嵐 リボーン。 嵐 One Love : Reborn 歌詞 和訳

OneLove : Reborn/嵐の歌詞や和訳をチェック!歌割りやPVも!│喜怒哀楽~日々徒然と~

嵐 リボーン

概要 [ ] 伝統・格式・規模・勢力すべてにおいて別格といわれるイタリアの最大手マフィアグループ。 など個々でも強大な組織を同盟とし、ネロファミリーやベッチオファミリーなど10000近い組織を傘下に置く。 前身は市民を守る自警団であるため、ファミリーや地域住民を大切にする意識が強い。 ファミリーが奇数歳の誕生日を迎えると「ボンゴリアン・バースデー・パーティー」を行う掟、には同盟ファミリー同士がファミリーの意気込みを表明しあって戦う「ボンゴレ式ファミリー対抗正月合戦」を行う掟などがあり、またには年配者との地域住民との交流のために「ボンゴレ的町内交流七夕大会」という催しも行われる。 なお、これらの行事は参加が可能なファミリーは強制参加が義務付けられており、その評判や順位に応じて豪華商品が与えられる場合もあるが、芳しくない結果に終わった場合は恐ろしいリスクも存在する。 死ぬ気弾 [ ] ボンゴレファミリーに伝わる特殊弾。 後悔している人の脳天を撃ち抜き 一度殺すことで、危機によるプレッシャーで外部からリミッターを外して、後悔していることに対し死ぬ気で頑張らせることができる。 死ぬ気弾に被弾すると脳天に死ぬ気の炎が現れ、撃たれた自分の体から脱皮するような形で(アニメでは服が破れて)パンツ一丁で(女性の場合は下着姿になって)復活する(死ぬ気をコントロールできるようになるとパンツ一丁にならない模様)。 ただし、撃たれた人が何も後悔していない場合は本当に死んでしまう。 目的を果たすと共に効力が切れるが、果たしていない場合は5分経過で消失する。 また、によると、脱皮した抜け殻はしばらくしてするらしい。 製法はボンゴレ伝統の素弾を、形状記憶カメレオンのレオンの体内に3日間埋め込むことで変化する。 なお、死ぬ気弾を脳天に合計で10発受けると、被弾者にとんでもないことが起こる(ツナの場合は、不治の病であるドクロ病に冒された)。 死ぬ気の状態の人に対して、「 リバース1t」というハンマーで殴ることで死ぬ気弾を無効化し、死ぬ気弾で死ぬ気だった時の記憶を夢にすることが出来る。 また、死ぬ気の炎を一時的に圧縮して吸収する性質があるため、ボンゴレVII世はそこに注目して戦闘用に改良した。 なお、「死ぬ気弾」というのは「脳天に被弾した時の俗称」にすぎず、この特殊弾は被弾した体の部位によって名称も効果も変化する(アニメでは死ぬ気弾とは別の弾丸になっていて弾丸の色も違う)。 ヴァリアー編の途中からはリングや死ぬ気丸が主流になったため登場しなかったが、最終巻で再登場した。 以下はその一例。 部位 名称 効果・補足 左側頭部 育毛弾 瞬時に髪の量が増える。 旋毛 スプリング弾 つむじ部分から髪のバネが生える。 両頬 にらめっこ弾 顔が巨大化する。 手の甲 ゲンコツ弾 拳が巨大化する。 脊髄 耐熱ヒフ弾 皮膚が熱に耐えられるようにする。 腹 アイアンストマック弾 何を食べても腹を壊さない。 太腿 ジャンプ弾 高いジャンプが可能になる。 踵 足スクリュー弾 足首が高速回転する。 肩・肘・腕の三連コンボ メガトンパンチ弾 強力なパンチを打つことができる ゲンコツ弾と併用できるかは不明。 肩 アイアンアーム弾 アニメオリジナル。 腕力を強化させて、物を遠くまで投げられるようにする。 ボンゴレリング [ ] ボンゴレI世とその守護者が、ファミリーの証として作成した7つの。 精製度はA以上。 大空の7属性では最高位を持つ至宝。 強大な力を秘めており、の1つに数えられている。 そのためこのリングを巡った抗争も絶えず、ファミリーの歴史においてもどれだけの血が流れたか分からないという。 そのため10年後の世界では、マフィア間でのリングの略奪戦の火種になることを恐れた未来のボンゴレX世(沢田綱吉)により、一部の守護者の反対を押し切り破棄して、砕き捨てられている。 ボスの持つ「大空」を筆頭に「嵐」「雨」「雲」「晴」「雷」「霧」とになぞらえた7つのリングがあり、掟に基づいて代々ボンゴレファミリーボスとその守護者6人が所持してきた。 それぞれの指輪は ハーフボンゴレリングという形で2つに分割することが可能で、後継者を選ぶ際はボスと門外顧問がそれぞれ候補者を選定し、継承の式典において2つを併せて1つのリングとして継承される。 リングの持つ力は未知数で、7つのリングを集めた時「 ブラッド・オブ・ボンゴレ」に新たなる力を授けると言われており、また10年後の世界ではある種の結界が発生するとの説明もあった。 なお、大空のリングに限ってリング自身が継承者を選定し、もし「ブラッド・オブ・ボンゴレ」を所持しないものが力を使おうとした場合、リング自身が拒んで制裁を与える。 II世以降は、継承をより厳格にする為に二分できる構造へ変形し、その状態を維持するためマーレリングやアルコバレーノのおしゃぶりに比べ炎の最高出力を抑える必要があったが、ツナと白蘭の戦いの最中に現れたボンゴレI世によって枷を外され、原型のボンゴレリングに戻った。 II世からIX世までの歴代ファミリーで原型のボンゴレリングを手にした者は誰一人いなかった。 ツナの継承式の際に、シモンリングの封印を解いたシモンファミリー10代目ボスの古里炎真によって大空・嵐・晴・雲・霧のボンゴレリングを破壊されてしまうが、その後タルボの手によって後述の「ボンゴレギア」として生まれ変わった。 ユニによれば、その名である(あさり)貝のように姿を変えることない縦の時空軸(過去から未来への継承)を象徴としている。 ボンゴレリング争奪戦 [ ] 夜の並盛中を舞台に行われる。 毎回リングの属性が1つ宣言され、その属性のリングの守護者候補が互いのハーフボンゴレリングを賭けて戦う。 対戦者はリングを首から下げリングの属性に合った専用エリアで戦い、相手のリングを奪ってボンゴレリングを完成させるか、相手を戦闘不能にすると勝利となる。 観戦中のメンバーが試合参加者に接触したり戦闘エリア内の装置を破壊すると失格となるが、参加者自身が破壊する行為は失格にならない。 第1回戦(晴のリング戦) - 笹川了平vsルッスーリア 舞台は校舎脇。 日輪のコロシアムと称される戦闘エリアで、鉄檻のように囲われた特設リング内で試合を行い、試合開始後はサングラスを使用しなければ視界を確保できないほどの強力な擬似太陽がリングを照らし出す。 また、周囲のロープは電熱によって数百度にまで熱せられた鉄線で構成されており、それらの熱によって脱水症状を引き起こす場合もある。 第2回戦(雷のリング戦) - ランボvsレヴィ・ア・タン 舞台は屋上。 エレットゥリコサーキットと称される戦闘エリアで、7本の避雷針の他に地面には電気をよく通す特殊ワイヤーが無数に張り巡らされており、落ちた雷を増幅させ一帯に放電するようになっている。 第3回戦(嵐のリング戦) - 獄寺隼人vsベルフェゴール 舞台は校舎三階全域。 4つの吹き出し口からランダムに超強力な突風を発生させるハリケーンタービンと呼ばれる装置があらゆる場所に設置されている。 今回のみ試合開始から15分が経過するとタービンが順次爆発を始め、全てのタービンが爆発した場合、両者共に強制失格となる。 第4回戦(雨のリング戦) - 山本武vsスペルビ・スクアーロ 舞台は校舎B棟全フロア。 アクアリオンと称される戦闘エリアで、完全に密閉された校舎の上の階の床に穴が開けられており、屋上に設置された巨大タンクから試合が続く限り水の散布が続く。 散布された水は海水と同等の成分となり、一定の水位を超えると獰猛な鮫が放たれる。 第5回戦(霧のリング戦) - クローム髑髏vsマーモン 舞台は体育館。 霧の守護者の特性上、特別な仕掛けはなし。 第6回戦(雲のリング戦) - 雲雀恭弥vsゴーラ・モスカ 舞台はグラウンド。 クラウドグランドと称される戦闘エリアで、周囲を有刺鉄線で囲まれている上、八門の自動ガトリング砲が30m以内の動く物体を感知して射撃を行うようになっており、地中には重量感知式の地雷が無数に仕掛けられている最も過酷なフィールド。 最終戦(大空のリング戦) - 沢田綱吉vsXANXUS 真のボンゴレボスを継承する者を決定するため、急遽開催されることになった。 従来とは異なり、生存が確認されているメンバー全員が強制召集をかけられ試合に参加する。 各守護者たちはモニター付きリストバンドを付けた状態でそれぞれの争奪戦の舞台となったフィールドへと移動し、移動が完了するとリストバンドに注入されているデスヒーターと呼ばれる毒が守護者の身体を麻痺させ30分で死に至らしめる。 各フィールドの台座にはボンゴレリングが置かれ、これをそれぞれの守護者のリストバンドのくぼみに合わせると解毒剤が投与される。 なお、守護者自身が解毒行為を行うことは特に規制されていないが、毒の副作用によって常人では立つことができないほどの状況にあるため実行は不可能に近い。 2名のボス候補は大空のハーフボンゴレリングを所持した状態で試合を開始し、7つ全てのリングを先に揃えた者が真のボンゴレX世となる。 ルッスーリアの監修の下デザインが行われ(100回ダメ出しをされたという)、幹部の各属性のリングが作成されたが、雲属性の幹部は存在しないため雲のヴァリアーリングは未だ作成されていない。 【虹の呪い編】 マーモンの代理となった為、代理戦争に向けてマーモンの全財産を費やしてタルボに作らせ、新生ヴァリアーリングが完成した。 このリングは7つあり、デザインは皆同じだが、XANXAS用は装飾が異なる。 また、マーモン用は一回りほど小さい。 ルッスーリアによると、島がいくつも買えるほどの額。 ボンゴレ匣 [ ] ツナたちが訪れた10年後の世界において、ボンゴレファミリーの持つ最新技術を用いて、通常のアニマル型を改造したもの。 打倒白蘭で協力したボンゴレX世と入江正一がともに作り上げたもので、若いボンゴレX世と入江が出会っているこの未来でのみ誕生しており、においては誕生しない。 既に匣を所持していた獄寺達がボンゴレ匣を入手した際、従来の物を使用しておらず、その上雨フクロウが変質して出来た為事実上唯一無二であるはずの霧フクロウがボンゴレ匣となっていることから、大空・雷・雨(雨犬のみ)以外のボンゴレ匣は、既に守護者が入手していたアニマル匣を入江がリングと共に奪った際こっそり形態変化のデータをアップデートしver. upさせたものである様子。 そのくわしい能力は作中ではあまり描かれなかったが、 形態変化(カンビオ・フォルマ)することにより、とが使用した武具に姿を変えることができる。 10年後の世界から現代に戻る際に、10年後のヴェルデによって アニマルリングに生まれ変わり、よりコンパクトになった。 大空属性 -• 嵐属性 -• 雨属性 -• 雲属性 - 雲ハリネズミVer. 晴属性 - 晴カンガルーVer. 雷属性 -• 霧属性 - 霧フクロウVer. V ボンゴレギア [ ] ボンゴレ10代目とその守護者のためだけに作られた専用のシリーズ。 ボンゴレリングに10年後のヴェルデによってボンゴレ匣をリング化したアニマルリング、ボンゴレI世の血である「罰」を加えてタルボが加工したことによって生まれ変わった。 最初は岩のような状態になるが、使用者の膨大な炎で使用者に見合ったアクセサリーに変化する。 大空属性 - 普段はナッツとガントレットがあしらわれた長めの指輪で、手の甲にボンゴレの紋章が刻まれたガントレットに形態変化する。 手だけではなく肘側にも炎の噴射口があり、そこから柔の炎を噴射することでX BURNERの両手撃ちが可能となっている。 嵐属性 - 普段は瓜と弓矢があしらわれたベルトのバックルで、獄寺がVer. Vの武器を使用する前の十八番だった、大量のダイナマイトを装備した武器に形態変化する。 口に咥える発火装置や、追走機能を備えたダイナマイト、瓜自身がダイナマイトとなり、マタタビが付いた敵を追いかける「 瓜ボム」など、今まで無かった技が使用可能になる。 雨属性 - 普段は次郎と刀があしらわれたネックレスで、山本自身が和服を纏い、柄に次郎と小次郎があしらわれた二振りの日本刀に形態変化する。 左手の刀は幻覚で誤魔化された標的をかぎつける能力を持っており、右手の刀で致命傷を負わせることができる。 雲属性 - 雲のブレスレットVer. X 普段はロールと手錠があしらわれた腕輪で、雲雀自身が改造学ランを纏い、ヒバードにリーゼントが施された装飾に形態変化する。 仕込みトンファーの刃部分を雲の炎の増殖で伸ばす、手錠や雲ハリネズミを増殖させるなど、多彩な攻撃を繰り出す。 晴属性 - 晴のバングルVer. X 普段は我流とボクシンググローブがあしらわれたバングルで、ヘッドギアやボクシンググローブなどに形態変化する。 晴カンガルーVer. Vの時の状態変化は3分間の時間制限があったが、ボンゴレギアに生まれ変わったことにより時間制限がなくなった。 使用者が一定量の攻撃を受けるたびにバングルの炎が一つチャージされ、カウンター技を発動すると消費する。 