進撃の巨人ネタバレ 119。 【進撃の巨人119話 画バレ】最新話ネタバレ「ジークの叫びで一斉巨人化|エレンも首が吹っ飛び・・・」【感想考察】

進撃の巨人ネタバレ119話最新話考察!ジークの叫び発動でファルコ死亡!?

進撃の巨人ネタバレ 119

しかし145代フリッツ王により「不戦の契り」が交わされ、「王家血統者は始祖の巨人の能力を発揮できない」状態となりました。 このようなジレンマ状態となっているのが「始祖の巨人」でした。 しかし王家血統者ではないエレンが始祖の巨人を継承し、王家血統者であるジークと「接触」することにより、 「不戦の契りを出し抜き、始祖の巨人の能力が発揮できる」事が分かり、二人が結託し始祖の巨人の能力が発揮される事となりました。 「進撃の巨人」第120話「刹那」より 始祖の巨人の能力をざっくりとまとめてみました。 ・全ての巨人を操れる ・全てのエルディア人の記憶を改ざんできる ・全てのエルディア人の体の構造を変えることができる まさに無敵ですね。 つまり、接触したエレンとジーク達はこれらの能力を発揮する事が可能となります。 「全ての巨人を操れる」は、第50話で発揮されましたね! 「進撃の巨人」第50話「叫び」より 知性巨人達にも影響を及ぼしていたところから、 9つの巨人も操れるのだろうと察せられました。 「進撃の巨人」第50話「叫び」より この時、始祖の巨人の能力を使い巨人を操ったのはエレンです。 これは接触した相手が無垢の巨人だったので、エレンの意志が反映されたのだと考えられます。 しかし、今回の接触はエレンとジークです。 どちらの意志が反映されるのでしょうか? これについては108話にてアルミンから 「エレンが主導権を握る」と予想されていました。 「進撃の巨人」第108話「正論」より さらには115話にて巨人学研究者であるクサヴァーさんから 「決定権は始祖の巨人保有者に委ねられる」と説明されています。 「進撃の巨人」第115話「支え」より ここから、 「始祖の巨人の能力を発揮できるのは始祖の巨人保有者であるエレン」だと、これまでずっと考えられてきました。 アルミンが言い切り、クサヴァーさんが確定で説明されているので、 間違いないはずですよね! しかし実際接触を果たし、始祖の能力を発揮しているのはジークであるように見えます。 「進撃の巨人」第120話「刹那」より ジークからは、 「始祖の巨人は座標に来る為の鍵であり、始祖の巨人の決定権は王家血統者にある」と説明されています。 「進撃の巨人」第120話「刹那」より そして121話ではジークが始祖ユミルとされる少女に命令した事により、 「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より 少女が座標に向かい移動し始め、「始祖の巨人が発動した」ように見えました。 「進撃の巨人」第121話「未来の記憶」より このまま少女が座標に到着し、何らかのアクションを起こす事により「全てのエルディア人の生殖能力が奪われる」事になるように見えます。 この二点が正しければ、ジークの言うと通り「始祖の巨人をジークが使える」ということになるのかもしれません。 「不戦の契りを無力化した」が正しいのかは にて考察していますが、 「無力化していない」と予想しました。 「少女が始祖ユミルか」は、管理人アースは 「始祖ユミルではなく大地の悪魔では」と考察しており の予想にて、エレン主導でプチ地鳴らしを起こすと予想しています。 これらの考察から、 ジークが始祖の巨人の決定権を握っているのではなく始祖持ちのエレンが握っているのでは、と予想しますよ! つまりジークは嘘をついているか勘違いをしており、大地の悪魔を操っているのではないでしょうか? なので今主導権を握っているように見えるだけなのでは、と管理人アースは考察します。 やはり巨人学研究者であるクサヴァーさんの見解は間違っているとは思えません。

次の

【進撃の巨人】118話ネタバレ!エレンは嘘をついてた!?本心は?

