お礼状 ビジネス 6月。 吉日の使い方と意味。手紙やお礼状、ビジネス文書で使う場合の注意点

お中元お礼状】書き方・例文・はがき・メール・ビジネス・会社取引先・梅雨

お礼状 ビジネス 6月

【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 時候の挨拶とは? c Shutterstock. com 時候(ジコウ)の挨拶は、季節や天候に応じた心情や季節感を表す言葉で、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しを指します。 四季の豊かな日本ならではの美しい手紙の習慣ですが、使い方がよくわからず、敬遠している方も多いのでは? このページでは、梅雨の時期にビジネスで使える、時候の挨拶をご紹介していきます。 「梅雨の時期」と一口に言っても、梅雨入り前から梅雨明けまで、季節は細やかに表情を変えますよね。 それに合わせて、時候の挨拶も選ぶ言葉が変わります。 その時々の季語を入れれば、季節感が割と簡単に出せます。 ですから、時候の挨拶は考えているよりも難しくありません。 一緒に学んでいきましょう。 梅雨の時候の挨拶・例文をチェック c Shutterstock. com 梅雨といえば、雨の日が続き、鬱陶しい季節ですよね。 天気が悪いと、気も滅入ります。 そんな気持ちを和らげるのが、時候の挨拶。 特に、ビジネスシーンで手紙を書く場合には、固い話から入ると相手との心の距離が縮まりません。 雨が続く季節だからこそ、受け取り手の気持ちをすがすがしくさせるような文章を届けたいですね。 ここでは、梅雨の時期に使える例文をそれぞれご紹介していきます。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「漢語調」の慣用句 c Shutterstock. com 時候の挨拶には、「漢語調」のものと「口語調」のものの2通りがあります。 漢語調は、例えば「梅雨の候」というように、季節を表す言葉の後に「の候」とつけます。 「候」が表しているのは、季節や気候。 漢語調の時候の挨拶は、ビジネス文書や格調高い文書にしたいときに用いられていますよ。 一方、口語調は、「雨のうっとうしい季節が続いておりますが」というように、話し言葉のような柔らかい表現で季節感を表します。 気心の知れた友人や長年の付き合いのある相手など、親しい人に手紙を送る際に、使われることが多いですね。 ビジネスでも、親しみやすい文書にしたいときは、使うことがあります。 まずは、漢語調の時候の挨拶からご紹介していきましょう。 「初夏の候」は5月下旬~6月上旬まで 暦の上では、立夏から立秋の前日までを夏と言います。 暦には、初夏という区分はありませんが、夏の初めという意味合いを込めて、5月下旬から6月上旬を指すことが多いですね。 したがって、「初夏の候」(しょかのこう)は、梅雨入り前の6月上旬に用いるとよいでしょう。 ビジネス文書では、「初夏の候、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、5月下旬〜6月上旬には、「万緑の候」(ばんりょくのこう)、「薄暑の候」(はくしょのこう)という時候の挨拶も使います。 「入梅の候」は6月上旬~中旬まで 「入梅の候」(にゅうばいのこう)は、「梅雨の季節に入りました」ということを表しています。 実際の梅雨入りの時期にあわせて用いるといいですよ。 ビジネス文書では、「入梅の候、貴殿ますますご清祥の由、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月上旬〜中旬は、「紫陽花の候」(あじさいのこう)、「芒種の候」(ぼうしゅのこう)という時候の挨拶も使います。 c Shutterstock. com 「梅雨の候」は6月中旬~下旬まで 「梅雨の候」(ばいうのこう・つゆのこう)は、梅雨の期間中に用います。 一般的には6月中旬から下旬頃に用いることが多いですね。 ビジネス文書では、「梅雨の候、貴殿におかれましてはいよいよご健勝の趣、何よりと存じます」などというように使います。 他にも、6月中旬〜下旬は、「長雨の候」(ながあめのこう)という時候の挨拶も使います。 「夏至の候」は6月下旬 「夏至の候」(げしのこう)は、「夏至」の期間にあわせて使います。 2020年の夏至は、6月21日 日。 夏至の期間は、2020年7月7日 火 「小暑」の前日までとなります。 したがって、「夏至の候」は、6月下旬の挨拶に使うのがいいですね。 ビジネス文書では、「夏至の候、貴社にはますますご隆盛の段、お慶び申し上げます」などというように使います。 他にも、6月下旬は、「梅雨晴れの候」(つゆばれのこう)、「短夜の候」(たんやのこう)という時候の挨拶も使います。 「向暑の候」は6月全般に使える 「向暑の候」(こうしょのこう)は、「初夏の訪れを感じる季節」、「暑さに向かう時候」を表します。 