俺 ガイル ss 修羅場。 旧 SSナビ(移転しました) : 俺の彼女とクラスメイトが修羅場すぎる。【俺ガイル】

【俺ガイル・材木座SS】比企谷八幡「ヒロインがダメ」

俺 ガイル ss 修羅場

今は7月。 夏真っ盛りであり俺、比企谷八幡はもちろんのこと日本人はおそらく皆が自宅待機を望む時期であるはずなのだが・・・ 俺は千葉名物のディスティニーランドまではるばる来ていた。 来てしまっていた・・・ 八幡「あ~暑い。 帰りたい。 家でアイスでも食べながらカマクラとじゃれ合いたい。 」などと一人ぼやいていると向こうから一人のピンク髪のいかにもリア充やってますという雰囲気を漂わせている少女がバタバタと元気よく走ってくる。 そう部員が1人、由比ヶ浜由比である。 (何であいつはあんなに元気なの?どこにそんなエネルギーあるんだよ。 )そんなことを思っていると一本の缶ジュースが俺に向けて投げられる。 八幡「おっと。 サンキュー。 」 由比「いいよ、今日は私がそうするって決めたんだし。 っていうかヒッキー、今帰りたいとか考えてたでしょう。 」 八幡「えっ何!?お前超能力者なの?」 由比「やっぱりそうなんだ!ってかそれぐらいいつもヒッキー見てたら分かるよ。 」 八幡「そっ、そうか。 っていうかそんな見んなよ。 」 由比「えっ!?ちっ違うよ、べっ別に見たくて見てたわけじゃないっていうか・・・そのー、成り行きみたいな?」 八幡「俺を見る成り行きってなんだよ!?」 由比「もぅ!何でもいいでしょ!そういえば他の2人は?」 八幡「いや、まだ来てないけど。 」 そう、ディスティニーランドに来ているのは俺と由比ヶ浜二人だけではない。 あと二人来ているのだが。 ???「せ~んぱ~い!」ちょうどそのうちの一人が向こうからこっちに手を振りながらパタパタとかけてくる。 ???「せんぱいっ!ご注文のアイス買ってきましたよ!」少し息を切らしながらも俺にアイスを手渡し・・・てこない!? ???「先輩。 一緒にこのアイスを食べましょ!」 八幡「はっ!?おまっ何言って・・・」よくよく見ると彼女は手に一つしかアイスを持っていない。 八幡「金無いなら自分の分は俺出すよ?」俺は素直に思ったことを言った。 ???「違いますよぉ~。 私はせんぱいと同じのを食べるために一つにしたんですってば!いいじゃないですかぁ~、こんなに可愛い後輩が買ってきたんですよ~?」そう言いながら彼女、あざとい後輩一色いろはは上目づかいで俺を見てくる。 八幡「だから、あざといっての。 」 いろは「あれぇ~?可愛いは否定しないんですね。 」 八幡「うるせぇ」 いろは「あっ、照れてる照れてる~。 」 そんなじゃれあいを俺たちがしていると、 ???「そんなにじゃれ合って楽しいかしら?じゃれ谷君。 」 (えっじゃれ谷ってなに?っていうか俺のあだ名の種類って世界一じゃねぇーの?) 冷淡な口調で突っ込みを入れてきたのは部員が一人雪ノ下雪乃だ。 八幡「雪ノ下か。 お目当てのものはあったか?」 雪乃「ええ、おかげさまで。 」 由比「それじゃ、行こっか!」 いろは「はい!せんぱいも行きましょっ!」そういって俺と半ば強引に腕を一色は組もうとする。 由比「あ~いろはちゃんずるい!私も組む!!」 雪乃「仕方無いわね。 私があなたの片腕をもらいましょう。 」 (なんか、今とても不吉な言葉が聞こえた気が・・・) いろは「せんぱいは、誰と組みたいんです!?」 八幡「いや、俺は・・・・・・」三人の視線が痛い。 (そんなに見られると俺、穴あいちゃうよ?) どうしてこんなことになったんだ・・・。 俺はその視線の中、少し前のことを思い返すのだった。

