新盆 香典返し。 香典返しのマナー、相場、品物、お礼状などのまとめ[引き物ドットコム]

初盆ののしの表書きはどうする?お供え物とお返しを包むのしも解説!|終活ねっとのお坊さん

新盆 香典返し

遺族、親族、故人と得に親しかった方には、 初盆の法要のあと食事の席を設けてもてなすことがお返しとなります。 また、 香典を頂いたお返しとして引き出物も用意します。 ・会食は行わなくても失礼にはあたりません。 その場合は法要のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。 お返しとして用意する引き出物ののし・のし紙 ・お返しとして用意する引き出物ののしの表書きは「志」「初盆志」「御初盆志」「新盆志」「御新盆志」「初盆供養」「新盆供養」となります。 なお、この時に渡した引き出物よりも頂いた香典があまりにも多かった場合には、別途お礼の品を送ることがあります。 初盆のお返しは必要か? ・香典を頂いた方には必ずお返しをします。 お招きした方(案内状を出した方や、初盆法要について知らせた方)の分はお返しを用意します。 数は少し余分に用意しておきましょう。 香典の額が予期した額よりも多かった場合には上述のように別途御礼の品を追加で後から送ることがあります。 引き出物の品物(お返しの品) ・食品(調味料やお菓子など)や洗剤などの消えものが良く用いられます。 定番の人気商品としては海苔、お茶、お盆の季節に合ったものとしてそうめんや水菓子(ゼリーや水ようかん)などがありますが、最近は高額な品物の場合のお返しとしてカタログギフトも用いられるようです。 初盆のお返しはいつまでに?お返し時期はいつまで? ・初盆の法要に参列された方や(もし初盆法要に続いて会食が行われた場合には)会食に出席された方にはお返しとして引出物をお持ち帰りいただきます。 ・遠方から香典を送られた方へのお返し、あるいは思いがけず高額の香典を頂戴し、用意した引出物では失礼にあたる方へのお返し・返礼品などはなるべく早く手配します。 時期はできるだけ早い方が良いのですが、遅くとも初盆法要から二週間以内くらいをめどに先方に届くようにして下さい。 品物はお礼状を添えて送ります。 お礼状の文例はこのページの下の方で紹介します。 (2)特別な決まりはあるの? ・故人の名前を必ず入れます。 ・文中に句読点「、」や「。 」は用いません。 ・参列して頂いたお礼や、香典やお供物を頂いたお礼を必ず入れます。 (3)いつ頃出すの? 初盆の法要の参列者には、引き出物にお礼状を添えて初盆の法要の当日にお渡しすることもあります。 参列しなかった相手に送る時には、お盆が過ぎたらなるべく早く(遅くとも月末までには)投函するようにします。 七月盆の地域は7月末までに。 八月盆の地域は8月末までに。 (4)差出人の名前を必ず入れます。 差出人が施主個人となる場合が大半です。 フルネームを入れます。

