量オプション無料キャンペーン2 ワイモバイルでは毎月のデータ通信容量 ギガ を大幅に増量してくれる月額500円の「データ増量オプション」があります。 「データ増量オプション 月額500円 」により、以下のように毎月のデータ通信容量が増量されます。 スマホベーシックプラン プランS プランM プランR データ通信容量 基本容量 3GB 9GB 14GB データ増量オプション 1GB 3GB 3GB データ通信容量 合計 4GB 12GB 17GB この「データ増量オプション」は本来月額500円の有料オプションですが、新規契約・MNP契約 ソフトバンクからの番号移行含む の場合において 利用開始から13か月間は無料で適用されます。 不要な場合には手動でのオプション解除が必要です。 家族割引サービス ワイモバイルは従来プラン「スマホプラン」のころから、複数回線の契約がある場合には2回線目以降の月額基本料金から毎月500円を割引してくれる「家族割引」という割引サービスがあります。 この「家族割引」は新料金プラン「スマホベーシックプラン」でも適用されます。 例えば、家族4人 4回線 の「スマホベーシックプラン」や「スマホプラン」がある場合にお父さんの回線を「主回線」とし、それ以外の家族の回線を「副回線」と登録すると、最大で9回線までの「副回線」に対して月額500円の割引をしてくれます。 家族4回線では3回線分の1,500円割引となるわけです。 この「家族割引」の対象となるのは新料金プラン「スマホベーシックプラン」と従来プラン「スマホプラン」が混在していても適用されます。 おうち割光セット ワイモバイルを運営するソフトバンクには「ソフトバンク光」という光回線サービスや「ソフトバンクAir」というモバイル回線サービスがあります。 これら固定回線サービスと「スマホベーシックプラン」「スマホプラン」を同時に利用する場合に「おうち割光セット」というセット割引が適用されます。 割引は最大10回線までのスマホ回線に適用され、割引額も最大で毎月500円~2,000円もの割引となるお得な割引サービスです。 ただし、「おうち割光セット」を「スマホベーシックプラン」へ適用される場合の割引額は減額され、以下のようになりまして。 よって、「家族割引」と同等の割引額に減額されたことで、新プラン「スマホベーシックプラン」では 「おうち割光セット ソフトバンク光 」にこだわる必要はありません。 新プラン「スマホベーシックプラン」と従来プランの違い 料金はどうなる? 従来プラン「スマホプラン」は複数の割引サービスで最初の1年目を安く見せるプランでした。 2年目には1,000円ほど高くなる、というワナのある料金体系です。 新料金プラン「スマホベーシックプラン」では「ずっと同じ料金」で分かりやすくなりました。 そして月額料金的には従来プラン「スマホプラン」の2年間の真ん中あたりの料金設定になっています。 つまり、ざっくりとですが「2年利用前提ならお得でも損でもない」「3年以上使うなら料金は安くなっていく」と比較評価できます。 全般的には従来プランより損になることはなく、「新料金プランは少しお得、使い続けるほどお得」になります。 データ容量 ギガ はどうなる? データ通信容量 ギガ については、「3年目からは毎月のギガが少なくなる」というワナがなくなりました。 新プラン「スマホベーシックプラン」では、ずっと同じギガが使えるようになります。 さらに2019年11月28日までに契約した場合は「データ増量オプション無料キャンペーン」の対象となり、 2年間のギガがさらに多くなります。 無料通話はどうなる? 「10分かけ放題」標準装備 無料通話についても従来プランと変わりません。 ワイモバイルの特徴である「10分かけ放題」はそのまま、さらに月額1,000円のオプションで完全かけ放題にできる点も同じです。 さらに「スーパー誰とでも定額」で完全無料通話 さらに格安SIMでは唯一の完全かけ放題「スーパー誰とでも定額 月額1,000円 」も今まで通り利用可能です。 月額1,000円のオプション「スーパー誰とでも定額」で、 国内通話が何度でも何時間でも無料通話となります。 契約期間・違約金はどうなる? 新料金プラン「スマホベーシックプラン」では契約期間の縛りがなくなります。 なので、いつ解約しても契約解除料 違約金 が請求されることはありません。 新料金プランでの「料金はずっと同じ」「契約期間がない」という点は非常に良いプラン改定だと思います。 スマホ代金はどうなる? 