英語 文法。 博客來

中学3年間の基礎英文法のやり直し講座

英語 文法

如果你是聽到「文法」就深呼吸倒退三步認為很難的人、 如果你是學了一輩子文法還是常常搞不清記不住的人、 如果你有閱讀障礙注意力集中度低的人、 翻開《完全圖解1小時學會英文文法》, 你將獲得重生。 超過1,200張「圖說式插畫」, 利用「單圖記憶」、「多圖比較」、 「空間示意」、「心智圖邏輯建構」……等各種圖像, 搭配少量但是重點的文字解說, 左右腦一起學,學得快、記得牢! 幫助學習文法的讀者跳脫「學了又忘,忘了再學」的痛苦輪迴。 總是分不清楚some、a few、little怎麼用?到底什麼要加the,什麼時候又不用?《完全圖解1小時學會英文文法》畫給你看! 總是被「中文字意看起來差不多,但是用法卻差很多」的情況困擾嗎?不要怕!《完全圖解1小時學會英文文法》將文法應用直接畫出來,容易搞混的就做「多圖比較」、互相關聯的利用「心智圖邏輯建構」、能用時間軸或空間概念理解的就做「空間示意」,像補習班老師最精華的白板圖解,一定讓你學到會! 超過1,200張有功能性的「圖說式插畫」,不用背,讓文法規則從此內建成你的直覺! 《完全圖解1小時學會英文文法》全書以圖為主、文字為輔的方式學習文法,經過研究顯示,利用圖像記憶的速度與深度不僅比文字快,同時還比文字更容易內化成直覺,或許你沒特別背誦,但看過的圖說文法已經經過左右腦同時烙印在腦中,達到無痛學習的功效。 誰說可愛插圖只能學基礎文法?《完全圖解1小時學會英文文法》囊括基礎到進階的文法學習,用圖解幫助你突破一直卡關的文法障礙! 基礎文法人人會,卻常常錯,因為記得不夠深;有人聽到進階文法就打瞌睡,但只要學會就輕鬆超越。 《完全圖解1小時學會英文文法》一次學習21種文法主題,搭配上千張插畫解說,讓你基礎文法記得牢、進階文法學得快! 《完全圖解1小時學會英文文法》規劃了21種文法學習主題,學完還有遊戲練習,邊玩、邊學、邊複習,用極小的努力,加強學習的力道! 學識要能被應用,才有它的價值,要確認是否有應用能力,考試是其中一種測驗方式,而《完全圖解1小時學會英文文法》則是利用遊戲練習題來測試,不像考試這麼痛苦,用愉悅的遊戲達到練習與驗收的目的,進而瞭解自己的學習狀況,掌控學習的進度。 讓你喜歡文法、學好文法, 《完全圖解1小時學會英文文法》, 是你學習文法的第一選擇。 Assumption University 大學,國際學程,企業管理系大學部與研究所畢業;National Institute of Development Administration(NIDA)企業管理博士班畢業。 已取得「美國舊金山 Intrax 商務溝通課程的專業證照」、i-to-i TEFL英文文法教學證照、法國拉羅歇爾大學(La Rochelle University)旅遊管理與帶領國際團隊之證照。 審定者簡介 鄧靜葳 英國牛津布魯克斯大學(Oxford Brookes University)出版學研究所(Publishing) 英國華威大學(University of Warwick)翻譯研究所(Translation Studies) 日本語能力測驗(JLPT)二級合格 目前為英語講師與自由譯作家 譯者簡介 璟玟 生於曼谷,長於高雄。 中山大學機電系畢業。 曾在曼谷台商公司服務多年,憑著流利的雙母語,擔任工程師與國外採購專員。 翻譯著作多達數十餘本。 現定居高雄為自由工作者。 因為對書與翻譯的熱忱,促使自己從電子業跨足到出版業,從讀者變成譯者,仍然堅持為讀者付出一份心力,歡迎來信指教seminiko hotmail. com。 Part 1 先學點基礎 Basic Grammar 01名詞 用來稱呼世界上所有的人與物,無論是人、動物、物品、地方、想法與關係、天氣或季節……等等。 02名詞的單數與複數 在英文中要表達數量的時候,如果數量大於一,名詞就可能會有所變化,而且有許多例外,這在中文裡是沒有的觀念。 03名詞前面的冠詞 除非是複數名詞或不可數名詞,否則其他的名詞前,全部都要有冠詞。 英文中的冠詞有三個:a , an 和 the。 