隙間ゲージ。 スキマゲージの種類と使い方! 装置の隙間を測定、品質向上に

【通販モノタロウ】

隙間ゲージ

シクネスゲージと呼ばれる器具の種類と違い 出典: 一口にシクネスゲージと言っても、ダイヤルシクネスゲージやフィラーゲージなど、構造・使い方が全く異なる工具がいくつも存在します。 正しく使うために、それぞれの違いについて簡単に知っておきましょう。 デジタル・ダイヤルタイプのシクネスゲージは、測定物の厚みを測定するための工具です。 アンビルと呼ばれる金床と測定子の間に物を挟み、ダイヤルまたはデジタル画面に表示された数字から厚さが分かります。 ガラスシクネスゲージは大きめな板状の計測器で、ガラスの厚みを計測するために使われます。 ゲージ下部をガラスにあてたまま45度に傾け、ガラスに映った2つの像がどの程度ブレているかによって厚みが分かる仕組みです。 フィラーゲージはシクネスゲージ同様、細いすきまの測定に向いた造りをしています。 フィラーゲージは厚さ1mm以下の金属板1枚からなるのに対し、シクネスゲージは0. 03~1mmなど複数枚の金属板(リーフ)が扇のように束ねられています。 使い方は同じですが、シクネスゲージは差し込むリーフを替えたり、組み合わせたりと幅広い測定ができます。 シクネスゲージの使い方 出典: 使用する際は、シクネスゲージのスリーブについている止めネジを回して開き、リーフを展開させましょう。 このリーフは1枚ごとに厚さが異なります。 計測する隙間の幅がある程度分かっているなら近い厚さのものを、それでなければ一番薄いリーフから使うのが基本の使い方です。 調べたい隙間に薄いリーフから順に差し込んでいきます。 リーフが差し込めなくなれば、その一つ手前のリーフが隙間の幅と同等です。 たとえば隙間に0. 4mmのリーフを差し込めて、0. 5mmが入らなかったなら、隙間の幅は0. 4mmということになります。 リーフ同士を組み合わせることで、より多彩な隙間の計測に使うことも可能です。 たとえば、1mmと0. 03mmを組み合わせて1. 03mmのリーフとして使えるようになります。 ただし、リーフは1枚ごとに微細な厚さのブレがあり、組み合わせるほどブレが大きくなって測定精度が下がってしまうことに注意してください。 シクネスゲージの選び方 すきまゲージとも呼称されるシクネスゲージは、どのような隙間に差し込むかによって選ぶべき製品が異なります。 リーフの形状・長さ・枚数・精度から、作業に見合った製品を選んでいきましょう。 リーフの形状から選ぶ リーフは一般的に幅が12. 7mmあり、先端が丸くなっているとA型、尖るようにすぼまっているものはB型と呼ばれます。 表面から見て奥まで見通せる隙間ならA型、障害物のある狭い隙間であればB型がおすすめです。 先端が丸く丈夫なA型 出典: リーフ幅がほぼ一定であり、先端だけが丸みを帯びている形状です。 シクネスゲージは隙間に差し込んで使いますから、リーフをたびたび曲げていくことになります。 A型は先端から根元まで幅にあまり変化がないため、使っても折れにくいメリットを持ちます。 幅のせまい隙間に入れやすいB型 出典: リーフの半ばから幅がせばまり、先端は6mm程度しかありません。 そのためA型に比べると耐久面で劣るものの、横幅があまりない隙間にも差し込めるのが利点です。 ボルト・ネジといった固定金具が障害になっている隙間にも差し込んで使うことができます。 リーフの長さから選ぶ シクネスゲージはリーフが長いもの・短いものと、大きさに違いをつけて販売されています。 シクネスゲージのJIS規格ではリーフ長を75・100・150・200・300mmの5段階で定めているため、ここでは100mm以下のものを小型、150~300mmを大型として特徴をご紹介します。 100mm以下の小型 出典: 小型のシクネスゲージは持ち運びやすく、収納性もよいため多数の製品展開がされています。 奥行きのあまりない隙間に差し込んで測定する、奥まですきまが一定である必要がない、といったケースでは小型製品で問題ないでしょう。 150~300mmの大型 出典: 大型のリーフ長を持つ製品は、隙間に差し込んで向こう側まで通せるかを見る、といった用途に使われます。 小型に比べて重量がかさむものの、長さを活かした測定をできるのがメリットです。 配線・部品が邪魔をして手の届かない場所にある隙間に差し込むこともできます。 リーフの枚数から選ぶ 出典: シクネスゲージのリーフ枚数が多いほど、測定できる範囲が広がります。 1枚ずつ使うのはもちろん、2枚以上を組み合わせていくことも考えれば、枚数は多い方が利便性も高いでしょう。 ただしリーフ枚数の多さは、それだけ手入れに手間がかかることに繋がります。 日常的にシクネスゲージを使用しない、測定物のすきま幅が決まっているというケースでは、必要な枚数に絞ることをおすすめします。 