自作 pc 構成。 【2019年版】自作PCおすすめ構成・目的別!静音&冷却編|ZOAブログ

自作パソコンのパーツ パソコン初心者講座

自作 pc 構成

PCケースは主にATX型とMicroATX型に大別されます。 ミドルタワーと ミニタワーともいいます。 このどちらにするかによって、電源とマザーボードが決まってきます。 PCケースをミドルタワーにした場合、マザーボードは ATXとMicroATXのどちらでも使用することができるのが一般的です。 ミニタワーのケースを選択した場合、マザーボードは MicroATXを使用することになります。 またPCケースには初めから電源が付いているものと付いていないものがあります。 電源が付いていないケースは、別途電源を用意する必要があります。 PCケースは、内部の空間の広さや拡張性もあるミドルタワーのほうが人気があります。 またミニタワーよりミドルタワーのほうが、ケースの種類が多く価格が安い、組み立てやすいという点があげられます。 電源 マザーボードは、 ATXか MicroATXに大別されます。 ケースがミドルタワーなら、一般的にどちらのマザーボードでも選択できます。 ケースがミニタワーなら、MicroATXのマザーボードを選びます。 大きさが決まったら、次は Intel用のマザーボードか AMD用のマザーボードの選択になります。 搭載するCPUがIntel社製かAMD社製かによって、マザーボードも必ずこの2種類に分かれます。 Intel製のCPUを搭載するなら、Intel用のマザーボード、AMD社製にするならAMD用のマザーボードを使用することになります。 また、Intel用のマザーボードといっても、すべてのIntelのCPUが適合するわけではありません。 ある程度、型式が決まっています。 CPUソケットと呼ばれるものです。 マザーボード選びはCPU選びと平行して行うことになります。 CPU CPUはマザーボードに対応したものを選びます。 Intel製チップセット搭載のマザーボードならIntelのCPU、AMD社製チップセット搭載のマザーボードならならAMDのCPUを選びます。 CPUは、マザーボードとCPUソケットが一致するものを選びます。 例えば、マザーボードがLGA1150なら CPUもLGA1150のものにします。 ただソケットが一致しても対応していないこともあるため、 マザーボードの対応CPUを必ず確認するというのが一般的な方法です。 またグラフィック機能の有無も確認が必要です。 グラフィック機能のないCPUは、別途グラフィックボードが必要になります。 自作パソコンにおいては、CPUの性能や価格差が大きいため、まずは、どのCPUにするか選び 次にマザーボードを選ぶ、あるいは、マザーボードとCPUを並行して検討するということから始まります。 メモリー SSDは、システムドライブ(OSをインストールするドライブ)として主流となりつつあります。 接続タイプは ハードディスクと同様 SATAです。 動作速度や使用感がハードディスクより格段に優れています。 そのため、特別な理由がない限り、システムドライブには ハードディスクではなくSSDにするのが一般的です。 自作パソコンの雑誌などでも、システムドライブは ほぼSSDを使って解説されています。 SSDには、SATAの他に M. 2スロットに対応したNVMe SSDもあります。 近年のマザーボードは、M. 2スロットをほぼ標準で搭載しているため、SATAではなく M. 2スロットを使うこともできます。 ハードディスク ハードディスクは接続タイプにIDEとSATAがありますが、現在の主流は SATAです。 ハードディスクはSATAタイプを選択します。 ハードディスの容量は、500GB、1TB、2TB、3TB、4TBなどです。 基本的にマザーボードにはどの容量、どのメーカーのハードディスクでも付けることができます。 