入間川 カメラ。 入間川(埼玉)ライブカメラ・リアルタイム中継映像で水位や流れを確認

入間川菅間水位観測所ライブカメラ(埼玉県川越市芳野台)

入間川 カメラ

管理・運用をしているのは、になります。 多摩川水系全域のライブカメラを各都道府県・市区町村ごとに紹介しております。 ライブカメラ映像は、約10分間隔で映像が最新のものへ自動更新されます。 ライブカメラマップまたはライブカメラ一覧から、それぞれライブカメラのページや詳細がご覧いただけます。 ライブカメラマップ ライブカメラが設置されている周辺マップです。 マーカーをタップもしくはクリックすると詳細が表示されます。 右側のサイドバーに表示されます。 ライブカメラ一覧 一覧では「 ライブカメラを見る」をタップもしくはクリックするとライブカメラのページへ遷移します。 また、「 位置はこちら」ボタンをクリックすると右側のマップに対象の場所をポップアップで表示します。 東京都 大田区 場所 ライブカメラページ 多摩川左岸 河口から6. 2km 多摩川緑地事務所 東京都大田区西六郷4丁目 位置はこちら 多摩川左岸 河口から12. 5km 田園調布出張所 東京都大田区田園調布本町31-1 位置はこちら 多摩川左岸 河口から13. 4km 田園調布 上 水位観測所 東京都大田区田園調布1丁目 位置はこちら 世田谷区 場所 ライブカメラページ 多摩川右岸 河口から17. 6km 二子玉川ライズタワー・オフィス屋上 東京都世田谷区玉川1-14 位置はこちら 多摩川左岸 河口から17. 8km 二子橋 東京都世田谷区玉川3丁目 位置はこちら 狛江市 多摩川左岸上流 河口から23. 1km 小田急線橋梁 東京都狛江市東和泉4丁目 位置はこちら 調布市 多摩川左岸下流 河口から26. 7km 京王相模原線 東京都調布市多摩川7丁目 位置はこちら 多摩川左岸 河口から27. 6km 石原水位観測所 東京都調布市多摩川3丁目 位置はこちら 府中市 多摩川左岸下流 河口から32. 4km 大丸用水堰 東京都府中市是政6丁目 位置はこちら 多摩市 多摩川右岸下流 河口から34. 5km 関戸橋 東京都多摩市関戸3丁目 位置はこちら 多摩川右岸上流 河口から35. 3km 京王線橋梁 東京都多摩市関戸1丁目 位置はこちら 大栗川左岸 河口から0. 5km 報恩橋水位観測所 東京都多摩市関戸3丁目 位置はこちら 国立市 多摩川左岸上流 河口から39km 中央自動車道 東京都国立市谷保地先 位置はこちら 立川市 多摩川左岸 河口から39. 9km 日野橋水位観測所 東京都立川市錦町5丁目 位置はこちら 日野市 多摩川右岸 河口から41. 6km 栄町排水樋管 東京都日野市栄町2丁目 位置はこちら 浅川右岸 河口から1. 8km 高幡橋水位観測所 東京都日野市高幡地先 位置はこちら 浅川左岸上流 河口から2. 6km 高幡橋 東京都日野市上田 位置はこちら 浅川右岸 河口から5. 5km 平山橋 東京都日野市平山5丁目 位置はこちら 八王子市 多摩川右岸上流 河口から45km JR八高線 東京都八王子市平町地先 位置はこちら 浅川右岸上流 河口から11km 暁橋 東京都八王子市田町8丁目 位置はこちら 浅川右岸 河口から11. 4km 浅川橋雨量・水位観測所 東京都八王子市大横町8丁目 位置はこちら 昭島市 多摩川左岸 河口から47. 8km 秋川合流点 東京都昭島市拝島町5丁目 位置はこちら 福生市 多摩川左岸上流 河口から49. 4km 睦橋 東京都福生市南田園1丁目 位置はこちら 羽村市 多摩川左岸下流 河口から52. 9km 羽村大橋 東京都羽村市玉川2丁目 位置はこちら 多摩川左岸 河口から54km 那賀樋管 東京都羽村市羽中4丁目 位置はこちら 多摩川右岸上流 河口から54. 3km 草花排水樋管 東京都羽村市羽村地先 位置はこちら 青梅市 多摩川 河口から59. 8km 調布橋 東京都青梅市長淵7丁目 位置はこちら 神奈川県 川崎市 多摩川右岸 河口から0. 1km 多摩川河口水位観測所 神奈川県川崎市川崎区殿町3丁目 位置はこちら 多摩川右岸 河口から27. 8km 石原第二観測所 神奈川県川崎市多摩区菅6丁目 位置はこちら 多摩川右岸 河口から6. 5km 戸手船着場 神奈川県川崎市幸区幸町3丁目 位置はこちら 多摩川右岸 河口から7. 5km 戸手樋管 神奈川県川崎市幸区小向地先 位置はこちら 多摩川水系の河川について 多摩川(たまがわ)は、山梨県・東京都・神奈川県を流れる多摩川水系の本流で東京湾に注ぐ一級河川。 下流は東京都と神奈川県の都県境となっている。 全長138km、流域面積1,240km2。 堤防はあるものの、東京圏の一級河川でありながら護岸化されていない部分が多く、川辺の野草や野鳥が数多く見られる自然豊かな河川である。 835年に朝廷が発した官符では、丸子の渡し近傍をもって「武蔵国石瀬河」と... wikipediaより 多摩川水系の水位・雨量について 台風、大雨等の災害により、河川の水位が上昇した際には、河川氾濫が起こることもあります。 国土交通省が管理する「」では、各都道府県や河川名、水系名から管理する該当の河川観測所情報を検索でき、テレメータから現在の河川水位・雨量をリアルタイムな観測データを調べることができます。 多摩川にて過去に発生した水害について 山梨県・東京都・神奈川県を流れる多摩川では、たびたび水害が起きていました。 特に下記に紹介する、民家が流出した災害では長年にわたり裁判で争われました。 1974年9月の多摩川水害 1974年9月の際は、台風16号により堤防が決壊したため、狛江市の民家19戸が流出した(狛江水害)。 幸いにも住民は避難したため死傷者はいなかった。 この際、被害拡大を防ぐための流路変更を目的に、陸上自衛隊施設大隊により築堤爆破が実行された。 河川内の堰堤(宿河原堰若しくは二ヶ領宿河原堰ともいう)が濁流となった水流を阻害する形となってしまったため、決壊を助長していたのである。 そこで陸自施設部隊がヘリコプターで堰堤に降り立ち、当初はうまく結果が出ず複数回にわたって爆破して堰堤を破壊し、本流側への流路を確保するとともに更なる被害拡大を阻止した。 多摩川水系の天気 現地の天気・気温・風速・湿度が表示されています。 ライブカメラ映像とともにご確認ください。