10個あるバングルの炎が全て灯るとフルチャージとなり、最大必殺技が発動する。 雷属性 - 普段は牛丼があしらわれた兜で、コイル状に巻かれた角を持つ兜や鎧に形態変化する。 とても重く、十年後のランボが時折ふらつくほど。 このコイルに雷の炎を流すことで強力な磁力を生み出し、砂鉄を集めて「硬化」作用のある雷の炎を加えることで、鉄の角を作り上げる。 霧属性 - 霧のイヤリングVer. X 普段は3本の嘴のような刃があるイヤリングで、先端に無数の刃がある錫杖に形態変化する。 これらの刃を自在に伸縮させることで無差別攻撃が可能なほか、術者の力を底上げする機能もある。 ボス [ ] ボスは代々初代ボスの血筋「 ブラッド・オブ・ボンゴレ」を受け継いだ者から選ばれ、「 超直感」と通称される常人を遥かに凌ぐ直感力を持つ。 ボスを受け継ぐためには、ボンゴレファミリーが権力の追求により犯してきた 業を引き継ぐ覚悟が試される。 継承式の際に、ボンゴレI世の代から代々受け継がれてきた「 罪」と呼ばれるシモンファミリー初代ボスのシモン=コザァートの血液が入った小瓶が手渡される。 ボスの使命である「全てに染まりつつ全てを飲み込み包容する大空」となることを体現していたボンゴレI世を除き、武闘派と穏健派に大分される。 全員が大空の属性の死ぬ気の炎を有する。 髪の色は金色。 ボンゴレの前身である自警団を結成した。 「 大空」と謳われ、歴代最強とされている。 リボーン曰く自身が気に入った人物は誰であろうと受け入れ、初代ファミリーのメンバーは「国王」「ライバルマフィア」「宗教家」などなんでもありだったとされる。 手の甲に Iが刻まれた特殊なグローブを武器として使い、「 死ぬ気の零地点突破」を使いこなしたと伝えられていることから、リボーンはツナがグローブと零地点突破の修行をする際に、I世の修行方法を参考にした。 早々に引退して日本に渡り沢田家の祖となり、その際に「沢田家康」と改名している。 綱吉の曽曽曽祖父にあたる。 ハイパー死ぬ気モードのツナと瓜二つ。 ユニによれば白蘭がマーレリングに選ばれたのと同じようにボンゴレリングに選ばれた適応者とのこと。 ゲーム『禁断の闇のデルタ』『フレイムランブルXX』ではの一人として登場する。 【未来編】 ツナのボンゴレの覚悟を受け継ぐ試練に現れた。 ツナと白蘭の戦いの最中に大空のボンゴレリングから突如現れ、ボンゴレリングの枷を外して原型のボンゴレリングに戻した。 【I世ファミリー編】 アルコバレーノのおしゃぶりとユニの祈りの力で、ボンゴレリングからその姿を現し、認定試験のことをツナ達に告げた。 嵐の認定試験では獄寺に化けたGの正体を見破られないようにツナの超直感を封じた。 霧の認定試験後に黒曜に現れ、暴走気味ではあったものの認定試験を行ったデイモンを評価すると共に、これまでの認定試験の間、常に仲間のことを考えていたツナの、ファミリーを守ろうとする強い覚悟を認め、その場で継承を行った。 その後は初代守護者たちと共にリングに戻っていった。 また、霧の認定試験の最中、デイモンによってI世隠居の真実が判明した。 I世と初代守護者達はボンゴレの紋様が入った同じ形の時計を所持している。 針に死ぬ気の炎が燈っており、どれも同じ時間で止まっている。 【継承式編】 復讐者が残した記憶のアイテムの過去の回想で登場。 後にコザァートの提案で理不尽な暴力から街の住民を守るために自警団を結成する。 シモンファミリーを壊滅させようとするデイモンの策略に逸早く気付き、Gを始めとする守護者達をコザァート達の救出に向かわせた。 死ぬ気の炎は「憤怒の炎」と呼ばれる極めて珍しい光球状であったと伝えられており、歴代ボスの中で唯一武器を持たず戦ったとされる。 XANXUSと瓜二つ。 武器は。 武器は。 武器はジュル(jur、に似た中近東生まれの刀剣)。 片眼鏡をかけた初老の男。 武器は。 シルクハットとタキシードを着た紳士風の男。 武器は自身が改良した。 死ぬ気の炎自体は弱かったものの、死ぬ気弾が死ぬ気の炎を蓄積する性質に着目し、炎を蓄積して一気に解放する戦法を編み出した。 その破壊力は凄まじくどのような敵でも仕留めるほどであり、単純に攻撃力でいえば歴代ボス有数であったという。 武器は。 ボンゴレ唯一の女性ボス。 黒髪のポニーテールで顔には蔦花の刺青を施している。 ジャンニーニ曰く、手のつけられないおてんばだったらしく、面影がハルに似ているらしい が、その件に対してツナは否定している。 9代目のボス就任時の様子を描いた1コマでは後ろ姿が描かれていたが、その時点でかなり高齢であったことがうかがえる。 ツナを次期ボンゴレボスにするために、リボーンをツナの家庭教師として送り込んだ張本人。 歴代ボスの中でも典型的な穏健派で知られ、その決断は神の采配と謳われる。 生まれの牡羊座。 70歳。 身長167cm、体重60kg。 フェニーチェという専用を所有している。 日本を訪れたことがあり、幼少期のツナとも面識があった。 獄寺のツナに対する忠誠心をテストしたこともある。 武器は。 I世の使った「死ぬ気の零地点突破」も習得しており、8年前に息子XANXUS(血縁関係は無い義理の息子)が起こしたクーデター「ゆりかご」ではXANXUSを氷付けにしている。 【VS黒曜編】 六道骸と2名の脱獄囚を捕らえるようツナに指令を与えている。 【VSヴァリアー編】 XANXUSによりゴーラ・モスカの中に監禁されており、ボンゴレ本部には偽者が用意されていた。 急遽XANXUSを後継者に指名し、ツナと後継者の座を賭けたボンゴレリング争奪戦を行うよう指示したと装われ、本人もゴーラ・モスカに幽閉されたまま争奪戦に巻き込まれた。 雲の守護者による争奪戦の末、暴走したゴーラ・モスカからツナによって救い出されるが瀕死の重傷を負ってしまう。 その後、ディーノの指示で病院に搬送され、一命を取り留めた。 【未来編】 10年後の世界では、ミルフィオーレファミリーの襲撃によって行方不明となったとされたが、原作標的226の時点で既に故人となっている。 【継承式編】 ツナ達の未来での戦いを知って、ツナに正式にボンゴレボスの座を継がせる決意をし、継承式を執り行うため、部下を引き連れて来日。 ツナを正式に10代目に指名する。 シモンとの戦いではツナ達の申し出によりこの一件を彼らに一任し、リボーンに戦いへの手出しを一切しないよう命じた。 ツナ達をシモンの聖地に送った後、聖地の近海で待機していた時に守護者達にシモンファミリーの経歴について調査させ、「血の洪水事件」の真相に近づく。 直接10代目を争ったツナとXANXUSのほかに3人が存在したが、3人とも物語開始当時までに故人となっている。 3人はいずれも2人より年長でボスに足る資質を持っていたといわれ、全員が9代目の甥であった。 沢田綱吉 正当後継者。 を参照。 XANXUS を参照。 エンリコ・フェルーミ ボンゴレファミリー10代目最有力候補だったが、抗争中に撃たれて死亡。 マッシーモ・ラニエリ 若手No. 海に沈められて死亡。 フェデリコ・フェリーノ 秘蔵っ子。 いつの間にか骨になって死亡。 守護者 [ ] ボンゴレファミリーにおける 守護者(しゅごしゃ)とは、を有する6人の幹部を指す。 必ずしもボンゴレファミリーに所属していなければならないという縛りはないが、ファミリーに危機が訪れた時には必ず6人の守護者が集められ、どんな困難でも乗り越えると言われている。 それぞれの守護者に以下のような使命が与えられており、それぞれ相応しい人物が選定される。 嵐 - 「荒々しく吹き荒れる(はやて)」、「常に攻撃の核となり、休むことのない怒濤の嵐」となること。 雨 - 「全てを洗い流す恵みの村雨」、「戦いを清算し、流れた血を洗い流す(レクイエム)の雨」となること。 雲 - 「何者にもとらわれず我が道をいく浮雲」、「何ものにもとらわれることなく、独自の立場からファミリーを守護する孤高の浮雲」となること。 晴 - 「明るく大空を照らす日輪」、「ファミリーを襲う逆境を自らの肉体で砕き、明るく照らす日輪」となること。 雷 - 「激しい一撃を秘めた雷電」、「雷電となるだけでなく、ファミリーへのダメージを一手に引き受け、消し去る」となること。 霧 - 「実態のつかめぬ幻影」、「無いものを在るものとし、在るものを無いものとすることで敵を惑わし、ファミリーの実態をつかませないまやかしの幻影」となること。 ボンゴレI世の守護者 [ ] G(ジー) 声 - 嵐の守護者。 I世の幼馴染で、ともに自警団を立ち上げた間柄で右腕として補佐した。 主戦武器は銃であったが、I世直々の依頼にはI世から賜ったアーチェリーで臨み負けなしだったという。 なお、守護者としての姿勢や顔立ちはツナの嵐の守護者・獄寺隼人によく似ているが、顔から首にかけて入れ墨のようなものがあり、髪は赤色である。 【I世ファミリー編】 三番手として試験を行った。 自分が獄寺に化け、獄寺が嵐猫を探している時にツナに接触し、獄寺が右腕としてうまくやれているのか確かめた。 なおこの正体はボンゴレI世が封じたこともありツナの超直感でも見破れなかった。 学校の生活そして獄寺自身が起こした問題でツナを危険にさらしたため右腕失格としたが、ツナがそれでも一緒にいてほしいという思いを聞き、認定の条件である二人の「何者にも勝る強い絆」を確認し、守護者の継承を認めた。 【継承式編】 復讐者の残した過去の記憶のアイテムの回想に登場。 コザァートに出会い、後に彼の提案によりI世と共に自警団を結成する。 I世の頼みによりデイモンの策略に気付き、秘密裏に他の守護者と共にデイモンの刺客に変装してコザァート達を救出した。 朝利 雨月(あさり うげつ) 声 - 雨の守護者。 で、I世とは友人関係にあった。 とを着用しただが、「 - ござる」と武士のような口調で話す。 剣の腕に秀でており誰もが認めるほどの腕前だったが、本人は音楽をこよなく愛し、自身の剣は一本として持たなかったという。 しかし、I世の危機を聞きつけた際には何のためらいもなく大切な楽器を売り、それを元手に旅費、そして長刀1本と小刀3本の変則四刀を用意し、I世の元に駆けつけたとされている。 なお、守護者となった経緯や顔立ちはツナの雨の守護者・山本武によく似ている。 【I世ファミリー編】 初代守護者たちの先陣を切って、山本の認定試験を行う。 戦闘では山本が優位に立ったかのように思われたが、認定せず2度目のチャンスを与えた。 それはこの試験は戦いそのものに意味はなく、故意に隙をつくることで、山本が無防備な相手に剣を向けるか見極めることに意味があったからである。 2度目の試験では山本がこのことに気が付いたため、無事に守護者として認定することになった。 得意技は雨の炎を極限まで硬化させて降らせる 氷雨や、滝のように降らせた雨の炎をスクリーンのように利用して分身をつくる 滝の舞、竜を模した雨の炎をぶつける 九頭竜・川崩れ。 なおこれらの技は全て山本との戦いの中で考え出した技である。 D・スペード(デイモン スペード) 声 - 霧の守護者。 貴族出身であるが、堕落した貴族に嫌気がさし、侯爵の娘であったエレナに好意を持つ。 エレナの推薦によりボンゴレの守護者に加わるが、敵対戦力によってエレナは殺されてしまう。 このため一部ではボンゴレの裏切者とされている。 物事を分析する魔レンズを所有しており、魔レンズ越しに睨みつけられた者は呪われ、次の日に海に浮かんだといわれている。 また、戦闘には柄の先端にも刃がある大鎌を使用している。 なお、顔立ちはツナの霧の守護者・六道骸によく似ており、骸同様敬語で話す。 髪形は骸と違い前髪があり、髪のギザギザがこちらは2本入っている。 言葉の前に「ん~」という口癖があり(アニメの設定)、六道骸と似た「ヌフフフ」という個性的な笑い方がある。 ボンゴレとシモン騒動の中で、クロームに加藤ジュリーの正体が自分であり、騒動を起こしたのが自分だと明かす。 そして、狙いが六道骸の体と述べ、クロームのマインドコントロールを始める。 なお、マインドコントロール発動の際は右目にスペード状の模様が浮かぶ。 【I世ファミリー編】 六番手を務めた。 幻覚を使って京子たちを人質に取り、ツナたちを黒曜ランドへ誘い込み、彼らを黒曜ランドごと幻影空間に閉じ込めた。 守護者たちの幻影を使ってファミリーを自身の思い描いたものに変えようとするが、ツナたちの強い意志は揺るがず、雲雀とクロームの活躍で幻術も破られてしまう。 ツナに本気の勝負を仕掛け、幻覚を使って惑わそうとするが、姿を現した骸に阻まれる。 マフィアの殲滅を狙うと宣言した骸に興味を示し、I世の後押しもあって継承を認める。 【継承式編】 の加藤ジュリーに憑依し、ボスの古里炎真をそそのかしボンゴレファミリーの壊滅を狙い、クローム髑髏を媒介にして六道骸の肉体への憑依を狙った。 そして骸との対戦後、肉体への憑依を果たし、大空・大地以外の炎を獲得し、ツナ達をあらゆる策で追いつめるが、炎真とツナの連係プレーによって致命傷を負ってしまい逆上、ツナを即死寸前まで追いつめるが、ボンゴレとシモンが起こした奇跡により形勢が逆転。 骸の体を捨て、第8の属性の炎を使って逃亡しようと企むが、掟に忠実である復讐者によって阻止されてしまい、ツナのXカノンを受け敗北。 