次の

【俺ガイル】雪ノ下雪乃・八雪おすすめSSまとめ【やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。】

俺 ガイル ss 修羅場

初投稿です。 なにも勝手がわかりません。 多々間違いを起こすと思うので、ご指摘お願いします。 」 由&雪「どうして平塚先生とデートしたの!?」 平塚「ただのデートではないぞ。 そのあと私の両親に挨拶してな!」 八幡「先生、とんでもない嘘をつかないで下さい。 由比ヶ浜なんか放心状態ですよ」 由比ヶ浜「アイサツ…ケッコン…アイサツ…」 平塚「はっはっ!これはすまんな」 くそ既成事実として使えると思ったのに…) 雪ノ下「由比ヶ浜さん、しっかり!」 由比ヶ浜「…ケッコン…はっ!!」 あたし、いまどうなってた!?」 雪ノ下「知らない方がいいと思うわ。 」 由比ヶ浜「てゆーかヒッキー!! せつめい!!」 八幡「ったく、めんどくせぇな。 合コンで失敗した平塚先生の愚痴を聞か されてたただけだっての。 」 平塚「比企谷、それは言わないでくれ…ぐすん なんでうまくいかないんだろうなぁ…ぐ ずっ…今日はもうかえる…」 ガラガラッ…ピシャン 八幡 ドアの向こうでは肩を落としてトボトボ歩く平塚先生の姿があった。 ほんとにだれかもらってあげてさもなくば俺がもらってしまう。 否、もらわれてしまう。 だれか助けて。 ) 雪ノ下「比企谷くん。 あなた、平塚先生とデートしたのだから、私たちともデートする権利はあるわね?」 八幡「あ、いや、その…」 雪ノ下「あるわね?」ニコッ 八幡 ヤバイ、逆らったらやられる。 ) 八幡「はい。 」 由比ヶ浜「じゃあ明日、あたしとデートしようよ!」 雪ノ下「いえ。 明日は私よ。 」 由比ヶ浜「あーたーしー!!」 雪ノ下「このままではらちが明かないので、じゃんけんにしましょう。 」 雪&由「じゃーんけーんポイ!」 雪ノ下グー 由比ヶ浜チョキ 雪ノ下「やったわ!明日は私よ!!」 雪ノ下「はっ!!別に、あなたといくのがうれしいわけではなくて、じゃんけんに勝ったからうれしいのよ。 勘違いしないでちょうだい。 船橋の。 」 雪ノ下「では、そこへいきましょう。 」 ガタンゴトン、ガタンゴトン 南船橋ー南船橋ー 雪ノ下「着いたわね。 」 八幡「おい雪ノ下、この歩道橋大丈夫か?」 雪ノ下「馬鹿にしないで頂戴。 このくらいの階段くらい、簡単に上れるわ。 」 カン、カン、カン 雪ノ下「ゼーゼー、ハーハー。 ひきぇがやくん、もう少しゆっくり歩けないのかしら?」 八幡「だから言ったのによー。 ハァー。 ゆっくり歩いてやるから少しぐらいがんばれよ…」 雪ノ下「やっと着いたわね。 」 八幡「途中で2回も休憩するとは思わなかったぜ。 」 雪ノ下「放っておいてちょうだい!」 八幡「じゃあ、どこにいきたい?」 雪ノ下「あなたが決めてもらって構わないわ。 」 八幡「じゃあ、服でも見るか?」 雪ノ下「ええ。 じゃあこれにするわ。 あなたが選んでくれたのだし。 」 八幡「ほんとにいいのか?それで、 俺、センスないっていつも小町に言われてるからな。 」 雪ノ下「…なんでそんなに堂々としているのよ…」 八幡「まあ、それでいいなら早く買ってこいよ。 」 雪ノ下「ええ。 」 戸部「あれ?ヒキタニくんじゃね?」 一色「あっ!ほんとだ。 