したがって、梅雨の無い地方や梅雨らしさを感じない年などの6月全般に使えますよ。 ビジネス文書では、「向暑の候、貴社にはますますご隆盛の由、慶賀の至りに存じます」などというように使います。 梅雨の時候の挨拶・ビジネスで使える「口語調」の慣用句 c Shutterstock. com 続いて、口語調の慣用句をご紹介します。 慣用句とは言っても、そのままの言葉で使わなければならないという厳格なものではありません。 したがって、あなたの感性に合わせて言葉をアレンジして使うことも可能ですよ。 また、先ほどもお伝えした通り、口語調の時候の挨拶は主に親しい人への手紙に使われるもの。 ビジネスで口語調を使う際は、親しみやすい演出をしたいとき、漢語調だと固すぎると感じるときに使ってみてください。 5月下旬~6月上旬の例文 梅雨入り前の5月下旬から6月上旬は、先にも述べた通り、初夏に当たります。 ですから、この時期は、「初夏」や梅雨入り前の天候等に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「さわやかな初夏となりました」 ・「清々しい初夏を迎え」 ・「梅雨がもうそこまでやってきておりますが」 6月上旬~中旬の例文 梅雨入りの時期に入る、6月上旬~中旬。 この時期は、「梅雨入り」や「紫陽花」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「入梅とともに雨が続きますが」 ・「雨に紫陽花の花が映える季節となりました」 ・「梅雨晴れの一日、夏本番を思わせる日差しとなりました」 6月中旬~下旬の例文 梅雨の期間中である6月中旬から下旬頃は、「梅雨」や「長雨」に触れた時候の挨拶が使いやすいでしょう。 例文は下記になります。 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃」 ・「鬱陶しい梅雨空の毎日ですが」 ・「長雨の続く毎日ですが」 c Shutterstock. com 6月全般に使える例文 6月全般に使うとしたら、暑さに向かっている様を表すといいでしょう。 梅雨のない地方の方にも使えますね。 例文は下記になります。 ・「暑さ日増しに厳しく」 ・「吹く風も次第に夏めいてまいりましたが」 梅雨の時候の挨拶・お礼状で使える例文は? プライベートな手紙では時候の挨拶から始めることもありますが、ビジネス上での手紙は、「拝啓」から始めて、「時候の挨拶」を書いたら、「繁栄を慶ぶ言葉」、「感謝の言葉」を入れます。 「繁栄を慶ぶ言葉」というのは、「貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」などで、「感謝の言葉」は「平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申しあげます。 」などがよく使われています。 その後に「主文」を入れ、「結びの言葉」、「敬具」の構成が一般的です。 c Shutterstock. com お礼状で使える例文をご紹介しましょう。 「拝啓 吹く風も夏めいてまいりましたが、〇〇様にはその後もお変わりなくご精勤なさっていることと拝察いたします。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、〜にしていただき、ありがとうございました。 今後も〜(重ねてお礼のひと言)これからも変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 誠にありがとうございました。 敬具」 「梅雨の時候の挨拶+安否の挨拶」の形で手紙を書く c Shutterstock. com 梅雨の時候の挨拶は、これまで幾つかご紹介してきました。 時候の挨拶だけで終わらせずに、安否を尋ねる挨拶を加えることで、よりスマートな文章になります。 以下に例文をご紹介しましょう。 ・「さわやかな初夏となりました。 貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 」 ・「入梅とともに雨が続きますが、貴殿におかれましてはなお一層ご隆盛の由拝察いたしております。 」 ・「梅雨明けの待たれる今日この頃、皆様お変わりはございませんでしょうか。 」 最後に c Shutterstock. com ここまで、「梅雨の時候の挨拶」についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか? 6月は梅雨の影響を受け、天気と同様に気分が晴れないことも多い月です。 そんな季節こそ、時候の挨拶を使って、相手へのねぎらいの気持ちを伝えたいですね。 TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

