スズキ キャリイ。 キャリイ(スズキ)の中古車

スズキ スーパーキャリイ vs ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ どっちが買い!?徹底比較

スズキ キャリイ

スズキのトラック型軽自動車、「キャリイトラック」。 39年連続で、トラック車名別の年間販売台数の第一位を記録した。 2010年には合計400万台の販売台数を達成している。 2013年にはグッドデザイン賞も受賞。 中古車は幅広い価格帯で流通しており、相場は80万円前後。 ゆとりのある広々とした快適な室内幅や、積み込みや積み降ろしが容易な大きな荷台が特徴である。 小回りに強い軽トラックで、サビ対策も徹底されている。 シフトチェンジのタイミングを最適化することで、変速ショックを軽減しているため、軽トラックでも低燃費を実現した。 クラッチの操作が必要ないため、AT限定免許のみでも運転でき、加速したいときなどにはマニュアルモードへ変えることもできる。 また坂道での発車でも車両が後退しない機能のヒルホールドコントロールを装備している点も特徴。 エンジンの回転数の抑制することによって、比較的静かに高速道路を走行可能。 特に荒れた道でも、力強い走行性能を維持できる車である。 スズキのワンボックス型の軽自動車であり「キャリイトラック」の姉妹車でもある「エブリイ」と比べると、「キャリイトラック」の方が燃費は良く、よりスポーティなサウンドであることが評価されている。 エリアから探す - キャリイトラック FC スズキ の中古車.

次の

キャリイトラック(スズキ)の中古車を探すなら【グーネット中古車】

スズキ キャリイ

詳細条件• ディーラー車• 左ハンドル ミッション/駆動系/乗車人数• 8名 エンジン種別• ハイブリッド• ディーゼル オプション• サンルーフ• ターボチャージャー• 革シート• 全周囲カメラ• スマートキー• DVDナビ• CDナビ• 後席モニター• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• シートヒーター• 3列シート• 電動リアゲート• アイドリングストップ• ボディタイプ• バン・商用車• トラック• ハードトップ• ボンネットバン• バス 価格帯• 5万円以下• 10万円以下• 15万円以下• 20万円以下• 25万円以下• 30万円以下• 35万円以下• 40万円以下• 45万円以下• 50万円以下• 200万円~250万円 基本装備• キーレス• スマートキー• パワーステアリング• パワーウィンドウ• ETC• ETC2. エアコン• Wエアコン• 盗難防止装置• ダウンヒルアシストコントロール• ドライブレコーダー• センターデフロック• 電動格納ミラー• アイドリングストップ• 電動リアゲート• クリーンディーゼル 内装• 革シート• ウォークスルー• パワーシート• オットマン• ベンチシート• シートヒーター• フルフラットシート• シートエアコン• 3列シート• ハーフレザーシート• チップアップシート• 電動格納サードシート 外装• LEDヘッドランプ• HID(キセノンライト)• フルエアロ• アルミホイール• リフトアップ• ローダウン• サンルーフ• ランフラットタイヤ• ルーフレール• エアサスペンション• ヘッドライトウォッシャー 安全装置• 運転席エアバッグ• 助手席エアバッグ• サイドエアバッグ• ABS• 横滑り防止装置• 衝突安全ボディ• 衝突被害軽減システム• クリアランスソナー• オートマチックハイビーム• オートライト• 頸部衝撃緩和ヘッドレスト カメラ• フロントカメラ• バックカメラ• サイドカメラ• 全周囲カメラ カーナビ• HDDナビ• DVDナビ• CDナビ• メモリーナビ• ポータブルナビ• SDナビ TV• TV フルセグ• TV ワンセグ• 後席モニター オーディオ• ミュージックプレイヤー接続可• ミュージックサーバー• カセット 動画プレイヤー• ブルーレイ再生• DVD再生 AV機器• Bluetooth接続• USB入力端子• 100V電源 自動運転• オートクルーズコントロール• アダプティブクルーズコントロール• レーンアシスト• 自動駐車システム• パークアシスト 過給器• ターボチャージャー• スーパーチャージャー 国内•

次の

スズキ スーパーキャリイ vs ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ どっちが買い!?徹底比較

