いさ ぎ いい。 くそみそテクニック

飯篠長威斎(いいざさ ちょういさい)とは

いさ ぎ いい

室町時代の武術家。 日本の国刀槍術 とうそうじゅつ 史上、中興の祖といわれる。 下総 しもうさ 国香取 かとり 郡飯篠(千葉県香取郡多古 たこ 町)の郷士 ごうし。 名は家直 いえなお 、山城守 やましろのかみ 、のち伊賀守と称し、1480年(文明12)60歳のとき入道して長威斎と号した。 このころ、中央における応仁 おうにん の乱の影響は関東にも波及し、常胤 つねたね 以来、一門の強固な団結を誇った千葉氏も、一族の内訌 ないこう が激化し、1451年(宝徳3)惣領 そうりょう の千葉胤直 たねなお ・胤時 たねとき が攻め滅ぼされるという事態となった。 こうした時代の流れに絶望した家直は兵法者としてたつことを決意し、香取神宮にほど近い梅木山不断所に千日参籠 さんろう して、ついに剣の極意を悟り、これを体系化して一流を編み出した。 天真正伝神道流兵法 てんしんしょうでんしんとうりゅうへいほう 、また香取神刀流という。 長享 ちょうきょう 2年4月15日没、68歳。 一説に102歳という。 門下に塚原土佐守安幹 やすもと (卜伝 ぼくでん の養父)、師岡一波斎 もろおかいっぱさい (諸岡一羽)、松本備前守 びぜんのかみ 政信 まさのぶ などの逸材を輩出し、また飯篠家の2代若狭守 わかさのかみ 盛近 もりちか 、3代若狭守盛信 もりのぶ 、4代山城守盛綱 もりつな 、いずれもよく父祖の業を継ぎ、刀槍の術に秀で、近世剣術諸流派の一大源流となった。 [渡邉一郎].

次の

くそみそテクニック

いさ ぎ いい

みなさんも、春の味楽しみませんか? さっと出汁で炊くだけでもおいしいです。 いさざは、体長4〜5センチのハゼ科の「しろうお」のこと。 春になると産卵のために、川を遡上してくるところを捕まえます。 このいさざ漁をしている姿が見られ、 そのピチピチしたかわいい「いさざ」たちの姿が見られ始めると、 まだは肌寒く、 時より小雪が舞うことのある3月初旬でも、 舞鶴に春が来たなあ。。。 としみじみ感じることができます。 このいさざは、3月から4月にかけて、最盛期を迎え、 魚屋やスーパーで ピチピチはねるかわいい いさざの姿が見られます。 いさざは小さな半透明の身体に小さな目がちょこんと・・・。 私は、料理する前に、少し大きなボールで泳がせて、 子供と一緒にこの可愛い姿を観察するのが、この時期の楽しみです。 ホント いつまで見ていても 飽きない可愛さがあります。 私のおすすめは卵とじのお吸い物 舞鶴の春の風景 いさざ漁を見に行ってきました・・・ 川に設置したいくつもの仕掛け この仕掛けで、産卵のため川を遡上してきたいさざを つかまえます。 しかけに追い詰められたいさざは、 川にいくつも設置した専用いけすに離します。 このいさざ漁をしているところでは、 たくさんいさざが獲れている時は、 直接買うことができます。 値段は、日によって違い、天候によっては、 販売していない日もあります。 3月初旬から4月にかけて いさざの獲れる漁が多くなるにつれて 徐々に安くなっていきます。 3月の初旬・・お値段はまだ少し高めです。 「ほら、取ってきたで〜」 気さくなおっちゃんたちです。 「 おっちゃん、1合 分けて〜」 とお願いすると・・・ 川に入り、いけすから、元気のいいいさざたちを 選んで持ってきてくれます。 「 お-。 ピチピチの元気な いさざくんたち」 おっちゃんたちが、 いさざをすくって持ってきてくれると 子供たちは、興味津々で集まってきます。 「おっちゃん、ちょっとさわってもいい?」 「 ええで〜。 ちょっと食べてみるか?」 「ええ〜いいの〜??」 次から次へとすくって パクリ、ごっくん。 ほらほら・・元気そうに泳いでるでしょ? いつまで見ていても飽きない いさざくんたちでした。 毎年3月の頭から始まる「いさざ漁」 3月とはいえ、川の水は冷たく、 時折、小雪が舞うこともしばしば。。 また、3月は天気が変わりやすく、 雨が降ることも多いのです。 いさざ漁の漁師さんたちは、橋下で雨をしのぎながら ドラム缶で焚き火をし、暖をとりつつ 作業をもくもくとしていました。 私たちが楽しみにしている 舞鶴の春の味覚。。。 このおいしさを届けてくれている 漁師さんたちに、あらためて感謝感謝でした。。。 いさざは、気候によって、獲れたり、獲れなかったりするため、 いさざ漁が見られる所では、買えない日もあります。 「いさざ」をお買い求めになりたい方は、 舞鶴市内の魚屋さんか、下記へお問い合わせくださいませ。

次の

いさぎのよい と言う言葉は間違いではないですか?

いさ ぎ いい

ご挨拶 「政は正なり」。 「信なくば立たず」。 はるか昔から、政治の要諦は「正しい」ことを行うことであり、また「信頼」を得ずして政治はありません。 日本は今、世界のどの国も経験したことの無い急激な「少子高齢化」をはじめ、たくさんの課題に直面しています。 昔のような右肩上がりの時代であれば、政治は利益を再配分するだけでよかったかもしれません。 しかし、たくさんの課題を皆で乗り越えなければならない今ほど、いにしえの言葉に重みのある時はありません。 良いことばかりを言う「ポピュリズム」の政治ではなく、責任を持って語り、実行し、「信頼」を勝ち得ていく。 「正しい」政治で、皆さん一人一人が抱える悩みを解決できるように、後押しをする。 いさ進一は、派手な政治ではなく、誠実で正しい、信頼できる政治を行って参ります。 衆議院議員 伊佐 進一.

次の