エクセル 千円単位。 エクセルで円単位の数値を千円単位にする2つの方法

【Excel】 円単位の表を簡単に千円単位に変換する方法

エクセル 千円単位

スポンサーリンク 「いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅうまん・・・」とつぶやきたくなる、やたらと桁の多い数字。 これを、 こんな風に千円単位にしたり、百万円単位にして、それ未満の桁を省略して表示したい! 方法は「」でご紹介している、あの表示形式を応用すれば ちょちょい! というわけで、今回は「」を既にご覧いただいていることを前提に進めていきます。 「ユーザー定義の表示形式って何?」とか、「ユーザー定義の表示形式で使う「 」と「0」の違いが分からない」といった方は、これ以上進んでも、かえって分からなくなるだけなので、予め「」をご覧ください。 考え方は簡単!あのユーザー定義の表示形式に、一文字加えるだけ 数字を読みやすくするため、3桁ごとにカンマをつけるのは、表示形式の役割。 それをユーザー定義の表示形式の記号を使って設定する際の、おなじみの表現が「 , 0」。 ところが今回は、桁を省略した表示にすべく、一番下の桁を、「一の位」ではなく、「千の位」になるようにしたいわけです。 そこで! 一番下の桁は、「一の位」ではなく、「千の位」なんだよ、ということをExcelさんに教えるため、一番後ろに千の位のカンマを入力して、「 , 0,」とすることで、Excelさんは、一番下の桁は一の位じゃなくて、千の位なんだな、と理解してくれるんです! そして、千の位の後ろには、「 」や「0」が無いので、それ未満の、百の位や十の位、一の位の桁は省略していいんだな、と理解してくれます。 それでは、実際に設定してみましょう。 桁が多い数字が入力されているセルをし、選択したセルのところだったらどこでもいいので右クリック、 [セルの書式設定]をクリックすると、 [セルの書式設定]ダイアログボックスが表示されます。 表示形式の設定を自分で作りたいので、[表示形式]タブを選択後、左側の[分類]から[ユーザー定義]を選択します。 すると、その右側の[種類]欄に、現在、範囲選択しているセルに設定されている表示形式を、記号で表したものが表示され、更にそれと全く同じものがこの欄の一番上にも映し出されます。 この[種類]の一番上の欄が、表示形式の記号を入力するところなので、この欄の文字をすべて消して、「 , 0,」と、記号をすべて入力してもいいですし、 [種類]の一覧の中には、よく使いそうな表示形式の表現が表示されているので、この中から「 , 0」を選択すると、[種類]の一番上の欄に、「 , 0」が映し出されるので、ここまでをいちいち入力する手間が省けます。 そして映し出された「 , 0」の一番後ろに、 カンマを自分で入力すれば、少ない手間で「 , 0,」と設定することができます。 もちろん、ユーザー定義の表示形式の記号は、 半角で入力するのがお約束です。 イアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 単位を「千」にして、それ未満の桁を省略して表示することができました! こういう桁の省略の設定をした時には、単位はこうなってるんだよ、という記載をお忘れなく。 スポンサーリンク 表示される数字は、四捨五入して表示される ここでとっても大切なことを1つ。 この表示形式の設定は、セルに入力されている数字を、 表面的に桁を省略して見せているだけで、実際にセルに入力されている数字は、あくまでも桁の多い数字のままなんだ、ということ。 その証拠に、桁を省略して表示するように設定したセルならどれでもいいので、どれか1つをすると、そのセルの中身が数式バーに映し出されるわけですが、実際にセルに入力されている数字は、桁の多い数字のままなんだ、ということが分かります。 そして、ここでもう1つ頭に入れておきたいのは、表示形式で桁を省略して見せている時には、 隠れ始める桁数のところで四捨五入した状態が表示される、ということ。 単位を「千」にした時、隠れ始めるのは「百の位」なので、百の位で四捨五入した状態で表示されることになります。 考え方は、と同じです。 単位を「百万」にしたい時は 単位を「百万」にしたい時には、おなじみの「 , 0」の後ろに、カンマを2つ付けて、「 , 0,,」とすることで、それが千の位のカンマと百万の位のカンマということになるので、表示する一番下の桁は百万の位なんだ、とExcelさんは理解してくれます。 そして、百万の位の後ろには、「 」や「0」が無いので、それ未満の桁は省略していいんだな、と理解してくれます。 桁が多い数字が入力されているセルをし、ユーザー定義の表示形式で「 , 0,,」を設定すれば、 単位を「百万」にして、それ未満の桁を省略して表示することができました! もちろん、桁の省略の設定をした時には、単位はこうなってるんだよ、という記載をお忘れなく。 こんな表現もアリ 単位を「百万」にした数字の後ろに、「百万円」という文字も付けて表示させるのもアリです。 その場合の表示形式の設定は、桁を省略して単位を「百万」にして見せる「 , 0,,」の後ろに、単純に「百万円」の文字を付け加えるだけ。 但し、「 そのままセルに表示させたい文字の前後をダブルクォーテーションで囲む」というお約束があるので、セルにそのまま表示させたい「百万円」の文字の前後をダブルクォーテーションで囲み、「 , 0,,"百万円"」という設定になります。 もちろん、ダブルクォーテーションは 半角で入力します。 スポンサーリンク 数字を修正するときに注意! 繰り返しますが、この表示形式の設定は、セルに入力されている数字を、 表面的に桁を省略して見せているだけで、実際にセルに入力されている数字は、あくまでも桁の多い数字なんだ、ということは、めちゃくちゃ大切です。 というわけで、セルの数字を修正するときに、本当は「19000000」と、桁をすべて入力しなくてはいけないのに、省略した結果の「19」とだけ入力すると、 した瞬間、「0」と表示されてしまいます。 そりゃぁ、「19」という、十の位までしかない、百万の位に到達していない数字を入力しているんですもの、仕方がありません。 ちゃんと「19000000」と、桁をきっちり入力すれば、 した瞬間、表示形式で設定されている通りに、「百万」の単位で、それ未満の桁を省略した状態で表示されます!.

