トイレ 掃除 道具。 トイレ掃除のやり方・手順、用意したい道具は? [掃除] All About

トイレの掃除道具おすすめ16種を紹介!経済的で便利なの集めました|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

トイレ 掃除 道具

トイレ汚れの原因は? トイレの 黄ばみは、尿石が原因です。 黒ずみは、黄ばみにカビが入り込んだものです。 また、見落としがちですが、 服などのホコリもトイレには蓄積しています。 汚れを放置しておくと菌がたまっていくので、衛生上良くありません。 臭いの原因もやはり、尿。 なかなか掃除したくないトイレですが、やはり掃除をしないと良くないんですね…。 汚れが溜まりやすい部分 掃除をしているつもりでも、なかなか汚れが落ちていない場所もあります。 便器の淵の裏側 トイレの便器の淵の裏側は、 尿石が溜まりやすい箇所です。 ササッと便器をブラシで掃除しただけだと、縁の裏側までは掃除しないですよね。 便座の裏 また、便座の裏も汚れが溜まりやすい場所です。 便器は見えるため、掃除をしよう!という気にもなりやすいですが、見落としやすいのが便座の裏。 ここも見落としがちなだけで、汚れが溜まりやすいのです。 便器にできるサボったリング 「サボったリング」と呼ばれる、輪っかのような汚れが便器にできてしまうこともあるのではないでしょうか。 これは 尿石と水垢の混ざったものです。 この リングに菌が溜まりやすく、汚れはさらに増えていくという悪循環が生まれてしまいます。 掃除の手順 それでは、プロの行うクリーニングの手順を見ていきましょう。 便座を外す 取り付け型の洗浄機能付き温水便座は、上部の便座を外します。 ほとんどの取り付け型の洗浄機能付き温水便座横部分にボタンがあり スライドさせて外すことができます。 洗剤で掃除 トイレはほとんど水垢に対する掃除をしないので、溜まりやすくなっています。 まずは、 酸性洗剤をかけて、ホコリを落とし、こすって掃除をします。 酸性洗剤は市販されているトイレ用洗剤などがありますが、扱いが危険なので気をつけましょう。 また、周りの素材によってはダメージが残るので、極力避けます。 ゴム手袋などを使用しないと軽いやけどをしてしまう恐れがあります。 ゴム手袋で塗りつけて、暫くの間放置して水垢や石鹸カスを柔らかくしていきます。 クエン酸などの使用を推奨する掃除方法もありますが、 クエン酸は酸性が弱いので簡単なものは取れますがしつこい水垢はあまり取れません。 効果が高いのは酸性の洗剤になりますので、シンク、浴室、トイレなど水垢が発生しやすい水回りの掃除はこちらを利用した方が綺麗になります。 しかし、 扱いが難しく火傷の恐れもありますので、扱いが不安な方はプロに頼まれると良いでしょう。 気になる 尿石を取る方法ですが、これも酸性洗剤がベストです。 黒ずみはカビが含まれますが、尿石にくっついているので、酸性洗剤で尿石を取るのがベストといえます。 先程紹介した、汚れが溜まりやすい便器のふちの部分もブラシで掃除します。 拭き取り 全体を拭き取ります。 手洗い部分も掃除 トイレの手洗い部分も水垢がたまることがあります。 こちらは酸性洗剤をかけますが内部を傷めてしまうことがあるので、 布を染み込ませたものでこすりとるなど内部に流れないように注意してください。 プロは養生して流れないようにしています。 普段のお手入れ 自分でできるトイレ掃除は、 市販の洗剤とブラシでこすることになります。 蓋の取り外しを自分で行うことも可能ですが、壊してしまうのが不安な方はプロにおまかせするのが良いでしょう。 そして、 意外と溜まりがちなのが、ホコリです。 ハタキでホコリを落として、掃除機をかけます。 クイックルワイパーなども効果的です。 週1回まとめて掃除する方法 トイレの汚れは時間が経つにつれて落ちにくくなります。 最低でも週1回、曜日を決めて掃除するようにしましょう。 