最期はツナの芝居とはいえエレナの心中を聞き、ボンゴレを託して安らかに散った。 アラウディ 声 - 雲の守護者。 ある国の秘密諜報部のトップで一人でいることを好む性格であったが、I世と正義が一致したときはファミリーの誰よりも味方に優しく、誰よりも頼りになったとされている。 ボンゴレ初代門外顧問でもあり、I世の最強の守護者でもあった。 武器は手錠。 なお、守護者としての立場や顔立ちはツナの雲の守護者・雲雀恭弥によく似ているが、アラウディは髪がプラチナブロンドである。 【I世ファミリー編】 四番手として登場。 敵意をむき出しにする雲雀に対し、戦う意志はないと言い放ち、こっそりと様子を見守っていた。 ツナ達とは馴れ合わず、スカルから京子たちや並盛中を守った雲雀を評価し、継承を認めた。 ランポウ 声 - 雷の守護者。 大地主の御曹司で、世間知らずでわがままで臆病な性格の若者であった。 戦いにおいてI世はあえて彼を前線に配置したという。 恐るべき攻撃力を秘めた盾を持っていた。 語尾に「だものね」をつける。 なお、守護者内での立ち位置や顔立ちはツナの雷の守護者・大人ランボによく似ているが、ランポウは髪が緑色である。 【I世ファミリー編】 試験を面倒だと思っており、雷の守護者のランボがまだ子供だったためにやる気が失せていたが、ボンゴレI世の命令により渋々ながら2番手として試験を行った。 その内容は、自身がアジト代わりにしている城のある遊園地でのスタンプラリーと適当なものだった。 (本人にそのつもりはないが)ランボがヴェルデから城を守ろうとしてくれたことと、その戦いにおいて守護者としての役目を全うしていることを勝手に判断し、守護者の継承を認めた。 ナックル 声 - 晴の守護者。 最強の名をほしいままにした無敗のボクサーであり、ルッスーリアによるとパンチの威力は風圧で硝子を割るほど。 ある試合で相手を殺めてしまい(アニメでは再起不能)、拳を封印し神に仕える仕事についた。 それ以後リングにあがることはなかったが、一度だけファミリーに危機が訪れた時、己に3分間の時間制限を課し、その拳でファミリーを救った。 口癖は「究極」。 なお、守護者となった経緯や顔立ちはツナの晴の守護者・笹川了平によく似ているが、こちらは黒髪である。 【I世ファミリー編】 認定試験のやる気を失っていた雲雀を説得した了平の前に突如として現れ、何度断られても雲雀の説得を続け、スカルに立ち向かい、最終的に雲雀の説得に成功したことを大いに評価し、普段から守護者としての責務を全うしているとし、その場で守護者の継承を認めた。 ボンゴレIX世の守護者 [ ] 全員簡単なバリアを貼る程度の炎を指輪から出す技術を習得しており、6人で輪になり「円陣防御(ディフェーザ・ア・チルコロ)」という炎のバリアを貼ることができる。 初登場は「継承式編」。 また、守護者全員と同じ名前の菓子がある。 コヨーテ・ヌガー 嵐の守護者。 左腕に義手をつけている初老の男性。 9代目の補佐的存在。 シモンファミリーを尾行している最中、彼らに返り討ちに遭う。 ガナッシュ・III(ガナッシュ・サード) 雷の守護者。 メッシュ髪の男性。 コヨーテに次ぐ9代目の補佐的存在。 指輪から炎のバリア「雷シールド(スクード・フールミネ)」を出し、あらゆる攻撃を弾く。 ビスコンティ 雲の守護者。 サングラスをかけた初老の男性。 ブラバンダー・シュニッテン 雨の守護者。 顔に無数の傷がある男性。 ニー・ブラウJr. (ニー・ブラウ ジュニア) 晴の守護者。 左頬に蜥蜴の刺青がある男性。 クロッカン・ブッシュ 霧の守護者。 モヒカンヘアーが特徴の黒人男性。 雲雀恭弥(ひばり きょうや) 声 - 演 - 並盛中学校の風紀委員長。 通称・ヒバリ。 生まれの牡牛座(誕生日は学校が休日という理由で覚えている)。 年齢、血液型は不明(年齢については忘れたらしい)。 身長169cm、体重58kg。 一人称は「僕」。 好きな言葉は「咬み殺す」「ワオ」。 好きな寿司ネタは、のえんがわ。 好物はと。 好きなカキ氷は宇治金時。 愛車は。 原作では標的16(第16話)、アニメでは標的1(第1話)から登場。 並盛中学校だけではなく、並盛町一帯の頂点に立ち、裏社会も牛耳る最強最恐の不良。 愛校心が人一倍強く、風紀委員の部下に手配させた校歌をにしたり、常に制服を着ているなどの諸行動が見受けられる。 制服は学校指定のではなく、旧服のを肩に羽織り、その袖には風紀委員のを付けている。 なお、了平の入学時には既に風紀委員長であったこと や、を乗り回したり、「自分はいつでも好きな学年」という発言もあることから正確な年齢は不明である。 フゥ太の「並盛中ケンカの強さランキング」では1位。 好戦的な戦闘マニアで、より強い相手と戦いたいという願望がある。 を使った近距離攻撃を得意としており、トンファーには鉤や棘、玉鎖など様々な仕込みが施されている。 また、群れることと束縛を嫌う一匹狼で、他人が群れているところを見ると「弱くて群れる草食動物は嫌い」という理由で襲い掛かる。 基本的に他者に興味を示すことはないが、自分の攻撃を易々と防いだリボーンには興味を持っているようで、「赤ん坊」と呼び何かと絡んでくる。 その他、シャマルによってに囲まれると立っていられなくなる「桜クラ病」に感染させられていた時期があり、それが原因で六道骸相手に一方的に負けた過去から再戦の機会を望んでいる。 なお、アニメではそれが原因となって桜が嫌いになった設定が追加されている。 イーピンから好意を寄せられている。 人気投票での順位は第1回4位、第2回(人気キャラ部門)2位で全体では3位、第3回(男性キャラ部門)1位、第4回(キャラ部門)は2位、第5回は2位、第6回は1位、また「アニメオフィシャルキャラクター人気ランキング」1位と主人公の沢田綱吉に次ぐ人気キャラクターである。 【VSヴァリアー編】 ボンゴレファミリー門外顧問のによって、ツナの 雲の守護者として選出される。 ボンゴレリング争奪戦に向けての家庭教師は、が務めた。 しかし、本人は指輪やマフィアに関してはまるで興味がなく、戦う相手や場所や理由さえあればいいようで、ディーノとの修行も単に戦闘訓練のみに充てられた。 ボンゴレリング争奪戦も理解しておらず、嵐の守護者戦終了後に並盛中学に戻ってきた時には荒れた校舎を見て、ヴァリアー隊員を1人で圧倒し校舎の破損の連帯責任として、その場にいたツナとヴァリアーの守護者達を殲滅しようとするなど大暴れをしかけたが、その場にいたリボーンから今我慢すれば遠くない内に、六道骸と戦えると聞かされチェルベッロからも校舎の破損はきちんと直されると聞きその場を後にした。 当の雲の守護者戦では激戦になると思われていたゴーラ・モスカを瞬殺するや、暴れ足りないと言う理由からボスのXANXUSを挑発し襲い掛かった。 全員参加となった大空戦では、猛毒に侵されながらも束縛を嫌う信念から、自力でポールを倒し雲のリングを手に入れ解毒をしベルフェゴールが持っていたリングを弾く事で獄寺に救出するとともにベルフェゴールと交戦に入るが、ベルフェゴールのナイフとワイヤーを併用した戦い方を知らなかった事でダメージを負うも、その仕組みを見抜き優位な状況となるも逃げられてしまう。 その後は「校内で死なれると風紀が乱れる」と言う理由から山本を救出し残りの守護者も救出するつもりであったが、自身のダメージの大きさを山本に見抜かれ後詰めを山本に託した。 その後、ツナが正統なボンゴレX世と決まったことによって、守護者の証である雲のボンゴレリングを所有することになる。 【未来編】• 炎の属性:雲、霧• 所持リング:雲系リング多数、霧のカモフラージュリング、雲のボンゴレリング(10年前)、アニマルリング(ロール)• V、トンファー 10年後の雲雀は、ボンゴレファミリーとは別に風紀委員を母体とした「風紀財団」を組織しており、並盛を愛する心も健在。 日本酒を好み、洋酒は飲まない。 風紀財団のアジトはボンゴレファミリーの並盛地下アジトと隣接して建造されており、扉で隔てられているものの、雲雀の許可が得られた人物のみ往来が可能とされている。 その強さは10年後も健在のようで、即戦力を求めるリボーンが最初に合流したい最強の守護者として名前を挙げている。 この時代には既に破棄されているの代わりに精製度の低いリングを使用しているが、雲雀自身の波動が強すぎて耐え切れずに壊れてしまうため、常に雲のリングを複数を持ち歩いて壊れるたびに使い捨てるという稀な運用方法を行っている。 「この世の七不思議」に関心を持っているとしており、の研究や調査で世界中を飛び回っている。 10年バズーカについてもある程度の知識があるらしく、10年後のツナやとともに10年前からボンゴレリングとその守護者を呼び寄せる作戦を考案していた。 その後は了平とともに年長者として10年前の若い守護者らを導き、幻覚で補われていたクローム髑髏の内臓が失われた際には、霧のボンゴレリングを用いて自分自身の力で生きるよう助言している。 10年後の戦闘が分からないツナに、家庭教師として10年後の戦闘を教え込み、追い込むことで覚悟を試すボンゴレボスの試練を与え鍛え上げた。 ボンゴレ側勢力によるミルフィオーレに対する一斉攻勢においては、ツナたちのメローネ基地突入を支援すべく、ミルフィオーレ側の襲撃部隊に対する囮となり全て撃破してみせた。 その後、草壁とともにクローム髑髏やランボやイーピンを連れ出し、メローネ基地突入の2次隊として基地に潜入、幻騎士と戦闘になるが最中に10年前の自分と入れ替わる。 10年前の雲雀は、状況を全く理解できないまま幻騎士との戦闘に突入する。 10年後の雲雀と入れ替わる以前に、ディーノから当時発見されたばかりのリングに死ぬ気の炎を灯す方法を教えられているが、ディーノからは炎の大きくするための要素は「ムカツキ」だと誤った知識を教え込まれている。 しかし、実際に炎は大きくなっていたことから、ディーノは「雲雀にとって覚悟とムカツキは同じ」と考えたのではないかと草壁は推測した。 リングに灯した炎を、足元に落ちていた雲ハリネズミの匣に注入して応戦を試みたが、炎が強すぎたことに加えて雲ハリネズミが誤って主人の雲雀を刺してしまったことにより暴走してしまい、逃げる途中基地移動により逃げ場を失い捕らわれてしまう。 入江の離反により事なきを得たが、白蘭によって告げられた知らせを聞いた後に1人行方をくらませ、ディーノに拾われ新たな戦いへ向けての修行を開始した。 チョイス当日も直前まで現れなかったが、タイムアウト直前に山本とともに姿を現し、ツナと守護者とともに白蘭たちのいるチョイスへ参じた。 並中で真6弔花のデイジーと交戦した際は、雲ハリネズミver. Vを形態変化しアラウディが使用したという手錠を使い、雲の炎の特性により手錠を多数に増殖し、デイジーの全身をデイジーの自切よりも早く増殖する事で拘束し、晴のマーレリングを没収する。 その後、しばらくの間は並盛中学にいたが、真6弔花の桔梗と了平の交戦時に現れ、戦いに参戦するも、桔梗による地中からの奇襲を受け、敗北する。 しかしそれは、骸とフランによる真6弔花のデータをとる為の幻覚であったため、無事だった。 【アルコバレーノ編】 10年前に一時帰還した後、1人並盛中に居座る。 アルコバレーノの試練には自ら関与しない姿勢を見せていたが、スカルの試練では誘導されて骸と交戦、リボーンとヴェルデの試練には半ば強制的ではあるが参加している。 【I世ファミリー編】 スカルが家庭教師に就任するが、本人は鬱陶しいと思うだけであった。 守護者の継承に関しては初代守護者と戦う以外は興味が無いようで、アラウディが戦う気はないことを知るとすっかりやる気を失ってしまう。 スカルやツナ達にの説得にも応じず、ついに怒ったスカルが並盛中を攻撃してきたため了平と共に迎え討った。 最後まで孤高を貫き、並盛中と偶然居合わせた京子やハル達を守ったことを評価され、継承を受ける。 霧の試験では腕章を奪ったスカルを追って黒曜に現れ、暴れ回って幻術を破った。 【継承式編】 至門中からの転校生・鈴木アーデルハイトと、応接室の明け渡しをめぐって確執を起こす。 ツナのボンゴレボスの継承式に関しては全く関わりを持たなかったが、ボンゴレがらみの刺傷事件が 並盛中校内で起こったことに憤慨し、犯人を突き止めるために継承式に出席。 クーデターを起こしたシモンファミリーと対決するが、圧倒的な力の前に敗れる。 その後、雲のボンゴレリングを雲のボンゴレギア「 雲のブレスレットVer. X」にバージョンアップした後に一時は消息を絶ったが、VSシモン第4戦にて草壁が操縦するヘリコプターによって途中参戦。 アーデルハイトがツナと対決したがっているのに対し、当の本人は継承式をメチャクチャにした炎真と対決したがっていたが、アーデルハイトとの腕章没収戦で我慢することにした。 その際に炎真の言葉によって戦意を喪失したツナの様子を見かねて自分の戦いを見るよう促した。 最初は、アーデルハイトの500体ものブリザードロイドに押されてしまうも、周りに相手しかいないから加減をしなくて良い事から伸び伸びと戦い、500体のブリザードロイドを単独で全滅をさせる。 