東京 都 オリンピック パラリンピック 準備 局。 「やさしい日本語」について

住まいを失った人に「オリンピック選手村」解放を。東京都「民間事業のため難しい」

東京 都 オリンピック パラリンピック 準備 局

東京2020大会の開催準備 2013年9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の開催地が東京に決定しました。 大会開催まで1年を切り、間近に迫った大会の成功に向け、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をはじめ、日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)などのスポーツ界、国、自治体、経済界などと一体となって開催準備を進めています。 また、交通機関や飲食店などにおける多言語対応の推進、ハード・ソフト両面でのバリアフリー化やパラリンピック競技体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」の都内各地での展開など、2020年の東京開催に向け、受入態勢の整備、気運醸成を行っています。 都民のスポーツ振興に関する施策の推進 都民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでも、それぞれの年齢や技術・興味・目的に応じてスポーツを楽しむことができる「スポーツ都市東京」を実現することが、都の目標です。 目標の達成に向け、地域スポーツの振興やスポーツイベントの開催のほか、ジュニアアスリートの発掘・育成や、社員のスポーツ活動を推進する企業の認定など、世代に応じた取組を進めています。 また、障害者スポーツの振興にも力を入れており、理解促進・普及啓発、場の確保・人材育成、競技力向上などに取り組んでいます。 このほか、新設した武蔵野の森総合スポーツプラザや東京体育館などの都立体育施設や東京都障害者スポーツセンターの運営も行っています。 東京2020大会を成功させるためには、東京都だけでなくオールジャパンで盛り上がり、日本全体が活性化していくことが重要です。 私は全国自治体調整担当として、日本全国の自治体との連携や協力を進めています。 日本全国の自治体と言っても、それぞれの状況や考え方は異なるため、各自治体のお話を伺いながら、都庁ができることを考え、日本中が2020年を楽しみに迎えられるよう、そして東京2020大会が素晴らしいレガシーを残せるよう、さまざまな取組を行っています。 また、事前キャンプの誘致も担当しており、都内区市町村や日本全国での事前キャンプ誘致が成功するよう、各国オリンピック・パラリンピック委員会などへのPRや交渉の支援も行っています。 2005年 入都 財団法人 東京都高齢者研究・福祉振興財団派遣 (福祉保健局 高齢社会対策部 施設経営課付) 東京都老人総合研究所の経理・用度事務 2006年 福祉保健局 指導監査部 指導第三課 保険医療機関指導係 病院や診療所の診療報酬に関する指導・監査事務 2007年 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 経営企画局経営企画課企画・財務係長 高齢者医療センター、高齢者医療・介護など研究所の経営事務 2010年 主税局 千代田都税事務所 事業税課 事業所税第二係 事業所税に関する税務調査 2012年 主税局 課税部 法人課税指導課 事業所税係 事業所税に関する事務運営・企画や都税事務所への指導 2015年 オリンピック・パラリンピック準備局 大会準備部 開催計画課 事前キャンプ誘致に関する区市町村や各国オリンピック・パラリンピック委員会などとの調整 大会準備部は、東京2020大会を成功させるため、関係者と緊密な連携を図りながら、大会開催の準備を進めています。 私の所属する開催計画課は、大会開催に向けた計画に関する事務を所管しています。 その中で私は、課内の庶務業務を主に担当しています。 庶務業務は、給与、旅費等、職員に直接関係する業務です。 基本的な業務ですが、条例や規定を正確に理解し、適正に処理をすることが求められ、奥が深く、責任を求められる業務です。 また、期日が定められた業務も多いことから予め計画をたてて業務を行うことが大切です。 一方、6年後の開催に向けた計画の準備業務は、過去大会の資料等から情報を収集し、オリンピック・パラリンピック特有のルールを理解した上で、計画をつくる必要があります。 こちらは、前例のない業務が多く、悩むことも多くありますが、係長や先輩職員に相談しながら、意欲的に大会開催準備に取り組んでいます。