進撃の巨人ネタバレ 119

229. 名無しのお前らが進撃してくる!• 何いってんだ? 今、マーレに侵略されてる最中なのに敵を逃がしてやるって裏切り行為がおかしいってことだろ しかも今まで苦労してきた調査兵がやるならまだ百歩譲って「罪を憎んで人を憎まず」の精神かもと思えるが 仲間や家族失う辛さ経験したこともなく、ひたすら中央で贅沢三昧してた奴がどんな形だろうとマーレに助け舟だしてやったわけだぞ ふざけるのもいい加減にしろよとしか言えん 昔、必死になって家に住みついたネズミを捕獲して夜が明けたら遠くの山に捨てに行こうかと思ってたら、見てるだけで捕まえる協力まったくしてくれなかった妹のバカが「かわいそうだから外に放してやった」といったのを思い出して腹立った で、当然だが奴は戻ってきて、また苦労して捕まえる羽目になったのは俺だぞ• 376. 名無しのお前らが進撃してくる!• 566. 名無しのお前らが進撃してくる!• 「お前は自由だ。 」 その自由が如何なるものかを解釈するのが考察の鍵なのでは無いかと思う。 作者が物語の終わり方を当初から変更したということは知っていますか。 当初の終わり方がエルディア以外全世界の滅亡、現在作者が予定している終わり方が巨人の力が消えて戦争や民族間の憎悪が亡くなった世界の完成という風に捉えると、どちらの意味でも「自由」に繋げられると思いますね。 作者は「大枠は決まっている、問題はディテールをどうするか」とインタビューで述べたそうなので、ディテールの変更点に注目してアプローチするとこれもひとつのパターン。 674. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月08日 21:32 感想 マガトおじいちゃんかっこいい ナイルの後悔とエレンの呟きがファルコを告らせた おにゃんこポンとニコロと牢屋の面々の話が薄っぺらいから家に帰りたくなる エレンが指差して言ったのは自由になれるのかだからアルミンは冷や汗かいてまさかと言った ルイーゼはあの後マフラーをごみ箱にポイしただろうと思う イェレナの顔が怖いけど笑った ナイルとコルトは甘いけど、そういうほころびがなければ話が進まないと理解した ガビとファルコのあれはほんとにキュンキュンしたけど巨人になるかもしれないと涙するとこが切なすぎる ライナーポッコピークはかわいい• 765. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月08日 23:53 多分まだ最終章には突入しきっていない。 最終章のプロローグ的な感じする。 シガンシナの外から猿withイェーガー派がやってきたから、リヴァイとハンジは島の外に向かって流れていると予想。 何かの設定で、シーナが一番標高が高く、ローゼ・マリアの順で低くなり川が流れている、と読んだ覚えがあるのでそれが正しければ んで、キヨミ様御一行に助けられる。 そしてヒィズルやミカサがらみの話になる。 リヴァイハンジ以外シガンシナに集まってるけど、アズマビト家は湾岸にいる。 だからヒィズル関係の伏線とか回収するのはこのタイミングしかない。 そしてハンジがヒィズルの技術を仕入れるとかなんとかして、リヴァイの義手なり武器なり作ってさらにパワーアップさせる。 急いで内地に向かう。 ヒィズルの飛行船を利用しそう。 そして色々あって最終章に突入した幼馴染組がピンチの時に颯爽と現れて「おいお前らからはどういう状況だ」の再来。 ガビファルコはここで猿に叫ばせてファルコ無知性巨人化からのライフルで殺して退場っぽいけど、森から逃すとか子供は宝とかの発言的に多分生き残るような? そこから色々あってガビファルコ世代に世代交代して、俺たちの戦いはここからだ!からの、エレンがガビファルコの子供に「お前は自由だ」〜進撃の巨人 完〜• 790. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月09日 01:03 てかさてかさ〜 今回の話とは関係ないんだけど ヒストリアの子供を無垢の巨人にして拘束すれば犠牲者最小限で済むよね そのプランならジークもいらんしさぁ 今後延々と続いてく子孫を犠牲にし続けることもなし!ヒストリアも犠牲にする必要なし!犠牲になるのは赤ちゃん1人だけ!ってこれすごい合理的じゃね? 王家の血さえ引いてりゃ九つの巨人じゃなくても無垢で十分ってダイナ巨人の時点で確定してんだからさぁ〜 どうせその赤ちゃんも引き継ぐんだったら犠牲者少なくする方向にした方がいいよね。 それに13歳で母親死んで巨人継承とか可哀想すぎるわ だったら自我とかもまともに無い内に巨人にして始祖発動装置にした方がええわ って思うんやけど同じこと考えてる人おらん?• 868. 名無しのお前らが進撃してくる!• ベルトルトはむしろ「君たちは全然悪魔じゃないけど終止符打つために殺す」って受け入れてた。 死に際を持ち出して豆腐メンタルっていうのは違うんじゃないかなあ。 エレンやミカサや島の人間たちは洗脳教育どころか世界は自分たちの壁の中しか知らなかったからそもそも分裂しようがないとは思う。 それにしても強メンタルではあると思うけどね。 「知らないことを知ろう」精神の壁の人と、悪魔だと思ったら違って良心の呵責に苛まれた外の人を比較するのは難しいと思う• 902. 名無しのお前らが進撃してくる!• そこに異存はないぞ) 自分は今までパラディを悪魔よばわりしたり皆殺しにしようとしてきたってのに、その被害者たちに責められるのは辛いってところが何じゃそりゃ!って思うわけだよ あれだけのことしてきたんだから恨まれるのは当然、責められるのも想定内だろ その覚悟すらなかったのかよと ジャンたちに批判されたときの(やったこと考えたら、あんなの叩かれたうちにもはいらないレベルだが)人殺ししたかわいそうな僕を何で責めるんだよみたいな態度しただろ そこが今回のガビと重なったわけだ• 908. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月09日 11:32 ガビがやっとパラディ人は悪魔じゃないと気づいたけど なんだかパラディVSマーレだけの構図になってるけどオニャンコたち第三者国人もいるわけだから 彼らの口から「自分たちは侵略植民地された」とマーレに対する恨みつらみ吐いて欲しかったな パラディに対しては「殺されても当然の悪魔」として強気のガビだけど、それ以外の人間に対してマーレの侵略虐殺等を何て正当化できるのか一度みてみたかった 「エルディア帝国の贖罪=マーレ以外の国を蹂躙する」ことの図式の矛盾に対して、自分たちマーレ系エルディア人の思考がおかしいと思わないのかと常々不思議だったからそこははっきりしてほしかった• 988. 名無しのお前らが進撃してくる!• 場面変わって川から上がって救命処置してるハンジ、リヴァイ息止まってたがジークの叫びで電気走って息吹き返す 121話 シガンシナ区の惨劇場面に戻る。 ライナー、ファルコ巨人に身を捧げる。 ピークかガリアードがエレンに食われる 122話 マーレ編始めてのエレン視点開始、ジークさよなら回、エレンが始めてコネ子と接触 なあんて、勝手に想像でしたw• 1053. 名無しのお前らが進撃してくる!• パラディ側がマーレに勝ったとしても今回はあくまで小規模な奇襲攻撃による局地戦だから、本格的な戦争にそなえなきゃならんし、エレンがジークとイェレナだまして地ならしを一度したとしても安楽死計画ご破算にされたジークとの戦いが残ってる と、いうわけで30巻超えても続く でもって、いつのまにかHXHの巻数抜いてる• 1086. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月09日 19:10 まあ、エレンの真意がわかって和解するイベントくるだろ エレンが山小屋に立てこもって兵団が取り囲んでいる。 そこをリヴァイが一人で説得に乗り込むわけだ 「エレン、終わったんだ」 「まだ終わってない!戦争は終わってないんだ! ベトナムでは巨人を操作する唯一の人間だったのに帰還したら駐車場の警備員にすら雇ってもらえない! この4年間悪夢が続くんだ。 寝ても覚めても自分がどこにいるのか分からなくなることがある。 一日中誰とも話さない、時には一週間ずっとだ。 忘れるなんてできなんだ」 と、エレンが号泣して泣き崩れる でもって最終的には手錠つけてリヴァイに伴われて投降 もちろん数年後にはロシア人ボクサーのライナーに撲殺された親友ジャンの仇を打つために単身ロシアに行くのさ• 1121. 名無しのお前らが進撃してくる!• あそこで本気で殺そうと思えば落とし穴の下に槍でも剣でも突き立てておいて上からガソリンでもかけて焼き殺せば殺せたと思う。 でもあえてそうはせず、まるで生き残ってくださいよと言わんばかりに食料や簡易トイレまで用意してあげた。 しかも二人を誘導するときピークが気づいたように明らかにバレバレな変装でおびき寄せているところから、ハナから二人をハメる気すらなかったかもしれないと思ってる。 安楽死計画はあくまで本来の計画の前座。 本当の計画の実現の為あえて二人を駒として生かし、ジークはただ利用されているだけなのかもしれないと思ってる。 1303. 名無しのお前らが進撃してくる!• マズマビトが取りつく島ないから。 なんかいきなり幹部に文句出てあれだけど、発動させてはいけないものかどうかは、そもそもエレン達の協力なければ彼らに決定権も推測も出来ないし、ここまで事態が混乱して進んでるのに、10話以上も前のこと持ち出されても…。 もうすぐ世界から攻撃がくるのに、地ならし以外に手を考えるなら今ある装備でなんとか対応する以外の道はない。 使う使わないに関わらず今壁内は「詰み」の状態。 使わないなら実質詰み、使って不味かったら詰み、使ってなんとか成功できたら、首の皮一枚繋がったって感じ。 アルミンも計画通りにって考えるしか手はもうないんだよ• 1358. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月11日 14:10 過去の罪にとらわれない生き方がテーマの一つなのかも ライナーに苦しんで死ねと詰ったエレンは成長してライナーを許した サシャ親は娘を殺したガビを責めるどころかガビファルコの安否を気遣っている ヒストリアは石投げ行為を反省して孤児院を手伝うサスペンダーを父親に選んだ ガビはエレンの手紙を届けて間接的にウド達を殺したと言ったファルコを責めず受け止めた 今後カヤもサシャを殺したガビを許すかも? ジークもジーク自身と向き合わなかったグリシャを許す展開になりそう 大地の悪魔と契約したユミル、九つの巨人を戦争の道具にしたエルディア帝国、やり返してるマーレ、繰り返す過ちに終止符を打つのはやはり主人公か兄弟二人か変わったガビかな• 1360. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1406. 名無しのお前らが進撃してくる!• これは作中でちゃんと明らかになってる事実 どう考えても悪いのは大陸エルディア人• 1435. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月12日 07:15 クルーガーが所有してた巨人こそが始祖であり、フリーダが所有してた巨人が進撃ではないだろうか? クルーガーの「13年発言」は、「9つの巨人は13年で死ぬが、俺のこの巨人でならばそれを覆す事が出来る」という意味になる。 