その最中に「風紀」を賭けた戦いである事から、「誇りだから譲れないのでは無く、譲れないからこそ誇り」であると言い、その言葉からツナは迷いを断ち切るヒントを貰った。 その戦闘を見ていたD・スペードからは、戦い方と単独での戦いを好むという事から雲雀をアラウディの再来であると感じ警戒する程であった。 その後も増え続けるブリザードロイドを倒し続け、ダイヤモンドキャッスルを予め撃ち込んでいたロールの破片を増殖によって内部から破壊し、アーデルハイトの腕章を奪い勝利する。 新生デイモンとの戦いでも先陣を切るが、苦戦を強いられ、究極マキシマムカウンターを避けた直後に幻覚空間に閉じこめられてしまう。 D・スペードを倒した後、幻覚空間から解放されたが、自由の身となった骸と戦うため、黒曜に向かった。 【虹の呪い編】 リボーンの代理になるように頼んだが、D・スペードとの戦いで群れすぎてじんましんが出たらしく断った。 優勝したら風と戦うという約束を交わした事で風の代理となった。 初日にそれを知った了平達と遭遇しそれを不服とし、熱くなった了平のバトラーウォッチを破壊し獄寺と山本のバトラーウォッチも破壊しようとするも、雨燕による鎮静の効果を受けて逃げられる。 2日目のバトルではディーノの泊まるホテルに向かい同じくそこに宿泊したマーモンチームと交戦。 単身でルッスーリアとレヴィとベルフェゴールのバトラーウォッチを破壊し、呪解した風とマーモンも交え、遅れた参戦して来たディーノによって本気となったXANXUSを相手に、ディーノから前に聞いていたヒントを元に互角に渡り合うも、戦闘時間が終了し戦闘が終わった事に納得いかずにXANXUSと決着をつけようとするも、戦闘時間以外の戦闘は禁止と言う代理戦争のルールが自身の信念にそぐわない事から、自らバスウォッチを時計を破壊し代理戦争を降りる。 そのまま続きをしようとしたがXANXUS自身もその事に納得し、自らボスウォッチを壊そうとしたので、ヴァリアーの要請を受けたディーノに止められる。 バミューダチームとの戦いで再び時計をつけ参戦。 骸達とイェーガーの戦いに乱入するも苦戦。 救援に来たツナがイェーガーの弱点を見破ったことで骸と共にツナを援護しイェーガーを倒す。 その後呪解したバミューダに時計を壊される。 笹川了平(ささがわ りょうへい) 声 - 演 - の兄で、並盛中部主将。 生まれの乙女座(本人は「拳闘士(ボクシング)座」と自称)のA型。 15歳(中学3年生)であるが、14歳のころに自分が中学3年生だと思い込み、卒業式に出席したこともあった。 身長168cm。 体重59kg。 好きなスポーツは当然ボクシング。 趣味はボクシングのトレーニング。 嫌いなことは極限にまどろっこしいこと。 好きなカキ氷はイチゴ味。 鼻に貼られたがトレードマーク。 占いは信じず運命は自分で切り開くと語るが、くじ運が非常に悪いことは気にしているらしい。 ツナからは「(京子ちゃんの)お兄さん」と呼ばれている。 原作での標的14(第14話)、アニメでは標的1(第1話)から登場。 すべての物事をボクシングに繋げて考えるほどの筋金入りのボクシング馬鹿で、素質のある者を見ればすぐさまボクシング部へ勧誘している。 アニメでは、前述の通り一話目から登場するため、ツナをボクシングに誘った理由が持田との決闘や球技大会を見ていて素質を感じたからに変更された。 自称のリングネームは「極限ライオンパンチニスト了平」。 ボクシング同様ケンカも強く、フゥ太の「並盛中ケンカの強さランキング」では5位。 しかし、京子にボクシングのことを「パンツ一丁で鍋掴みを付けて戦うスポーツ」と思われていることが切実な悩みである。 強引な所があり、毎度周囲を巻き込んでは自分の意見を押し通すのがお約束だが、本人には悪気はなく、常に己を磨き強くなることを怠らないポジティブな熱血漢。 それでありながら、京子には心配をかけまいとマフィア関係の話は一切耳に入らないよう心がけており、また小学校時代には不良から京子を助けるために後々まで残る傷を負うなど、兄らしい思いやりも持ち併せる。 「 極限」が行動原理で口癖。 普段から極限(死ぬ気)の状態であるため、死ぬ気弾を撃たれても全く変化がない。 死ぬ気状態のツナを見て興味を持ち、ボクシング部に勧誘するものの断られるが、その際死ぬ気状態のツナから受けたパンチに感動し、ボクシングの才能があると確信するようになる。 なお、この一件でリボーンが了平を気に入り、ファミリーの一員として数えられることとなる。 その他、獄寺とは何かと意見が合わず、「芝生(頭)」と呼ばれことあるごとに喧嘩となっている。 勉強は苦手であり、追試を受けている描写がある。 【VSヴァリアー編】 ボンゴレファミリー門外顧問の沢田家光によって、ツナの 晴の守護者として選出される。 ボンゴレリング争奪戦に向けての家庭教師は、が務めた。 リボーンからは当初「守護者の中で最弱」といわれたが、コロネロとの修行の中で「 」を習得し、晴の守護者戦でに勝利するなど大きな成長を見せた。 全員参加となった大空戦では、獄寺により解毒され、同時にルッスーリアの解毒も提案している。 その後、ベルフェゴールとの作戦に追い込まれた獄寺と山本、クローム髑髏を救出し、ツナが正統なボンゴレX世と決まったことによって、守護者の証である晴のボンゴレリングを所有することになる。 【未来編】• 炎の属性:晴• 所持リング:晴系リング、晴のボンゴレリング(10年前)、アニマルリング(漢我流)• V、名称不明(縄) 10年後の了平は、ボンゴレファミリーに所属している。 ファミリーの幹部として内部事情にも精通しており、10年前と比べて幾分落ち着いた性格になっているが、大事なことをすぐ忘れるところや京子に対するごまかし方は変わっていない。 と恋愛関係となっているようで、互いの部屋には2人で撮った写真が飾られている。 なお、トレードマークであった鼻の絆創膏がなくなっているが、本人はいつ無くなったか覚えていない。 10年前のツナたちがボンゴレファミリーの並盛地下アジトに辿り着いた時点では、黒川花に言伝をしてルッスーリアを訪ねて海外に出張中であった。 その13日後に帰国し、黒曜ヘルシーランドでとの死闘を制した10年前のクローム髑髏を伴ってアジトに帰還した。 その際、ボンゴレファミリー本部からの伝言を携えており、5日後のメローネ基地突入を進言した。 自らも作戦に参加し、基地内ではに圧勝して見せた。 その後、負傷したラル・ミルチを抱えて獄寺や山本と行動していたが、入江の策略により分断され、獄寺と2人でと対峙する。 しかし、10年前の雲雀が暴走させた雲ハリネズミと入江の基地移動により逃げ場を失い捕らわれてしまう。 入江の離反によりことなきを得たが、白蘭によって告げられた知らせを聞いた後に、超炎リング転送システムによって別の場所に転送される寸前に10年前の自分と入れ替わる(アニメでは、白蘭から通信が入る前に入れ替わる)。 10年前の了平は、京子やツナたちが行方不明になったことを心配し、日本を5周も走り回って捜索していたという。 ツナが京子たちにミルフィオーレファミリーを巡る一連の事件を説明した際には、ツナに対して少なからず怒りや憤りを感じたようだが、一度ツナを殴ったことで気持ちを切り替えてその後の修行に臨んだ。 チョイス戦の後、川平不動産で真6弔花に奇襲を受けた際、負傷する。 その後、森で一夜を過ごし、ランボ、バジル、野猿、太猿と共に真6弔花の桔梗を迎え撃つ。 修羅開匣をした桔梗に対して晴カンガルーVer. Vを形態変化させて肉体を強化し、ナックルと同じ戦法で戦いに臨んだ。 形態変化による肉体のタイムリミットが迫り、雲雀と共に桔梗に到されたかと思われたが、六道骸の幻覚であったため、本人達は無事だった。 獄寺とバジルと共に出現したGHOSTにアルフィンによる合体技を仕掛けるが、無差別攻撃によって炎が吸収され、我流も攻撃を受けたため、一端匣に戻し、自身も攻撃を受けそうになるが、駆けつけた山本によって難を逃れる。 【アルコバレーノ編】 10年前に一時帰還した後、京子とともに自宅に戻るが、試練を気にかけてことあるごとにツナの下を訪れた。 アルコバレーノの試練には、バイパーとリボーン、ヴェルデの試練に参加した。 【I世ファミリー編】 リボーンが家庭教師に就任し、一緒に朝食を取るようになる。 誰よりも認定試験を心待ちにしていたため、雲雀が試験を拒否した際は執拗に説得を繰り返した。 その根性と、雲雀と共にスカルから京子たちを守った実力から日常でも守護者の心得えを体現しているとされ、雲雀と共に継承を認められた。 霧の試験においては、ランボと共に自分たちの幻影に挑み、京子かランボのどちらを助けるかをデイモンに聞かれ、どちらも救い出してみせると言った。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式数日前、至門中からの転校生でシモンファミリーの青葉紅葉と共にツナの警護をし意気投合する。 継承式に出席中、クーデターを起こしたシモンファミリーと対決するが、圧倒的な力の前に敗れる。 その後、晴のボンゴレリングを晴のボンゴレギア「 晴のバングルVer. X」にバージョンアップさせた。 VSシモン戦で紅葉と対決。 しかし、紅葉の攻撃を受けるたびに反撃するが、紅葉のメガネを外した途端、紅葉を本気にさせてしまい、窮地に立ってしまうが、極限サンシャインカウンターで逆転勝利するが、結局、紅葉と相打ちする形で膝をついてしまい、ツナにツナ自身の誇りと山本とクロームのことを託し、復讐者の牢獄に投獄されてしまった。 D・スペードを倒した後、ライバルである紅葉と共に復讐者の牢獄から解放されたが、紅葉とけんかするのは相変わらずである。 【虹の呪い編】 リボーンの代理として参加。 最初のバトルで獄寺、山本と合流。 その時風の代理として参加していた雲雀と遭遇。 彼が敵に回ったことを不服としボンゴレギアをつけ挑むもルールのことを忘れあっさり時計を壊される。 バミューダチームとの戦いではサポートに回った。 六道骸(ろくどう むくろ) 声 - 演 - の1人で、そのリーダー格。 生まれの。 15歳。 身長177. 5cm、体重62kg。 血液型不明。 好きな花言葉は「完全無欠」(の花言葉)。 好きな色は黒、紫。 好物はチョコレート。 嫌いな食べ物は辛味。 趣味は幻想散歩。 個性的な髪型(犬に「パイナッポー」と言われている)と、「クフフ」もしくは「クハハハ」という笑い方が特徴。 常に敬語で話し物腰も柔らかいが、それと同時に得体の知れない雰囲気に包まれてもいる不気味な美少年。 や、クローム髑髏など身内には気遣いを見せることもあるが、性格は基本的に冷酷かつ残忍で犬や千種も命を落としかねない程に酷使するなど目的のためなら手段を択ばない一面がある。 原作では標的62(62話)、アニメでは標的19(第19話)から登場。 前世での全てを巡ったとされており、それにより右目に「 」という特殊な能力を秘めている。 肉弾戦で雲雀と互角に渡り合うほど「修羅道」による格闘能力も優れ、武器のを使用したをの心得がある。 現世では犬や千種とともにエストラーネオファミリーで人体実験の被験体として扱われていたが、ある日ファミリーを壊滅させて犬や千種とともに出奔している。 この際、犬や千種と出会い、ファミリーで研究されていたの技術を持ち出している。 これまで受けた不遇によりマフィアを強く憎むようになり、作中初登場の5年前にはに拾われたが、ランチアをマインドコントロールしてファミリーを皆殺しにしている。 これらの事件が原因で、マフィアの刑務所に収監されることとなる。 マフィアに対する憎悪は根強く、マフィアの殲滅と世界大戦を図り、そのための手段として若いボンゴレX世候補者を槍玉に挙げる。 脱獄後は特に結びつきの強い犬、千種、ランチアを連れ立って来日、並盛中学校生襲撃事件の2週間前に並盛中学校近隣の黒曜中学校に転校し、当時の黒曜中学校生徒会長の日辻真人を巧みな策略・幻術で陥れて(より)、4日間のうちに不良を束ねて黒曜中学校の生徒会長代理となった。 ボンゴレX世を炙り出すためを捕らえ、を守るフゥ太にマインドコントロールを施して「並盛中ケンカの強さランキング」を入手する。 黒曜中からの挑発行為と判断した雲雀が単独で乗り込むと、当時感染していた「桜クラ病」を利用して雲雀を捕らえた。 事態を察知したボンゴレIX世がツナに骸討伐の指令を出すと、予てから影武者として活動させていたランチアを「六道骸」として獄寺らと対峙させ、自らは黒曜中生の人質を演じてツナに接触を図るが、この頃から片鱗を見せ始めたツナの直感力によってその場は逃げられる。 黒曜ランドの映画館で対峙した際には本物の「六道骸」であることを自ら明かし、フゥ太のマインドコントロールをツナに解かれた直後に戦闘を始める。 死ぬ気弾が使用できないツナとの戦闘では終始圧倒し、犬や千種、雲雀、獄寺、ビアンキらを憑依弾で操り、ツナを追い込んでいった。 しかし、ツナが小言弾とXグローブでハイパー死ぬ気モードとなると戦況は一転。 最終的には骸の黒いオーラを死ぬ気の炎で浄化され敗北、によって牢獄に収監された。 