シンドラー の リスト。 シンドラーのリスト

映画『シンドラーのリスト』第二次世界大戦中のポーランド ゲットーと収容所の実態

シンドラー の リスト

『シンドラーのリスト』ってどんな映画?あらすじは? 『シンドラーのリスト』は、1993年(日本では1994年)公開の戦争・ヒューマンドラマ映画。 監督はスティーヴン・スピルバーグ。 主演はリーアム・ニーソン。 あらすじとしては、「ドイツ人実業家のオスカー・シンドラーが、強制収容所に送られるはずのユダヤ人を工場で働かせるという名目で1000人以上を救い出す」というストーリーになっている。 オスカー・シンドラーは、軍に友達を持つやり手の実業家だった。 シンドラーは、知らない軍人でも陽気に接し、初対面だろうがなんだろうが気さくに、そしてお酒を奢るなどをしてたくさんの友人を得ていた。 どれもこれも、実際に映画でそのようなことをぼやくシーンはないが、「実業家」という仕事をしている以上、横のつながりを大事にすることで仕事にも良い影響を与えるということを知っていたからこそだろう。 最終的にはこの横のつながりが、シンドラーを「ユダヤ人を救い出す」という助けに繋がる。 1939年九月、ドイツ軍はポーランドへ侵攻し占領。 ポーランドのクラクフに住むユダヤ人をクラクフ・ゲットー(隔離場所のようなもの)へ送り込む。 ドイツ人実業家のシンドラーは、クラクフへとやってきた。 シンドラーは実業家らしく、 「戦争を金儲けの手段として利用しよう」 という目的で、潰れた工場を買い取って、そこで鍋のような容器工場を始めたのだった。 また、シンドラーは自分で工場を経営することはせず、ユダヤ人会計士のイザック・シュターンに工場の経営を任せることにする。 イザックは有能で、また社交性もあったため、ドイツから迫害を受けているユダヤ人たちを安価な労働力として雇い入れ、またナチス親衛隊(SS)の将校に取り入って、事業をどんどん拡大していった。 やがて、クラクフ・ゲットーに隔離されていたユダヤ人たちは「クラクフ・プワシュフ強制収容所」へと送られることになる。 もちろん、シンドラーの工場の働き手だったユダヤ人たちも強制的に送られることになるため、シンドラーはすぐにクラクフ強制収容所に出向く。 クラクフ強制収容所には、ナチス親衛隊だった「アーモン・ゲート少尉」が所長として就任していた。 ゲートはとても冷酷でサディストの一面を持ち、建築の専門家だったユダヤ人女性に「この建物は基礎がちゃんとできていないので、いずれ倒れてしまいます。 基礎から建て直した方がよろしいかと」という助言をもらったにも関わらず、特に理由もなくその女性を殺してしまうほどに残忍だった。 また、強制収容所の所長宅であるバルコニー(ベランダ)から、狙撃銃でユダヤ人を撃ち殺すなど、かなり残忍な性格だった。 工場の経営にユダヤ人が必要不可欠だったシンドラーは、ゲートに直談判し、強制収容所の敷地内(ちょっとこの辺は記憶が薄れていて申し訳ない。 もしかしたら収容所の外側だったかも)に新たな工場を建設することにした。 はじめこそ、自分の利益だけを追従していたシンドラーだが、ある日工場に1人の女性が現れる。 その女性は、「シンドラーさんは、ユダヤ人たちの間ではとても優しいと評判になっています。 ぜひ私の両親もシンドラーさんの工場で働かせてはもらえないでしょうか…」と、シンドラーに直談判しにきたのだ。 シンドラーはその女性を快く部屋に招き入れるも、まさかそんな交渉だとは思わなかったので、 「今すぐ部屋を出てくれ!!」 と激昂する。 いきなりのことに驚いた女性はすぐシンドラーの部屋を後にする。 シンドラーは会計士のイザックに、「お前がまともに働けない牧師などを雇ったりするから、俺がそんな評判になるんだ。 もしこれで当局に目をつけられたらどうする!?」と憤慨。 