木下 朴。 【李帝努/朴志晟】 《约束》(下)

【攝影】嘉義太保

木下 朴

近期CBS Sports發表了美國球迷必知的十大台灣與韓國球員,因此這系列也選出10位台灣球迷要認識的韓國球員,方便台灣球迷對這些日後很大機會成披上太極戰袍的好手們有著初步的認識。 延伸閱讀:• TOP05 朴珉宇박민우 NC恐龍二壘手 儼然已成為韓國新生代技巧打者的代表, 朴珉宇自2016年後有三季打擊率超過0. 340,較低的2018年仍有0. 324的水準。 03,等於在三振朴珉宇前,還得先送他一個保送。 也因此朴珉宇的上壘能力十分強悍,2014年後幾乎在4成左右,最高峰是2017年高居聯盟第二的0. 441。 而能讓朴珉宇躍上榜單的第五名,成熟的守備能力是重要的關鍵:朴珉宇的協調能力十分優異,加上腳程帶來的快速移動優勢,長距離接球和美技撲球是家常便飯-但球傳不出去。 朴珉宇在頭兩個全職賽季中守備表現是十分優秀的,然而在2016年卻發生了傳球失憶症,甚至嚴重到得要下放二軍調整。 而這個影響非常深遠,朴珉宇的守備貢獻值從2015年的1. 089下殺到0. 076,後面連續兩個賽季更都是負面的表現。 所幸在熬過痛苦的特訓後,朴珉宇克服了身心上的阻礙, 2019年一舉繳出在二壘手中排名首位的守備貢獻值,重新擦亮韓國新生代二壘門面的招牌。 儘管一度被守備問題困擾,朴珉宇高超的打擊能力仍深受選拔委員的青睞。 在2018年守備有好轉的跡象下,朴珉宇職業生涯首次披上代表隊戰袍,入選雅加達亞運代表隊。 在亞運賽事中朴珉宇對戰印尼、香港與中國在七打數中打出5支安打,而在與台灣的對決中擔任一壘指導,無緣做出實際的貢獻。 所幸韓國最終仍拿下金牌,讓朴珉宇成為NC恐龍隊史第三位兵役解套的球員。 而在2019年朴珉宇打出第二生涯年,加上今非昔比的優異守備功夫,朴珉宇順利入選了第二屆世界12強棒球賽-與亞運時不同,這次朴珉宇要擔任主戰選手。 不過在賽事中擔綱開路先鋒的朴珉宇打擊沒有建樹,面對更高層級的投手在20個打數中僅擊出3支安打,主要靠著6次保送而有著0. 346的上壘率。 顯然這樣的表現並不符合外界期待,讓朴珉宇在國家隊生涯上重重摔了一跤。 然而朴珉宇的選球能力仍在,主要是從熱身賽以來冰凍的手感不振,造成擊球品質的下降。 而在繳交了12強賽的學費後,朴珉宇也對自己有了更大的期許與企圖,畢竟韓國未來的當家二壘手,選項已別無他想。 TOP04 姜白虎강백호 KT巫師一壘手 姜白虎是這份名單中唯一名氣大於實績的選手,但並非他名不副實,而是外界的期待十分巨大。 在大谷翔平旅美颳起二刀流風潮後,在高中時期能投擅打的姜白虎就成為韓國代表:作為主戰先發不僅擁有150KM的快速球,豪打的怪力更曾在高尺巨蛋轟出全壘打,也在U-18時對台版二刀流的陳琥開轟。 不過姜白虎在該次U-18大會投球差強人意,讓不少海外球團收起了興趣,也使得姜白虎決定先專注在打者的發展。