また、人気投票では第2回(悪役キャラ部門)は1位、全体でも1位、第3回(男性キャラ部門)は3位、第4回(キャラ部門)は4位、第5回は4位、第6回は3位と作中でも屈指の人気キャラクターである。 【VSヴァリアー編】 犬や千種とともに復讐者の牢獄から脱走を試みるが失敗、囮となって犬と千種を逃がすが、骸自身は捕らわれ、最深部の光も音も届かない牢獄に拘束されることとなった。 で放浪していたとき、瀕死となって精神のみが彷徨っていた凪(後のクローム髑髏)と遭遇、失われた内臓の機能を補い、六道輪廻の力の一部を与えた。 凪は一時的に骸を憑依・実体化させることのできる特異体質であり、骸は凪の体を借りて短時間のみ外界で実体化することが可能となった。 その後、ボンゴレファミリー門外顧問の沢田家光によって、ツナの 霧の守護者として選出される。 骸はこれを承諾する条件として犬と千種の保護を要求し、ボンゴレリングはクローム髑髏が所有することとなった。 これ以降、「クローム髑髏」側の記述も併せて参照。 【未来編】• 炎の属性 : 霧• 所持リング:霧系リング、瞳のヘルリング、ヘルリング(正式名称不明)• 所持匣:ヘルリングと物と類似した瞳で装飾された匣(白蘭との戦いで破壊された為、内蔵物及び正式名称は不明) 10年後の骸は、クローム髑髏と同様に、憑依弾なしで骸を憑かせる事が出来、輪廻転身をも出来る存在、グイド・グレコを「」としてミルフィオーレ本部でスパイ活動させていた。 グイド・グレコを媒体とし実体化して白蘭と一戦交えるが、深手を負い消息不明となる。 白蘭は死んだと語ったが、復讐者の牢獄の死亡者リストに名前が載っていなかったことから生存していることは確かでおり、実際チョイス終了後に生存が確認された。 骸は、外部からの助け(フランである様子)を得て脱出したと述べている。 クロームが10年前のクロームと入れ替わる半年前に、クロームを媒体に実体化してと戦闘し敗れたとされている。 その後、レオナルド・リッピとして情報を操作して10年前のクロームとグロ・キシニアが戦うよう仕向け、雨フクロウに憑依した状態でクロームを援護している。 なお、この骸が憑依した雨フクロウには、風紀財団によってコードネーム「 ムクロウ」が与えられていて、霧フクロウとなりクロームの所持物となった今では正式な名前となっている。 長期の休養を経て、チョイス後のツナたちの前に有幻覚として参上。 ツナたちが逃亡する時間稼ぎをした。 その後骸自身もフランの手助けを得て復讐者の牢獄から脱獄した。 真6弔花の戦いでは幻術を使って戦闘データを取り、クロームから霧のボンゴレリングと霧フクロウVer. Vを受け取る。 【I世ファミリー編】 長らく黒曜で様子を見守っていたが、霧の継承試験によってクロームに危機が迫ったため、姿を現す。 ツナとデイモンの戦いでは、デイモンの幻術を無効化してツナのX BURNERを喰らわせることに成功する。 さらにマフィアを殲滅して世界征服を目論んでいることを明かし、デイモンの興味を引き、継承を認められた。 【継承式編】 D・スペードとの戦いの際に実現化し、そのまま彼と戦うこととなる。 彼との勝負の後、肉体がデイモンに乗っ取られてしまったため、ムクロウへの憑依を余儀なくされたが、デイモンが体を捨てたことにより肉体を取り戻す。 その後、デイモンとの戦いの功績が復讐者に評価され、出所が認められ、晴れて自由の身となった。 【虹の呪い編】 ヴェルデの代理として黒曜メンバーとフランと共に参加。 ツナに宣戦布告をする。 ヴェルデの幻覚で作ったものを本物に変える装置でユニチームを3人、コロネロチームを2人倒す快進撃を見せる。 2日目の戦いで同盟を組んだリボーンとユニの2チームを相手に善戦するもその隙を突いたコロネロの狙撃によって負傷。 ツナが家光の下に向かいユニチームが脱落したことで撤退する。 その後の中間発表で復讐者の参戦を知り、さらに彼らから闇討ちをかけられ辛くも退ける。 復讐者の闇討ち後ヴェルデから、代理を降りて構わないと告げられるもそれを拒む。 3日目の戦いではリボーンチームと遭遇するも復讐者が3人現れたことで一時手を組むことにした。 チームの連携で彼らのローブを剥がすことに成功し彼らの素顔を目撃する。 本気になった復讐者に追い詰められるもリボーンの代理として現れたクロームと共に復讐者2人を撃破。 リーダーのジャックもツナが倒したことで勝利する。 その後ツナの呼びかけに応じバミューダチーム打倒のため残りのチームで同盟を組む。 自らは白蘭、XANXUS、スクアーロ、ディーノと共にイェーガーと戦うが彼の強さに全員がかりでも手が出せず後から来た雲雀も苦戦をすることとなる。 その後救援に来たツナによってイェーガーの弱点が明らかとなり雲雀と共にツナを援護しイェーガーを倒す。 その後呪解したバミューダに時計を壊される。 クローム髑髏(クロームどくろ) 声 - 演 - ボンゴレリング争奪戦において、ツナ側の霧の守護者として現れた少女。 生まれの。 13歳(中学2年生)。 血液型不明。 身長152cm。 体重41kg。 好物は、。 嫌いな食べ物は脂っこいもの、パイナップル。 好きな動物は猫。 六道骸と同じ髪型で同じ武器()を持ち、名前は「六道骸」のとなっている。 右目に髑髏の模様の眼帯を付け、黒曜中の制服をへそ出し仕様に改造したものを着用している。 骸を常に意識した姿をしており、骸を「骸様」と呼び、彼の意思に従い行動している。 本名は「凪(なぎ)」。 娘に愛情を注がない女優の母(声 - )と、仕事にしか興味のない大手外資系企業の営業部長の義理の父の間に育つ。 そういった複雑な家庭で育ったため普段は気弱で無口で大人しい。 ツナの守護者となった後も、普段は骸一味のアジトであった「黒曜ヘルシーランド」をねぐらとしているが、犬や千種からは疎まれ専ら1人で過ごしている。 人10年後の世界で笹川京子と三浦ハルから優しくされた際には戸惑っていた。 また、初登場時に挨拶と称してツナの頬にキスをするなど現代の日本ではとても非常識的な行動も取る。 猫を助けようとして交通事故に遭い、右目と内臓のいくつかを失っている。 医師は母親に内臓移植を持ちかけるも拒絶され、凪は生死を彷徨っていたとき骸と出会い、幻覚によって内臓の機能を補って延命している。 凪自身が骸を一時的に憑依させることのできる特異体質であり、体を媒体とすることで一時的に骸を実体化することが可能である。 初めて自分を必要とした骸の力になろうと尽力し、守護者としてツナへの協力も惜しまない。 アニメでは料理が不得意ということになっている。 京子とハル、イーピン、ビアンキとは未来編での交流を通じて友達の間柄となった。 【VSヴァリアー編】 ツナの守護者となった骸の代理として、犬や千種を伴ってボンゴレリング争奪戦霧の守護者戦に参じた。 マーモンとの戦いでは、幻術やの一部を駆使して善戦するも及ばず、骸との絆で拠所である三叉槍を破壊されると内臓の機能を失い窮地に陥った。 絶体絶命のピンチにあったが、実体化した骸が形勢を逆転し、勝利を収めた。 全員参加となった大空戦では、ベルフェゴールとマーモンに捕らわれ人質とされたが、了平によって救い出される。 その後、ツナが正統なボンゴレX世と決まったことによって、守護者の証である霧のボンゴレリングを所有することになる。 【未来編】• 炎の属性:霧• 所持リング:霧のボンゴレリング(10年前)、アニマルリング(ムクロウ)• V ヴァリアーとのボンゴレリング争奪戦から5年後、18歳の時に犬と千種とともに骸を救い出すため復讐者の牢獄へ突入を試みているが、失敗して以後の消息が確認されていない。 その後ボンゴレ側がクロームの姿を確認するのは10年後のツナたちが並盛地下アジトに辿り着く少し前であるが、それまでの間にグロ・キシニアとの戦闘で骸を実体化して応戦するも敗れ、5階の窓から飛び降りたと伝えられている。 ツナたちが10年後の世界に飛ばされた日から13日の間に、クローム自身も10年前の自分と入れ替わる。 状況を把握できないまま黒曜ヘルシーランドに身を潜めていたが、10年後の骸に誘導され訪れたグロ・キシニアとの戦闘に突入、苦戦しながらもグロ・キシニアの雨フクロウに憑依した骸の助けを受けてこれを退ける。 しかし、栄養失調から衰弱が激しく、帰国した10年後の了平に連れられて地下アジトに辿り着いた後はしばらく寝込んでしまった。 レオナルド・リッピとしてミルフィオーレファミリーに潜入していた10年後の骸が、白蘭との戦闘で消息不明となった際には、幻術で補われていた内臓機能を失い一時危険な状態に陥る。 雲雀の助言により霧のボンゴレリングで補った自らの幻術で一命を取り留めるが、未だ万全な状態ではなかったため、メローネ基地突入のメンバーからは外された。 その後、雲雀と草壁に連れられ、ランボやイーピンとともに2次突入メンバーとして潜入し、獄寺や山本らと合流するが、10年前の雲雀が暴走させた雲ハリネズミと入江の基地移動により逃げ場を失い捕らわれてしまうものの、入江の離反によりことなきを得た。 川平不動産で真6弔花に奇襲を受けた際、トリカブトが修羅開匣した幻術を、霧フクロウVer. Vを形態変化させた魔レンズで打ち破る。 3人の真6弔花との戦いでは、10年後の骸に霧のボンゴレリングと霧フクロウVer. Vを渡し気を失う。 戦いが終わった後、初めて実体の骸と対面して、笑顔を浮かべた。 その後、過去に帰った現代のツナ達と入れ替えに10年後の彼女も無事に装置から目覚めた。 【アルコバレーノ編】 10年前の世界へ一時帰還した後、黒曜ヘルシーランドに戻る。 アルコバレーノの試練には、スカルの試練では骸を実体化し誘導されて雲雀と交戦、リボーンとヴェルデの試練には半ば強制的ではあるが参加している。 【I世ファミリー編】 10年前に再び帰還してからは姿を消していたが、デイモンによって操られ、京子たちと共に捕えられてしまう。 アルコバレーノの力を使って幻術として出現したマーモンに叱咤され、京子たちを幻覚から救い出した。 【継承式編】 黒曜町でシモンファミリーの加藤ジュリーにナンパされるが無視。 継承式では、敵に襲撃され出席できなくなった山本を、周囲の目をごまかすため、有幻覚で作り上げ、その場をしのぐ(スクアーロやディーノにはすぐにばれたが、マーモンからは有幻覚の出来栄えを誉められている)。 クーデターを起こしたシモンファミリーと対決するが、圧倒的な力の前に敗れ、倒れたところをジュリーに連れ去られる。 シモンのアジトに監禁され、ジュリーに憑依していたD・スペードにを施され服従し、その後、洗脳を解除されると共に、Dの策略で骸と入れ替わってしまう。 デイモンとの勝利後、元に戻り、ボンゴレ・シモン陣営の守護者の中で唯一投獄や幻覚空間への幽閉を免れた。 自ら犠牲となる炎真を助けるため、結界を張るが、クロームの炎だけでは弱いため骸の炎で強化され6分割されたデイモンを攻略するきっかけを作った。 骸が出所した後、骸に黒曜から出ていくように言い渡され、並中に転校した。 【虹の呪い編】 骸が戻ってきたことによる彼との今までの関係が変化したことによって彼に自分を見てもらいたいという想いから彼の幻覚でできた内臓を拒絶していたが一方で今までどおり骸の内臓と共存したい気持ちもありジレンマに陥る。 そのせいで命の危機に瀕するほど衰弱していたがリボーンの「お前は骸のどこにいたいんだ? 」という問いに「骸と骸の好きなものを守れる場所にいたい」という答えを見つけリボーンの代理として参戦。 骸との合わせ技で復讐者2人を倒した。 バミューダチームとの戦いでは獄寺、山本、フランとともにスモールギアとビッグピノと戦う。 その戦いでやる気を見せないフランを叱咤し立たせるなど唯一彼を制御することに成功する。 救援に来たツナ達とともに2人を倒したあとツナとともにイェーガーの下に向かうもイェーガーの攻撃で負傷し後に呪解したバミューダによって時計を壊される。 戦いが終わった後も黒曜には戻らず、並盛に住んでいる様子。 門外顧問組織CEDEF(チェデフ) [ ] 正式名称は「 Consulenza Esterna Della Famiglia」。 通称、 門外顧問チーム。 普段はファミリーに所属しないが、非常時にはボスに次ぐ権利を持つ実質上No. 2の門外顧問が率いる組織。 7、8人で組織される少数精鋭部隊で、主に諜報活動を行う。 所属するメンバーの多くはの名前からとられており、それらは全て本名ではなくである。 表向きはを隠れ蓑にして、一般企業を装っている。 現在、諜報員は800人以上いる。 ボンゴレI世からII世に移り変わる時にボスの権力を分散させるために組織した。 【未来編】 10年後の世界では、ミルフィオーレファミリーの攻撃を受けた本部の救援に向かったが消息を絶っている。 ラル・ミルチ以外の安否は不明。 【虹の呪い編】 コロネロの頼みにより、コロネロの代理となった。 3日目開始前の復讐者の闇討で、時計を壊され、脱落する。 アラウディ ボンゴレファミリー初代門外顧問。 を参照。 バジル 声 - 演 - 家光を「親方様」と慕い付き従っている真面目で温厚な少年。 本名は バジリコン。 年齢は14歳。 生まれの獅子座。 身長157cm、体重47kg。 武器は刀兼用の兵器「メタルエッジ」と、死ぬ気弾の錠剤型「 」。 