一方で、「完全分離プラン」の前提から、今後はスマホ代金が割高になることが予想されます。 「完全分離プラン」ではスマホ代金を通話・通信料から完全に分離させることが目的であるため、従来プランにあったスマホ代金の割引 補填 サービスである「月額割引」が廃止されます。 ワイモバイルでは「スマホもお求めやすく」として、スマホ代金自体を割引販売していくようですが、実質的にスマホセットでの契約では少し割高になるのではないでしょうか? 従来プラン「スマホプラン」利用者はどうなる? 従来プランは継続利用可能 現在、従来プラン「スマホプラン」をご利用の方は2019年10月以降も変わらず利用し続けることができます。 従来プランに適用されている割引サービスやオプションもそのままです。 新料金プランへのプラン変更は? 契約更新月にプラン変更可能 従来プラン「スマホプラン」から新プラン「スマホベーシックプラン」へのプラン変更は、スマホプランの契約更新月 3か月間 に違約金等なしでプラン変更することができます。 ワイモバイルの契約更新月は25か月目から3か月間が設定されており、その期間内であれば違約金なしでの解約や新プラン「スマホベーシックプラン」へのプラン変更などができます。 ワイモバイル2年継続利用ならいつでも変更可能 現在の「スマホプラン」の契約更新月以外での「スマホベーシックプラン」へのプラン変更には現在の「スマホプラン」契約解除料9,500円が必要となります。 ただし、「ワイモバイルを継続2年以上利用している」方はこの契約解除料9,500円が免除されます。 つまり、スマホプランの契約が2年以上経過している場合には、いつプラン変更しても違約金9,500円は免除 つまり無料 でプラン変更できます。 また、 「ワイモバイルを2年以上継続利用」がポイントです。 つまり「スマホプラン」は2年以上使っていなくても、その前に旧プラン「4G-Sプラン」などから「スマホプラン」へプラン変更した場合などで、 同じ回線 電話番号 で継続2年以上の継続利用があれば違約金免除の対象となります。 機種変更サービスと同時にプラン変更可能 また、スマホプランのご利用が2年に満たない方やワイモバイルの継続契約が2年に満たない方でも 「機種変更サービスの利用と同時」にプラン変更可能となります。 この場合、ワイモバイルからの機種購入を条件として違約金9,500円が免除され、実質無料で新プラン「スマホベーシックプラン」へプラン変更することができます。 旧「スマホプラン」契約者は新プラン「スマホベーシックプラン」へ変更すべき? 現在すでに旧プラン「スマホプラン」をご利用の方で、 2年以上経過している人 最初の契約更新月を過ぎている人 はぜひ新プラン「スマホベーシックプラン」にプラン変更すべきです。 今のままだと契約時よりもギガが少なくなっているうえに、「2年契約自動更新」の対象となっており、解約時には9,500円の違約金が請求されてしまいます。 新プラン「スマホベーシックプラン」にプラン変更することで、ギガも 契約当初のギガがずっと使えるし、 月額料金も安くなるし、解約時の 違約金もなくなります。 しかも、新プランへのプラン変更にあたって旧プランの違約金等は発生しません。 旧プランのご利用からすでに2年以上過ぎている方は、ぜひ新プラン「スマホベーシックプラン」にプラン変更しましょう。 新料金プラン「スマホベーシックプラン」の評価 料金プランはシンプルでわかりやすくお得! このように、新料金プラン「スマホベーシックプラン」のポイントは以下の点です。 契約期間の縛りの無い自由な契約プラン• 料金もずっと同じ料金 途中で高くならない• 一方で、「今までよりお得になったか?」というと「あまり変わらない」という印象です。 これらのことから、料金プランについては 今までとあまりあまり変わらない、と言えます。 もちろん、わかりやすくシンプルで、そして「悪くはない」とも言えます。 スマホが欲しいなら早めの申し込みが良い?? 一方で、この新料金プランは携帯各社の「完全分離プラン」によるプラン改定です。 通話・通信料金とスマホ代金を完全に分離しましょう、という業界の取り組み事項です。 そのため、おそらく10月からはワイモバイルの別の大きな魅力である「スマホセットが安く買える」の点については改悪が予想されます。 具体的には現在導入されているスマホ代金の割引 補填 サービスである 「月額割引」の撤廃です。 よって、スマホセットを安くで契約・購入したい方は9月中の申し込みをおすすめします。 知らないと損!