日本youtuber年収ランキング。 【2020年最新】YouTuberの平均年収&年収ランキング!!|身近な疑問に答えます

可愛い(美人)YouTuberランキングTOP16【2019年最新】

日本youtuber年収ランキング

かつては「好きなことで、生きていく」という宣伝でCMを放送したこともある通り、YouTubeとして成功することができれば、週に何度か簡単な動画を投稿するだけで、巨万の富を稼ぐことができます。 一般社会では、早朝に出勤し、理不尽な接客や肉体労働、長時間のデスクワークに毎日耐えた結果、数百万円の年収を稼ぐものです。 しかし、成功したYouTuberは、たった数回の動画投稿だけで、一般的な社会人の年収を軽く超える年収を獲得します。 海外のYouTuberは、再生回数が日本のYouTuberとは比較にならないほどですので、1ヶ月で1億円を稼ぐYouTuerも存在しています。 YouTuerとは、まさに「アメリカンドリーム」を叶えられる職業なのです。 YouTuberが投稿する動画の中には、「巨大プリンの作成に挑戦!」、「スライム風呂に入ってみた」など、少し考えれば誰でも思いつくような動画も多いため、「自分も億万長者になれるかも…?」と勘違いする人も少なくありません。 また、インターネットを利用するので、動画が低評価されたり、自身の不祥事などが発覚すると、誹謗中傷を受けることになるでしょう。 YouTuberとなるうえで最大のデメリットであり、そうなってしまった場合、ある程度の固定ファンを獲得していないと、YouTuberとしての再起は難しくなるでしょう。 また、YouTuberとして成功できるのは一握りの存在だけであり、誰でも簡単に儲けられると軽い気持ちで始めた結果、無駄に費用と時間を浪費しただけで終わってしまう恐れもあります。 近年のYouTuberたちの活躍により、脱サラしてYouTuberデビューを果たす人が増加している模様ですが、「動画がつまらない」と低評価され、動画の更新も途絶え、仕事も失うという最悪な結末を迎えているYouTuberがほとんどですね。 一般的な子供たちは、学校に通って勉強に専念することが本業であるため、子役タレントでない限りお金を稼ぐことはありません。 子役として活動するタレントの中にも、芦田愛菜さんのように億単位の年収を稼ぐ子供もいるので、お金を稼げる子供に対して、複雑な感情を抱いている人も少なくはないでしょう。 「せんももあいチャンネル」の三兄妹たちは、推定年収3300万円と言われており、子供たちの年齢とは不釣り合いな年収を稼いでいる模様です。 一般的な新卒正社員の年収が220万円ほどで、30代の正社員が稼ぐ年収の年収が400万円台ですので、三兄妹は、社会で働くという重みを知らないまま、正社員が何年もかけて稼ぐ年収を、わずか1年で稼いでいます。

次の

人気YouTuberの収入!年収ランキング20選【日本・海外別】

日本youtuber年収ランキング

世界のYoutuber年収ランキングTOP10! 10位 リリー・シン(チャンネル名 iisuperwomanii 約11億7000万円 上位10人の中では唯一の女性Youtuberで、主にコントやミュージックビデオを配信しています。 2010年にYoutubeアカウントを開設した彼女のチャンネル登録者は約1400万人(2019年4月7日現在)で、動画の総再生回数は30億回以上です。 彼女は自らのことをスーパーウーマンと自称し、最近では女優へと活躍の場を広げています。 8位 スモッシュ (チャンネル名 Smosh 約12億2500万円 スモッシュは2005年にYoutube活動を開始した、イアン・ヘコックスとアンソニー・パディーラによるユニットです。 彼らは海外版ポケットモンスターのオープニングパロディ動画によって有名になり、現在のチャンネル登録者数は約2400万人で、総視聴回数は83億回を超えます。 2015年には自分たちが主役の映画を制作するなど精力的に活動していましたが、アンソニーは2017年にスモッシュを脱退してしまいました。 8位 ライアン(チャンネル名 Ryan ToysReview 約12億2500万円 トップ10の中では最年少の彼の年齢はなんと7歳です。 彼の動画は新作のおもちゃで遊ぶだけという非常にシンプルなものですが、チャンネル登録者数は約1900万人で総再生回数は280億回を超えます。 