しかし、13年の寿命を覆しても身体に負荷がかかり、寿命が縮む事には変わりは無い。 現にエレンは鼻血を出しているから。 フリーダが所有しているのが進撃であると思った根拠は、エレンが変身する際に手を噛んで巨人化するのを彼女もしていたという事と、彼女は自分を、自分たちを「罪人」だと考え、何かに怯えていたという事。 そして、自ら檻の中に閉じこもって進撃する事無く、「あの日」まで力を使う事は無かった。 エレンが進撃を継承したのは確か。 グリシャは生きてるのかどうかだが、多分ミカサに殺されたと思われる。 その後、どのようにして始祖がミカサに渡ったのかは不明ではあるが。 1441. 名無しのお前らが進撃してくる!• 親戚みたいなもの同士で。 各々領地拡大していたはずだから相当な規模だったはず。 知性巨人を使って戦争されてマーレ人が迷惑していたのも想像つく そして王家が隔離されたのか自ら逃げ込んだのか知らんけど巨人化して道具扱いされる国民に目を背けマーレに放置したのは事実。 1562. 名無しのお前らが進撃してくる!• 外れたらアルミン、クサヴァーどっちの推測も外れだねで終わりだけど。 「主導権はエレン」の推測の方はね でも、どうなったら「推測が外れた」と分からせるか?って感じはある。 ジークの安楽死計画はエレンも賛成してる風にはしてるから、子供生まれない状態になったらエレンとジークどっちの考えが反映されたことになるんだろう…。 って考えると、アルミンの推測が当たらなかったって展開にするには、「子供生まれない体」って絵でつたわりにくい話だとやりにくいからやらないと気がする。 で、アルミンの最後に推測した「まさか…」って展開は、不穏な描写をちょっと出しただけで終わった分、具体的な絵として今後出してきそうではある。 …なんか頭こんがらがってきたけどこんな返しであってる?• 1569. 名無しのお前らが進撃してくる!• 天命って寿命のことだぞ。 子供だって別にそのまま成長しようがしまいがどっちでもいいじゃん。 その先使い道ないんだし、象徴としてとりあえず一応生きててもらえばいい。 女王たってそこまでみんな姿ずっと見せてもらってるわけじゃないし、いなくなっても気にしない。 情緒不安定になんてそれこそなるか。 そこまで国民バカじゃない 大体こんな中途半端な時に計画暴露したんだから、どんだけ残酷な計画立ててようが展開として実行されやしないよ。 効果的かどうかじゃなく、もう実行されない案の真偽にいつまでこだわってんの• 1575. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1588. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1592. 名無しのお前らが進撃してくる!• 多分タッチした瞬間にビリビリってなると思っていたのですが、 そうか、確かに何が起こったか分からない場合もあり得るのか。 つまりその「認識」が問題ですよね。 アルミンが推測は外れたと「誤認」してすれ違いする可能性はないかな? 仮に外れる場合、「どの推測が外れた」とアルミンが認識するかがこの後の展開の大きな分かれ道になりそうで、だってアルミンが当てるか外すかで周りの人の認識と行動が変わってくるでしょう?なんか外れる前提で考えて申し訳ないけど。 まあ十中八九アルミンの予想は当たると思っていますけどね、 だってわざわざ「まさか…」って不穏な描写でエレンの考えを予想しているから。 少年漫画的にはそれでも十分足りているからです。 そこすら根本的にひっくり返すようなひねりを入れてくるかどうか・・・• 1593. 名無しのお前らが進撃してくる!• 多分タッチした瞬間にビリビリってなると思っていたのですが、 そうか、確かに何が起こったか分からない場合もあり得るのか。 つまりその「認識」が問題ですよね。 アルミンが推測は外れたと「誤認」してすれ違いする可能性はないかな? 仮に外れる場合、「どの推測が外れた」とアルミンが認識するかがこの後の展開の大きな分かれ道になりそうで、だってアルミンが当てるか外すかで周りの人の認識と行動が変わってくるでしょう?なんか外れる前提で考えて申し訳ないけど。 まあ十中八九アルミンの予想は当たると思っていますけどね、 だってわざわざ「まさか…」って不穏な描写でエレンの考えを予想しているから。 少年漫画的にはそれでも十分足りているからです。 そこすら根本的にひっくり返すようなひねりを入れてくるかどうか・・・• 1595. 名無しのお前らが進撃してくる!• 返しがゴチャゴチャしててごめんw。 クサヴァーさんも同じ推測言ったから、メタ的に見て2人のキャラが同じ推測言ったら当たりでいいんじゃないかな。 1676. 名無しのお前らが進撃してくる!• 1704. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2019年06月21日 00:14 今まで、ルイーゼは、ハンジとアルミンとミカサの3人が共謀して イェーガー派に送り込んだスパイかな、と思ってた。 まさか本気でミカサを捨て、よりによってフロックについていくなんて、 考えられないと思ってた。 でも今回の話のミカサとルイーゼの会話から判断すれば、 どうもルイーゼはミカサの立場を配慮することなく、 あろうことかフロックのもとに奔ったような感じだなあ。 エルディアの未来を本気で考えるなら、少なくともフロックとは距離を置いて エルディア復権のために活動すべきだったろうに。 まあまだ子供扱いされるような年齢だろうから、 そういう俯瞰した物の見方ができなかったんだろうな。

次の

進撃の巨人ネタバレ119話最新話考察!ジークの叫び発動でファルコ死亡!?