6月の書き出し例文

お礼状 ビジネス 6月

お中元は、親しい人やお世話になった人への感謝を伝えるための贈り物。 しかし、贈る時期は日本全国同じではありません。 私が住む地域では、一般的には8月上旬頃が目安となっているのですが、期間が長いところでは7月からお盆までの間に贈るという地域もあるようですね。 いずれにしても、お盆明けの8月16日以降に届いてしまうと、残暑見舞いの扱いになるので注意しなければなりません。 さて、このお中元には贈る側の悩みもさることながら、いただいた側にもちょっとした悩みが発生します。 それは、 お礼状の書き方です。 お礼状の冒頭で使う「時候の挨拶」によく合う季語を知り、マナーのある素敵なお礼状を書いてきちんとした大人の振る舞いをしたいものですよね。 そこで今回は、特に関東圏で多いといわれる7月のお中元シーズンに合わせて、 7月上旬・中旬・下旬の季語を使った 時候の挨拶とそれに合う 結びの例文を紹介していきたいと思います。 個人宛てのお礼状、ビジネス向けのお礼状とに分けて紹介しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。 お中元のお礼状に使える7月上旬・中旬・下旬の季語は? お礼状を書くときには、冒頭に 時候の挨拶を置くことでその後の流れがスムーズになります。 時候の挨拶は季節や気候を表す言葉を用いて作りますが、この季節を表す言葉である 「季語」はその時期に応じたものを使わなければなりません。 「季語」は、本来は俳句で季節を表現する際に用いられる言葉です。 対して時候の挨拶は、必ずしも季節を表す「季語」を含む必要はなく、「雨が続く」だとか「暖かくなってきた」といった気候の状態を用いても問題ありません。 ですが、「雨が続く」を「梅雨という季語」にしたり、「暖かくなってきた」を「春を表す季語」にすることで、とてもきれいな時候の挨拶文が完成します。 では 7月の季語はどうなっているのでしょうか? お中元のお礼状に使えるものを、 上旬・中旬・下旬別に見ていきましょう。 時候の挨拶 いよいよ夏本番となりました。 結びの挨拶 熱帯夜の寝苦しさが身体にこたえる毎日ですが、くれぐれもお体にお気をつけて素敵な夏をお過ごしください。 天の川や朝顔、蝉の声などの夏ならではの自然を表す言葉を使うと、とても綺麗な挨拶文になりますね。 また、個人宛てのお礼状では、 口語調と言われる少しカジュアルな表現をすることで、親しみを感じさせる挨拶になります。 対して、次項で紹介するビジネス向けのお礼状では、 漢語調と言われる少し固めの表現を用いた時候の挨拶を作ることで、礼儀あるお礼状に仕上がります。 例文を参考にしながら個人宛てとビジネス向けの違いを比較してみてください。 時候の挨拶 灼熱の候、貴社におかれましてはご盛栄のこととお慶び申し上げます。 結びの挨拶 酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。 ビジネス向けのお礼状を書く際に気を付けておきたいことは、 時候の挨拶と結びの挨拶で同じ言葉を使わないようにすることです。 先に活躍を喜ぶことを言っているのであれば、 結びでは 「ご健勝をお祈りします」「ご多幸をお祈りします」「益々のご繁栄をお祈りします」 といった違う意味の言葉を用いるようにしましょう。 ビジネス向けの固い言葉は難しい用語がたくさんあるので、1つ1つの意味をしっかり確認した上で、時候の挨拶と結びの挨拶のバランスを考えることが大事ですね。 まとめ いかがでしたか? 7月の時候の挨拶のポイントは、夏本番を迎える時期なので暑さで体調を崩さないように!という気づかいをすること、そして夏らしい季語で季節感をたっぷり出すことです。 また、今回はお礼状全体の例文は紹介していませんが、お中元のお礼状の構成として、時候の挨拶の後に、いただいた品に対する感想や感謝の気持ちを述べる必要があります。 時候の挨拶から感想、感謝の気持ちへとスムーズに流れるような文章を心がけると、マナーのあるお礼状に仕上がるでしょう。