7歳ながらこんなに稼いでいるので、世間からは嫉妬の目が向けられているようです。 7位 ジェイク・ポール (チャンネル名 Jake Paul) 約12億8000万円 ジェイク・ポールはコントやビデオブログ(動画で撮影した日常をウェブにアップロードすること)、オリジナル曲のミュージックビデオなどを配信していて、チャンネル登録者数は約1800万人、総視聴回数は約56億回です。 「やりすぎ配信!ビザードバーク」というディズニードラマに出演していましたが、素行の悪さが原因で降板させられたと報じられています。 6位 フェリックス・シェルバーグ (チャンネル名 PewDiePie 約13億7000万円 彼はゲーム実況動画を配信しているスウェーデン人Youtuberで、チャンネル登録者数は約9300万人、総視聴回数は200億回を超えます。 また、彼は世界で最もチャンネル登録者数が多いユーチューバーでもあります。 「This Book Loves You」という彼の書籍の売り上げも好調です。 4位 マーク・フィッシュバック (チャンネル名 Markiplier 約13億9300万円 サバイバルホラー系のゲーム実況動画を配信している彼のチャンネル登録者数は約2400万人、総視聴回数は100億回を超えます。 また、彼はアニメの声優としても抜擢されるなど活躍の場を広げています。 4位 ローガン・ポール (チャンネル名 Logun Paul)約13億9300万円 2017年末に来日した際、富士の樹海で自殺遺体を撮影したことによって世界中から非難を浴びていた彼ですが、チャンネル登録者数は約1900万人、総視聴回数は約43億回にものぼります。 彼はビデオブログやコメディ動画を配信しています。 しかし、遺体撮影の影響もあってか世間からの好感度はとても低いです。 3位 デュード・パーフェクト (チャンネル名 Dude Perfect 約15億6000万円 彼らは4人組のユニットでスポーツを絡めたコント動画などを配信していて、4000万人を超えるチャンネル登録者数と約76億回の総視聴回数を持ちます。 また、子供向け放送局での番組やスマホアプリなども手掛けていて、それらが好調のため年収ランキングも高くなっています。 2位 エヴァン・フォン (チャンネル名 VanossGaming 約17億2700万円 カナダ出身の25歳の彼もゲーム実況者ですが、彼は自分の作ったアニメのキャラクターが実況するという形式をとっていて、それが他のゲーム実況者との差別化を可能にしています。 チャンネル登録者数は2400万人で総視聴回数は100億回を超えている彼はまた、ゲーム開発やゲーム音楽の作曲なども手掛けています。 1位 ダニエル・ミドルトン(チャンネル名 DanTDM 約18億3000万円 現在26歳の彼はゲーム「マインクラフト」のプレイ動画で人気になったYoutuberです。 チャンネル登録者は2000万人を超え、総再生回数は140億回を超える彼は、グラフィックノベル(長く複雑なストーリーを備えた、大人の読者が対象とされる、厚い形式のアメリカン・コミック)の分野でも大ヒットを飛ばし、ワールドツアーを実施しました。 残念ながら日本のYoutuberはランクインはなりませんでした。 広告収入(グーグルアドセンス) ユーチューバーは動画に広告をつけることによって、動画の広告主がユーチューブ(Google)に支払う広告掲載料の一部を手に入れることができるのです。 広告収入は1再生あたり0. 1円から1円ほどと幅広く、動画のジャンルや長さによっても広告の単価は変わってきます。 もちろん、広告をつけるのにふさわしくないと思われるような動画には広告がつかないようになっています。 企業とのタイアップによる報酬 これは企業が、特に有名で人気があるユーチューバーに自社の商品などのPRをしてもらう見返りとして、ユーチューバーが受け取る報酬です。 5倍程度だと言われています。 日本で一番チャンネル登録者が多いはじめしゃちょー(778万人)であれば、1本の提供動画で約1167万円の報酬を貰えることになります。 それだけの報酬を払ってもタイアップをお願いしたい企業があるということは、現在のユーチューバーの影響力の大きさを表しているとも言えるでしょう。

次の

日本一のYouTuberヒカキンの年収は?YouTubeで稼ぐ秘訣は?