死ぬ気の炎の属性は 雨。 家光から昔ながらの日本文化を教えられたため、一人称が「拙者」であったり、他人を呼ぶ時は「おぬし」「~殿」と付けるなど、時代錯誤な口調で話す。 また、日本では洗濯をとで行うものだと思っている。 それらが現代の日本ではおかしいということを、彼自身は気付いていない。 好きな言葉は「」、「」。 好物は。 好きな音楽は。 趣味は洗濯。 宝物は家光からもらった。 家光の命により、をツナに渡すため、来日。 リング争奪戦ではツナの修行相手を務める。 超(ハイパー)モードになった時に、武器に雨属性の死ぬ気の炎を灯して見せた。 争奪戦終了後、ツナに死ぬ気丸を渡し、ランチアと共にイタリアに帰った。 【未来編】• 炎の属性:雨• 所持リング:雨系リング(精製度A以下)• 所持匣:雨イルカ ツナ達がメローネ基地に突入した9日前に、スペインで10年前の自分と入れ替わり、10年後のバジルが持っていたであろうリングと匣、「助太刀の書」でミルフィオーレを撃退しながら並盛のアジトへ来た。 チョイス戦から、ツナらボンゴレファミリーと行動を共にしている。 川平不動産で真6弔花の襲撃を受け、負傷した。 その状態で、了平、ランボ野猿、太猿と共に桔梗を始めとする真6弔花との戦闘を開始したが、戦闘中にGHOSTが出現する。 アルフィンの力により、GHOSTとの戦いとツナと白蘭の決戦でコンビネーション必殺技を使用、ツナと白蘭・そしてユニのいる結界を壊せはしなかったものの、内部への突破口をこじ開けた。 戦いが終わり、ツナ達と共に現代に帰還し、それと同時に10年後のバジルも正一の装置から開放され元に戻った。 【虹の呪い編】 コロネロの代理となり、メンバー揃って来日。 ツナと手合わせすることを望んでいる。 代理戦争前にさらなるハイパー化の修行を始める。 モレッティ 声 - 門外顧問チームの特殊工作員。 ニット帽を被った男性。 年齢は33歳。 生まれの水瓶座。 身長180cm、体重72kg。 「 殺され屋」の通称を持ち、仮死状態になる技「 (さようなら)」を使う。 初登場時は日本に遊びに来たついでの挨拶代わりにと、仮死状態でツナの部屋にいた。 【VSヴァリアー編】 家光から特命を受けてボンゴレ本部をスパイしており、ゴーラ・モスカのプロトタイプと対峙し窮地に陥っていたオレガノ、ターメリック、ラル・ミルチを助けた。 ターメリック 声 - 家光が本部に突入した時に同行した。 坊主頭の男性。 年齢は28歳。 生まれの蠍座。 身長186cm、81kg。 【虹の呪い編】 コロネロの代理として来日した。 オレガノ 声 - ターメリック同様、本部突入の際に家光に同行した、眼鏡を掛けた女性。 普段は家光のとして彼をサポートしている。 年齢は22歳。 生まれの魚座。 身長171cm、体重56kg。 【虹の呪い編】 コロネロの代理として来日した。 ラル・ミルチ 声 - 濁った灰白色のおしゃぶりを所有する赤ん坊だが、ではなくそれに準じた存在で、自称「アルコバレーノのなりそこない」。 年齢不詳。 生まれの魚座。 身長40cm、体重4kg。 一人称に「オレ」など男言葉を使うが、。 イタリア海軍特殊部隊「(コムスビン)」の教官時代にアルコバレーノになる以前のコロネロを鍛えあげており、その指導力はリボーンからも高く評価されている。 しかし、アルコバレーノの呪いを受ける際にコロネロは庇いきれず、ラル・ミルチ自身も影響を受けて赤ん坊の姿に戻り、に含まれない「灰白色のおしゃぶり」を所有することとなった(これが「なりそこない」の所以)。 ただし、他のアルコバレーノと異なり呪いが不完全であったため、力を使用しすぎなければ呪いは解ける可能性があり、10年後の世界では非7 3線の影響も少ないため生きながら成長もしている。 武器は。 呪いの影響で顔の右側に痕があり、右目の視力が悪化しているためが欠かせない。 初登場の『VSヴァリアー編』では、家光・オレガノ・ターメリックと共に、ボンゴレ本部に突入した。 【未来編】• 炎の属性:雲、霧• 所持リング:雲系蜈蚣のリング、霧系リング、霧のステルスリング、雨のアルコバレーノのおしゃぶり(呪いが不完全なことによる影響で混濁している)• 所持匣:霧ガントレット、雲蜈蚣、迷彩柄の保存用匣、バルーン(ほか2つ) 10年後は成人した姿で登場。 身長165cm、体重49. 5kg。 並盛町にいるツナのファミリーの調査のため来日したところ、10年前の姿をしたツナ達と偶然出会い同行する。 アジトに来る最中にコロネロの物と思われる迷彩柄のバンダナを持っていたりと、コロネロとの関係が深く、その敵討ちも兼ねて敵を討とうとしている。 甘えや妥協を良しとしない厳格な性格だが、無茶をする無鉄砲な一面もあり、不器用な面も見せる。 生真面目すぎるため、リボーンからよくからかわれている。 なりそこないであるため、波動が雲と霧の属性に変化してしまった。 本来受け取るはずだったおしゃぶりの属性は雨。 当初は10年後に来たツナ達を信用しておらず、彼らの力を借りずに白蘭を倒そうとしていたが、リボーンの言葉によりツナ達を鍛えること、そして二度と悲劇を繰り返させないことを決意する。 ミルフィオーレの日本支部突入では、コロネロの仇とも言うべきジンジャーと対戦、辛くも勝利を収めるも重傷を負い、意識を失った。 その後、ツナ達と合流する。 メローネ基地での基地での戦いが終わった後、ボンゴレのアジトで療養しており、傷が癒えていないためチョイスには参加せずにアジト内で待機している。 戦いが終わった後、ユニの力によって生き返ったコロネロと再会し、ツナ達が過去に帰るのを見届けた。 【アルコバレーノ編】 アルコバレーノの試練の立会人として登場している。 必殺技は「 サバイバルブラスト」。 【虹の呪い編】 コロネロが家光を代理に選んだためコロネロのチームとして代理戦争に参加。 代理戦争で戦闘に参加した描写はなかったが復讐者のルールの裏をかいた闇討ちに遭いなんとか退けるも家光のボスウォッチが破壊され敗退。 その時コロネロが自分の呪いを解くために戦っていたことを知り想いを通じ合わせる。 代理戦争が終わりチェッカーフェイスから呪いを解かれ、呪いを完全に受けていないことが幸いし元の姿に戻る。 その後コロネロと結婚しその式にツナたちを招待する。 ヴァリアー [ ] ボンゴレファミリー最強と謳われる闇の独立暗殺部隊。 ボスへの忠誠心が強く、裏で様々な仕事をこなしてきたが、XANXUSがリーダーになると同時に暴走し始める。 人間わざでは到底クリアできないようなミッションをいかなる状況でも完璧に遂行する、悪魔の所業ともいえる殺しの能力の高さを持つ集団であり、周りからは畏怖を込めて「 ヴァリアー・クオリティ」と言われている。 「弱者は消す」が理念であり、失敗すれば容赦なく処刑される。 なお、メンバー全員は7ヵ国以上の言語を話すことができ、同時に入隊条件でもある。 【未来編】 ミルフィオーレファミリーの第11ヴィオラ隊を襲撃し、B級以上の4人を暗殺しているとレオナルド・リッピ(グイド・グレコ)が白蘭に報告したが、これはレオ(=骸)による情報操作であった。 ツナたちのいる日本支部に、外部に異変があったとしても指示があるまでは現状を維持するよう連絡してきたが、ヴァリアーはボンゴレ9代目直属の部隊であるとして日本支部への支援は行っていない。 ボンゴレによるミルフィオーレに対する一斉襲撃のイタリア主力戦では、ボンゴレ連合軍が苦戦したミルフィオーレ・ホワイトスペルの古城を10分で攻略、新たに指揮官となった6弔花のジル率いるミルフィオーレ軍を相手に応戦し、撃破している。 その後、すでに日本を訪れていたスクアーロ、骸救出に向かったフランを除いた幹部全員で、ボンゴレリング所有者を援護する目的で来日した。 XANXUS(ザンザス) 声 - 演 - ボンゴレ9代目ボスの息子で、ヴァリアーのボス。 ボンゴレ10代目候補として、 大空のハーフボンゴレリングと、X(10)の称号を名前に2つ持つ。 顔と全身に9代目につけられた無数の傷跡を持ち、激昂すると顔の傷跡の範囲が広がり大きく浮かび上がる。 普段は寡黙だが、自分以外の人間を「カス」と見下す傲岸不遜さ、凄んだだけで相手を沈黙させる威圧感を持つ。 年齢は24歳。 10月10日生まれの天秤座。 A型 [ ]。 身長188cm、体重80kg。 嫌いなものは自分以外の全て。 趣味は銃の手入れ、スクアーロいじり。 好きな飲み物は、。 マーモン曰く好きな食べ物は肉(ただしA5ランクの物のみ)。 ツナの後から新たに10代目ボス候補に選ばれたと思われていたが、実はXANXUS自身の虚言。 昔は自分が9代目の実子であると信じていたが、それは、下町の生まれにして炎を宿していた自分を見て「XANXUSは自分と9代目との子だ」という妄想に取りつかれた母親の妄言だということ、実の子同然にXANXUSを受け入れようとしていた(XANXUS自身はそれを決して認めようとしなかった)9代目の嘘だということ、自分にボスの座の継承権はないということを、16歳の頃に知ってしまう。 その後ボンゴレ史上最大の「 揺りかご」を起こし9代目の命を狙うも、「 」を受け氷柱の中に封印され、その際顔と全身に無数の傷を負っており、怒りが頂点に達するとその時の傷が浮かび上がる。 その後何者かによって封印を解かれ(これに関しては、誰が何のためにしたのかは最後まで明かされなかった)、ツナ達とのリング争奪戦に至る。 ボンゴレの血統ではないが、「 (死ぬ気の炎の亜種)」と呼ばれる凄まじい破壊力の炎を自在に使いこなし、掌中に発生させ放出して相手にダメージを与えることが出来る。 武器は、死ぬ気の炎を蓄えられる7代目が使用したものと同じを愛用している。 ボンゴレリング争奪戦大空戦でツナに敗れた後、処罰された(処遇は家光と9代目が決めたとされるが、その内容は不明)。 【未来編】• 炎の属性:大空、嵐• 所持リング:大空のヴァリアーリング• 所持匣:白の天空ライオン(天空嵐ライガー) 10年後もヴァリアーボスとしてヴァリアーに在籍。 10年経っても乱暴さは健在のようで、ミルフィオーレに部隊が襲われる緊急時にも部下にフィレ肉を要求し、用意できなかった部下に当たり散らしていた(スクアーロは完全にあきれていた)。 実力も健在の様子で、イタリア戦線においてジルとオルゲルトに拠点の古城を奇襲攻撃され、城を潰されても玉座に座ったままジルを挑発。 そして自身の匣、白の天空ライオン(レオネ・ディ・チエーリ)でオルゲルトの巨雨象(エレファンテ・フォルテ・ピオッジャ)を本来大空の匣には出来ないような技を用い撃破。 その後ジルの嵐コウモリ(ピピストレッロ・テンペスタ)の不意打ちを受け激昂、体のあざを浮き出させ、自身の匣の真の姿、天空嵐ライガー(リグレ・テンペスタ・ディ・チエーリ)を露わにして応戦し、撃破する。 ジルの挑発に対する怒りから、10年後のツナをそれなりに認めてはいるものの負けたことは未だ屈辱と感じ、ボスの座も諦めてはいないようである。 また、自分を負かした彼をどうしても認められない模様である。 ザクロ・ブルーベルと獄寺の交戦に割って入り、大空と嵐の雄たけびでアンモニウムを破壊する。 【虹の呪い編】 マーモンの代理のリーダーとしてツナに敗北の雪辱を果たすため参戦。 しかし一度目の戦いでは終始寝転がったままだった。 二度目の戦闘でのヴァリアーと雲雀との戦いでは空腹で食べたルッスーリアのおしるこのもちを喉に詰まらせ水を取りに行ったマーモンを追いかけたところに鉢合わせる。 タルボからヴァリアーリングに付けられた新機能によりボンゴレギア同様ベスターを呼び出し「形態変化」させることができるようになり、ディーノの挑発により怒りで古傷を浮かび上がらせながらベスターを形態変化させ「 獣帝銃( ピストラ・インペラトーレ・アニマーレ)」を使い雲雀達を圧倒。 雲雀のボンゴレギアの鎖分銅での攻撃により引き分けるも結果に納得せずに戦闘を再開しようとした雲雀がボスウォッチを自ら壊したのを見て、同調し自分も壊そうとしたところを部下達に強引に止められる。 復讐者の闇討ちでは手傷を負わされながらも泰然とした態度だった。 ツナの呼びかけによりバミューダチーム打倒のための同盟を組み自らイェーガーとの対決を希望。 スクアーロや骸、白蘭、ディーノと共に挑んだが、最初のイェーガーの奇襲で右腕を切り落とされスクアーロを瀕死に追い込まれてしまい、白蘭の作った隙を突いたがあっさりかわされ重症を負わされ脱落。 一足早く病院に送られる。 スペルビ・スクアーロ 声 - 演 - ヴァリアーのNo. 2で、好戦的な性格の長い銀髪の剣士。 火薬仕込みの剣を使う。 ( squalo)はイタリア語で「鮫」を意味する。 年齢は22歳。 生まれの魚座。 身長182cm、体重75kg。 好きな言葉は「誇り」。 好物はマグロの。 嫌いなものはXANXUSのご機嫌取り。 好きな動物は鮫。 趣味は剣の手入れ。 「う゛お゛ぉい! 」が口癖で、常時ドスのきいた声でがなり立てている。 フゥ太の声の大きいマフィアランキングでは堂々の第一位。 かつて剣帝テュールとの戦いで、左手を持たない剣帝の技を理解するために自ら左手を切り落とし、その後は剣を着脱できる義手を着けている。 