精度から選ぶ すきまゲージはJIS B 7524:2008によって工業規格が定められています。 一般品も正確にすきまを調べられるようになっていますが、厚さの寸法許容差がより厳密に決められているのはJIS規格品です。 工業製品の測定に適したJIS規格品 出典: シクネスゲージのJIS規格では、リーフの厚さごとに精度を定めています。 たとえば厚さ0. 01~0. 003mm、0. 06~0. 004mmといった具合です。 内燃機関におけるピストンリングの合口隙間検査など、重要な工業製品では精密なシクネスゲージが欠かせません。 リーフ一枚ごとにJISマークが刻まれていて、バラバラの状態になってもJIS規格品であると分かるようになっています。 高精度に仕上げているため、価格は高めです。 一般品のシクネスゲージは高くても4,000円程度なのに対して、JIS規格品は1万円を超える製品が多く見られます。 DIYなど簡易作業に使いやすい一般品 出典: 一般品と呼ばれるすきまゲージは、JIS規格品に比べると精度は落ちるものの、製品製造に関わらない測定用途であれば十分に使えます。 大手の測定工具メーカーは社内精度を設けていて、販売されているのは厚さごとの許容差に収まっている製品だけです。 価格は安いのでバイク・自動車の整備用に持っておきたい方におすすめです。 シクネスゲージ(すきまゲージ)のおすすめ人気ランキング9選 シクネスゲージの人気商品を9点ご紹介します。 おすすめなのはやはり信頼がおける大手メーカー品や、JIS規格に適合している製品です。 シクネスゲージを頻繁に使わない方は安価な製品でもよいですが、測定を業務としているなら高精度の製品を持っておきましょう。 1位 シンワ測定 シックネスゲージ D 65mm 73782 リーフ長:75mm リーフ枚数:13枚 リーフ形状:A型 厚み:0. 03 ~ 3. 00 mm 重量:74g JIS規格:適合 厚さ2・3mmのリーフを持つJIS適合品 永井ゲージ製作所は、すきまゲージの製造を専門としているメーカーです。 特徴はなんといっても日本工業規格の表示認定がされていることでしょう。 この商品は値段がかなり高いですが、JISの厳密な規格に適合しています。 一般的なシクネスゲージにはない、厚さ2mmと3mmのリーフを持っています。 測定範囲が広がるのはもちろん、2~4mmまでのすきまをより少ないリーフで測定することが可能です。 9位 DIA 永井ゲージ製作所 JIS規格すきまゲージ 300A10 リーフ長:300mm リーフ枚数:10枚 リーフ形状:A型 厚み:0. 03 ~ 0. 30 mm 重量:104g JIS規格:適合 JIS規格で最大長である300mm こちらもJIS適合品のすきまゲージで、長さは最大の300mmです。 小さな隙間にも使えますが、本領を発揮するのは大型シリンダーの間隔測定でしょう。 測定作業に従事する方は1本持っておくと重宝します。 おすすめの商品一覧 製品 最安値 評価 リンク 1,334円 4. 25 1,399円 4. 22 390円 4. 3 1,614円 4. 5 999円 3. 9 1,892円 1,622円 14,412円 25,820円 使用の際の注意点 出典: シクネスゲージはすきまを精密に測定できるように作成されていますが、間違った使い方や管理を怠ると、測定結果に誤りが生じてしまいます。 使用前の確認・使用後の手入れとともに、正しい使い方を心がけましょう。 使う前にはリーフ表面に錆・汚れ・傷がないかを確認してください。 これらはいずれもリーフの厚みを変えてしまい、正確な測定ができない原因となります。 特に錆や傷は修復が難しいため買い替えしなくてはいけません。 なお、リーフ表面に油が塗られている場合は、油をふき取ってから使用してください。 隙間へ差し込む際は、無理に押し込まないようにしましょう。 シクネスゲージの削れ・折れが起こるだけでなく、測定対象の破損にも繋がります。 とくに測定物がゴムや樹脂のように柔らかい素材を使用している場合、無理に押し込んでも正確な隙間測定ができているとは言えません。 使用後はリーフ表面についている指紋や粉塵をよく拭き取ってください。 指紋がつかないように使用中は手袋を着用しておくのもよいでしょう。 リーフ表面をきれいにしたら、防錆油を塗布してスリーブに収納して保管します。 まとめ シクネスゲージは、隙間に差し込んだリーフの厚みから測定を行います。 用途からリーフの形状・長さ・枚数を見ていくのが基本の選び方ですが、測定工具なので精度も重視しておきたいところです。 JIS規格品は一般品に比べて価格が非常に高価なものの、国家標準に裏打ちされた精密性を持っています。 業務として測定検査に携わっているのなら、信頼性の高いシクネスゲージは仕事の助けとなってくれますよ。