日本youtuber年収ランキング

YouTuberとは、動画共有サービス「YouTube」を使って自身のチャンネルに 自作動画を投稿している人を指す名称です。 チャンネル登録者数・動画再生回数が人気の指標で、より多くの視聴者を獲得するべく、 オリジナリティ溢れる企画や面白い動画を定期的にアップすることがYouTuberの仕事です。 動画のジャンルはさまざまで、人気が高いのは面白ネタ、ゲーム実況、商品紹介、美容情報で、幼い子供が出演者となっておもちゃで遊んだりレジャー施設で遊ぶキッズ向け動画も人気です。 YouTuberは、動画を投稿することによって再生回数に応じた広告収入を得ることができ、人気YouTuberになるほど収入は高くなり、中には年収1億円以上を稼ぐ夢のような強者も存在します。 YouTuberが収入を得る仕組みとは YouTuberの収入源は、 広告収入です。 YouTubeで動画を再生すると広告が流れますよね。 企業がYouTubeに広告宣伝費を支払い、視聴者が広告を見ることで、YouTuberに広告収入としてお金が入ってきます。 より多くの人の目に触れることで広告効果も大きくなるため、 再生回数に応じて収入も上がっていきます。 動画再生の単価相場としてよく言われているのは、 1再生あたり0. 1円の広告収入が得られるということです。 しかしこの相場は諸説あり、0. 02円〜0. 5円と、幅広い金額が噂されています。 さらに、 登録者数によっても単価が変動するようで、登録者が増えれば増えるほどそのYouTuberの単価も上がっていくと言われています。 よく基準として言われている1再生あたり0. 1円で計算すると、10万回再生で1万円、100万回再生で10万円の収入になります。 人気YouTuberの場合、動画1本あたり100万回以上再生されることが多く、毎日投稿していれば 月に300万円超えの収入となります。 1再生当たりの単価は小さな額でも、人気YouTuberとなってコンスタントに動画を投稿し、何万回もの再生回数を叩き出すことで、大きな報酬を得ることができるんですね。 広告収入以外の収入の仕組み 広告収入の他にもYouTuberの収入源はいくつかあり、 スーパーチャット、メンバーシップ、企業案件、イベントのギャラなどがあります。 ・スーパーチャット スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接支援金を送ることができる、いわゆる〝投げ銭〟と言われる機能です。 YouTuberがライブ配信をした際、最低100円~最高5万円まで自由に金額を指定して送金できるため、広告収入だけでは食べていけないYouTuberのメインの収入源になっています。 配信者の取り分は7割と言われており、熱狂的なファンを抱える配信者はスーパーチャットだけで月100万円以上稼ぐこともあります。 スーパーチャットで稼ぐ人のほとんどが、登録者数10万台のチャンネルです。 動画の再生回数が伸びない代わりに、 魅力的なライブ配信を行うことでファンを獲得し、ファンからの支援をメインの収入源として活動しています。 ・チャンネルメンバーシップ YouTubeのチャンネルメンバーシップとは、 好きなチャンネルに対して視聴者が 月額490円を支払うことで「チャンネルメンバー」となり、好きなYouTuberを支援できる機能のことです。 チャンネルメンバーには、そのチャンネルのバッジや絵文字、メンバー限定の動画や写真の公開など、チャンネル独自の特典が付与されます。 また、バッジはコメント欄で表示されるため、自分がそのチャンネルの熱心なファンであることをアピールできます。 こちらも YouTuberの取り分は7割です。 ・企業案件 YouTubeの公式的な収入の他にも、企業案件というものがあります。 企業が宣伝したい自社商品を、YouTuberに依頼して動画で紹介してもらうことで宣伝効果を生み、広告宣伝費や紹介料としてYouTuberに報酬を支払う仕組みが出来上がっています。 動画の概要欄や動画内で「提供:企業名」と記載されることがあり、ダイレクトマーケティングの一種として普及しています。 もちろん、宣伝効果が高くなければ意味がないため、登録者数と再生回数が多い影響力のある人気YouTuberになるほど案件の依頼も多くなります。 ・イベントのギャラ 多くの人気YouTuberが所属する「UUUM」のイベント「U-FES. 」を始め、 YouTuberとファンが直接会えるイベントやファンミーティングの開催が最近は一般的となってきました。 YouTubeのイベント以外にも、 町おこしやエンタメ系のイベントにYouTuberが出演することも多く、イベント出演料としてギャランティを受け取ることで収入を得ています。 人気YouTuberになるほど収入源も増え、広告収入以外にも様々な方法で収入を得ています。 