近年はSSDの登場により ハードディスクはシステムドライブとしてではなく セカンドドライブ・データドライブとしての役割が増えてきています。 そのためSSDをシステムドライブとするなら、パソコン自作の段階では必須ではないということになります。 データ保存先の確保など ハードディスクは後から増設することの多い代表的なパーツです。 光学ドライブ グラフィックボードは ビデオカードともいいます。 自作パソコンにおいては必ずしも必須のパーツというわけではありません。 どういうときにグラフィックボードが使用するかというと、マルチディスプレイ、動画編集、処理の重い3Dゲーム、3D描画などを行いたいときです。 また、CPUがグラフィック機能を内蔵していない場合も必要となります。 サンディーブリッジという内蔵グラフィックを搭載したCPUが登場して以降、ATXもMicroATXのマザーボードも出力端子を複数もつものが一般的となっており、CPU内蔵グラフィックでマルチディスプレイも可能です。 通常のゲームやWeb閲覧・動画視聴という使用用途ならグラフィックボードを増設する必要は特にないでしょう。 OS 基本的な構成をまとめると、自作パソコンは以下のようなハードウェアで構成されていると考えることができます。 この構成にグラフィックボードを追加することがあります。 HDD・SSDのストレージに、基本ソフトウェアのOSがインストールされます。 コンピューターの機能として考えると、ディスプレイは 出力、マウス・キーボードは 入力を担っています。 ディスプレイとマウスは、パソコン本体とインターフェースで接続されており、周辺機器として考えます。 マザーボードには BIOSプログラムが内蔵されています。 なお、BIOSは後継のになっています。 UEFI BIOSということもあります。 他に必要であればスピーカー、内蔵のカードリーダー、データ用のハードディスク、サウンドカードなどを追加します。 後で必要となってきやすいものとしては、音声出力のがあげられます。 基本的なパーツ構成は、自作パソコンだけではなく、ほぼすべてのパソコンにいえることです。 メーカー製パソコンでも、ノートパソコンでもデザインは異なりますが構成しているパソコンパーツの種類や役割はほぼ同じです。 性能 パソコンパーツは、そのひとつを見ても さらに性能によって分けることができます。 この性能が特に関係しているパーツとしては、マザーボード、CPU、グラフィックボードになります。 マザーボードは、の性能になります。 例えばIntelであれば、300シリーズというチップセットがあり、同じ世代でも H310、B360、H370、Z370、Z390などに分かれます。 チップセットは同一世代の場合、仮に同じCPUやメモリー、SSDを取り付ければ、それほど体感的に大きな差が出るということがありませんが、パーツの拡張性やスロットの最大転送速度などに違いが出ることがあります。 CPUは、IntelならCeleron、Pentium、Core i3、i5、i7などです。 CPUはブランド名や型番が段階的になっているため グレードという言葉が使われることがあります。 またグラフィックボードは、NVIDIAなら GT1030、GTX1050Ti、GTX1650のように分かれ、GPUの性能が異なります。 グラフィックボードでは、性能の指標として以下の言葉がよく用いられます。 ローエンド・・最も性能の低い、低価格な製品群• ミドルレンジ・・性能と価格のバランスをとった中堅クラスの製品群• ハイエンド・・高機能・高性能でやや上級者むけの製品群 ハイエンドという言葉は、性能が高いという意味で CPUやマザボードなどでも使われます。 特にCPUとグラフィックボードは、性能と価格がほぼ 相関しているため、パーツ選択時はどの型番にするか検討することが多くなります。 エントリークラス パソコンやパソコンパーツには、ゲーミングという言葉が形容されていることがあります。 メーカー製パソコンやBTOパソコンで、ゲーミングPCというときは、ほぼグラフィックボードを搭載しています。 