次の

大会開催に伴う経済波及効果|東京都の取組|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局

東京 都 オリンピック パラリンピック 準備 局

東京2020大会の開催準備 2013年9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の開催地が東京に決定しました。 大会開催まで1年を切り、間近に迫った大会の成功に向け、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をはじめ、日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)などのスポーツ界、国、自治体、経済界などと一体となって開催準備を進めています。 また、交通機関や飲食店などにおける多言語対応の推進、ハード・ソフト両面でのバリアフリー化やパラリンピック競技体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」の都内各地での展開など、2020年の東京開催に向け、受入態勢の整備、気運醸成を行っています。 都民のスポーツ振興に関する施策の推進 都民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでも、それぞれの年齢や技術・興味・目的に応じてスポーツを楽しむことができる「スポーツ都市東京」を実現することが、都の目標です。 目標の達成に向け、地域スポーツの振興やスポーツイベントの開催のほか、ジュニアアスリートの発掘・育成や、社員のスポーツ活動を推進する企業の認定など、世代に応じた取組を進めています。 また、障害者スポーツの振興にも力を入れており、理解促進・普及啓発、場の確保・人材育成、競技力向上などに取り組んでいます。 このほか、新設した武蔵野の森総合スポーツプラザや東京体育館などの都立体育施設や東京都障害者スポーツセンターの運営も行っています。 東京2020大会を成功させるためには、東京都だけでなくオールジャパンで盛り上がり、日本全体が活性化していくことが重要です。 私は全国自治体調整担当として、日本全国の自治体との連携や協力を進めています。 日本全国の自治体と言っても、それぞれの状況や考え方は異なるため、各自治体のお話を伺いながら、都庁ができることを考え、日本中が2020年を楽しみに迎えられるよう、そして東京2020大会が素晴らしいレガシーを残せるよう、さまざまな取組を行っています。 また、事前キャンプの誘致も担当しており、都内区市町村や日本全国での事前キャンプ誘致が成功するよう、各国オリンピック・パラリンピック委員会などへのPRや交渉の支援も行っています。 2005年 入都 財団法人 東京都高齢者研究・福祉振興財団派遣 (福祉保健局 高齢社会対策部 施設経営課付) 東京都老人総合研究所の経理・用度事務 2006年 福祉保健局 指導監査部 指導第三課 保険医療機関指導係 病院や診療所の診療報酬に関する指導・監査事務 2007年 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 経営企画局経営企画課企画・財務係長 高齢者医療センター、高齢者医療・介護など研究所の経営事務 2010年 主税局 千代田都税事務所 事業税課 事業所税第二係 事業所税に関する税務調査 2012年 主税局 課税部 法人課税指導課 事業所税係 事業所税に関する事務運営・企画や都税事務所への指導 2015年 オリンピック・パラリンピック準備局 大会準備部 開催計画課 事前キャンプ誘致に関する区市町村や各国オリンピック・パラリンピック委員会などとの調整 大会準備部は、東京2020大会を成功させるため、関係者と緊密な連携を図りながら、大会開催の準備を進めています。 私の所属する開催計画課は、大会開催に向けた計画に関する事務を所管しています。 その中で私は、課内の庶務業務を主に担当しています。 庶務業務は、給与、旅費等、職員に直接関係する業務です。 基本的な業務ですが、条例や規定を正確に理解し、適正に処理をすることが求められ、奥が深く、責任を求められる業務です。 また、期日が定められた業務も多いことから予め計画をたてて業務を行うことが大切です。 一方、6年後の開催に向けた計画の準備業務は、過去大会の資料等から情報を収集し、オリンピック・パラリンピック特有のルールを理解した上で、計画をつくる必要があります。 こちらは、前例のない業務が多く、悩むことも多くありますが、係長や先輩職員に相談しながら、意欲的に大会開催準備に取り組んでいます。