YouTuberは、このような仕組みでお金を稼いでいるのです。 YouTuberの平均年収とは YouTuberの平均年収は、 約800万円と言われています。 ただ、この金額は数多くいるYouTuberの中でも 動画再生数100位以内に入るような一握りのYouTuberの推定平均年収です。 広告宣伝料の報酬は、動画の再生回数に応じて金額が変わるので、登録者数・再生回数が少ないYouTuberは、収入を得るどころか撮影にかかる費用で赤字になることも少なくありません。 登録者数が多い、いわゆる有名YouTuberになると年収が5000万円〜1億円を超えるようになってきます。 日本トップクラスのYouTubeの年収予想はネット上でもよく話題になっていますが、実はYouTuberが自身の年収・報酬体制を公開することはYouTubeの規約で禁止されています。 中には年収を暴露しているYouTuberも存在しますが、登録者数・動画の長さ・高評価の数によっても報酬は変動するようなので、一概にいくらとは言い切れません。 ただ、前述の通り、平均年収800万円を稼ぐことができるのはいずれも登録者数何十万人〜何百万人という人気YouTuberだけです。 多くの動画配信者はサラリーマンの平均年収どころか、数万円にも満たない年収がほとんどです。 YouTuberとして高収入を得られるのは、 たった一握りの成功者だけなのです。 人気YouTuberの推定年収ランキング[TOP50-41] 前述したYouTuberの収入の仕組みを基に、人気YouTuberの推定年収を算出してランキングにまとめました。 あくまで推定なので、参考程度にチェックしてみてください。 第50位・レイターズ ジャンル:面白ネタ 推定年収:約800万円〜 動画再生回数:約2億回 登録者数:約65万人 動画本数:510本 はやしん、さとるん、まーちん、サイバーマン、かめむしの 5人組YouTuberで、 面白ネタ動画を中心に人気を博し、2018年7月にはYouTuber初の武道館ライブを開催するほど人気でした。 2019年7月31日に「沖縄でレイターズの最後を締めくくります」という動画を最後に、解散しています。 第49位・MEGWIN TV ジャンル:面白ネタ 推定年収:約900万円〜 動画再生回数:約10億回 登録者数:約98万人 動画本数:5100本 まだYouTuberという職業が一般的ではなかった2005年から動画配信を開始し、日本でのYouTuberの先駆者として知られているMEGWIN。 クスッと笑えるネタから過激なネタまで幅広い面白ネタを投稿し、現在トップYouTuberとして活躍する面々からも憧れられる存在です。 第48位・はじめしゃちょーの畑 ジャンル:面白ネタ 推定年収:約950万円〜 動画再生回数:約7億回 登録者数:約178万人 動画本数:410本 日本のトップYouTuberであるはじめしゃちょーの別チャンネルで、はじめしゃちょーと愉快な仲間達が 面白ネタを投稿するグループチャンネルです。 本チャンネルのクオリティはそのままに、 グループだからできる笑えるネタを多数投稿しています。 第47位・SekineRisa ジャンル:美容・面白ネタ 推定年収:約950万円〜 動画再生回数:約4億回 登録者数:約130万人 動画本数:950本 メイクやファッションなど女性向け動画を投稿する、 美容系YouTuberの1人で、旅行のパッキング動画も人気です。 溌剌とした明るい喋りと美貌で男性人気も高く、YouTubeの イベントにもよく参加しています。 ガジェット紹介・モノ紹介動画から料理動画まで幅広いジャンルの動画を投稿しています。 最新ガジェットのレビューが参考になるため、男性ファンが多いかもしれませんね。 ゲーム実況チャンネル、サブチャンネルもあります。 第45位・PDSKabushikiGaisha ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1300万円〜 動画再生回数:約11億回 登録者数:約158万人 動画本数:2500本 本名はペイン・ダンテ・将之介。 元ジャニーズJr. で、イギリスと日本のハーフの 超肉体派YouTuberとして活躍しています。 高校時代から動画投稿を始め、 商品レビュー、実験、料理、筋肉トレーニングなど、バラエティ豊かでインパクト大な動画が人気を集めています。 第44位・TOMIKKU NET ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1400万円〜 動画再生回数:約9億回 登録者数:約167万人 動画本数:1400本 超個性派YouTuberとして人気のトミック。 〝キング・オブ・キッチン〟として包丁1本で魚介をさばく料理動画や、〝キング・オブ・ビューティ〟として美容に特化したネタ動画を投稿するなど、 独特な感性の動画が人気です。 