だが、シンドラーはその女性の両親を工場に招き入れる。 シンドラーは、工場の利益だけの追従から、ユダヤ人たちの解放へと、どんどん変わっていくのだった。 『シンドラーのリスト』は長尺にも関わらずサクッと観れる名作映画だった 『シンドラーのリスト』を観ていてまず思ったのが、 「長尺なのにめっちゃさくっと見れるなぁ〜!」 ということだ。 『シンドラーのリスト』は、上映時間が3時間ちょいある。 なので、 「途中でダレないか心配だな〜…」 と思っていたのだけれど、個人的には全然ダレることなく、むしろ「面白いじゃん!」とどんどん続きを観たくなってしまっていた。 おそらくこれは、私が「戦争物が好きである」という趣味によるものもあるが、スティーヴン・スピルバーグ監督の類稀なる才能によるところが大きいのだと思う。 また、出てくる登場人物たちも個性が豊かで、シンドラーと会計士のイザックが、最後に握手するシーンなどは観ていてウルっと来てしまった。 それまで、シンドラーにあまり心を開いていないように見えたイザックが、最後の最後でシンドラーと握手を交わしたからである。 全体的に陰鬱で、ナチスドイツによる凄惨なシーンが数多く存在するが、そうだとしてもこの映画には人を惹きつける魅力があるように思う。 「もっと金があれば…」という、シンドラーの言葉の真理 『シンドラーのリスト』を観ていて私が象徴的だなぁと思ったのが、シンドラーがユダヤ人たちと別れるシーンでの言葉である。 「もっと金があれば、ユダヤ人たちを救ってやれたのに…」 この言葉にあるのは、シンドラーの実業家としての精神だと思われる。 シンドラーは最初、ユダヤ人を単なる労働力としてしか見ていなかった。 その証拠に、映画冒頭で工場を作るときに、「ユダヤ人が働いた分のお金は政府が持っていく」というイザックの言葉を受けて、 「ユダヤ人を使えば安く済む。 ユダヤ人を使おう」 と言っている。 シンドラーにとって、ユダヤ人たちは安価にお金を産み落とす存在だったわけだ。 さらに言えば、シンドラーは知っていたのである。 「金こそが人間を支配できる」 ということを。 だからこそ、「もっと金があればユダヤ人を救ってやれた」という言葉が出てくる。 金稼ぎは悪いことではないし、シンドラーはとても頭が良い人物だと思う。 しかし、自分の頭の良さを金稼ぎにしか使ってこなかったことを恥じて、「もっと救ってやれたのに」と後悔している…と私は解釈した。 『シンドラーのリスト』における、「赤」とは【赤い服の女の子の意味】 『シンドラーのリスト』はほぼ全編モノクロ映像だが、途中で色が入ることがある。 それが、「赤」である。 象徴的だったのは、ドイツ軍が街でユダヤ人たちを殺しまわっているところに出てくる、赤い服を着た女の子である。 周りでは、ユダヤ人たちをドイツ軍が殺しまくっているのに、なぜかあの赤い服を着た女の子だけは殺されないし連行もされない。 シンドラーは丘の上から馬に乗ってそのシーンを見ているわけだが、あの赤い服の女の子の意味を個人的に考えてみた。 ちなみに、Wikipediaにはこんな感じで解説されている。 赤い服の女の子のシーンだが、このシーンでシンドラーは「何故あんな目立つ格好をしているのか?ドイツ兵も何故すぐに捕らえないのか?」という疑問を抱いているが、この時点ではホロコーストの事実は既に日常的なものとなっており、女の子の服の色ほど明らかなことだったためとスピルバーグは語っている(より) ぶっちゃけ、この説明はよくわからない…笑。 私の個人的な解釈としては、あの 赤い服を着た女の子が持つ意味は「血」なのでは…と。 あのシーンで、シンドラーと一緒にいた内縁の妻のような女性は、赤い服を着た女の子に関しては触れていない。 街で起こる殺戮現場を目の当たりにして、「もう見たくないわ…帰りましょ」と言うだけである。 