次の

住まいを失った人に「オリンピック選手村」解放を。東京都「民間事業のため難しい」

東京 都 オリンピック パラリンピック 準備 局

東京2020大会の開催準備 2013年9月7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会にて、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会の開催地が東京に決定しました。 大会開催まで1年を切り、間近に迫った大会の成功に向け、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をはじめ、日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)などのスポーツ界、国、自治体、経済界などと一体となって開催準備を進めています。 また、交通機関や飲食店などにおける多言語対応の推進、ハード・ソフト両面でのバリアフリー化やパラリンピック競技体験プログラム「NO LIMITS CHALLENGE」の都内各地での展開など、2020年の東京開催に向け、受入態勢の整備、気運醸成を行っています。 都民のスポーツ振興に関する施策の推進 都民の誰もが、いつでも、どこでも、いつまでも、それぞれの年齢や技術・興味・目的に応じてスポーツを楽しむことができる「スポーツ都市東京」を実現することが、都の目標です。 目標の達成に向け、地域スポーツの振興やスポーツイベントの開催のほか、ジュニアアスリートの発掘・育成や、社員のスポーツ活動を推進する企業の認定など、世代に応じた取組を進めています。 また、障害者スポーツの振興にも力を入れており、理解促進・普及啓発、場の確保・人材育成、競技力向上などに取り組んでいます。 このほか、新設した武蔵野の森総合スポーツプラザや東京体育館などの都立体育施設や東京都障害者スポーツセンターの運営も行っています。 東京2020大会を成功させるためには、東京都だけでなくオールジャパンで盛り上がり、日本全体が活性化していくことが重要です。 私は全国自治体調整担当として、日本全国の自治体との連携や協力を進めています。 日本全国の自治体と言っても、それぞれの状況や考え方は異なるため、各自治体のお話を伺いながら、都庁ができることを考え、日本中が2020年を楽しみに迎えられるよう、そして東京2020大会が素晴らしいレガシーを残せるよう、さまざまな取組を行っています。 また、事前キャンプの誘致も担当しており、都内区市町村や日本全国での事前キャンプ誘致が成功するよう、各国オリンピック・パラリンピック委員会などへのPRや交渉の支援も行っています。 2005年 入都 財団法人 東京都高齢者研究・福祉振興財団派遣 (福祉保健局 高齢社会対策部 施設経営課付) 東京都老人総合研究所の経理・用度事務 2006年 福祉保健局 指導監査部 指導第三課 保険医療機関指導係 病院や診療所の診療報酬に関する指導・監査事務 2007年 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 経営企画局経営企画課企画・財務係長 高齢者医療センター、高齢者医療・介護など研究所の経営事務 2010年 主税局 千代田都税事務所 事業税課 事業所税第二係 事業所税に関する税務調査 2012年 主税局 課税部 法人課税指導課 事業所税係 事業所税に関する事務運営・企画や都税事務所への指導 2015年 オリンピック・パラリンピック準備局 大会準備部 開催計画課 事前キャンプ誘致に関する区市町村や各国オリンピック・パラリンピック委員会などとの調整 大会準備部は、東京2020大会を成功させるため、関係者と緊密な連携を図りながら、大会開催の準備を進めています。 私の所属する開催計画課は、大会開催に向けた計画に関する事務を所管しています。 その中で私は、課内の庶務業務を主に担当しています。 庶務業務は、給与、旅費等、職員に直接関係する業務です。 基本的な業務ですが、条例や規定を正確に理解し、適正に処理をすることが求められ、奥が深く、責任を求められる業務です。 また、期日が定められた業務も多いことから予め計画をたてて業務を行うことが大切です。 一方、6年後の開催に向けた計画の準備業務は、過去大会の資料等から情報を収集し、オリンピック・パラリンピック特有のルールを理解した上で、計画をつくる必要があります。 こちらは、前例のない業務が多く、悩むことも多くありますが、係長や先輩職員に相談しながら、意欲的に大会開催準備に取り組んでいます。

次の