セカンドチャンネルも運営しており、撮影メイキングやゲーム実況なども投稿しています。 第43位・レオンチャンネル ジャンル:レビュー 推定年収:約1500万円〜 動画再生回数:約23億回 登録者数:約125万人 動画本数:5500本 仮面ライダー、戦隊モノ、妖怪ウォッチなど、 おもちゃレビューを毎日数本アップしている モノ紹介系YouTuberです。 大量買い動画も人気があり、子供から特撮好きの大人まで幅広い層から支持されています。 発売前の商品化予定のおもちゃも紹介しているため、最新情報を集めるのにも適しています。 第42位・なっちのゲームチャンネル ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約1600万円〜 動画再生回数:約6億回 登録者数:約57万人 動画本数:3900本 パズドラに特化したゲーム実況チャンネルで、パズドラ実況者の中では知らない人がいないと言われるほど知名度が高いYouTuberです。 参考になるパズドラのプレイ動画の他、モンスターハンターやマインクラフトの グループ実況も人気があり、今後さらに登録者が増える可能性がある期待のゲーム実況者です。 第41位・しばなんチャンネル ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1600万円〜 動画再生回数:約9億回 登録者数:約221万人 動画本数:455本 「 天下のブサイクカップル」の異名を持つ 夫婦YouTuberで、東海オンエアのしばゆーと妻のあやなん、息子のぽんすが送る、 日常系ほのぼの面白ネタチャンネルです。 夫婦がメインのYouTuberの中では トップクラスの再生回数を誇り、登録者数も増え続けているため、今後の年収アップが予想されます。 人気YouTuberの推定年収ランキング[TOP40-31] 第40位・MosoGourmet 妄想グルメ ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1700万円〜 動画再生回数:約14億回 登録者数:約281万人 動画本数:1400本 日常系ファミリーチャンネルとして活躍する、妄想グルメ。 子供向けお菓子やキャラ弁、おもちゃの遊び方や家族でのおでかけなど、 ファミリー向けの動画を中心に投稿しています。 色彩豊かで食欲が刺激されるかわいいスイーツや、子供が喜びそうなダイナミックな料理が多く、 海外からも人気があるチャンネルです。 日常のネタや面白ドッキリなどを独特の世界観で撮影し、 刺激的で笑える動画を投稿して人気を博しています。 短期間でチャンネル登録者数100万人を突破し、現在は300万人に届く勢いを持つなど、激アツYouTuberとして注目されています。 第38位・アバンティーズ ジャンル:面白ネタ 推定年収:1800万円〜 動画再生回数:約6億回 登録者数:約161万人 動画本数:1000本 そらちぃ・エイジ・ツリメ・リクヲの4人からなる、暴走最先端YouTuberのアバンティーズ。 幼馴染同士で、中学時代から動画投稿をスタートし、 ケラケラ笑えるくだらない動画からかっこいい音楽活動までマルチに活躍しています。 4人が主演の長編映画が劇場公開されるなど、活動の幅は留まるところを知りません。 第37位・HIMAWARIちゃんねる ジャンル:キッズ 推定年収:約1900万円〜 動画再生回数:約28億回 登録者数:約199万人 動画本数:1265本 福島県在住の東北YouTuberで、4兄妹の次女まーちゃんと三女おーちゃんが、パパ&ママと共に 商品レビュー、寸劇、お出掛け動画などを賑やかに投稿している キッズ系チャンネルです。 知育菓子や食玩・おもちゃレビューや、妖怪ウォッチ・アンパンマン・メルちゃんなど、子供に人気のコンテンツ、テーマパークへのお出かけなど親子で楽しめる動画が人気を集めています。 本チャンネルでは ガジェットのレビューやDIY、旅や料理動画など、日常にまつわるあらゆる動画を投稿しています。 そんなカズのゲーム実況チャンネルが今大人気で、 福井弁訛りの話し方が癒されると話題に。 優しい笑顔と誰からも愛されるキャラクターで、子供から大人まで多くの人を魅了しています。 第35位・キヨ。 ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約1950万円〜 動画再生回数:約15億回 登録者数:約220万人 動画本数:1800本 ゲーム実況者として活躍するキヨ。 は、YouTubeを始め、ニコニコ動画などでもゲーム実況動画を投稿しており、ゲーム実況グループ「最終兵器俺達」のメンバーとしても活躍しています。 ゲーム実況者には珍しく完全に顔出しをしており、今時の 端正な顔立ちでイケメンYouTuberとしても人気を博しています。 