ふくらはぎ 筋肉 痛 原因。 筋肉痛の症状・原因|くすりと健康の情報局

筋肉痛の症状・原因|くすりと健康の情報局

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

歩けないほど痛むときの原因は何? ふくらはぎが痛むことは日常生活でたまに起こります。 主な原因は 「筋肉痛」や「こむら返り」です。 筋肉痛は運動したときによくなりますが、 酷くなると「肉離れ」を起こすこともあります。 肉離れは筋肉の酷使によるものでスポーツ選手などに多い怪我です。 肉離れになると歩けないほどの痛みを伴いますね。 こむら返りは運動不足が大半ですが、水分が不足していたり体の冷えからくる血流不良、栄養の偏りなどでもなるようです。 お酒をよく飲む人にも起こりやすいようです。 ですがこの2つになるような心当たりがない場合は少し注意した方がよさそうです。 心当たりがないのに歩けないほど痛むというのは尋常ではありません。 考えられる原因に 「下肢静脈瘤」や「足の動脈硬化」といったものがあり、この場合こむら返りが頻繁に起こるケースがあります。 「下肢静脈瘤」というのは心臓から送られる血液を最終的に心臓へ返すための機能が低下していたり何らかの障害が起きて起こる病気です。 立ちっぱなしや生まれつき、加齢で血管が弱くなるなどが原因になります。 下肢静脈瘤になると頻繁にこむら返りが起きますので目安になるかもしれません。 「動脈硬化」については一刻も早く病院に行く必要があります。 足の動脈硬化は閉塞性動脈硬化症といい、深刻な病気です。 悪化すれば最悪の場合足の切断ということも。 「閉塞性動脈硬化症」というのはまず手足の冷えや軽い痺れから始まります。 そしてふくらはぎに痛みが出てくるようになれば疑ってみましょう。 下肢静脈瘤であっても閉塞性動脈硬化症であってもまずは病院に行くことです。 早めの治療が最も大切ですよ。 スポンサーリンク 歩けないほど痛いときの対処法は? では足がつったときに歩けなくなってしまった時はどうすればいいでしょうか?程度によっても違いますが、激痛が走るとパニックになってしまいますよね。 そんな時におすすめな応急処置をご紹介します。 大きく深呼吸をして力を抜くことです。 これって実はすごく大切なんですよ。 しばらくじっとして激痛が治まるのを待ちましょう。 痛みが治まれば楽な姿勢を見つけてください。 筋肉や筋を和らげる効果があり、脳へ急激な収縮をやめさせる信号を送ります。 この緊張状態をほぐす為に足首をゆっくりを回してストレッチします。 痛みがあればまだ無理に動かさなくてもOKです。 すぐに伸ばすと再度つることがあります。 しばらくは安静にしておくことです。 よく湿布を貼る人がいますが、 足がつっている時は湿布はNGです。 逆効果なんですよ。 余計に筋肉が収縮してしまうので再度つることも。 注意しましょう。 いろいろ試したけど治らない時は? 足が痛むときは安静にすることが大切です。 また、足がつるときやこむら返りなどは栄養の偏りも原因になるので ビタミンやミネラルを積極的に摂取しましょう。 痛みがすぐに治まるのであれば問題はありませんが、痛みが続いたり痺れなどが出てくるようであれば注意が必要です。 すぐに 外科や整形外科で診てもらってください。 万が一病気が原因となれば 早期発見、早期治療が完治へのカギになります。 病気の場合はひどくなれば手術になるかもしれない怖いものです。 ですが早期発見であれば投薬治療などで十分対処が出来ます。 もし違和感を感じるようであれば今すぐでも病院に行くようにしてくださいね。 たかがふくらはぎの痛みと侮ってはいけません。 痛みの裏に病気が隠れていることもあるんですよ。 それに歩けないほどの痛みというのは異常です。 応急処置をして様子を見るのも大切ですが、痛みが引かない場合は病院へ行きましょう。 自己判断は禁物ですよ。

