太陽 神 ソルス。 ソードアート・オンライン・アリシゼーションWar of Underworldアニメ第12話感想「スーパーアカウント太陽神ソルスでシノン参戦!」

古代ローマ神名事典

太陽 神 ソルス

彼らは、次々と《アンダーワールド》にログイン、人界軍と闇の軍勢の見境なく《人工フラクトライト》たちを殺害していく。 殺戮集団の彼らが現実世界からログインしてきたプレイヤーだと気づいたアスナは、必死に止めようとする。 そして、それを対岸から見ていたイスカーンは、仲間の死に無関心な皇帝に怒りを覚え……。 また敵を一掃するためにアリスがもう一度大規模術式によるレーザー攻撃を実行しようと単身突出してしまいました。 そのため、それを待っていたベクタによって捉えられてしまい心意によって眠らされ、そのままワールドエンド・オールターに向かって連れ去られてしまいます。 拳闘士団の長のイスカーンとの話し合いによってアメリカ人プレイヤーたちは拳闘士団が受け持ち、人界守備軍はアリス奪還のためにベクタの後を追うことになります。 しかし人界守備軍が移動後に再びアメリカ人プレイヤーたちがログインし一気に包囲されてしまいますが、太陽神ソルスのスーパーアカウントでログインしたシノンが現れ敵を一掃するという展開でした。 第12話は3クール目の最後のお話となり、遂にシノンが参戦したかという印象です。 ここからSAOお馴染みのキャラクターたちが続々と登場するので今後が楽しみですね。 また原作既読者からするとアスナの持っている剣がレイピアではなく片手剣だったのも気になってしまいました。 アメリカ人プレイヤーたちもアニメではポリゴンのように描かれていましたが、プレイヤー側にとってポリゴンに見えるだけで、アカウントはアンダーワールドに用意されていた正規アカウントを使っているので、少し違うのではと感じました。 原作小説でもアスナたちにとっては他のAIたちと同じように描写されており、斬った際に血が舞い散ると描写されています。 この辺りはもしかしたら地上波放送ですので配慮されたのかもしれません。 今回もアニメ第12話について原作小説と比較しながら解説や感想を挟んでいきたいと思います。 アニメ第12話もほぼ原作通りの展開ですが、イスカーンに何が起こったのか?ベクタの意図、スーパーアカウントにそれぞれ付与されている固有の能力などが原作小説では細かく説明されています。 アメリカ人プレイヤ-たちとの戦闘の悲惨さなども原作小説のほうが緊迫感はあるかもしれません。 アスナが持っているのは両刃の片手剣 アスナと言えばレイピア使いで、原作小説でも創世神ステイシアのスーパーアカウントでも神器級のレイピアを用いて戦っています。 アニメではアスナの持つ剣は両刃の片手剣です。 アニメーションで動いているところを見てもアスナの斬るという動きがなんだか違和感を覚えてしまいました。 ある意味新鮮でしたが…。 アメリカ人プレイヤーたちのアニメと原作の違い アニメではアメリカ人プレイヤーたちは斬られると直ぐにポリゴンとなり消えてしまっていましたが、原作小説では痛み悶絶し血を流している様子が描写されています。 イスカーンも右目やダンパの右手といろいろとグロテスクな描写はありましたが、地上波放送ですので、配慮があったのかなと考えています。 イスカーンに何があったのか? イスカーンは、正確には「ラースの求めるレベルの限界突破フラクトライト」には達していない(のでプログラムで検出はされない)んですが、あの根性を見たら数に入れないのはかわいそうなので…! 実際、ユージオやアリスと同じくらい痛かったと思いますし。 — 川原礫;SAO24巻5月9日発売 kunori アニメでは心理描写をするのは難しく、アニメだけだとイスカーンはベクタの行動に疑念を覚え右目の封印が発動したと捉えることができます。 だいたいこれであっているのですが、一応原作小説で描写されていることを捕捉しておきます。 ベクタがアリスを捕獲し飛び去ってしまったことと大量の暗黒騎士たちを召喚したことでイスカーンはそんなことができるのならば自分たちに決死行をさせる前に戦場に召喚しろという考えてしまいます。 更に思考を勧めている中でベクタは暗黒界の部族をただの駒としてしか考えていないと結論し、これまで強さの探求と部族の発展しか頭になかったイスカーンですが、この戦場と暗黒界と人界、アンダーワールドを俯瞰する視点を得ることになります。 『強いものに従わなければならない』という拳闘士本来の在り方と広い視点を得たことで生まれたベクタへの疑念が矛盾を起こし、右目の封印が発動してしまいます。 ただしイスカーンは右目の封印をやぶり真のAIへ突破を果たした訳ではありません。 右目が破裂する前に自ら右目をとってしまったので、突破には至りませんでした。 太陽神ソルスの固有能力 シノンの用いているスーパーアカウント『太陽神ソルス』には広範囲殲滅攻撃と無制限飛行能力が与えられています。 この能力があるため、出現後から落下や降下するのではなく、空中で攻撃を行いアスナの元まで移動しています。 ちなみにアスナの用いている『創世神ステイシア』は地形操作ができますが、飛行能力がないためアリスが連れ去られても飛んで後を追うということはできません。 第12話の感想と解説は以上です。

次の

SAO アリシゼーションのスーパーアカウントについてアリシゼーション編でガブ...