進撃の巨人ネタバレ 119

「進撃の巨人」最新話までのネタバレ考察(30巻以降) ネタバレありで書いていきます。 エレン(始祖)とジーク(獣)がついに接触• ジークは「ファルコの獣化」を止めようとするコルトの願いを無視して、叫ぶ• ガビの銃弾がエレンに炸裂し、頭が吹き飛ぶ ジークとコルト。 二人の兄の感情は? タイトルの通り「兄と弟」の話でした。 ジークもコルトも、ふたりとも 「弟」を思う兄です 一瞬の逡巡の末、ジークが出した答えは 引用元:進撃の巨人 弟を想う気持ちは…よくわかる… だから …残念だ 進撃の巨人119話 というもの。 これはある種「目的こそ最優先」というジークの行動原理が現れている場面です。 愛情(兄弟の愛情)よりも、自身の目的のほうが大事という意味。 これはきっとエレンに対しても当てはまりますよね。 実際、「エレン、お前だけは分かってくれる」「理解者だ」というのは彼の願望でもあります。 ジークのエレンへの感情は兄弟愛だけじゃない 人間の心理というのは一筋縄では行かないので• グリシャへの憎しみ• 憎しむ自分を正当化したい• 始祖の巨人所有者のエレンの力を使うために懐柔させたい• かわいそうなエレンを救いたい• 恩人であるクサヴァーさんのため という 様々な感情が入り混じっているように推測されます。 もちろん、作品内のジークの言動としては「エレンを救いたい」と一貫していっていますが、兄弟愛以上に「自己の目的」が大事なはず。 この辺りが「皆を救って、世界も救う!」的な少年漫画ではありえない展開です。 引用元:進撃の巨人 彼も、エルヴィン同様に 「肩の荷が降りた」のかな、という感じも。 そもそもピクシス司令という人は、エルヴィンやザックレー総統と違い「全体のため」に動いていた人物です。 その全体とは壁内人類という大雑把なくくりであり、特定個人への肩入れは基本的にはしていない冷静なキャラです。 今回も、巨人化したときから信頼していたエレンを裏切り、エレンを食べさせる計画をしていました。 「行動原理」こそあれど「信念」がないキャラクタとも言えますね。 「壁内人類大多数の幸福」を目指す仕事は、おそらく一つの重荷だったのかな、と思います。 自由にある代償。 その荷を降ろせた…と感じたのでしょう。 関連記事 エレンはファルコを救いたい エレンはファルコを救いたいのは確実です。 ジークの叫びを止めようとしていました。 引用元:進撃の巨人 「良いやつには長生きして欲しい」というのがエレンの一つの考えです。 実際ファルコと会った時言っていたことは今も変わらず思っているはず。 ちなみにライナーとの会話を聞かせたのは、足止めの意味もありますが、 「無知は自由からかけ離れている」というエレンの考えがあったからだと思います。 マーレ国の襲撃で多くの人を襲撃しているエレンなので、目的のためには犠牲は仕方ないと考えているはず。 その観点でいくと、今回ジークの叫びを止めるのは不合理です。 身体が勝手に動いたのだろうな、と思います。 とはいえ、コレは2回目… エレンの頭が吹き飛んだのには驚きました。 しかし、よく考えたら、第1巻でも「巨人に食べられた」のが衝撃でした。 進撃の巨人 120話「刹那」 ネタバレ考察(30巻2話目) 進撃の巨人 120話「刹那」はざっくりいうと、こんなあらすじ・内容でした(ネタバレ)• 座標の場所でエレンは目を覚ます• ジークとエレンはお互いに本心を探り合う• ジークの力で二人は過去の記憶を見ることに すべての「道」が交わる座標とは? ジークとエレンが訪れたのは、すべての「道」が交わる座標。 始祖を継承した王家が来て、始祖の力を行使した(壁内人類の記憶をなくした)場所らしい。 現世の時間とは別の時間で生きていそうです。 始祖ユミルは悪魔と契約し、巨人の力を得た• 巨人の力は分断されたが始祖の巨人がオリジナル的な存在 ということを考えると、この場所こそが悪魔と契約した場所な気もします。 いずれにせよここは「時と空間」から隔離された場所でして、始祖の巨人と王家の血が揃って初めてアクセスできる場所っぽい。 で、普通なら不戦の契りで捉えられてしまうのかな。 レイス家で継承したものは、力を持った瞬間にここに来るのだと思う。 で、この場所で以上に長い時間拘束されて、巨人全体の歴史MOVIEを見せられて、悔い改める。 