次の

【ふくらはぎの痛み】原因・症状・治療法

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

つま先からの着地が常態化している 長距離のランニングを行うときには、 つま先から着地する癖が常にあると、ふくらはぎに負担がかかりやすくなります。 つま先に伝わる地面からの衝撃が非常に大きくなることから、ふくらはぎを痛めやすくなります。 その状態が持続することによって、筋肉痛が発生しやすくなることから、 かかとからの着地を意識した走行を持続することがベストです。 走るときの着地の方法次第で、ふくらはぎの 筋肉痛の予防や緩和が期待できると提唱されています。 走行時の足の幅が大きすぎる ランニング中は、走行時の 歩幅が大きすぎると下半身に負担がかかりやすくなります。 ストライド走法では、歩幅が大きくなり、 少ない歩数で長い距離を走ることが可能になります。 その一方で、歩幅が大きくなって足に負担がかかりやすくなり、特にふくらはぎにもそのダメージが蓄積されやすくなります。 筋肉痛やふくらはぎの損傷の発生する可能性があることから、ストライド走法で 足を痛めた経験のある人は歩幅を小さくして走行することがオススメされています。 スポンサーリンク 履いているランニングシューズの劣化 ランニングシューズは、使い続けることで劣化が進みます。 劣化してきたランニングシューズで走り続けると、自然と ふくらはぎにも衝撃が伝わりやすくなります。 新しいシューズは、底面のクッション機能がしっかりと作用するため、 全身に負担がかかりにくく快適に走行できます。 しかし、長期間使い続けることで、クッション機能が低下し、 裸足で走行する状態に近い衝撃が掛かり続けることになります。 ランニングシューズの劣化が進んできたら、新調することが対策として有効になるでしょう。 オーバーワークによるふくらはぎへのダメージ ランニングの初心者は、 少しの距離でも疲労や筋肉痛が出やすい状態です。 その状態にもかかわらず、長距離をいきなり走ろうとしたり、無理な方法で走行しようとしたりすると、 ふくらはぎへのダメージが一気に掛かってしまいます。 筋肉痛が発生するだけではなく、その 痛みが長引く可能性もあり、注意が必要です。 ランニングを始めたばかりの人や、ブランクがある人は、少しずつ距離を延ばすなど工夫しながらランニングを楽しむことが筋肉痛予防に最適です。 スポンサーリンク 筋肉痛が起こったらぬるめの風呂でリラックス ふくらはぎの筋肉痛がランニングで発生したら、 ぬるめのお風呂にゆっくり浸かってリラックスすることがベストです。 少しぬるいお湯に浸かることで、 ふくらはぎやその周辺の血行促進が実現されます。 筋肉痛の改善のためには、血行促進で栄養分をしっかりと行き渡らせる必要があるため、入浴によってその効果をアップさせることが重要です。 また、 入浴後はストレッチをすることで更に血流が活発になることも期待できると考えられています。 ハイペースでランニングの予定を作らない ランニングでふくらはぎが筋肉痛になっても、連日走るという人もいるのではないでしょうか。 しかし、筋肉痛で走ることが辛いと感じる場合には、 無理にランニングの計画を立てないことも大事になります。 ハイペースでランニングの計画を立てず、 休養も積極的に取り入れることが良いとされています。 筋肉痛が収まらないまま走行すると、 痛みが悪化したり、筋肉の損傷を起こすリスクも考えられます。 その心配を取り払うためにも、筋肉痛と付き合いながらランニングのプランを立てることが望ましいです。 まとめ ふくらはぎの筋肉痛は、ランニング中の様々な要因によって発生すると考えられています。 走り方や履いているシューズなど、その要因となる部分は多岐にわたります。 万一ふくらはぎが筋肉痛になった場合は、 ぬるめのお湯でリラックスし、オーバーペースにならないように走る頻度を設定することが肝要です。 こうした点に注意すると、 ふくらはぎの筋肉痛の予防や悪化防止が期待できるでしょう。

