はらだいこ覚えるポケモン。 マッスグマ育成論

【ポケモンUSUM】「神速マッスグマ」が解禁されたけど今の環境に噛み合わなさすぎるんだがwwwww

はらだいこ覚えるポケモン

ポケモン名 タイプ1 タイプ2 覚える方法 ほのお - タマゴ 遺伝 ほのお - タマゴ 遺伝 ほのお ひこう タマゴ 遺伝 フェアリー - タマゴ 遺伝 フェアリー - タマゴ 遺伝 みず - Lv. 31 みず - Lv. 37 みず エスパー タマゴ 遺伝 みず エスパー タマゴ 遺伝 じめん - タマゴ 遺伝 ほのお ゴースト タマゴ 遺伝 じめん - タマゴ 遺伝 ノーマル - タマゴ 遺伝 ほのお - タマゴ 遺伝 ノーマル - Lv. 44 フェアリー - タマゴ 遺伝 みず フェアリー タマゴ 遺伝 みず フェアリー タマゴ 遺伝 みず エスパー タマゴ 遺伝 ノーマル - タマゴ 遺伝 ノーマル - タマゴ 遺伝 ほのお - タマゴ 遺伝 ノーマル - Lv. 37 ノーマル - Lv. 43 かくとう - Lv. 25 かくとう - Lv. 26 ノーマル - タマゴ 遺伝 こおり みず タマゴ 遺伝 こおり みず タマゴ 遺伝 こおり みず タマゴ 遺伝 ノーマル - Lv. 44 ノーマル - タマゴ 遺伝 ほのお - タマゴ 遺伝 ほのお - Lv. 30 ほのお - Lv. 30 くさ - タマゴ 遺伝 くさ - タマゴ 遺伝 くさ かくとう Lv. 1 タマゴ 遺伝 フェアリー - タマゴ 遺伝 フェアリー - タマゴ 遺伝 ドラゴン かくとう Lv. 0 ポケモンUSUMの他の攻略記事 わざ一覧 タイプ別わざ一覧.