04用來代替人、事、物的代名詞 讓對話更為簡潔自然,不用一直重複提到同一個名詞或名稱,就像中文的「你、我、他」或「這、那」……等等。 05修飾名詞的形容詞 「美麗的」女人、「粉紅色的」包包、「胖」狗狗,這些對名詞加上具體的特色描述,就是形容詞。 06修飾動詞的副詞 「慢慢」走、「真的」很美……這些都是副詞,當你要「具體描述動作」或是「加強形容詞」,你會需要用到它。 07連接詞讓意思更完整 連接詞負責將兩個意思串聯在一起,而這兩個意思,可以指單字、片語或句子。 連接詞可以將這兩個意思放在同一句話中,讓你想要表達的意思更加完整。 08說明名詞關係的介系詞 介系詞用來連接一個名詞或代名詞與主句,表現主句與該名詞或代名詞之間的關係。 09動詞 我們一直所認為的動詞,都是為了表達動作用的,但其實它還可以表達更多的意思。 10表達「有」的方法 除了用have來表達之外,還有其他的方式來表達「有」或「沒有」。 13附加疑問句 「附加疑問句」是原本有的想法,再加強詢問「是不是這樣」,或是藉由詢問來提出建議。 14複合代名詞 名字看起來很難,但在英文就是很常見的someone、anywhere、everybody……等,由8個常見單字組合而成的16組複合代名詞。 15表達「應該」之意 當「要給予別人建議」或「別人給你建議」時,可以用should、ought to、had better表達「應該」做什麼事。 16表達「必須」之意 英文中的「必須」常用must、have to、have got to和need to來表達。 用在「如果再不開始動手,就會造成某種麻煩或引發不好的結果」時,是必要的事情,和前一章可做可不做的「應該」有所不同。 17表達「其他」之意 在日常生活中會用到「其他」的情況還真不少呢!在英文中,用來表達「其他」的詞彙,總共有五個:another、the other、other、others和the others。 18條件子句 「如果你跟我去看電影,我就請你吃飯」、「如果雨還繼續下這麼大,一定會淹水」這種假設出條件的對話,英文叫做If Clause,就是「條件子句」。 19使用「關係代名詞」的技巧 要把兩個相關的句子,合併成一個意思完整的句子時,就需要用「關係代名詞」來將兩個句子連結。 20使用「比較」的說法 日常生活中很常用到比較的說法,比較胖、比較漂亮、最好的、最差的……等等都是,在英文裡的比較有三個等級:原級、比較級、最高級。 21「直接引述」與「間接引述」 這章主要在講「如何引述別人說的話」,「薇琪跟我說,她明天要出國留學」、「托尼說他昨天去看演唱會」這些都是本章要學的。 【作者序】 多點想像力,文法其實很好玩! 你是否也認為英文是重要也是必要的一門課程?那麼這本書就是為了你、你身邊的人、你的親友、你的知心而誕生的,因為英文是這個世界上通用最廣的語言,而且也還會繼續使用下去。 能夠正確使用英文文法的人,一定會佔到比別人更多的優勢,無論是在學業上、職場上或日常生活中,但是還有很多人認為,英文文法非常難、好複雜、好無聊……等等,其實這都跟每一種語言一樣,都有自己的文法,而要「記得住」以及「用得對」也是無可避免的事情,關鍵在於要如何「容易記得住」以及「用得更精準」,首先第一步一定是要減少、降低,甚至是去除對英文是無聊的、好難學的刻板印象。 由出版社的精心製作,以及筆者對英文深入瞭解後所呈現出來的內容,一起成就了這本英文文法的可愛小幫手。 只要讀者用心翻讀內容,從例句以及幫助記憶的可愛插圖中,可以發現我們偷藏了些幽默在裡面,送給期待英文不再是無聊課程的讀者們,希望讀者透過這樣的學習法,能將英文正確地應用到自己的生活中。 筆者想藉此機會感謝我的父母親,從小就培養與支持我學習英文,無論是閱讀英文書籍或百科、聽英文歌,或帶著全家一起看英語發音的電影,感謝從小到大教育我的師長們,謝謝Annie、Kay姊、J和各方親戚好友,不斷地給我建議與幫助,謝謝Chan哥充滿愛心的鼓勵,謝謝每一位在幕後默默付出的大家,謝謝每一位讀者對這本書的關心與信心,誠心誠意地感謝。 願大家就此終結對英文的無奈,希望大家的英文愈來愈得心應手。