その義手は全方向に自在に動かせるため、死角はない。 ヴァリアーのボスになる力を持っていたが、XANXUSの怒りに憧れボスの座を譲り、彼の計画成功の験担ぎとして髪を8年間伸ばし続けていた。 誰もが恐れる凶暴な男だが、ヴァリアー内部ではその血の気の多い性格はむしろあしらいやすいらしく、XANXUSには カスザメ、フランには 「アホのロン毛隊長」などと呼ばれている。 【VSヴァリアー編】 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 雨のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 少年の頃から東洋・西洋問わず流派を潰しており、その流派のスタイルを片っ端から吸収していくことで強くなっていった。 雨戦では、かつて倒した時雨蒼燕流を使う山本相手に優勢に運ぶが、継承の方法までは知らなかったことが仇となって敗れ去る。 戦闘後、雨の守護者の戦闘エリア「アクアリオン」に放たれた鮫から山本が助けようとしたが、剣士としてのプライドから自らそれを拒み、サメに食われて水中に没した。 そこで死亡したと思われていたが、実はディーノの部下によって助け出されており、重傷を負ったものの一命は取り留めた。 死んだものと思われたため(チェルベッロは知っていたと述べている)大空戦への強制招集の対象からは外されたが、XANXUSの過去を知る数少ない人物として重要な証言をした。 【未来編】• 炎の属性:雨• 所持リング:雨のヴァリアーリング• 所持匣:暴雨鮫 10年後もヴァリアーに在籍、作戦隊長として戦線指揮を執っている。 2代目 剣帝を名乗っている。 以前自分を破った山本の剣の才を見込み、自分の戦った状況を撮っては「剣帝への道」と称した(撮影はルッスーリア)を、毎度「自慢」として山本に送りつけている。 DVDは「100戦」と銘打たれているが、100戦目に戦った幻騎士がわざと負けたことには既に気がついていた為、ひそかにノーカウントにし、その100戦のDVDの他に表向きはおまけとして他の剣士との101戦目の戦闘DVDが収められている。 イタリア戦線では作戦隊長としてヴァリアーをまとめミルフィオーレに対抗しており、篭城している古城の東方の抜け道においてミルフィオーレ隊員と戦闘を繰り広げていた。 その後、山本の修行のため日本へ渡り、山本を鍛え上げる。 チョイスでは、基地ユニットにこっそり忍び込んで会場までついて来ていたが、桔梗に見破られ姿を現した(本人によると、紛れ込んで暴れるつもりだったらしい)。 チョイス終了後にユニを匿って逃亡した後、ボンゴレ日本支部に潜入したザクロからユニたちが逃げる時間を稼ぐために交戦したが、左手を切り落とされるなど圧倒された。 その後、重傷を負っていたが、救出に向かった山本によって救い出され、GHOSTとの戦いの最中に姿を見せる。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式に出席するため来日。 欠席のXANXUSに代わりヴァリアーボスを代行。 シモンファミリーのクーデターに際し、シモン討伐の任の引継を9代目に進言するが、却下される。 【虹の呪い編】 マーモンの代理として参戦。 一度目の戦闘で炎真と遭遇しヴァリアーの連携で潰しにかかるも呪解したスカルのアンデッドボディに阻止され時間切れとなる。 二度目の戦闘ではホテルにやってきた雲雀と風と対決。 風によって他のメンバーが脱落し、XANXUSの参戦により切り返しを狙うも風の奥義により時計を壊される。 復讐者の参戦と闇討ちを受けてその後マーモンチームに余っていた時計をつけて再び参戦。 ツナの呼びかけによるバミューダチーム打倒のための同盟では各チームのリーダーと一緒にイェーガーの相手をすることになるも右腕を落とされたXANXUSを庇い心臓を一突きされてしまう。 その後マーモンによって幻覚の心臓を作られたことで一命を取り留めた。 ベルフェゴール 声 - 演 - ヴァリアーの幹部の一人。 通称・ ベル。 名前の由来は旧約聖書『民数記』第25章に出てくる、七つの大罪に比肩する悪魔の一柱の「怠惰」「色欲」を司る悪魔の名からである。 通り名は「 プリンス・ザ・リッパー(切り裂き王子)」。 (ティアラ)を被り、目は前髪で隠れていて見えないが、ルッスーリアによると、涼しげで優美らしい。 隊服の下にボーダーの服を着用している。 年齢は16歳。 とある国の王子だが、出身国は非公開(本人によると加盟国)。 生まれの射手座。 AB型。 身長170cm、体重58kg。 好物は寿司。 好きな飲み物は牛乳。 好きな言葉は「王子」。 嫌いなものは自分より生意気な奴。 趣味は地元の殺し屋殺し。 フゥ太の財布にお金が入っていないマフィアランキングでは第一位(理由はカードしか持ち歩かないから)。 武器は鋭いと。 ヴァリアーの中でも一番の天才であり、こと戦闘に関してのみならば最も才能があると言われている。 王族の血を引いているものの、常人離れした戦闘センスを持て余し、8歳で自らヴァリアーに入隊した変わり者。 口癖は「だってオレ王子だもん」。 「うしし」などの相手を小馬鹿にしたような笑い方をよくする。 一見すると無邪気に見えるが、実際は邪気の塊のような性格であり、遊び感覚で人を殺すが、非戦闘員に関しては面白くないので手を出さない。 小説版では、リング争奪戦の合間に山本武の父で元殺し屋の剛を殺しに訪れたが、成り行きで刺身さばきの対決を繰り広げたことがあり、その影響か好きな食べ物が寿司になっている。 過去に自分の双子の兄()を「ゴキブリと間違えた」と言ってメッタ刺しにして殺しており、自らの血を見ると半狂乱的な状態になる。 また、雲雀と戦った際に「自分の血を見て本気になるのも悪くないけど今は記憶を飛ばしてる場合じゃない」と言っていたことから、記憶は飛んでいるものの、自分が血を流すと興奮することは自覚している。 【VSヴァリアー編】 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 嵐のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 嵐戦では獄寺と死闘の末に倒されたかに見えたが、リングへの執着心のみで獄寺から勝利をもぎ取る。 大空戦では被毒するがXANXUSによって救われる。 その後雲雀に重傷を負わせながらも退けられる。 マーモンを解毒し、共にクロームを盾にして大空以外のリングを手に入れると共に獄寺、山本、クロームの殺害を試みるが、了平によって阻まれ、リング入手のみに終わる。 その後マーモン共々XANXUSのもとに駆けつけ、氷漬けにされたXANXUSを救い出すもXANXUSとリングが適合しなかった。 切り札としたヴァリアー精鋭部隊もランチアに壊滅させられ、降伏する。 【未来編】• 炎の属性:嵐• 所持リング:嵐のヴァリアーリング• 所持匣:嵐ミンク 10年後もヴァリアーに在籍。 イタリア戦線では、後輩フランと共に拠点の古城から南地点でミルフィオーレ隊員と戦闘を繰り広げた。 しかし、そこで殺したはずの双子の兄ジルと出会い、ジルの嵐コウモリに攻撃されダメージを受けたがその後はフランの幻術により攻撃を受けて死んだように見せかけ無事だった。 その後、真6弔花との戦いに参戦する。 【アルコバレーノ編】 マーモンに付き添って来日、帰国子女の転校生・針山姫子(はりやま ひめこ、声 - )としてツナたちのクラスに潜入した。 ドライで友好的な性格を演じ、なぜか自分のことを「姫」と呼ばせたがる(理由は本来は王子だが、針山姫子姿が女だからである)。 転校初日、双子なのに全然似ていないと言ったツナの声を聞き取ってみせるなど、優れた聴覚力を披露した。 笹川京子、黒川花、三浦ハルに並盛商店街を案内してもらっている最中にDr. シャマルと遭遇し、見破られる。 マーモンの試練の際、匣兵器の残骸から身を守るためにナイフを使い、山本に正体を見破られる。 その後すぐには帰国せず、マーモンと共に竹寿司に来店している(彼によると、「これが楽しみでついて来た」らしい)。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式に出席するため来日。 マーモン 声 - 演 - ヴァリアーの幹部の一人。 幼児の姿をしている。 フードを被っており、素顔は見えない。 性別は不明。 両頬に逆三角の模様がある。 名前の由来は七つの大罪に比肩する一つで「強欲」を司る悪魔である。 マーモンは「富・財」を意味する。 年齢不詳。 生まれの蟹座。 身長40cm、体重3. 6kg。 好きなものは金。 好きな言葉は「貪欲」。 好物は5円チョコレート。 好きな飲み物は。 趣味は預金通帳の確認。 風(フォン)同様、辛口の麻婆豆腐が食べられない。 かなり金にがめつい守銭奴で、他のヴァリアーメンバーを苛立たせるほど。 アニメ版ではボスであるXANXUSにすら、ツケを条件でスクアーロを始末しようかと持ち掛けていた。 冷静で饒舌。 「ムム」が口癖。 超能力が使え、幻術と超能力の両方を組み合した戦闘スタイルの強者で、「 (ねんしゃ)」という、鼻をかむことにより鼻水で標的までのを作る能力を持つ。 これは超能力の応用になる。 普段はおしゃぶりに鎖を付けて機能を封印しているが、アルコバレーノの1人・ バイパーである。 ペットとして巻きガエルのファンタズマを連れている。 おしゃぶりの封印を解放すると、ファンタズマが黒いカエルの姿から白い巻きカエルへと変化し、またの頬の三角模様がすこし長くなる。 アルコバレーノの呪いを解こうと努力しているらしく、その努力を怠っているリボーンやコロネロを見下す発言も。 本人によると六道輪廻を信じておらず、生まれ変わりは存在せず、人は同じ人生を繰り返す存在という考えを持っている。 【VSヴァリアー編】 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 霧のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 霧戦ではクロームと対等に戦った後アルコバレーノの力を見せつけ圧倒するが、骸に入れ替わったことで逆に窮地に追い込まれ、逃走する。 その後捕獲され、大空戦に参戦。 被毒するが、ベルフェゴールによって助けられる。 その後ベルフェゴールと共にクロームを盾にして、大空以外のリングを入手すると共に獄寺、山本、クロームの殺害を試みる。 しかし、了平によって幻覚を破られ、リング入手のみに終わる。 その後ベルフェゴールと共にXANXUSの元に駆けつけ、氷漬けにされたXANXUSを救い出すも、彼とリングが適合しなかった。 切り札としたヴァリアー先鋭もランチアに壊滅させられ、降伏する。 【未来編】 他のアルコバレーノ同様死亡したと伝えられている。 ジンジャーの話では、コロネロとミルフィオーレ相手に共闘し、コロネロに庇われて1人になると自殺を選んだとしている。 身に着けていたおしゃぶりはユニがミルフィオーレファミリーから離反する際に持ち出し、ユニの力によっておしゃぶりから体の一部分が出てきている。 【アルコバレーノ編】 ツナ達にアルコバレーノの試練を与えるために再来日、帰国子女の転校生で姫子の双子の針山紋太(はりやま もんた、声 - )としてツナたちのクラスに潜入した。 活発な姫子とは正反対に暗い性格。 『すぐに物を投げる父親(恐らくXANXUSのこと)と、ベタベタうるさい母親(恐らくルッスーリアのこと)という家庭で2人は育った』という設定らしく、彼は「今は両親と離れて清々している」と言っている。 スカルの試練「魅力」ではツナに扮して雲雀と骸をツナと戦うように仕向けようとする。 その後、第3の試練「適応力」では、ヴェルデから実験用に譲り受けた開発段階の霧の匣兵器(ピンボール、ワニ、ヒトデ)を使い、ツナ達と戦う。 必殺技は「 バイパーミラージュ」。 【I世ファミリー編】 金儲けにならないと文句を言いつつも、霧の守護者であるクローム髑髏の家庭教師となる。 霧の認定試験ではコロネロに言われて、黒曜に向かいアルコバレーノ全員の力を結集して、捕らわれたクロームの前に幻術として現れ、叱咤することで幻術を打ち破らせた。 その後、迎えに来たスクアーロとベルフェゴールと共に帰っていった。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式に出席するため来日。 レヴィ・ア・タン 声 - 演 - ヴァリアーの幹部の一人で、「 レヴィ雷撃隊」の隊長。 仕事熱心かつ残酷な性格の電撃使い。 名前の由来は旧約聖書に登場する海の怪物(怪獣)で、語源は一説に「ねじれた」「渦を巻いた」という意味のヘブライ語からである。 年齢は23歳。 生まれの蠍座。 身長193cm、体重90kg。 好きな言葉は「よくやったレヴィ」(ボス:XANXUSからのみ)。 好物は。 嫌いなものは己の地位を脅かす者。 趣味は任務。 好みのタイプは妖艶な女性であり、霧戦にて現れたクローム髑髏を見て頬を染める。 