次の

6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

お礼状 ビジネス 6月

手紙や文書というのは、本来は相手に用件を伝えるための情報伝達の手段1つです。 しかし、日本人が書く手紙には、古来から伝わる守るべき日本独特の風習があります。 それが「礼に始まり礼に終わる文化」のことです。 手紙や文書を書く上では重要とされるのは、礼節をわきまえた文章を書くことです。 特に文章の初頭に書く頭語・結語の組み合わせ、正しい時候の挨拶を使い分けることが大切です。 こちらの記事では、相手との関係や手紙を送る時期に適した時候の挨拶の選択について、例文を挙げながら解説していきます。 時候の挨拶は季節の節目の挨拶のこと 時候の挨拶というのは単なる挨拶ではなく、季節や天候に合わせて自分の気持ちを乗せる日本特有の言葉のことです。 また、相手の様子を伺ったり心配りをする美しい言葉でもあります。 元来、暑中見舞い、年賀状、寒中見舞いなどの季節の節目に出す手紙にのみ使われていた挨拶だと伝えられています。 それが日常に取り入れられ、今では手紙や文章を書くシーンで広く使われるようになりました。 日本では挨拶は大切なコミュニケーション 日本では挨拶は古来から大切にされてきました。 おはようございます、こんにちは、こんばんは、おやすみなさい、いただきます、ごちそうさまでしたなど、日常生活を送る上で当然のように挨拶が使われています。 海外は挨拶の種類が少なく、1つの言葉で日本語の複数の意味をまかなえることから、日本の挨拶のきめ細さをご理解いただけることでしょう。 時候の挨拶というは文章や手紙での「こんにちは」に該当します。 親しい間柄であれば「こんにちは」で問題ありませんが、距離のある関係性であったり、ビジネスにおいてはきちんとした挨拶が不可欠とされています。 手紙の送付日によって「書き出し」がかわる 麗らかな春の時期に「秋涼の候」や「秋分の候」などの秋の挨拶を用いると不自然に感じるように、時候の挨拶は手紙を差し出す時期に合わせて選ぶ必要があります。 手紙を送る日が二十四節気 太陰太陽暦 や旧暦のいつに当たるかにより、当然のように時候の挨拶も変化します。 まずは手紙を出す日が6月のいつかを確認し、その上で以下で紹介している6月の二十四節気のどの時期に該当するのかを確認しましょう。 冷夏や暖冬、早い季節の訪れがあるように、その年により季節が移り変わる時期や気候はさまざまです。 手紙を差し出す季節感に適した時候の挨拶を選びましょう。 時候の挨拶には6月の季語を入れる ここでは6月の上旬・初旬に適した時候の挨拶と例文について、手紙を送る時期や相手との関係性別に解説していきます。 6月上旬を表す言葉 6月上旬は二十四節気のうちの小満 5月21日頃~6月5日頃 を指し、この頃に合わせた時候の挨拶を用います。 6月上旬に外すことができないのは梅雨です。 雨が降り続く不安定な気候の中、体調を崩していないか相手を気配るような時候の挨拶を入れいると良いでしょう。 「〇〇の候」には「〇〇という風に季節も移り変わってきましたが」という意味があるので、6月上旬を表す言葉と合わせて使います。 相手との距離がある場合やかしこまった言い回し ここでは6月の中旬に適した時候の挨拶と例文について、手紙を送る時期や相手との関係性別に解説していきます。 6月中旬を表す言葉 6月中旬は、二十四節気のうち芒種 6月6日頃~6月20日頃 を指し、この頃に合わせた時候の挨拶を用います。 6月中旬はまだ梅雨が続いている頃なので、6月上旬と同じ言葉は用いません。 また、雨が少ない時には初夏を連想する時候の挨拶を使えると良いでしょう。 また、時候の挨拶に季節のお花を入れると、おしゃれで粋な雰囲気になります。 ここでは6月の下旬に適した時候の挨拶と例文について、手紙を送る時期や相手との関係性別に解説していきます。 6月下旬を表す言葉 6月下旬は、二十四節気のうち夏至 6月21日頃~7月6日頃 を指し、この頃に合わせた時候の挨拶を用います。 6月下旬というと、地域によっては梅雨明けがあり徐々に暑さを増してくる頃です。 長雨が明けた慶びや夏を連想させる明るい言葉を選ぶと先方にも喜ばれます。 相手との距離がある場合やかしこまった言い回し ・短夜の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ・梅雨晴れの候、皆様におかれましてはますますご壮健のことと存じます。 親しい間柄の場合ややわらかい言い回し ・長い梅雨が明けましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ・梅雨が明け、いよいよ待ちわびた夏がやって来ようとしていますが、お元気でお過ごしでしょうか。 ビジネスでの6月の時候の挨拶の例 ここでは、送る内容別の6月の時候の挨拶例についてご紹介していきます。 お礼状 お礼状を送る場合にはある程度正式な文書を求められることが多いので、下記のような時候の挨拶がおすすめです。 ・薄暑の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 ・梅雨の候、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。 案内状 案内状を送る場合にもある程度正式な文書を求められることが多いので、下記のような時候の挨拶がおすすめです。 ・初夏の候、貴社ますますご繁栄のこととお慶び申し上げます。 ・入梅の候、皆様ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。 学校 学校から保護者へ出す手紙の場合、あまりかしこまり過ぎない方が良いとされていますので、下記のような時候の挨拶がおすすめです。 ・うっとうしい雨の日が続いていますが、 お元気でお過ごしのことと存じます 梅雨期に入り、気の滅入るような今日このごろ、 お元気でお過ごしのことと存じます 6月の結びの時候の挨拶 日本での手紙では、冒頭の時候の挨拶はもちろんのこと、お別れの言葉である結びの言葉も大切にされています。 見落としがちな結びの言葉はどのように選ぶとよいのでしょうか。 結びの挨拶とは 日常の挨拶でいう「さようなら」に該当するのが結びの挨拶です。 これは、主文を締めくくるだけでなく、相手の繁栄を祈ったり、健康を案じたりするための大切な言葉となります。 6月の結びの挨拶の文例 結びの言葉を知る事で、必要な場面に応じて使いこなすことができます。 ここでは、2つのパターンを文例としてご紹介します。 ・梅雨冷えの折、お身体を崩されないよう、どうか健やかにお過ごしください。 ・日ごとに暑くなってきておりますが、くれぐれもお身体を大切になさってください。 6月の時候の挨拶を使って立派なビジネスマンに.

次の