次の

【通販モノタロウ】

隙間ゲージ

こんにちは、長島です。 今回は『スキマゲージ』を紹介します。 装置の隙間を測定する時に使用する工具です。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。 スキマゲージとは 金属の薄い板をスキマに入れて寸法を測定する工具です。 シクネスゲージやシックネスゲージとも呼ばれています。 出典元:シンワ株式会社 私が以前勤めていた工場では、エクストルーダーと言う装置の先端に、ECSと言う装置が付いていて、ECSに付いている刃の隙間を測定するのにスキマゲージを使用していましたよ。 ECSは、カッターの刃みたいなのが沢山付いていて、それがグルグルと回転して切断します。 スキマゲージは、装置と刃の隙間を微調整する時に使用されていました。 スキマが多いとECS内の圧力が低下し、隙間が少ないと回転する時の負荷が大きくなります。 その微妙な調整をスキマゲージで見ている訳です。 ECSを使用されている工場では、大切な工具だと思いますよ。 そもそもエクストルーダーとは何なの?って感じですよね。 エクストルーダーとは、簡単に言うと 押出し機です。 その押出し機で押された原料が、ECSで規定のサイズでカットされます。 私が以前勤めていた工場では、魚の飼料メーカーだったので、養殖魚の餌を作っていました。 皆さんがご存知なのは、お菓子のカールです。 お菓子のカールも作る手順は、エクストルーダーで原料を押出し、ECSでカットする方法を利用していると聞いた事があります。 脱線してしまいましたが、スキマゲージは装置の隙間を測定するには大切な工具だと思います。 サビないようにステンレス製が使用されています。 03・0. 04・0. 05・0. 06・0. 07・0. 08・0. 09・0. 10・0. 11・0. 12・0. 13・0. 14・0. 15・0. 20・0. 25・0. 30・0. 35・0. 40・0. 45・0. 50・0. 60・0. 75・0. 80・0. 90・1. 00 ・ インチ 0. 0015・0. 002・0. 003・0. 004・0. 006・0. 0080・0. 010・0. 012・0. 015 ミリサイズは、9枚組セットと25枚組セットがあります。 インチサイズは、9枚組セットのみです。 測定したいスキマがミリなのかインチなのかで選んでくださいね。 比較的小さめの工具です。 03mm~1. 00mmまで測定できます。 03mmの狭い隙間を測定できる工具は、スキマゲージしかありません。 機械屋さん等で使用されている工具だと思います。 薄いので曲がりやすいです。 とても薄いので簡単に曲がってしまいます。 使用される時は、注意して使用されてくださいね。 スキマゲージの使い方 先ほど話したECSでの使い方で紹介しようと思います。 原料が入っていると測定できないので、原料がないように清掃します。 刃と装置の間にスキマゲージを入れて、隙間を測定します。 隙間が規定の値に入っていない場合には、刃のあたりを調整します。 スパナやメガネレンチで緩めます。 隙間ゲージをあて、微調整しながらボルトを締付けます。 以上、スキマゲージの使い方でした。 全ての刃を微調整するには時間がかかると思います。 しかし、この微調整が商品の品質に影響が出ると考えます。 私が以前勤めていた工場では、この微調整を時間をかけて確実に行っていましたよ。 私のオススメ工具.

