海 の 幽霊 歌詞。 【米津玄師/海の幽霊】の歌詞の意味を徹底解釈

【米津玄師/海の幽霊】の歌詞の意味を徹底解釈

海 の 幽霊 歌詞

曲中では「大切なことは言葉にならない」というラインを含んだ歌詞をつづり、映画のキャッチコピーである「一番大切な約束は、言葉では交わさない」にも通づる世界観を表現しています。 そんな楽曲です。 「海の幽霊」のジャケットイラストは、原作者である、五十嵐大介さんが描き下ろしたとのこと。 今までのジャケットはすべて米津玄師さん本人が書き下ろしたイラストになっていましたが、「海の幽霊」だけは初めて依頼したそうです。 このイラストを見ただけでも、壮大かつ繊細な世界観を感じることができます。 何とも神秘的で、楽曲に引き込まれていきそうです。 他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年・「海」と「空」に出会う海洋ファンタジーとなっています。 海で起きるほとんどのことは、誰にも気づかれない。 kaijunokodomo. この原作に、10代の頃から「海獣の子供」の原作に惚れ込んでいたという米津玄師さん。 それだけに、思い入れのある作品なんですね。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 長編アニメーション映画を担当するのは2013年公開のスタジオジブリ制作『かぐや姫の物語』以来なんだそうです。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! ここからは「 海の幽霊」の歌詞について解釈&考察をしていきたいと思います。 今回の楽曲は、あくまで「海獣の子供」の主題歌として米津玄師さんが書き下ろしたものなので、歌詞は原作のストーリーに沿っています。 私も実際に原作を読みましたが、なかなかここで全てを詳細に表現できるものではないかもしれません。 なので、断片的にシーン解説という感じになりますが、一部で「海獣の子供」のネタバレを含む場合があります。 原作をまだ読んでいないという方は、ご注意ください。 【初めに・・。 】 この曲は、「海獣の子供」の主人公である少女、 瑠花 るか の追憶であるということを前提に解説していきます。 ジュゴンに育てられた不思議な少年、 海 うみ は 「ある言い伝え」を瑠花に教え、それを試してみよう。 と言います。 海:「 幽霊は椅子に座りたがっているんだって..。 」 どこかの島では、先祖の霊が帰ってくる日に椅子を置き、先祖たちは、帰ってきた証拠にその椅子に何かを置いていくという..。 それとはまた別の国では、、、。 海:「 部屋に幽霊がいるかどうか、確かめるのに椅子を使うって..。 」 誰もいない部屋の真ん中に椅子を置いて、部屋を閉めきる…。 次に見たときに、椅子に変化があったら、そこには幽霊がいるという..。 この方法は、人間と幽霊をつなぐ一つの方法なのです。 このことが元になり、次の歌詞に繋がります。 きっと、光になって消えてしまった、空 ソラ のことを言っているのでしょう。 そして、時間の経過を感じさせる歌詞でもあります。 あの日から、いくつかの時がすぎ、「あなたに話したいことがたくさんありすぎて…」何から話していいのかわからない。 サビに入った瞬間、 まるで大海に飲み込まれるような壮大さを感じます。 星が降る夜に出会った不思議な少年。 」のことを表現していて、原作ではいくつかのシーンでそれが描かれています。。 というシーン。 「海獣の子供」の中で神秘的な体験をするとき「まるで星空のよう・・」というのはひとつのキーポイントになっているようです。 原作を読むともっと理解できると思います。 そして、「 本当に伝えたい感情や想いというのは言葉にならない…」ということ。 この曲の歌詞の中で最も神秘的で、深い表現ですよね。 そして、サビ最後の「思いがけず光るのは・・・」の部分。 この感情はどうやって言葉にしていいか解りませんが…。 懐かしいような、切ないような、夏の季節らしい独特の感情がそこにはあります。 梢 こずえ というのは、木の幹や先端の方を表現した言葉。 夏の木々は青々と茂って、鮮やかな緑ですね。 それが潮風に吹かれて、船を見送っているように表現されているシーンなのかもしれません。 ちなみに、MV中にも出てきますが、やはりヒマワリは夏を代表する花ですよね。 ひまわりは常に太陽に向かって咲きますから、夕焼け時、海に沈む太陽を向くヒマワリが船を見送っているように見えたのかもしれません。 風が吹くと、そしてそれらが擦れあって音を出し、それを歌のように表しています。 鮮明に残った思い出や記憶というのは、まるでそこに存在しているかのように感じさせる時がります。 そしてもう一つ鮮明に残った体温の想い出。 原作でも出てきますが、ジュゴンに育てられた少年、海 ウミ と空 ソラ は常に水で体を濡らさないと、火傷したように皮膚が熱くなってしまいます。 そんな彼の頬に触れた思い出。 それを思い出している部分かもしれません。 ここでは、音と温度という二つの感覚で、思い出を表現していますね。 そして、ねじれた道とは、海中の流れを表現していると思います。 MVでは2:58のシーンで海の生き物たちがが渦巻いて作った海の流れの先に、少年がいて、吸い込まれそうなほどの瞳でこちらを見ています。 同時に、開く「瞼 まぶた 」には不思議な世界への入口という比喩も含まれているようです。 そして、この後、間奏にはいり、ラスサビへ行くのですが、ぜひ注目して欲しい部分があります。 この動画のようにはっきりと聴き取れる音ではありませんが、それをイメージした音が含まれていて、まるで深海に潜っているような感覚にさせてくれます。 そして、そんな癒しから、また壮大なサビへと波が押し寄せるように一瞬にして包み込みます。 形として存在していなくても、未だにあの時の体験は心を高揚させるのでしょう。 だけど、あの時よりも「今は幸せ」胸を張ってと言える。 また、1番では「夏の日に起きたすべて.. 」という、 言葉に出来ない奇跡のような体験を表現していました。 ですが、2番では 「跳ねる光に溶かして」と、 言葉にならない想いを伝える手段として、表現している歌詞です。 命の光に、想いを溶かす…という何とも幻想的な表現ですよね。 そして、主人公である瑠花 るか の心情の変化も感じられるシーンです。 懐かしんでいるけども、決して後ろ向きではない、ポジティブな感情がそこにあります。 それと同時に「二度と会えることはない」と解っているからこその、「また会いましょう。 」なのですよね。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 毎回そうですが、米津玄師さんは、考えさせる音楽を創作しますね。 とても深い歌詞と感情を揺さぶる音楽で、聴き手の過去の記憶や感情に語りかけてきます。 曲だけでも、ものすごく感動しますが、原作に触れ、さらに映画を見ることで、その感性は何倍にも広がると思いますので、ぜひ原作と併せて曲に触れてみてください。