先輩じゃないですか! 会えて嬉しいです!」 八幡「はいはい。 あざといあざとい。 」 一色「先輩、いつも冷たいですね。 」ハァー… 八幡 というかこれヤバイんじゃね? いまこいつらに雪ノ下を見られたら学校で広められ、変な噂がたってしまう。 ) 雪ノ下「終わったわよ。 」 一色「えー!雪ノ下先輩じゃないですか! こんなところで先輩となにやってるんですか?」 雪ノ下「いま八幡とデート中なのよ。 邪魔しないで頂戴。 」 雪ノ下「とにかくそういうことなのよ。 それでは失礼するわ。 」 八幡 そのあと、雪ノ下と一緒にウィンドウショッピングをして楽しんだ。 ) 八幡「ほんとに送らなくていいのか?」 雪ノ下「ええ。 送り狼にやられても困るのよ。 」 由比ヶ浜「なんで?」 雪ノ下「八幡はもう、私の彼氏だからよ。 」 八幡「いつおれはお前の彼氏になったんだ!」 雪ノ下「だってあなた、別れ際に愛してるっていったじゃない。 」 由比ヶ浜「ヒッキー?」ゴゴゴゴゴ 八幡「そんなこと言ったような…言ってないような…」 雪ノ下「いいえ。 言ったわ。 私聞いたもの。 」 由比ヶ浜「ていうか、愛してるって言ったとしても彼氏になったわけではないよね?」 雪ノ下「それは…」 由比ヶ浜「ということで、日曜日にデートしようね!」 八幡「ハァー、分かったよ…」 由比ヶ浜「やったー!」 日曜日 由比ヶ浜「遅れてごめーん!」タッタッタ 八幡「いや、別に待ってねーからいいけど…」 由比ヶ浜「ほんとゴメン!」 八幡「いや、だからいいって…」 由比ヶ浜「そういえばヒッキー、学校でゆきのんとヒッキーのこと噂になってたよ。 」 八幡「マジかよ。 道理でいつもより人に見られてる感じがしたのか。 平塚先生にも睨まれたし。 」 由比ヶ浜「ははは。 大変だね。 今回はそうならないようにしn」 ?「あれー?結衣じゃん」 由比ヶ浜「!? 優美子!?」 三浦「それにとなりにいるのは…ひ…ひき…ヒキオ?」 八幡(いやいや!なんでそうなるんだよ!) 「はい。 」 三浦「いや、なんか固くね?」 八幡(相手がトップカーストの人間だからな、 それはそうなる。 ) 三浦「いや、何か言えし。 」 由比ヶ浜「と、ところで優美子はなにしてんの?」 三浦「海老名と待ち合わせ。 そっちは?」 由比ヶ浜「あの…ええっと…」 三浦「あー、デートね、じゃああーし邪魔しないからー!じゃ!」 由比ヶ浜「え?どういうこと?」 三浦「ヒキオー!結衣泣かせたら承知しないかんねー!」 八幡 絶対勘違いされた。 そんなんじゃないんだからねっ!) 由比ヶ浜「まあ、早くいこ!ヒッキー。 」 八幡「ん。 」 パセラ 由比ヶ浜「ハニトー美味しいね!ヒッキー!」 八幡「ほとんど砂糖じゃねーか。 まあ不味くはないが。 」 由比ヶ浜「ほんと、ヒッキーは捻デレさんだなぁ。 」 八幡「こら、変な造語つくってんじゃねーよ。 」 由比ヶ浜「まあまあ、早く食べて。 」 八幡「ハァー。 あいあい。 」 由比ヶ浜「んじゃあご飯時だし、サイゼでもいこう!」 八幡「なんでお前はそんな元気なんだ?」 由比ヶ浜「ん?」 八幡「いや、なんでもない。 」 サイゼリア 由比ヶ浜「じゃあタラコソースシシリー風で。 」 八幡「ミラノ風ドリア。 」 店員「はい。 かしこまりました。 」 由比ヶ浜「ヒッキーは好きな人はいないの?」 八幡「え?」.