結果、現世に戻ったら「戦い反対モード」になるのかなあという気もします(妄想ですw) 始祖ユミルは、悲運な少女 「座標」の場所で、始祖ユミルは、貧相な服を着て、一人で巨人を作り続けていたようです。 ここは時間の感覚が現世とは違うので、ユミルは「果てしない時間」をかけて、巨人要請があるたびに作っていた、と。 王家の血を引く者の命令を聞き続ける奴隷だ、とジークは語ります。 まるで「穴をほって、また埋める」ような終わりのない作業でして、 地獄ですね。 エレンは「ヒストリアが子供を生み続ける(役割に支配される)」という不自由さを嫌っていました。 ユミルらしき少女も、ここで囚われ続けているので、それを開放する役割がありそう。 彼女がいなくなったら、巨人を作るものはいなくなるので、 世の中にこれからは巨人が生まれなくなる(巨人能力がなくなる)と思います。 ということで、きっとエレンが彼女を救い(というか成仏させて)、世の中に巨人的な力はなくなりましたー!的な展開になるはず。 自由に動けず、始祖ユミルに命じられないらしい。 こんな具体的なモチーフとして、この座標の世界では存在していのが驚き。 で、結局これをジークは無力化。 エレンを騙すために、始祖ユミルに頼んで、「偽物の鎖」を作っていたようです。 …だけどそもそも本当に縛られていたんですかね? ジークの発言には常にブラフが仕組まれているので、疑わしい。 「脊髄液を飲んだ瞬間に巨人化する」という嘘も、場を支配するための刷り込みでしたからね。 この会話の中でもエレンに何か嘘を言っている可能性も大いにある。 エレンの裏切り(安楽死計画にはやっぱり反対だった) エレンの裏切りが発覚です。 安楽死計画にはやっぱり反対でした。 引用元:進撃の巨人 まあ自由にはもっとも程遠い考えですからね、エレンが賛同するわけがない。 にしても、エレンもジークもお互いを信用していないのが流石ですw 兄弟それぞれ裏切ることを考えて(というか想定して)ここまで来ているのが考え似ている。 常にエレンは独自の考えがあって動いていたんですね。 ミカサとか、アルミンへの強い攻撃も、やはり目的の為の手段だった感じがします。 避けられない悲惨な未来を回避するための仕方無しの行動だったのだろうと。 「自分が嫌われ者になる」のがエレンの目的だと思います。 世界の敵になり、自分を復讐する人が誰もいない状態にする。 その上で、自分が死んで、世界に平和が訪れる(エルディア人は悪くないアピール)ということかなあ、と。 ガビがエレンを撃ちましたからね。 まだエレンはもう少し生き残ると思いますが、誰もが「ガビが世界の悪エレンを葬った」というのは目撃しているので、 英雄へーロス的な存在になるだろうと。 グリシャの過去の記憶に干渉するジークとエレン グリシャの過去の記憶を見る中で、グリシャが「現在のジーク」の姿を見ます。 「あんなおっさんなわけない」 と言っているように、想像や夢ではなく、たしかにジーク自身の姿を見ています。 で、ミカサの左下の「隙間から家族が殺されるのを見ている絵」はクルーガーの記憶。 革命軍の家族が殺されるときの話でしょう。 これを見て分かるように「重要な記憶(印象的な記憶)」が大きいですよね。 となると、ミカサとアルミンの次に大きく映っている 「謎の少年」(帽子かぶっているパーマ少年)が一番の謎。 誰の記憶か不明ですが、必ずこの後触れられるはずですので、覚えておくべきですね。 グリシャに愛されていたことをジークは知る• 進撃の巨人の能力は「未来の記憶」を見ること• エレンはグリシャに「未来の記憶」を見せて、働きかけていた 進撃の巨人の能力は「未来の記憶」を見ること タイトルでもある進撃の巨人の能力は 「未来の継承者の記憶を覗き見られる(未来を知る)」だと判明しました。 この能力を使って、エレンはグリシャに働き変えていたんですね。 この展開、めちゃくちゃ面白い。 非常にメタ的な立場から、物語・歴史を動かしていたということ。 エレンはグリシャに見せる記憶は制限していた(都合の良いものだけを見せていた)ようですし、完全にエレンの脚本の上だったようです。 エレンはいつ未来の記憶を見たのか? ヒストリアに触れて、未来の記憶を見られるようになったっぽい。 引用元:進撃の巨人 そもそも 「進撃の巨人の能力」なのであれば、継承した瞬間から見られても良かった気がします。 しかし今までエレンが見ることはありませんでした。 