次の

初盆(新盆)のお布施・お返し・香典返し・お供えの相場金額を解説!|終活ねっとのお坊さん

新盆 香典返し

お盆は年に一度、先祖の霊が家族の元へ帰ってくるとされていて、 先祖を供養する大切な行事です。 その中でも 「初盆」は、 故人が亡くなって初めてのお盆なので、丁寧に供養を行います。 遺族はもちろん、故人と縁があった友人などを招いて法要を行い、 その後会食の席を設けることが多いです。 (大半は親族が中心ですが・・・) 初盆では、招いた親族からお供えを戴きます。 当然、そのお返しについて考えなければならないですよね。 初盆なんて、始めてで戸惑うことばかりで、 大変な思いをされてる方も多いと思います。 ここでは、初盆の香典のお返しのマナー、おすすめの品物と金額の相場、 熨斗の書き方などについてお伝えしていきます。 ・タオル類やシーツ ・お茶 ・せっけん ・砂糖、 ・洗剤などの日常消耗品が多いですが、 あと、季節に合わせて ・そうめん ・水羊羹 ・ゼリー など季節に合ったものを用意される方が多いです。 例えば、法要に不参加の親戚の方から 20,000円いただいた場合、 10,000円程度の品物をお返しするのが一般的な慣習になっています。 お返しの品物としては季節感のある商品やカタログギフトなどが良いでしょう。 できれば贈る方も、頂戴する方もお互い負担にならないよう、 相場金額を決めておくのが一番いいですね。 又、遠方の親戚・知人から香典が届いた場合は、 電話で「ありがとうございます」の一言を伝えると相手に良い印象を与えます。 筆不精でなければ、季節の挨拶を兼ねてお礼の手紙を出すのもいいでしょう。 スポンサーリンク その後、何をお返しするか、ゆっくりと相手の状況を想像しながら、 贈るものを決めていけばいいと思います。 何をするにしても、気持ちが伝わることが大事ですから。。 しかし、慣習によって香典返しは「不要」なところもあるようですが、 「気が利かない」と思われるケースも有るので、 やんわりと、香典返しをした方が良い場合も多くあります。 初盆の香典お返しは、各地方の慣習や、 そのご家庭の方針があると思いますので、そちらを最優先に考えられた方が、 後々のトラブルになりませんのでご家庭でしっかりと確認をして、 香典お返しをするか、しないかは決定して下さい 初盆の香典返しの金額は幾らが相場? では、初盆(新盆)の香典返しの相場金額はいくらなのでしょうか? 初盆のお供えのお返しは、 いただいた金額の半額程度が一般常識となります。 通常、いただく金額は、5,000円~10,000円が多いようです。 初盆にお参りして頂いた方に、お返しとして持ち帰っていただく場合は、 2,500円~5,000円くらいの品物を事前に用意しておくと良いでしょう。 後日お供えをいただき、お返しを用意する場合も、半額を目安にします。 お返しは、地域によって様々です。 慣習などが根強く浸透している地域は、 恥をかかないためにも事前に良く調べてからお返ししましょう。 初盆の香典のお返し、熨斗の書き方は? 香典返しの熨斗の表書きとしては、さまざまな種類があります。 表書きは「満中陰志」 水引は「黄白の水引」 を用いることもあるようです。 蓮入りは仏教全般に使用され、蓮の絵のないものは宗教問わず使用されます。 黄白水引は神道やキリスト教、主に大阪や京都などの関西地区で使用されています。 自分のお住まいの地域の風習を確認しておくとよいでしょう。 まとめ 新盆の香典についてご紹介しましたが、 これらはあくまで目安ですので最終的には、 ご親族の間での相場金額や、 ご家庭の経済的な事情などを考慮して無理のない金額をお供えしましょう。 経済的な事情とは、生活に支障をきたさない金額。 あなたの精一杯の志でよいのではないでしょうか? 大切なの新盆にお参りされること。 一周忌にお参りされることです。 故人を偲んで無事新盆を過ごされてくださいね。