ノートパソコンの場合は、CPUの内蔵グラフィックの性能が高い、あるいはCPUとは別に グラフィックチップを搭載していることがほとんどです。 パソコンパーツでは主に、ゲーミングマザーボード、ゲーミング用メモリーといわれるものがあります。 これらは、概ね負荷が高くても継続して操作できるなど堅牢な作りになっている傾向があります。 また他に、ゲーミングモニターというディスプレイは応答速度が速い、ゲーミングマウス・キーボードは、頻繁な入力や操作に対応していたり、細かい制御が可能であったりします。 このようなゲーミングと名のつくものは、確かにゲームに対応していたり、光を発したり、デザインが独特なものが多いのですが、必ずしもゲームだけに特化しているというわけではなく、3Dなどの描画ができる、堅牢性・耐久性があると考えることもできます。 ドライバ OS上でパソコンパーツを正常に動作させるためには が必要になります。 ドライバが必要なものは、マザーボードとグラフィックボードです。 マザーボードは、ボード上にチップセット、LAN、オーディオなど様々な回路・機能が集積しています。 これらを有効にするためにはドライバが必要です。 またグラフィックボードも、性能を適切に発揮させるためには、ドライバをインストールする必要があります。 マザーボードとグラフィックボードは、製品とともに ドライバディスクが同梱されています。 ドライバディスクにはユーティリティソフトなども付属しています。 また、Web上ではそれぞれのメーカーが最新のドライバを公開しているためダウンロードして使うことができます。 グラフィックボードの場合は、グラフィックボードのメーカーの他、GPUのメーカーであるNVIDIAとAMDでもドライバが提供されています。 ファームウェア パソコンパーツには、が搭載されています。 ファームウェアというのは、パソコンパーツの基本的な制御を行う ROMに搭載されているプログラムです。 パソコンパーツの中で、ファームウェアが搭載されており かつ更新のあるものは、主にマザーボード、SSD、ハードディスク、光学ドライブになります。 マザーボードのファームウェアは、BIOSやUEFIといわれます。 しばしば更新、 アップデートすることがあります。 SSDもファームウェアの更新があります。 HDDや光学ドライブは少ない、稀にしかないといえます。 ファームウェアの更新をするかどうかは、ユーザーの判断になります。 しかし更新しないと問題が解決されないということもあります。 更新情報は、メーカーがWebサイトやユーティリティソフトを通じて知らせています。 付属品 パソコンパーツにはそれぞれ付属品があります。 PCケースには、インチネジやミリネジ、スペーサー、ケースカバーのネジなど概ね揃っており、インチネジとミリネジは組み立てに支障がないようやや多めに入っている傾向があります。 そのため、PCケースに付属しているインチネジやミリネジで、概ねすべてのパーツの組み立ては可能です。 唯一不足することがあるのが、です。 PCケースに付属していることもありますが、付属していないことが多くなっています。 PCケースは、Webサイトなどでも付属品の種類をほとんど明示していないため、購入後までは分からないというのもあります。 マザーボードのスピーカーは、通常起動時にピッとなったり、異常時にビープ音を鳴らしたりします。 スピーカーはなくても、組み立てに支障はありませんが、トラブルが生じた際は手がかりになります。 音があったほうが安心するなど、ほとんど好みの問題にもなりますが、必要か不必要かというのはユーザーの判断になります。 またSSDを3. 5インチベイに組み込む場合は、変換マウンタが必要です。 ただPCケースによっては、2. 5インチ SSD用の取り付け場所などを確保していることが多くなっています。 他に必要となるのは、や静電気防止手袋などになります。 サイドバー.