これは、 継承者はいないで、エレンに未来を伝える人はいない、ということかもしれません。 SFでよくある設定のように世界線が分岐していて、ようやく見られる世界線になったからかな、という気も。 いやー、面白すぎます。 少なくとも、地下室にノートを隠し、鍵を持っているときには、エレンの方を向いていますよね。 で、襲撃の前に「秘密にしていた地下室を見せてやろう」と言っているときもエレンを見ています。 ジークの王家の血の力でタイムトラベルしている今だけできる「進撃の巨人の能力覚醒版」みたいな感じなのかな。 普通は記憶を知るだけ。 でも今はエレン自身が任意に記憶を見せられる、と。 グリシャの非情な表情の理由は? グリシャは非情な表情を浮かべて、壁の王のいる教会の地下へと入っていきます。 悲惨な表情は「自分が死ぬこと・妻ともう会えない」ことを知ったからという意見も一理あります。 でも、それ自体はおそらく進撃の巨人の能力で既に知らされていたんだと思います。 クルーガーが「ミカサ、アルミン」と言っていたのは進撃の巨人の能力 クルーガーが「ミカサ、アルミン」と言っていたのは進撃の巨人の能力ですね。 クルーガーは「誰の記憶だろう?」と言っていたので、すべてを知っているというわけではなさそう。 エレンはグリシャに働きかけて歴史を変えた? このあたりが謎。 タイム・パラドックス的な話になるけど、121話時点の未来エレンが誕生するには、そもそもグリシャが壁の王を殺して、エレンに自分を食べさせる必要があります。 しかし、その選択は121話の未来エレンの働き変えてでなされた、としたら、順番が良くわからない。 これはきっと因果が逆転するような話なのだろうと思います。 未来の行動で、過去が変わる。 それに伴い、歴史自体が既に修正されている、というような感じかな。 ジークはグリシャに愛されたかった ジークがエレンと会ったときから「お前は洗脳されている」「俺はお前の味方だ」と執拗に言っていたのはなぜか? ジークが 「自分は、グリシャに愛されていなかったからではないか」という気持ちがあったからですよね。 引用元:進撃の巨人 聞きたかった言葉を思いがけず聞くことになり、彼の心はきっと変わっていくはず。 グリシャに洗脳されていたのではなく、洗脳していたエレン ジークはさんざん、エレンはジークに洗脳されている、と言っていました。 しかし実態は、 エレンこそがジークを洗脳(というか脅迫)していたのですね。 「パラディ島編」が終わってからは、マーレに舞台が移り、エレンは完全に「悪役」みたいな扱いですね。 で、今回の話も、それに拍車をかける展開にw ジークはさんざんとパラディ島の住人を殺しましたが、グリシャとのいざこざ、クサヴァーさんとの思い出などで、良い人ポイントがやや上がっています。 ジークの行動は 「仕方なかったんだ」という感じ。 そして、今回、グリシャからの謝罪を経て、彼をついつい「正義サイド」で見てしまいそうになります。 しかし、これは進撃の巨人の罠かな、とw 壁の外からやってきたライナーたちにも「仕方ない事情」があったように、エレンにも事情が絶対あります。 「魔王一人(エレン)」を倒すために「正義の味方」が倒すみたいな雰囲気ですけど、エレンの葛藤と後悔が語られるのかなーという予想です。 進撃の巨人 122話「二千年前の君から」 ネタバレ考察(30巻4話目) 進撃の巨人122話「二千年前の君から」はざっくりいうと、こんなあらすじ・内容でした(ネタバレ)• 始祖ユミルは謎の有機生物と接触• エルディア人の正しい歴史が判明• 地鳴らし発動 10年越しにタイトル「二千年後の君へ」伏線が回収 10年越しにタイトル「二千年後の君へ」伏線が回収されました。 二千年前の ユミルからエレンへの物語だったということですね。 これはエレン自身が 「オレをここまで導いたのはお前なのか?」と語るように、ユミルの反抗の意思(進撃の巨人の能力)が導いた結末だったように思えます。 ここから分かることは、巨人の継承者がエレンで最後ということですね。 更にはこの進撃の巨人という物語の終わりももうすぐということが明らかになりました。 進撃の巨人122話 ユミルの生涯の悲惨さ ユミルの生涯の悲惨さ、奴隷という精神、王に逆らえないことが今回わかったことです。 ユミルの回想の背景としては、フリッツ王が、ある地域を占領するために攻め入った。 