もし、女性が赤い服を着た女の子を目撃していたのであれば、「あんな小さい子が…」と嘆くはずだ。 だが、あのシーンではシンドラーだけが赤い服を着た女の子に着目している。 シンドラー以外の人間は、赤い服を着た女の子に着目していないのである。 個人的にはここがポイントなのかなぁと。 つまり、赤い服の女の子を「血」そのものだと解釈すると、映画内で「ユダヤ人はネズミと同じだ!」的な感じで、人間ではない!という教えがドイツ国民の中で広がっているのがわかる。 だが、シンドラーには「ユダヤ人たちも1人の人間なのだ」…という現実が見えてきていたというわけだ。 もし、シンドラーがあそこで「もっとやっちまえ!」的な感情を持っていたのならば、あの女の子のことを軍に知らせるはずだ。 「あそこに赤い服を着た少女がいるぞ」と。 要するに、あのシーンは迫害されて意味もなく殺されていくユダヤ人たちの「血」であり、 「血が通っている=人間」 という、至極当たり前の道徳的なことを、シンドラーに想起させているのではと解釈した。 なぜ、シンドラーと共にいた女性にあの女の子が見えていなかったのか…というと、凄惨な現場を目の当たりにして、 「自分にはどうすることもできない」という諦めがあったからではないだろうか。 しかし、シンドラーにはユダヤ人たちを使って得た巨額のお金があったし、人望もあった。 彼らを救えるのは、自分だけなのかもしれない…という思いが、シンドラーに湧き上がったシーンとして考えられるだろう。 『シンドラーのリスト』を総合評価するなら? 『シンドラーのリスト』を総合評価するなら、星5中の星5評価である。 ああ、まるで「映像の世紀」を観ているかのような錯覚に陥った…笑。 全体的にクオリティが高く、さらには考えさせられるシーンも満載。 かといって「話が重すぎてつまらない」なんてことはなく、サクサクと観れてしまう。 確かに陰鬱なシーンや残酷なシーンがたくさんあるが、それもまた『シンドラーのリスト』という映画を名作にするエッセンスだとも取れるだろう。 最後の最後で、酒を飲み交わすこともなかったイザックと握手を交わすシーンには思わず涙してしまった。 人生の教訓のようなものがたくさん詰まっている、素晴らしい映画だということで、文句のつけようもなく星5である。 『シンドラーのリスト』はどんな人にオススメ? 『シンドラーのリスト』は、ぶっちゃけ、どんな人でも人生で1度は観ておくべき映画だと思う。 私は普段、「とにかく全員の人に見て欲しい」なんていう安っぽい言葉は使わないのだが、『シンドラーのリスト』に限ってはあえて言わせてほしい。 ぜひ、人生で1度は見ておくべき映画である。 ナチスドイツという悲劇。 そして無残に殺されてしまうユダヤ人たち。 私が好きなビートルズは1960年代に活躍したビッグバンドなわけだが、ビートルズが活躍するわずか20〜30年前には、こんな恐ろしいことが行われていたのか…と思うととてもゾッとする。 「歴史は繰り返す」なんて言葉があるが、良い歴史だけが繰り返されていって欲しい…と切に願う。 終わりに 『シンドラーのリスト』についてレビューしてきた。 余談だが、実は『シンドラーのリスト』ははじめ、見る気が起きなかった。 というのも、全編モノクロ映画だという話を聞いていたからだ。 モノクロ映画といえば、ついこの前「」を見たわけだが、ぶっちゃけローマの休日はちょっと古すぎて途中でダレてしまったのである。 モノクロ映画というのもあるし、なんとなく…演出や音楽が古い感じが否めなく、バッチリとハマらなかった。 そんな苦い経験があるもので、『シンドラーのリスト』も大丈夫かなぁ…と思ったわけだ。 それに上映時間も3時間ちょいあるし…笑。 と思ったら、面白くて面白くて…。 どんどん観れてしまうじゃないか。 さすが世界のスピルバーグである。 ハズレがない。 今後もどんどん、スピルバーグの映画を見ていこうと思う。