第34位・釣りよかでしょう。 ジャンル:面白ネタ 推定年収:約2000万円〜 動画再生回数:約8億回 登録者数:約130万人 動画本数:1800本 「釣りの楽しさを伝えたい!」をテーマに、バス釣りやライトショアジギングなど、 大自然で遊ぶことをメインに動画投稿している釣りよかでしょう。 佐賀を拠点に活動しており、釣り好き7人組が大自然で バス釣り、海釣り、渓流釣り、船釣りなどに挑戦しています。 釣り以外にも田舎の山で採った山菜やイノシシを捌いて食べたり、クワガタ採りに出かけるなど、都会では体験できないアウトドアな動画が人気です。 第33位・ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】 ジャンル:面白ネタ 推定年収:約2070万円〜 動画再生回数:約4億回 登録者数:約131万人 動画本数:513本 アメリカ大陸横断、南米縦断、アマゾンイカダ下りなどの 旅動画から、 スラム街や麻薬密売組織潜入、右翼街宣車に突撃など、 スリルたっぷりなディープな動画が人気のジョーブログ。 他にも、エロやただふざけている動画などもあり、振り幅が大きい動画を投稿しています。 また、 AbemaTV1周年企画の「亀田興毅に勝ったら1000万円」に出演。 第32位・kougeisha ジャンル:キッズ 推定年収:約2100万円〜 動画再生回数:約23億回 登録者数:約192万人 動画本数:1300本 2人の女の子〝かんな〟と〝あきら〟が、最新のおもちゃで遊んだり、料理に挑戦したり、家族で話題のスポットにお出かけするなど、 ファミリー向け動画をアップしているチャンネルです。 かんなとあきらのかわいらしさが人気を集め、親子で楽しめるチャンネルになっています。 第31位・Kids Of Ninja ジャンル:キッズ 推定年収:約2100万円〜 動画再生回数:約9億回 登録者数:非公開 動画本数:346本 〝そうちゃん〟と〝おとちゃん〟が、アンパンマンやトーマスなど子供に人気のおもちゃレビューをしたり、英語の歌を歌ったり、寸劇やお遊戯を披露する、 ほのぼの系キッズチャンネル。 また、雨の日も遊べる室内レジャーなどのお出かけスポット紹介など、 親子遊びの参考になる動画も多数投稿しています。 人気YouTuberの推定年収ランキング[TOP30-21] 第30位・東海オンエアの控え室 ジャンル:面白ネタ 推定年収:約2200万円〜 動画再生回数:約13億回 登録者数:約233万人 動画本数:1200本 超人気トップYouTuberの東海オンエアのサブチャンネルで、 撮影の裏側やメンバーの日常をゆるい動画で投稿している東海オンエアの控え室。 サブチャンネルにしてこの登録者数と再生回数で、メンバーの素の顔が見られるとファンに大人気です。 第29位・赤髪のとものゲーム実況チャンネル!! ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約2300万円〜 動画再生回数:約19億回 登録者数:約189万人 動画本数:3700本 ゲーム実況者・赤髪のともを中心に、息ぴったりの仲間達がマインクラフトで遊ぶ「あかがみんクラフト」が人気のチャンネル。 GTAやフォートナイトといった人気ゲームから、ぼく夏などのまったり系まで 幅広いゲームを扱っています。 スラッとした容姿と中性的で透き通った声が特徴で、実写チャンネルも人気が高いです。 第28位・ワタナベマホト ジャンル:面白ネタ 推定年収:約2500万円〜 動画再生回数:約100億回 登録者数:約263万人 動画本数:793本 人気YouTuberのワタナベマホト。 アカウントを変えているので、現在のチャンネルの動画本数は少ないものの、YouTuberが流行る以前から活躍していました。 音楽活動やアパレルブランドのプロデュースも手掛け、持ち前のカリスマ性で人気を博していますが、現在は活動休止中です。 アンパンマン、ドラえもん、ポケモン、プリキュア、ディズニープリンセスなど、 男児も女児も楽しめる動画が満載です。 仲良し同級生7人組グループ・フィッシャーズのオフショット動画や、本チャンネルでは見られない素の表情が見れる、 まったり系動画が投稿されています。 第25位・たまご Mammy ジャンル:キッズ 推定年収:約2950万円〜 動画再生回数:約11億回 登録者数:約120万人 動画本数:739本 リカちゃんやアンパンマンなど、 ぬいぐるみを使った人形劇でおもちゃの遊び方を紹介してくれる、 キッズ向けYouTuberのたまご Mammy。 DIYなど親子で楽しめる動画も満載です。 第24位・ぐっちの部屋 ミラクルぐっち ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約3000万円〜 動画再生回数:約23億回 登録者数:約127万人 動画本数:5835本 こびとずかん、逃走中、ドラゴンボールといった子供に話題のゲームから、人気のマイクラシリーズまで、 幅広いジャンルのゲームを実況する、関西出身YouTuberぐっち。 