次の

ICTV入間川中橋付近ライブカメラ(埼玉県入間市野田)

入間川 カメラ

入間川氾濫!氾濫場所、被害状況 埼玉県によりますと午後9時までに入間川で氾濫が確認されました。 橋は超えてないけど、氾濫だわこれ。 — みずみず HrdMiz 今後詳しい被害状況がわかり次第追記します。 入間川氾濫!浸水想定地区はどこ? 埼玉県を中心に浸水想定地区が発表されています。 (埼玉県) 川越市、 東松山市、 坂戸市、 毛呂山町、 川島町 、吉見町 、鳩山町、 鶴ヶ島市、 さいたま市西区 、さいたま市北区、 さいたま市大宮区 、さいたま市見沼区 、さいたま市中央区 、さいたま市桜区、 さいたま市浦和区、 さいたま市南区 、さいたま市緑区 、さいたま市岩槻区 、朝霞市 、志木市 、和光市、 富士見市 、ふじみ野市 (東京都 ) 北区、 板橋区 引用: 入間川水位の最新情報、ライブカメラ 入間川の水位・氾濫情報など、最新情報をリアルタイムで確認できるサイトを紹介します。 詳しい状況はでご確認ください。 下記サイトでも避難場所を確認できます。 埼玉県入間市の(Yahoo! 天気・災害) 埼玉県川越市の(NAVITIME) 入間市のハザードマップ 入間川氾濫のSNS情報 うちの近くの入間川ちょっとヤバいかもです💦 撮影した場所はまだマシでしたが、他の場所はかなり危険感じたので逃げました 久しぶりに恐怖を感じました… 氾濫すると思います… お仕事の方々、外出中の方々はお早めに帰宅して下さい! ! ちょっと甘く見てました。 ダンナが心配していた畑は被害を免れました💦夜になっても水量は減らないけどこれ以上の増水は多分ないと思います。 台風が過ぎた後も危険な状況ですので、十分に注意してください。

次の

ICTV入間川中橋付近ライブカメラ(埼玉県入間市野田)