次の

海の幽霊 米津玄師 歌詞情報

海 の 幽霊 歌詞

スポンサーリンク 米津玄師がアニメーション映画「海獣の子供」の主題歌を担当することが決定しました。 初の映画主題歌で書き下ろした楽曲のタイトルは「海の幽霊」になっています。 どんな楽曲で、どんなふうに映画の世界観を米津玄師が捉えているのか、注目が集まっています。 やはり、楽曲「海の幽霊」で気になることは歌詞の意味と解釈ではないでしょうか。 原作を読んだことがある米津玄師ですが、まさか自分でもアニメーション映画の主題歌を担当するとは驚きですよね。 映画「海獣の子供」との関係性についても調べていきたいと思います。 考察と感想も加えて、楽曲「海の幽霊」の歌詞の意味と解釈をまとめていきますね! スポンサーリンク 公式ホームページには 「光を放ちながら、地球の隅々から集う海の生物たち。 」と記載されていました。 そう、これは主人公が触れた生命の物語となっています。 米津玄師が「海獣の子供」を観て読んだことで、感じたことや見えた世界観と景色をどのように楽曲「海の幽霊」に落とし込んでいるのでしょうか。 また、新ビジュアルも披露され、カメラマンには「Lemon」「Flamingo」のMV監督、山田智和氏が担当しています。 楽曲について、2019年4月23日現在は「海獣の子供」の予告動画でも流れていませんので、発表され次第更新していきますね! 映画「海獣の子供」との関係性は? 海獣の子供の主題歌を担当させて頂きました。 海の幽霊という曲です。 好きな作品に関われることがただひたすら嬉しいです。 公開は6月7日です。 よろしくお願いします。 また、映像化されたときには歌を作りたいとも思っていたそうです。 映画の楽曲を担当するにあたって、米津玄師は以下のようにコメントを残しています。 原作を初めて読んだのは10代の頃だと思うのですが、そのすごさに圧倒されたことを憶えています。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 原作者の五十嵐大介との親交も映画の主題歌を担当する前にあったそうです。 出会いは、米津玄師が公式イメージソングを担当していたルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo. 9 ~漫画、9番目の芸術~」での時でした。 五十嵐大介もコメントを残しています。 米津玄師さんと初めてお会いしたのは何年前になるでしょうか。 それからの様々な人のつながりを経て、映画「海獣の子供」の主題歌を米津さんに…という話を伺った時、来るべきものが来たような、不思議な昂揚を感じました。 心を高く深く拡げてくれつつ、同時に着地点を示してくれるような美しい歌に出会えて、今はただ感無量です。 海の幽霊 米津玄師 の歌詞は? 2019年5月10日に「海獣の子供」の予告第二弾動画が解禁されました。 歌詞の一部には「大切なことは言葉にならない」というフレーズも入っています。 lyrical-nonsense. 曲名が海の幽霊だし、海獣だし青がイメージなんだよね。 米津さんorion以来の海に浸かってるし…撮影また冬の時期なんじゃない??寒そうだけど…やっぱ綺麗… — まきまき makimaki0505 米津玄師ってかいじゅうもそうだけど、幽霊題材にしてるの多いよね?今回の海の幽霊もだけど、ゴーゴー幽霊船とかあたしはゆうれいとか、百鬼夜行・ウィルオウィスプ・amenなんかもかな?あと曲調的にカルマシティもか 今日の主題歌の話聞いてふと思ったw — 160 nkns160 米津玄師、海も完全征服するみたいだけど大丈夫そ??? 船で海に出るどころか、もうクジラと意思疎通するみたいだけどみんなついていける?しかも、幽霊味方につけるって?? ついにゴーゴー幽霊船の船上員出てきた?しかも、髪色が群青色? もう想像の範疇超えて何者どころの話じゃない。 記事に新たな髪色と書かれているから染めたんでしょうね。 楽曲については随時更新していきますね! 映画との関係性はもちろんありますし、原作者の五十嵐大介との親交も前からあったらしいです。 どんな楽曲になっているのか、楽しみな部分がたくさんありますね! また、菅田将暉に提供した楽曲「まちがいさがし」がリリース配信日も決定しており、注目が集まっています。 どんな歌詞でどんな思い、楽曲するまでの道のりはどうだったのでしょうか。