太陽 神 ソルス

彼らは、次々と《アンダーワールド》にログイン、人界軍と闇の軍勢の見境なく《人工フラクトライト》たちを殺害していく。 殺戮集団の彼らが現実世界からログインしてきたプレイヤーだと気づいたアスナは、必死に止めようとする。 そして、それを対岸から見ていたイスカーンは、仲間の死に無関心な皇帝に怒りを覚え……。 また敵を一掃するためにアリスがもう一度大規模術式によるレーザー攻撃を実行しようと単身突出してしまいました。 そのため、それを待っていたベクタによって捉えられてしまい心意によって眠らされ、そのままワールドエンド・オールターに向かって連れ去られてしまいます。 拳闘士団の長のイスカーンとの話し合いによってアメリカ人プレイヤーたちは拳闘士団が受け持ち、人界守備軍はアリス奪還のためにベクタの後を追うことになります。 しかし人界守備軍が移動後に再びアメリカ人プレイヤーたちがログインし一気に包囲されてしまいますが、太陽神ソルスのスーパーアカウントでログインしたシノンが現れ敵を一掃するという展開でした。 第12話は3クール目の最後のお話となり、遂にシノンが参戦したかという印象です。 ここからSAOお馴染みのキャラクターたちが続々と登場するので今後が楽しみですね。 また原作既読者からするとアスナの持っている剣がレイピアではなく片手剣だったのも気になってしまいました。 アメリカ人プレイヤーたちもアニメではポリゴンのように描かれていましたが、プレイヤー側にとってポリゴンに見えるだけで、アカウントはアンダーワールドに用意されていた正規アカウントを使っているので、少し違うのではと感じました。 原作小説でもアスナたちにとっては他のAIたちと同じように描写されており、斬った際に血が舞い散ると描写されています。 この辺りはもしかしたら地上波放送ですので配慮されたのかもしれません。 今回もアニメ第12話について原作小説と比較しながら解説や感想を挟んでいきたいと思います。 アニメ第12話もほぼ原作通りの展開ですが、イスカーンに何が起こったのか?ベクタの意図、スーパーアカウントにそれぞれ付与されている固有の能力などが原作小説では細かく説明されています。 アメリカ人プレイヤ-たちとの戦闘の悲惨さなども原作小説のほうが緊迫感はあるかもしれません。 アスナが持っているのは両刃の片手剣 アスナと言えばレイピア使いで、原作小説でも創世神ステイシアのスーパーアカウントでも神器級のレイピアを用いて戦っています。 アニメではアスナの持つ剣は両刃の片手剣です。 アニメーションで動いているところを見てもアスナの斬るという動きがなんだか違和感を覚えてしまいました。 ある意味新鮮でしたが…。 アメリカ人プレイヤーたちのアニメと原作の違い アニメではアメリカ人プレイヤーたちは斬られると直ぐにポリゴンとなり消えてしまっていましたが、原作小説では痛み悶絶し血を流している様子が描写されています。 イスカーンも右目やダンパの右手といろいろとグロテスクな描写はありましたが、地上波放送ですので、配慮があったのかなと考えています。 イスカーンに何があったのか? イスカーンは、正確には「ラースの求めるレベルの限界突破フラクトライト」には達していない(のでプログラムで検出はされない)んですが、あの根性を見たら数に入れないのはかわいそうなので…! 実際、ユージオやアリスと同じくらい痛かったと思いますし。 — 川原礫;SAO24巻5月9日発売 kunori アニメでは心理描写をするのは難しく、アニメだけだとイスカーンはベクタの行動に疑念を覚え右目の封印が発動したと捉えることができます。 だいたいこれであっているのですが、一応原作小説で描写されていることを捕捉しておきます。 ベクタがアリスを捕獲し飛び去ってしまったことと大量の暗黒騎士たちを召喚したことでイスカーンはそんなことができるのならば自分たちに決死行をさせる前に戦場に召喚しろという考えてしまいます。 更に思考を勧めている中でベクタは暗黒界の部族をただの駒としてしか考えていないと結論し、これまで強さの探求と部族の発展しか頭になかったイスカーンですが、この戦場と暗黒界と人界、アンダーワールドを俯瞰する視点を得ることになります。 『強いものに従わなければならない』という拳闘士本来の在り方と広い視点を得たことで生まれたベクタへの疑念が矛盾を起こし、右目の封印が発動してしまいます。 ただしイスカーンは右目の封印をやぶり真のAIへ突破を果たした訳ではありません。 右目が破裂する前に自ら右目をとってしまったので、突破には至りませんでした。 太陽神ソルスの固有能力 シノンの用いているスーパーアカウント『太陽神ソルス』には広範囲殲滅攻撃と無制限飛行能力が与えられています。 この能力があるため、出現後から落下や降下するのではなく、空中で攻撃を行いアスナの元まで移動しています。 ちなみにアスナの用いている『創世神ステイシア』は地形操作ができますが、飛行能力がないためアリスが連れ去られても飛んで後を追うということはできません。 第12話の感想と解説は以上です。