ワイモバイルの割引とキャンペーン Y! mobile ワイモバイル は宣伝広告を撃ったりホームページに大々的に掲載しないけれど、とてもたくさんのキャンペーンを実施しています。 現在実施中のキャンペーンの中から、特にお得度の高いキャンペーンをご紹介します。 データ増量無料キャンペーン データ増量オプションとは 「データ増量オプション」とは、月額500円の有料オプションで毎月使えるデータ通信容量 ギガ を増量してくれるオプションです。 500円払ってどれくらい増量してくるか、というと・・・ ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に「データ増量オプション」を適用すると以下のようになります。 また、旧プランの「スマホプラン」にも「データ増量オプション」は適用でき、その場合は以下のようになります。 このように月額500円のオプション料金で、通常の追加チャージの2倍~14倍ものギガを増量してくれるお得なオプションが「データ増量オプション」です。 キャンペーンの概要 そして、この「データ増量オプション」を 「13か月間無料で提供します!」というのが「データ増量無料キャンペーン2」です。 ワイモバイルの新プラン「スマホベーシックプラン」に新規・乗り換え MNP で契約した方全員が対象となります。 ソフトバンクや他社格安SIMからの乗り換え MNP でも対象となります。 下取りプログラム 下取りプログラムとは ワイモバイルでスマホセットを契約する場合、今お使いのスマホや使っていないスマホを下取りしてくれるサービスがあります。 下取りしてくれるのはSIMフリースマホ以外にも他社大手キャリアから購入したスマホなども下取り対象機種になっています。 下取りしてもらった場合、下取り代金は現金等で支払われるのではなく、 毎月の月額料金からの割引となっています。 下取り対象機種や下取り価格は毎月見直されており、3月や9月など通信サービスの需要の高い時期には下取り価格が非常に高くなるようです。 ワイモバイルでスマホセット契約する場合、使わないスマホがある場合はぜひ利用してみましょう。 機種変更サービスでも下取り可能 この「下取りサービス」は、新規での契約時以外にワイモバイルの機種変更サービスを利用する場合にも下取りしてくれます。 ワイモバイルから過去に購入したスマホだけでなく、別に購入したスマホや使わなくなったスマホなどがあれば、機種変更時にも利用してみましょう。 ケータイ・スマホに契約変更で、国内通話ずーっと無料キャンペーン キャンペーン概要 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が、スマホプラン・ケータイプランSSへの契約変更を行った場合、通常月額1,000円の完全かけ放題オプション「スーパーだれとでも定額」を次回機種変更まで無料とするキャンペーンです。 「スーパーだれとでも定額」は国内の固定電話・携帯電話へ掛けた場合の通話料金が回数・通話時間に制限なく無料となるオプションです。 外部リンク 対象者 現在Y! mobile ワイモバイル のPHSをご利用の方が対象ですが、以下の条件がつきます。 契約変更先のプランはスマホプラン・ケータイプランSSであること• スマホ購入を伴う契約変更であること SIMのみ発行は対象外• mobile ワイモバイル では 2018年3月いっぱいをもってPHSの新規契約を終了する、と発表しています。 いつまでPHSが使えるか 停波するか はわかりませんが、サービス終了に向けて動き出しています。 これ以降、 PHSでの料金プラン変更や機種変更なども受け付けられなくなります。 既存のPHSユーザーをスマホ契約に誘導するためのキャンペーンですね。 現在では携帯電話番号にも「070番号」が割り当てられているため、今お使いの PHS番号からは同じ番号でスマホへの移行が可能です 電話番号は変わらない。 なお、現在Y! mobile ワイモバイル では別キャンペーンとしてPHSからスマホへ 契約変更する場合の手数料 通常3,000円 が無料となるキャンペーンも実施中です。 次回機種変更まで、とは この「次回機種変更まで無料」の「次回機種変更」とはいつのことでしょうか? Y! mobile ワイモバイル では既存のユーザーがお得に機種変更できるサービスを提供しています。 「次回機種変更」とはこのサービスを利用して機種変更することを言い、ご自分でSIMフリースマホなどを入手・購入してSIMを差し替えて使う場合は機種変更には当たりません。