次の

『シンドラーのリスト』“スピルバーグ映画”を越境する「音」への取り組み |CINEMORE(シネモア)

シンドラー の リスト

映画をはじめ、素晴らしい人物であるヒーローとして語られていたシンドラー。 人は誰でも、多面的であり、人生の中で色々なペルソナ(人格)を持って生きているのが普通だと思いますが、溢れるような多さの人間(架空・歴史上・実在の人物)がいる中、特に自分の家族や友人などの親しく近い関係でなく、遠くの人物である場合は、その人と結びつけるイメージは、もしかしたら、1つくらいが限度なのかもしれません。 例えば、「ヒットラー=史上最悪の独裁者」、「シンドラー=多くのユダヤ人を救った勇気あるドイツ人」といったように。 でも、やっぱり 真横で見ている人物からの視点からは、時に、イメージとは全く違う真実、意外な側面が浮かび上がってくることも・・・。 私も多くの人と同じで、シンドラーのイメージは、シンドラーのリストの映画のイメージそのもので、「ユダヤ人を救った類まれなドイツ人」、でした。 ただ、1つだけ気になっていたのは 、「とんでもない女たらしだった」という噂。 なぜかこの事実がずっと、何年も頭のどこかに引っかかっていたのでした。 そんな私がもちろん今回興味をそそられたのは、シンドラーの妻、エミリー・シンドラーの人生について。 映画を観たのは何年も前ですが、最初から最後まで、エミリーの活動どころか、存在すらおぼろげ・・・。 実際、登場していたのかも知れませんが、記憶に全く残らないレベルの描かれ方だったのだと思います。 気になるデータは、 1949年、戦後に2人がアルゼンチンへ移住していること。 続く1957年、オスカーのみがドイツへ帰国し、エミリーは、アルゼンチンに残っています。 そして、離婚したわけではないのに、2人はそれから数十年後の、オスカーの死まで、もう二度と会うことはなかった・・・。 そして、衝撃的なタイトル。 「夫は英雄だった。 でも私は彼が嫌い Mein Mann war ein Held, aber ich hasse ihn 」 インタビューは、これでもか!というくらいに、赤裸々に語られていて、もう私は目が釘付けでした。 エミリーは、映画「シンドラーのリスト」を、1回目はワシントンでクリントン元大統領と、もう1回はニューヨークで、全部で2回、どちらもスピルバーグ監督の招待で、鑑賞したのだそうです。 「泣きましたか?」というインタビュアーの質問には、「いいえ、全然」ときっぱり。 映画を観て、当時の状況がより鮮明に蘇ってはきたけれど、厳しい現実を生きすぎて、とっくに涙は枯れてしまったのだそうです。 戦中・戦後の混乱の大変さは勿論ですが、それ以上に彼女が人生から落胆を受けたのは、夫であるオスカーの存在。 20歳で、ほとんど一目ぼれ状態で結婚したものの、直後からの絶え間ない浮気、嘘、裏切り、借金など等。 「若い時は誰でも、真実が見抜けないもの。 私も馬鹿だった」・・・ 「彼を愛していましたか?」との質問には、「ええ、結婚直後までは。 でも、初めの浮気が発覚した時に、愛は冷めました」 びっくりだったのは 、「オスカーは、工場の経営者としての力量にも欠けていて、実際は女遊びばっかりだった。 会社運営、そしてユダヤ人の救出に東奔西走していたのは、この私。 」というコメント。 もちろん、これは彼女のコメントであり、バイアスがかかってもいると思いますが、反面、86歳になる老女が、「自分がスポットライトを浴びたい」とか、「センセーションを起こしたい」とか、そういう気持ちでいるとは思えないのです。 実際 、「映画からは、真実が完全に抜け落ちているけれど、そんなことは別にどうでもいい。 もうオスカーは死んで、私はこうやって生きている。 今自分に与えられた人生を生きるだけ」と言い切っています。 この「映画から、真実が抜け落ちている」理由として、彼女は、映画が、Thomas Keneallyという作家の「Schindlers Ark」という原作を元に作られていること、そして、 Keneally氏は、作品を書く上で、一度たりともエミリーのインタビュー取材をしていないことを指摘しています。 ではスピルバーグ監督自身とは?・・・映画シンドラーのリストの撮影の最終段階になり、初めて、エミリーはスピルバーグとイスラエルの撮影現場で会ったのだそうですが・・・ 「彼は英語しか話せないし、私はドイツ語とスペイン語。 会っても、コミュニケーションさえ、まともに取れなかった」 衝撃的ではありませんか~?・・・でも、同時にとても現実味がある。 一方、 映画化がきっかけとなり、イスラエルの土地で、実際に救出した1200人のうち、約300人と、感動の再会が実現したということです。 これは、エミリーにとって、感無量だったとのこと。 「単にうれしい」とか、そういう感動ではなく、当時の生々しい記憶と共に込み上げてくるものが圧倒的すぎて、描写することが不可能な経験・感情だったそうです。 そして、 「実際に1200人のユダヤ人が救出された 事実は正しいものだけれど、それが 真実とは限らない」ということ。 前回に、私は「伝説は、人から人へ伝えられることで形づくられる」と書きましたが、 男から男へ伝えられたシンドラー伝説は、男性のロマンの象徴なのかもしれません。 歴史のなかで、そして今でも、影でひっそり、でも忍耐強く、力強く生きる女性たち。 多くを欲しているわけではない。 愛し、愛され、共存繁栄していきたいだけなのに・・・。 古今東西、男女のすれ違いの永遠性をまた垣間見てしまった気がして、思わずため息が出ました。 エミリー&オスカー、20歳での結婚式の写真。 この時オスカーはエミリーに、「Himmel auf Erden 地上の天国 」を約束したのだそう。。。 4人の赤ちゃんを流産で失うという悲しみも味わった過酷すぎる人生。 エミリーは、それでもずっと、結婚指輪を外すことはなかったということです。

次の

映画『シンドラーのリスト』第二次世界大戦中のポーランド ゲットーと収容所の実態

シンドラー の リスト

注目のレビュー:シンドラーのリスト• 2007-08-23 by この映画はどうやらスティーヴンスピルバーグのシリアス路線の傑作らしいが、アホかといいたい。 アカデミー賞を取りまくっているが、ユダヤを全面的に押し出し、更に「ホロコースト」がテーマなんだから、とって当たり前。 そもそもアカデミー賞というのものは完全に閉鎖的なユダヤコミュニティーからなる団体組織であり、根本思想ありきで、「映画の良し悪し」など判断基準になっていない。 これほど全くアテにならない賞...... 14人がこのレビューに共感したと評価しています。 2007-08-11 by 月踊り スピルバーグは映画技巧の天才です。 見せる事に関してだけは抜群に巧いです。 でも彼の作品からは作家としての息吹きが全く感じられないんですね。 いや、癖ではない、こういう人なんでしょう。 故・淀川長治さんがこの映画について「...... 5人がこのレビューに共感したと評価しています。

次の