次の

【歌詞に込められた真実】米津玄師/海の幽霊を徹底解釈!

海 の 幽霊 歌詞

曲中では「大切なことは言葉にならない」というラインを含んだ歌詞をつづり、映画のキャッチコピーである「一番大切な約束は、言葉では交わさない」にも通づる世界観を表現しています。 そんな楽曲です。 「海の幽霊」のジャケットイラストは、原作者である、五十嵐大介さんが描き下ろしたとのこと。 今までのジャケットはすべて米津玄師さん本人が書き下ろしたイラストになっていましたが、「海の幽霊」だけは初めて依頼したそうです。 このイラストを見ただけでも、壮大かつ繊細な世界観を感じることができます。 何とも神秘的で、楽曲に引き込まれていきそうです。 他人とうまく接することができない中学生の少女・琉花が、ジュゴンに育てられた不思議な2人の少年・「海」と「空」に出会う海洋ファンタジーとなっています。 海で起きるほとんどのことは、誰にも気づかれない。 kaijunokodomo. この原作に、10代の頃から「海獣の子供」の原作に惚れ込んでいたという米津玄師さん。 それだけに、思い入れのある作品なんですね。 今読み返してもあの時の衝撃は全く古びず、更に新しい発見をもたらしてくれます。 もし映像化されるのであれば歌を作らせてほしいなあなんていうふうに思ってたことが、今日になって実現するというのはなんとも感慨深いです。 原作が持ってるものに負けないよう、それでいてうまく寄り添えるようなものが、果たして自分に作れるのかと、ここ数ヶ月は問答の日々でした。 今は映画館で流れる日を楽しみにしています。 長編アニメーション映画を担当するのは2013年公開のスタジオジブリ制作『かぐや姫の物語』以来なんだそうです。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! ここからは「 海の幽霊」の歌詞について解釈&考察をしていきたいと思います。 今回の楽曲は、あくまで「海獣の子供」の主題歌として米津玄師さんが書き下ろしたものなので、歌詞は原作のストーリーに沿っています。 私も実際に原作を読みましたが、なかなかここで全てを詳細に表現できるものではないかもしれません。 なので、断片的にシーン解説という感じになりますが、一部で「海獣の子供」のネタバレを含む場合があります。 原作をまだ読んでいないという方は、ご注意ください。 【初めに・・。 】 この曲は、「海獣の子供」の主人公である少女、 瑠花 るか の追憶であるということを前提に解説していきます。 ジュゴンに育てられた不思議な少年、 海 うみ は 「ある言い伝え」を瑠花に教え、それを試してみよう。 と言います。 海:「 幽霊は椅子に座りたがっているんだって..。 」 どこかの島では、先祖の霊が帰ってくる日に椅子を置き、先祖たちは、帰ってきた証拠にその椅子に何かを置いていくという..。 それとはまた別の国では、、、。 海:「 部屋に幽霊がいるかどうか、確かめるのに椅子を使うって..。 」 誰もいない部屋の真ん中に椅子を置いて、部屋を閉めきる…。 次に見たときに、椅子に変化があったら、そこには幽霊がいるという..。 この方法は、人間と幽霊をつなぐ一つの方法なのです。 このことが元になり、次の歌詞に繋がります。 きっと、光になって消えてしまった、空 ソラ のことを言っているのでしょう。 そして、時間の経過を感じさせる歌詞でもあります。 あの日から、いくつかの時がすぎ、「あなたに話したいことがたくさんありすぎて…」何から話していいのかわからない。 サビに入った瞬間、 まるで大海に飲み込まれるような壮大さを感じます。 