次の

トレーダーの方必見!トレーディング自作PC構成を考えてみた

自作 pc 構成

・CPU ・CPUファン ・マザーボード ・グラフィックボード ・メモリ ・SSD ・PC電源 ・PCケース これだけのPCパーツがあれば自作PCを作れてしまいます。 (今回はモニター、マウス、キーボードなどは対象外です。 自作PC界隈では価格に含まれないことが多いです。 この記事を書いている現在、すでにオンライン販売はどこも在庫切れになっていました。 コスパ最高製品です。 次点でが候補に挙がります。 こちらも高コスパで話題の製品です。 CPUファン CPUを冷やすためのファンです。 CPUは負荷がかかると発熱するため、CPUを冷やす役割を担います。 RyzenにはCPUクーラーがついているので、そちらを利用します。 マザーボード ASRockのチップセットB450, サイズはmicro ATXにしました。 この価格帯の自作PCであれば、拡張性よりもコンパクトさ優先でいいと思います。 8,000円台ということで廉価版のマザボです。 最低限の機能はついているので、5万円でPCを組むのには十分です。 B450でいうと同じくASRockのもおすすめです。 1万円くらいで購入できます。 グラフィックボード 今回、一番の悩みどころがグラボでした。 いろいろと調べていて、ネットサーフィンメインでもしかしたら今後ゲームもするかも…的な立ち位置のPCを検討していたので、価格重視でGT1030の選択です。 本当はにしたかったのですが、価格が2倍ほど変わってしまうので、現役で使えるレベルの最安を狙ってGT1030としました。 メモリ 最近はメモリをたくさん使うアプリ等も出てきているため、8GBではなく16GBのメモリを採用しています。 もっと安く自作PCを作りたいという人は8GBでも十分動きます。 ADATAのメモリにしたのは価格です。 メモリは相性問題とかよく言われていますが、よくわからないのでとりあえず安くてそこそこ評判がいいものを選べば問題ないと思います。 個人的なおすすめはです。 価格差はあまりありませんが、メモリの熱を逃すためのヒートスプレッダーがついています。 そしてかっこいいです。 SSD SSDは容量を240GBにしました。 5,000円以下なのでまあ妥当かなと。 普段使いであれば240GBあれば十分だと思います。 不足する場合は増設すれば問題ありません。 増設が面倒な人は500GB以上を買いましょう。 PC電源 PC電源も迷いましたが、価格で選びました。 玄人志向安いです。 今回の自作PCは必要な電力も大したことないということで、500Wにしました。 古いモデルなのでかなり安いです。 最強コスパです!見た目がちょっとレトロ感醸し出しているので、電源が見えないケースを使うといいと思います。 PCケース これももちろん価格重視です。 3,000円以下ですよ。 めちゃくちゃ安いです。 Amazonの評価が4. 4とかなり高評価ですのでコスパに優れているのでしょう。 安さの追求です。 普通にかっこいいと思います。 まとめ 低価格自作PCはコスパがよくないなんてことも言われていますが、自作PCはロマンです。 自分でガチャガチャやりながら作っていくことそのものに楽しさが詰まっています。 今回の自作PCはOSやマウス、キーボード、モニタがふくまれていませんが、すべて含めても7万円以内には抑えることができると思います。 自作PCは不安という人はまずはBTOにして、それから中身をいじってもいいかもしれません。 今回は完全に僕の趣味に全振りしたお話でした。 失礼します。 Life is an adventure… モニタについてはこちらの記事をぜひ読んでください.