次の

【英語】英文法のおすすめ参考書11選

英語 文法

1.文法の基礎 文法の基礎とは語順(文型)であり、日本人にとって、英語の語順感覚を身に付けることが最優先である。 文法用語では文型と言われるものです。 つまり、 単語の並び順番に集中するだけで、英語の大半が簡単に理解できるようになります。 英語や中国語、フランス語やスペイン語、全ての言語に語順は必ず存在します。 そして、その語順の違いは文型という形で表現されており、全世界にある言語のほとんどが2つの大きな文型に区別されています。 文型は以下の3つのキーワードで表現されます。 S:Subject (主語)- 私は O : Object (目的語)- りんごを1つ V:Verb (動詞) - 食べました つまり、日本語はSOVという語順で表現されます。 これが日本語の文型です。 日本語の他に、564個もの言語がSOV型となります。 英語、中国語、フランス語、スペイン語、イタリア語など 日本人と比べるとヨーロッパの方々が英語を流暢に話せる方が多いのですが、それはこの語順である文型がSOVで英語と同じだからと言われています。 逆にヨーロッパ人と比べると日本人が韓国語の習得が早いとも言われています。 それくらいこの語順は言語を習得するのに大事な基礎となるのです。 次の英文とその和訳を見て下さい。 これも全て語順の違いからくるものです。 これが、英語の文法で大変大事な基礎となるのです。 また、英語の語順には5つの文型(語順)があると言われています。 それらを基礎を押さえるように触れておくだけでも役立つでしょう。 是非、『』も確認しておきましょう。 主語は誰?• 肯定か否定か?• 時制は?• 動詞は?• 目的語は?• 場所や時間など他の情報は? それでは、下記の英語を並べかえてみましょう! (問題トレーニング)• I ate Japanese food• She will go to shool• He does not like to talk with people• I did not finish my homework• I do not have your favorite book• He always watches TV at home• She never forgives me• It was not there• I woke up at 7 this morning• It will be sunny tomorrow 語順感覚が身に付いたと思うまで、この10問を繰り返してみてくだい。 または、自分で出来る勉強や並べ替えの練習方法は、『』にても詳しく解説しているので是非参考にしてみて下さい。 《下記の動画でも詳しくトレーニング内容を解説しています》.