次の

【攝影】嘉義太保

木下 朴

形態 [ ] 大きくなる木で、樹高30 m、直径1 m以上になるものもある。 樹皮は灰白色、きめが細かく、裂け目を生じない。 は大きく、長さ20 cm以上、時に40 cmにもなり、葉の大きさではに並ぶ。 葉柄は3-4 cmと短い。 葉の形は倒卵状楕円形、やや白っぽい明るい緑で、裏面は白い粉を吹く。 するが、枝先に束生し、状に見える。 も大型で大人の掌に余る白い花が輪生状の葉の真ん中から顔を出し、真上に向かって開花する。 白色または淡黄色、6月ごろ咲き芳香がある。 ホオノキはの数が多くらせん状に配列し、との区別が明瞭ではないなど、モクレン科の植物の比較的原始的な特徴を受け継いでいる。 果実は 袋果で、たくさんの袋がついており、各袋に0 -2個の種子が入っている。 種子 分布 [ ] 全国の山林に見られる。 生態 [ ] 本種は強い他感作用()を示すことが知られている。 本種の樹冠下では、他の植物が生えることは少ない。 これは、やなどからされる他感物質によりや、発芽した植物の生育が強く抑制されるためである。 そのため、の樹冠下ではが少なく落葉のが目立つ [ ]。 ホオノキの花は雌蕊の成熟と、雄蕊の成熟の時期をずらすことで、1つの花では自家受粉しにくいようになっているものの、1つの個体にはいくつも花が付き、これが一様にずれるというわけではないので自家受粉・近親交配が起こってしまう。 あるホオノキの集団を調べたところ、自家受粉で誕生した個体のは他家受粉で誕生したものの2%しかなかった。 自家受粉、他家受粉の種子を集めて秋まで育てたところ、発芽率は両者に差はなかったものの、苗の高さや葉の表面積では自家受粉由来の種子は有意に小さく、生存率も半分以下であり明らかなが見られたという。 また、他家受粉によって出来る果実には各袋に種子が2つ入っていることが有意に多かったという。 自家受粉では受粉後の種子の発育に悪影響があり、2つのどちらもが育つということが起こりにくいという仮説が成り立てば、種子の数の違いによって自家受粉に由来する種子かどうか見分けられるかもしれないという。 人間との関係 [ ] 葉は芳香があり、があるためを包んで、、などに使われる。 また、落ち葉となった後も、比較的火に強いためや他の食材をのせて焼く、といったの材料として利用される。 葉が大きいので古くから代わりに食物を盛るのに用いられてきた。 6世紀のの発掘時には、玄室の杯にホオノキの葉が敷かれていたのが見つかった。 材は堅いのでの歯(朴歯下駄)などの細工物に使う。 また、水に強く手触りが良いため、の柄やに利用されたり、ヤニが少なく加工しやすい為、の鞘にも用いられる。 樹皮はまたは和厚朴といい、にする。 また、はホオノキのの煎じ汁を茶のように飲用した。

次の

Yahoo is now a part of Verizon Media

木下 朴

形態 [ ] 大きくなる木で、樹高30 m、直径1 m以上になるものもある。 樹皮は灰白色、きめが細かく、裂け目を生じない。 は大きく、長さ20 cm以上、時に40 cmにもなり、葉の大きさではに並ぶ。 葉柄は3-4 cmと短い。 葉の形は倒卵状楕円形、やや白っぽい明るい緑で、裏面は白い粉を吹く。 するが、枝先に束生し、状に見える。 も大型で大人の掌に余る白い花が輪生状の葉の真ん中から顔を出し、真上に向かって開花する。 白色または淡黄色、6月ごろ咲き芳香がある。 ホオノキはの数が多くらせん状に配列し、との区別が明瞭ではないなど、モクレン科の植物の比較的原始的な特徴を受け継いでいる。 果実は 袋果で、たくさんの袋がついており、各袋に0 -2個の種子が入っている。 種子 分布 [ ] 全国の山林に見られる。 生態 [ ] 本種は強い他感作用()を示すことが知られている。 本種の樹冠下では、他の植物が生えることは少ない。 これは、やなどからされる他感物質によりや、発芽した植物の生育が強く抑制されるためである。 そのため、の樹冠下ではが少なく落葉のが目立つ [ ]。 ホオノキの花は雌蕊の成熟と、雄蕊の成熟の時期をずらすことで、1つの花では自家受粉しにくいようになっているものの、1つの個体にはいくつも花が付き、これが一様にずれるというわけではないので自家受粉・近親交配が起こってしまう。 あるホオノキの集団を調べたところ、自家受粉で誕生した個体のは他家受粉で誕生したものの2%しかなかった。 自家受粉、他家受粉の種子を集めて秋まで育てたところ、発芽率は両者に差はなかったものの、苗の高さや葉の表面積では自家受粉由来の種子は有意に小さく、生存率も半分以下であり明らかなが見られたという。 また、他家受粉によって出来る果実には各袋に種子が2つ入っていることが有意に多かったという。 自家受粉では受粉後の種子の発育に悪影響があり、2つのどちらもが育つということが起こりにくいという仮説が成り立てば、種子の数の違いによって自家受粉に由来する種子かどうか見分けられるかもしれないという。 人間との関係 [ ] 葉は芳香があり、があるためを包んで、、などに使われる。 また、落ち葉となった後も、比較的火に強いためや他の食材をのせて焼く、といったの材料として利用される。 葉が大きいので古くから代わりに食物を盛るのに用いられてきた。 6世紀のの発掘時には、玄室の杯にホオノキの葉が敷かれていたのが見つかった。 材は堅いのでの歯(朴歯下駄)などの細工物に使う。 また、水に強く手触りが良いため、の柄やに利用されたり、ヤニが少なく加工しやすい為、の鞘にも用いられる。 樹皮はまたは和厚朴といい、にする。 また、はホオノキのの煎じ汁を茶のように飲用した。

次の