次の

≪ソードアートオンライン・アリシゼーション≫最強ランキングTop10!

太陽 神 ソルス

第6位! リーファ(地母神テラリア) 第6位は、キリトを助けるためにスーパーアカウントを使用したリーファこと桐ヶ谷直葉です。 使用したスーパーアカウントは地母神テラリアで、GM装備である【ヴァーデュラス・アニマ】という両手剣を使っています。 テラリアは空間リソースから天命を吸収して、無限に回復する能力を持っているため、いわゆる不死身キャラとして、闇の軍勢と戦います! 第5位! シノン(太陽神ソルス) 第5位は、リーファと同じくスーパーアカウントを使用して、アンダーワールドへダイブしたシノンこと朝田詩乃です。 太陽神ソルスというスーパーアカウントを使用し、アンダーワールドへダイブします。 ソルスは、無制限飛行と広範囲殲滅攻撃の権限を持っていて、GM専用のアニヒート・レイという白弓を装備しています。 GGOからの因縁の相手であるサトライザとの激闘にも注目です! 第4位! アドミニストレータ(クィネラ) アンダーワールドの実質的な支配者である公理教会の最高司祭アドミニストレータ。 その正体は貴族のクィネラという女性です。 幼いころから神聖術に長け、いろんなことを研究し、現実世界にコンタクトをとることにも成功。 RATHの社員を丸め込み、システム権限やすべてのコマンドを手に入れ、アンダーワールドの支配者へ。 またアドミニストレータも強いですが、アドミニストレータが作り出した【ソードゴーレム】も手ごわい相手です。 第3位! 星王妃アスナ(創世神ステイシア) リーファやシノンと同じく、スーパーアカウントを使用して、アンダーワールドへダイブしたアスナが第3位です!圧倒的な強さで闇の軍勢に対して有利に戦っていましたが、どんどん闇の軍勢が増員され一度は立ち上がれないほど傷ついてしまいます。 しかし闇の軍勢の中に、ラフィンコフィンのリーダーがいてキリトへ復讐しようとしていることを知りもう一度立ち上がります。 結果ラフィンコフィンのリーダーに、ユウキから託された【マザーズロザリオ】で戦闘不能になるほどのダメージを負わせました。 第2位! ガブリエル・ミラー(闇神ベクタ) 闇の軍勢のボスである闇神ベクタが第2位です。 その正体は、アメリカ軍所属のガブリエル・ミラーで、GGOではサトライザとしてシノンに勝ったことがある人物です。 ガブリエルも【闇神ベクタ】のスーパーアカウントを使用して、アンダーワールドへダイブしています。 闇神ベクタの能力は、アンダーワールドの住人の魂(フラクトライト)を操作するというものです。 第1位! 星王キリト 第1位はもちろんキリトです!スーパーアカウントを使用せずに、レベル1からのスタートでこの強さ…さすがは仮想世界マスターですね。 キリトの現実世界へ帰りたいという想いや、亡き親友への想いなど他の人たちと背負っているものの大きさの違いが、強さの違いになったのではないでしょうか。 最終的にはアンダーワールドの王となり、アスナがその王妃として2人でアンダーワールドの立て直しにも尽力します。 最強ランキングまとめ! 今回は仮想世界アンダーワールドでの最強ランキングをまとめてみましたがいかがでしょうか?ネタバレを最小限に抑えていますので、もっと詳しく知りたい方は他の記事もチェックしてみてください。 この他にも強いキャラや現実世界からダイブしてくるおなじみのキャラクターもいますので、アニメの放送が進むのが楽しみですね!.

次の