次の

英文文法

英語 文法

このコンテンツは、 が、ネイティブの監修のもと、日常英会話で使う表現や勉強法を できるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。 「 文法って本当に必要なの?」 「 英語を話すには文法が大切って言われたけど、文法の勉強法が分からない」 と悩んでいませんか? 大人になってから英語を身に付けるには、まずは文法を勉強することが必須です。 でも、学校の英語では文法が苦手だったし、どの文法教材で何を勉強したらいいかすら分からないこともあると思います。 そこで今回は、 大人になってから英語の勉強を始める人のために、英語を話せるようになるための 英語の文法の勉強法 を紹介します。 TOEICなどの試験で点数を取るための文法の勉強法ではなく、 英語を話すための文法の勉強法です。 もちろん、この方法で勉強すれば、結果としてTOEICや英検などの試験でも役に立つ英文法が自然に身に付くので安心してください。 文法は本当に必要なの? 日本人なら誰でも、小学生か中学生のときに英語の勉強を始めて、高校を卒業するまで英語の勉強が続きます。 それにもかかわらず、 学校の英語の授業を受けて英語を話せるようになった人は、過去数十年さかのぼっても誰もいません。 残念なことに、東大に合格するほど勉強した人でも英語を話せません。 そんな現状を考えると、「 文法を勉強しても意味がないんじゃないの?」という疑問が出てくるのは当然です。 本当に、英語を話せるようになるのに文法は必要なのでしょうか? ネイティブは文法を知らないけど英語を話せる 「ネイティブは文法を知らないけど英語を話せる」ということを根拠に、文法を勉強しなくても英会話は身に付くと主張する人がいます。 そういう人が言う効果的な英語の勉強法は、• 英会話でよく使うパターンをたくさん覚える。 最初からネイティブと英会話の練習をたくさんする。 とにかく英語のオーディオを聞きまくる。 というようなことです。 でも現実には、そういった勉強法で英語を話せるようになった人を見たことがありますか? 確かに、 ネイティブは文法を勉強しなくても英語を話すことができます。 でもそれは、ネイティブは、生まれた瞬間から1日24時間、英語に囲まれた環境で生活して、それを何年も何年も続けるから、英語のパターンを自然に身に付けることができるからです。 日本語に囲まれて生活している私たちは、ネイティブと同じ環境で生活することができないため、文法という理屈を覚えるのが効率的なのです。 ネイティブは寝るとき以外はぜんぶ英語に接しているわけやから、同じことを1日2時間やっても追いつけるわけがない。 もっと効率のいい勉強法が文法というわけや。 中学英語は英会話に役に立つの? 文法の勉強というと、つらい受験勉強を思い出して尻込みしてしまう人がいるようです。 でも、 英語を話すためには、中学で習う文法をざっくり理解すれば十分です。 高校レベルの文法は、中学英語を使いこなして自由に英会話ができるようになってから、さらにレベルアップしたいときに勉強すれば問題ありません。 なお、中学で習う文法の中でも特に重要なのは、基本の5文型です。 5文型を使えるようになると、言いたいことをほとんど英語で言えるようになります。 文法用語は、覚えていたら便利やけど、知らんかっても問題ない。 大事なんは、どういう順に言葉を並べるかいうことや。 以下に、英語を話すのに必要な文法に限定してまとめていますので、文型とはどのようなものかを確認してください。 つまり、 主語+動詞 これだけです。 たとえば、以下の文は第1文型です。 He runs. 彼は走ります。 なお、以下の文には、主語・動詞以外に「very fast」が付いています。 He runs very fast. 彼はとても速く走ります。 でも、この文は「very fast」がなくても意味が通じるので第1文型です。 You are young. あなたは若いです。 この「young」が補語です。 「young」がなければ文の意味が通じないので、この文は第1文型ではありません。 第2文型の特徴は、「主語=補語」という関係が成り立つことです。 つまり、「you」=「young」なので、「主語」=「補語」という関係が成り立っていますよね。 これとは違い、以下の文は「主語」=「補語」ではありませんよね。 I like baseball. 私は野球が好きです。 明らかに「I」=「baseball」ではありません。 だから、これは第2文型ではありません。 たとえば、 I like music. 私は音楽が好きです。 という文では、「music」には「音楽が」という意味がありますよね。 つまり「music」が目的語です。 第2文型との違いは、「主語」=「目的語」という関係が成り立たないことです。 上の例文では、「I」=「music」ではありませんよね。 だから、この英文は第2文型ではなく第3文型です。 主語:「私の父」 動詞:「くれました」 目的語1:「私」 目的語2:「新しい辞書」 第4文型のポイントは、「~に」「~を」の順に言葉を並べることです。 