次の

2年縛りなし!ワイモバイルの新しい「スマホベーシックプラン」はおトクか?

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

ご契約月は当キャンペーンの割引対象外です。 ご契約後対象外プランへの変更や解約された場合、本キャンペーンの適用外となります。 最大10回線。 「家族割引サービス」と「おうち割 光セット(A)」の併用はできません。 一部、があります。 通話料・メール送信料 通話料 スマートフォン、ケータイ、固定電話(IP電話含む)への国内通話について、下表の料金が適用されます。 10 分以内の通話 無料 10 分超過の通話 20円/30秒(10分超過分のみ)• 1回あたり10分を超える国内通話は、10分超過分において、30秒につき20円の通話料が別途かかります。 「着信転送サービス」における転送先への通話は、ご利用の料金プランに応じた通話料がかかります。 国際ローミング・国際電話(海外への通話)・留守番電話センターへの通話料(再生)やナビダイヤル(0570)・テレドーム(0180)・番号案内(104)などは、当サービスにおける無料通話の対象外です。 (「スーパーだれとでも定額」にご加入の場合は無料となります。 )また、1回あたり16時間を超える通話については、切断させていただく場合があります。 mobileのオンライン料金案内でご確認いただけます。 ・ 事前にワイモバイルの許可なく、電話機を機器や設備に接続して利用すること。 ・ 通信の媒介、転送機能の利用、または他社が提供するサービスへの接続などで通信による直接収入を得る目的で利用すること。 ・ 特定の協定事業者に係る電気通信設備に対し、一方的な発信または機械的な発信により、一定時間内に長時間または多数の通信を一定期間継続するもの。 ・ 通話以外の用途において利用する通信。 ・ 契約者以外の者の用に供され、それが業として行われるものまたは他人の通信を媒介するもの。 詳しくは メール送信料 MMS 0円 SMS 3円/通 詳細は 一般加入電話・公衆電話からの通話料.

