ジョジョ 名言 英語 5部。 名言・格言集(ジョジョの奇妙な冒険 第2部 戦闘潮流

ジョジョ名言・名セリフ大全集完全版!ジョジョの奇妙な冒険 │ 疾風怒濤に駆けめぐる摩訶不思議で魅力あふれるジョジョワールド全開なフレーズの数々に、テンションフルMAX間違いなし!ふるえるぞハート!燃えつきるほど名言!!ジョジョの奇妙な冒険の名言・名セリフ・名場面集。

ジョジョ 名言 英語 5部

スポンサーリンク 【ジョジョ5部】ギアッチョのスタンドは最強 暗殺チーム、6人目の刺客ギアッチョ。 ジョジョ5部では、ほとんどのキャラクターが イタリア語で食べ物の意味になっています。 ギアッチョは「氷」という意味です。 その名前の由来は彼のスタンド【ホワイト・アルバム】が氷を操るからです。 ギアッチョは、ジョジョ5部でも最強クラスのスタンドと言えます。 氷のスーツを身にまとい、ミスタの拳銃やジョルノのパンチもギアッチョには通じません。 その絶対的な防御力は、他のキャラクターを圧倒します。 ギアッチョの『根掘り葉掘り』の意味を考察 ギアッチョの初登場で『根掘り 葉掘り 聞き回る』 という言葉にキレるシーンがあります。 ギアッチョ「『根を掘る』ってのはわかる。 根っこは土の中に埋まっとるからな・・・ だが『葉掘り』って部分はどういう事だああ~~~~~っ!? 葉っぱ掘ったら、裏側へやぶれちまうじゃあねーか!」 この後、ブチ切れて車の内装をパンチしまくって破壊します。 しかし、そもそも「『根を掘る』ってのはわかる。 」という言葉も おかしいのではないでしょうか? 『土を掘る』なら分かりますけどね 笑 では、そもそも「根掘り葉掘り」の意味とはなんでしょうか? この言葉を検索してみると、 『根掘り葉掘り・・・徹底的に。 しつこくこまごまと。 』 つまり、『葉を掘って』穴が開いてやぶれても、 しつこいほど徹底的にするということですから、 何も変じゃありませんよね? 『根掘り 葉掘り』については、そんなにキレる必要は なかったのではないかと思います。 冷静に辞書を読んでから納得してほしいものですね 笑 でも、ギアッチョに共感できる部分もあります。 ヴェネツィアを英語読みでベニスと呼ぶこと。 この場合、「ベニスの商人」などですね。 日本語の例であげると、『鉄板焼き』をアメリカでは 『Hibachi(ヒバチ)』と呼ぶそうです。 「いや、それは火鉢じゃあねぇだろ?」って思ってしまいますよね? スポンサーリンク ギアッチョ戦のダメージが消えた?ミスタの傷がいつのまにか回復! ギアッチョ戦では、言葉の意味以外にも 不思議に思うことが何点かあります。 ギアッチョに遭遇する前のシーンです。 あまりの寒さにジョルノが運転していた車がスリップし、 ミスタは窓ガラスに顔をへばりつけます。 ギアッチョの【ホワイト・アルバム】により、周囲が絶対零度になっていて ミスタの顔面は窓ガラスに貼り付いてしまい、凍傷になりかけていました。 しかし、ミスタの攻撃がギアッチョに当たり、能力が解除された時 顔面の凍傷がなぜか治っているのです。 荒木先生が忘れていて何もなかったことになっているのか、 それともミスタの回復力が異常に早かったのか 笑 さらにギアッチョの技「ジェントリー・ウィープス」によって、 ミスタのピストルズが跳ね返されて頭部に銃弾が直撃するシーンについてです。 かろうじて、ジョルノのスタンド【ゴールド・エクスペリエンス】で 回復するというシーンですが、確実に銃弾は当たっているため、 「もはや手遅れなのでは?」と思ってしまいます 笑 まとめ ギアッチョは『根掘り 葉掘り』についてキレていましたが、 冷静に辞書を読めばキレずに済んだかもしれません。 そして、ミスタの頭部への傷が回復したのは謎が残りますね。 この時、ジョルノがミスタに触れたシーンも描かれていませんでした。 ジョルノの【ゴールド・エクスペリエンス】は物体に触って はじめて効果を発揮する能力です。 もしかすると、ジョルノは触らなくても傷を治せる能力があるのかもしれません。 ジョジョ5部のアニメ版でギアッチョが登場するのを楽しみにしてください! テレビ版を見逃した人は再放送を待たなくても、huluでも見れますよ。 それでは、また!.