次の

予算5万円で組む自作PCおすすめ構成

自作 pc 構成

CATEGORY• TITLE 15万円という予算は、多くの人にとって簡単に用意できるお金ではないと思います。 予算が15万円もあれば高性能PCを自作することは難しくありませんが、どのパーツを重視すべきなのか、どのパーツにどれくらいの予算をかけられるのかといった工夫や戦略立てが大切です。 こちらでは、15万円ほどの予算で高性能PCを自作したいという方に向けて、パーツ選びのポイントやおすすめの自作PC構成案を紹介します。 SHARE 予算15万円で組む自作PCのおすすめ構成~コスパがいいパーツ選択と性能 15万円という予算は、多くの人にとって簡単に用意できるお金ではないと思います。 予算が15万円もあれば高性能PCを自作することは難しくありませんが、どのパーツを重視すべきなのか、どのパーツにどれくらいの予算をかけられるのかといった工夫や戦略立てが大切です。 こちらでは、15万円ほどの予算で高性能PCを自作したいという方に向けて、パーツ選びのポイントやおすすめの自作PC構成案を紹介します。 自作PC作成に必要なパーツ 予算が15万円と潤沢なぶん、パーツ選びの選択肢は充実します。 まずは、PCの核となるCPU(「中央演算処理装置」と呼ばれる、PCの頭脳にあたるパーツ)を決めて、それに合った周辺パーツを選んでいくと、スムーズに構築できるでしょう。 CPUは、Intel製のCore iシリーズとAMD製のRyzenシリーズが主流です。 前者はゲーミング性能、後者は同時に複数の処理を行うマルチスレッド性能に優れています。 用途やほかのパーツにかける予算に応じて、搭載するCPUを選んでください。 CPU パソコンの頭脳にあたるパーツで、データの処理スピードを決定付けます。 高性能なCPUほどアプリケーションの処理速度が上がり、快適にPCを扱えるようになります。 15万円の自作PCへのおすすめ Core i7-9700K やRyzen 7 3700Xが性能的におすすめです。 さらにスペックにこだわるなら、Core i9-9900KやRyzen 9 3900Xも選択肢に入れて考えてみましょう。 マザーボード 各種パーツを接続するための基盤となるパーツです。 マザーボード側の接続端子によって使用できるパーツが逆算的に決まるので、構成を決める際の基準となります。 15万円の自作PCへのおすすめ マザーボードは拡張性を重視して選ぶといいですが、高いものは発光するなど、人によっては不要な機能がついています。 1万円前後のものでも性能は十分でしょう。 メモリ CPUやGPUが処理を行う際、必要なデータを一時的に保管しておくための作業空間を提供するパーツです。 同時に複数のアプリケーションを起動して処理を行いたい場合には、より多くのメモリが必要になります。 15万円の自作PCへのおすすめ ワードやエクセルなど、一般的なソフトを使う場合であれば8GBで十分ですが、ゲームをプレイするなら16GBは積んでおきたいところです。 映像系、音楽系ソフトをメインに使うなら、32GBあるのが理想です。 GPU 3Dグラフィックスなどの画像処理に特化したパーツで、高性能なものほどグラフィックスの処理性能が高くなります。 一般的にはグラフィックボードに搭載されているものを使用しますが、CPUやマザーボードが内蔵している場合もあります。 15万円の自作PCへのおすすめ PCの用途によって、重要性が大きく変わるパーツです。 ゲーミングPCとして使う場合は高性能なものを選ぶといいですが、それ以外の場合はGPUの性能にこだわらなくても大丈夫です。 SSD データの保管庫にあたるパーツの一種です。 HDDに比べるとデータ転送速度が速い反面、容量が少なめなことが特徴です。 SSDにOSやアプリケーションをインストールすると、PCやアプリケーションの起動を高速化できます。 15万円の自作PCへのおすすめ 高性能PCには、SSDが必須になります。 必要な容量は、PCの用途によって異なりますが、 512GB以上のものを選んでおけば問題ないでしょう。 サブストレージ(HDD) データの保管庫にあたるパーツの一種です。 SSDに比べるとデータ転送速度は劣りますが、容量が多いことが特徴です。 動画や画像など、大容量のデータを保管するのに便利です。 15万円の自作PCへのおすすめ 動画や画像などを大量に保管したい場合は、大容量製品の購入を検討しましょう。 ゲームの動画を録画して残しておきたいときなどは、1TB以上の容量があると安心です。 PCケース PCを構成するパーツを収めるためのケースです。 マザーボードにはいくつかの規格があるので、それに合わせたものを購入しましょう。 基本的に大きな規格(ATX)に合ったものは、より小さな規格(MicroATX)にも対応しています。 15万円の自作PCへのおすすめ マザーボードに対応したケースを選ぶことが重要です。 予算に余裕があれば、デザイン性にもこだわるといいですが、設置場所に合ったサイズのものにすることが大前提となります。 なお、 自作PC初心者の場合は、大きいケースのほうが内部が広いぶん、組み込みもしやすいです。 CPUクーラー 発熱するCPUを冷却するためのパーツです。 