次の

【エクセル】ROUNDDOWN関数で1000円未満を切り捨てる方法

エクセル 千円単位

桁数が多くなると、千円単位や百万円単位で数値を表示することがよくありますね。 だからといって、1,000や1,000,000で割り算する数式を入力するのは大変です。 表示形式のユーザー定義を使えば、簡単に千円単位での表示が可能ですよ! 表示形式のユーザー定義を使うには、リボンの〔ホーム〕タグにある〔表示形式〕ボタンをクリックしてください。 〔セルの書式設定〕ダイアログボックスが開くので、〔表示〕タグにある〔分類〕から〔ユーザー定義〕をクリックし、さらに「 , 0」を選びます。 では「 , 0」を使って、千単位と百万単位の表示形式を作りましょう。 千単位:「 , 0」を「 , 0,」に変更する• 百万単位:「 , 0」を「 , 0,,」に変更する これだけです!単に 末尾に,(カンマ)を加えただけです。 千単位なら1個、百万単位なら2個です。 簡単ですね。 この表示形式を適用するだけで、下の表のようにサクッと単位変更が可能です。 「千単位」の列を見ると1,000が1と、 「百万単位」の列を見ると1,000,000が1と表示されているのをご確認ください。 さてこれでもいいのですが、中には不十分と思う人がいるかもしれません。 なぜならば、千または百万に満たない数値の場合、ゼロ表示だからです。 千または百万単位に満たない数値を小数で表示するには、以下のように設定します。 複雑になった理由は、千または百万未満か否かで表示形式を分けているからです。 分岐させずに「 , 0. ,」または「 , 0. ,,」だけで表示形式を設定すると、整数に小数点がついた表示になってしまいます。 両者の間には;(セミコロン)を入れてください。

次の

【Excel】グラフに単位を表示する(人・千円)

エクセル 千円単位

書式で設定する方法 一つ目は、 数値は円単位のままで表示だけ千円単位にする方法です。 1.数値の入っているセルを選択する。 2.右クリックから「セルの書式設定」を表示させる。 3.「ユーザー定義」を選択し、種類は上から4番目の「 , 0」を指定する。 4.下図赤枠のボックス内にカーソルを当てる。 5.「 , 0」の最後にカンマを追加入力し「 , 0,」とする。 6.OKで書式設定の画面を閉じる。 以上で完了です。 例で入力されている「500,000」は、千円単位の「500」で表示されました。 数値データそのものを千円単位にしてしまう方法 二つ目は 数値データそのものを除算(割り算)してしまうやり方です。 1.適当なセルに「1000」と入力してコピーする。 2.千円単位にしたい数値データに「形式を選択して貼り付け」する。 3.その際、貼り付けは「値」、演算は「除算」を指定する。 以上で完了です。 ちなみに元の円単位に戻したい場合は、再度、1000をコピーして乗算(かけ算)で貼り付けてあげればOKです。

次の