次の

マリルリ育成論

はらだいこ覚えるポケモン

種族値は低水準だが、唯一の一致しんそく使いという個性がある。 これにはらだいこが加わることで破格の威力となり、パーティコンセプトを担うほどのパワーを誇る。 第八世代で新要素のダイマックスが登場。 先制技とダイマックスは両立出来ない為、このポケモンとの相性は悪い。 一方で、エスパー技を持っているポケモンなら誰でも先制技を無効化するサイコフィールドを展開できるようになり、しんそくが封じられやすくなった。 また、トップメタにはやといったノーマル技を無効化するポケモンが跋扈。 上記の環境的な理由とフィラの実系の弱体化があって、はらだいこ神速型は相当動きづらくなっている。 総評すると、先制技に依存しない新路線の開拓が求められているといったところ。 スイープビンタを習得。 性能は不安だがはらだいことの相性に優れる技なので嬉しいところ。 覚えられなくなった技はとっておき、いかりのまえば、どくどく、ほえる等。 ガラルのすがたも種族値と特性は同じだが、はらだいこやしんそくを覚えないため、立ち回りは大きく変わる。 ネタ考察やマイナー考察はにあります。 特性考察 ものひろい 自身が消費した道具は拾えないので、シングルで使う事は難しい。 ダブルでは相方とのコンボを狙えるが、用途が狭いうえに安定しない。 くいしんぼう フィラのみ系の発動条件が緩和される。 はらだいこと相性が良い。 とはいえ確1にされる大技には無力。 トリック、むしくい、はたきおとす等道具を奪う技にも注意。 はやあし 隠れ特性。 S252振りだけで種族値換算156相当という、圧倒的な素早さを得られる。 からげんきとの相性は良いが、はらだいこ+しんそく程の抜き性能は無い。 状態異常を防げるのもメリット。 能動的に発動するには、どくどくだまかかえんだまが必要になる。 高威力の先制技。 はらだいことあわせて。 反動が痛い。 みがわりタスキ貫通だが威力命中不安。 はらだいことあわせて。 怯み狙い。 状態異常で威力倍増。 どくどくだまやかえんだま、はやあしとあわせて。 最大威力は一番。 はらだいこやみがわり、タスキとあわせて。 あなをほる 地 80 100 溜め技 ダイマックス枯らしに。 じごくづきに威力は劣るが、の弱点を突ける。 じごくづき 悪 80 100 音技封じ 対。 シャドークローより高威力。 追加効果の生きる場面は少ない。 なげつける 悪 - 100 道具消費 はやあし発動後のかえんだまの活用の他、ダブルでは王者の印で擬似ねこだましにも。 道具を消費するので一度きり。 じだんだ 地 75 100 - 対岩・鋼。 技失敗後に威力倍増。 タネばくだん 草 80 100 - やに。 特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 ハイパーボイス 無 90 135 100 - タイプ一致技。 身代わり貫通。 身代わり貫通。 ダブルバトル用。 特殊ダイアースは鋼や岩に刺さりやすい。 命中難。 ふるいたてるがないと火力不足。 命中難。 ふるいたてるがないと火力不足。 なみのり 水 90 100 相手全体攻撃 対地・岩・炎。 くさむすび 草 - 100 - 対地・岩・水。 変化技 タイプ 命中 備考 はらだいこ 無 - 攻撃超強化・HP消費。 しんそくとあわせて。 ふるいたてる 無 - AとCの種族値の差が少ないため、爆発力は劣るが積めば役割を増やせる。 どくどく 毒 90 耐久型対策。 毒や鋼には無効。 過去作た限定。 でんじは 電 90 起点作りや相手の妨害に。 はやあし型なら不要。 みがわり 無 - 補助技対策や、特性の発動に。 まもる 無 - はやあしの発動に。 シンプルビーム 無 100 相手の特性をたんじゅんにできる。 特性の無効化に使ったり、味方に撃って能力変化を倍にしたり。 シンプルビームを覚えるポケモンの中では最速。 すりかえ 悪 100 こだわりアイテムやかえんだまとあわせて。 トリックでもよい。 こらえる 無 100 ダイマックス枯らしや、はやあしでは道具と合わせてじたばたの火力増加にも。 等倍で落とせない相手は大抵マッスグマより遅いため、他の一致技で十分落とせる。 はらだいこ後に混乱実を発動させるために2n調整は必須。 基本的に耐久は低いためなるべく耐久に割きたいが、多少S調整してしんそく半減以下のポケモンを抜けるようにするのはあり。 例えば最速抜きの36振りなど。 しんそくの効きにくい・・対策は必須。 霊に対してはシャドークローorじごくづきで大体のポケモンに確1が取れるためそこまで脅威ではない。 岩・鋼に対してはじだんだがあるが、地面等倍以下の相手は一撃で倒せないことも多い。 パーティー単位でのケアが必須。 持ち物にカムラのみを追加。 回復できないので安定性は落ちるが、準速でも最速ドラパルトを抜けるようになるので選択肢にはなる。 準速でも151族まで抜けるため、性格はいじっぱり推奨。 最速なら準速スカーフ115族と同速になるが、火力は期待できない。 第七世代からは火傷のダメージが減ったため、持ち物はかえんだまも候補。 こちらにすると、なげつけるで相手をやけどにすることもできる。 ただしからげんき以外の攻撃技は使いにくくなる。 しんそくはあれば便利だが、ただでさえ速いこの型では使う場面が非常に限られる。 その他サブウェポンも2倍では等倍からげんき以下なので有用性は低い。 凄まじい火力と素早さを得られるがHP消費も激しく、 他のポケモンのサポート無しに積むのは不可能に近い。 対マッスグマ 注意すべき点 タイプ一致しんそくに加え、強力な積み技はらだいこを持ち、 ノーマル等倍で並程度の耐久のポケモンは軒並み確1にされる。 対策方法 先制技無効特性を持つポケモン () 素の素早さがマッスグマより低い点には注意。 ・・タイプのポケモン しんそくを牽制できるので、Sで勝るポケモンや先制技持ちなら上から叩きやすい。 じごくづき・じだんだには注意。 積み技対策を持つポケモン 流し技やちょうはつ、等。 積みの起点を作らせないことも大事。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技01 ふるいたてる - - ノーマル 変化 30 技05 ほえる - - ノーマル 変化 20 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技13 れいとうビーム 90 100 こおり 特殊 10 技14 ふぶき 110 70 こおり 特殊 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技30 シャドーボール 80 100 ゴースト 特殊 15 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15 技46 どろぼう 60 100 あく 物理 25 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技49 エコーボイス 40 100 ノーマル 特殊 15 技56 なげつける - 100 あく 物理 10 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技94 なみのり 90 100 みず 特殊 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