次の

初盆・新盆のお返し品とは?初盆のお礼状・挨拶状の種類と書き方

新盆 香典返し

目次 初盆のお返し・粗供養・引き出物について。 2020年初盆のお返し・粗供養品・引き出物・贈り物を準備(香典(ご仏前)・お供え・提燈代・お線香などのお返し) 初盆・新盆お返し人気商品(返品可) 【初盆のお返しの説明】 初盆(新盆)とは、 初盆(はつぼん)新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎてからはじめて迎えるお盆 (8月13日~15日、16日お盆明け)のことをさします。 お盆の時期にまだ忌明け(49日法要)が済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行われます。 2020年(令和2年)のお盆は 7月13日(月)~7月16日(木) または、 8月13日(木)~8月16日(日) の期間です。 <旧暦でお盆を行う地域>時期 7月13~15日頃 東京・横浜を中心とする首都圏・静岡県一部・沖縄を含む南西諸島 <新暦でお盆を行う地域>時期 8月13~15日頃 北海道・東北地方・甲信越地域 ・関西・近畿・中国・四国・九州地方 初盆のお返しの品・引き出物とは? 初盆のお返しというのは、お盆期間中にお香典(御仏前)、お供え、線香代・提灯代などを、頂いたときのお返しのこと。 親戚や知人など焼香にお参りに来られるお客様に、手土産・引出物 (志・初盆志・新盆志として)を準備しましょう。 初盆のときの法要返礼品には、手土産の品・引出物(粗供養・志として)を準備しましょう。 初盆のお返し品・贈り物とは何を贈るのがいいの? 最近は、「そうめん」がダントツ人気です。 (日持ちしますし、夏に最適だからです。 ) 食品(調味料やお菓子など)や洗剤など、消えてなくなるものが良く用いられます。 ・定番の人気商品としては海苔やお茶、お盆の時期に合ったものとしてそうめんや簡単にすぐ食べられる水菓子(ゼリーや水ようかん)などがありますが、最近は高額な品物の場合のお返しとしてカタログギフトも用いる場合がございます。 新盆のお返しや返礼品は予算・相場はどれくらい?時期は? 引き出物の相場は、一般的には 頂いた額の半分~3分の1程度が目安であり、もしそれ以上の高額であった場合は、別途後日お礼の品(お礼状を添えて)をお送りするとよいでしょう。 【初盆お返し・引き出物の品の相場】 (法要なしで、お供えに来てくれる近所の方や知人の方の場合) 香典の相場は、一般に2000円~5000円。 用意してなかった場合は後日、お盆が終ってから発送で大丈夫です。 (神式の新盆のお返し品も、同じくそうめん、洗剤、食品などが多いです。 ) 初盆のお返しのお礼状。 (お礼・感謝がより丁寧に伝わります) お買い上げの商品にサービスでお付けできます。 初盆返しの品物の用意する数の目安は? ご葬儀会葬者(会葬御礼の品)のの3分の1程度がよろしいのではと言われております。 もちろん地域性やご家庭差はありますし、最近では家族葬も増えてきてますので4分の1程度よかったとも言われています。 ただ後で足りなかったということのないようにご準備くださいませ。 なお、 新盆・初盆用返品可能商品(ご注文数の20%程度まで可能・50個ご注文時10個程度)からご注文いただければそのような心配もなくなりますので、お勧めです。 返品は可能か?返礼品の準備をはじめる。 お盆に来てくださる方の数が読めない為、返品可能商品をお勧め致します。 ギフト館ふじむら EC事業部 香川県丸亀市田村町402-1 電話 0877-85-3606 FAX 0877-85-5010 メール support gift-f. ご了承くださいませ。 一緒によく見られるページ このページは、こんな方にお勧め ・今年初盆(新盆)である。 ・初盆のお返し(引き出物・初盆返礼品)をまとまった数用意しなくてはいけない。 ・初盆のお返し(お盆のお供えのお返し)を通販で買いたい。 ・返礼品のお礼品の数が読めない。 (初盆後に返品できる商品がある) 初盆・新盆の豆知識 お盆は、正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、先祖の霊が戻ってくるとされています。 一般には7月13日がお盆の入り、お盆の明けは16日とされていますが、地方によっては旧暦で数え、月遅れの8月13日から16日に行うところが多いようです。 但し、初盆が迎えられるのは忌明けのあとからなので、忌明け前にお盆がきたときには、翌年が初盆となるという決まりごとがあります。 