伊藤かずえ:日産シーマ。 Y31シーマ中古車購入ガイド カスタム好きにも大人気で価格が上昇中!

伊藤かずえの車はシーマ!愛車遍歴も総まとめ【画像付き】

伊藤かずえ:日産シーマ

25年間、同じクルマに乗り続けて走行距離25万㎞超! 女優・伊藤かずえさんの愛車とは… 1988年のバブル全盛期にセドリック、グロリアより高級仕様のクルマとして発売された初代Y31シーマです。 素材がいいのかシートも全くヘタってないと語る伊藤かずえさんの愛車です 24歳の時に初代シーマを購入した伊藤かずえさん。 それから25年間乗り続け、走行距離はなんと25万㎞超え! 地球を6周したことになるらしいです。 走りは最高です。 京都で撮影がある時に自分で運転したんですが、クルーズコントロールがついているから高速も快適。 3000㏄のV6ツインカムターボは加速がいいし、電子制御のエアサスペンションをスポーツモードにすると車高がググッと下がって、どっしりと走れる。 それがまたいい感じなんです(笑)。 バブル絶頂期のクルマだからでしょう。 高級な素材が使われていて、細部までこだわりが詰まっています。 25年前のクルマなのに、シートは全くヘタっていません。 大きなトラブルだと10万㎞の時にエンジンを載せ替えたのと、エアサスを2回替えたくらい。 半年に1度の定期検査は欠かしません。 今もこのシーマを普段使いしています。 強いて不満を挙げるなら、燃費ですね。 街乗りでリッター3、4㎞。 しかもハイオクですし(笑)。 でも高速ではうまくやれば10㎞ぐらいまで伸びます。 シーマに乗ってからは、他のクルマに浮気しようと思ったことがないんです。 ある番組で日産の方が当時、最新のシーマを持ってきてくれて乗りました。 それはもう静かだし、大きくてゆったりしていて、もちろん燃費もいい。 でも私には、今のシーマのサイズ感がピッタリなんです。 これだけシーマと一緒にいると、もう体の一部のようなもの。 どこか調子が悪いと、すぐにわかるんです。 最近もブレーキを踏んだ時にエンジンのほうからゴボゴボというイヤな音がしました。 でも、温まると音がしなくなるので、ディーラーのメカニックさんに状況を伝え、「エンジンが冷え切った後に調べてください」と頼みました。 すると、やっぱりブレーキ関係のパーツが故障しかけていました。 長年乗っていると、トラブルを感知できるんです。 乗り続けるかって? もちろん、死ぬまで一生乗り続けます!(笑) どうしようもなくなっても、パーツ取り用にもう1台古いシーマを買って、フルレストアするしかないと覚悟しています(笑)。 新しい車は魅力的ですが、古い車を乗り続ける事は素晴らしいことだと思いますし、ある意味エコだと思います 本当に好きでないと乗り続けて行けないですし、物を大切にする気持ちは、大事です!自分の愛車、まだまだですが見習って大切に、これからも乗って行きたいと思いました。

次の

日産 シーマおすすめグレードはVIPかVIP G!違いを比較

伊藤かずえ:日産シーマ

プロフィール 名前:伊藤かずえ(いとうかずえ) 本名: 伊藤和枝 別名義: 神奈かずえ 生年月日: 1966年12月7日 出生地: 神奈川県横浜市 身長: 168 cm 血液型: A型 活動期間 1972年 — 配偶者: NATCHIN(1999年 — 2013年) 事務所: ホリプロ 伊藤かずえさんは小学生の頃、内気な性格を変えるために母親に勧められ、 東映児童部研修所に入ります。 1978年、神奈かずえの芸名でクラウンレコードよりレコードを発売し、翌1979年には、伊藤和枝名義で映画『花街の母』(東宝)に出演します。 そして1981年には、『江戸を斬るVI』でドラマ初出演を果たします。 同年、映画『燃える勇者』のオーデションで応募者約2万人の中から選ばれ、真田広之と共にW主演を務めます。 伊藤かずえさんは、シーマに乗ってからは、他の車に浮気しようと思わなくなったそうです。 そして、もし現在のシーマがダメになったとしても、パーツ取り用にもう1台古いシーマを買ってまで乗り続けると話しています。 乗り続けるかって? もちろん、死ぬまで一生乗り続けます!(笑) どうしようもなくなっても、パーツ取り用にもう1台古いシーマを買って、フルレストアするしかないと覚悟しています(笑)。 shueisha. これも一種のエコと思うのだがね。 25年間、同じクルマに乗り続けて走行距離25万㎞超! 女優・伊藤かずえの覚悟とは…(週プレNEWS) — Yahoo!

次の

Y31シーマ中古車購入ガイド カスタム好きにも大人気で価格が上昇中!

伊藤かずえ:日産シーマ

地中海沿岸に約20種が分布する毎年花を咲かせる多年草です。 ギリシアの国花になっています。 出典: スポンサーリンク 走行距離と燃費 伊藤さんのシーマの走行距離は 驚きの 25万km超え。 ガソリン代に費やすコストを考えると怖くなるが、伊藤さんは半年に1度の定期検査は欠かさず、エンジンや足回りなどの部品を交換しながら大切に乗っているようだ。 伊藤かずえが1989年型シーマを所有して250000kmを走ったと言ったが「エンジン交換」をしているので・驚きもしない、俺は86年型のレオーネRX18004WDターボ(グロス130ps)を92年に手放すまで230000km走った! — ゴルゴ15 zakuzakunitaroo ちなみに、伊藤さんはシーマに乗ってからは他の車に「浮気」しようと思ったことがないそうだ。 大切にしていることが実感できますね 伊藤かずえのシーマは天皇陛下のインテグラと同い年です — さっしー YSasamori スポンサーリンク 伊藤かずえの過去の愛車 伊藤さんはお笑いコンビ・おぎやはぎさんが出演する 番組 (愛車遍歴)で、過去に乗っていた車を紹介している。 ・1895年 19歳 日産 スタンザ ・1986年 20歳 日産 エクサ ・1989年 23歳 日産 ローレル ・1990年 24歳 日産 シーマ 伊藤さんの過去の愛車は全て日産車だが、伊藤さんの父親は日産の販売会社にお勤めだったそうだ。 シーマやローレルと聞くと少しヤンチャなイメージがするが、伊藤さんは気品のある女優さんだ。 伊藤さんが普段からシーマを運転しているというギャップもたまらない。 まとめ この先も40万kmを目指して、「一生乗り続けます」とはっきり語っている伊藤さんのシーマ愛はかっこいい。 エンジンを載せかえて25年も大切に乗り続けるのはなかなかできることではない。 維持管理が大変だろうが、伊藤さんのシーマは大事にしてもらってとても幸せだろう。 スポンサーリンク.

次の