もし、以下のように言葉を並べると My father gave a new dictionary me. 「父は、新しい辞書に、私をくれました」 という意味になるので、英語として成立しなくなってしまいます。 以下に、第5文型の例をあげます。 I named my dog Pochi. 私は、私の犬を ポチと 名付けました。 この英文は、以下のような構造です。 主語:「私」 動詞:「名付ける」 目的語:「犬」 補語:「ポチ」 第5文型の英文では、「目的語」=「補語」という関係が成り立ちます。 つまり「my dog」=「Pochi」です。 一方、以下の第4文型の文では、「目的語」=「補語」という関係は成り立ちません。 My father gave me a new dictionary. 父は、私に、新しい辞書をくれました。 他の文法事項はどうなの? 上に説明した第1文型から第5文型以外にも、不定詞や動名詞など、たくさんの文法事項があります。 でも、 基本の5文型が一番重要な文法事項ですので、まずは5文型をしっかりと勉強しましょう。 たとえるなら、5文型が木の幹で、他のルールは枝や葉っぱと考えてください。 「とりあえず5文型を覚えろ」いうことやな。 英語を話すための文法の勉強法 英語を話すためには、まずは中学レベルの英文法をざっくりと理解することです。 入試に出てくるような細かいルールは必要ないので、どのように言葉を並べるのかを中心に学びましょう。 どのような文法の本を使って勉強しても問題ありませんが、 どの教材がいいか迷ったときは、英会話ハイウェイの英文法のオンライン参考書を使ってください。 』 1つの単元を10分程度で読み終えるようにまとめていますので、1日1単元など読んで勉強されるといいかと思います。 中学文法で挫折した人でも学べるように、基礎の基礎から分かりやすく説明しているので安心して勉強していただけます。 文法を体で覚える方法 「中学英語がまるごとスッキリわかる本」のような文法の教材を読むと、英語の文法を頭で理解することができます。 でも、頭で理解しただけでは、筆記試験の問題には答えられても、英語を話すときに文法を使いこなすことができません。 そこで、 文法を体で覚えるための練習をする必要があります。 そのためにおすすめするのは、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」です。 瞬間英作文というのは、日本語文を見て、瞬間的に英語に訳すトレーニングのことです。 たとえば、 「今日は食べるものが何もありません」 という日本語文を見たら We have nothing to eat today. のように英文で言います。 「ここには飲み物はありません」 という日本語文を見たら We have nothing to drink here. のように英文で言います。 このように、 シンプルな英作文を瞬間的にするトレーニングを繰り返すことで、英語の文法を体で覚えることができます。 瞬間英作文トレーニングで英文法を体で覚えたら、以下ができるようになります。 正しい英文法で英語を話せる• 文法を意識しなくても英語を話せる• 言いたいことがパッと出てくる• TOEICや英検の文法問題は、考えなくても答えが分かるようになる とても効果のある勉強法なので、文法を頭で理解した後にぜひ実践してください。 瞬間英作文トレーニングの詳しい方法については、以下のページのステップ2で説明しています。 失敗する文法の勉強法 英語の文法をしっかり定着させるための勉強法として、文法問題集をたくさん解くという方法が昔からあります。 文法問題集には、入試に出てくるような穴あき問題や並べ替え問題などがたくさん載っています。 文法問題集の問題を解くと、確かに文法が記憶に定着しますが、英語を話せるようにはなりません。 筆記試験に正しく答えられるようになるだけです。 ですので、入試やTOEICで高得点を取るために勉強するなら、問題集を解くというのは正しい勉強法ですが、英語を話せるようになることが目的なら、こうした問題集は使わないようにしましょう。 文法問題集をせっせと解く時間があるなら、瞬間英作文に時間を使うことをおすすめします。 英語を話せるようになるには この記事では、大人になってから英語の文法を始める人のために、英語を話すための文法の勉強法を紹介しました。 残念なことに、中学や高校で習ったような従来の文法の勉強法では、何年勉強しても英語を話せるようにはなりません。 そのことは、日本人なら誰もが経験を通じて知っていることです。 TOEICや英検のような試験のためだけに勉強しているのではなく、 英語を話せるようになりたいなら、このページで紹介した英語の文法の勉強法を実践してください。 英語を話せるようになる勉強法 このページで紹介した英語を話せるようになる勉強法について、詳しくはメール講座で説明しています。 以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できますので、気軽に参加してください。

次の