入間川 カメラ

地理 [ ] 標高1,294 mのの南東斜面に源を発し 、飯能市、入間市、狭山市を流れ、その間に成木川、霞川、越辺川などの支流を合わせ、との境界付近の川越市大字古谷本郷で荒川にする。 から初雁橋間の左岸、および初雁橋から間の右岸に(22. 6 km)が整備されている。 名称 [ ] 飯能河原の先、岩根橋より上流 の旧の地域では 名栗川と呼ばれているが、埼玉県では「入間川(清流 名栗川)」としている。 さらに名栗の「名郷(なごう)」集落より上流の源流域では、 横倉入(ナギノ入)と呼ばれている。 の流域にはまで埼玉県が存在していた。 現在も「狭山市入間川」という地名として残されている。 最寄のの旧称も「入間川駅」であった。 歴史 [ ] 古くは荒川は東寄りの現在のを流れ当時のに合流しており、入間川は単独で下流のへと流れていた。 のに荒川の付替えが行われ、熊谷市久下から現在の荒川合流点まで開削し、現在の流れが形作られた( も参照)。 また現在の入間川が荒川に合流するあたりから下流の旧入間川は現在の流路より北部を蛇行して流れていた。 今より浦和市街に近い形で、を避けて蛇行していた。 流路はいくつかの河川やとして現在も面影をとどめている。 また昭和期の航空写真では旧流路に人家が少なく、岸に沿って集落があったため、くっきりと流路が確認できる。 現在の河川では、、大久保排水路、作田排水路、合野谷排水路、、、(網代橋~青木水門)、あたりを流れていた。 ではが多発しが足りなくなると、入間川を使い、名栗村から大量の木材を運び入れた。 その木材は、江戸の西の川から運んだことから「」と呼ばれるようになった。 生物 [ ] が遡上するのはの側では以北とされており 、入間川にサケは生息していないと見られていた。 しかし、釣り人の証言と上流にイワナやヤマメが生息していた事から、広く環境教育として「入間川にサケを放す会」がサケをしている(市報『広報川越』にも掲載)。 一部では入間川のをする行為だとして論争となっていた。 荒川水系の水質保全活動に関する各団体で構成される「新河岸川水系水環境連絡会」は、上に「もともとその川にいないサケを放すことに賛同できない」 とのを掲載するなど、サケの放流に懸念を表明していた。 また、埼玉県生態系保護協会においても、の安東正行が「国も特定外来生物被害防止基本方針の中で、人為的な放流に懸念を示している。 サケの分布は側では利根川以北で、荒川水系への放流はのに影響を及ぼす恐れがある」 と述べるなど、入間川へのサケの放流は生物多様性を破壊する行為だと指摘している。 一方、入間川にサケを放す会のは「のを放すのとは違う」 「利根川より南でもサケが上ることはよくある」 と反論している。 また、サケの回帰率は南にいくほど低くなり、では約5パーセントに達するのに対してでは約1パーセントに過ぎない。 そのため、利根川以南の入間川でサケを放流しても、遡上する可能性は極めて低いと考えられている。 安東正行はその点に言及し「帰ってくる見込みがほとんどないを放流して命の大切さを教えるのはどうだろうか」 と指摘している。 一方、入間川にサケを放す会の会長は「荒川は利根川とほぼ同じ、を流れているので問題ない」 と反論するとともに、の秋ケ瀬取水堰でサケを釣った人がいた 、などと主張している。 さらに、取水堰の存在がサケの遡上を妨害していると主張し、もともと生息していなかったサケのためにを整備するよう国や県に要求している。 なお、の所管するでは、を収録した「侵入生物データベース」において、ブラックバスと同じくサケも外来生物のひとつとして分類している。 「侵入生物データベース」によれば、におけるサケのは「日本(、本州の利根川以北太平洋側と以北側)」 とされており、そのほかの「()、()等」 にてみられるサケは外来生物として侵入したものだとされている。 そのため、入間川小学校の生徒たちが夏場に入間川に直接入って、業者と外来生物の除去作業を行っていた。 近年は観光的なイベントとしてブラックバスなど外来種の試食会が開かれている。 流域の自治体 [ ] 埼玉県 、、、、 支流 [ ] 上流から• 前堀川• - 入間川最大の支流• (安藤川放水路)• 用水路 [ ]• 入間北部第二用水路(飯能市小瀬戸付近を流れる入間川より取水したの水を導水している )• 根堀用水(笹井ダムより取水し西へ流れる)• (「入間第二用水」・「入間川第二用水」と称する。 笹井ダムより取水し北東に流れ、に合流する)• 伊佐沼代用水路(菅間堰より取水し南へ流れ、一部はに流入する。 ) 河川施設 [ ] 入間川と荒川の合流点 上流より記載• 諏訪橋• 四海橋()• 有間橋• 小出橋• 柏木橋(埼玉県道53号青梅秩父線)• 一ノ瀬橋• 二ノ瀬橋()• 大正橋• 石原橋()• 唐竹橋• 開運橋• 千歳橋• 吾妻大橋• 飯能茜台大橋• 岩根橋()• 割岩橋 - 人道橋• 矢久橋• 飯能大橋(美杉台通り)• 矢川橋• 加治橋()• 入間川橋梁()• 阿岩橋• 入間上橋• 入間川橋梁()• 新豊水橋(、国道299号 - バイパス)• 広瀬橋• 本富士見橋• 昭代橋()• いるまがわ大橋• 入間川水管橋• 八瀬大橋()• 入間川橋()( これより上流は埼玉県、下流はが管理 )• 入間川橋梁()• 入間川橋梁()• 川越橋• 平塚橋()• (国道16号外回り)• (内回り) 出典 [ ] []• 4 - さいたま川の博物館• 8ページ• 生態系に影響」『』44135号、第2東京14版、、、30面。 「侵入情報」『』。 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』833頁。 埼玉県・埼玉県物産観光協会. 2019年11月12日閲覧。 21p - 国土交通省 関東地方整備局 荒川上流河川事務所 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - その他の入間川。 - かつての入間川の中流部。 - かつての入間川の下流部。 - 2004年に4市1村合同企画展「入間川再発見! 」を開催。 - 狭山市の河川敷で発生。

次の