使用する道具は3つ 週1回の掃除に使う道具はお掃除シート、トイレブラシ、トイレ用中性洗剤の3つです。 お掃除シートは トイレ用の厚手で除菌タイプのものを選びましょう。 トイレブラシにはスポンジタイプとブラシタイプのものがあります。 毎日こまめに掃除する場合にはやわらかいスポンジタイプでいいのですが、掃除頻度が週1回の場合には、 しっかりと汚れを落とせるブラシタイプが適しています。 掃除手順 トイレ掃除はトイレの本体、壁、床の順番で行います。 お掃除シートで上から順番に、トイレタンク、便座、便座の外側と拭いていきます。 次に便器の中に中性洗剤を吹きかけてトイレブラシでこすります。 ウォシュレットのノズルも忘れずに ウォシュレット便座の場合、ノズルや便座の裏に汚れが溜まっていることもあるので忘れずに掃除しましょう。 お掃除シートで壁の両側の腰より低い位置を拭き、最後に床を拭きとって完了です。 毎日ちょっとずつ掃除する方法 毎日こまめに掃除をする習慣をつけておくと、週1回時間をかけて掃除するよりも負担が少なくて済みます。 忙しくて毎日掃除するのは面倒だという人は、 1日1ヶ所だけ掃除をすると決めておくのも一つの方法です。 1回の負担を減らす 便座をお掃除シートで拭く、便器の中をブラシでこする、タンクと便器の外側を拭く、床を拭く、壁を拭く、といったように作業を細かく分類。 1日にやることはほんのちょっとの作業で済むので、負担なく続けられるのではないでしょうか? 気が付いた時に掃除する 用を足したときに 目に見える汚れが付いた場合はその場ですぐに掃除するようにしましょう。 汚れは時間が経つほど落としにくくなります。 強力な洗剤が必要になったり掃除の手間が増えたりするので、なるべく早く落とすことがポイントです。 普段の掃除で落ちない頑固な汚れの掃除方法 トイレの汚れで最も厄介なのが尿が石化してできる尿石です。 ブラシの届きにくい便器のフチ裏などに尿が残り、それを長く放置すると、中性洗剤とブラシでこすっても落とせない頑固な汚れになります。 尿石はブラシでこする 尿石を落とすには酸性洗剤を使ってブラシでこするのが効果的です。 それでも落ちない頑固な汚れには、酸性洗剤とトイレットペーパーでパックするという方法があります。 トイレットペーパーでパックする 尿石ができた場所にトイレットペーパーを何枚か重ねて覆い、その上から酸性洗剤をかけます。 トイレットペーパーがひたひたになるくらいしっかりとかけましょう。 酸性洗剤はとても強い薬剤なので、 使用の際は換気をし、他の場所には付かないように注意が必要です。 汚れを防止するためには週に1度の掃除を クイックルワイパーなどで1週間に1回程度きちんとトイレ掃除をすることです。 汚れを拭き取れば尿石の蓄積は抑えることができます。 トイレはご家庭では意外と気づかない部分に汚れがたまっている部分です。 洗浄機能付き温水便座を外すこともなかなかないでしょう。 プロにしかなかなか気づけない部分を綺麗にしてもらうのは、プロに依頼するメリットかと思います。 プロにお任せする 仕事で忙しくなかなか掃除をする時間が取れない、大掛かりな掃除は面倒くさいという方には、プロにクリーニングを任せる方法もおすすめです。 トイレのみならず、キッチンやエアコンなど家中の掃除をおまかせすることができます。 カジタクのトイレクリーニング では、汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、 黒ずみや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、ピカピカにします。 ふだん手の回らないタンク内、ノズルなどすみずみまでお掃除します。 申し込みから予約まで全てネット上で完結するため利便性が高く、 仕上がりに満足いただけない場合はもう一度やり直しができる品質保証付きで、質の高さという点でも安心です。