テンポの良い関西弁で、小中学生に絶大な人気を誇るゲーム実況者です。 ディズニー、飛行機、恐竜、LEGO、知育菓子など、子供の興味を引く動画が人気です。 第21位・木下ゆうか Yuka Kinoshita ジャンル:面白ネタ 推定年収:約3200万円〜 動画再生回数:約18億回 登録者数:約533万人 動画本数:1700本 大食い美女YouTuberとして知られる木下ゆうか。 フードファイターとしてテレビで活躍していた経験もあります。 驚異の食べっぷりとふわふわしたキャラクターが受けて、大食いYouTuberの中でも 屈指の知名度と人気を誇っています。 人気YouTuberの推定年収ランキング[TOP20-11] 第20位・すしらーめん《りく》 ジャンル:面白ネタ 推定年収:約3200万円〜 動画再生回数:約8億回 登録者数:約435万人 動画本数:415本 1本1本の動画が異常に高クオリティなことで知られる、 面白ネタ・実験系YouTuberのすしらーめん《りく》。 自身の職人技&プロの手も借りて壮大なスケールで届けられる大規模な実験は、ゴールデンタイムのテレビ番組にも引けを取らない鮮やかさです。 海外からの人気も高く、今後のYouTube界を担っていく存在です。 実写動画や生放送も投稿している サブチャンネルも人気です。 第18位・スカイピース ジャンル:面白ネタ 推定年収:約3400万円〜 動画再生回数:約15億回 登録者数:約261万人 動画本数:1200本 爽やかイケメン2人組YouTuberのスカイピース。 大食いやドッキリの面白ネタから音楽配信までマルチに活動しており、女子高生からの人気が高いYouTuberです。 第17位・たくっち ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約3500万円〜 動画再生回数:約17億回 登録者数:約101万人 動画本数:1600本 音声合成ソフトを利用した「 ゆっくり実況」の動画を投稿する、ゲーム実況チャンネルです。 実況と言うよりも オリジナルストーリーのゲーム動画という様式で、笑いと魅了を兼ね備えた動画を投稿しています。 第16位・70cleam ジャンル:キッズ 推定年収:約3700万円〜 動画再生回数:約18億回 登録者数:約162万人 動画本数:1000本 女児向けの人形遊びやおもちゃ遊びの動画を投稿しています。 かわいいおもちゃ、かわいい女の子、かわいい世界観で届けられる「 実寸大のおままごと」が人気です。 第15位・禁断ボーイズ ジャンル:面白ネタ 推定年収:約3800万円〜 動画再生回数:約6億回 登録者数:約197万人 動画本数:453本 いっくん、田中さん、モーリー、メサイアの4人からなる、 過激派面白ネタYouTuberの禁断ボーイズ。 過激なネタを繰り出し、 炎上も辞さない奇抜な企画が持ち味です。 メンバーのキャラ立ちもクセになり、コアなファンが多いYouTuberです。 第14位・兄者弟者 ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約4400万円〜 動画再生回数:約25億回 登録者数:約262万人 動画本数:5100本 実の兄弟である兄者と弟者、おついちの3人で「TEAM-2BRO. 」として活動を行っている、 ゲーム実況チャンネルです。 ゲームのジャンルは、FPS、TPS、ホラーゲームなどが多く、世代問わず人気を集めています。 また、 声の良さに定評があり、ナレーション仕事やラジオパーソナリティも務めています。 第13位・おるたなChannel ジャンル:面白ネタ 推定年収:約4500万円〜 動画再生回数:約17億回 登録者数:約231万人 動画本数:1674本 実験・検証・ドッキリ ないとー、渋谷ジャパンの2人組YouTuber・おるたなChannel。 実験や検証、UFOキャッチャーなど幅広い企画に挑戦し、男女問わず人気を集めています。 お笑いサークル出身という 2人の面白い掛け合いも注目です。 第12位・ラファエル Raphael ジャンル:面白ネタ 推定年収:約4700万円〜 動画再生回数:約2億回 登録者数:約131万人 動画本数:489本 過激ネタでYouTube界にメスを入れる、覆面系YouTuberのラファエル。 アダルトなネタや大金を使った豪遊動画など 大人向けのネタが多いです。 元自衛官で筋骨隆々、覆面の下はイケメンとの噂も! 第11位・水溜りボンド ジャンル:面白ネタ 推定年収:約4800万円〜 動画再生回数:約26億回 登録者数:約407万人 動画本数:1750本 爽やかな大学生カンタとトミーの2人が、 実験、検証、都市伝説、ドッキリに挑戦するチャンネルです。 