次の

ジョジョ英語 セリフ名言紹介│第2部 戦闘潮流編

ジョジョ 名言 英語 5部

Sponsored Link 2001年のイタリア。 ディオの息子にしてジョナサンの遺伝子も受け継ぐジョルノ・ジョバァーナが、憧れのギャングとしてのし上がっていく物語! 第五部 黄金の風~VENTO AUREO~キャラクター 第五部 黄金の風~VENTO AUREO~ストーリー概要 2001年、イタリア。 ディオ・ブランドーの息子、ジョルノ・ジョバァーナは「ゴールド・エクスペリエンス」という、物質に生命を与えるスタンド能力を持っていた。 彼はいざこざからギャング団「パッショーネ」のブチャラティに狙われるが、闘いの末に互いの思いを理解すると、子供にまで麻薬を流すギャング団を壊滅させるという自らの野望をブチャラティに打ち明ける。 幼い頃、父親を麻薬が絡んだ事件で亡くしているブチャラティはその思いに共鳴し、アバッキオ、ミスタ、ナランチャ、フーゴから成る自分のチームにジョルノを引き入れる。 最初は新入りを快く思わなかった仲間たちも、ジョルノの気高い精神と実力をしだいに認めていった。 仲間との別れ、そして死・・・・・・。 ジョルノたちは崇高な理想を胸にいばらの道を歩んでいく。 ボスの娘トリッシュをボスのもとまで護衛することになったブチャラティのチームは、裏切り者たちに生命を狙われながらも無事任務を果たす。 しかしボスの目的がトリッシュを自分の手で殺害することだと知り、ブチャラティは自分の心を裏切ったボスを殺すことを決意。 ボス、ディアボロを倒すカギをローマのコロッセオで待つポルナレフから教えられたジョルノたちは、ボスのスタンド「キング・クリムゾン」の時間を消す能力と予知能力に敢然と立ち向かうのだった。 第5部裏話 最初、フーゴが仲間を裏切るという設定で、チョコラータのかわりにフーゴが登場するはずだった。 しかし作者の荒木飛呂彦が作品や登場人物への愛着などの理由から、どうしてもそれを描くことができず、結局途中でメンバーから離脱するという形がとられた(小説版では、フーゴは陰ながらみんなを助けるという話が入っている)。 ちなみに、もしフーゴが設定どおり裏切っていたら、チョコラータと同じくジョルノが彼を処刑するという展開になっていたようである。 5部が終わり、作者は思いを込めてこう言った・・・「本当にありがとう。 君たちは、苦しくつらい時に吹いてくれる『黄金の風』なのだ」.

次の

【ジョジョ第5部暗殺チーム】ギアッチョは意味を分かってる?あの名言について考察

ジョジョ 名言 英語 5部

スポンサーリンク 【ジョジョ5部】ギアッチョのスタンドは最強 暗殺チーム、6人目の刺客ギアッチョ。 ジョジョ5部では、ほとんどのキャラクターが イタリア語で食べ物の意味になっています。 ギアッチョは「氷」という意味です。 その名前の由来は彼のスタンド【ホワイト・アルバム】が氷を操るからです。 ギアッチョは、ジョジョ5部でも最強クラスのスタンドと言えます。 氷のスーツを身にまとい、ミスタの拳銃やジョルノのパンチもギアッチョには通じません。 その絶対的な防御力は、他のキャラクターを圧倒します。 ギアッチョの『根掘り葉掘り』の意味を考察 ギアッチョの初登場で『根掘り 葉掘り 聞き回る』 という言葉にキレるシーンがあります。 ギアッチョ「『根を掘る』ってのはわかる。 根っこは土の中に埋まっとるからな・・・ だが『葉掘り』って部分はどういう事だああ~~~~~っ!? 葉っぱ掘ったら、裏側へやぶれちまうじゃあねーか!」 この後、ブチ切れて車の内装をパンチしまくって破壊します。 しかし、そもそも「『根を掘る』ってのはわかる。 」という言葉も おかしいのではないでしょうか? 『土を掘る』なら分かりますけどね 笑 では、そもそも「根掘り葉掘り」の意味とはなんでしょうか? この言葉を検索してみると、 『根掘り葉掘り・・・徹底的に。 しつこくこまごまと。 』 つまり、『葉を掘って』穴が開いてやぶれても、 しつこいほど徹底的にするということですから、 何も変じゃありませんよね? 『根掘り 葉掘り』については、そんなにキレる必要は なかったのではないかと思います。 冷静に辞書を読んでから納得してほしいものですね 笑 でも、ギアッチョに共感できる部分もあります。 ヴェネツィアを英語読みでベニスと呼ぶこと。 この場合、「ベニスの商人」などですね。 日本語の例であげると、『鉄板焼き』をアメリカでは 『Hibachi(ヒバチ)』と呼ぶそうです。 「いや、それは火鉢じゃあねぇだろ?」って思ってしまいますよね? スポンサーリンク ギアッチョ戦のダメージが消えた?ミスタの傷がいつのまにか回復! ギアッチョ戦では、言葉の意味以外にも 不思議に思うことが何点かあります。 ギアッチョに遭遇する前のシーンです。 あまりの寒さにジョルノが運転していた車がスリップし、 ミスタは窓ガラスに顔をへばりつけます。 ギアッチョの【ホワイト・アルバム】により、周囲が絶対零度になっていて ミスタの顔面は窓ガラスに貼り付いてしまい、凍傷になりかけていました。 しかし、ミスタの攻撃がギアッチョに当たり、能力が解除された時 顔面の凍傷がなぜか治っているのです。 荒木先生が忘れていて何もなかったことになっているのか、 それともミスタの回復力が異常に早かったのか 笑 さらにギアッチョの技「ジェントリー・ウィープス」によって、 ミスタのピストルズが跳ね返されて頭部に銃弾が直撃するシーンについてです。 かろうじて、ジョルノのスタンド【ゴールド・エクスペリエンス】で 回復するというシーンですが、確実に銃弾は当たっているため、 「もはや手遅れなのでは?」と思ってしまいます 笑 まとめ ギアッチョは『根掘り 葉掘り』についてキレていましたが、 冷静に辞書を読めばキレずに済んだかもしれません。 そして、ミスタの頭部への傷が回復したのは謎が残りますね。 この時、ジョルノがミスタに触れたシーンも描かれていませんでした。 ジョルノの【ゴールド・エクスペリエンス】は物体に触って はじめて効果を発揮する能力です。 もしかすると、ジョルノは触らなくても傷を治せる能力があるのかもしれません。 ジョジョ5部のアニメ版でギアッチョが登場するのを楽しみにしてください! テレビ版を見逃した人は再放送を待たなくても、huluでも見れますよ。 それでは、また!.

次の