枕元には116個の目覚まし時計が常備されており、「起きれなかったら死にます」と宣言している。 マーモンによると「仕事は早いが動きは鈍重」。 XANXUSから誉められることが彼にとっての全てであり、自身の立場を脅かす者を見るとスイッチが入り、嫉妬の炎に燃える。 アニメではXANXUSに負わされた傷は勲章と思っている。 リボーンによると冗談の通じない性格で、一度ターゲットを決めれば女子供とて容赦しない。 頭は良く、一流大学を首席で卒業し教授の道を約束されていたほどのエリート。 しかし、その性格から来る煩悩で能力を発揮できていない。 【VSヴァリアー編】 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 雷のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 武器は8本の電気傘(パラボラ)。 雷戦では最初は優勢に勝負を進めるも、20年後ランボに圧倒され絶体絶命であったが、バズーカの時間が切れ元に戻ったことで形勢が逆転。 ランボを瀕死の状態に追い込むがツナが助けに入ったことで止めは刺せなかった。 大空戦では被毒するが、XANXUSによって救われる。 ランボに止めを刺そうと迫るが、獄寺に撃破されてしまう。 【未来編】• 炎の属性:雷• 所持リング:雷のヴァリアーリング• 所持匣:雷エイ 10年後もヴァリアーに在籍。 髭をたくわえている。 ベルフェゴールと同様、生意気な後輩フランのことを快く思っていないようである。 自身の必殺技「レヴィ・ボルタ」を、リングの炎を自らの発炎能力により何倍にも増幅することのできる雷エイ(トルペディネ・フールミネ)を使い、増幅された雷の炎と付属兵器による新必殺技「 SUPER・LEVI・VOLTA」( スーペル・レヴィ・ボルタ)を完成させた。 イタリア戦線ではルッスーリアとともに古城で後方支援に回っていたが、北方に現れたミルフィオーレファミリーに応戦するため援軍に向かい重傷を負わされるものの、生き延びている。 その後、真6弔花との戦いに参戦する。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式に出席するため来日。 ルッスーリア 声 - 演 - ヴァリアーの幹部の一人。 で話し、派手な格好をしている。 ヴァリアーの何人かが彼を変態と発言しており、彼自身もそれを認めているが、ナヨナヨしたしゃべり方とは裏腹に、トレーニングを欠かせない筋骨隆々の肉体派であり、最年少のチャンピオンになったことがあるらしい。 チャームポイントは小指で、死体愛好家(アニメ版では遠回しに表現されている)。 の使い手で、左足は鋼鉄が埋め込まれた「 メタル・ニー」。 年齢は25歳。 生まれの牡羊座。 身長185cm、体重78kg。 好物は。 好きな言葉は「もうっ踏んづけてやるっ!! 好きなものは肉体。 趣味はファッションチェック、映画鑑賞。 美を追求する思想が強く、10年後のヴァリアー幹部の証である「」のデザインに対しては、デザイナーに100回のやり直しを命じたほど。 【VSヴァリアー編】 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 晴のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 大空戦では絶対安静の状態でベッドごと招集され、被毒する。 身動きの取れない状態だったが、了平の提案により獄寺が解毒し一命を取り留めた。 【未来編】• 炎の属性:晴• 所持リング:晴のヴァリアーリング• 所持匣:晴クジャク 10年後もヴァリアーに在籍している。 髪を刈っている部分がレインボーになっている(カラー扉絵参照)。 眼鏡がないと何も見えない。 イタリア戦線ではレヴィ・ア・タンとともに古城で後方支援にあたり、晴クジャクで傷ついたヴァリアー隊員を治療しており(部下達には「ルッス姐さん」と呼ばれている)、オルゲルトの巨雨象による特攻を受けたが、無事だった。 その後、真6弔花との戦いに参戦する。 【継承式編】 ボンゴレボスの継承式に出席するため来日。 ゴーラ・モスカ 演 - ヴァリアーの主要メンバーの一人でボス補佐。 外見はを付けた巨漢。 XANXUSを守護する主要ファミリーの証として 雲のハーフボンゴレリングを持つ守護者。 旧イタリア軍が極秘裏に開発していた戦闘用のであり、死ぬ気の炎を動力源とし、ゴーラ・モスカの動力源として9代目が取り込まれていた。 プロトタイプの方には背中に緊急停止のスイッチがある。 雲戦では雲雀に致命的なダメージを受けたことで暴走したが、ツナによって破壊される。 身長230cm、体重957kg。 両手五指の先端から鉄砲のように弾が撃て、腹部から圧縮粒子砲を放つことができる。 その他にも追尾(ホーミング)を666個、捕縛用レーザーネットを1つ、を6つ装備。 ミサイルの個数は悪魔の化身が右手の甲もしくは額に付いている数字が 666で、死を与えるミサイルのことを悪魔の化身という風に例えたからである。 10年後では2代後継となる「ストゥラオ・モスカ」とその強化バージョンである「キング・モスカ」が、小説版ではプロトタイプである「ヴェッキオ・モスカ」が登場する。 なお、ボンゴレ本部でオレガノ一行を襲ったのも「ヴェッキオ・モスカ」である。 テュール XANXUSの前のヴァリアーのボスで剣の帝王と謳われていた。 少年時代のスペルビ・スクアーロの噂を聞き、スカウトするがスクアーロがヴァリアー入隊の条件として真剣勝負を求めて来たためこれを受ける。 誰もがテュールの勝利を確信していたが、2日間の死闘の末にスクアーロの鮫特攻を受けて死亡している。 フラン 声 -• 炎の属性:霧• 所持リング:霧のヴァリアーリング、666のヘルリング• 所持匣:霧属性? 個(ベル先輩型囮匣含む) 幻術の使い手で、10年後の世界でのマーモン(バイパー)の後任のヴァリアー幹部。 ベルに無線内蔵のの帽子をかぶらされており、そのせいかベルにはよく「カエル」と呼ばれている。 一人称は「ミー」。 語尾を延ばす(「 - ですー。 」等)口調が特徴。 しかも棒読み。 慇懃無礼な毒舌家で、やる気のない態度をとっていつもヴァリアー幹部を苛立たせている。 XANXUS以外のメンバーに面白みのあるあだ名をつけている。 背中にナイフを何本も突き刺されてもなぜか出血しなく、反応も無機質である(涙を流していたので不快ではある様子)。 復讐者をも欺くほどの腕を持つ世界に3人といない幻術の使い手であり、幻術の師匠は六道骸で、白蘭によって窮地に追い込まれた骸の脱出を手助けし、骸の脱獄にも一役買っている。 コミックス25巻「ルッスーリア3丁目」において、プロフィールは「TOP SECRET」となっている。 ヴァリアー入隊の経緯はスカウト(本人によると人さらい)。 匣兵器とそれを開けるリングを持っているが、本人の話では開匣には決めポーズが必要らしく、カエルの帽子のせいでポーズに組み込まれている「両手を上げる」ということができないせいで開匣できないらしい(ベル先輩型囮匣は普通に開けられていたが)。 ポーズ方法は「両手を前に、右手を上げて、左手も上げて、ハァ~、開匣!! 」になる。 イタリア戦線では、ベルと共に拠点の古城から南地点でジル達ミルフィオーレ隊員と戦闘を繰り広げ、ジルの攻撃から幻術でベルを守った。 その後M・Mを訪ねて(その際ルッスーリアにはW・Wと間違われていた)ヴァリアー本部を離れ、M・Mや犬・千種らと合流、経緯は不明だが(幻術によりミルフィオーレの使者になり済ました模様)復讐者の牢獄から師匠である骸を救い出し、3人の真6弔花との戦いの最中に姿を見せる。 オッタビオ 小説版に登場した元ヴァリアー副隊長。 眼鏡をかけたインテリ系青年。 表だって荒事には参加しないが、さまざまな方面への交渉能力の高さとどのような仕事も冷静にこなす点で、三十代ながらも組織内部で大きな地位を築いた。 しかしイタリア軍から武器の横流しをしていたこと・揺りかごで九代目とXANXUSのやり取りを盗み聞きしていたことがXANXUSにばれ、そこからマレ・ディアボラ襲撃占領事件の真相が発覚、憤怒の炎に部下もろとも焼かれて死亡する。 揺りかごの後の彼の行動から、ベルフェゴールは彼を嫌っていた様子。 その他関連人物 [ ] ジャンニーニ 声 - ファミリー専属の武器チューナー。 生まれの。 22歳。 身長148cm、体重66kg。 一流武器チューナーであるジャンニーイチの息子だが、ジャンニーニ自身は修行中の身であり腕は未熟。 多数のマフィアのボス候補者が暗殺された折、ボンゴレIX世の命令を受けて海外在住のファミリーの武器改造を目的に来日したが、リボーンの銃や獄寺のダイナマイト、ランボの10年バズーカを改悪してしまった。 また、ビアンキが勝手に進めたリボーンとの結婚式では、逃亡したリボーンの代役としてリモコン人形を作った。 原作での初登場は戦いに突入する前だったが、アニメではヴァリアー編に初登場した。 【未来編】 10年後のジャンニーニは専属チューナーとして活動しており、非7 3線を防ぐアジトのバリアシステムやリボーンの特殊なスーツを手がけるなど腕は格段に上がったが、失敗もやはり多い。 現代のツナ達が来る2週間前に来日し、並盛地下アジトのシステム全般を管理している。 のんびり屋だが、同じ技術者である入江とスパナがボンゴレ入りしてからはライバル意識をむき出しにするようになった。 タルボ ファミリーに代々仕える盲目の老。 9代目とは旧知の仲。 ボンゴレファミリーのボスの継承式に現れ、シモンファミリーに破壊されたボンゴレリングをボンゴレギアへと生まれ変わらせた。 ボンゴレI世の頃から仕えているとの噂もあり、そのためか「 罰」と呼ばれるボンゴレI世の血液が入った小瓶を持っていた。 リングの声を聴くことができる。 ビアンキ、イーピン、フゥ太 10年後の世界では、ボンゴレファミリーの活動に携わっている。 詳細はを参照。 入江正一、スパナ 10年後の世界では、ミルフィオーレファミリーに所属していたが、後にボンゴレファミリーに協力している。 詳細はを参照。 草壁哲矢 10年後の世界では、風紀財団と一員で雲雀の補佐役としてボンゴレファミリーに関わっている。 詳細はを参照。 脚注 [ ] []• アニメでは発砲された際に弾丸が割れて、内部のエネルギーのみが飛び、対象に命中するという演出である。 ドラマCDにより若かりし頃のタルボによって作られたことが判明した。 コミックス23巻「ハルのハルハルインタビュー」• 公式キャラクターブックの「イーノ」は誤植。 原作標的226のジルの発言より• 家庭教師ヒットマンREBORN!

次の

嵐「Face Down:Reborn」のMP3フル配信を無料ダウンロードする方法は?

嵐 リボーン

人気アイドルグループ「嵐」が19日、同グループの公式ツイッターを更新。 ツイッターでは「みんなにとっておきのお知らせ!」と題し、動画も添付。 メンバー全員で「どうも嵐で~す!」と切り出して、相葉雅紀(36)が「みんなのおかげで最高の20年を過ごさせてもらってます。 ありがとう」と感謝した。 続けて櫻井翔(37)が「皆さんに2019年の感謝の気持ちを込めて、なんと、曲をお届けします」と発表。 デビュー曲の『A・RA・SHI』が新しく生まれ変わります」と紹介された。 大野智(39)が「なんと、12月20日、配信スタート~!」と高らかに宣言し、メンバー全員で「聴いてね~!」と呼びかけた。 また、最後には松本潤(36)「誕生日おめでとう」と24日に37歳の誕生日を迎える相葉をお祝いして締めくくられた。 第1弾でデビュー曲「A・RA・SHI」をリプロダクションし、同グループ2作目となるデジタルリリースとなった。 20日午前0時より各配信サービスでダウンロード・ストリーミング配信がスタートした。

次の

嵐 デジタルリリース2作目「A―RA―SHI:Reborn」を配信 デビュー曲をリプロダクション― スポニチ Sponichi Annex 芸能

嵐 リボーン

人気アイドルグループ「嵐」が19日、同グループの公式ツイッターを更新。 ツイッターでは「みんなにとっておきのお知らせ!」と題し、動画も添付。 メンバー全員で「どうも嵐で~す!」と切り出して、相葉雅紀(36)が「みんなのおかげで最高の20年を過ごさせてもらってます。 ありがとう」と感謝した。 続けて櫻井翔(37)が「皆さんに2019年の感謝の気持ちを込めて、なんと、曲をお届けします」と発表。 デビュー曲の『A・RA・SHI』が新しく生まれ変わります」と紹介された。 大野智(39)が「なんと、12月20日、配信スタート~!」と高らかに宣言し、メンバー全員で「聴いてね~!」と呼びかけた。 また、最後には松本潤(36)「誕生日おめでとう」と24日に37歳の誕生日を迎える相葉をお祝いして締めくくられた。 第1弾でデビュー曲「A・RA・SHI」をリプロダクションし、同グループ2作目となるデジタルリリースとなった。 20日午前0時より各配信サービスでダウンロード・ストリーミング配信がスタートした。

次の