次の

【劇的に変わる!】トイレ掃除に役立つ便利な道具4つをご紹介!

トイレ 掃除 道具

床や壁の掃除方法から道具の選び方まで全部教えます 出典:写真AC トイレ掃除はニオイや雑菌がイヤで苦手という方は多いと思います。 また、 「床や壁はどう掃除するの?」 「道具はトイレブラシでいいの?」 「もっと簡単にキレイになるやり方はないかしら?」 と、お掃除の仕方に自信がない人も多いようです。 そこで、今回はお掃除のプロ・大津たまみ先生に トイレ掃除の基本を教わります。 大津先生曰く、トイレ掃除の大原則は 「汚れを見たらすぐ掃除!」 この原則を守ってトイレ掃除の基本を実践すれば簡単にキレイなトイレをキープできるそうですよ。 トイレ掃除の基本 1.汚れをしっかり落とす道具を使う• 用意するもの• トイレ用お掃除シート• トイレブラシ• 除菌アイテム(消毒用エタノール等) トイレ掃除の基本は除菌です。 お掃除シートは厚手で除菌効果があるものを選びます。 汚れや雑菌が気になる場所なので、使い捨ての方が簡単で掃除がしやすいです。 厚手のコンビニのおしぼりやウェットシートでも代用できます。 薬局で手に入る 消毒用エタノールを用意して、気になる場所を除菌しながら掃除をするのが清潔なトイレを保つコツです。 <トイレブラシの選び方> トイレブラシは便器の中や裏までしっかり洗えるタイプのものを選びましょう。 基本的にはスポンジタイプではなく ブラシタイプで半球形で曲がっていないものがおすすめです。 一番重要なのは交換のタイミングです。 「トイレブラシはトイレの中でも1番汚れているところのひとつ。 数ヶ月で億単位の雑菌がウヨウヨするようになります。 そんなブラシで掃除してもトイレはきれいになりません。 取り出した時に思わず『 なにこれ!?』と思ってしまったら買い替えましょう」と大津先生。 トイレ掃除では雑菌を広げないために掃除の順番を守ることが重要です。 掃除の頻度は大原則の「汚れを見たらすぐ掃除!」を行いつつ、週に1回、以下の手順で全体の掃除を行うといいでしょう。 上から下へと掃除をしていきます。 最初に使い捨てのトイレ用お掃除シートを使ってタンク部分を拭きます。 シンクやレバーは見落としがちですが雑菌の温床です。 しっかり拭きましょう。 続いて便座部分を拭きます。 次にトイレブラシで便器の中の汚れを落とします。 便器のフチの裏側は汚れがたまりやすいので、しっかりこすり落としてください。 便器の中の汚れは、見つけた時にブラシで掃除するようにしましょう。 便器は常に水が流れているので汚れが落ちやすく、洗剤がなくてもきれいになりやすいです。 汚れを見つけた瞬間に掃除をすれば、簡単に掃除が終わります。 このほんのちょっとの手間を習慣にすると日々のトイレ掃除が断然ラクになります。 最後に便器の下や側面もシートで拭き、使い終わったシートはゴミ箱へ。 ニオイの元のアレを拭き掃除で徹底退治! トイレに漂うイヤなニオイの元はアンモニア。 壁や床に飛び散った尿の飛沫が雑菌と反応して悪臭の原因になります。 トイレ掃除は週に一度、壁と床を拭いて除菌し、ニオイの元を断ちましょう。 特に男性がトイレを使う場合、尿の飛沫は想像以上の広範囲に飛んでいます。 それらを放置すると雑菌が繁殖し、あの悪臭の原因になります。 便器の両脇、腰の高さまでをしっかり拭いて除菌しましょう。 トイレットペーパーから出るホコリと飛び散った尿が一緒になって雑菌が繁殖し、悪臭の原因になります。 お掃除シートでしっかり拭いて除菌します。 特に 便器と床のつなぎの部分は汚れがたまりやすいので、除菌アイテムとボロ布等を使って集中的に掃除をしましょう。 トイレのしつこい汚れをプロのワザで シンクや便器の水の流れのフチにできた気になる灰色の線、これは水あかです。 気になった時にメッシュやすりでこすって落としましょう。 詳しい掃除のしかたはこちらも参照ください。 プロは一度トイレの水を抜いてから厚手のペーパーに酸性の洗剤をつけて尿石汚れにシップをし、しばらく放置した後でやすり等で削り落としています。 どうしても気になるという時は挑戦してみてください。 日々の小さな習慣で清潔なトイレを いかがですか? トイレの汚れはすぐに掃除をすれば落ちやすいものが多いです。 毎日のついでに基本のトイレ掃除をする習慣をつけて、最小限の手間で清潔なトイレをキープしましょう。