次の

『俺ガイル』三浦優美子[あーし]がヒロインなおすすめSS・二次小説作品まとめ【随時更新】

俺 ガイル ss 修羅場

05 ID:qFNXs88do 『距離』 八幡「……」カキカキ 不知火「……」ジーッ 八幡「……」ムムム 不知火「……」ジーッ 八幡「……」 不知火「……」ジーッ 八幡「……」チラッ 不知火「……」ジーッ 八幡「……おい」 不知火「はい」 八幡「……さっきから見すぎじゃね?」 不知火「……そうですか?」 八幡「いや、つうかさっきより近くなってるから仕事に集中出来ないっつうか……お前の分の仕事はどうした」 不知火「もう終わらせましたが?」 八幡「やっぱ優秀過ぎるわ俺の秘書艦。 俺から離れてくれたらもう最高なんだが」 不知火「不知火は貴方の秘書艦ですから。 しかし、そうやって褒めて頂けるのは悪い気はしません」 八幡「うん、でもちょっと難聴なんだよなあ。 88 ID:qFNXs88do 『旗艦』 不知火「司令」 八幡「……」カキカキ 不知火「司令」 八幡「……」カキカキ 不知火「……しれぇ」 八幡「……」カキ、カキ 不知火「なんだか無性に、司令に襲われそうだと叫びたくなりました」スッ 八幡「待て。 分かった俺が悪かった何でも聞きますから」 不知火「次、不知火を意図的に無視したら実行します」ナミダメ 八幡「……分かった」 不知火「では司令、一つ質問があるのですが」 八幡「ん」 不知火「貴方の秘書艦は基本的に不知火です。 間違いありませんね?」 八幡「そうだな。 出会ってすぐに秘書艦に任命した。 78 ID:qFNXs88do 不知火「最近、司令は旗艦を不知火に任せてくれません」 八幡「……あー」ポリポリ 不知火「以前は司令の気紛れを混ぜつつも旗艦は交代制だったのに……何故ですか」 八幡「気紛れじゃねえよ、一応俺も考えてだな……」 不知火「何故ですか」ズイッ 八幡「……や、言ったら絶対お前怒るぞ」プイッ 不知火「……教えてください」ジーッ 八幡「あー……あれだよ。 なんていうか、お前を旗艦にすると、な」 不知火「はい」 八幡「沈め沈めって、怖い」 不知火「はい。 63 ID:qFNXs88do 不知火「……そういえば司令。 先程も気になる事を言っていましたね」ボソッ 八幡「ひゃ、ひゃい」ビクッ 不知火「ちょっと詳しく尋問 物理 したいので不知火の部屋に移動しましょう」ニコリ 八幡「は!?いや、女の部屋で二人きりとかぼっちには難易度が、って腕掴むな待て不知火!」 不知火「……不知火に落ち度でも?」ギロッ 八幡「……ないです」 雷「あーっ!また司令官が連れ去られてる!」 電「はわわ……引き摺られてる司令官さん、出来れば助けたいのです」アタフタ 雷「無理よ、相手は不知火だし」キッパリ 電「なのです」コクリ 八幡「おい。 聞こえてるからな?諦め早すぎねえ?」 不知火「あら。 何か言いましたか」ニコッ 八幡「あ、いえ」 この後滅茶苦茶尋問 物理 された。 93 ID:qFNXs88do 八幡「ぐふぇ!」ドサッ 鈴谷「ありえないっ。 73 ID:qFNXs88do 八幡「お前……今の状況分かってんのか」 鈴谷「っ!?な、なに?」ピタッ 八幡「いやな?このままだと、今のが艦内放送で流される事になるかもしれない可能性があるんだが」 鈴谷「っ……私を脅してるつもり?」 八幡「人聞きの悪いことを言うな。 