四十九日の法要が済むまでは「忌明け前」にあたり、家族が迎えてあげようにも、まだこの世とあの世の間にいると考えられているからです。 この白張提灯は1回きりで、終わったら燃やします。 ただ現在はそれができないので、きれいな紙につつんでゴミと一緒に出すか、寺のおたきあげのときに持っていって燃やしてもらいます。 お返し、引き出物について ゆかりの人を招いて法要を行う際、読経のあとに精進料理などでおもてなしを行うことが通例です。 これがお供えなどをいただいた方へのお返しとなります。 このほか、持ち帰っていただく「引き物」を用意すると丁寧です。 このほか親戚や、近所の人から供え物をいただいたときや、焼香に来ていただいた方へも同様に引き出物をお渡しするようにしましょう。 また、初盆のお供え物の相場は5,000~10,000円程度が一般的です。 なお、初盆・新盆の表書きには、「御ちょうちん代」「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書きます。 果物やお菓子などを供える場合には、「御供」と書くのがよいでしょう。 食品(調味料やお菓子など)や洗剤などの消えものが良く用いられます。 定番の人気商品としては海苔、お茶、お盆の季節に合ったものとしてそうめんや水菓子(ゼリーや水ようかん)などがありますが、最近は高額な品物の場合のお返しとしてカタログギフトも用いられるようです。 初盆のお返しQ&A・お客様から頂いたご質問。 Q.新盆に適した品物が分かりません。 人気の商品は何でしょうか? A.最近では、初盆の引き物も多種多様となってきていますが、当店では夏の時期でもあり、そうめんが一番人気です。 美味しいもので日持ちするのと食べてなくなるのが人気の理由です。 その他、定番品で調味料ギフトやお茶や海苔のセット、ほかには洗剤やタオルなどをご注文頂いております。 Q.商品が届くまで何日ぐらいかかりますか? A.はい。 なるべく早くお届けできるように努力しますが、通常は4〜5日程度です。 お急ぎの場合などは電話にてご連絡ください。 出来る限り対応させて頂きます。 また、ご予約のご注文いただき、指定日にご自宅にお届けすることも可能です。 Q.手提げ袋は少し大きめのものを用意してもらえますか? A.可能です。 当店の品物のほかに、お盆になにか一緒にお返しを渡したい、などのご要望にも対応できるようにしております。 手提げ袋はご連絡いただければ大きめのサイズを同梱させていただきますので、お気軽にお申しつけください。 Q.初盆・新盆用のあいさつ状は、返品対象商品以外の商品にも付けることはできますか? A.可能です。 初盆のあいさつ状特典は当店の全商品に対象となっております。 ぜひご利用くださいませ。 また、ネットでの指定方法は、レジ画面で「ご要望」や「備考」欄に、「初盆あいさつ状状希望」とご記入下さい。 Q.のし紙の表書きは希望どおりにできますか? A.はい、可能です。 通常は「志」や「初盆志」でご用意しますが、その他「新盆粗供養」「初盆会」などご希望があればそのように対応致します。 また、お名前もフルネームにしたい、連名で作りたいなど、ご連絡ください。 Q.のし紙は内のしですか?外のしですか? A.はい。 通常当店では内のし(商品にのし紙を貼り、その上から包装する)でご用意、お届けしております。 もし外のし(包装後にのし紙を貼る、外から見える)をご希望の場合はご連絡ください。 もちろん対応させていただきます。 Q.初盆のお返し・引き出物の注文数はどれくらいがよいのでしょうか? A.一般的には葬儀の際にご用意したお返し物の数の3分の1程度がよろしいのではと言われております。 もちろん地域性や個人差はありますので少なかった、ということのないようにご準備くださいませ。 昨今の新型コロナの影響により、ご葬儀には出席できなかったが、初盆・新盆のお参りはしたいと希望される方もいらっしゃいます。 なお、返品可能商品をご注文いただければそのような心配もなくなりますので、お勧めしております。 Q.寺の檀家に初盆・新盆時にお供えの返礼品として渡したい数が多いが対応は可能か? A.対応可能です。 全国の寺院様より毎年ご注文頂いております。 その他、ご相談・ご質問などございましたら何なりとご連絡ください。 【お問合せ】ギフト館ふじむら EC事業部 香川県丸亀市田村町402-1 電話 0877-85-3606 FAX 0877-85-5010 メール support gift-f.

次の