次の

【風水掃除】風水から見るトイレのお掃除テクニック

トイレ 掃除 道具

使い古したTシャツや、タオルを再利用するのもおすすめです。 丁寧なお掃除をするときには 普段の簡単なお掃除だけではやはり不十分です。 一週間に一度ほど、トイレをしっかり掃除しましょう。 その時に必要になる道具を紹介します。 トイレを丁寧に掃除する時には、ゴム手袋を用意しましょう。 使い終わったら、ゴミ箱にポイっでお掃除完了です。 その手軽さも嬉しいですね。 トイレは陶器でできていることが多く、傷がつきやすいのでスポンジでやさしく綺麗にしましょう。 細かいところのお掃除に便利です。 トイレブラシのオススメはこれ! トイレブラシといっても様々な種類があります。 使う道具の特徴を知ることで、新たな発見があるかもしれませんよ! それに、正しい使い方をしてあげることで、はじめて100%の効果を発揮してくれます。 ここでしっかり学んで、お掃除テクニックをアップさせてしまいましょう! 使い捨てタイプ 「汚れたブラシを置いておきたくない!」 そんな方におすすめなのは 使い捨てタイプ!一番のメリットは 衛生的なところ。 掃除の後には捨ててしまうので、常に綺麗な状態を保てます。 今一番注目されているタイプですね。 なかにはブラシに洗剤が付いているタイプもあるので、別で用意する必要がありません。 置き場もコンパクトなので、場所を取らなのがうれしいです。 悪い点としては コスパの悪さ。 ブラシ部分を毎回買い換えるので、どうしてもお金がかかってしまいます。 ただ、汚れたブラシを洗う時間はなくなるので、時間と手間をお金で買うという考え方であればいいのかもしれませんね。 スポンジタイプ 「トイレを傷つけたくない!」 そんな方におすすめなのは スポンジタイプ!素材がやわらかいスポンジなので、トイレを傷つけることなく掃除できます。 さらに最近のトイレは汚れないように コーティングされているのを知っていますか?防汚加工と呼ばれるもので、汚れにくい状態になっているのです。 しかし、せっかくのコーティングも、硬いブラシで擦ってしまえば剥げてしまいますよね?その点も、スポンジタイプなら問題ないので安心して使えます。 悪い点としては、 水はけ悪さですね。 ご存知のようにスポンジは水を吸収するので、菌が繁殖しやすいです。 しっかりと乾かすなどの対策をしておくといいでしょう。 ブラシタイプ 「頑固な汚れをしっかり取りたい!」 そんな方におすすめなのが ブラシタイプ!スポンジなどでは取れないような固い汚れを落としてくれます。 ブラシタイプは 寿命が長いこともメリットですね。 スポンジタイプは素材が柔らかいので、早い方で2ヶ月もすれば交換です。 その点ブラシタイプは、素材がしっかりとしているのでかなり長い期間使用できます。 悪い点としては、 傷がついてしまうことですね。 汚れがしっかり落ちる反面、便器に傷がついてしまいます。 使いどころを選んでブラシを使い分けるのが、一番上手な使い方ですね。 便利な商品を活用しよう トイレ掃除に使える便利な道具は、今まで紹介した以外にもたくさんあります。 使っているうちにカスが出るので、手洗い器の掃除に使う時には、カスがタンク内に入らないように注意しましょう。 そのため、汚れをしっかり搦めとることができお掃除で活躍します。 拭き跡が残らないので、綺麗に磨けます。 トイレ用の洗剤もありますが、重曹やクエン酸を使うのもおすすめです。 実際の掃除方法は、下の記事も参考にしてみてください! 「」 「」 お掃除のプロにおすすめの道具を聞いてみた! さて、ここまで、トイレのお掃除におすすめのグッズをご紹介しました。 でも、お掃除のプロって、どんな道具を使っているのか、気になりませんか? お掃除のプロとは、日々汚れと格闘している、トイレクリーニングのプロ。 そのプロのみなさんに、トイレ掃除のおすすめグッズについて聞いてみました! 「あなたのマイスター」では日々ハウスクリーニングをしていらっしゃるお掃除のプロの方々に「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。 市販でも売っている耐水ペーパーは陶器の表面についた水垢や尿石が取れます。 これで、トイレのしつこい汚れもピカピカに。 「あなたのマイスター」では、もっとたくさんのプロに、他にもいろいろな疑問に答えてもらっています。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ ここまでトイレのお掃除に使える道具を紹介してきました。 新しい商品が次々出てくるので、どんどん新しいものも取り入れてより簡単にトイレを綺麗にしていきましょう。 また、自分で掃除するだけでは綺麗にならないしつこい汚れもあると思います。 そんなときは、プロのトイレクリーニングを依頼しましょう。 気になるトイレの黄ばみ・黒ずみもしっかり綺麗にしてくれますよ!.

次の