ただ、ちょっとしたお願いがあるんだよ」ニヤ 鈴谷「なんか笑顔も言い方もキモいんだけど……」 八幡「おいこら。 マジで流すぞこれ」 鈴谷「チッ……で、私はなにすればいいの?脱げとか言ったら蹴り上げるよ?」 八幡「露骨な舌打ちやめろや泣くぞ。 あと蹴り上げるって何をだ」 鈴谷「なにって、決まってるじゃん」 八幡「こえーよ。 ……で、コレを処分する条件だが」 鈴谷「やっぱ脱げばいーの?」 八幡「お前本当は脱ぎたいの!?俺が喋ってんのにわざわざ挟むとかどんだけだよ!?」 鈴谷「ばっ、違うし!何言っちゃってんの!?」 八幡「……はぁ。 もういい。 取り敢えず、条件としてお前は明日一日俺の秘書艦な」 鈴谷「……へ?……秘書艦?」キョトン 八幡「そうだ。 俺の秘書艦として……俺を守ってくれ」 鈴谷「……ごめん。 全然理解が追いつかないんだけど」 八幡「明日……恐らく不知火が俺に何か仕掛けてくる。 さっきから扉の隙間から誰かの視線が……」 鈴谷「あれ?この視線私に向いてる……?」 鈴谷「提督また同じの飲んでる……。 それ、美味しいの?」 鈴谷「別に欲しいわけじゃないけどー……。 ……あれ。 さっきより視線が」 鈴谷「提督ぅー、そろそろ晩御飯の時間だよー?」 鈴谷「今日のカレー美味しかったぁ!相変わらず視線はあったけど……」 鈴谷「ねぇねぇ、てい……八幡。 その、まだ視られてるけど寝る時はど、どーすんの?」 鈴谷「う、うっさい!心配してあげたのにもういい!私帰るから!」バタン 八幡「なんなんだアイツ……。 96 ID:qFNXs88do 一旦ここまで。 艦娘の名前を滅多に呼ばない。 艦娘と妖精しかいない鎮守府でもぼっち。 故に最強。 最強なのに様々な理由で艦娘にボロボロにされる。 不知火とは共感出来る部分が多く友達になろうとしたが今は諦めている。 主に過激なスキンシップが原因。 余談だが、夜戦夜戦と自室にしつこく乗り込んでくる川内を無視し深夜アニメの視聴を続けていたらいつの間にか一緒に見るようになっていた。 夕張も一緒に見るようになっていた。 ぼっち。 八幡のとある事情を知る一人。 精神的にも肉体的にも八幡に迫る。 ぐいぐい迫る。 だが最近はこれではダメだと漸く気づいた模様。 余談だが、最近は小説を読むことを日課にしていてその時は眼鏡を掛けている。 八幡曰く、世界水準軽く超えてる。 艦娘に連行される八幡を見ても、相手が悪いとあっさり見捨てる。 だが艦娘にボロボロにされた後の八幡をケアするなど抜け目の無さも伺える。 余談だが、作者の鎮守府にはまだ暁が来ていない。 八幡の苦手なタイプ。 最近めでたく不知火にライバル認定された。 八幡に苦手意識を持たれている事を察したのか出会った当初はコミュニケーションを図るため積極的に話しかけていたが、会話の中で冗談のつもりで目がキモい行動がキモい言動がキモい等言ってしまい、実は本音も混じっていた所為で色々と堪え切れなくなった八幡と一悶着有り、今は一応の和解をしたものの出会えば互いに牽制し合っている。 余談だが、嫌よ嫌よも好きの内どころか二人きりの時は提督ではなく「八幡」と呼んだりもする。 他にも登場予定の艦娘はまだまだいますが取り敢えずこれだけ。 先日秘書艦をした彼女のミスの所為で、思ったより時間が掛かりました」 八幡「……そうか」 不知火「構いません。 これも不知火の仕事ですので」 八幡「仕事、ね。 ……俺も一段落着いたし、そろそろ休憩にするか」ハフゥ 不知火「そうですね。 