高性能CPUほど発熱量も多い傾向にあり、しっかりと放熱が行われないとパーツの耐用年数が短くなってしまいます。 15万円の自作PCへのおすすめ 高価なCPUは発熱しやすいので、CPUクーラーにも十分な予算を充てましょう。 種類としては 空冷と簡易空冷がありますが、コスパがよくて使いやすい前者がおすすめです。 電源ユニット CPUやSSDなどのパーツに電力を供給するパーツです。 各パーツには必要な電圧が決まっており、パーツに合わせて電圧を調整することも電源の役割になります。 15万円の自作PCへのおすすめ 電源ユニットには、品質を決める6つのグレードが存在します。 予算15万円で自作するときは、 価格と性能のバランスがいい、GOLDランクのものがおすすめです。 OS PCを動かすためのアプリケーションです。 現状では、もっとも安価で入手できるWindows 10 Home 64bitほぼ一択でしょう。 DSP版(パーツとセットで購入し、セットにしたパーツが組み込まれている構成でのみ機能する)を使用すれば3000円ほど価格を抑えられますが、その場合はバンドルするパーツを中長期的に変更しない前提で設定しましょう。 15万円の自作PCへのおすすめ Windows 10 Home 64bitは 1万6000円から2万円ほどで購入できます。 価格が大きく変わるのは、CPUとGPUになります。 これらのパーツにどれくらいの予算を充てるかによって、残りのパーツで使える予算が決まってきます。 先述した通り、CPUとGPUはPCの用途に応じて必要な性能や重要性が変わってくるので、よく考えてコアとなるパーツを選びましょう。 高コスパで組む文句無しの自作PC 使用用途や性能、デザイン性など、PCを自作するうえで重視しているポイントが異なるので、自身の希望と近いタイプから、パーツを探してみてください。 また、予算15万円に合わせるために、モニタやOSなどを省いている構成例もあります。 流用が効く手持ちのパーツと相談しながら、構成を考えるようにしましょう。 「Ryzen 7 3700X」には、CPUクーラーが付属しているのも魅力です。 Ryzenシリーズは、ゲームをプレイするうえでCore iシリーズと比較して多少劣るともいわれていますが、GPUも性能重視で選んでいるので、ストレスなくプレイを楽しめるでしょう。 なお、モニタやキーボード、マウスなどは省いていた構成となっています。 500GBのSSDを搭載しつつ、サブストレージに3TBのHDDも積んでいるので、作業スピードを確保しつつ、容量の問題もクリアーできています。 3TBのサブストレージがあれば、容量不足に悩むことはないでしょう。 自作PCの性能 この構成例では性能を重視しているぶん、PCケースは安価なものを選んでいます。 また、モニタやキーボード、マウスなどその他の機器も省いています。 機能はもちろん、見た目にもこだわりたい方や、PC本体と合わせてモニタやキーボード、マウスの購入を検討している方は、そのぶんの予算を確保してください。 先ほど紹介した構成例をベースに、 CPUをAMD製の 「Ryzen 9 3900X」に変更してみました。 マルチタスクもラクラクとこなせる性能となりますが、予算の半分近くがCPUに取られてしまいます。 モニタなどはもちろん、OSを購入するのも難しくなるので、すでにPCを持っている人に向いた構成となっています。 高価ですが、そのぶん性能は折り紙付きなので、お金をかけてこだわるなら「Ryzen 9 3900X」を選びましょう。 自作PCの性能 性能は申し分ないので、ゲームやクリエイター作業など、あらゆる面で活躍してくれるでしょう。 問題は、予算15万円を少しだけオーバーしてしまう点と、サブストレージやOS、その他の機器に予算を回す余裕がない点です。 500GBのSSDを搭載しているので、すぐに容量不足に陥ることはありませんが、ゆくゆくはHDDの購入が必要になるでしょう。 Intel製のCPUは軽い処理の高速度が見込めるシングルスレッド性能に優れており、ゲームをプレイするのに向いています。 また、ゲーミングPCの自作では、CPUだけではなく、GPUもポイント。 4Kの高画質な作品を遊びたいときは、特に重視したいところです。 ただし、搭載したIntel製のCPUは、AMD製のCPUとは異なりクーラーがついていません。 Intel製のCPUに合ったクーラーを忘れずに購入しておきましょう。 自作PCの性能 ハイスペックのゲームを4Kの高画質でプレイしたい場合は、CPUやGPUをワンランク上のパーツに変更するのもおすすめです。 予算15万円をオーバーしてしまいますが、 CPUは「Core i9-9900K」、GPUは「GeForce RTX 2080 SUPER VENTUS OC」などを検討するといいでしょう。 また、4K対応のモニタを用意する必要がある点にも注意してください。 まとめ 予算が15万円もあれば、高性能PCを自作することは十分に可能です。 15万円の上限に合わせてバランスよく組むこともできるほか、CPUやGPUを重視したリッチな構成にすることも。 ぜひ構成例を参考にして、こだわりのPCを自作してみてください。 SHARE• DATE 2020. WRITTEN BY 真田 マイク• TAG•

次の