そこでユミルたちは負けた人民として捕虜、奴隷とされた。 その際に、ユミルの両親は殺された(舌を切られている描写あり) という感じかと。 当然フリッツ王に憎しみは持っていたと思うのですが、 巨人の力でもって復讐することはなかったですよね。 更には、死ぬ間際「王の気持ち」を図るように、彼の方を見たりもしていました。 ライナーが死のうか迷った末に死んだように、 おそらくユミルも巨人の力で復活できたのでしょうけれども、死を選んだのだと思います。 ユミルも舌を切られていた可能性もあり ユミルの両親はおそらく死んでいます。 ユミルも両親同様に「舌を切られていた」可能性もありますね。 つまり、今回のエレンの問いかけにも表情のみで答えていたのは「喋れなかったから」とも 王家の命令だけを聞いていたのはトラウマであり、奴隷という洗脳だから グリシャが言っていたように「ユミルは王族の命令しかきけない」という人物です。 それはなぜかというと、今回描かれていたようにフリッツ王の洗脳(お前は奴隷だ)があったから。 これが彼女の選択、生き方のベースとしてあったのですね。 で、その拘束をエレンが解いたというのが今回の痛快さに繋がるわけです。 エレンとグリシャの違い エレンは何度も「お前が決めろ」と言い放っていました。 これはグリシャが、フリッツ王のように「巨人を産めない状態にしろ」と上から命令したのとは違いますね。 完全に同じ目線、立場で語りかける。 それゆえ、2000年もの間、奴隷のように巨人を作り続けた少女ユミルの心が動いたのだと思います。 というか、ずっとユミルは「王の命令だけを聞かなきゃいけない」と思い込んでいたのかも。 反抗するのも怖く、逆らえないものだ、と。 しかし、エレンの発言で 「自分は自分の自由意志で選択して良い」と気づいた。 それ故の涙であり、選択だったのかな、と。 クルーガー「始祖ユミルは有機生物の起源と接触した少女」 今回、ユミルが巨人の力を得た経緯が判明しました。 進撃の巨人88話でグリシャが言っていたセリフがその答えだったようです。 クルーガー「始祖ユミルは有機生物の起源と接触した少女」 謎の生物 脊椎に取り付く 結局、悪魔と契約というのは嘘だったのか?そもそも彼女が捉えられていた「道」という場所は何なのか?はまだ謎。 この生物が彼女を奴隷として扱い、巨人を作る世界を存続させて、自身を生きながらえさせているという可能性もあるかな、と。 エルディア人の歴史とマーレ&復権派の主張の答え フリッツ王が語るようにユミルがやったことは以下の2つ• 道を開き、荒れ地を耕し、峠に橋をかけた• フリッツの名の元、憎きマーレを滅ぼす どちらフリッツ王に命令されてやっただけでしょう。 ユミル自身の意思はそこになかったはず。 で、ここで思い出すのは、マーレ派とエルディア復権派のセリフですよね。 マーレの主張「民族浄化が約1700年間続いた」• 復権派の主張「荒れ地を耕し、道を作り、峠には橋を架けた」 結論としては、どちらも正しいということが分かりました。 現代の歴史と同じ用に、白黒でハッキリ分けられない、むしろどちらでもあるという結論でした。 なんとも救えない話。 進撃の巨人アニメ2期のED「シーナ、ローゼ、マリアが母親の脊椎を食べるシーン」 進撃の巨人アニメ2期のEDである 「シーナ、ローゼ、マリアが母親の脊椎を食べるシーン」 が進撃の巨人122話にして描かれましたね。 進撃の巨人8 アギトの巨人の上にいるのが進撃の巨人っぽい。 で、フリッツ王家だけが「始祖の巨人」を保ち、戦闘には参加してなかったんだろうなーということも分かります。 エレンの「オレがこの世を終わらせてやる」発言の真意とは? これは「この世界を地鳴らしで終わらせる」という意味ではないと思います。 おそらく• 生まれながらにして全てが決まっている不自由な世界• 奴隷、家畜のように他人に支配されている不自由な世界• 巨人の力が意味を持つ世界• ユミルが巨人を作り続けなければいけない世界 を終わらせるということ。 地ならしはフェイクだと思うんですけど、どうなりますかね。。。 ・・・って感じで、次回も楽しみです。 l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三! \ l O U. :::::: :: ヾ:ミ ト、 ゙゙゙゙ ……..

次の