スズキ キャリイ

ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は1900mm前後と短く、現行軽トラックは全車の最小回転半径が3. 6mに収まる(2WD)。 そのためにハンドルを一杯に回して旋回すると、車両がターンテーブルの上で回転しているような感覚になる。 これは人が「回れ右」をするのに似ていて、やはり一体感を高める要素となる。 ホイールベースを短く抑えるために、前輪が前席の下に配置されることも一体感の秘訣だ。 ハンドルを回すと体が横方向に動きながら旋回状態に入る。 加減速でピッチング(車体が前後方向に傾くこと)が生じた時も、体が上下に揺すられて動きが分かりやすい。 このように軽トラックは「人馬一体」の象徴で、運転する醍醐味を味わえる。 車種の数が減少。 日本で販売されている軽トラックは実質的にわずか3車種のみ ただし薄利多売の商品だから、車種の数は以前に比べると大幅に減った。 スズキキャリイは、日産/マツダ/三菱にOEM供給されて合計4メーカーが扱う。 ダイハツハイゼットトラックは、トヨタとスバルに供給されて3メーカーが売る。 そうなると残りの1メーカーは、OEM関係を結ばないホンダで、アクティトラックがある。 実質的にわずか3車種だ。 そして2018年5月には、スズキ キャリイが改良を受けてスーパーキャリイを設定した。 車内の上側を後方へ460mm張り出させ、標準ボディには装着されない最大40度のリクライニング機能を備える。 運転席のスライド量も標準ボディは140mmだが、スーパーキャリイは180mmと長い。 その一方で車内の下側は狭まって標準ボディと同程度だから、下側に位置する荷台の奥行は標準ボディと同様に長い。 脚立のような薄型の荷物であれば、長くても積むことが可能だ。 逆にコンテナのような箱型の大きな荷物は、標準ボディでないと積載できない。 スーパーキャリイは、外観もユーモラスで面白い。 ライバル車のダイハツ ハイゼットトラックは、以前から同様のタイプとしてジャンボを設定していた。 2018年5月にはキャリイと同様に改良を受け、緊急自動ブレーキを作動できるスマートアシストIIItを新採用した。 そこで今回はスーパーキャリイXと、ハイゼットトラックジャンボSAIIItを比べてみよう。 スズキ スーパーキャリイ vs ダイハツ ハイゼットトラックジャンボ|動力性能&エンジンフィーリング比較 動力性能はスーパーキャリイが勝る。 実用回転域の駆動力に余裕があるからだ。 ハイゼットトラックジャンボは、スーパーキャリイに比べると、アクセルペダルを深く踏み込む機会が多い。 動力性能を見ても、スーパーキャリイは最高出力が50馬力(5700回転)、最大トルクは6. 4kg-m(3500回転)となる。 ハイゼットトラックジャンボは53馬力(7200回転)・6. 1kg-m(4000回転)だから、スーパーキャリイは頻繁に使う回転域で高いトルクを発生している。 その半面、エンジンノイズはスーパーキャリイが少し耳障りだ。 *勝者: スーパーキャリイ ハイゼットトラックジャンボは、先に述べたように2018年5月にスマートアシストIIItを採用した。 2個のカメラをセンサーに使うことで、時速50kmを上限に、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。 車両に対する衝突防止の警報は、時速100kmが上限だ。 カメラを使うので、車線逸脱の警報も可能とする。 スーパーキャリイには、カメラや赤外線レーザーなどを使う緊急自動ブレーキは用意されない。 しかし音波センサーは備わり、3m以内の障害物を検知する前後方向の誤発進抑制機能を採用した。 前後に障害物がある状態で、DレンジやRレンジにシフトしてアクセルペダルを深く踏み込むと、エンジン出力を自動的に絞って衝突被害を軽減させる。 *勝者: ハイゼットトラックジャンボ スーパーキャリイは、動力性能、カーブを曲がる時の安定性、機敏な運転感覚などが特徴だ。 大げさにいえば、スポーティカー風と表現できるだろう。 ハイゼットトラックジャンボは、乗り心地がリラックスできて、シートの座り心地も快適だ。 オプションで内装をグレードアップすることもできるから、価値観がセダン風と受け取られた。 つまり両車とも一長一短だが、運転して良いクルマと感じたのは、快適性の高いハイゼットトラックジャンボだった。 ただし外観は、室内空間の上側を大きく拡大したスーパーキャリイの方が、ピックアップトラックに見られるキングキャブとかエクストラキャブ風でカッコイイ。 見栄えの好みによっても選択が変わりそうだ。 *勝者: ハイゼットトラックジャンボ [TEXT:渡辺 陽一郎/PHOTO:和田 清志].

次の