【ポケモンXY】マリルリ育成論 はらだいこ&アクアジェット型の努力値振りと使い方、遺伝方法まとめ

はらだいこ覚えるポケモン

特性 効果 めんえき どく状態にならない。 あついしぼう ほのお、こおりタイプの技で 受けるダメージを半減する。 隠 くいしんぼう HPが最大の半分以下の時、 きのみを使う。 HP・攻撃・特防が高く、重火力アタッカーとして運用されます。 極端に低い素早さのため、素早さが低い方から攻撃できるようになる トリックルームとの相性も良いポケモンです。 ランクバトル、シーズン5の使用率ランキングでは、 5位に入っています。 特性について• めんえきは、どく・もうどく状態にならない特性です。 カビゴンの特性はどれも、登場時にアナウンスが出ません。 そのため、特性が判別するまではカビゴンにどくどくを撃ちにくいですが、めんえきの採用率はかなり低めです。 シーズン5の採用率は 1. あついしぼうは、炎と氷の被ダメージを半減する特性です。 耐性が増える優秀な特性であり、くいしんぼう型以外では、こちらが選ばれることが多いです。 シーズン5の採用率は 66. くいしんぼうは、HPが最大の半分以下になったときにきのみを使う特性です。 はらだいことの相性が良く、 混乱実+ リサイクルで、何度も回復するという戦法もあります。 また、キョダイマックス型でもこちらの特性が採用されています。 シーズン5の採用率は 32. あくび+まもる+たべのこし型 苦手な相手は あくびで流し、HPが減っても まもると たべのこしで回復するカビゴンです。 一撃必殺の じわれも覚えるため、催眠を防ぎながら早めに倒すことが求められます。 くいしんぼう型 特性 くいしんぼうにより、回復実を使うことで耐久力を増すカビゴンです。 キョダイサイセイできのみを拾ってくる型が主流ですが、ダイマックスせずにリサイクルを使ってきのみを再利用する型も存在します。 積み型 のろいや はらだいこで能力を上げ、突破力を増すカビゴンです。 特性や回復方法はさまざまで、特性くいしんぼうの場合は フィラのみなどですが、特性あついしぼうの場合は オボンのみだったり、ねむる+ カゴのみで回復する場合もあります。 とつげきチョッキ型 元々高い特防を とつげきチョッキでさらに上げ、特殊アタッカーにめっぽう強くしたカビゴンです。 状態異常対策に からげんきを覚えていることがあります。 対策 カビゴンの強さは、 少ない弱点と 高い特殊耐久、 特性と積み技がかみあっていることで成り立っています。 さらに、覚える技も豊富にあります。 突破力のないポケモンでは、積みの起点にされてしまい、要塞化したカビゴンに手も足も出無くなってしまいます。 ここでは、なるべく多くの型のカビゴンに対応できる対策を、紹介します。 やけど状態にする おにびや かえんだまトリックでカビゴンをやけど状態にすれば、物理技のダメージが半減するため、汎用的で有効な対策だと思います。 特性や技で能力変化を無効化 相手の能力変化を無効化する特性 てんねんを持ったヌオーやナマコブシであれば、耐久力も高いので、カビゴンの攻撃を受けきることが可能です。 他にも、 くろいきりや クリアスモッグといった技で、相手の能力変化を元に戻すことができます。 変化技を封じる あくびやのろいを使ってくるカビゴンに対しては、ちょうはつで変化技を封じることが有効です。 とつげきチョッキ型のカビゴンとは、殴り合いを制する必要があります。 高火力の格闘ポケモン ルカリオや ローブシンであればタイプ的に有利であり、防御の低いカビゴンを一撃で倒すことも可能です。 高耐久のポケモン しんかのきせき持ちの サニーゴや、 アーマーガア、 ナットレイなら、ノーマル技を無効や半減で受けられるため、カビゴンの攻撃を耐えながら戦うことができます。 ただし一撃必殺や炎技を覚えている場合もあります。 はたきおとす カビゴンの きのみや たべのこしを はたきおとすで使えなくすれば、リサイクルやキョダイサイセイで拾ってくることはできません。 また、はたきおとすのダメージで、きのみが発動するHPになったとしても、はたきおとすの効果が優先されるため、きのみが発動することはありません。 データから持ち物を予測する シーズン5では、カビゴンの持ち物は、多い順に、 たべのこし 29. 採用率4位から10位までが、何らかのきのみです、 たべのこしが発動しない場合、きのみを持っている可能性が高いと言えます。 おまけ 炎統一における対策 私は普段、炎統一でランクバトルに潜っており、 あついしぼうカビゴンは私のパーティ相手によく出てきます。 炎ポケモンでのカビゴンの対策は、基本的にはかくとう技を使えるポケモンや、おにびでやけどにすることが多いです。 弱点保険ウインディ カビゴンがじしんを使ってくれば、 じゃくてんほけんを発動させて インファイトで倒します。 2段階上昇ようきウインディのインファイトで、B振りカビゴンを確定1発になります。 先制で おにびを使うのも有効です。 エースバーンのとびひざげり ようきエースバーンのとびひざげりで、B振りカビゴンを確定2発 60. 1~71. とびひざげり読みでゴーストタイプに交代されることもよくあるので、様子見で みがわりを使うこともできます。 鉢巻ヒヒダルマ こだわりハチマキ持ちの、ようきヒヒダルマのばかぢからで、B振りカビゴンを乱数1発 94. 5〜111. おわりに 圧倒的な特殊耐久を持つカビゴン。 特殊ポケモンだけで挑むと、悲惨な目に遭います。 パーティは物理と特殊をバランスよく組んでおきたいですね。

次の