次の

ワイモバイル新料金プラン「スマホベーシックプラン」の詳細と従来プランとの比較

ワイ モバイル スマホ ベーシック プラン

プラン 基本容量 増量後 (1年間) S 3GB 4GB M 9GB 10GB 12GB 13GB R 14GB 17GB 容量超過後も最大1Mbps また、 プランM・Rは速度制限時の速度が最大1Mbpsとなりました。 これまでワイモバイルでは契約容量を使い切ると最大128kbps(0. 128Mbps)に速度が制限されていました。 128kbpsは他社に比べても遅かったのですが、最大1Mbpsならかなり快適です。 速度制限後も、WEBサイトやSNS閲覧は全く問題ないでしょう。 Youtubeの動画も480pなら快適に視聴できますので、スマホで動画を見るのも可能です。 最大1Mbpsの速度で使い放題ですし、時間帯による制限などもありませんのでかなりお得です。 スマホーシックプランの料金表 あらためて、7月1日以降の料金表をまとめると以下のとおりです。 しかし、 プランSは対象外です。 プランSで容量を使い切った場合、速度は最大128kbps(0. 128Mbps)に制限されますので注意してください。 プランSを契約中の方で、毎月容量が足りなくて2回以上データチャージしている方は、プランMに乗り換えたほうがお得です。 最大13GBと使える容量が一気に増えますし、速度制限後の速度も最大1Mbpsになります。 シェアSIMは最大128kbps ワイモバイルでは、契約している音声SIMに対し追加でSIMカードを発行し、契約容量を複数のSIM間で分け合う「シェアプラン」という仕組みがあります。 プランM・Rの場合、月額490円/枚でSIMを追加発行できます。 詳細: しかし、速度制限時の最大速度は親回線と子回線で異なります。 親回線がプランM・Rの場合、 容量を使い切っても親回線は最大1Mbpsで通信できますが、子回線は最大128kbpsです。 子回線は最大1Mbps使い放題の対象外なので注意してください。 プラン変更は手数料無料 現在スマホベーシックプランS・M・Rに契約中の方が、S・M・Rの中でプラン変更(契約容量変更)する場合は、 毎月1回無料で変更できます。 プランSで毎月2回以上データチャージしている方は、プランMに変更したほうがお得です。 またこれまでプランRを契約していた方も、制限後の最大1Mbpsで我慢できるのであればプランMに乗り換えるのもおすすめです。 スマホプランから変更時の違約金 2019年9月末まで、ワイモバイルでは「スマホプラン」がメインプランでした。 現在スマホプランを契約中の方は、プラン変更しない限りスマホプランのままです。 最低利用期間も契約解除料も発生します。 また、次章の条件を満たさずにスマホベーシックプランに変更する場合も契約解除料・違約金が発生します。 プラン変更で違約金免除の場合 ただし、 スマホプランからスマホベーシックプランにプラン変更する場合に、契約解除料が免除される場合があります。 以下の2つのうち、いずれかを満たしていればプラン変更時に契約解除料がかかりません。 特に 14GB(1年間は17GB)まで使える大容量プランを選べるのがワイモバイルのメリットですね。 また、ややこしいですが、UQモバイルのプランRは10GB(1年間は12GB)です。 対してワイモバイルはプランMが10GB(1年間は13GB)です。 同じ10GBプランでも 増量中はワイモバイルのほうが1GB多いです。 UQは節約モード時も1Mbps 両者の大きな違いの一つに節約モードの有無があります。 UQモバイルには、節約モードというサービスがあります。 これは、アプリやマイページから節約モードに切り替えると、 速度が低速に制限されるか わりにデータ容量が消費されない仕組みです。 UQモバイルの プランRは節約モード設定時でも最大1Mbpsの速度で使えます。 よって、普段から節約モードをONにしていればデータ容量を節約できるのです。 一方、ワイモバイルに節約モードはありませんので、最大1Mbpsで使い放題になるのは容量を使い切ってからのみです。 普段から節約モードを利用して高速通信容量を温存できるUQモバイルの方が活用の幅が広いですね。 よって、月によってデータ使用量に差がある場合もデータ繰り越しにより吸収できます。 一方、 ワイモバイルに繰越はありません。 余ったデータは没収されますので、データの節約においてはUQモバイルの方がお得です。 他にも違いあり ここまで読むと、選べるプランは少ないものの、データ使用に関してはUQモバイルの方がお得のように見えます。 ただし、 ワイモバイルとUQモバイルには他にも違いがあります。 例えば ワイモバイルは留守電が無料ですが、UQモバイルは有料オプションです。 また、店舗数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いので、店舗でのサポートが必要な方はワイモバイルのほうが安心でしょう。 他にもワイモバイルはデータ容量をシェアする仕組みもありますし、契約回線数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。 データ使用においてはUQモバイルの方がお得ですが、他のポイントもみて検討しましょう。 ワイモバイルとUQモバイルの違いはこちらにまとめています。

次の