2015年からYouTubeを始め、現在は 毎日欠かさず投稿を続けており、幅広い年齢層から人気を集めています。 かわいい4人姉弟YouTuberに癒されること間違いなし! 第9位・SeikinTV ジャンル:面白ネタ 推定年収:約5000万円〜 動画再生回数:約29億回 登録者数:約365万人 動画本数:1600本 気になる商品を面白おかしく紹介するレビュー動画が人気のSeikin。 また、自身が作詞作曲を手掛けたYouTubeのテーマソングが話題です。 ゲームチャンネル「SeikinGames」もあり、 マルチに活躍しています。 第8位・ヒカル(Hikaru) ジャンル:面白ネタ 推定年収:約6500万円〜 動画再生回数:約21億回 登録者数:約342万人 動画本数:1118本 金持ち系YouTuberのヒカル。 大金を使った実験や検証、ドッキリ、カード開封や1000円ガチャなど、お金持ちならではの動画を投稿しています。 祭りの屋台のくじに当たりがあるか検証する動画は、話題を呼びました。 音楽ユニット「カルxピン」としても活動しています。 第7位・HikakinGames ジャンル:ゲーム実況 推定年収:約7000万円〜 動画再生回数:約41億回 登録者数:約433万人 動画本数:1400本 大物YouTuberヒカキンのゲーム実況チャンネルです。 モンスト、ポケモン、マインクラフト、マリオメーカーといった、流行の人気ゲームを実況しており、小中学生を中心に人気を集めています。 第6位・東海オンエア ジャンル:面白ネタ 推定年収:約7300万円〜 動画再生回数:約45億回 登録者数:約471万人 動画本数:1300本 愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組YouTuberの東海オンエア。 てつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡の6人が。 抜群の企画力で個性溢れるネタ動画を投稿し人気を集めています。 岡崎観光伝道師に任命されるなど活動の幅を広げ、メンバーの個人チャンネルや動画以外の仕事も多数あることから、総合的な年収はトップクラスと予想されます。 第5位・プリンセス姫スイートTV Princess Hime ジャンル:キッズ 推定年収:約7800万円〜 動画再生回数:約38億回 登録者数:約151万人 動画本数:1508本 キッズ向けファッション、旅行、おもちゃやパーティーの動画に加え、最近は演劇やドラマにも挑戦しているプリンセス姫スイート。 子供ながらに 映えまくるキラキラした日常を投稿している、 キッズ系YouTuberです。 第4位・キッズライン ジャンル:キッズ 推定年収:約9000万円〜 動画再生回数:約77億回 登録者数:非公開 動画本数:3600本 おもちゃの紹介や家族でのお出かけ、キッズマナーについての動画も投稿する、 キッズ系ナンバーワンの再生回数を誇るキッズライン。 アンパンマンのおもちゃで遊ぶ動画が多く、子供に人気で、キッズ向けのかわいいドッキリも投稿しています。 遊びから冒険、音楽やダンスまで幅広く活動し、 バラエティ豊かなメンバーで小中学生の心を鷲掴みにしています。 第2位・はじめしゃちょー(hajime) ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1億円〜 動画再生回数:約65億回 登録者数:約814万人 動画本数:1979本 「自由」をモットーに超フリーダムな動画を投稿する、超人気YouTuberのはじめしゃちょー。 実験からドッキリまで幅広いジャンルで活動し、 体を張ったネタや斬新な企画が得意で、若者から圧倒的な支持を得ています。 2015年には、「740人だるまさんが転んだ」でギネス記録を取得しました。 第1位・HikakinTV ジャンル:面白ネタ 推定年収:約1億円〜 動画再生回数:約62億回 登録者数:約765万人 動画本数:2600本 日本YouTuber界のパイオニア、日本YouTuber界のキングと呼ばれる、大物YouTuberのヒカキン。 メインのHikakinTVの他にもゲーム実況、ボイスパーカッション、サブチャンネルの4つのチャンネルを運営し、 動画の総アクセス数は100億回を突破しました。 チャンネル登録者数は約2000万人以上と、名実共に日本を代表するYouTuberで、間違いなく日本トップクラスの収入を獲得しています。 まとめ 日本YouTuberの年収ランキングを紹介しました。 成功するのは一握りとは言え、人気を得れば年収1億超えという、とんでもないYouTubeドリームが待ち受けているのがYouTuberです。 憧れの職業にも選ばれる今、YouTuberの道を選ぶのも悪くないかもしれません。

次の