次の

小さい隙間を測るシックネスゲージの使い方

隙間ゲージ

こんにちは、長島です。 今回は『スキマゲージ』を紹介します。 装置の隙間を測定する時に使用する工具です。 工具を選ぶ時の参考にしてくださいね。 スキマゲージとは 金属の薄い板をスキマに入れて寸法を測定する工具です。 シクネスゲージやシックネスゲージとも呼ばれています。 出典元:シンワ株式会社 私が以前勤めていた工場では、エクストルーダーと言う装置の先端に、ECSと言う装置が付いていて、ECSに付いている刃の隙間を測定するのにスキマゲージを使用していましたよ。 ECSは、カッターの刃みたいなのが沢山付いていて、それがグルグルと回転して切断します。 スキマゲージは、装置と刃の隙間を微調整する時に使用されていました。 スキマが多いとECS内の圧力が低下し、隙間が少ないと回転する時の負荷が大きくなります。 その微妙な調整をスキマゲージで見ている訳です。 ECSを使用されている工場では、大切な工具だと思いますよ。 そもそもエクストルーダーとは何なの?って感じですよね。 エクストルーダーとは、簡単に言うと 押出し機です。 その押出し機で押された原料が、ECSで規定のサイズでカットされます。 私が以前勤めていた工場では、魚の飼料メーカーだったので、養殖魚の餌を作っていました。 皆さんがご存知なのは、お菓子のカールです。 お菓子のカールも作る手順は、エクストルーダーで原料を押出し、ECSでカットする方法を利用していると聞いた事があります。 脱線してしまいましたが、スキマゲージは装置の隙間を測定するには大切な工具だと思います。 サビないようにステンレス製が使用されています。 03・0. 04・0. 05・0. 06・0. 07・0. 08・0. 09・0. 10・0. 11・0. 12・0. 13・0. 14・0. 15・0. 20・0. 25・0. 30・0. 35・0. 40・0. 45・0. 50・0. 60・0. 75・0. 80・0. 90・1. 00 ・ インチ 0. 0015・0. 002・0. 003・0. 004・0. 006・0. 0080・0. 010・0. 012・0. 015 ミリサイズは、9枚組セットと25枚組セットがあります。 インチサイズは、9枚組セットのみです。 測定したいスキマがミリなのかインチなのかで選んでくださいね。 比較的小さめの工具です。 03mm~1. 00mmまで測定できます。 03mmの狭い隙間を測定できる工具は、スキマゲージしかありません。 機械屋さん等で使用されている工具だと思います。 薄いので曲がりやすいです。 とても薄いので簡単に曲がってしまいます。 使用される時は、注意して使用されてくださいね。 スキマゲージの使い方 先ほど話したECSでの使い方で紹介しようと思います。 原料が入っていると測定できないので、原料がないように清掃します。 刃と装置の間にスキマゲージを入れて、隙間を測定します。 隙間が規定の値に入っていない場合には、刃のあたりを調整します。 スパナやメガネレンチで緩めます。 隙間ゲージをあて、微調整しながらボルトを締付けます。 以上、スキマゲージの使い方でした。 全ての刃を微調整するには時間がかかると思います。 しかし、この微調整が商品の品質に影響が出ると考えます。 私が以前勤めていた工場では、この微調整を時間をかけて確実に行っていましたよ。 私のオススメ工具.

次の