次の

歩けないほどふくらはぎが痛い原因は!?応急処置について

ふくらはぎ 筋肉 痛 原因

・筋肉を酷使した時 ・栄養が足りていない時 ・疲労が溜まっている時 おそらくこういった時に筋肉痛になるはずです。 筋肉痛になる時がどんな時かわかっているので、この状況をなるべく作らないようにすれば筋肉痛になりません。 詳しく解説すると、使いすぎているから筋肉痛になるのではなく、筋肉に負荷が掛かって筋肉が損傷して筋肉痛になります。 筋肉痛になるのは、運動不足で筋力や筋持久力が低下していて、負荷に耐えられなくなり筋肉が損傷することが原因です。 食生活の乱れによる栄養不足で、筋肉が衰えてしまうことが原因で、運動をしていなくても筋肉痛になってしまいます。 筋肉が衰えているので、普段の日常生活でも筋肉痛になってしまうのです。 運動をしていても食生活が乱れていると、筋肉は簡単に衰えてしまうので タンパク質をしっかり食べるようにし、バランスのいい食事を毎食食べるように心掛けましょう! 特にタンパク質の不足は筋肉の分解を加速させるので、食事もしくはサプリメントで補うといいです。 疲労が溜まっていると、血流が悪くなり、筋肉疲労を回復させるための栄養素が運ばれなくなるので筋肉痛になります。 また一度筋肉痛になり、慢性的に疲れているような方だと筋肉痛からの回復力も弱くなり、長引いてしまいます。 疲労はなるべく蓄積させないように、その日のうちになるべく、ストレッチやマッサージなどケアを行って 次の日まで疲労を残さないように心掛けましょう! ふくらはぎの筋肉痛の治し方 ふくらはぎの筋肉痛がどんな時になるのかがわかったところで、筋肉痛を早く治す方法をいくつか紹介していきます。 ・食事をしっかり摂る ・良質な睡眠 ・ストレッチ ・マッサージ 全然難しくないことなので、筋肉痛に悩まされている方はぜひ行って見てください。 食事以外の睡眠・ストレッチ・マッサージなどは食事ができていないと何も意味がありません。 ではどんな食事をとればいいかというと、 【3食バランスよくしっかり食べる】これだけで十分効果があります。 朝は時間がなくて食事を摂らなかったり、夜はカップラーメンで済ましたりしていませんか? こんな食事が続いてしまうと、タンパク質やビタミンミネラルが慢性的に不足して、筋肉量が低下してしまいます。 3食バランスよく炭水化物と脂質とタンパク質を摂るように意識して食事をしましょう!特にタンパク質は意識して摂らないと不足してしまいがちな栄養素なので気をつけたいです。 こんな感じの食事バランスが理想です。 お米と主食のタンパク質、汁物の組み合わせです。 食事で筋肉の回復に必要な栄養素をしっかりと摂り、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて回復を促します。 成長ホルモンが正常に分泌させることができれば筋肉痛の回復スピードは速くなります。 さらに即効性がある方法としてはストレッチやマッサージをすることがオススメです。 まずストレッチは凝り固まった筋肉をほぐすことで、血行を良くできます。 血行が良くなると疲労物質が除去されやすくなり、回復に必要な栄養素も運ばれやすくもなります。 ふくらはぎのストレッチは2種類行って別々の筋肉をほぐしていきます。 この動画では腓腹筋というふくらはぎの上の方の筋肉のストレッチと ヒラメ筋という足首に近い下の方の筋肉のストレッチ方法を2種類紹介しています。 ふくらはぎのストレッチに関してはこの2種類のみなので、それほど時間もかからずに自宅で簡単に行うことができます。 マッサージといってもエステに行ったり、マッサージ機が必要なものではなく ボディライトクリームといって筋肉を柔らかくして血行を良くするクリームを使って5分ほど軽くもんであげるだけです。 スポーツ選手などの常に筋肉を酷使している方に多く使われているクリームで、私もふくらはぎではないですが 怪我をしやすい膝周りの筋肉をほぐすために、ここ2年ほど使わしてもらっています。 体感がもの凄い強いクリームなので塗って1〜2分もしたら、明らかに筋肉の柔らかさが増しているんですよね笑。 使い方はお風呂上がりにストレッチをして、その後にほぐしたい筋肉に塗り込んでいきます。 かなり伸びやすいので量も少しだけで十分です。 塗っている時にはすでに筋肉が緩んでいるとは思いますが、塗り終えたら優しく筋肉をマッサージしていきます。 強くもんでしまうと逆効果なので優しく行いましょう! 3分ほどセルフマッサージしたら、1分ほど筋肉を揺するようにリラックスしてぶらぶらさしてあげるといいです。 この動画を参考にしてみてください!.

次の