星が降る夜に出会った不思議な少年。 」のことを表現していて、原作ではいくつかのシーンでそれが描かれています。。 というシーン。 「海獣の子供」の中で神秘的な体験をするとき「まるで星空のよう・・」というのはひとつのキーポイントになっているようです。 原作を読むともっと理解できると思います。 そして、「 本当に伝えたい感情や想いというのは言葉にならない…」ということ。 この曲の歌詞の中で最も神秘的で、深い表現ですよね。 そして、サビ最後の「思いがけず光るのは・・・」の部分。 この感情はどうやって言葉にしていいか解りませんが…。 懐かしいような、切ないような、夏の季節らしい独特の感情がそこにはあります。 梢 こずえ というのは、木の幹や先端の方を表現した言葉。 夏の木々は青々と茂って、鮮やかな緑ですね。 それが潮風に吹かれて、船を見送っているように表現されているシーンなのかもしれません。 ちなみに、MV中にも出てきますが、やはりヒマワリは夏を代表する花ですよね。 ひまわりは常に太陽に向かって咲きますから、夕焼け時、海に沈む太陽を向くヒマワリが船を見送っているように見えたのかもしれません。 風が吹くと、そしてそれらが擦れあって音を出し、それを歌のように表しています。 鮮明に残った思い出や記憶というのは、まるでそこに存在しているかのように感じさせる時がります。 そしてもう一つ鮮明に残った体温の想い出。 原作でも出てきますが、ジュゴンに育てられた少年、海 ウミ と空 ソラ は常に水で体を濡らさないと、火傷したように皮膚が熱くなってしまいます。 そんな彼の頬に触れた思い出。 それを思い出している部分かもしれません。 ここでは、音と温度という二つの感覚で、思い出を表現していますね。 そして、ねじれた道とは、海中の流れを表現していると思います。 MVでは2:58のシーンで海の生き物たちがが渦巻いて作った海の流れの先に、少年がいて、吸い込まれそうなほどの瞳でこちらを見ています。 同時に、開く「瞼 まぶた 」には不思議な世界への入口という比喩も含まれているようです。 そして、この後、間奏にはいり、ラスサビへ行くのですが、ぜひ注目して欲しい部分があります。 この動画のようにはっきりと聴き取れる音ではありませんが、それをイメージした音が含まれていて、まるで深海に潜っているような感覚にさせてくれます。 そして、そんな癒しから、また壮大なサビへと波が押し寄せるように一瞬にして包み込みます。 形として存在していなくても、未だにあの時の体験は心を高揚させるのでしょう。 だけど、あの時よりも「今は幸せ」胸を張ってと言える。 また、1番では「夏の日に起きたすべて.. 」という、 言葉に出来ない奇跡のような体験を表現していました。 ですが、2番では 「跳ねる光に溶かして」と、 言葉にならない想いを伝える手段として、表現している歌詞です。 命の光に、想いを溶かす…という何とも幻想的な表現ですよね。 そして、主人公である瑠花 るか の心情の変化も感じられるシーンです。 懐かしんでいるけども、決して後ろ向きではない、ポジティブな感情がそこにあります。 それと同時に「二度と会えることはない」と解っているからこその、「また会いましょう。 」なのですよね。 米津玄師「海の幽霊」歌詞の意味を解釈! まとめ いかがでしたか? 毎回そうですが、米津玄師さんは、考えさせる音楽を創作しますね。 とても深い歌詞と感情を揺さぶる音楽で、聴き手の過去の記憶や感情に語りかけてきます。 曲だけでも、ものすごく感動しますが、原作に触れ、さらに映画を見ることで、その感性は何倍にも広がると思いますので、ぜひ原作と併せて曲に触れてみてください。

次の