食堂に向かわれますか?」 八幡「ああ。 だが、ちょっと疲れた。 仕事は嫌いでも不知火は好き、と」 八幡「言ってねえよ」 不知火「むぅー」 八幡「あざとい。 お前のキャラじゃない。 飯行こうぜ」 不知火「ま、待ってください」 不知火「ではせめて。 司令が嫌いな、仕事をする理由を教えてください」 八幡「っ……それも」 八幡「それも、前に言ったから駄目だ」プイッ 不知火「……そうですか」 不知火「分かりました」クスッ 八幡「……これも先に言っておくが、国の為とかお前達の為とかじゃないぞ」 不知火「ええ、ええ。 分かっていますよ」 八幡「……もういい先に行く」ガタッ 不知火「あ。 うん、落ち着け俺」 羽黒「は、はい……」 八幡「……よし」 八幡(もう一度状況を整理しよう) 八幡(何故、俺達しかいない状況で羽黒に服を脱げと言われているのか) 八幡(その解答は少子化防止運動に励むため、では決してなく) 八幡(単純に、先日羽黒が食堂に忘れ物をしたので俺がそれを部屋まで届けてやったら、今日はお礼にとコーヒーを淹れてきてくれた。 が、俺の目の前で躓きコーヒーを盛大に俺にかけてしまったというなんともテンプレな話である) 八幡(突然の事にうわぢゃあ!と盛大なリアクションをした俺だが、俺以上に羽黒が慌てていた) 八幡(もう顔なんか真っ赤で目も漫画みたいにグルグルしててごめんなしゃいとか思わず噛んじゃう羽黒可愛い) 八幡(もう一度言おう……正直、可愛かった。 天使だった。 な?」 羽黒「は、はい。 だからお前も気を遣わなくていい」 羽黒「でも!私、司令官さんにご迷惑をお掛けしたのに……!」 八幡「……結果はどうあれ、俺の為にわざわざコーヒー淹れてきてくれたんだろ?」 羽黒「は、はい。 司令官さんはコーヒーがお好きだと聞いたので」 八幡「じゃあ尚更だ。 今回は運が悪かったんだよ」 八幡「悪いのはお前じゃない」 羽黒「っ……はい。 天使すぎて今度から直視出来ないレベルっていうか俺が浄化される。 浄化されて俺の目もまともにならないかな。 それは流石に無理か。 いやでも羽黒の天使なら、って待て羽黒の天使って何だよ天使の羽黒だろ。 しかし羽黒=天使は数学的にも証明されてるから ry 電「あ。 あれは司令官さん。 ……怖いけどな」 榛名「で、ではさっきまでの話は」 八幡「ぶっちゃけると茶番だな。 あと、まだ二人しか増えてませんが八幡の紹介の補足も兼ねてかるーく紹介。 ある日を境に八幡にコーヒーを毎日持っていくようになり八幡の好感度を上げ続けている。 秘書艦である不知火は当然その光景を毎日見ているが、羽黒の純粋な気持ちには気づいているので何も言わない。 ドジっ子で更に慌てると結構とんでもない行動に出てしまう。 でも、普段はしっかりしてる。 余談だが、作者が初めて羽黒を見た時にもしやと思って「羽黒ちゃんマジ天使」とググったらちゃんとヒットしたのは良い思い出。 八幡の鎮守府に来てから元気になったが目は死んだまま。 本人も気にしている。 だが目が死んでいても提督である八幡の方がやばいので周りは特に気にしていない様子。 余談だが、榛名が逃げてきた鎮守府は提督が告発され新米提督が日々奮闘しているらしい。 煙草は吸いたい時に吸う。 お酒は弱くないが一人では飲まない。 捻くれた性格が少し緩和されている。 今回の八幡の設定は迷いましたが、一応書いておきます。 では、おやすみなさい。 最近の投稿• メタ情報•

次の